【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信

“聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。

聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタート

CUBERS / シアン
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)

【収録曲】
1. Circus
2. NANDE
3. サイケ
4. Today
5. Tic Tac
6. 神様は忙しい


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)


REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない

先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。

これは、男性グループに詳しい音楽関係者・Mr.K氏に取材をし内容をまとめた記事だったが、OTOTOYのユーザー以外の方たちからも大きな反響をいただいた。そこからは男性グループに対する期待と興味の大きさが伺え、現状のシーンとこれからどんな楽曲が誕生するのかが楽しみになった。

その特集内でピックアップした一匹狼的なグループのひとつに、CUBERSという男性5人組のグループがいる。デビュー時は「弟にしたいボーイズユニット」という謳い文句だった彼らだが、2016年9月にリリースされた1stアルバム『PLAY LIST』のタイミングで「聴けるボーイズユニット」へとキャッチフレーズを変更した。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO (1st ALBUM"PLAY LIST"収録曲)

その思い切ったキャッチコピーのもと収録されていた楽曲は、ディスコやファンクといったブラックミュージックを基調にポップスに昇華したものだった。それは90年代のボーイズ・グループ、ひいてはジャニーズがやってきたことでもあり、けっして珍しくないことではある。しかし、ジャニーズのグループたちが築き上げてきたシーンが大きかっただけに、正面切ってそこに踏み込むグループも、そこから名をはせるグループもなかなかいなかった。

前述の男性グループ特集を参照するとわかるが、いかにジャニーズが作ってきた「王道」とは違う道で、自分たちのアイデンティティを見つけるかということが大きなテーマになっている。それによりシーンはバラエティ豊かなものになっているし、新しい男性グループ像が形成されていっていく土壌ともなっている。そんななかで正面切って、王道ボーイズグループ・ポップスに挑戦しようとしているCUBERSは、なかなか肝の座った大胆なグループといってもいい。

そんな彼らが約7ヶ月ぶりにリリースした1st EP『シアン』。これが、前作を踏襲するだけでなく、音楽的な幅を広げる挑戦的な内容になっている。もっともわかりやすいのが「NANDE」で、激しいギターリフから楽曲がはじまる。うねるベースやギターソロはロック的だが、楽曲に載るヴォーカルはどこか甘くアイドルらしさを残しており、その調和が次第に癖になってくる。

ラップが乗る「サイケ」や、くるりの「ばらの花」を思わせるような美メロの「Today」、女性アイドル楽曲をも想起させるダンス楽曲「Tic Tac」など、1曲ごとに顔を変える楽曲たちは聴いていてとても楽しい。リードトラック「Circus」は近年の星野源を感じさせるような音楽的ルーツに根ざしたキラキラしたさわやかポップス。最終曲「神様は忙しい」はテンポよく配置されたリズムと随所に散りばめられた楽器音が楽しい楽曲となっている。


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)

なるほど、これは「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない。

男性グループ入門編にももってこいの1作であるとともに、次の作品は一体どんな音楽を聴かせてくれるのか。早くも自作が楽しみになるような作品だ。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

超特急 / Dramatic Seven (24bit/48kHz)

「生まれ変わっても、愛してる」7人のメンバーそれぞれのストーリーで紡ぐ、ドラマティックに進化する超特急が詰まった、待望の2ndアルバム。動物をモチーフとした新衣装にも注目!

w-inds. / INVISIBLE

世界的なトレンドをいち早く自らの楽曲に昇華するw-inds.が最先端のダンスミュージックを凝縮! シングル「Boom Word Up」「Backstage」そして橘慶太セルフ・プロデュース「We Don't Need To Talk Anymore」の3作品の他、メンバーそれぞれが全作詞を手掛けたw-inds.史上初のソロ楽曲を含む全13曲を収録。

PrizmaX / Gradually

るPrizmaX が、8枚のシングルリリースを経て、自身初となるフル・アルバムをリリース。タイトルのGradually = 徐々にをテーマに、PrizmaXのこれまでとこれからを、曲順を通して表現。上から聴いていくことでストーリー仕立てに楽しめるアルバムとなっている。

LIVE SCHEDULE

ZOLA×CUBERS2マン~Wリリースパーティー~
2017年5月21日(日)@表参道GROUND
時間 : 開場 17時30分 / 開演 18時00分
(※整理番号の整列は17時より行う予定)
チケット : 前売り 3,000円 / 当日 3,500円
出演 : ZOLA / CUBERS
チケット :
<ローソンチケットプレリク先行>
受付期間 : 2017年4月20日(木)20:00 ~ 4月 24日(月)23:59
抽選期間 : 2017年4月25日(火)4月26日(水)
入金 / 発券期間 : 2017年4月27日(木)10:00~5月2日(火)23:00
受付URL : http://l-tike.com/cubers/
<一般発売>
販売期間 : 2017年5月6日(土)10:00~5月20日(土)

CUBERS 1st EP「シアン」発売記念~CMYKのシアンだよね? TOUR~
2017年4月22日(土)@あべのHoop 1F オープンエアプラザ
2017年4月23日(日)@名古屋パルコ店 パルコ西館1階イベントスペース
2017年5月3日(水・祝)@つくばクレオスクエア クレオ前広場(茨城)
2017年5月4日(木・祝)@HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
2017年5月5日(金・祝)@新星堂サンシャインシティアルタ店 店内イベントスペース
2017年5月6日(土)@HMVイオンモール浦和美園 店内スペース(埼玉)
2017年5月7日(日)@東京イースト21 イースト21プラザ
2017年5月13日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン
2017年5月14日(日)@イオンモール幕張新都心 グランドモール1F グランドスクエア
2017年5月20日(土)@ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ
2017年5月27日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン

PROFILE

CUBERS

“聴けるボーイズユニット”

15年7月ユニット結成。同年4月~7月まで仮名称"只今、研修中です。男子"としてプレ始動を経て、同年7月発売号JUNONにて巻頭大特集でメディア初登場。翌日、お披露目ライヴ〈Fanfare〉にて正式ユニット名をCUBERSと明かす。15年10月7日『SHY』でCDデビューを果たす。各方面から高い楽曲性が支持される5人組ボーイズ・ユニット

Official HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事