【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信

“聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。

聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタート

CUBERS / シアン
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)

【収録曲】
1. Circus
2. NANDE
3. サイケ
4. Today
5. Tic Tac
6. 神様は忙しい


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)


REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない

先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。

これは、男性グループに詳しい音楽関係者・Mr.K氏に取材をし内容をまとめた記事だったが、OTOTOYのユーザー以外の方たちからも大きな反響をいただいた。そこからは男性グループに対する期待と興味の大きさが伺え、現状のシーンとこれからどんな楽曲が誕生するのかが楽しみになった。

その特集内でピックアップした一匹狼的なグループのひとつに、CUBERSという男性5人組のグループがいる。デビュー時は「弟にしたいボーイズユニット」という謳い文句だった彼らだが、2016年9月にリリースされた1stアルバム『PLAY LIST』のタイミングで「聴けるボーイズユニット」へとキャッチフレーズを変更した。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO (1st ALBUM"PLAY LIST"収録曲)

その思い切ったキャッチコピーのもと収録されていた楽曲は、ディスコやファンクといったブラックミュージックを基調にポップスに昇華したものだった。それは90年代のボーイズ・グループ、ひいてはジャニーズがやってきたことでもあり、けっして珍しくないことではある。しかし、ジャニーズのグループたちが築き上げてきたシーンが大きかっただけに、正面切ってそこに踏み込むグループも、そこから名をはせるグループもなかなかいなかった。

前述の男性グループ特集を参照するとわかるが、いかにジャニーズが作ってきた「王道」とは違う道で、自分たちのアイデンティティを見つけるかということが大きなテーマになっている。それによりシーンはバラエティ豊かなものになっているし、新しい男性グループ像が形成されていっていく土壌ともなっている。そんななかで正面切って、王道ボーイズグループ・ポップスに挑戦しようとしているCUBERSは、なかなか肝の座った大胆なグループといってもいい。

そんな彼らが約7ヶ月ぶりにリリースした1st EP『シアン』。これが、前作を踏襲するだけでなく、音楽的な幅を広げる挑戦的な内容になっている。もっともわかりやすいのが「NANDE」で、激しいギターリフから楽曲がはじまる。うねるベースやギターソロはロック的だが、楽曲に載るヴォーカルはどこか甘くアイドルらしさを残しており、その調和が次第に癖になってくる。

ラップが乗る「サイケ」や、くるりの「ばらの花」を思わせるような美メロの「Today」、女性アイドル楽曲をも想起させるダンス楽曲「Tic Tac」など、1曲ごとに顔を変える楽曲たちは聴いていてとても楽しい。リードトラック「Circus」は近年の星野源を感じさせるような音楽的ルーツに根ざしたキラキラしたさわやかポップス。最終曲「神様は忙しい」はテンポよく配置されたリズムと随所に散りばめられた楽器音が楽しい楽曲となっている。


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)

なるほど、これは「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない。

男性グループ入門編にももってこいの1作であるとともに、次の作品は一体どんな音楽を聴かせてくれるのか。早くも自作が楽しみになるような作品だ。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

超特急 / Dramatic Seven (24bit/48kHz)

「生まれ変わっても、愛してる」7人のメンバーそれぞれのストーリーで紡ぐ、ドラマティックに進化する超特急が詰まった、待望の2ndアルバム。動物をモチーフとした新衣装にも注目!

w-inds. / INVISIBLE

世界的なトレンドをいち早く自らの楽曲に昇華するw-inds.が最先端のダンスミュージックを凝縮! シングル「Boom Word Up」「Backstage」そして橘慶太セルフ・プロデュース「We Don't Need To Talk Anymore」の3作品の他、メンバーそれぞれが全作詞を手掛けたw-inds.史上初のソロ楽曲を含む全13曲を収録。

PrizmaX / Gradually

るPrizmaX が、8枚のシングルリリースを経て、自身初となるフル・アルバムをリリース。タイトルのGradually = 徐々にをテーマに、PrizmaXのこれまでとこれからを、曲順を通して表現。上から聴いていくことでストーリー仕立てに楽しめるアルバムとなっている。

LIVE SCHEDULE

ZOLA×CUBERS2マン~Wリリースパーティー~
2017年5月21日(日)@表参道GROUND
時間 : 開場 17時30分 / 開演 18時00分
(※整理番号の整列は17時より行う予定)
チケット : 前売り 3,000円 / 当日 3,500円
出演 : ZOLA / CUBERS
チケット :
<ローソンチケットプレリク先行>
受付期間 : 2017年4月20日(木)20:00 ~ 4月 24日(月)23:59
抽選期間 : 2017年4月25日(火)4月26日(水)
入金 / 発券期間 : 2017年4月27日(木)10:00~5月2日(火)23:00
受付URL : http://l-tike.com/cubers/
<一般発売>
販売期間 : 2017年5月6日(土)10:00~5月20日(土)

CUBERS 1st EP「シアン」発売記念~CMYKのシアンだよね? TOUR~
2017年4月22日(土)@あべのHoop 1F オープンエアプラザ
2017年4月23日(日)@名古屋パルコ店 パルコ西館1階イベントスペース
2017年5月3日(水・祝)@つくばクレオスクエア クレオ前広場(茨城)
2017年5月4日(木・祝)@HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
2017年5月5日(金・祝)@新星堂サンシャインシティアルタ店 店内イベントスペース
2017年5月6日(土)@HMVイオンモール浦和美園 店内スペース(埼玉)
2017年5月7日(日)@東京イースト21 イースト21プラザ
2017年5月13日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン
2017年5月14日(日)@イオンモール幕張新都心 グランドモール1F グランドスクエア
2017年5月20日(土)@ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ
2017年5月27日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン

PROFILE

CUBERS

“聴けるボーイズユニット”

15年7月ユニット結成。同年4月~7月まで仮名称"只今、研修中です。男子"としてプレ始動を経て、同年7月発売号JUNONにて巻頭大特集でメディア初登場。翌日、お披露目ライヴ〈Fanfare〉にて正式ユニット名をCUBERSと明かす。15年10月7日『SHY』でCDデビューを果たす。各方面から高い楽曲性が支持される5人組ボーイズ・ユニット

Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事