【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信

“聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。

聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタート

CUBERS / シアン
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)

【収録曲】
1. Circus
2. NANDE
3. サイケ
4. Today
5. Tic Tac
6. 神様は忙しい


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)


REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない

先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。

これは、男性グループに詳しい音楽関係者・Mr.K氏に取材をし内容をまとめた記事だったが、OTOTOYのユーザー以外の方たちからも大きな反響をいただいた。そこからは男性グループに対する期待と興味の大きさが伺え、現状のシーンとこれからどんな楽曲が誕生するのかが楽しみになった。

その特集内でピックアップした一匹狼的なグループのひとつに、CUBERSという男性5人組のグループがいる。デビュー時は「弟にしたいボーイズユニット」という謳い文句だった彼らだが、2016年9月にリリースされた1stアルバム『PLAY LIST』のタイミングで「聴けるボーイズユニット」へとキャッチフレーズを変更した。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO (1st ALBUM"PLAY LIST"収録曲)

その思い切ったキャッチコピーのもと収録されていた楽曲は、ディスコやファンクといったブラックミュージックを基調にポップスに昇華したものだった。それは90年代のボーイズ・グループ、ひいてはジャニーズがやってきたことでもあり、けっして珍しくないことではある。しかし、ジャニーズのグループたちが築き上げてきたシーンが大きかっただけに、正面切ってそこに踏み込むグループも、そこから名をはせるグループもなかなかいなかった。

前述の男性グループ特集を参照するとわかるが、いかにジャニーズが作ってきた「王道」とは違う道で、自分たちのアイデンティティを見つけるかということが大きなテーマになっている。それによりシーンはバラエティ豊かなものになっているし、新しい男性グループ像が形成されていっていく土壌ともなっている。そんななかで正面切って、王道ボーイズグループ・ポップスに挑戦しようとしているCUBERSは、なかなか肝の座った大胆なグループといってもいい。

そんな彼らが約7ヶ月ぶりにリリースした1st EP『シアン』。これが、前作を踏襲するだけでなく、音楽的な幅を広げる挑戦的な内容になっている。もっともわかりやすいのが「NANDE」で、激しいギターリフから楽曲がはじまる。うねるベースやギターソロはロック的だが、楽曲に載るヴォーカルはどこか甘くアイドルらしさを残しており、その調和が次第に癖になってくる。

ラップが乗る「サイケ」や、くるりの「ばらの花」を思わせるような美メロの「Today」、女性アイドル楽曲をも想起させるダンス楽曲「Tic Tac」など、1曲ごとに顔を変える楽曲たちは聴いていてとても楽しい。リードトラック「Circus」は近年の星野源を感じさせるような音楽的ルーツに根ざしたキラキラしたさわやかポップス。最終曲「神様は忙しい」はテンポよく配置されたリズムと随所に散りばめられた楽器音が楽しい楽曲となっている。


CUBERS「Circus」MUSIC VIDEO (1st EP収録曲)

なるほど、これは「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない。

男性グループ入門編にももってこいの1作であるとともに、次の作品は一体どんな音楽を聴かせてくれるのか。早くも自作が楽しみになるような作品だ。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

超特急 / Dramatic Seven (24bit/48kHz)

「生まれ変わっても、愛してる」7人のメンバーそれぞれのストーリーで紡ぐ、ドラマティックに進化する超特急が詰まった、待望の2ndアルバム。動物をモチーフとした新衣装にも注目!

w-inds. / INVISIBLE

世界的なトレンドをいち早く自らの楽曲に昇華するw-inds.が最先端のダンスミュージックを凝縮! シングル「Boom Word Up」「Backstage」そして橘慶太セルフ・プロデュース「We Don't Need To Talk Anymore」の3作品の他、メンバーそれぞれが全作詞を手掛けたw-inds.史上初のソロ楽曲を含む全13曲を収録。

PrizmaX / Gradually

るPrizmaX が、8枚のシングルリリースを経て、自身初となるフル・アルバムをリリース。タイトルのGradually = 徐々にをテーマに、PrizmaXのこれまでとこれからを、曲順を通して表現。上から聴いていくことでストーリー仕立てに楽しめるアルバムとなっている。

LIVE SCHEDULE

ZOLA×CUBERS2マン~Wリリースパーティー~
2017年5月21日(日)@表参道GROUND
時間 : 開場 17時30分 / 開演 18時00分
(※整理番号の整列は17時より行う予定)
チケット : 前売り 3,000円 / 当日 3,500円
出演 : ZOLA / CUBERS
チケット :
<ローソンチケットプレリク先行>
受付期間 : 2017年4月20日(木)20:00 ~ 4月 24日(月)23:59
抽選期間 : 2017年4月25日(火)4月26日(水)
入金 / 発券期間 : 2017年4月27日(木)10:00~5月2日(火)23:00
受付URL : http://l-tike.com/cubers/
<一般発売>
販売期間 : 2017年5月6日(土)10:00~5月20日(土)

CUBERS 1st EP「シアン」発売記念~CMYKのシアンだよね? TOUR~
2017年4月22日(土)@あべのHoop 1F オープンエアプラザ
2017年4月23日(日)@名古屋パルコ店 パルコ西館1階イベントスペース
2017年5月3日(水・祝)@つくばクレオスクエア クレオ前広場(茨城)
2017年5月4日(木・祝)@HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
2017年5月5日(金・祝)@新星堂サンシャインシティアルタ店 店内イベントスペース
2017年5月6日(土)@HMVイオンモール浦和美園 店内スペース(埼玉)
2017年5月7日(日)@東京イースト21 イースト21プラザ
2017年5月13日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン
2017年5月14日(日)@イオンモール幕張新都心 グランドモール1F グランドスクエア
2017年5月20日(土)@ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ
2017年5月27日(土)@ららぽーと横浜 1Fセントラルガーデン

PROFILE

CUBERS

“聴けるボーイズユニット”

15年7月ユニット結成。同年4月~7月まで仮名称"只今、研修中です。男子"としてプレ始動を経て、同年7月発売号JUNONにて巻頭大特集でメディア初登場。翌日、お披露目ライヴ〈Fanfare〉にて正式ユニット名をCUBERSと明かす。15年10月7日『SHY』でCDデビューを果たす。各方面から高い楽曲性が支持される5人組ボーイズ・ユニット

Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事