【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ

いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。

テキスト : 水上健汰

LIVE REPORT : バレーボウイズ

2017年2月、3月は詰め込むようにライヴを行い、すでに京都のライヴハウスでは話題の中心にいることが多いバレーボウイズ。今回はそんな中の1つ、3月27日に心斎橋Pangeaで行われたイベント〈おにぎりvol.3〉に出演していた様子をレポートする。

バレーボウイズ

九鬼BOY(Gt.)のソウルフルなギターと、サカキ(Ba.)、ビッグナゲット(Dr.)によるセッションでライヴはスタートした 。そこからチャッキー(Gt. / Cho.)によるサイケデリックなギターがセッションに合流。会場はダンディズムを感じる音像に引き込まれた。そしてその渋い雰囲気は一変し、ノスタルジックなメロディーに急展開を見せる。

こうして始まった1曲目の「祭」。ライヴ初めの渋い音と、ノスタルジックで民謡のようなメロディーとのギャップは、観客をくぎ付けにした。「アサヤケ」ではじゃーぱ(Vo.)が鳴らす自転車のベルと、ねぎ(Vo. / Gt.)の落ち着いたアコギが、フォークソングのようなメロディーを奏で、そこから一気にガレージ・パンクのようなメロディーに爆発する姿は、観客を童心に帰らせる。「夏休み」では、SEとして使われたセミの鳴き声によって、薄暗いライヴハウスを、まるで夏休みの青空が広がったかのような空間にした。そんな解放感とは裏腹に物憂げなギターの音と、優しく語り掛けるようなヴォーカルは、夏休みが終わりに向かっていくような哀愁を漂わせていた。曲が終わる頃には、観客はお盆休みに田舎に帰った時の、あの夕暮れのような何とも心地よい優しさに包まれた。

ここまであまりMCを挟まずに演奏してきたが、最後の曲を前にして前田タイソン(Vo.)が「卒業シーズンですけどそんなんどうでもいいなって曲です。」と一言。はじまった最後の曲は「卒業」。「いつまでたっても大人になりゃしねぇ!」と叫ぶ前田の姿は無垢なこどものようでありながらも、熱い思いを感じさせる。ところどころ感じるパンクの要素に、観客も一緒にシンガロングしたくなる。こうして、終始バレーボウイズの漂わせるなつかしさと心地よさに、観客は体を揺らし続けライヴは終了した。

バレーボウイズが注目され、じわじわと活動の幅を広げているのは、メロディーの持つなつかしさや、ヴォーカル3人のアンサンブル感によるものが大きいだろう。しかし、バレーボウイズの魅力はそこだけではない。ポップなメロディーの中にギター・ロックをしっかり感じるところだ。ガレージ・パンクのようなギターが鳴り響いていることで、なつかしさや優しさのあるヴォーカルを後押しし、ただただ優しいだけではない迫力のある音楽を作り出している。そんな歌謡曲とパンクが共存しているようなバレーボウイズの音楽は、見る人をただなつかしさに浸らせるのではなく、音の心地よさでしっかり観客を躍らせていた。これからも進み続けるバレーボウイズをぜひ1度体感してほしい! (Text by by 水上健汰)

RECOMMEND

本日休演 / けむをまけ

バレーボウイズと同じく京都で活動をしている本日休演の2ndフル・アルバム。気持ちイイときにも、楽しいときにも悲しいときにもあなたのそばに寄り添うアルバムです。

ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク

京都インディー・シーンの新星、ギリシャラブの1stフル・アルバム。本作には本日休演の岩出拓十郎をプロデューサーに迎え、どこか不穏でキャッチーな11曲を収録。

この作品に関する特集ページはこちら

ラッキーオールドサン / Belle Époque

京都若手シーンのなかでも、ひときわタイムレスで、普遍的なメロディときらめきを携えた男女ポップデュオ「ラッキーオールドサン」の2ndフル・アルバム。70年代を感じさせるサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた作品です。

この作品に関する特集ページはこちら

PROFILE

バレーボウイズ

2016年京都市左京区民で結成されたナツカシイサウンズバンド。
昭和歌謡とアイドルサウンズの融合を目指す。切ないギターの音と田舎臭い歌詞が誰もが経験したことのあるあの頃の懐かしい感覚を呼び起こす。
活動拠点は主に京都であるがお呼びとあらばどこへでも。

アーティスト公式HPはこちら

バレーボウイズ・ツイッターはこちら

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る
[CLOSEUP]・2017年05月17日・【期間限定プライスオフ】エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る 柴田聡子が1年半ぶりとなる4thアルバム『愛の休日』を完成させた。プロデュースに岸田繁(くるり)、山本精一が参加。さらに伊藤大地、かわいしのぶ、石橋英子、どついたるねんなど錚々たるミュージシャンたちと紡いだ柴田聡子の新境地。「これぞ柴田聡子!」な弾き語りからバンド・サウンド、さらにはマシンビートにまで拡大した柴田ワールド全13曲をハイレゾ配信。そして、この素晴らしい作品を少しでも多くの人に聴いてほしいという願いから、5月30日までの期間限定でプライスオフ販売!! 本作について迫った柴田聡子へのロング・インタヴューとともにぜひアルバムをじっくりとご堪能ください。 1年半ぶりの4thアルバムをハイレゾ配信スタート柴田聡子 / 愛の休日【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)アルバム価格 2,160円(税込) ※5月30日までの期間限定プライスオフ【収録曲】1. スプライト・フォー・ユー
by 西澤 裕郎
今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!!
[CLOSEUP]・2017年05月11日・今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!! 非常階段とのコラボレーション・あヴぁ階段やアメリカ・ツアーへの参加、メンバーの個性とセルフ・プロデュースが地上波TV番組でも紹介されるなど、注目を集めているアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。2人組になり洗練され進化し続ける彼女たちが新曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録したシングルをリリース。リード曲「Hello!!」は、つるうちはなが作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり多幸感溢れる仕上がりとなっている。同時収録の「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。OTOTOYでは2タイプのCDパッケージを1つにまとめたスペシャル・パッケージを先行配信。そして、メンバーへのインタヴューをお届けする。 現体制初シングルをCD発売に先駆けて先行配信スタートあヴぁんだんど / Hello!!'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【トラック・リスト
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年05月10日・ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー! ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。 前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない! 約3年半ぶりとなるフル・アルバム YOUR SONG IS GOOD / Extended'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)【収録曲】''1. Cr
by ?