彼らを魅了したロック・ミュージックの魅力とは──DYGL、待望の1stフル・アルバムをリリース

昨年4月にEP『Don't Know Where It Is』をリリースし、衝撃的なデビューを果たしたDYGL。ついに! 待望の! 1stフル・アルバム『Say Goodbye to Memory Den』をリリース! 今作は、The StrokesのギタリストAlbert Hammond Jr.、そしてThe Strokesの『Angles』以降の作品にプロデューサーとして関わるGus Obergの2人をプロデューサーに迎えた意欲作となっている。OTOTOYではメンバー4人にインタヴュー。彼らが何を考え、どのようにロック・ミュージックと向き合っているのか語ってくれた。今年度最注目アルバムと言っても過言ではない『Don't Know Where It Is』、チェック必須です!

待望の1stフル・アルバムを配信中!


DYGL / Say Goodbye to Memory Den

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/88.2kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 540円(税込) / アルバム 3,200円(税込)

【収録曲】
1. Come Together
2. Crazy
3. Let It Sway
4. Take It Away
5. Thousand Miles
6. Boys On TV
7. Don't Know Where It Is
8. Let It Out
9. Feel the Way
10. All I Want
11. Happy Life
12. A Matter of Time
13. Waste of Time
14. I've Got to Say It's True


DYGL/Let It Out


INTERVIEW : DYGL

DYGLの音源を初めて聴いた時、とにかく興奮した。それだけ、楽曲の中に20代のバンドとは思えないくらい音楽の情報量が多いし、ただ海外のサウンドをトレースしたのではなくて、しっかりと自分たちのロックとして昇華しているから…… というか、シンプルにカッコ良かった! 去年リリースされた全国流通盤EP『Don't Know Where It Is』は音楽関係者からの評価が高く、多くのメディアで注目された。そんなDYGLが4月19日に待望の1stアルバムをリリース。新譜についての感想はもちろんのこと、彼らが思う“ロック”とは何なのか訊いてみた。

インタヴュー&文 : 真貝聡

DYGLがどんなサウンドなのか考える機会が必要だった

──『Say Goodbye to Memory Den』リリースおめでとうございます! 何度も聴いてます!

Nobuki Akiyama (以下Akiyama) : ありがとうございます。

──早速なんですが、去年末にYkiki Beatが活動休止すると知って驚きました。あれは、DYGLの活動に専念したいって気持ちがあったから?

Akiyama : いえ、それぞれ別のバンドとしてとらえていたので、DYGLの活動が影響したことはないですね。続けられる可能性も模索していました。

──何が原因だったんですか?

Akiyama : 創りたいもののビジョンが合致していれば、続けていたかもしれません。ただあの当時、それぞれのメンバーがやりたいことや、目指しているビジョンなどを共有しきれなくなったことが大きかったと思います。無理に続けることもできたかもしれませんが、あのタイミングで終止符を打つというのもバンドにとって必要な決断では無いかと思い、メンバーで話し合って決めました。もちろん相当話し合いましたし簡単な決断ではありませんでしたが。

──じゃあ、円満に休止したと。

Akiyama : そう思います。

──では、1stアルバムについてお聞きしますね。いつからつくろうと思ってたんですか?

Akiyama : 出来るだけ早く録りたいと思っていたのですが、どの曲をアルバムに入れるか結構悩んで。

──なるほど。

Akiyama : 元々は3人でバンドを始めて、現在の4人体制になるまでに音楽的にも色々な変遷があったので、1stアルバムで何をしたいかがあまり定まっていなかったんです。そもそもDYGLがどんなサウンドなのか、考える機会が必要でした。その問題がまとまってからアルバムを出したいという思いがあったので、時間はだいぶかかりましたね。シングル(『Waste f Time』)を出したのはいつだっけ?

Yosuke Shimonaka(以下、Shimonaka) : リリースは去年の12月だったね。レコーディング自体は夏頃かな。

Akiyama : あの頃にはもうアルバムを作る話もしてたかな。

Kohei Kamoto : エンジニアをどうするかって話はあったね。メンバー内で「海外のエンジニアはどう?」みたいな案があって。

Kohei Kamoto(Dr.)

Akiyama : 何年か前に偶然下北沢のライブハウスで知り合ったオーストラリア人のエンジニアでAaron Dobosという方がいて。彼が日本に来るタイミングで、よかったら仕事したいっていうオファーをくれたのがきっかけで『Waste of Time』をレコーディングすることができたんです。アルバムのエンジニアも、自分たちのサウンドを理解してくれる人とやりたいという話は当時してた気がしますね。

バンドの流れとしてはEPを出して、シングルを出して、そろそろアルバムを出したいと思いはじめていた時期だった気がする…… からあの前後でアルバムの話はしてただろうね。

──アルバムには、いつ頃からの楽曲が入っているんですか?

Akiyama : 既にライブでやっていた曲もありますが、半分以上新曲なのでモードとしてはだいぶ新しい印象です。「Don't Know Where It Is」や「Let It Sway」はEPにも入っているし、その辺はわりと昔からライヴでやっていて。「All I Want」は僕らが学生だった頃からありました。

──KachiさんはDYGL加入前にお客さんとして、「All I Want」を聴いていたんですよね。

Yotaro Kachi(以下、Kachi) : 当時は「All The Time」という曲名だったのですが、僕は客として聴いてましたね。2014年頃だったと思います。

Yotaro Kachi(Ba.)

──お客さんとして聴いていた曲を、録音するって感慨深かったりします?

Kachi : 入ってからもう長いので、感慨深いみたいな感じは特に……(笑)。

Akiyama : 新しい曲でいうと「Let It Out」とか「A Matter of Time」はNYでレコーディングの準備をしながら出来上がった曲なので、それはライヴでも新鮮な気持ちで演奏してますね。

良さげなものは沢山あるんですけど、本当に良いものって少ない

──The StrokesのAlbert Hammond Jr.とGus Obergがプロデュースを務めることになったのは、どんな経緯が?

Akiyama : まず第1に曲のイメージをわかってくれる人と仕事をしたいと思ったんです。日本のエンジニアで腕がある人は沢山いると思うんですけど、僕らと音楽的な言語が合う人を考えた時に、そこを共有できることが大事だと感じて。まずは基本に立ち返って、自分たちが好きな作品を作っている人をリストアップして確認していきました。

──その候補の中にGus Obergがいたと。

Akiyama : そうですね。ただ僕らの間で、どのエンジニアにオファーしようかという話をしている時に、知り合い経由でAlbertとGusの2人も日本のバンドをプロデュースしたいと思っているという話をもらって。試しに音源を渡してみたら気に入ってもらえたのですが、元々はプロデューサーはつけずにエンジニアだけ探して、あとはセルフ・プロデュースでやりたいと考えていたので、これが正しい選択なのかバンド内で結構悩みました。Albertの作品もGusが関わっている作品も素晴らしいし、最終的にこれも縁だと信じて今回このチームと働くことを決めました。

──Shimonakaさんはインタビューで「(1stアルバムは)ボディブローを決められるアルバムになったらいい」と話してましたけど、ボディブローって?

Shimonaka : なんて言ったら良いんだろう…… ボディブローって言葉が僕にとって1番しっくりきたんですよね。横山健さんが「ギターを弾くのはスケートボードの感覚と似てる」って言っていたというのを最近友達から聞いたのですが、それは凄く分かるなって。サーフィンとかの大きな波を乗りこなすスリリングかつ豪快な瞬間を見ている感覚に近いです。

そういった“ギリギリの緊張感”を乗りこなしているアーティストを見ると腹の底から湧き上がるものがあるので、自分たちの作品もそういう快感を含んだアルバムにしたいとかそういったことは常々考えています。

──わかるような、わからないような……(笑)。話を聞く前は、ジワジワとダメージが効いてくる感じをボディブローって例えたのかと思ってました。スルメなアルバムって意味ではないんですね。

Shimonaka : 僕が言いたいのは、もっと直感的なことですね。

Yosuke Shimonaka(Gt.)

Akiyama : いまは音楽が簡単につくれる時代になっているから、コレをやったら何となくカッコイイっていう曲が氾濫しているように感じてて。良さげなものは沢山あるのですが、本当に良いものって少ないと思うんですよ。だからこそ、「これが自分たちのやりたいこと」っていう芯を持った音楽を聴くと、ワクワクしますね。

Shimonaka : 基本的には音楽を聴いたりライブを見たりするときにはこちらも身構えて鑑賞しているんですけど、それでもいいアーティストの作品やライブは不意に体に入ってくることがあるので、自分の想像を超えてくる快感といった意味合いもありますね。

──The SuzanのRieさんが「海外のモノをまんまパクってるようなバンドが多い中で、DYGLは世界の音を自分たちなりに噛み砕いてから、アウトプットしようっていう姿勢が凄い」なんて言ってました。

Akiyama : 知らなかった、それは嬉しいですね。

──言葉の通り、DYGLは海外のカルチャーをただ真似るんじゃなくて、ちゃんと自分達の音として表現しているのが魅力ですよね。

Akiyama : ありがとうございます。他人のバンドと比較はできませんが、見ているなかでおもしろいバンドとそうでないバンドとでは、やっぱり自分がやっていることを理解しているかどうかで結構違う気がします。借り物のオシャレとか良さげなものを集めているだけのものは、その場ではおもしろくても心に響かない。むしろ今風でも今風じゃなくても、その人の内面から生まれた作品には価値があると思います。

自分がなんでそれを表現しているのか、明確な意思があって表現されている作品は音にも言葉にも表れていると思います。そのうえで、自分が好きな作品の音や言葉をきちんと噛み砕いて自分のものにすることは、ものをつくる上で大切な過程だと思うんです。それは本当に時間がかかる。海外っぽいとか邦楽っぽいとかの話は短絡的すぎると思いますが、そのサウンドの意味を、時間をかけて理解することは大切な気がします。その場限りのオシャレではなくて。その上で、何より作品として深みのあるものをつくっていけたら良いですね。

Shimonaka : 自分に基準がないと難しいですよね。

誰かが何かを考えるきっかけを与えるものであったら良いな

──DYGLが音楽で表現したいことって何でしょうか?

Akiyama : 喜怒哀楽が入っているものが良いですね。実際に生きていれば嬉しいことも辛いこともあるわけですし、そういう人生の側面が満遍なく感じられる作品になったら嬉しいです。もちろん曲によってテーマはありますが、ただ単調にテーマが表現されているだけでなく、その背後に色々なカラーや雰囲気を包括しているような深みのある曲を作りたい。同じ感情でも状況によって色々な表情があるのと同じで、悲しい中にも希望があったり、感情がカラフルに織り合わさっていたりするものが良い音楽だと思ってます。

Nobuki Akiyama(Vo,Gt)

──織り合わさってるという意味では「Crazy」のライナーノーツに「ポジティヴなことを歌うにしても、悪い事からただ目を背けてあっけらかんとした曲をつくってもあまりリアルじゃ無い」って書いてましたね。

Akiyama : そうですね。悲しみがあるならそれを無視したくはない。ただそのうえで自分がどういう態度でその悲しみと向き合うのかを考えると、やはりポジティヴな態度でありたいなと。悲しみも辛さも受け入れる、でもその感情に溺れてしまわず、そこから前を向く気持ちを持っていたい。

それは「Crazy」に限らず「Come Together」でも同じテーマかもしれません。まずは受け入れて、そこから何を選ぶのかは自分で決める、その姿勢はどの曲にも共通してあるのかもしれません。

──Akiyamaさんは洋楽に対する知識だけじゃなくて、荒井由実やはっぴいえんどなど、邦楽も深く掘り下げて聴いてますよね。ちなみに日本語詞の魅力って何だと思いますか?

Akiyama : 日本語ってそもそもミニマルな言語だと思います。余白を残すことができるし、1つの単語で色々と想像させることができる。それは日本語詞の良さだと思います。

──いかに最小限の言葉で、曲の世界観を表現できるかってこと?

Akiyama : そうです。あとは、答えを1つに絞りすぎていない詞も好きです。尾崎放哉の「咳をしても一人」って有名な俳句がありますが、一見「だから何?」って感じですけど、人によって見え方が全く変わるからおもしろいですよね。

逆に答えを言いすぎる曲は、邦楽でも洋楽でもあまり好きじゃない。特に日本語はそれができる言語だから、なおさら使いまわされた言葉とか、「あなたが好きです」を「あなたが好きです」としか歌っていない歌詞とか、なかなか共感できないですね。もちろんその言葉でしかもう言えない、というところでシンプルにそのままを言うのは素敵だと思いますが。あと奇をてらい過ぎていたり、変にドロドロしい歌詞も好きじゃないですね。

──逆にDYGLが影響を受けてきた、ロックの魅力ってなんだと思いますか?

Akiyama : 興奮と喜びだと思います。悲しさも怒りもきちんと理解して、それを音楽としてエネルギーに変換する力というか。悲しいだけの世界が広がってるわけじゃなくて、きちんと楽しさも存在する。ザ・フーのピート・タウンゼントの「ロックは君の悩みは解決しない。悩んだまま躍らせるのだ」って言葉がすごい好きで。じゃあそれは現実逃避なのかと言えば、それはそれで違うと思って。悩んだまま踊ることも大事で、踊り終わった後に世界が違って見えるかもしれないですし。そういう意味でロックは、何かきっかけになるものを与えてくれるものだと思うし、俺はそういう風に聴いてきました。

──受け入れた上で、どんなアクションを起こすか。

Akiyama : 自分の音楽も何となく消費されるものじゃなく、誰かが何かを考えるきっかけを与えるものであったら良いなと思います。それでも、まずは何よりシンプルに楽しんでくれたら嬉しいですね。

RECOMMEND

The Strokes / Future Present Past

DYGL『Say Goodbye to Memory Den』にもプロデューサーとして参加しているGus Obergをプロデュースに迎えたThe Strokesの4曲入りEP。

The fin. / Through The Deep

神戸の4人組インディーロック・バンド The fin.のミニ・アルバム。チルウェーヴ、シンセポップ、エレクトロニカ色を強く出した新曲など5曲を収録しています。

この作品に関する特集ページはこちら

Seuss / Today Was Good

関西を拠点に活動する4人組バンド、Seussのデビュー・ミニ・アルバム。匂い立つような色気を携えたヴォーカル、オールディーズ・マナーをずば抜けたセンスで消化したサウンドとなっています。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈Say Goodbye to Memory Den Release Tour〉
2017年5月13日(土)@大阪府 Shangri-La
2017年5月14日(日)@東京都 WWW X
2017年5月15日(月)@東京都 WWW X(※追加公演)
2017年5月17日(水)@台湾 台北 THE WALL
2017年5月18日(木)@台湾 高雄市 高雄LIVEWARE HOUSE
2017年5月20日(土)@香港(※会場は後日発表)
2017年5月21日(日)@タイ バンコク Rockademy Thailand
2017年5月23日(火)@マレーシア クアラルンプール Live Fact
2017年5月24日(水)@インドネシア ジャカルタ(※会場は後日発表)
2017年5月26日(金)@韓国 ソウル(※会場は後日発表)
2017年6月8日(木)@新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2017年6月9日(金)@石川県 vanvanV4
2017年6月10日(土)@愛知県 池下CLUB UPSET
2017年6月17日(土)@長崎県 Studio Do!
2017年6月18日(日)@福岡県 INSA
2017年6月20日(火)@熊本県 NAVARO
2017年6月21日(水)@香川県 高松TOONICE
2017年6月22日(木)@愛媛県 Double-u studio
2017年6月23日(金)@広島県 HIROSHIMA 4.14
2017年6月24日(土)@岡山県 PEPPERLAND
2017年7月6日(木)@京都府 京都MOJO
2017年7月7日(金)@兵庫県 神戸VARIT.
2017年7月17日(月・祝)@埼玉県 HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1
2017年7月30日(日)@FUJI ROCK FESTIVAL '17
2017年8月11日(金・祝)@中国 上海 MAO Livehouse
2017年8月12日(土)@中国 北京 YugongYishan
2017年8月13日(日)@中国 成都市 Little Bar Space
2017年8月15日(火)@中国 西安市 Midie Livehouse
2017年8月17日(木)@中国 武漢市 VOX LIVEHOUSE
2017年9月6日(水)@岩手県 the five morioka
2017年9月7日(木)@宮城県 enn 2nd
2017年9月8日(金)@福島県 郡山 CLUB #9
2017年9月10日(日)@北海道 DUCE SAPPORO
2017年9月29日(金)@長野県 ALECX

詳しくはこちらで

PROFILE

DYGL

DYGL(デイグロー)は2012年結成、Nobuki Akiyama(Vo,Gt)、Yosuke Shimonaka(Gt.)、Yotaro Kachi(Ba.)、Kohei Kamoto(Dr.)の4人組バンド。
日本とアメリカを行き来しながら活動し、結成5年にしてついに待望の1stフル・アルバム『Say Goodbye to Memory Den』を2017年4月19日にリリース。
今後、FUJI ROCK FESTIVAL'17への出演も決定しているなか、5月から日本、台湾、香港、韓国、マレーシア、インドネシア、中国を含む"Say Goodbye to Memory Den Release Tour"が開催される。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介