遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信

マウント・イアリことフィル・エルヴラム

2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に是非聴いていただきたい。


Mount Eerie / A Crow Looked At Me

【Track List】
01. Real Death
02. Seaweed
03. Ravens
04. Forest Fire
05. Swims
06. My Chasm
07. When I Take Out The Garbage At Night
08. Emptiness Pt. 2
09. Toothbrush/Trash
10. Soria Moria
11. Crow

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲購入 150円(税込) まとめ購入 1,500円(税込)


01年のPitchfolkにてアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝いた、USインディにおける金字塔作品

The Microphones / The Glow Pt. 2

【Track List】
01. I Want Wind to Blow / 02. The Glow Pt. 2 / 03. The Moon / 04. Headless Horseman / 05. My Roots Are Strong and Deep / 06. Instrumental / 07. The Mansion / 08. (Something) / 09. (Something 2) / 10. I'll Not Contain You / 11. The Gleam Pt. 2 / 12. Map / 13. You'll Be in the Air / 14. I Want to Be Cold / 15. I Am Bored / 16. I Felt My Size / 17. Instrumental 2 / 18. I Felt Your Shape / 19. Samurai Sword / 20. My Warm Blood

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲購入 150円(税込) まとめ購入 1,500円(税込)

【REVIEW】Mount Eerie 『A Crow Looked At Me』

このアルバムは決して多くの人に向けられたアルバムでは無い。だけども多くの人が向き合うべき、向き合わなければならない絶対的な事実である「死」に対しての悲しみ、やりきれない思いが描かれた1枚だ。

2015年初頭はザ・マイクロフォンズからのマウント・イアリへと改名後の10年を総括したアルバム『Sauna』のリリース、そして時同じくして第一子の誕生など公私ともに充実したフィル・エルヴラムであったが、それから時経たずして妻であるジュヌヴィエーヴ・カストレイの癌が発覚、約1年に及ぶ闘病生活を経たものの35歳という若さで彼女は亡くなってしまう。幸福から一気に絶望の縁に叩きつきけられた彼はそれでも制作活動を止めず、その悲しみの全てを11編の曲にしたためた。

「死は現実」という一節で始まるこのアルバム。シンプルで極限まで削ぎ落とされた美しいメロディと静かに感情を込めた歌声はもちろん、自身が所有しているスタジオではなく、彼女を看取った部屋、彼女が残した楽器を使って録音したというエピソードからも計り知ることの出来ない強い彼女への思いが伝わってくるが、このアルバムからはその悲しみから抜け出すような希望を見つけることは出来ない。アルバムの最初から最後まで徹底して歌われるのは喪失感、絶望だ。

彼は亡くなった彼女と、残された小さな我が子のためだけにこのアルバムの曲たちを作ったが、それはこうしてパッケージ化され彼の知らない人の耳へと届けられる。彼の彼女への思いは昇華されていないが、このアルバムが生まれたことで「死」という普遍的な事実を改めて人々に突きつけ、そしてその極めて個人的な思いが結果として多くの人に届いていくというこの歪さ。故にこのアルバムは美しさを放っている。

メロディと歌だけでこのアルバムの素晴らしさは十分に伝わるが、ストレートに表現された死に対る悲しみや孤独、いなくなってしまった彼女への思いや愛がよりダイレクトに伝わる訳詞を目で追いながら聴くことでその素晴らしさは更に引き立つ。是非ともゆっくりと詩を追いながら聴いて欲しい。

(Text by 高木理太)

〈7e.p. Records〉過去作品、好評配信中!!

ダスティン・ウォング & 嶺川貴子 / Are Euphoria(24bit/96kHz)

2014年『Savage Imagination』の発売から3年、ソロとしても精力的に活動し、当代随一のギター・ウィザードと称賛を受けているギタリスト、ダスティン・ウォングと90年代後半の東京のエクスペリメンタル、トイ・ポップ音楽における重要人物である嶺川貴子による3枚目の共作作品『Are Euphoria』。

この作品に関する特集ページはこちら

WHY? / Moh Lhean

アンダーグラウンド・ヒップホップ集団〈アンチコン〉にその出自を持ち、フリー・フォークやインディ・ロックへの接近など、Why?の通り名で、まさに〈アンチコン〉の枠組みを広げてきた感のあるヨニ・ウルフによる6thアルバム『Moh Lhean』。ヒップホップ時代から持ち味となっているサイケデリックでチルなムードはそのままに、フォーキーなサウンドを聞かせる1枚に。

この作品に関する特集ページはこちら

Man Made / TV Broke My Brain

ジョニー・マーの長子、ナイル・マー率いるマンチェスターのトリオ・バンド、マン・メイド。このたび、レイ・マンをプロデューサーに、マックスウェル・マークスをエンジニアに迎え、1年半という時間をかけて制作されたデビュー・アルバム。昨今のインディ・バンドとは一線を画す曲調の多彩さとフックの効いたメロディ・ライン、アレンジの巧みさで、新人離れした風格を感じさせる作品となっている。

この作品に関する特集ページはこちら

7e.p. Records OFFICIAL HP : https://7ep.net/

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV
【REVIEW】遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ最新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年04月18日・遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信 2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に
ラッキ−オールドサン、2thFullAlbum『Belle Époque』レヴュー掲載
[REVIEW]・2017年04月13日・ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。 ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバムラッキーオールドサン / Belle Époque'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. さよならスカイライン2. ベッドサイドストリート3. フューチュラマ4. 写真5. 夢でも
by 宮尾茉実
【REVIEW】踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるニュー・シングル『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリース!!
[REVIEW]・2017年04月13日・踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるシングルをリリース!! 結成23年目を迎えた現在もなお、精力的なライヴ活動で多くの人々を惹きつけ続けている日本を代表するハードコア・パンク・バンド、BRAHMAN。そんな彼らが前作『其限』のシングル発売から約1年9ヶ月ぶりとなる作品、『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリースした。「ともにこの世に生きられない、また、生かしておけないと思うほどの恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。」という意味のタイトル・ナンバーから、古くから対バンなどで親交を深めてきたTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOをゲストに招いた「ラストダンス」などを含む全3曲が収録された今作は、進化と深化が表現された傑作のシングルとなっている。ここまで続けてきたからこそ描ける、彼らの新たな到達地点に是非とも触れて欲しい。 BRAHMAN / 不倶戴天 -フグタイテン-'【Track List】01. 不倶戴天02. ラストダンス featuring ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)03. 怒涛の彼方【配信形態 / 価格】''16bit/44.
【REVIEW】DAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろした配信シングルリリース
[REVIEW]・2017年04月14日・希望と葛藤に生きる主人公に重ねた想いーーDAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろし ラップシンガーDAOKOが、配信シングル「拝啓グッバイさようなら」をリリースした。2017年4月から放送中のTVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」の主人公と重なるような想いを描きながら制作された本作は、同アニメのエンディングテーマになっている。2017年初のリリースでもある本作品をレヴューとともに聴いてもらいたい。 DAOKO / 拝啓グッバイさようなら'【Track List】1. 拝啓グッバイさようなら【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【右】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【価格】''【左】400円(税込) 【右】257円(税込) LINELIVE:21/broadcast/1811040:centercaption=LINE LIVE "Portrait Film Project" 第2弾「拝啓グッバイさようなら」クリエイティブ・ディレクター 川村元気監督 関和亮 REVIEW : 拝啓グッバイ
【REVIEW】ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年04月07日・ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!! 昨年2016年にリリースした自主制作アルバム『EverydayIsFlyday』が高い評価を得たラッパー、Ryugo Ishidaと、フィメール・ラッパーSophiee、そしてプロデューサーのAutomaticによるプロジェクト、ゆるふわギャング。2016年にラッパーの2人が出会い、遊びの延長線上で結成された彼らは、結成間も無く「Fuckin' Car」、「Dippin Shake」のMVを公開。そして今作をリリースするために立ち上げられたクラウドファンディングでは目標額の5倍を達成するなど注目度MAXの状態で待望となるファースト・アルバム『Mars Ice House』をドロップ。2017年は、ゆるっとふわっと彼らがかっさらう!! ゆるふわギャング / Mars Ice House'【Track List】01. Go! Outside02. Dippin' Shake03. HunnyHuntBleach The World04. Bleach The World05. YRFW Shit06. Don't S
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回
[REVIEW]・2017年04月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回 HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチ・ライン of The Month」も第3回。前回は、既に2017年ベストとの呼び声高いJJJのアルバム『HIKARI』のレヴューをお届けしました。気になる今回は、JJJと同じくFla$hBackSのメンバーとしても知られるFebb as Young Masonのセカンド・アルバム『So Sophisticated』のリリース記念!! Febb本人も参加のスペシャル・ヴァージョンでお届けです!! febb as Young Mason / So Sophisticated'【Track List】01. ANGEL Feat. AZ02. CAREFREE03. DON Feat. B.D.04. HUSSLE 4 HUSSLE Feat. KNZZ05. THE GAME IZ STILL COLD Feat. A-THUG06. ON FIRE Feat. 敵刺07. AESTHETIC08. OPERATION SURVIVE09. SHADOW
by 斎井 直史