希望と葛藤に生きる主人公に重ねた想いーーDAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろし

ラップシンガーDAOKOが、配信シングル「拝啓グッバイさようなら」をリリースした。2017年4月から放送中のTVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」の主人公と重なるような想いを描きながら制作された本作は、同アニメのエンディングテーマになっている。2017年初のリリースでもある本作品をレヴューとともに聴いてもらいたい。

DAOKO / 拝啓グッバイさようなら

【Track List】
1. 拝啓グッバイさようなら

【配信形態】
【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC
【右】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC

【価格】
【左】400円(税込) 【右】257円(税込)


LINE LIVE &quot;Portrait Film Project&quot; 第2弾「拝啓グッバイさようなら」<br />クリエイティブ・ディレクター 川村元気<br />監督 関和亮

REVIEW : 拝啓グッバイさようなら

15歳の時にニコニコ動画に投稿した楽曲が注目を集め、デビューした東京出身のラップシンガー、DAOKO。映画の挿入歌やCMソングも担当し、国内のみならず海外からも注目を集めている。20歳となり新たな幕開けとなる記念すべき初の配信シングル「拝啓グッバイさようなら」は、4月よりMBS/TBS系"アニメイズム"にて始まる『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』エンディング・テーマに決定。そしてLINE LIVEにて"タテ型"MV「Portrait Film Project」第2弾アーティストに選ばれ、これまでにない妖艶なDAOKOを感じられる映像が完成。ますます期待が高まる。

どこか特有の雰囲気をもつ彼女も、私たちと変わらない悩みや不安・葛藤があって、それを躊躇いながらも乗り越えようとする姿に共感すると同時にとても安心した。印象的なピアノのリフから始まるこの曲は、誰しもが抱える胸の内を爽やかに歌い上げ、そっと背中を押してくれる。DAOKOの楽曲は無理に明るく前へ進めと言わないところが魅力だ。私たちの持つ「ダーク」な部分を、可愛く歌い上げる。応援してほしいわけじゃない、「ただ今の自分を分かって欲しい」。そんな私たちの想いを肯定し、寄り添ってくれる存在なのだ。以前彼女が言っていた「何となく生きていたくない」という感覚は、同世代の私たちの心の支えであり、癒しだ。逃げ場だ。現実世界にもインターネットの世界でも息苦しく逃げ場のない想いをしている私たちを受け止め癒してくれる。彼女が等身大の20歳の女の子で居てくれることは、私にとって最大の魅力なのだ。

新しいことを始めるとき、希望と不安を同時に抱くような気持ち。この曲はそんな気持ちにそっと寄り添い自分の足で一歩踏み出せるように背中を押してくれる春の歌だ。新しい環境に進むこの時期にこそ、聴いてほしい。(山川梨花)

DISCOGRAPHY

LIVE INFORMATION

森、道、市場2017

2017年05月12日(金)~14日(日)@大塚海浜緑地(ラグーナビーチ)&遊園地ラグナシア
※DAOKOは5月14日(日)に出演

WOOLY CARNIVAL2017

2017年06月10日(土)@浜松市周辺

神撃のバハムート VIRGIN SOUL OA情報

アニメイズム
MBS 毎週金曜 26:10〜
TBS 毎週金曜 25:55〜
CBC 毎週金曜 26:50〜
BS-TBS 毎週土曜 24:00〜

サガテレビ 毎週月曜 25:25〜

AT-X 毎週日曜 21:30~22:00
※リピート放送:毎週火曜 22:00~/毎週木曜 14:00~
※放送日時は編成の都合により変更の可能性があります。

(C) Cygames/MAPPA/神撃のバハムート VIRGIN SOUL

公式サイト

PROFILE

DAOKO

だをこ
1997年生まれ、東京都出身。ラップシンガー。

15歳の時にニコニコ動画へ投稿した楽曲で注目を集め、2012 年に1st Album『HYPER GIRL- 向こう側の女の子 -』を発売。16歳にして2013年m-flo + daoko による楽曲『IRONY』が映画「鷹の爪~ 美しきエリエール消臭プラス~」の主題歌に起用。2014年公開映画「渇き。」では中島哲也監督の目に止まり「Fog」が挿入歌に抜擢。同年、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター) 見本市」の第3弾作品「ME!ME!ME!」の音楽を、TeddyLoid と担当。世界各国から大きな注目を集める。そして、2015年3月女子高生にしてTOY’ SFACTORY から1st アルバム『DAOKO』にてメジャーデビュー。 彼女らしい独特の世界観はそのままに、新進気鋭トラックメーカー、そして GREAT3 片寄明人 が参加した7組と制作。同年8月17日には渋谷WWW での初ワンマンライブを行い、チケットは即日完売となる。10月21日にはDouble A Side 1st シングル「ShibuyaK / さみしいかみさま」をリリース。2本の大型MUSIC VIDEO 企画が決定し、第1弾は、日本アニメ(ーター)見本市にて公開された、吉崎響 × DAOKO 企画。スタジオカラーによるアニメーションミュージックビデオ「GIRL」。第2弾は、DAOKO 初の顔出しとなった児玉裕一監督による「ShibuyaK」。ブラインドしていた彼女のその全貌が明らかになった。2016 年1月15日、DAOKO THE FIRST TOUR 、東京 渋谷TSUTAYA O-EAST 公演を完売。大成功を収める。同年4月より、日本で最も注目を集める4人の新世代クリエイター「PALOW× 吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」にて学校法人・専門学校HAL2016年度新CM そしてCM ソングを担当。印象的な歌声とナレーションは話題を集める。さらに、Reebok CLASSIC が2016年フォーカスする「フューリーライト」のイメージムービー“Reebok CLASSIC Furylite WEB Movie” に DAOKO が出演。さらに、cygames2016年新TVCMに「もしも僕らがGAMEの主役で」が決定。9月には待望のTriple-A Side 2nd Single「 もしも僕らがGAME の主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!」が発売。シングルからの2016年ツアー”青色主義” は東京・大阪・韓国4Daysの公演を行い、大成功を収めた。2017年2月より“青色時代” ツアーが決定。そして、制作統括・音響監督を庵野秀明さんが務めるスタジオカラーが制作する初のテレビアニメーションNHK BSプレミアム アニメ「龍の歯医者」挿入歌『かくれんぼ』にDAOKOが参加。3月にはLINE LIVEによる“タテ型”MV「Portrait Film Project」第2弾アーティストにDAOKOが決定。川村元気氏×関和亮監督が仕掛ける新たな映像表現プロジェクトは20歳になるDAOKOの新たな幕開けに期待を集める。

HP

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV
【REVIEW】遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ最新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年04月18日・遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信 2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に
ラッキ−オールドサン、2thFullAlbum『Belle Époque』レヴュー掲載
[REVIEW]・2017年04月13日・ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。 ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバムラッキーオールドサン / Belle Époque'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. さよならスカイライン2. ベッドサイドストリート3. フューチュラマ4. 写真5. 夢でも
by 宮尾茉実
【REVIEW】踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるニュー・シングル『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリース!!
[REVIEW]・2017年04月13日・踊らされるのではなく、自らの意思で踊れ──BRAHMAN、久々となるシングルをリリース!! 結成23年目を迎えた現在もなお、精力的なライヴ活動で多くの人々を惹きつけ続けている日本を代表するハードコア・パンク・バンド、BRAHMAN。そんな彼らが前作『其限』のシングル発売から約1年9ヶ月ぶりとなる作品、『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリースした。「ともにこの世に生きられない、また、生かしておけないと思うほどの恨み・怒りの深いこと。また、その間柄。」という意味のタイトル・ナンバーから、古くから対バンなどで親交を深めてきたTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOをゲストに招いた「ラストダンス」などを含む全3曲が収録された今作は、進化と深化が表現された傑作のシングルとなっている。ここまで続けてきたからこそ描ける、彼らの新たな到達地点に是非とも触れて欲しい。 BRAHMAN / 不倶戴天 -フグタイテン-'【Track List】01. 不倶戴天02. ラストダンス featuring ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)03. 怒涛の彼方【配信形態 / 価格】''16bit/44.
【REVIEW】DAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろした配信シングルリリース
[REVIEW]・2017年04月14日・希望と葛藤に生きる主人公に重ねた想いーーDAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろし ラップシンガーDAOKOが、配信シングル「拝啓グッバイさようなら」をリリースした。2017年4月から放送中のTVアニメ「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」の主人公と重なるような想いを描きながら制作された本作は、同アニメのエンディングテーマになっている。2017年初のリリースでもある本作品をレヴューとともに聴いてもらいたい。 DAOKO / 拝啓グッバイさようなら'【Track List】1. 拝啓グッバイさようなら【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【右】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【価格】''【左】400円(税込) 【右】257円(税込) LINELIVE:21/broadcast/1811040:centercaption=LINE LIVE "Portrait Film Project" 第2弾「拝啓グッバイさようなら」クリエイティブ・ディレクター 川村元気監督 関和亮 REVIEW : 拝啓グッバイ
【REVIEW】ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年04月07日・ゆるふわ海賊船が全てを奪いにきた!!──ゆるふわギャング、ファースト・アルバムをリリース!! 昨年2016年にリリースした自主制作アルバム『EverydayIsFlyday』が高い評価を得たラッパー、Ryugo Ishidaと、フィメール・ラッパーSophiee、そしてプロデューサーのAutomaticによるプロジェクト、ゆるふわギャング。2016年にラッパーの2人が出会い、遊びの延長線上で結成された彼らは、結成間も無く「Fuckin' Car」、「Dippin Shake」のMVを公開。そして今作をリリースするために立ち上げられたクラウドファンディングでは目標額の5倍を達成するなど注目度MAXの状態で待望となるファースト・アルバム『Mars Ice House』をドロップ。2017年は、ゆるっとふわっと彼らがかっさらう!! ゆるふわギャング / Mars Ice House'【Track List】01. Go! Outside02. Dippin' Shake03. HunnyHuntBleach The World04. Bleach The World05. YRFW Shit06. Don't S
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回
[REVIEW]・2017年04月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第3回 HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチ・ライン of The Month」も第3回。前回は、既に2017年ベストとの呼び声高いJJJのアルバム『HIKARI』のレヴューをお届けしました。気になる今回は、JJJと同じくFla$hBackSのメンバーとしても知られるFebb as Young Masonのセカンド・アルバム『So Sophisticated』のリリース記念!! Febb本人も参加のスペシャル・ヴァージョンでお届けです!! febb as Young Mason / So Sophisticated'【Track List】01. ANGEL Feat. AZ02. CAREFREE03. DON Feat. B.D.04. HUSSLE 4 HUSSLE Feat. KNZZ05. THE GAME IZ STILL COLD Feat. A-THUG06. ON FIRE Feat. 敵刺07. AESTHETIC08. OPERATION SURVIVE09. SHADOW
by 斎井 直史