トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース!

Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂光隆(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やかなギターの響き、そしてその極上のビートをハイレゾで。


配信ではOTOTOY限定、ハイレゾ版アルバムまとめ購入で柳樂隆光によるライナーPDF付き

Jeff Parker / The New Breed (24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Executive Life
02. Para Ha Tay
03. Here Comes Ezra
04. Visions
05. Jrifted
06. How Fun It Is To Year Whip
07. Get Dressed
08. Clich
09. Logan Hardware Remix -- Jeff Parker, Makaya McCraven

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC
単曲 250円(税込) / アルバムまとめ購入 1,800円(税込)

REVIEW:Jeff Parker『The New Breed』ジャズを起点に、ディラ・ビートへ


文:寺島 和貴

こんな秀作に気づかずにいたなんて……。僕と同じように買い逃していたアナタ、日本盤が出るこのタイミングでしれっと買ってしまいましょう。今なら去年この作品をスルーしていたことも帳消しです。

とかいう話は置いておいて。ソロ2作目となる本作は、ジェフ本人とポール・ブライアン(ミシェル・ンデゲオチェロやノラ・ジョーンズのツアー/レコーディング・メンバーとして知られる)の共同プロデュースとなっており、ポールはベーシスト / レコーディング・ミックス・エンジニアとしても参加している。また、Jディラ以降のうねるようなビート感をもフリーキーにたらしているのはロバート・グラスパー・トリオへの参加で一躍注目を集めたジャズ・ドラマー界の新星ジャマイア・ウィリアムス。それに加え、マスタリングはJ・ディラの最高傑作『Donuts』を手がけたデイヴ・クーリーが手がけている。これだけの情報でも、この作品がソウル~ヒップホップ~ジャズとクロスオーバーした音楽性を持っていることは明らかだろう。

オープニングを飾る「Executive Life」は、タメの効いたドラムとバッキングにギターとサックスの艶やかなユニゾンが乗るネオ・ソウル・ライクなビート・ミュージック。かと思いきや、後半からは各パートがフリーキーにプレイする浮遊感ある展開が刺激的。インタールード的な「Para Ha Tay」を挟んで、3曲目の「Here Comes Ezra」は、BADBADNOTGOODの『Ⅳ』を彷彿とさせる、ふくよかなギターとミニマルなトラックが不穏な一曲だ。昨年惜しくも亡くなったビブラフォン奏者ボビー・ハッチャーソンのカヴァー「Visions」では、ジェフの哀愁ただようソロギターが耀り、続く「Jrifted」はどのパートを取ってもジャズ・プレイヤーたちの真骨頂を見るような、フリースタイルな展開が続く。ジェフの実娘であるルビー・パーカーがヴォーカルを務める「Cliche」では、素朴な彼女の歌声とサックスの二枚看板で曲を彩る。ストイックにロウでレイドバックなビートを叩き続けるジャマイア・ウィリアムスの仕事も素晴らしい。そして、アルバムの最後を担うは日本盤限定の「Logan Hardware Remix」。収録曲のトラックから生み出された“いいとこどり”のリミックスは、作品中で最もアグレッシブなビート・ミュージックに仕立てあげられ、まるで洋画のエンドロールを見ながら聴くふたつ目のエンディング曲のよう。ぐっと重心を抑えつつもじわじわと高揚感が煽られる気持ちいい締めになっている。

『The New Breed』、非常に間口が広いアルバムである。トータスやジャズのファンはもちろん、ヒップホップとネオソウルやいわゆる『Jazz The New Chapter』系のサウンド、ロウなビート・ミュージックといったようなヒップホップ経由の音楽を聴いている人には特にレコメンドしたい。普段聴いている音楽にも新たな発見があるような味わい深い作品になっているので、是非手に取ってみて欲しい。また、翌月にトータスとジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのメンバーとして来日が予定されている。こちらも併せてチェックしてみて欲しい。


本作品のクレジット(日本盤リリース元、HEADZの公式ページより転載)

Produced by Paul Bryan and Jeff Parker

Jeff Parker - electric guitar, Korg MS20, Wurlitzer electric piano, Mellotron, loops and samplers, MIDI and drum programming
Josh Johnson - alto saxophone, flute, clarinet, Wurlitzer electric piano, Mellotron
Paul Bryan - electric bass guitar
Jamire Williams - drums
Jay Bellerose - drums and percussion (“Visions” only)
Ruby Parker - vocals

Engineered, edited and mixed by Paul Bryan intermittently from February to December, 2015 in Santa Monica CA.
Vocals recorded by John McEntire at SOMA E.M.S., Chicago.
Mastered by Dave Cooley at Elysian Masters, Los Angeles.

All songs and lyrics composed and arranged by Jeff Parker (umjabuglafeesh music, BMI),
except “Visions” by Bobby Hutcherson

RECOMMENDED

J Dilla / The Diary

2002年に制作されるもお蔵入りとなっていたJ・ディラのアルバム。2002年といえば、2000年前後のディアンジェロ、スラム・ヴィレッジ、ア・トライブ・コールド・クエストの作品といった彼の才能を世に認めさせた、代表的なプロデュース参加がリリースされた直後。とはいえ、こちら数曲以外は彼が認めたプロデュースによるラップ・アルバムといった体裁。

PPP / Triple P

上記作品にも参加、プロデューサーとしてJ・ディラにも認められたワジードを中心としたR&B〜ビート・ミュージックのグループで、デトロイト出身というところも含めて、ある意味でJ・ディラの後継者とも言えそうな期待を背負っていた。こちらは2005年の名盤。

Tortoise / The Catastrophist

ひさびさのリリースとなったアルバム。ジェフの本格的な参加作品となった名盤『TNT』を彷彿とさせる、豊かなバンド・アンサブルが中心にした作品なった。

SCHEDULE

ジェフ・パーカー来日情報
5月にトータスのメンバーとして来日決定、またジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのユニットのメンバーとして来日します。

SCOTT AMENDOLA BAND featuring
NELS CLINE, JEFF PARKER, JENNY SCHEINMAN & CHRIS LIGHTCAP


2017年5月11日(木)~ 5月13日(土)
at COTTON CLUB

■5月11日(木) & 5月12日(金)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
■5月13日(土)
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

ライヴの詳細情報
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/scott-amendola/

トータス
ビルボードライブ公演

東京
2017年5月15日(月) & 5月17日(水)
at Billboard LIVE TOKYO

1st 開場17:30 / 開演19:00
2nd 開場20:45 / 開演21:30

大阪
2017年5月19日(金)
at Billboard LIVE OSAKA
1st 開場17:30 / 開演18:30
2nd 開場20:30 / 開演21:30

ライヴの詳細情報
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47583/2

PROFILE

JEFF PARKER

ヴァージニア州ホンプトン生まれ、ジャズ・ギターリスト。やはりキャリアが注目されるようになったのは、1993年にシカゴにその活動拠点を移し、シカゴ音響派〜トータスへの加入を経てから。トータス以外では、ソロ作、そしてアイソトープ217、シカゴ・アンダーグラウンド・トリオ / カルテット / オーケストラなど、そのキャリアを象徴するようにシカゴのポストロック〜アヴァン・ジャズの橋渡しとなるようなプロジェクトで活動。現在はシカゴを離れてLA在住。

JEFF PARKER アーティスト・ページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
同じ筆者による他の記事