トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース!

Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂光隆(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やかなギターの響き、そしてその極上のビートをハイレゾで。


配信ではOTOTOY限定、ハイレゾ版アルバムまとめ購入で柳樂隆光によるライナーPDF付き

Jeff Parker / The New Breed (24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Executive Life
02. Para Ha Tay
03. Here Comes Ezra
04. Visions
05. Jrifted
06. How Fun It Is To Year Whip
07. Get Dressed
08. Clich
09. Logan Hardware Remix -- Jeff Parker, Makaya McCraven

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC
単曲 250円(税込) / アルバムまとめ購入 1,800円(税込)

REVIEW:Jeff Parker『The New Breed』ジャズを起点に、ディラ・ビートへ


文:寺島 和貴

こんな秀作に気づかずにいたなんて……。僕と同じように買い逃していたアナタ、日本盤が出るこのタイミングでしれっと買ってしまいましょう。今なら去年この作品をスルーしていたことも帳消しです。

とかいう話は置いておいて。ソロ2作目となる本作は、ジェフ本人とポール・ブライアン(ミシェル・ンデゲオチェロやノラ・ジョーンズのツアー/レコーディング・メンバーとして知られる)の共同プロデュースとなっており、ポールはベーシスト / レコーディング・ミックス・エンジニアとしても参加している。また、Jディラ以降のうねるようなビート感をもフリーキーにたらしているのはロバート・グラスパー・トリオへの参加で一躍注目を集めたジャズ・ドラマー界の新星ジャマイア・ウィリアムス。それに加え、マスタリングはJ・ディラの最高傑作『Donuts』を手がけたデイヴ・クーリーが手がけている。これだけの情報でも、この作品がソウル~ヒップホップ~ジャズとクロスオーバーした音楽性を持っていることは明らかだろう。

オープニングを飾る「Executive Life」は、タメの効いたドラムとバッキングにギターとサックスの艶やかなユニゾンが乗るネオ・ソウル・ライクなビート・ミュージック。かと思いきや、後半からは各パートがフリーキーにプレイする浮遊感ある展開が刺激的。インタールード的な「Para Ha Tay」を挟んで、3曲目の「Here Comes Ezra」は、BADBADNOTGOODの『Ⅳ』を彷彿とさせる、ふくよかなギターとミニマルなトラックが不穏な一曲だ。昨年惜しくも亡くなったビブラフォン奏者ボビー・ハッチャーソンのカヴァー「Visions」では、ジェフの哀愁ただようソロギターが耀り、続く「Jrifted」はどのパートを取ってもジャズ・プレイヤーたちの真骨頂を見るような、フリースタイルな展開が続く。ジェフの実娘であるルビー・パーカーがヴォーカルを務める「Cliche」では、素朴な彼女の歌声とサックスの二枚看板で曲を彩る。ストイックにロウでレイドバックなビートを叩き続けるジャマイア・ウィリアムスの仕事も素晴らしい。そして、アルバムの最後を担うは日本盤限定の「Logan Hardware Remix」。収録曲のトラックから生み出された“いいとこどり”のリミックスは、作品中で最もアグレッシブなビート・ミュージックに仕立てあげられ、まるで洋画のエンドロールを見ながら聴くふたつ目のエンディング曲のよう。ぐっと重心を抑えつつもじわじわと高揚感が煽られる気持ちいい締めになっている。

『The New Breed』、非常に間口が広いアルバムである。トータスやジャズのファンはもちろん、ヒップホップとネオソウルやいわゆる『Jazz The New Chapter』系のサウンド、ロウなビート・ミュージックといったようなヒップホップ経由の音楽を聴いている人には特にレコメンドしたい。普段聴いている音楽にも新たな発見があるような味わい深い作品になっているので、是非手に取ってみて欲しい。また、翌月にトータスとジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのメンバーとして来日が予定されている。こちらも併せてチェックしてみて欲しい。


本作品のクレジット(日本盤リリース元、HEADZの公式ページより転載)

Produced by Paul Bryan and Jeff Parker

Jeff Parker - electric guitar, Korg MS20, Wurlitzer electric piano, Mellotron, loops and samplers, MIDI and drum programming
Josh Johnson - alto saxophone, flute, clarinet, Wurlitzer electric piano, Mellotron
Paul Bryan - electric bass guitar
Jamire Williams - drums
Jay Bellerose - drums and percussion (“Visions” only)
Ruby Parker - vocals

Engineered, edited and mixed by Paul Bryan intermittently from February to December, 2015 in Santa Monica CA.
Vocals recorded by John McEntire at SOMA E.M.S., Chicago.
Mastered by Dave Cooley at Elysian Masters, Los Angeles.

All songs and lyrics composed and arranged by Jeff Parker (umjabuglafeesh music, BMI),
except “Visions” by Bobby Hutcherson

RECOMMENDED

J Dilla / The Diary

2002年に制作されるもお蔵入りとなっていたJ・ディラのアルバム。2002年といえば、2000年前後のディアンジェロ、スラム・ヴィレッジ、ア・トライブ・コールド・クエストの作品といった彼の才能を世に認めさせた、代表的なプロデュース参加がリリースされた直後。とはいえ、こちら数曲以外は彼が認めたプロデュースによるラップ・アルバムといった体裁。

PPP / Triple P

上記作品にも参加、プロデューサーとしてJ・ディラにも認められたワジードを中心としたR&B〜ビート・ミュージックのグループで、デトロイト出身というところも含めて、ある意味でJ・ディラの後継者とも言えそうな期待を背負っていた。こちらは2005年の名盤。

Tortoise / The Catastrophist

ひさびさのリリースとなったアルバム。ジェフの本格的な参加作品となった名盤『TNT』を彷彿とさせる、豊かなバンド・アンサブルが中心にした作品なった。

SCHEDULE

ジェフ・パーカー来日情報
5月にトータスのメンバーとして来日決定、またジャズ・ドラマー、スコット・アメンドラのユニットのメンバーとして来日します。

SCOTT AMENDOLA BAND featuring
NELS CLINE, JEFF PARKER, JENNY SCHEINMAN & CHRIS LIGHTCAP


2017年5月11日(木)~ 5月13日(土)
at COTTON CLUB

■5月11日(木) & 5月12日(金)
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm
■5月13日(土)
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

ライヴの詳細情報
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/scott-amendola/

トータス
ビルボードライブ公演

東京
2017年5月15日(月) & 5月17日(水)
at Billboard LIVE TOKYO

1st 開場17:30 / 開演19:00
2nd 開場20:45 / 開演21:30

大阪
2017年5月19日(金)
at Billboard LIVE OSAKA
1st 開場17:30 / 開演18:30
2nd 開場20:30 / 開演21:30

ライヴの詳細情報
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/47583/2

PROFILE

JEFF PARKER

ヴァージニア州ホンプトン生まれ、ジャズ・ギターリスト。やはりキャリアが注目されるようになったのは、1993年にシカゴにその活動拠点を移し、シカゴ音響派〜トータスへの加入を経てから。トータス以外では、ソロ作、そしてアイソトープ217、シカゴ・アンダーグラウンド・トリオ / カルテット / オーケストラなど、そのキャリアを象徴するようにシカゴのポストロック〜アヴァン・ジャズの橋渡しとなるようなプロジェクトで活動。現在はシカゴを離れてLA在住。

JEFF PARKER アーティスト・ページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
同じ筆者による他の記事