はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし

おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。

そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここからOTOTOYでも男性アイドルやグループの魅力を勉強し、定期的にお伝えしていけたらなと考えています!!

取材&文 : 西澤裕郎

ここは抑えておけ!! 注目の4強的存在

ーー男性アイドル・シーンを考えるにあたって、ジャニーズを大きな軸として考えると、どんな流れがあるんでしょう。

大きな別島みたいな感じでK-POPがあって、DA PUMP寄りのダンス系の島も別にあります。LDH系も別軸として存在している。w-inds.や三浦大知はダンス寄りの島ですね。その近くにSOLIDEMOとかAAAのようなグループもいて、AAAの弟分的存在にlolがいます。今、シーン的には4強的な存在がいるんですけど、それが、超特急が所属するEBiDANDa-iCEXOXBOYS AND MENです。

4つの中でもEBiDANがすごい。EBiDANは、スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成された「恵比寿学園男子部」の略なんですけど、超特急とかDISH//、M!LK、さくらしめじ、解散しちゃったんですけどカスタマイZっていうグループがいたり、PrizmaXっていうお兄さんグループやMAGiC BOYZもいる。年代順になっていて、ファンを共有し合う文化ができているんです。女性でいうとハロー! プロジェクトみたいなことです。その下には、CUBERS、FlowBack、X4、MAG!C PRINCEのような島でない一匹狼的タイプがいますね。

ーーいろいろなグループがいますけど、楽曲の特徴はあるんですか?

わかりやすくバキバキな音が多いですね。例えば、FlowBackっていうソニーがやっているグループは打ち込み感が強い。こういう子たちはずっとレッスンを積んできているから、ダンスも歌も上手いんですよ。


FlowBack 『Come A Long Way』Music Video Dance Version

エイベックスもそうで、それがさっきDA PUMP寄りって表現をしていた島のグループです。大体ダンスが映える曲になっている。X4かもそうですね。


X4「Party Up!!」MUSIC VIDEO

ーージャニーズのような楽曲をやっているグループはあまりないんでしょうか。

そこはみんな避けていますよね。そのジャンルで1番売れているグループをあげるとすれば、DA-iCEですね。


Da-iCE(ダイス) – 10th single「恋ごころ」Music Video【Full ver.】

オルタナティヴな男性グループたち

ーーいわゆるオルタナティヴな存在としてのグループはどうでしょう。

超特急の代名詞的な曲があるんですけど、事務所も同じだからかももクロ感がありますね。バッキバキな打ち込みサウンドっていうよりは、もっとふざけている。お客さんも合いの手入れたりして一緒に楽しめるようなサウンドになっています。


超特急「バッタマン」MUSIC VIDEO


あと、MAGiC BOYZには最近までZEN-LA-ROCKが関わっていて、中学生が本格的なヒップホップをしている。これは、アイドルファンにわかれって言ってもすぐにはわからないくらい攻めています(笑)。


【MAGiC BOYZ】Do The D-D-T!!【MV】


ーーたしかに普通にかっこいい!!

EBiDANも幅を見せたくて、MAGiC BOYZでこういう音楽もやっていると思うんです。BOYS AND MENも、超特急にちょっと似ていて、やり切るならやり切ろうぜって精神がある。この人たちは氣志團っぽいというか、学ランを着てわかりやすく見せています。なので、確かにみんなジャニーズを避けてきている感じはありますよね。


BOYS AND MEN - 「GO!! 世侍塾 GO!!(四字熟語Ver.)」フル

王道ど真ん中でやっているグループだと冠番組とかも持っているMAG!C☆PRINCE。王道アイドルって感じですよね。


MAG!C☆PRINCE - 「Spin the Sky」Music Video Full ver.

これから注目の一匹狼的男性グループたち

ーー個人事務所というかDIYでやっているようなグループでおもしろいグループはありますか。

ネットでめちゃめちゃバズっていたグループがあって、笑顔パンチっていうグループなんですけど、手作り感が目立って2ちゃんだったかな? で話題になった。


Your smile MV short ver

やっぱり彼らのMVのあと、大手が作っているグループを観ると全然違って見えるんですよね。衣装の作り方とか、曲の作り方もそうですけど、ちゃんと作って戦わないと勝てない。XOXは、いま人気の読者モデルとしてもを注目を集める中、音楽活動も始めた期待のグループですね。他にも読モ系だとZOLAもいますね。


XOX 『Skylight』MUSIC VIDEO

ーー楽曲派と言われているようなグループはいますか。

去年、「聴けるボーイズユニット」という攻めのキャッチフレーズに舵を切り1stアルバムをリリースしたCUBERSですね。ネットでは往年のSMAPを彷彿とさせるみたいな形でも話題に上がっていました。ちゃんとPOPに消化しているので若い女性ファンの方にも音のよさがわかるんじゃないかと思います。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO

レーベル Bermuda Entertainment japan  発売日 2017/04/10

01. Circus 02. NANDE 03. サイケ

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


他にはPrizmaX。アイドル感はないですが楽曲もディスコ・ファンク調もあれば洋楽を感じさせる曲もあります。歌が上手いんですよ。アイドルは隙をわずかに見せて応援したくなる感じを掴むと思うのですが、このグループは完璧を求めている印象でスキルが高いです。


PrizmaX「Lonely summer days」MUSIC VIDEO

レーベル 株式会社SDR  発売日 2017/04/05

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


なぜロック系の男性アイドル・グループはあまりいないのか?

ーーロック系のグループはいないんですか?

EBiDANに一組。SUPER★DRAGON。他だと単発ではあると思いますし、関ジャニとかもそうゆうイメージかもしれませんが、ラウドロック・テイストをやってるグループはあまり知らないですね。バンド・サウンドって、ストリングスとかをあまり積まないので、声がスカスカに浮くんですよ。音数が少なくて生っぽくなるので、ソロやダブルだったら聴けるんですけど、5声とか6声とかでそれをやっちゃうとチープに聴こえる可能性がある。ヴォーカルの位置をミックスで調整したり、オクターブのハーモニーを入れたりして楽曲をよく見せる努力が必要なので、ちゃんとわかっていないと挑戦しづらい。ダサくなっちゃう可能性があるからあまりやっていないんじゃないかと思います。


[MV] SUPER★DRAGON / BROTHERHOOD


ーーかなり駆け足に聞いてしまったのですが、男性グループの世界、おもしろいですね!! まだ初心者なので勉強していきますので、また話を聞かせてください!

OTOTOYで配信中の音源をチェック!!

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事