はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし

おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。

そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここからOTOTOYでも男性アイドルやグループの魅力を勉強し、定期的にお伝えしていけたらなと考えています!!

取材&文 : 西澤裕郎

ここは抑えておけ!! 注目の4強的存在

ーー男性アイドル・シーンを考えるにあたって、ジャニーズを大きな軸として考えると、どんな流れがあるんでしょう。

大きな別島みたいな感じでK-POPがあって、DA PUMP寄りのダンス系の島も別にあります。LDH系も別軸として存在している。w-inds.や三浦大知はダンス寄りの島ですね。その近くにSOLIDEMOとかAAAのようなグループもいて、AAAの弟分的存在にlolがいます。今、シーン的には4強的な存在がいるんですけど、それが、超特急が所属するEBiDANDa-iCEXOXBOYS AND MENです。

4つの中でもEBiDANがすごい。EBiDANは、スターダストプロモーションに所属する若手男性俳優・タレントで構成された「恵比寿学園男子部」の略なんですけど、超特急とかDISH//、M!LK、さくらしめじ、解散しちゃったんですけどカスタマイZっていうグループがいたり、PrizmaXっていうお兄さんグループやMAGiC BOYZもいる。年代順になっていて、ファンを共有し合う文化ができているんです。女性でいうとハロー! プロジェクトみたいなことです。その下には、CUBERS、FlowBack、X4、MAG!C PRINCEのような島でない一匹狼的タイプがいますね。

ーーいろいろなグループがいますけど、楽曲の特徴はあるんですか?

わかりやすくバキバキな音が多いですね。例えば、FlowBackっていうソニーがやっているグループは打ち込み感が強い。こういう子たちはずっとレッスンを積んできているから、ダンスも歌も上手いんですよ。


FlowBack 『Come A Long Way』Music Video Dance Version

エイベックスもそうで、それがさっきDA PUMP寄りって表現をしていた島のグループです。大体ダンスが映える曲になっている。X4かもそうですね。


X4「Party Up!!」MUSIC VIDEO

ーージャニーズのような楽曲をやっているグループはあまりないんでしょうか。

そこはみんな避けていますよね。そのジャンルで1番売れているグループをあげるとすれば、DA-iCEですね。


Da-iCE(ダイス) – 10th single「恋ごころ」Music Video【Full ver.】

オルタナティヴな男性グループたち

ーーいわゆるオルタナティヴな存在としてのグループはどうでしょう。

超特急の代名詞的な曲があるんですけど、事務所も同じだからかももクロ感がありますね。バッキバキな打ち込みサウンドっていうよりは、もっとふざけている。お客さんも合いの手入れたりして一緒に楽しめるようなサウンドになっています。


超特急「バッタマン」MUSIC VIDEO


あと、MAGiC BOYZには最近までZEN-LA-ROCKが関わっていて、中学生が本格的なヒップホップをしている。これは、アイドルファンにわかれって言ってもすぐにはわからないくらい攻めています(笑)。


【MAGiC BOYZ】Do The D-D-T!!【MV】


ーーたしかに普通にかっこいい!!

EBiDANも幅を見せたくて、MAGiC BOYZでこういう音楽もやっていると思うんです。BOYS AND MENも、超特急にちょっと似ていて、やり切るならやり切ろうぜって精神がある。この人たちは氣志團っぽいというか、学ランを着てわかりやすく見せています。なので、確かにみんなジャニーズを避けてきている感じはありますよね。


BOYS AND MEN - 「GO!! 世侍塾 GO!!(四字熟語Ver.)」フル

王道ど真ん中でやっているグループだと冠番組とかも持っているMAG!C☆PRINCE。王道アイドルって感じですよね。


MAG!C☆PRINCE - 「Spin the Sky」Music Video Full ver.

これから注目の一匹狼的男性グループたち

ーー個人事務所というかDIYでやっているようなグループでおもしろいグループはありますか。

ネットでめちゃめちゃバズっていたグループがあって、笑顔パンチっていうグループなんですけど、手作り感が目立って2ちゃんだったかな? で話題になった。


Your smile MV short ver

やっぱり彼らのMVのあと、大手が作っているグループを観ると全然違って見えるんですよね。衣装の作り方とか、曲の作り方もそうですけど、ちゃんと作って戦わないと勝てない。XOXは、いま人気の読者モデルとしてもを注目を集める中、音楽活動も始めた期待のグループですね。他にも読モ系だとZOLAもいますね。


XOX 『Skylight』MUSIC VIDEO

ーー楽曲派と言われているようなグループはいますか。

去年、「聴けるボーイズユニット」という攻めのキャッチフレーズに舵を切り1stアルバムをリリースしたCUBERSですね。ネットでは往年のSMAPを彷彿とさせるみたいな形でも話題に上がっていました。ちゃんとPOPに消化しているので若い女性ファンの方にも音のよさがわかるんじゃないかと思います。


CUBERS「Samenaide」 MUSIC VIDEO

レーベル Bermuda Entertainment japan  発売日 2017/04/10

01. Circus 02. NANDE 03. サイケ

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


他にはPrizmaX。アイドル感はないですが楽曲もディスコ・ファンク調もあれば洋楽を感じさせる曲もあります。歌が上手いんですよ。アイドルは隙をわずかに見せて応援したくなる感じを掴むと思うのですが、このグループは完璧を求めている印象でスキルが高いです。


PrizmaX「Lonely summer days」MUSIC VIDEO

レーベル 株式会社SDR  発売日 2017/04/05

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


なぜロック系の男性アイドル・グループはあまりいないのか?

ーーロック系のグループはいないんですか?

EBiDANに一組。SUPER★DRAGON。他だと単発ではあると思いますし、関ジャニとかもそうゆうイメージかもしれませんが、ラウドロック・テイストをやってるグループはあまり知らないですね。バンド・サウンドって、ストリングスとかをあまり積まないので、声がスカスカに浮くんですよ。音数が少なくて生っぽくなるので、ソロやダブルだったら聴けるんですけど、5声とか6声とかでそれをやっちゃうとチープに聴こえる可能性がある。ヴォーカルの位置をミックスで調整したり、オクターブのハーモニーを入れたりして楽曲をよく見せる努力が必要なので、ちゃんとわかっていないと挑戦しづらい。ダサくなっちゃう可能性があるからあまりやっていないんじゃないかと思います。


[MV] SUPER★DRAGON / BROTHERHOOD


ーーかなり駆け足に聞いてしまったのですが、男性グループの世界、おもしろいですね!! まだ初心者なので勉強していきますので、また話を聞かせてください!

OTOTOYで配信中の音源をチェック!!

o

 
 

コラム

〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催
[CLOSEUP]・2017年08月22日・いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催 OTOTOYインターンによる〈若者座談会〉が帰ってきた! いままで数回開催され、その時どんなものがキテいて、音楽をどのように楽しんでいる若者がいるのか話し合われてきた〈若者座談会〉。いまの若者は一体どんな音楽に注目しているのか気になりませんか? OTOTOYでインターンをしている大学生6人に、注目のアーティストを、そして聴き方が多様化する現在どのように音楽を楽しみ、どんな風に新しい音楽と出会っているのかなどなど…… 根掘り葉掘り聞いてみました! ぜひこの座談会を読んであなたの知らない素敵な音楽と出会うことができればうれしいです。さぁいってみましょー! 進行&文 : 鈴木雄希構成 : 高橋秀実 集え! 音楽好きの若者たち! ──まずは順に自己紹介をお願いします。 高橋 : 23歳の高橋秀実です。CDショップでバイトしてます。好きなバンドはHomecomingsです。 千田 : 大学3年21歳の千田祥子です。レコード・ショップでバイトしてます。1番好きなバンドはFINLANDSです。この世で1番私がFINLANDS好きだと思います(笑)
【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線
[CLOSEUP]・2017年08月09日・特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ! インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円
by 鈴木 雄希
OTOTOYサマー・キャンペーン2017──約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元
・2017年08月01日・【サマー・キャンペーン2017】約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元 はじめてのお買い物で500円ポイント還元、つまり実質ゼロ円!! OTOTOYでは、2017年8月1日(火)12時〜8月31日(木)23時59分までの間、「OTOTOYサマーキャンペーン」を開催いたします。 1 : OTOTOYに会員登録し初めてお買い物をされた方に500円分のポイント還元。OTOTOYに会員登録されたお客様で、期間中にはじめて有料商品の購入(クレジットカード、PayPal、OTOTOYポイント / おとぷり、BitCash、モリタポなど各種決済どれでも)をされたお客様全員に、OTOTOYポイント500円分(5000ポイント)を贈呈。次回のお買い物時に、その他の決済と組み合わせてポイントをご利用になられます。 2 : 100作品を超える作品が500円にプライスオフ。注目の作品も含む100タイトル以上の作品が500円にプライスオフ、1のポイントキャッシュバックと組み合わせれば実質0円で作品が手に入ります。ハイレゾ、DSD作品も多く含まれています。ぜひともこの機会にお試しください。 キャンペ
【最大45パーセント・オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ
[CLOSEUP]・2017年07月10日・【最大45%オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ 日本における最大の映画配給を誇るとも言える東宝内のアニメ・レーベル〈TOHO animation〉。OTOTOYでは7月10日(月)より、〈TOHO animation〉の音楽レーベル〈TOHO animation RECORDS〉からリリースされたTVアニメ、アニメ映画のサウンドトラックのプライス・オフを実施! 『ハイキュー!!』や『弱虫ペダル』、『僕のヒーローアカデミア』などをはじめとする大人気12作品を、ご購入いただきやすい価格にてご用意しております! こちら7月31日(月)までの期間限定となっています。最大45%オフでご購入いただけるこの機会を見逃すな! 期間 : 2017年7月10日(月)〜2017年7月31日(月) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2017年7月31日(月)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください(12:01以降の決済では割引価格
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事