【REVIEW】Maison book girlが描く希望の光ーーメジャー1stアルバムをハイレゾ配信スタート

コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlが、メジャー1stアルバムをリリース。楽曲制作、世界観構築など、全面プロデュースを行っている音楽家・サクライケンタによってプロデュースされた同アルバムは、現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた圧倒的な作品となっている。新曲やインディーズ時代の人気曲「blue light」、完全インスト曲、ポエトリーリーディングなど幅広い楽曲を収めた本作をハイレゾ配信しレビューを掲載する。完全無欠の美学が貫かれた本作にぜひ触れてみてはいかがだろう。

ブクガ、メジャー1st・アルバムをハイレゾ配信

Maison book girl / image

【配信形態】
24bit/48kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【価格】
単曲 540円 まとめ購入 3,240円

【トラック・リスト】
1. ending
2. sin morning
3. end of Summer dream
4. veranda
5. faithlessness
6. int
7. townscape
8. karma
9. screen
10. blue light
11. opening


maison book girl / faithlessness


REVIEW : 絶望から浮かび上がる希望の光

あまりに高い作品性に、聴いている間、しばし日常を忘れてしまいそうになる。

楽曲タイトルは「ending」ではじまり「opening」で終わる。時間軸を逆にストーリーを作っているようにも捉えられるけれど、終わりからすべてが始まるという解釈もできる。

そのようにして、Maison book girlの描く世界は二面性を感じさせるものが多い。

なにも、それは作品だけに限らない。アーティスト画像ではミステリアスな4人が映し出されるが、いざ4人を目の前にしてみると快活でよくしゃべる笑顔の素敵なアイドルとしての彼女たちがいる。

どちらが本物かと問われたら、どちらも本物だ。

そうした視点で考えると、Maison book girlのメジャー1stアルバム『image』もまた、そんないくつもの表情を見せる作品となっている。

これまでの作品と同じく、現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に基づいた楽曲のなかに、プロデューサー・サクライケンタが10年近く前に作ったという10分強のインタールードが挟まる。時折入ってくる声もサクライケンタのものだという。

いわゆる楽曲派アイドル・グループが、楽曲の構造やサウンド・プロダクションにこだわることは多いけれど、プロデューサーの声が入ったインスト曲がアルバム内に配置されるというのは珍しい。そこからは、トータル作品としてアルバムを描いていることが読み取れる。

最終曲の「opening」はコショージメグミ作詞によるポエトリー・リーディングとなっている。これまでもコショージによるポエトリー・リーディングは存在していたが、今回のアルバム制作時にコショージは、「何かが始まるような希望的な感じで、ストーリー性がある話にしてほしい」ということをサクライから言われたという。

コショージの書く詞は、一聴すると暗闇を描いたようなものが多い。しかし、コショージはこれまで希望しか書いてきていないという。今回、サクライから希望を書いてほしいと言われたことによって、これまでの詞が希望と解釈されてなかったのかもしれないと思い、書き方を変えたそうだ。

「絶望の中にしか希望はない」

以前、コショージに話を訊いたとき、そう答えてくれたのが印象的だった。絶望のなかに小さく光る希望の光。そうした二面性を絶望側から浮かび上がらせるのが、これまでのコショージだとしたら、「opening」はもう少しわかりやすい希望を描いている。

11曲入り50分。この中で描かれているのは、割り切れないものごとの二面性と、そのなかに浮かぶかすかな希望だ。わかりやすさが求められる現代社会で、芸術が持つ抽象性、そしてときにはわからないという正解もあるということを感じさせる。まさに音楽ではないと表現できないものが詰まったブクガという存在をわかりやすく提示したデビュー・アルバムだ。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

Maison book girl / bath room(24bit/48kHz)

Maison book girlの「bath room」には、「snow irony」「最後の様な彼女の曲」「Remove」など、ライヴで人気となっている曲が初収録。また、既にライヴ会場限定で販売され、現在は完売の為に入手不可となっているシングルCD「white」「black」に収録の4曲も、新規にミックス&マスタリング。

>>特集ページはこちら

Maison book girl / river (cloudy irony)(24bit/48kHz)

音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のメジャー・デビュー作。アイドル・ファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。

>>特集ページはこちら

Maison book girl / summer continue(24bit/96kHz)

アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも絶大な支持を得た1stアルバム「bath room」から半年。1st ep『summer continue』がリリース。昨年11月渋谷WOMBにて初ワンマンSOLD OUTとなった公演で披露された「lost AGE」「bed」。「blue light」、そして新たなポエトリーリーディング「empty」を含む計4曲。

LIVE SCHEDULE

Maison book girl 「major 1st album『image』release tour 2017」

2017年4月2日(日)@【新潟LiveHouse柳都SHOW!CASE!!
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00
チケット : 3,500円(税込み) / 当日 4,000円(税込み) DRINK別
キョードー北陸チケットセンター(新潟)025-245-5100

2017年4月15日(土)@【名古屋】ell.FITS ALL
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00
チケット : 3,500円(税込み) / 当日 4,000円(税込み) DRINK別
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00~18:00)

2017年4月23日(日)@【福岡】DRUM SON
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00
チケット : 3,500円(税込み) / 当日 4,000円(税込み) DRINK別
BEA 092-712-4221(平日11:00~18:00 / 第2・第4土11:00~15:00)

2017年4月29日(土)@【札幌】DUCE
時間 : 開場 17:30 / 開演 18:00
チケット : 3,500円(税込み) / 当日 4,000円(税込み) DRINK別
WESS 011-614-9999 (月~金11:00~18:00)

2017年5月4日(木・祝)@【大阪】AMERICA-MURA FANJ-TWICE
時間 : 開場 17:15 / 開演 18:00
チケット : 4,000円(税込み) / 当日 4,500円(税込み) DRINK別
キョードーインンフォメーション 0570-200-888 (平日10:00-18:00)

major 1st album『image』release tour 2017 final
「Solitude HOTEL 3F」
2017年5月9日(火)@【東京】赤坂BLITZ
時間 : 開場 18:00 / 開演 19:00
チケット : 4,000円(税込み) / 当日 4,500円(税込み) DRINK別
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

チケット販売サイト http://eplus.jp/mbg17e

PROFILE

Maison book girl

2014年11月活動開始、ニューエイジ・ポップ・ユニット。メンバーは矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミの4名。

音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみならず、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開。2015年9月23日に初の全国流通作品となる1stアルバム『bath room』を発表、アイドル・ファンのみならず、幅広い音楽ファンから高い評価と支持を得る。同年11月23日には初のワンマン・ライヴとなる〈solitude hotel 1F〉を渋谷WOMBで開催。12月にはアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド『RINGO DEATHSTARR』の東名阪公演にサポート・アクトとして出演。2016年11月に渋谷WWW Xにて行われた2ndワンマン・ライヴのチケットは即日SOLD OUT。同月「river(cloudy irony)」にて徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。サクライケンタ独自の世界観と四人四色な個性を放つメンバーの化学反応に今後も期待してほしい。

>>オフィシャルサイト
>>Twitter
>>ekoms OnlineShop

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事