成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー

昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。

あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。

またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ているのかも伺った。

インタヴュー&文 : 前田将博
構成 : 丸山健人
写真 : 山崎聖史



タグチハナ / Vividness & The Naked(24bit/48kHz)

【収録曲】
1. All happy endings come
2. やさしいままがいい
3. 繋ぎたいだけ
4. 行方
5. 恋を凌ぐ愛なら
Bounus Track
6. ビアLIVE音源(2017,2,17)(ハイレゾ版特典)

【配信形態】
alac / flac / wav / aac

【価格】
単曲 298円(税込) / アルバム価格 1,490円(税込)

【アルバム購入特典】
ビアLIVE音源(2017,2,17)(ハイレゾ版特典) / セルフライナーノーツ.pdf / 歌詞カード.pdf

INTERVIEW : タグチハナ

――前回インタビューさせていただいたときが、ちょうど高校を卒業する頃で、いまはもう20歳になったんですよね。学校がなくなって生活は変わりましたか?

朝早く起きるのが本当にできなくなって、びっくりしちゃいます(苦笑)。夜はいろいろやらなきゃいけないことがあるんですけど、朝はほとんどないので。

――バイトも不定期というか、ほぼ自由なんですもんね(笑)。20歳を迎えることは人生のなかでも大きな節目だと思うんですけど、いかがですか?

すごい楽しんでいると思います。私は大学とか専門学校に行かなかったんですけど、進学している友だちはちょうど卒業する時期だったり、4年制の大学の人は就活を意識する時期だったりして。なので同級生に会うと仕事の話とかをするんですけど、やっとそういう話ができるようになったなって。学生ってどうしても誰々が好きとか誰が嫌いとか、良い意味で下らない話ばかりだったと思うんです。でもいまは現実的な話をしているので、ワクワクしますよね。いつか一緒にこういうことできたらいいねっていうのも、夢じゃなくて具体的になってきてる感じがして。

――自分が学生ではないことに、あまりギャップは感じない?

感じないですね。学校行ってないからこうだとか、学校行ってたらこうなのかなとか、そういうことは考えなくなりました。

――少し前はそういうことも考えていた?

優劣みたいな気持ちではないですけど、毎日同じ場所に行ったり、同じ人に会ったりみたいなことがなくなったので、下手したら誰にも会わないし、ひと言も喋らない日もあるんです。そういう感じが、少し寂しいなと思っていました。でも最近は毎日人と会うようにしているんです。バイトとかライヴとか、友だちと遊ぶとか、新しい映画を見ることでもいいし、自分からインプットするために動くみたいなことを意識的にやっていないとつまんないなと思って。それからはもう寂しくないですね。

――ご両親も音楽をやっていたから、そもそも決まった時間に働かなきゃいけないみたいな固定観念はないのかもしれないですね。

それがルールだとは思っていないですね。

「ハナ、今日のライヴ酷かったね」みたいに言われる(苦笑)

――ご両親の現役時代の活動もご存知なんですよね。お母さんは、タグチさんもたまにライヴで曲をカバーしているGALAPAGOSのヴォーカルだったそうですね。

たしか22歳くらいでメジャー・デビューしたんですけど、初ライヴをクアトロでやったりしていたみたいなので、実はすごいがんばってたんだなっていうのが最近やっとわかってきました(笑)。私にはお客さんが3人しかいなかったとか言っていたので。

――お父さんはどんな活動をしていたか訊いても大丈夫ですか?

JET SETSっていうユニットをやっていました。私が小3くらいのときに再婚したんですけど、その頃は上裸でサングラスかけて常にタバコをくわえているお兄ちゃんみたいな感じだったので、急にうちにきたときは「やばっ、楽しい」みたいな感じでした(笑)。

――すごい(笑)。そういえばKAT-TUNの曲の作詞もやっていたって、タグチさんが以前Twitterに書いていましたよね。

そのユニットでやっていた曲が、そのまま採用されたみたいですね。でも、いまは音楽活動はなにもやっていないです。ウェブ・デザインの会社をやっていて、誰よりも働いているんじゃないですかね。だから、ふたりともすごいなって思います。

――音楽活動でご両親にアドバイスをもらったりします?

いつも大げんかですよ(笑)。強く言われるのは、だいたい契約のことですけど。ちょっとでも「わからない」みたいなこと言うと怒られるので。「この一文の大事さがわかるか、ちゃんとしろ」みたいに。あとライヴのあととか、私がすごい清々しい気持ちで帰ってきたのに「ハナ、今日のライヴ酷かったね」みたいに言われる(苦笑)。なにも隠さないのでつらいですね。ありがたいなとは思いますけど。

――布袋さんがライヴを観にきたこともあるんですか?

去年(2016年3月29日)のクアトロのワンマンはみんなで観にきてくれました。チケットも買ってくれて(笑)。ロンドンに住んでいるのですぐに帰っちゃったんですけど、素晴らしい言葉の数々をいただいたので、それは私の胸に閉まっています。その日は、みきちゃん(今井美樹)もすごく感動してくれていたみたいで。

――おじさんからは、ダメ出しはされないんですね。

全然。ほてくん(布袋)たちは、そういうことは言わないです。結構チェックしてくれているので、PVとかも褒めてくれていますね。お互いの活動報告みたいなやりとりをしているので、私とは全然活動の規模が違うけど、まだまだ先が長くてもっとすごい景色があるんだなっていうのを教えてもらえてる気がします。こういうふうになりたいとか、越えたいみたいな気持ちには簡単にはなれないですけど、でも止まることはないんだろうなって思わせてくれる存在ですね。みんな努力しかしてないって思うし。

音楽あんま聴いてない人にも、ライヴハウス来づらい人にも来て欲しい。

――そのクアトロのワンマンは、それだけタグチさんにとっても大きなライヴだったと思うんですけど、そもそもなぜクアトロでやることになったんですか?

実はあのライヴは私が決めていたものではなくて、2015年7月に私がやった自主企画のリハが終わったあとくらいに、当時所属していた会社の担当の方から「クアトロでやりましょう」って言われて。それまでも出てみたいステージとして名前をあげてはいたんですけど、その日に突然決まった感じでした。

――発表したのもそのライヴでしたよね。まさかその日に決まった話だったとは(笑)。

そうなんです(苦笑)。

――やりたい場所ではあったということですけど、クアトロにはどういう思いがあったんですか?

お母さんが最初にやったステージっていうのもあったし、昔から音楽をやってる人たちが知ってる場所じゃないですか。新宿LOFTとかもそうですけど、そういう誰に言ってもわかってもらえる場所でやってみたかったんです。音楽をあまり聴かない人とか、普段ライヴハウスに来づらい人にも来てほしかった。でもあのタイミングでやるとは正直思っていなかったので、死に物狂いな感じでしたね。

――実際やってみていかがでしたか?

あれだけの人が来てくれて、あのバンドでできたことは本当に気持ち良かったし、感無量でした。でも終わってから、なにもなかったんですよ。その頃に契約のこととかもあって、いい機会だからまた自分でやろうと思って、当時の会社からも離れてしまって。でも、クアトロでやってみんなが知ってくれたけど、そこからなにをすればいいんだろうっていう期間が長過ぎました。それから3ヶ月くらいはギターも全然弾かないし、歌うのも全然楽しくないみたいな。

――達成感よりは、溜まっていたものが一気に出てきちゃった感じですかね。

お客さんの人数のこととか、お金のこととか、お客さん来てもらうための特典のこととか、そういう音楽とはちょっと離れた部分のことをずっと考えていたので、「私は歌いたいのに」みたいな気持ちがずっとあったんだと思います。

――それから前向きな気持ちになれたのは、いつ頃なんですか?

6月1日にお世話になっている下北沢THREEで、友だちを呼んで誕生日イベントをやったんですけど、私も酔っぱらっていたせいもあったのか、純粋にすごく音楽が楽しいなって思って。自分も感覚で歌って、観ている人も感覚で体を動かしているっていう。そういう感じを忘れていたなって。そのあとも君ちゃん(君島大空)とふたりでライヴをしてみたりするなかで、すごく楽しいし、気持ちいいから音楽をやっているんだなってわかったんです。そういう意味でも、クアトロは大きかったですね。

――そういう心境の変化があったんですね。

クアトロというよりも、そこで心が一皮むけた感がありましたね。それからは、もっと楽しもうと思って。私は仲間たちと一緒に音楽を作っているんですけど、そもそものトリガーは私なので、私がもっとわがままに自由にやることもすごく大事なんじゃないかなって。歌うときも曲に込めたものとは別の感情を持ち込んだり、余計なことを考えすぎていたんですよ。ほかの要素が多すぎて、全然素直じゃなかったというか。

――それはクアトロをやる以前からですか?

ちょっと前からですね。心ここにあらずなときもあって。最初の頃は全然そんなことはなかったと思うんです。無心でやっていたと思うし、曲と私しかいない感じだった。

――たしかに1stミニ・アルバム『夜へ』を発売した2014年の頃とかは、気負いみたいなものは一切なかったというか、もっとまっすぐに歌っていた気はします。

でも、それはあの頃しかできなかったことだと思うんですよね。そこに戻るのも違うと思うし。よくわからない期間を経て、いまはこれまでと全然違うところを歩いている気がするんです。全然関係ないかもしれないけど、20歳になって状況も変わって、気持ちも変わるじゃないですか。そういうものを全部ひっくるめて、これって思える音源ができたし、このあいだの下北沢Queのワンマンはクアトロより全然気持ち良かったんです。規模を更新することにもプライドを持っていたはずなんですけど、すごく良かった。

――そういう気持ちが、今回のアルバムのタイトル『Vividness & The Naked』にも繋がっているんですかね。

そういうことですね。

最終目標はやっぱり多くの人に聴いてもらうこと

――収録されている5曲ともラヴ・ソングですよね。

ラヴ・ソングをテーマにしたミニ・アルバムを作りたいというのはずっとありました。いままでもラヴ・ソングはあったんですけど、そういう気持ちで歌っていなかったと思うんですよ。人を好きになって、おしゃれをしたりかわいくなろうと思ったりする気持ちって、女の子も男の子もあるじゃないですか。好きという気持ちが原動力になって変わるというか。そういう部分に着目したり、魅力を感じたことがこれまでなかったんですよ。

――自分にとっては、それは原動力じゃなかったと。前回のインタビューでは「諦め」が原動力になっているんじゃないかという話もありましたけど。

そうそう。恋をしたり人を好きになったりしたときの、なんとも言えないドキドキした気持ちとかワクワクした気持ちが、例えばネイルに行ったりとか、美容院に行ったりとかする方向にはいかないんです。でも私の場合は、そういう気持ちで曲を書いているじゃないかと思って。それに気づいてからは、いままで興味がなかったところにも興味がわいてきて。おしゃれをして出かけることとか、視覚的に人を好きになったりとか、映像や写真や景色が好きとか、そういうことをもっと好きになりたいなって思うようになった。それからはPVもそうだし、イラストだったりライヴの髪型とか衣装とかだったり、そういう視覚的なところもふくめて全部音楽で表現できるんじゃないかと思ったんですよね。

――セルフ・ライナーノーツにも曲についてかなり詳しく書かれていますけど、歌詞の書き方も以前より感情表現がストレートになっている気がします。

前は誰かのためとか特定のなにかに対して曲を書くことが怖かったんですけど、恥ずかしいとか照れくさいとかいう気持ちでそれを書かないのは意味がないなと思って。別れるときや片思いのまま終わる恋とか、恋とかいう言葉では片づけられない人を好きになるってこととかを考えたときの人って、すごくめんどうくさいと思うんですけど、それはみんな誰しも思っていることだと思うんですよね。だからすごく素直な気持ちで、私の気持ちがこれですって提示することはありなんじゃないかなと思って。とはいえ、すごく個人的なことを歌っているわけじゃないですけど。

――アレンジもこれまでよりも素直というか、垢抜けていますよね。

それは君島の力量ですね。私が伝えたものを想像を絶するパワーで形にしてくれました。これまではずっとシンプルで、ギターと歌がメインにあって、あとはバック・バンドみたいな。今回はそれをやめて、私がギターを持つことや、ひとりで歌うことの意味がなくなっちゃうようなものにしたくて。逆にいうと、どんな形でも私が歌えば私の曲になるっていうか。だから本当に自由に、ライヴで再現できないようなこともやってもらいました。

――リード曲の「やさしいままがいい」なんかは、これまで以上に普遍性がある楽曲だと思いました。

町で流れるラブソングって、どんな曲でも「ちょっとわかる」みたいな気持ちになるじゃないですか。悲しい気持ちとか怒ってる気持ちとかって本当に十人十色だと思うんですけど、恋の気持ちで一番みんなの共通認識なんじゃないかなって。これまで自分が女の子だっていうことをあまり言葉にしてこなかった気がするんですけど、そういう女子の気持ちも歌っているので、同世代の女の子とかにも聴いてほしいですね。いままで、そういう共感みたいなものって求めてなかったんですけど(笑)。君島は音楽性の高さもえげつないと思うんですけど、すごくポピュラーな部分もあるので、そういう人たちにもすんなり聴いてもらえるんじゃないかと思うんですよね。聴いていて楽しいものができたと思います。


タグチハナ / やさしいままがいい

――今回のアルバムを出してリセットされたと言うか、またスタート地点に立った感じがしますが、今後はどういう活動をしていきたいですか。

ライヴをもっとやりたい気持ちが強いですね。それでこのCDをもっと売りたいです。あと、ほかにもいろんなことをやりたいし、自分だけでは掴めないものがあると思うんですよ。だから私は、一緒にやってくれる素敵な人を探しています。

――それはレーベルとかレコード会社ということですか?

素敵な大人です(笑)。聴いてもらえるようなアプローチをすることは大切だなと思って。

――最初の頃はなんでもひとりでやりたいとおっしゃっていたと思うので、それは大きな変化ですね。

セルフ・プロデュースでやることの素晴らしさも知っているし、いま思っても変な話だとは思わないですけど、あの頃は意識が内に向いていたと思うんですよ。自分が歌う音楽がすべてというか。でも私は音楽で出会ったり感じたりしたものに対してすごいときめきがあるので、それをもっと外に向けていこうと思って。変わったっていうよりかは、次のステップとしてそれをやってみたくなった気がしますね。

――なるほど。

最終目標はやっぱり多くの人に聴いてもらうことだと思うんですよ。ありきたりだけど。プロモーションだったり、なにか音楽以外のものとコラボレーションすることだったり、その方法はいろいろあると思うんですけど、そういうことがいままで全然できていなかったので。それが得意な人たちがいるはずだと思うので。

――前よりも自分の曲に自信があるのかもしれないですね。

ありますね。

――個人的には、いつかもう一度クアトロでワンマンをやってほしいですね。

やりたいですね! またあの場所でライヴがしたいって思っています。

他作品も絶賛配信中




タグチハナ / 夜へ(24bit/96kHz)

【収録曲】
1. 指先
2. BLUE LIGHT
3. そのとき
4. ロング・グッドバイ
5. ビア
Bounus Track
6. さいわい

【配信形態】
alac / flac / wav / aac

【価格】
単曲 150円(税込) / アルバム価格 750円(税込)

【アルバム購入特典】
さいわい / セルフライナーノーツ.pdf / 歌詞カード.pdf



タグチハナ / Orb

【収録曲】
1. ビア
2. 花のワルツ/1969
3. 魚に成る前に
4. 夜光虫
5. そのとき
6. 平和がきこえる
7. さいわい

【配信形態】
alac / flac / wav / aac /mp3

【価格】
単曲 150円(税込) / アルバム価格 900円(税込)

【アルバム購入特典】
セルフライナーノーツ.pdf / 特製歌詞カード.pdf

以前収録されたインタビューはこちら

>>しずくだうみ×タグチハナ対談&ハイレゾ配信!!
>>タグチハナのセカンド・ミニ・アルバム配信&インタビュー

LIVE SCHEDULE

13th Anniversary
2017/3/21(火) @下北沢mona records
w/Kaco / Nozomi Nobody / cinnamons(acoustic set)

PROFILE

1996年生まれのシンガー・ソングライター。2012年に音楽活動を開始。2014年3月にファースト・ミニ・アルバム『夜へ』を発売。salsaの鈴木健介や高野京介、THEラブ人間の金田康平らがコメント(オフィシャル・サイトに掲載)を寄せるなど、注目を集めた。2014年、NOTTV3で放送中の音楽情報番組「MUSICにゅっと。」Season1で行なわれていたオーディション「ココでミラクル!」にて、3ヶ月に及ぶ予選・決勝でグランプリを獲得。2017年2月に愛をテーマとした自身初のコンセプト・アルバム『Vividness & The Naked』をリリース。

>>タグチハナ Official HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /