祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始

この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。

KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場!


KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)

【収録曲】
1. PoisonGirl
2. るっぱっぱ
3. 甘い果実の物語

シャオチャイポン初となるシングル


シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 500円(税込)

【収録曲】
1. URAHARAろまんちっく
2. それが愛だ!
3. シャオ!チャイ!ポン!


シャオチャイポン/URAHARAろまんちっく


INTERVIEW : KOTO

今年3月で高校を卒業し、その後は進学せず、芸能活動に専念するというKOTO。彼女がソロ・デビューした2014年1月は中学3年の終わり。つまり高校の3年間は、そのまま現在のソロ・アイドルとしての地位を築きあげてきた3年間でもあった。この3年間を彼女自身に振り返ってもらうとともに、その成長の軌跡がうかがえる3曲入りの最新音源についてうかがった。

また半年前にはじめたばかりの平野友里とのユニット、シャオチャイポンが待望の初全国流通音源を3月15日にリリースした。結成から半年を経て、彼女自身はユニットをどう見ているのか。さらにKOTOがクラウドファンディングを使って始動させる、新たな"チャレンジ"についても訊いた。さまざまなことに挑戦しながら「自分を貫き通していきたい」と語る彼女の目は、とてもまっすぐだった。

インタヴュー&文 : 前田将博
写真 : 大橋祐希

表現者になりたかった

──無事に高校卒業が決まったそうで、おめでとうございます!

KOTO : ありがとうございます!

──ちょうど高校に入る直前の2014年1月に『ことりっぷ』でソロ・デビューしたんですよね。

KOTO : 昔からリリース時は一週間、毎日リリイベをやるのが決まっているんですけど、当時はそれがはじめてだったし、学校も毎日あったのでワシャワシャしながらやっていましたね。

──高校に入った頃のことは覚えていますか?

KOTO : 覚えていますよ。芸能活動をやらせてもらえる緩いところを選んだのに、思ったより厳しかったので学校に対して不満ばかり言っていました(笑)。メイクはダメとか、地毛が茶色いのもダメで友だちがめっちゃ怒られたりとか。KOTOは小学校くらいのときにピアスをあけたんですけど、それも申告しないといけなくて。

──ほかにも芸能活動をしている人がいる学校だったんですね。

KOTO : いっぱいいるので、そんなに変わったことではないんです。だからKOTOも空気みたいに、普通に授業受けて帰るか、ライヴに行くかみたいな(笑)。

──それまでの活動とアイドルとしての活動はまた違ってくると思うんですけど、学校の両立はいかがでしたか?

KOTO : 昔の方がいまよりライヴの本数が多くて、10日連続でやったりとか、月に30本以上あったりとかしたんです。最近はやっとイベントの遅い時間に出させてもらえるようになったんですけど、当時は出番も早かったので学校は早退ばかりしていました。ただ負けず嫌いなので、忙しいなら勉強も赤点ギリギリでいいんじゃないかみたいに言われることもあったんですけど、一夜漬けとかで朝まで勉強したりしてなんとかやっていました。

──学生ぽいことは経験できました?

KOTO : 行事とかはなかなか参加できなかったですね。修学旅行もちょうどリリースでいけなくて。そのぶん遠征でいろんな場所に行ってますけど(笑)。でも小学校の頃からダンスをやっていて、昔からそういうのは多かったので。学生の本分は勉強だと思っていたし、学校は勉強しにいくって感じでした。

──同級生と遊びに行ったりとかは?

KOTO : ほとんどないですね。学生ってだいたい「今日暇?」って感じに誘われることが多いじゃないですか。でも1ヶ月くらい前から予定を組んでいないとなかなか難しいので、行けないことがほとんどなんです。だから最近は学校の人より、ほかのアイドルさんと遊ぶことが多いですね。

──KOTOさんはソロ活動をはじめたときは、アイドルになろうと思っていたわけではなかったそうですね。

KOTO : 昔から目指してるものはあまり形がなくて、ダンサーとか歌手とかというよりは表現者になりたいなっていうのがありました。もともとダンスをメインにやっていて、歌も好きだから歌のコンテストにチャレンジしたらたまたま合格して、ユニットでライヴをやらせてもらっていたんです。その活動も楽しいかったからソロでも歌ってみようかってなったのがきっかけなので、最初はアイドルって言われるとは思っていなかったですね。歌いながら踊ってるっていうだけで。でもやってることとしては、確かにアイドルだよねって思ったので、最近はソロ・アイドルとしてがんばろうと考えるようになりました。

──そう思ったのは、なにかきっかけがあったんでしょうか。

KOTO : いろんな経験をさせてもらうなかで、がんばれるところまでがんばろうって。いましかできないことをやらせてもらっているので、それはチャレンジしてみるしかないんじゃないかなって。

──いましかできないことというのは、例えばどのようなことですか?

KOTO : KOTOは踊ってるイメージが強いと思うんですけど、いまのまま踊り続けたら体がもたないので(笑)。そう考えると、このパフォーマンスは長く続けられないというか、同じことをずっとやっていくのは物理的に難しいなって。

──なるほど。KOTOさん自身は、アイドルという肩書きにこだわっているわけではないんですかね。

KOTO : いまはステージでパフォーマンスすることが楽しくてやっているので、それを観た方がどう受け取ったかですね。アイドルでもいいし、もうちょっと大人になったらアーティストって呼ばれるのかもしれないし。ダンス&ヴォーカル・ユニットみたいな呼び方もあるけど、受け取った方がそう思うならどう呼ばれてもいいなって思います。

初見の人でも楽しめる現場になっているのかな

──2015年にやった対談でSAWAさんが「ダンス畑で来たからヴォーカルとして、また表現者としてKOTOちゃんにいろんなハードルが立ちはだっていて、それを超えなきゃいけない」みたいにおっしゃっていたのが印象に残っているんですけど、歌手として成長している実感はありますか?

KOTO : 最初の頃はマイクを持ちながら歌うのが下手な部分もあったり、声を出しながら踊るということが難しかったりで、口パク疑惑が出ていたんです。それがすごい悩みで、どうしたらライヴ感が伝わるんだろうって試行錯誤していました。マイクのボリュームを上げるようにしたりとか工夫はしたんですけど、歌の息づかいとダンスの息づかいが全く別物だったりするので、慣れるまで時間がかかりましたね。今でも口パクって言われることはあるんですけど、ライヴを観ている方にはちゃんと伝わっているんじゃないかなと思うので、そこは成長できてきてるのかなと思いますね。やっぱり歌うのもすごい好きだなって、最近は改めて思っています。

──レコーディングでもいろんな曲を歌いこなしていますもんね。

KOTO : いろんな人に楽曲提供していただくなかで、人によって曲調とかも全然違うんですけど、最近はそれに自分が合わせられるようになったのかなと思いますね。(佐々木)喫茶さんの楽曲が多いので結構長い付き合いになるんですけど、レコーディングは昔より早くできるようになりました。

──歌い方に変化は感じます?

KOTO : もともと流れるように「ぬぼー」って歌っちゃうクセがあって、アクセントがないってよく言われていたんですけど、それを喫茶さんが1から作ってくれました。ひとつひとつの言葉をポンポン歌っていく方が合っている曲調なので、「もっとポップに」「もっと元気に」ってエンドレスに言われ続けて(笑)。最初は喫茶さんの曲をKOTOが歌っていいのかなって思ったんですけど、声と合ってると言ってくださる方が多いので、うれしいですね。

──今回配信する3曲も三者三様ですけど、自然に歌いこなしているように感じます。「PoisonGirl」はSAWAさんの楽曲ですが、クールなサウンドが印象的で、歌も大人っぽいですよね。

KOTO : こういう曲もすごく好きですね。だから、がんばって歌いこなそうと思いました。フリも大人っぽい感じになっているんですけど、声を生かすために、歌っているところはあまりフリが入っていないんです。間奏をメインにフリを入れているので、それもいままでと違いますね。

──喫茶さん作曲の「るっぱっぱ」は対照的に、アップテンポでかわいらしい曲です。

KOTO : シングル「舞踏遊戯」とかもそうなんですけど、最近はポップでアゲアゲな曲がソロではなかったので、この曲は超アゲアゲな感じで作ってもらいました。こういう感じは久しぶりだったので、楽しかったですね。

──「甘い果実の物語」はいつも振り付けをしているIGさん作詞で、作曲が喫茶さんです。こちらは3曲のなかで1番等身大な歌詞ですよね。

KOTO : 喫茶さんの色に、IGさん風味が加わっています。乙女な曲だと思うんですけど、甘いお菓子がいっぱい出てくるのはIGさんのKOTOのイメージなのかなって思います(笑)。

──シャオチャイポンも1stシングル『URAHARAろまんちっく』をリリースしました。9月25日の渋谷gladでのお披露目ライヴから約半年が経ちましたが、活動は順調ですか?

KOTO : はじめてから視野が広がった気がしますね。これまでイベントでソロの人ばかり観ていたんですけど、グループさんのライヴもこれまで以上によく観るようになりました。こういう観せ方もあるんだって。あと遠征が多くて、一気にいろんなところに行きました。組んですぐに北海道に行ったし、新潟や大阪にも行ったし。

──移動も一緒なんですよね。

KOTO : そうですね。新潟への移動中に、MCの内容を新幹線で決めていこうねと話していたんですけど、丸ちゃん(平野友里)は寝ていて打ち合わせできなかったです(笑)。そんな感じでお互いマイペースにやっていますね。

──お客さんの反応はいかがですか?

KOTO : ソロを応援してくれている人にはまだ違和感があるかもしれないけど、シャオチャイポンは知らない人が観たときの反応が良いなって思いますね。アウェーだなって思うイベントでも、シャオチャイポンで出ると意外となんとかなったりするんです。ふたりいるっていうのもあるし、いろんな人がノリやすいような曲調にしてもらっているのもあると思うんですけど、ソロよりは初見の人でも楽しめる現場になっているのかなと。

──では新しいファンも増えている?

KOTO : まだ自分たちの主催とかソロと一緒に出ることが多いので、シャオチャイポン単体で来てくれる人はまだあまりいないですね。式神(ファンの名称)さんオンリーみたいな人はこれからなのかなって。今回の1stシングルは全国流通なので、地方の人とかにも聴いてみてほしいし、もっといろんな人にライヴも観てもらいたいですね。

──「シャオ!チャイ!ポン」は会場で販売していたデモCDにも入っていましたが、ほかの2曲は初音源化ですよね。どちらもやはりノリやすそうですが、「それが愛だ!」なんかはすでにキラーチューン感もあります。歌うのは大変そうですけど(笑)。

KOTO : 聴いたときにびっくりしました。「歌詞はやっ」て(笑)。レコーディングのとき、KOTOはたぶん「あわわ、あわわ」ってめっちゃ噛んでたと思う(笑)。シャオチャイポンは丸ちゃんとふたりでレコーディングするんですけど、それも新鮮で、お互いの曲を聴いてアドバイスし合ったりしながら進めていきました。というか、ほぼ励まし合いでしたけど(笑)。喫茶さんがあーだこーだいうんですけど、ふたりでは「いやいや、かわいかったよ」って言ったりとか(笑)。

──タイトル曲の「URAHARAろまんちっく」のサビで一緒に歌っている部分なんかは特に、ソロとは違う華やかさがありますよね。

KOTO : ライヴ感というか、ふたりで作っている感じがしてすごく楽しいです。これが最後にできた曲なんですけど、陰陽師っぽさをコンセプトにしています。最初にできた「シャオ!チャイ!ポン」はユニットがわかる曲、2曲目にできた「それが愛だ!」は楽しい曲って感じで、3曲目はユニットのコンセプトでもある陰陽師を取り入れた曲。

──イントロとか、和のテイストを感じる音が散りばめられていますよね。

KOTO : そうですね。神社とかで正月とかにかかる曲とか、すごい重そうな着物で踊っていそうな音を入れてもらいました。

大人になる前に、もうちょっとステップ・アップできたらな

──ソロでは4月2日に渋谷gladで〈JK卒業ワンマン〉があります。こちらはどんな内容になりそうですか?

KOTO : 1st、2nd、3rdってワンマンをやらせてもらったんですけど、今回は卒業を記念したワンマンなので、普段と違うことができたらなって思っています。KOTOのチャレンジ精神みたいなところも見せていけたらなって。普段はダンスと歌を両方セットで観てもらう感じなんですけど、ダンス・メインのパートも作りたいと考えています。ワンマン前の昼にはKOTO主催で対バン・イベントをやらせていただくので、この日は1日gladさんにいてもらえたらうれしいですね。

──高校卒業後は、芸能活動1本でやっていくんですよね。

KOTO : そうですね。空いた時間ができると思うので、いままでできなかったことにどんどんチャレンジしていきたいですね。

──どんなことにチャレンジしてみたいですか?

KOTO : シャオチャイポンもそういうチャレンジの一貫だと思っています。あと最近ギターをいただいたので、弾き語りができるようになりたいですね。ほかにデザインとかもやってみたいし、ダンスや歌以外にもちょっとでも興味があることはいろいろチャレンジしていきたいなと思っています。

──今度クラウドファンディングでファッション・ブランド「salus」とコラボをして、「vanilla bunnies」というブランドを立ち上げるみたいですが、これもまさにそういう新しい試みのひとつですよね。

KOTO : プロデュース商品を作って発信していきたいというのも、結構前からあったんですよね。それで今回クラウドファンディングという形ではあるんですけど、靴ブランドを作ることが実現して。できた商品はいろんな人に届けられるようにがんばっていきたい思うんですけど、クラウドファンディングなので、そこに行くまで皆さんにご協力していただきたいなと。女の子向けの靴なのでもちろん女の子にも参加していただきたいんですけど、男性の方にも参加できるように、いまいろいろとおもしろいリターンを考えているところです。

──靴はどんなテーマで作ったんですか?

KOTO : KOTOの足のサイズがめっちゃちっちゃいんですけど、SサイズとかSSサイズってもともと作っている数が少ないし、作っていてもみんな欲しいからすぐ売り切れちゃってなかなか手に入らないんです。シンデレラ・サイズっていうんですけど、そのサイズをメインに、かわいい靴を作ることがコンセプトですね。たぶんそういう悩みを持っている人がいっぱいいると思うので、そういう方に手に取っていただければなと思っています。もちろん、KOTOより大きいサイズも用意しています。

──どんなデザインになりそうですか?

KOTO : 最初のものは厚底ですね。でもさらっと履きやすくて、歩きやすい靴を考えています。その上でかわいいものを作りたいなと。サンプルができあがるのが楽しみです。

──ブランドは今後も続けていきたい?

KOTO : この第1弾が発売できたら、そのブランドとしてこれからいろいろ展開していきたいですね。

──高校を卒業したら、あと2年で20歳ですよね。

KOTO : 完全なる大人ですもんね。いまも18になったんだねって言ってもらうんですけど、環境的にはあまり変わっていないので、果たして大人に近づいているのかって考えちゃいます。大人になる前に、もうちょっとステップ・アップできたらなって思っていますね。

──どんな20歳になっていたいですか?

KOTO : もっともっと自分を貫き通していきたいですね。でも同じようなことをずっとやっているだけではダメだと思うので、新しいことを取り入れて新しい人に知ってもらえるようにしながらも、いま見てくれている人たちが飽きないような新鮮な活動をしていきたいなと思っています。

クラウドファンディング詳細

この度KOTOがファッションブランド「salus」協力の元、自身のシューズブランド’’vanilla bunnies’’を立ち上げる事が決定! 現在第1弾のサンプル制作の段階で、発売は2017年6月~7月を予定している。

以前からの夢でもあったというブランドの立ち上げ。しかしこれには多くの資金が必要なため、立ち上げ資金の一部をクラウドファンディングで集めるとのこと。STARTは今月末を予定している。

【ブランド名】
vanilla bunnies
読み方 : バニラバニーズ

【発売時期】
2017年6月~8月予定

【クラウドファンディング実施時期】
2017年3月末~

【協力】
株式会社 サルース
株式会社 ギザギザワークス

過去のインタヴューはこちら

KOTOと平野友里の新ユニット「シャオチャイポン」結成! デビュー曲配信開始

KOTO、6ヶ月連続リリース第2弾をまとめたミニ・アルバムをハイレゾ独占配信!

KOTO、OTOTOY限定アレンジVer.のシングル配信&佐々木喫茶との対談掲載!!

KOTOがバンドを結成、新たな魅力が飛び出すバンド・ヴァージョンを独占ハイレゾ配信!

ソロ・アイドル、KOTOの最新楽曲がついに配信開始!

過去作もチェック!

RECOMMEND

3776 / 序曲

富士山ご当地アイドル3776が歌うアイドルソング『序曲』。『さよなら小学生』『みにきて!』など名曲揃いな、3776の3枚目となるリリース。

絵恋 / 絵恋10thシングル「結婚しないとナイト」

インディーズ界のオタサーの姫、絵恋ちゃんの記念すべき10枚目のシングル。絵恋ちゃんが白いドレスとベールをまとったジャケット写真も必見。

LIVE SCHEDULE

2017年3月20日@新宿レッドノーズ
2017年3月23日@HMVアルタ新宿
2017年3月24日@WWW
2017年3月25日@下北沢ライブホリック
2017年3月28日@秋葉原P.A.R.M.S
2017年3月31日@タワレコ渋谷店

JK卒業ワンマン
2017年4月2日@Glad

詳しくはKOTO公式ツイッターにて

PROFILE

KOTO
2012 年日本初のキッズダンス映画『SHAKE HANDS』の主題歌オーディションに数百名から合格し同作品の主題歌で歌手デビュー。
2014年1月に発売したソロ・デビュー・シングル『ことりっぷ』がオリコン初登場20位を獲得。続けて2014年8月に発売した2ndシングル『愛を届けるお人形』がオリコン初登場10位を記録。また2015年には新木場Studio Coastにて自身最大の主催イベントを開催し成功を収める。
圧倒的なダンススキルを武器に独自の世界観を発信する注目のソロ・アイドル。

KOTO公式HPはこちら
KOTO公式ツイッターはこちら
シャオチャイポン公式ツイッターはこちら

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介