HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回

JJJ - HIKARI

今月もやってまいりました、HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチライン of The Month」第2回です! 前回はイントロダクションとして、日本の音楽シーンを賑わすSuchmosとアメリカのビルボード・チャートを賑わす3人組Migosの2組から、「日本で市民権を得るブラック・ミュージックって?」という内容でしたが、今回は2017年ベスト級のアルバムとの呼び声も高いJJJの2ndアルバム『HIKARI』を斎井による視点でレヴュー。さて、今月のパンチラインは一体!?


JJJ / HIKARI

【Track List】
01. BABE feat. 鋼田テフロン
02. ELA
03. EXP feat. KID FRESINO
04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU
05. HPN feat. 5LACK
06. PLACE TO GO
07. ORANGE feat. STICKY
08. DJANGO!
09. COLD
10. SOUL
11. MIDNIGHT BLU feat. 仙人掌, Emi Meyer
12. 2024 feat. Fla$hBackS
13. DANCE SHOES

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 257円(税込) / アルバムまとめ購入 1,697円(税込)

第2回 JJJ 『HIKARI』

筆者が愛して止まないjjj…あ、いつの間にか大文字になってたJJJによるセカンド・アルバム『HIKARI』はもう既にチェックしましたでしょうか? 好評が当然の如く飛び交っていますが、これから筆を取るのはリリースを知った上で試聴をしてない人達へ贈るレビューです!


JJJ - BABE ft. 鋼田テフロン (Prod by JJJ) 【Official Music Video】

まず、まだ聴いてない人へ伝えたいのが、今作でJJJが作るスロウなFuture Bass調のビートが聴ける、ということです。 もしかしたらあまり話題になってない点かもしれませんが、自分が最初に驚き、あの日はずっとはずっとこの曲を聴いていた程です。 彼の手がけた曲は全て拾っている自信がある筆者ですが、このタイプの驚きは初めてです。

それは単に新しさからではなく、これまでDown North Camp勢にC.O.S.A.、B.D.、Young Jujuといった渋い男達にフレッシュな楽曲を提供する存在として定着しているからこそ、の驚きでした。簡単に言えば、オシャレなんです。Future Beat以降のビート・シーン思わせるファッショナブルな曲をつくったのは"想定外"でした。と同時に「やっぱこうゆうのも聴くんだ‼︎」という安堵感にも似た彼への信頼感。振り返れば2012年頃、今日溢れかえるTrapを既に自分なりにモノにしていたJJJ。振れ幅の広さというより「影すら踏ませない」スタイルの有言実行ぶりが気持ち良い。一聴して分かると思いますので、どの曲の事を書いているのかはぜひ試聴してみてください!

そして、上の曲よりも『HIKARI』を紹介する上で外せない曲があります。2013年の話題をかっさらっていった衝撃のFla$hBackS『FL$8KS』ですが、そのアルバムを〆た「2014」ってあったじゃないですか。今回はトラック・リストに「2024」ってある!! そして何より…Febbが戻ってきた事に歓喜です!! 『HIKARI』で一番の必聴ポイントは、変な話このFebbのフックじゃないでしょうか。一時は活動休止状態だった彼も、KNZZ、J-Schemeと共にDoggies(ダギーズ)として昨年末から精力的しています。


Doggies gang / KNZZ & A-THUG ~ Running pt.2 / FEBB & A-THUG

来月にはソロアルバム『So Sophisticated』はどのような内容になるかいざ知らず、近寄り難いストリート感を全開にしたDoggiesのFebbは、Fla$hBackSのストリートとはまた違います。だからこそFebbのフックを聴いた瞬間に、『FL$8KS』の衝撃が脳裏に蘇り、ブチ上がりながら同時に筆者は目頭を押えたのでした。

その他も勿論、捨て曲なし。先月出たKID FRESINOの「Salve」にも通じる爽やかなトラックの「BABE」やYoung Jujuのパンチが効いたリリックとタイトなトラックが噛み合う「COWHOUSE」。最近はキレだけでなく少しエモーショナルな部分も垣間見せる仙人掌にバッチリ当たってる「MIDNIGHT BLU」に、気持ちのいいほど硬派なブーン・バップ・サウンドをScratch Niceが仕上げる「DJANGO」などなど、本当に無駄のない一枚でした。


KID FRESINO - Salve feat. JJJ (Official Music Video)

最後に何周も聴いた後に個人的に最も印象に残った「SOUL」を紹介して終わります。ストイックに音楽と向き合い続けるJJJの様子を、記憶の遠くで鳴るような優しいAru-2のトラックがマッチしています。本当はリリック全部を紹介したいところですが…

慈しむ その憎しみもすべて 風になる ただ今を止めないで

と、音楽にかけるストイックな描写の前にこの言葉が有ることで、どこかJJJの持つ優しさがにじみ出てきている気がします。しかし、彼は決してウェットにはなりません。過去に"男は背中"と曲中で言ったこの男は、まさにそんな生き方をするのでしょう。朴訥であり、音楽を作る事でしか人に物を語れない。いや、語らない。その様子はアスリートが勝ちに拘る中で見せる煌めきが、どんな言葉よりも雄弁な事と、とても似ています。願わくば、彼の雄弁なビートだけを閉じ込めたインストゥルメンタル・アルバムも期待したい。ギンギンのやつだ。おそらく、無声映画や写真集のようなものになるに違いない。J君、期待してるで!(斎井)

斎井直史

「パンチ・ライン of The Month」バック・ナンバー

第1回 SuchmosとMigos
http://ototoy.jp/feature/2017021001/

斎井直史による連載「INTERSECTION」バック・ナンバー

Vol.6 哀愁あるラップ、東京下町・北千住のムードメーカーpiz?
http://ototoy.jp/feature/2015090208

Vol.5 千葉県柏市出身の2MCのHIPHOPデュオ、GAMEBOYS
http://ototoy.jp/feature/2015073000

Vol.4 LA在住のフューチャー・ソウルなトラックメイカー、starRo
http://ototoy.jp/feature/20150628

Vol.3 東京の湿っぽい地下室がよく似合う突然変異、ZOMG
http://ototoy.jp/feature/2015022605

Vol.2 ロサンゼルスの新鋭レーベル、Soulection
http://ototoy.jp/feature/2014121306

Vol.1 ガチンコ連載「Intersection」始動!! 第1弾特集アーティストは、MUTA
http://ototoy.jp/feature/20140413

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】OMAKE-CLUBより、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB & 中小企業が同時リリース!!
[REVIEW]・2017年03月16日・〈OMAKE-CLUB〉より、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB & 中小企業が同時リリース!! TOKYO HEALTH CLUBを中心とした"ミュージシャンの、ミュージシャンによる、ミュージシャンのための、著作権フリーのインターネット踏み台レーベル"を掲げる〈OMAKE-CLUB〉が、現在フェスにライヴに引っ張りだこな4MC’s、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBのセカンド・アルバム『OFF THE WALL』をリリース!! そして同日にはMC、トラック・メイクはもちろん、アートワークも自身で手がけるユニット、中小企業もセカンド・アルバム『NESS』も発売。OTOTOYではJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBはハイレゾ、中小企業をCD音質にて配信開始。今大注目のレーベルからの2作品、レヴューと共にお楽しみください。 JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / OFF THE WALL'【Track List】01. FANTASTIC 402. ONETIME03. STAYGOLD, LIFE GOES ON04. GOOD
Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート
[REVIEW]・2017年03月15日・Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート Suchmosが、2017年3月2日(木)のclub Lizard YOKOHAMAを皮切りに全国ツアー〈TOUR THE KIDS〉をスタートした。2017年1月25日リリースのアルバム『THE KIDS』を提げ、全国18箇所をめぐる旅に出た6人のメンバーたち。2016年は14本の夏フェスに出演、フジロックフェスティバルのホワイトステージでも圧巻のライヴ・パフォーマンスを見せつけ、その存在感と実力を示した彼らの旅の様子をOTOTOYでは定期的にレポート。各地に足を運びその様子を写真とともにお届けする。 >>ツアー初日、2017年3月2日(木)@club Lizard YOKOHAMA>>ツアー6日目、2017年3月15日(水)@高崎club FLEEZ 間違いなくジャンルレスな決定作 Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3
by 西澤 裕郎
【REVIEW】KiWi、クラブ・ミュージックで描く「魔法のキウイを盗んだ少年少女とおばけの織りなす物語」
[REVIEW]・2017年03月17日・【REVIEW】KiWi、クラブ・ミュージックで描く「魔法のキウイを盗んだ少年少女とおばけの織りなす物語」 Maltine Records、TREKKIE TRAXからも作品をリリースするDJ/トラックメイカー・AZUpubschoolと、作詞・作曲・編曲・ミックス・マスタリングまで自身でこなす音楽作家兼アーティスト・COR!Sによるコンポーザー・デュオ、KiWi。魔法のキウイを盗んだ少年少女と、彼らに取り憑くおばけの織りなす物語を描いた音楽集『March』をハイレゾ配信スタート。これまでのEPとシングルに収録された楽曲を中心に、過去曲は再レコーディング・リマスタリングを行い新曲を収録した全13曲。最新鋭のクラブ・ミュージック要素に、おもちゃ箱のような多彩なメロディーを詰め込んだ絵本のような珠玉の作品をお楽しみあれ!! 最新ベースミュージックで描くかわいいファンタジーKiWi / March【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】1. KiWi物語 / 2. Greed Greed / 3. SUGAR PANIC
by 西澤 裕郎
【REVIEW】次の流行!? ポスト・J-POP・ユニットLOVE SPREAD1stフル・アルバムをリリース!
[REVIEW]・2017年03月09日・【REVIEW】次の流行!? ポスト・J-POP・ユニットLOVE SPREAD1stフル・アルバムをリリース! アメリカ・ニューヨークのブルックリンを拠点として活動している日本逆輸入・エレクトロ・ポップ・ユニットのLOVE SPREAD。彼らの1stフル・アルバムが3月9日、日本に登場! 日本盤では既存の7曲に加えて限定曲3曲を付けて配信中! 今回は配信とともにレビューでご紹介! LOVE SPREAD / SAYONARA FOREVER(The Shape of J-pop to Come)'【配信形態】alac,flac,wav,aac【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム価格 1,620円(税込)【収録曲】''01.BLODDY NOSE NORTH PARK02.MyrtleWyckoff03.SAYONARA FOREVER04.foreveralone05.Die some other day (too lazy)06.ALTf407.きっと目を開けてもいいことなんか何もないから(Japan Bounus Track)08.本当は辛いはずなのに(Japan Bounus Trac
by 丸山健人
Nakamura Emiの言うことを聞け! その先はあなた次第。
[REVIEW]・2017年03月10日・誰もが心救われる鋭くも優しいNakamura Emiによる全ての人々への賛美歌 NakamuraEmiが3月8日(水)にメジャー2ndアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』をリリースした。リード・トラック「大人の言うことを聞け」は〈大人と子供の間〉にいる彼女の全ての人々に向ける賛美歌であり、「めしあがれ」は母との生活、「メジャーデビュー」には共に戦う仲間と熱いやり取りが綴られている。人間と向き合ったからこそ生まれた曲がたくさん詰め込まれた本作をOTOTOYではハイレゾ配信。そしてレビュー掲載する。 メジャー2ndアルバムをハイレゾ配信Nakamura Emi / NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4(24bit/48kHz) '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 540円 まとめ価格 3,000円【収録曲】''1. Rebirth2. 大人の言うことを聞け3. 晴人4. ボブ・ディラン5. ヒマワリが咲く予定6. ハワイと日本7. めしあがれ8. メジャーデビュー REVIEW : 「大人と子供の間」の立場
by 宮尾茉実
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回
[REVIEW]・2017年03月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回 今月もやってまいりました、HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチライン of The Month」第2回です! 前回はイントロダクションとして、日本の音楽シーンを賑わすSuchmosとアメリカのビルボード・チャートを賑わす3人組Migosの2組から、「日本で市民権を得るブラック・ミュージックって?」という内容でしたが、今回は2017年ベスト級のアルバムとの呼び声も高いJJJの2ndアルバム『HIKARI』を斎井による視点でレヴュー。さて、今月のパンチラインは一体!? JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat. 鋼田テフロン02. ELA03. EXP feat. KID FRESINO04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU05. HPN feat. 5LACK06. PLACE TO GO07. ORANGE feat. STICKY08. DJANGO!09. COLD10. SOUL11. MIDNIGHT BLU feat. 仙人
by 斎井 直史
【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年03月08日・ライム、ビーツ&若大将——加山雄三リミックス集をハイレゾ配信 2015年にリリースされヒットとなったPUNPEEによる「お嫁においで2015」に続いて、加山雄三の名曲を、さまざまなアーティストたちがリミックスした作品『加山雄三の新世界』がここにリリースされた。前述のPUNPEEをはじめ、ECDやライムスター、スチャダラパー、サイプレス上野とロベルト吉野などなど、ヒップホップ系アーティストを中心に、ももいろクローバーZ、水曜日のカンパネラなども参加、まさに多彩なメンツが集合となったコンピレーションだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。レヴューとともにお届けしよう。 V.A. / 加山雄三の新世界'【Track List】01. お嫁においで2015 feat. PUNPEE02. 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian03. 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ04. ブラック・サンド・ビーチ〜エレキだんじり〜 feat. スチャダラパー05. 旅人よ feat. RHYMESTER06. 夕陽は赤く(yah-man version) feat.
by 河村 祐介
【REVIEW】どこまで歌っても歌の途中──京都在住SSW、長野友美が3rdアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年03月01日・【REVIEW】どこまで歌っても歌の途中──京都在住SSW、長野友美が3rdアルバムをリリース 京都在住のシンガー・ソングライター、長野友美が2011年にリリースした2ndアルバム『春への落下』から6年ぶりとなるアルバム『時のたてがみをつかんで』をリリース。ふちがみとふなとの船戸博史氏をプロデューサー、そして様々なゲスト・ミュージシャンを迎えて作られた今作は、ただの弾き語りに留まらないバラエティに飛んだ曲が並ぶ印象的なアルバムに仕上がっている。OTOTOYでは今作のレヴューを掲載。瑞々しく広がっていく彼女の歌の世界に、是非とも触れてみて欲しい。 長野友美 / 時のたてがみをつかんで'【Track List】01. うたの途中02. 春03. なのに愛は04. めばるつり05. 夕暮れに湖面を歩く06. 時のたてがみをつかんで07. ほうき星のうた08. こもかぶりの歌09. 滑走路10. 羽根がはえるよ11. 片想哀歌【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 2,160円(税込) 【REVIEW】長野友
筆者について
斎井 直史 (斎井 直史)

音楽業界をおもしろくしようとOTOTOYに詰め寄ったところ、今では色々調教されて悦んでいる。大学生活をキック・ボクシングに投げ打った反動で、今、文科系男子への衝動がと・ま・ら・な・い!ヒップホップが好きです。ニュートラルに音楽を捉えて、「一般ピープル視点を失いたくない!」と思ってる一般ピープル。

同じ筆者による他の記事