THE BEACHESは今後どうなるのか? ──昨年末リリースの復活7インチ・シングル音源を独占ハイレゾ配信

突如の“ロング・ヴァケーション”として2010年の活動休止を経て、2016年、まずはライヴでの活動を再開。〈FEVER〉でのライヴ、〈BAYCAMP〉、〈CLUB SNOOZER〉などへの出演を果たした。そして年末差し迫った12月25日、クリスマスに新曲2曲による7インチ・シングル「Here Comes Summer Again」をリリース。トラップを取り入れた、チルな「Here Comes Summer Again」、彼ららしいラテンな陽気さも兼ね備えたエレクトロなスカ〜ファンク・チューン「Rude Boy Root Down」の2曲だ。OTOTOYではこのたび、本シングルを独占ハイレゾ配信。ライヴ活動再開の2016年を経て、今年、2017年はアルバムなどのリリースを念頭においた、THE BEACHESにとって本格的な活動再開の年となるのか? それともまた別の展開となるのか? DJとしても活発に活動を続けるヒサシ the KIDにインタヴューを行った。

THE BEACHESのひさびさのシングルとなった7インチがOTOTOYだけのハイレゾ配信

THE BEACHES / Here Comes Summer Again(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Here Comes Summer Again
02. RUDE BOY ROOT DOWN

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 200円(税込) / アルバムまとめ購入 400円(税込)
歌詞を含む、デジタルブックレットがPDFで付属


INTERVEIW : ヒサシ the KID

2010年9月、恵比寿〈LIQUIDROOM〉でのワンマンライブを最後にロングバケーションに突入したTHE BEACHESが、2016年に限定復活、しかも「HERE COMES SUMMER AGAIN」、「RUDE BOY ROOT DOWN」という2曲の新曲を7inchでクリスマスにドロップ、新代田〈FEVER〉で2DAYSライヴを敢行。そしてこのたび、OTOTOYで独占配信。なんだかなにやら騒がしくなってきたTHE BEACHESの今後が気になるぞ! ってことで、ヒサシ the KIDにインタビューを敢行。THE BEACHESの今のモードは? もうここまで来たなら、アルバムも聴かせてくれよな!!!

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 岩澤春香
写真 : おみそ

THE BEACHESはポップスが作りたいっていう感覚なんです

──昨年新譜を発表して、12月に新代田〈FEVER〉でもイベントを行いましたが、ライヴの手応えとしてはどうでしたか?

アレンジは違うんですけど、新曲を2曲ともやれて、それがやっていて一番楽しかったんですよね。特に「HERE COMES SUMMER AGAIN」は、すごくテンションが上がった。それが収穫だったと思います。

──〈FEVER〉でのライヴを経て、THE BEACHESはどんなモードになり得たのでしょうか?

綺麗さっぱりって感じです(笑)。

──ええ!? もうその綺麗さっぱり感なんですか?

THE BEACHESとしては、ロングバケーションっていって休みに入る前に、ある程度の気持ちの区切りはついていたんですけど、やり残したことがまだあったんです。でも今回作品を出せて、そのやり残していたものができたんじゃないかなと。

──そのやり残したことってなに?

まず「THE BEACHES」っていうタイトルがコンセプチュアルだし、最初に活動のイメージがあったんです。1stのイメージがあって2ndのイメージがあって3rdのイメージがあって、とにかく3枚アルバムを出そうってぼんやりと思っていたんですね。で、その中にビーチ・ボーイズみたいに、クリスマスの作品を出したいっていう思いもずっとあって。今までもその話は何回かあったんですけど、やれるタイミングがなく一旦終わってしまったから、今回10周年というタイミングでそれをやりたいと思ったんです。

──THE BEACHESがなぜ終わったのかを聞かせてもらってもいいでしょうか?

3枚目までを出して、その後にその先のことを考えようと思っていたんです。でもその3枚目のアルバムが作品的にもサウンド的にも満足度が大きくて、やりきった感もあって、もう次があまりイメージできなかったんですよね。俺は家でもデモとか作らないし、ずっとバンドでセッションしながら作っていくスタイルだったから「このままセッションをやっていく中で、これ以上何かできることがあるの?」というところまできてしまった。それにもしこのアルバムがセールス的にある程度枚数も売れていれば、俺としてはもうちょっとやりたいってなっていたと思うんですけど、それが状況はそうでもなかったんですよね。

──ヒサシ the KIDの言っている売れることと状況を良くすることはイコールだったんですか?

THE BEACHESってワールドっぽい要素もたくさんあるんだけど、俺の中ではそういうことがやりたいっていうよりかはポップスが作りたいっていう感覚なんです。誰にもわからないような音楽が作りたかったわけではなくて、「俺の中ではこれ結構ポップなんだけどな」っていうところで作っていて。その感じと伝わる感じとのギャップが大きかったっていうのはありますね。

──ジェリーリー(THE JERRY LEE PHANTOM)のすっとひいた感じとか、ヒサシ the KIDのDJの感じから、評価とかはあまり気にしないのかなと勝手に思っていました。

そこはずーっと気にしていたと思います。でもだからと言って何かに寄せて、今こういう曲をやれば売れるんだろう、みたいな感じでやったことはないですけど。自分の中で、「これポップでしょ」って思えるところまで極端に振り切ってやることが、イコール売れるっていうことに繋がってほしくてやっていて。売れる曲を書きたいっていうよりかは、そうやって作ることがポップスになるんじゃないかなっていうイメージでずっとやっていたんですよね。

──なるほど。ヒサシ the KIDってDJの感覚もあるし、流行りがどんどん変わっていくのを敏感に感じ触れているから、THE BEACHES自体が4枚目5枚目に行ける多くの可能性もあったと思うんです。その中で3枚っていう制限を作ったのはどうしてなんですか?

THE BEACHESっていう名前も、3枚って決めることもそうなんですけど、俺の中で縛りを作ることで頑張れた部分があって。ジェリーリーのときも一時期ディスコパンクみたいなことをやりだしたり、何かにピントを絞ってやっていた時期が何年かあって、そういう、何か一つ縛りを作る方が、俺は自由に書けるんですよね。そうじゃないとあれもやりたいこれもやりたいってなってしまって、あまり楽しめなくて。ただジェリーリーだともうあまりにも枚数を出していたので、お客さんが聴いていた時期によってもバンドの印象が全然違うし、それが鬱陶しくて。それを全部取っ払って、分かりやすいことを1からやり直したかったっていうのが大きかったです。バンド名を思いついたときにすごくテンションが上がったんですよね。こういうライヴがやれるし、こういう服も着れるっていうのが、縛りがあったことでいろいろイメージできた。そうやってひとつ縛りがあると、今俺が聴いている音楽を、THE BEACHESだったらこういう解釈ができるっていう発想にも繋がっていったんです。

──なるほど。10周年でTHE BEACHESをやろうっていうのはいつ頃から考えていたのですか?

10周年でTHE BEACHESをやりたいなってぼんやり思っていたんですけど、いきなり集まってやるのは無理だったんです。現実的な話、メンバーも東京にいないから、リハをするにもいちいち出てきてもらわないといけなくて、前みたいに曲も作れない。で、ちょうどその前の年(2015年)に、ジェリーリーでライヴをやらないかっていうのをヘルマン(Hermann H.&The Pacemakers)に誘ってもらって。で、会場もキネマ倶楽部で結構なキャパだったし、THE BEACHESとしてもいいウォーミングアップになると思ったんです。ジェリーリーも黙ってやめているから、ライヴを見られなかった人にももう一度見てもらう機会にもなるので。

──ヘルマンとのキネマがあって、結局ジェリーリーでは何回ライヴをしたんですか?

あと夏の〈BAYCAMP〉に誘ってもらって、その2本だけです。

俺がやりたいと思うことをやりたいと思ってくれるメンバーだから

──ヒサシ the KIDにとってジェリーリーでのその2本のライヴはどんなモチベーションだったんでしょう?

キネマのときは自分でも予想外にも本当に良くて、演奏もバッチリはまったんです。でも〈BAYCAMP〉のときはあまり上手くいかなくて(笑)。同じ4人でやっていても、その4つの楽器の噛み方が全然違うから、ちょっと気を抜くと本当に上手くいかなくなっちゃうんですよね。ただTHE BEACHESの場合は、最初からそういう軽い感じではやれない仕組みになっていて。

──それはどういうことですか?

隙間が多いからぼーっとできないんですよ。一個一個の「ダン!」っていうところを皆で合わせないといけないから、集中しないとできないんです。

──なるほど。THE BEACHESの音楽は、この4人じゃないとできないんですか?

この4人じゃないとできないですね。特にドラムに関しては、普通の人が叩かないようなことをやるから、他のメンバーではもう再現できないんです。ここからそれを一から作っていくのもちょっとしんどいかなって。すごく上手い人が入ったからできるっていうものでもないから。そこはもうずっと一緒にやってきて、俺がやりたいと思うことをやりたいと思ってくれるメンバーだからっていうのもあるかもしれないです。r.u.ko (Keybords)に関してはもう、いなきゃ話にならない(笑)。

──それはどういうこと?

r.u.koのリフがそこに絡んでかっこよくなったときに初めて曲が完成するんですよね。もちろんフレーズを組み立てていったり、リズムを作るのは俺の役割なんですけど、曲として完成するってなると、r.u.koのフレーズが入らないことには完成しないです。

──ヒサシ the KIDがひとりで構築までして、っていう作り方ではないんですね。

そうです。スタジオで一個のフレーズを決めて、それがいいグルーヴになるまで延々やるっていう。1日中やって何にも使わないことも頻繁にありましたよ。やっぱりやりまくらないと出てこない瞬間ってあるから、それが見えてくるまでひたすらやるっていう、本当に面倒なやり方なんです(笑)。

──でも今回の作品はそういう感じで作られたように聴こえなかったのは、打ち込みだからですか?

この2曲に関してはバンドではセッションしていなくて、大枠を俺が一人で作ったんですよね。セッションする時間もないし、それで形にできないことには今後もないと思っていて。だから本当にしんどかったですね。

──DTMはもともと使えたんですか?

もともと使えたわけではないです。本当は自分のソロの作品もTHE BEACHESをやめてから出そうと思っていて、DTMを教えてもらったりしていたんですよね。デモとかも作ってはいたんだけど、ずっと完成しないままになっていて。だから今回初めて形にできました。

──メンバーとのやりとりはなかったんですか?

r.u.koのフレーズに関してはr.u.koに投げていろいろネタを考えてもらって、そこから一緒に組み立てていくっていう作業はやったりもしました。順番としては、リズムが出来てから歌を作っていって、歌を作りながら歌詞も同時に書いていましたね。今回歌詞の尺を同じタームにしたくなくて、歌詞の回しで構成がずれていくっていう作り方をしたかったから、歌と歌詞を書きつつ構成も変えつつっていう作業をずっとやっていました。

次に何かしら違うモードでやれるっていう気にはなれている

──特にA面にはびっくりしました。3回ぐらい、これはA面とB面が間違っているんじゃないかと(笑)。

ははは(笑)! B面の「RUDE BOY ROOT DOWN」はA面の「HERE COMES SUMMER AGAIN」ができてから作ったんですけど、お気楽に「あ、THE BEACHESっぽいじゃん」みたいな感じで作ったんです。「HERE COMES SUMMER AGAIN」1曲目があったから、もう1曲お気楽に作ろう、みたいな。逆に「HERE COMES SUMMER AGAIN」は、THE BEACHESっぽくやろうみたいなことは考えていなかったですね。スタジオでセッションしながら歌っていたら絶対にでない声のトーンなので。

──この作品の、特に「HERE COMES SUMMER AGAIN」では何に影響されて、どんなことをしたいと思ったんですか?

最初から思っていたのは、バンドでセッションしてできる、こんな感じになるだろうっていう曲にはしたくなかったんです。どういうジャンルがやりたいっていうのは特になかったんですけど、俺普段家でヒップホップとかしか聴かないから。2016年は特にそうだったんですけど、洋楽の新譜が盛り上がっていたので、そういう雰囲気があるものにしたいなっていうのは漠然と思っていました。

──ちなみにどのあたりをよく聴かれていたんですか?

一番大きかったのはチャンス・ザ・ラッパーですね。あとはその周りにいたいろんなアーティストの音楽も聴いていたし、ビルボードのチャートに入っているヒップホップとかトラップとか、そういうのは好きでずっと聴いていました。別にTHE BEACHESでヒップホップやろう、ってことではないんですけど、ビートとして、その辺の感じを表現できないかなって試していましたね。で、今の洋楽で面白いのが、ビートもいろんなビートがあって、ラップも、もう歌なのか何なのか分からないようなものもある。そういうのもTHE BEACHESで俺がやりたかったことと少し似ていて。ラップじゃないんだけどそういうフローもあって、でも聴き方によっては、すごい奥地のワールドミュージックみたいなメロディにも聴こえる。そういうのが今ビルボードの100位以内にガシガシ入っているのを見て羨ましく思うし、やれたら楽しいよなとも思うんです。俺小さい現場をDJでたくさん持っているから、そこで日本語の曲が一曲でもあったら楽しいし、そういう曲を年に何曲かでも作れたらいいなと思いますね。

──2017年はそういうモードを突き詰めるときですか?

今年何がやれるかもまだわからないですけど、ただ、去年の活動を通して、次に何かしら違うモードでやれるっていう気にはなれているんですよね。休んでいた5、6年間は、どんな曲を作ってもピンとこなくて、音楽的にも、最新の音楽で「これ!」っていうのがあんまりなかった時期でもあるんです。THE BEACHESをやっていた4、5年は、毎年「このビート俺が真っ先にやってやる」っていうのが常にあった。でもちょうどベースミュージックとかでいろんなジャンルがでてきていたのが一旦飽和した時期くらいに、俺のやる気も無くなっていって。多分今年は、去年出てきたものが、もうちょっとパーティー・チューンになっていくはずなんです。2016年って結構ヘヴィな雰囲気のものが多いんだけど、ああいうのが一旦売れると、それがまたチャラくなっていくじゃないですか。俺その時が一番好きで。だから今年、DJでかけたいようなすごく良い新譜がたくさん出るんじゃないか、っていう期待感があって。で、それを聞いた時に、「これだったら俺のやり方でできる」って思わせてくれる何かが出てくれるのを待っているところもあるんですよね。

──最初に「綺麗さっぱり」と言っていましたが、THE BEACHESとしてはこれでコンプリートという感じです?

最初にバンド・サウンドとしてイメージしていたことは、3枚のアルバムの中でやりつくした感はあります。心残りだったことも、新しい作り方で1つ形にできた。ただライヴで新曲をやったのが一番楽しくて、そういう意味ではやれることがまだあるんだろうなと思えたんですよね。で、その次はやっぱり全然違うことをやりたいから、それをTHE BEACHESって名前でやってもいいかもしれないし、そうじゃない方が面白いかもしれない。そこはまだ自分でも見えていないですね。ただライヴをやるってなったら俺もバンドの方が楽しいから、何かしらバンド的なスタイルでやるのはいいかなとは思います。

PROFILE

THE BEACHES

上段左から、ヒサシ the KID (Vo, Gu)、dij (Dr)、TOMOTOMO club(Ba)、下段中央、r.u.ko (Key)

2006年結成。「世界は常夏」をキーワードにアルバム3枚、シングル2枚をリリース。2010年9月、恵比寿リキッドルームでのワンマンライブを最後にロングバケーションに突入。結成10周年にあたる今年、5年9ヶ月ぶりに東京、大阪でロンバケ返上ライブ。下品なダンスビートで薄暗いダンスフロアからいつまでも辿り着けない世界中のビーチを目指すNEW WAVEなパンクバンド。

>>THE BEACHES アーティスト・ページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事