校庭カメラガールツヴァイ、伝説の解散ライヴ音源を独占ハイレゾ配信

コウテカ2こと校庭カメラガールツヴァイが、2017年1月13日に渋谷WWWXにてラスト・ライヴ〈Dazed and Confused〉を開催、解散した。本格的でディープなクラブ・ミュージックに女性メンバーたちのラップが乗ったサウンドは、ディープな音楽ファンを魅了し続けた。そんな彼女たちの最後のライヴをレコーディングしたライヴ音源をOTOTOY独占でハイレゾ配信。ほぼノンストップの約2時間半。この日、世界のどこよりも踊れる現場を再体験してみてはいかがだろう。

校庭カメラガールツヴァイ解散ライヴをハイレゾ配信

校庭カメラガールツヴァイ / Dazed and Confused@渋谷WWW X

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入 2,700円(税込)

【トラック・リスト】
1. タペスチュア
2. Tyranno
3. Post office Crusher
4. Wedge Sole Eskimo
5. Puppet Rapper ~ Star flat Wonder Last
6. Happy Major ~ Tomorrow girl Secret
7. Curtain Call ~ Slingshot Stagecoach
8. Where the Wild Things
9. Dance with Mr.Lonliness
10. Lost in Sequence
11. タペスチュア 2
12. Last Glasgow
13. Lovin Flash Da Bagdad
14. Please Breeze
15. Lil Tomte
16. Good will Camping
17. Lough Ma Fleur
18. Humpty Taxi
19. Lonely lonely Montreal
20. Salt lake Lostman ~ TOKYO Terror
21. TOKYO Terror
22. Swallow Maze Paraguay
23. Clear beat Goodbye
24. Unchanging end Roll
25. Wedge Sole Eskimo
26. Her L Bo She


【LIVE】TOKYO Terror / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX


LIVE REPORT

校庭カメラガールツヴァイのラストワンマンを観ながら、これは本当に解散ライヴなのかと最後の最後まで信じることができなかった。

本番前のリハーサルで彼女たちは約2時間半ずっと歌いっぱなしだった。1曲1曲手を抜くことなく本番のように真剣に歌っていた。その姿は自分たちのすべてを出し切って終わろうとしているよりも、さらによいものを作れるんじゃないかと、なにかを掴もうとするような貪欲さが感じられるものだった。

2017年1月13日、渋谷WWW X、会場には約500人近いお客さんが詰めかけていた。入り口にはファンの有志たちが立体的なディスプレイを設置したり花が飾られるなどお祭り的な趣はあった。しかしライヴはお涙頂戴モードではなく、楽曲を出し切ることに集中したものとなった。大きくわけると前半後半の2部制。その間にメンバーが手紙を読むという演出込みのMCが入り、唯一それが解散ライヴなんだということを思わせるものとなった。とはいえ、やはり一貫して音楽にのめり込んで踊りまくる、観客は快楽に身を委ねるということに注力した気合の入ったワンマンであった。

真っ暗闇の会場にうっすらと光るDJセットの前に現れたもるももるが、スタートの合図を示すようにトラックを流しはじめ諸注意を織り交ぜたSEが終わると、低音の振動がリアルに身体に響くWWWXのサウンドシステムが本領を発揮した。「3、2、1」とはじまりを告げる「タペスチュア」とともに他のメンバー3人が現れると、しばらく真っ暗闇のなかでディープハウス調のドープな楽曲を披露していき、「Wedge Sole Eskimo」で明転、この日最初の大きな盛り上がりをみせた。サビでのコール&レスポンスと、メンバーとお客さんたちが片手を斜めに天井に向かってあげている姿は、ドープな音楽とアイドルの文化がミックスされたコウテカならではのカタルシスを感じさせるものだった。

基本的に彼女たちの楽曲はミックスされノンストップ。これまでリリースされた楽曲たちが間髪なく披露されていった。驚くべきはリハーサルでも約2時間半近く歌い続けていたにもかかわらず、まったく息切れすることなく、むしろどんどん声が出ていくようになっていくようになっていったことだ。「私たちとお客さんのどちらが先に倒れるか」というメンバーの言葉が嘘ではないくらい全身全霊のステージングだった。

このレポートでは当日のパフォーマンスについてひとつひとつ描写することはしようとは思わない。それはライヴ音源のなかに彼女たちのエネルギーが込められているということもそうだけれど、通常のアイドルのように1曲1曲に振り付けがあってそれに忠実にダンスをしているわけでもないからというのもある。まさにメンバーはステージ上で音を感じ自分を出すといったアーティスティックな趣があるのが、コウテカの大きな特徴の1つでもあった。

また、メンバー1人1人の声にもわかりやすいキャラクターがあった。しゅがしゅららのアニメ声優のような高くてかわいらしい声、ののるるれめるのアイドルらしいかわいい歌声、うぉーうぉーとぅーみーの芯のあるラップ、もるももるの男前な女性ラップ、この4つの声がディープハウス、EDM調、エレクトロニカといった本格的クラブサウンドと融合することによってコウテカならではのミクスチャーを生み出していた。こんなユニークな音楽は、細分化されたアイドルシーンでも他には存在しなかったというのは断言できる。

2016年は活動休止や解散するアイドル・グループの話題が多い年だった。校庭カメラガールツヴァイもまた、そんななかで解散を発表したグループの1つには違いない。しかしコウテカは、ディープなクラブミュージックをベースにメンバー4人がラップをするスタイルでアイドルという枠組みを軽く飛び越え、音楽好きに愛され評価されるグループに成長を遂げていた。それゆえに、アイドルとしてのルールや方法にとらわれない活動のスタイルを構築するという方法も現実的にあったのではないかと考えてしまう。それでも解散という道を選んだのは、やはりこのグループがアイドルとしての活動をまっとうしたかったからなのだろう。

アイドルカルチャーがなかったら間違いなくこのグループは生まれなかったし、こうしたユニークな音楽は成し得なかっただろう。そこに敬意を持っているからこそ一度アイドルとしてのコウテカを全うしようとした結果がこの解散ライヴだったと筆者は思っている。それと同時にやはりこれが解散ライヴとは思えないくらい、メンバーはコウテカの先へ行こうとしていた。最後の最後までストイックに求道的に。それがあますことなく収録されたライヴ音源を最後の最後にリリースできることを本当に光栄に思う。この音源を再生する限り、コウテカは終わることなく目の前に現れる。それくらい現在進行形の解散ライヴだった。(text by 西澤裕郎)

写真 : 西中陽介


【LIVE】Her L Bo She / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX 2017.1.13

校庭カメラガールドライ(コウテカ3)新規メンバー 2次募集開始!

先日解散したガールズ(アイドル)ラップクルー”校庭カメラガールツヴァイ”の意志を受け継いだ新グループがスタートします。

それに伴いメンバーオーディションを開催します。
校庭カメラガールドライは音楽やデザインにこだわるグループです。
何かを発信したい、表現したい、見返したい人がいるなど、
現状を変えたい女の子のご応募お待ちしてます。

【応募〆切 】
2017年2月26日 23:59

【応募資格】
・16~22歳の特定のプロダクション、レコード会社などに所属していない女性(未成年の方は保護者の方の同意を得て応募して下さい)
・東京都内在住の方
・歌うことが好きな方
※ラップは未経験で問題ありません。むしろ未経験の方がいいです。今までのメンバーも全員未経験者でした。
※登録費、レッスン費、その他制作費などはかかりません

【応募方法】
下記の必要事項を記入し、正面からの顔写真と全身写真(携帯のカメラ可、アプリなどで加工していないもの、過去一ヵ月以内に撮ったもの)を添付のうえ、こちらのアドレスにメールにてご応募ください。
info@tapestokrecords.com

審査通過者のみ2月27日までに面接のご連絡をさせていただきます。

【必要事項】
・名前 :
・生年月日 : 年 月 日 ( 歳)
・職業(学生の場合は学年) :
・身長 :
・出身地 :
・現住所 :
・電話番号 :
・メールアドレス(PCまたは携帯) :
・趣味または特技 :
・Twitterやブログをお持ちの方はそのアカウント :
・近い将来やりたいこと :
・休日の過ごし方 :
・過去の活動履歴(過去にプロダクション等に所属されていた経歴のある方は事務所名、所属グループ名を必ず記載して下さい) :
・好きなアーティスト3組:
・カラオケでよく歌う得意な曲3曲:

校庭カメラガールツヴァイ配信作品

校庭カメラガールツヴァイ最後の流通作品

校庭カメラガールツヴァイ / Night on Verse

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. You will not be Tomorrow
2. Lovin flash Da Bagdad
3. Lonely lonely Montreal
4. Lil Tomte
5. Salt lake Lostman
6. Amsterdam Butterfly
7. Slingshot Stagecoach
8. Humpty Taxi
9. Good will Camping


校庭カメラガールツヴァイ改名後初のE.P.

校庭カメラガールツヴァイ / Dis dear month of August

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 / まとめ購入 1,350円

【トラック・リスト】
1. This dear month of August
2. Please Breeze
3. La summer Planetes
4. Happy Major (re zwei)
5. Curtain Call (girl remix)
6. Lantana



校庭カメラガール配信作品

タワーレコード限定でリリースされていた2ndアルバム

校庭カメラガール / Leningrad Loud Girlz

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Star flat Wonder Last
3. Trip with Mr.Sadness
4. TOKYO Terror
5. Last Glasgow
6. Post office Crusher
7. Tomorrow girl Secret
8. Lough Ma Fleur
9. Lost in Sequence


タワーレコード限定でリリースされていた1stアルバム

校庭カメラガール / Ghost Cat

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Wedge Sole Eskimo
3. Dance with Mr.loneliness
4. Puppet Rapper
5. Swallow Maze Paraguay
6. Tyranno
7. Where the Wild Things
8. Her L Bo She
9. Unchanging end Roll


amiinaとのコラボ作品

校庭カメラガール、amiina / Canvas-Remix / Her L Bo She feat.amiina(24bit/48kHz)

【配信形態】
24bit/48kHz (ALAC / FLAC / WAV ) / AAC

【価格】
まとめ購入のみ 500円

【トラック・リスト】
1. Canvas-bounceRemix feat.もるももる,ましゅりどますてぃ(校庭カメラガール) -- amiina
2. Her L Bo She feat.amiina -- 校庭カメラガール


PROFILE

校庭カメラガールツヴァイ

>>校庭カメラガールツヴァイ OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事