校庭カメラガールツヴァイ、伝説の解散ライヴ音源を独占ハイレゾ配信

コウテカ2こと校庭カメラガールツヴァイが、2017年1月13日に渋谷WWWXにてラスト・ライヴ〈Dazed and Confused〉を開催、解散した。本格的でディープなクラブ・ミュージックに女性メンバーたちのラップが乗ったサウンドは、ディープな音楽ファンを魅了し続けた。そんな彼女たちの最後のライヴをレコーディングしたライヴ音源をOTOTOY独占でハイレゾ配信。ほぼノンストップの約2時間半。この日、世界のどこよりも踊れる現場を再体験してみてはいかがだろう。

校庭カメラガールツヴァイ解散ライヴをハイレゾ配信

校庭カメラガールツヴァイ / Dazed and Confused@渋谷WWW X

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入 2,700円(税込)

【トラック・リスト】
1. タペスチュア
2. Tyranno
3. Post office Crusher
4. Wedge Sole Eskimo
5. Puppet Rapper ~ Star flat Wonder Last
6. Happy Major ~ Tomorrow girl Secret
7. Curtain Call ~ Slingshot Stagecoach
8. Where the Wild Things
9. Dance with Mr.Lonliness
10. Lost in Sequence
11. タペスチュア 2
12. Last Glasgow
13. Lovin Flash Da Bagdad
14. Please Breeze
15. Lil Tomte
16. Good will Camping
17. Lough Ma Fleur
18. Humpty Taxi
19. Lonely lonely Montreal
20. Salt lake Lostman ~ TOKYO Terror
21. TOKYO Terror
22. Swallow Maze Paraguay
23. Clear beat Goodbye
24. Unchanging end Roll
25. Wedge Sole Eskimo
26. Her L Bo She


【LIVE】TOKYO Terror / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX


LIVE REPORT

校庭カメラガールツヴァイのラストワンマンを観ながら、これは本当に解散ライヴなのかと最後の最後まで信じることができなかった。

本番前のリハーサルで彼女たちは約2時間半ずっと歌いっぱなしだった。1曲1曲手を抜くことなく本番のように真剣に歌っていた。その姿は自分たちのすべてを出し切って終わろうとしているよりも、さらによいものを作れるんじゃないかと、なにかを掴もうとするような貪欲さが感じられるものだった。

2017年1月13日、渋谷WWW X、会場には約500人近いお客さんが詰めかけていた。入り口にはファンの有志たちが立体的なディスプレイを設置したり花が飾られるなどお祭り的な趣はあった。しかしライヴはお涙頂戴モードではなく、楽曲を出し切ることに集中したものとなった。大きくわけると前半後半の2部制。その間にメンバーが手紙を読むという演出込みのMCが入り、唯一それが解散ライヴなんだということを思わせるものとなった。とはいえ、やはり一貫して音楽にのめり込んで踊りまくる、観客は快楽に身を委ねるということに注力した気合の入ったワンマンであった。

真っ暗闇の会場にうっすらと光るDJセットの前に現れたもるももるが、スタートの合図を示すようにトラックを流しはじめ諸注意を織り交ぜたSEが終わると、低音の振動がリアルに身体に響くWWWXのサウンドシステムが本領を発揮した。「3、2、1」とはじまりを告げる「タペスチュア」とともに他のメンバー3人が現れると、しばらく真っ暗闇のなかでディープハウス調のドープな楽曲を披露していき、「Wedge Sole Eskimo」で明転、この日最初の大きな盛り上がりをみせた。サビでのコール&レスポンスと、メンバーとお客さんたちが片手を斜めに天井に向かってあげている姿は、ドープな音楽とアイドルの文化がミックスされたコウテカならではのカタルシスを感じさせるものだった。

基本的に彼女たちの楽曲はミックスされノンストップ。これまでリリースされた楽曲たちが間髪なく披露されていった。驚くべきはリハーサルでも約2時間半近く歌い続けていたにもかかわらず、まったく息切れすることなく、むしろどんどん声が出ていくようになっていくようになっていったことだ。「私たちとお客さんのどちらが先に倒れるか」というメンバーの言葉が嘘ではないくらい全身全霊のステージングだった。

このレポートでは当日のパフォーマンスについてひとつひとつ描写することはしようとは思わない。それはライヴ音源のなかに彼女たちのエネルギーが込められているということもそうだけれど、通常のアイドルのように1曲1曲に振り付けがあってそれに忠実にダンスをしているわけでもないからというのもある。まさにメンバーはステージ上で音を感じ自分を出すといったアーティスティックな趣があるのが、コウテカの大きな特徴の1つでもあった。

また、メンバー1人1人の声にもわかりやすいキャラクターがあった。しゅがしゅららのアニメ声優のような高くてかわいらしい声、ののるるれめるのアイドルらしいかわいい歌声、うぉーうぉーとぅーみーの芯のあるラップ、もるももるの男前な女性ラップ、この4つの声がディープハウス、EDM調、エレクトロニカといった本格的クラブサウンドと融合することによってコウテカならではのミクスチャーを生み出していた。こんなユニークな音楽は、細分化されたアイドルシーンでも他には存在しなかったというのは断言できる。

2016年は活動休止や解散するアイドル・グループの話題が多い年だった。校庭カメラガールツヴァイもまた、そんななかで解散を発表したグループの1つには違いない。しかしコウテカは、ディープなクラブミュージックをベースにメンバー4人がラップをするスタイルでアイドルという枠組みを軽く飛び越え、音楽好きに愛され評価されるグループに成長を遂げていた。それゆえに、アイドルとしてのルールや方法にとらわれない活動のスタイルを構築するという方法も現実的にあったのではないかと考えてしまう。それでも解散という道を選んだのは、やはりこのグループがアイドルとしての活動をまっとうしたかったからなのだろう。

アイドルカルチャーがなかったら間違いなくこのグループは生まれなかったし、こうしたユニークな音楽は成し得なかっただろう。そこに敬意を持っているからこそ一度アイドルとしてのコウテカを全うしようとした結果がこの解散ライヴだったと筆者は思っている。それと同時にやはりこれが解散ライヴとは思えないくらい、メンバーはコウテカの先へ行こうとしていた。最後の最後までストイックに求道的に。それがあますことなく収録されたライヴ音源を最後の最後にリリースできることを本当に光栄に思う。この音源を再生する限り、コウテカは終わることなく目の前に現れる。それくらい現在進行形の解散ライヴだった。(text by 西澤裕郎)

写真 : 西中陽介


【LIVE】Her L Bo She / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX 2017.1.13

校庭カメラガールドライ(コウテカ3)新規メンバー 2次募集開始!

先日解散したガールズ(アイドル)ラップクルー”校庭カメラガールツヴァイ”の意志を受け継いだ新グループがスタートします。

それに伴いメンバーオーディションを開催します。
校庭カメラガールドライは音楽やデザインにこだわるグループです。
何かを発信したい、表現したい、見返したい人がいるなど、
現状を変えたい女の子のご応募お待ちしてます。

【応募〆切 】
2017年2月26日 23:59

【応募資格】
・16~22歳の特定のプロダクション、レコード会社などに所属していない女性(未成年の方は保護者の方の同意を得て応募して下さい)
・東京都内在住の方
・歌うことが好きな方
※ラップは未経験で問題ありません。むしろ未経験の方がいいです。今までのメンバーも全員未経験者でした。
※登録費、レッスン費、その他制作費などはかかりません

【応募方法】
下記の必要事項を記入し、正面からの顔写真と全身写真(携帯のカメラ可、アプリなどで加工していないもの、過去一ヵ月以内に撮ったもの)を添付のうえ、こちらのアドレスにメールにてご応募ください。
info@tapestokrecords.com

審査通過者のみ2月27日までに面接のご連絡をさせていただきます。

【必要事項】
・名前 :
・生年月日 : 年 月 日 ( 歳)
・職業(学生の場合は学年) :
・身長 :
・出身地 :
・現住所 :
・電話番号 :
・メールアドレス(PCまたは携帯) :
・趣味または特技 :
・Twitterやブログをお持ちの方はそのアカウント :
・近い将来やりたいこと :
・休日の過ごし方 :
・過去の活動履歴(過去にプロダクション等に所属されていた経歴のある方は事務所名、所属グループ名を必ず記載して下さい) :
・好きなアーティスト3組:
・カラオケでよく歌う得意な曲3曲:

校庭カメラガールツヴァイ配信作品

校庭カメラガールツヴァイ最後の流通作品

校庭カメラガールツヴァイ / Night on Verse

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. You will not be Tomorrow
2. Lovin flash Da Bagdad
3. Lonely lonely Montreal
4. Lil Tomte
5. Salt lake Lostman
6. Amsterdam Butterfly
7. Slingshot Stagecoach
8. Humpty Taxi
9. Good will Camping


校庭カメラガールツヴァイ改名後初のE.P.

校庭カメラガールツヴァイ / Dis dear month of August

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 / まとめ購入 1,350円

【トラック・リスト】
1. This dear month of August
2. Please Breeze
3. La summer Planetes
4. Happy Major (re zwei)
5. Curtain Call (girl remix)
6. Lantana



校庭カメラガール配信作品

タワーレコード限定でリリースされていた2ndアルバム

校庭カメラガール / Leningrad Loud Girlz

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Star flat Wonder Last
3. Trip with Mr.Sadness
4. TOKYO Terror
5. Last Glasgow
6. Post office Crusher
7. Tomorrow girl Secret
8. Lough Ma Fleur
9. Lost in Sequence


タワーレコード限定でリリースされていた1stアルバム

校庭カメラガール / Ghost Cat

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Wedge Sole Eskimo
3. Dance with Mr.loneliness
4. Puppet Rapper
5. Swallow Maze Paraguay
6. Tyranno
7. Where the Wild Things
8. Her L Bo She
9. Unchanging end Roll


amiinaとのコラボ作品

校庭カメラガール、amiina / Canvas-Remix / Her L Bo She feat.amiina(24bit/48kHz)

【配信形態】
24bit/48kHz (ALAC / FLAC / WAV ) / AAC

【価格】
まとめ購入のみ 500円

【トラック・リスト】
1. Canvas-bounceRemix feat.もるももる,ましゅりどますてぃ(校庭カメラガール) -- amiina
2. Her L Bo She feat.amiina -- 校庭カメラガール


PROFILE

校庭カメラガールツヴァイ

>>校庭カメラガールツヴァイ OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事