校庭カメラガールツヴァイ、伝説の解散ライヴ音源を独占ハイレゾ配信

コウテカ2こと校庭カメラガールツヴァイが、2017年1月13日に渋谷WWWXにてラスト・ライヴ〈Dazed and Confused〉を開催、解散した。本格的でディープなクラブ・ミュージックに女性メンバーたちのラップが乗ったサウンドは、ディープな音楽ファンを魅了し続けた。そんな彼女たちの最後のライヴをレコーディングしたライヴ音源をOTOTOY独占でハイレゾ配信。ほぼノンストップの約2時間半。この日、世界のどこよりも踊れる現場を再体験してみてはいかがだろう。

校庭カメラガールツヴァイ解散ライヴをハイレゾ配信

校庭カメラガールツヴァイ / Dazed and Confused@渋谷WWW X

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入 2,700円(税込)

【トラック・リスト】
1. タペスチュア
2. Tyranno
3. Post office Crusher
4. Wedge Sole Eskimo
5. Puppet Rapper ~ Star flat Wonder Last
6. Happy Major ~ Tomorrow girl Secret
7. Curtain Call ~ Slingshot Stagecoach
8. Where the Wild Things
9. Dance with Mr.Lonliness
10. Lost in Sequence
11. タペスチュア 2
12. Last Glasgow
13. Lovin Flash Da Bagdad
14. Please Breeze
15. Lil Tomte
16. Good will Camping
17. Lough Ma Fleur
18. Humpty Taxi
19. Lonely lonely Montreal
20. Salt lake Lostman ~ TOKYO Terror
21. TOKYO Terror
22. Swallow Maze Paraguay
23. Clear beat Goodbye
24. Unchanging end Roll
25. Wedge Sole Eskimo
26. Her L Bo She


【LIVE】TOKYO Terror / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX


LIVE REPORT

校庭カメラガールツヴァイのラストワンマンを観ながら、これは本当に解散ライヴなのかと最後の最後まで信じることができなかった。

本番前のリハーサルで彼女たちは約2時間半ずっと歌いっぱなしだった。1曲1曲手を抜くことなく本番のように真剣に歌っていた。その姿は自分たちのすべてを出し切って終わろうとしているよりも、さらによいものを作れるんじゃないかと、なにかを掴もうとするような貪欲さが感じられるものだった。

2017年1月13日、渋谷WWW X、会場には約500人近いお客さんが詰めかけていた。入り口にはファンの有志たちが立体的なディスプレイを設置したり花が飾られるなどお祭り的な趣はあった。しかしライヴはお涙頂戴モードではなく、楽曲を出し切ることに集中したものとなった。大きくわけると前半後半の2部制。その間にメンバーが手紙を読むという演出込みのMCが入り、唯一それが解散ライヴなんだということを思わせるものとなった。とはいえ、やはり一貫して音楽にのめり込んで踊りまくる、観客は快楽に身を委ねるということに注力した気合の入ったワンマンであった。

真っ暗闇の会場にうっすらと光るDJセットの前に現れたもるももるが、スタートの合図を示すようにトラックを流しはじめ諸注意を織り交ぜたSEが終わると、低音の振動がリアルに身体に響くWWWXのサウンドシステムが本領を発揮した。「3、2、1」とはじまりを告げる「タペスチュア」とともに他のメンバー3人が現れると、しばらく真っ暗闇のなかでディープハウス調のドープな楽曲を披露していき、「Wedge Sole Eskimo」で明転、この日最初の大きな盛り上がりをみせた。サビでのコール&レスポンスと、メンバーとお客さんたちが片手を斜めに天井に向かってあげている姿は、ドープな音楽とアイドルの文化がミックスされたコウテカならではのカタルシスを感じさせるものだった。

基本的に彼女たちの楽曲はミックスされノンストップ。これまでリリースされた楽曲たちが間髪なく披露されていった。驚くべきはリハーサルでも約2時間半近く歌い続けていたにもかかわらず、まったく息切れすることなく、むしろどんどん声が出ていくようになっていくようになっていったことだ。「私たちとお客さんのどちらが先に倒れるか」というメンバーの言葉が嘘ではないくらい全身全霊のステージングだった。

このレポートでは当日のパフォーマンスについてひとつひとつ描写することはしようとは思わない。それはライヴ音源のなかに彼女たちのエネルギーが込められているということもそうだけれど、通常のアイドルのように1曲1曲に振り付けがあってそれに忠実にダンスをしているわけでもないからというのもある。まさにメンバーはステージ上で音を感じ自分を出すといったアーティスティックな趣があるのが、コウテカの大きな特徴の1つでもあった。

また、メンバー1人1人の声にもわかりやすいキャラクターがあった。しゅがしゅららのアニメ声優のような高くてかわいらしい声、ののるるれめるのアイドルらしいかわいい歌声、うぉーうぉーとぅーみーの芯のあるラップ、もるももるの男前な女性ラップ、この4つの声がディープハウス、EDM調、エレクトロニカといった本格的クラブサウンドと融合することによってコウテカならではのミクスチャーを生み出していた。こんなユニークな音楽は、細分化されたアイドルシーンでも他には存在しなかったというのは断言できる。

2016年は活動休止や解散するアイドル・グループの話題が多い年だった。校庭カメラガールツヴァイもまた、そんななかで解散を発表したグループの1つには違いない。しかしコウテカは、ディープなクラブミュージックをベースにメンバー4人がラップをするスタイルでアイドルという枠組みを軽く飛び越え、音楽好きに愛され評価されるグループに成長を遂げていた。それゆえに、アイドルとしてのルールや方法にとらわれない活動のスタイルを構築するという方法も現実的にあったのではないかと考えてしまう。それでも解散という道を選んだのは、やはりこのグループがアイドルとしての活動をまっとうしたかったからなのだろう。

アイドルカルチャーがなかったら間違いなくこのグループは生まれなかったし、こうしたユニークな音楽は成し得なかっただろう。そこに敬意を持っているからこそ一度アイドルとしてのコウテカを全うしようとした結果がこの解散ライヴだったと筆者は思っている。それと同時にやはりこれが解散ライヴとは思えないくらい、メンバーはコウテカの先へ行こうとしていた。最後の最後までストイックに求道的に。それがあますことなく収録されたライヴ音源を最後の最後にリリースできることを本当に光栄に思う。この音源を再生する限り、コウテカは終わることなく目の前に現れる。それくらい現在進行形の解散ライヴだった。(text by 西澤裕郎)

写真 : 西中陽介


【LIVE】Her L Bo She / 校庭カメラガールツヴァイ at.WWWX 2017.1.13

校庭カメラガールドライ(コウテカ3)新規メンバー 2次募集開始!

先日解散したガールズ(アイドル)ラップクルー”校庭カメラガールツヴァイ”の意志を受け継いだ新グループがスタートします。

それに伴いメンバーオーディションを開催します。
校庭カメラガールドライは音楽やデザインにこだわるグループです。
何かを発信したい、表現したい、見返したい人がいるなど、
現状を変えたい女の子のご応募お待ちしてます。

【応募〆切 】
2017年2月26日 23:59

【応募資格】
・16~22歳の特定のプロダクション、レコード会社などに所属していない女性(未成年の方は保護者の方の同意を得て応募して下さい)
・東京都内在住の方
・歌うことが好きな方
※ラップは未経験で問題ありません。むしろ未経験の方がいいです。今までのメンバーも全員未経験者でした。
※登録費、レッスン費、その他制作費などはかかりません

【応募方法】
下記の必要事項を記入し、正面からの顔写真と全身写真(携帯のカメラ可、アプリなどで加工していないもの、過去一ヵ月以内に撮ったもの)を添付のうえ、こちらのアドレスにメールにてご応募ください。
info@tapestokrecords.com

審査通過者のみ2月27日までに面接のご連絡をさせていただきます。

【必要事項】
・名前 :
・生年月日 : 年 月 日 ( 歳)
・職業(学生の場合は学年) :
・身長 :
・出身地 :
・現住所 :
・電話番号 :
・メールアドレス(PCまたは携帯) :
・趣味または特技 :
・Twitterやブログをお持ちの方はそのアカウント :
・近い将来やりたいこと :
・休日の過ごし方 :
・過去の活動履歴(過去にプロダクション等に所属されていた経歴のある方は事務所名、所属グループ名を必ず記載して下さい) :
・好きなアーティスト3組:
・カラオケでよく歌う得意な曲3曲:

校庭カメラガールツヴァイ配信作品

校庭カメラガールツヴァイ最後の流通作品

校庭カメラガールツヴァイ / Night on Verse

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. You will not be Tomorrow
2. Lovin flash Da Bagdad
3. Lonely lonely Montreal
4. Lil Tomte
5. Salt lake Lostman
6. Amsterdam Butterfly
7. Slingshot Stagecoach
8. Humpty Taxi
9. Good will Camping


校庭カメラガールツヴァイ改名後初のE.P.

校庭カメラガールツヴァイ / Dis dear month of August

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 / まとめ購入 1,350円

【トラック・リスト】
1. This dear month of August
2. Please Breeze
3. La summer Planetes
4. Happy Major (re zwei)
5. Curtain Call (girl remix)
6. Lantana



校庭カメラガール配信作品

タワーレコード限定でリリースされていた2ndアルバム

校庭カメラガール / Leningrad Loud Girlz

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Star flat Wonder Last
3. Trip with Mr.Sadness
4. TOKYO Terror
5. Last Glasgow
6. Post office Crusher
7. Tomorrow girl Secret
8. Lough Ma Fleur
9. Lost in Sequence


タワーレコード限定でリリースされていた1stアルバム

校庭カメラガール / Ghost Cat

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 2,200円

【トラック・リスト】
1. iuM
2. Wedge Sole Eskimo
3. Dance with Mr.loneliness
4. Puppet Rapper
5. Swallow Maze Paraguay
6. Tyranno
7. Where the Wild Things
8. Her L Bo She
9. Unchanging end Roll


amiinaとのコラボ作品

校庭カメラガール、amiina / Canvas-Remix / Her L Bo She feat.amiina(24bit/48kHz)

【配信形態】
24bit/48kHz (ALAC / FLAC / WAV ) / AAC

【価格】
まとめ購入のみ 500円

【トラック・リスト】
1. Canvas-bounceRemix feat.もるももる,ましゅりどますてぃ(校庭カメラガール) -- amiina
2. Her L Bo She feat.amiina -- 校庭カメラガール


PROFILE

校庭カメラガールツヴァイ

>>校庭カメラガールツヴァイ OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
【2ヶ月連続特集】越川和磨&ハジメタルと語るロックンロール・バンド、THE 夏の魔物とは
[CLOSEUP]・2017年03月15日・【2ヶ月連続特集】越川和磨&ハジメタルと語るロックンロール・バンド、THE 夏の魔物とは ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、1stシングル『僕と君のロックンロール』を完成させた。浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」、浅野尚志と成田大致による共作の作曲、アントーニオ本多による作詞による「over the hill」の2曲をOTOTOYで配信開始。先月のスタジオ潜入レポートに続き、今回は初期衝動に溢れた本作について、担当ギターで参加した越川和磨、キーボードで参加したハジメタルを迎え、成田大致と泉茉里との座談会を行った。 THE 夏の魔物、1stシングルを配信スタートTHE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC : 単曲 257円 まとめ価格 500円(税込)【Track List】''1. 僕と君のロックンロール2. over the hill INTERVIEW : 成田大致 × 泉茉里 × ハジメタル × 越川和磨 THE 夏の魔物1stシングル「僕と君のロ
ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバムを1週間先行配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・ノスタルジックのその先へーーSUPER J-POPユニット・ONIGAWARA、集大成となる1stフル・アルバム SUPER J-POPユニット・ONIGAWARAが、初のフル・アルバムを完成させた。1stペンライト・シングル「タンクトップは似合わない」、1stインスタントカメラ・シングル「シャッターチャンス’93」、1st写真集シングル「GATTEN承知之助~We can do it!!~」といったシングル曲を含む全10曲を収録。フィリーソウル風アレンジで洗練された表題曲「ヒットチャートをねらえ!」は、ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)、マシータ、コイチ(Sawagi)、柴由佳子(チーナ)、西岡ヒデローら豪華アーティストが参加した力作となっている。OTOTOYでは、どこを切っても聞き応え溢れる本作を1週間先行で配信するとともに、竹内サティフォと斉藤伸也に話を訊いた。取材中食べているパフェへのコメントもあるぞ! すべてを出し切った1st“フル”アルバムを1週間先行配信ONIGAWARA / ヒットチャートをねらえ!'【Track List】1. ヒットチャートをねらえ!2. ダバダバ3. タンクトップは
by 岡本 貴之
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事