BRADIOは、2017年の最大旋風を起こすだろう。信じれないなら、この2ndアルバムを聴いてみやがれ!!!

左から、田邊有希(Dr)、酒井亮輔(B)、真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)

2013年に1st mini albumをリリースし、「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに活動中の4人組ロックバンド、BRADIO。2016年はそのコンセプト以上な活躍で世間をざわつかせた彼らが(ワンマンは全部ソールド!)、2017年最大旋風を起こすであろう、待望の2ndアルバム『FREEDOM』をリリースした。今作は待ちに待ったBRADIO初となるハイレゾ音源の配信も! アルバム・タイトル『FREEDOM』とは裏腹に、作品への思いを真面目に語る(w)メンバー全員インタヴューをどうぞ。

祝! BRADIO初ハイレゾ!
BRADIO / FREEDOM

【配信形態】
(24bit/96kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】
単曲 540円(税込) アルバム3000円(税込)

【Track List】
01. Back To The Funk / 02. -Freedom- / 03. 彼女ハリケーン / 04. 蝙蝠 / 05. ギフト / 06. Revolution / 07. KAMISAMA / 08. HOTELエイリアン / 09. 思い通りにならない世界 / 10. Get Money / 11. All I Need Is You / 12. Colors


BRADIO「FREEDOM」(TEASER)

INTERVIEW : BRADIO

前作『POWER OF LIFE』からここまでの1年半、大型フェスへの出演や、ワンマン・ライヴがすべてソールド・アウトになったりと、快進撃を続けてきたBRADIO。次はいったいどんなエンターテイメントで楽しませてくれるのか? そんな期待感に対して、最高にキャッチーな返答をしてみせたのが今作『FREEDOM』。リード曲「-Freedom-」に象徴される大きなスケール感と踊って歌えるフックがあるメロディだけでなく、どことなく人生の悲哀も感じさせる歌詞も含まれている今作は、現状に浮足立つことなく冷静に、それでいて鋭く先を見据える彼らの現在が反映された人間味溢れるアルバムだ。2017年、BRADIOの4人は何を思い、何を見せていこうとしているのか?

インタヴュー・文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

もっと自分に対して自信をつけないといけない

ーー前作からまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでここまで来ていますが、みなさんは今の状況をどのように認識していますか?

真行寺貴秋(Vo) : すごく変わったなという認識はあって手応えもありますね。でもその反面、「もっとこうだったらよかった」とか、反省するところもあったりするんですけど、僕的には、「心をこめて歌を歌いました」じゃ通用しなくなってきたなという感覚を先日のZepp DiverCityワンマン(2016年12月9日)が終わったくらいから感じはじめて。

ーー「心をこめて歌を歌いました」じゃ通用しなくなってきたというのは、より多くのお客さんを楽しませるためにはどうするか、という課題を感じたということ?

真行寺 : そうですね。この1年を振り返ると、そういう思いが一番強かったんです。今までは、心をこめれば伝わると思っていた部分があったから。でも規模が大きくなるにつれて、それだけじゃないことがわかってきて…

ーーライヴの規模が大きくなっていくごとに、どうやって見せていこうかとかは、常にメンバー間でしっかりと話し合いながら?

真行寺 : このバンドはアイデア出しのミーティングが非常に多いんです。みんな不器用だし、人間っぽいから。そして、まず自分たちが楽しめないと、周りも楽しんでくれないという気持ちがあるので。

大山聡一(G) : 今回新しいアルバムを作って、BRADIOっていう存在に自信を持てるようになってきたなというのはありますね。カッコイイことをやれていると思うし、それをもっと広めたいと思った1年半だったので、それが少しずつ広まってきた結果が見えたことはすごく嬉しいです。ただやっぱり課題も見えてきて、すごく悔しい思いもいっぱいしたし、規模が大きくなったことで今まで見えてなかったことが見えて、それが悔しくて熱量になってました。

ーー悔しい思い、というはちょっと意外ですけど、それはどういうときに感じたんでしょう。

大山 : フェスに出させていただくことが増えて、自分たちよりもっとすげえなって思う人たちを見たときに、まだ自分たちはミュージシャンとしてそういう域に達していないのかな、悔しいな、みたいな気持ちになって。あとはプレイヤーとして本番で上手くいかなかったりとか、規模が大きくなるにつれてごまかせないところもあって。例えばZeppのときはワンタッチのミスがすごく遠くまで届いている感じがしたりとか、ウワーって勢いでやっていてもすごく滑稽な人に見えてしまうんじゃないかとか。それと、これは個人的な感覚ですけど、Zeppでライヴをやったときに、もう1ランク2ランク成長しないと、この場に立ち続けられないな、という直感があって。次に大きい規模のステージに立つときに、今のままいくとどんどんお客さんが離れて行っちゃうかもしれないみたいな、“ギリギリ立った”っていう感覚があったんですよね。だからもっと自分に対して自信をつけないといけないし。それは1年間同じことを思っていたんですけど、「みんなに喜んでもらえる曲を作ろう」っていうマインドでいたらダメだと思っていて。喜んでもらいたいとはもちろん思っているんですけど、そういう視点だけでやっていくと薄くなっていってどんどん誰も喜ばなくなっていっちゃうんじゃないかって。自分が本当に自信を持って出せるものを堂々と出していって、自分たちという存在を生きていかないといけないなと。

酒井亮輔(B) : 自分も満足感はなくて、本当に悔しい期間をずっと過ごしていた感覚で。もちろん良いこともたくさんあったんですけど、個人的には割合で言うと悔しい方が9割くらいかなっていうくらい多かったですね。それはプレイヤーとしてもバンドとしても。色んな人と共演できたり色んなステージに立てたことでそこからもらうパワーってすごいなと思ったんです。技術は絶対的に必要なんですけど、それ以上の心をえぐられるものだったりとか、MC1つにしろすごく突き刺さる言葉をその場でバーンっと言えるパワーとか。

田邊有希(Dr) : 大型フェスとか、1つ上のステージに出させていただくことができた半面、上には上がいるんだなっていうことを知ることができた1年半でした。ただ、単純にキャパが大きくなって僕らのことを知ってもらう機会が増えて、僕らの音楽で感動してくれたりとか、喜怒哀楽の表現をぶつけてきてくれる人たちが増えたのは良かったし、僕らと同じ志を持ってくれるスタッフや仲間も増えてきて。そういう人たちを失わないためにももっともっとやっていかないといけないなと思っています。

全部含めて“自分らしさ”の匂いがするアルバムになったと思います

ーー『FREEDOM』はこれまででいちばん注目を集めるアルバムになると思いますけど、どんな作品にしようと思っていました?

真行寺 : もともとのコンセプトは最初になくて。僕の今までの世界でアルバムに向けてどんどん曲を作っていった中で、シングルを切っていって、漠然とした感じで曲を集めていって最終的に出来上がったものが『今の僕ら自身です』って胸を張って言えるような作品になった感じです。

大山 : BRADIOって、わかりやすくカラフルな衣装とかヴォーカルの髪形がキャッチアイコンになっていたりするんだけど、そこを通して逆に人間らしさとか自分らしさを出していきたいなというのはあって。そういう意味ではアルバムに関しても、漠然と音を作っていった積み重ねではあるんですけど、その中で自分らしさをどう出すか、メンバーそれぞれが出してきたものをどう解釈してどう面白くするかとか、そういったものが集約したときに一番面白くなる形を音を通して出せたんじゃないかなと。自分たちの強い部分弱い部分、全部含めて“自分らしさ”の匂いがするアルバムになったと思います。

真行寺 : 本当に今の自分たちらしいなって。今まで窮屈だった中でそのままやってたんですけど、その窮屈な中でもすごくのびのびできる作品ができたなという実感があってすごく自由にできてちゃんと1つの作品になったので、全員一致で『FREEDOM』というタイトルにしたんです。

ーーこれまでもすごく自由に表現している印象がありましたけど、窮屈だった中でやってきた、というのは?

真行寺 : 前回のアルバムのときに感じていたことですけど、技術面だったり、環境に慣れなかったり、スキルとかメンタル、フィジカルが追い付かなかったりすることがあって、「もっとやれたんじゃないか」っていうのが心に残っていて。今回は、まだまだ余裕、余白がある中で、最大限に自分たちを表現出来たんじゃないかなって。

ーーアルバムは前作以上にキャッチーな曲が詰まっている印象ですけど、マニアックにならずより大衆向けにしようという意識はありました?

大山 : う~ん、マニアックとか大衆向けっていうのは自分の中であんまり判断できないというか。ただ「誰々に向けて」というような曲作りはしなかったかもしれないです。歌詞も含めて、自分たちがしたいこと、聴いてもらいたいこと、思っていることを表現した感覚があって。でもそれってみんなの近くにあるもののような気がするので、きっと届くと思うし、それを受け取ってその人なりの思いを感じて欲しいというか。そういう意味ではあんまり嘘臭くないアルバムなんじゃないかなって。もちろん演奏面ではマニアックなこともやっていますけど。

田邊 : 自分的には、耳障りの良いドラムの音を聴かせたいという思いがあって、音作りしたというのはありましたね。

酒井 : 僕は単純に満足できるベースを弾きたいなと思っているんですけど、レコーディング前は自宅作業の時間が多くなるんですよ。歌や各自パートのラフをもらったときに、パターンをかなり出してみて、一回ギュッと詰め込んで休ませてから新たに聴くと、「こっちの方が良かったな」とか冷静に判断できることが多いので、そういう作業をして煮詰めていぅって。それがマニアックだったとしても良ければ採用しています。

ーーさきほど“あんまり嘘臭くないアルバム”っていう言葉が出たように、歌詞にも人間味を感じさせるものがありますよね。「KAMISAMA」なんかは結構泥臭いことを歌うんだなって。

真行寺:この歌に出てくるヤツは、本当にもう、どうしようもないヤツですよね。

一同 : (笑)。

真行寺 : ただただ、神様にお願いをしているっていう。でもそういうお願いをする情熱があるやつなんだよ、1つのことにのめり込めるやつなんだよっていう、ダメの裏返しというか、そういうことが言えたらなって。これはすごくカッコ悪くて良い曲だと思っています。「思い通りにならない世界」という曲もありますけど、ネガティブの中にもすごく攻撃的な言葉があったり、コンセプトとしては楽しいとか踊れるとかだけじゃなくて、その逆も作ろうよっていうテーマが亮輔から出て。確かにそういう曲を作ったら面白くなるかなって。あと「蝙蝠」(読み:こうもり)も、どこに行っても暗闇しかない、救われないっていう曲が書けたんじゃないかなって思います。明るいところだと目が見えなくて暗いところだと目が見えるっていうところに、自分たちの学生時代を照らし合わせることができたんですよ。学校が面倒臭くて家族とも色々あって、でも友だちと夜コンビニでたむろして遊び歩いてまた学校に戻るみたいなことを、蝙蝠で比喩しています。

ーー曲は踊れるリズムだけど、歌われる内容の中には自分たちが抱えてきたモヤモヤしたものも入っているというか。

真行寺 : 今まで、想像で書くことが多かったんです。「ベイビー君かわいいね、僕と踊ろうよ」みたいな(笑)。そういうのが多かった中で、今回は人の生活の中で寄り添えるものができたんじゃないかなって。サウンドの人間っぽさ、熱量も含めて、沁みわたるような音楽が出来たんじゃないかなって思っています。

ーーライヴだと、単純に「-Freedom-」のような曲の方が盛り上がるじゃないですか? でもバンドのモードはもっとどっしりしたメロウな曲に向かっているのかなって思っていて。曲によって使い分けようとしているのか、どっちに向かっているんでしょう。

大山 : メロウな曲はありますけど、穏やかな存在になっていきたい、みたいなことは全然なくて(笑)。楽曲に関して言うと、あれもやりたいこれもやりたいっていう延長だとは思うんですけど、光っているものがあればMADなものをやりたくなるとか、どっちも好きですね。(真行寺を)ヴォーカリストとしてすごく面白いと思っているので、どっちの面も見せたい気持ちがすごくあって。テンポ感のいい曲でパワフルに歌うときもいいしスローな曲でトーンをしぼって歌うときもすごくいいので、多面的にやりたいとは思っているんです。ライヴの作り方も、この1枚が入ることでだいぶ変わるんだろうなって思うので。ファンキーな面を期待されているのもわかっているので、これからもそういう曲は作っていこうとは思っていますけど、単調なバンドになりたくないなとは思っています。

本当にハイレゾにする意味があるバンドだと思っていて

ーー今作は初めてハイレゾ配信されますが、ハイレゾならではの聴きどころを教えてもらえますか?

酒井 : ベースの機材で、ライヴでも使っている8KHzの低域が出る機材があって、大きい教会のパイプオルガンとかで低音を出したときのような音が出るんですけど、それを今回使ってみたくて実際にレコーディングスタジオに持ち込んでやってみたんです。それだけだと本当に「ボォー」って鳴っているだけなんですけど、その音を混ぜたときに本当にどっしりするというか、温かみやリッチ感が出る感じになって。それはぜひ良い環境のスピーカーやヘッドフォンでハイレゾ音源を聴いてもらえたら嬉しいですね。

大山 : BRADIOのレコーディングはラインを使わないでアンプとかマイクを中心に録っているので、本当にハイレゾにする意味があるバンドだと思っていて。エンジニアさんも質感をめちゃくちゃ大事にしてミックスしてくれているので、ハイレゾ配信は嬉しいです。

ーー『FREEDOM』リリース後は、3月から全国11都市12会場のワンマン・ツアーが始まります。ファイナルはライヴ・ハウスじゃなくホールの中野サンプラザ公演が控えていますね。

大山 : イベントでホール的な会場では何回かやらせてもらっていて、ライヴ・ハウスとは感覚が違う部分もあるんですけど、今までのワンマンで培ったものにプラスして新しい要素を確実に入れられるだろうと思うので、すごく楽しみです。

ーーホール公演で座席があると真行寺さんは客席に突入できないんじゃないですか?

真行寺 : いや、突入します(笑)。ディナーショー的な感じで握手しながら入っていってそのまま俺は退場して最後は演奏で終わるとか(笑)。また楽しいことをやりたいですね。今回のアルバムは今までになかったテイストの曲もあるので、また新しく聴いてもらえる感じだと思いますし、2017年は去年までに得られたポジティブな部分、ネガティブな部分を自分たちの中で昇華していけたらいいなって。

DISCOGRAPHY(貴重な初期のインタビューもチェック!)

BRADIO / HOTELエイリアン

4人組ロックバンドBRADIOのサード・シングル。タイトル曲「HOTELエイリアン」は、TVアニメ『Peeping Life TV シーズン1??』のオープニング・テーマ。

>>特集ページはこちら

BRADIO / POWER OF LIFE

2月に発売された2ndシングル「Flyers」がスマッシュ・ヒット! まだその記憶も新しいこのタイミングで今一番求められている全12曲収録のファー スト・フル・アルバム。フィーチャリング・アーティストに「MICRO」(from HOME MADE 家族) 「谷川正憲」(from UNCHAIN)を迎えたことも話題に。

>>特集ページはこちら

BRADIO / Flyers

オトナよ踊れ! ! ロックシーンに風穴をあけるロックスター到来!新世代ソウルロックスターとしてライブシーンで話題沸騰のBRADIO、ニューシングル!心・体が勝手に踊るサウンドメイキングを奏で踊らずにはいられないダンサブルなアレンジは圧巻!

LIVE SCHEDULE

BRADIO 全国11都市12公演 ワンマンツアー FREEDOM tour 2017

2017年3月5日(日)@赤坂BLITZ
2017年3月10日(金)@広島セカンドクラッチ
2017年3月12日(日)@高松DIME
2017年3月19日(日)@富山SOUL POWER
2017年3月22日(水)@鹿児島SR HALL
2017年3月24日(金)@福岡DRUM LOGOS
2017年3月26日(日)@新潟LOTS
2017年3月31日(金)@北海道Penny Lane 24
2017年4月2日(日)@仙台RIPPLE
2017年4月8日(土)@なんばHatch
2017年4月22日(土)@名古屋DIAMOND HALL
2017年4月30日(日)@中野サンプラザ

PROFILE

BRADIO

真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)、田邊有希(Dr)、4人組ロック・バンド。

~Break the Rule And Do Image On~
日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Breake)を。「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された4人組ロック・バンド。

2014年夏には愛知県で行われた大型フェスTREASURE05XやT.M.Revolution西川貴教主催〈イナズマロックフェス2014〉に出演。各地のサーキット・イベントにも勢力的に活動を広げる。2015年日本テレビほかアニメ「デス・パレード」オープニング・テーマを担当。楽曲ごとに異なるサウンドを鳴らすドラムンベースを軸に、さらに熱唱&ファルセットを使い分ける個性の強さが魅力のヴォーカリスト真行寺の歌声で見に来たFUNKY PARTY PEOPLEを虜にするエンターテイナー集団BRADIO。

Official HP

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事