【REVIEW】ジョーン・オブ・アークのポストロック×インダストリアルな新作に驚く──ハイレゾ先行配信

シカゴに数え切れないほどのバンド・プロジェクトを立ち上げ新たな音楽の可能性を切り拓き続ける、キンセラという二人の兄弟がいる。彼らはポストロック/エモというジャンルを軸に唯一無二のサウンドを鳴らし続けてきた。そんな彼らが主軸を担うバンド、ジョーン・オブ・アークは、昨年3月に活動20周年を記念して京都・名古屋・松本・東京を巡る来日ツアーを敢行し話題を呼んだ。節目を祝い、新たなフェイズに入るや否や彼らは衝撃的な怪作を発表する。それが最新作『He's Got The Whole This Land Is Your Land in His Hands』である。OTOTOYでは、この衝撃的な問題作を、レビューを付してハイレゾ先行配信する。

ジョーン・オブ・アークの最新アルバムをハイレゾ配信!

Joan of Arc / He's Got The Whole This Land Is Your Land in His Hands

【収録曲】
1. Smooshed That Cocoon
2. This Must Be The Placenta
3. Stanged That Egg Yolk
4. Full Moon and Rainbo Repair
5. Cha Cha Cha Chakra
6. Grange Hex Stream
7. Two Toothed Troll
8. New Wave Hippies
9. Never Wintersbone You
10. F Is For Fake
11. Ta Ta Terrordome
12. The Keys to KIngdam(日本盤ボーナス・トラック)
13. Theme from Rainbo(日本盤ボーナス・トラック)

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【配信価格】
単曲 180円(税込) / まとめ価格 1,800円(税込)


REVIEW : ジョーン・オブ・アーク

ジョーン・オブ・アーク

ポストロックだとかエレクトロニカやノイズといった音楽は、前衛的で複雑なものが多いように感じる。難解でなかなか腑に落ちない音楽を聴いていると不安に駆られることだってあるだろう。しかし、決してコード進行がメロディアスでもなければリズム構成が単調でもないのに、耳から体にストンと落ち着く音楽もあるようだ。

ジョーン・オブ・アークの新作『He's Got The Whole This Land Is Your Land in His Hands』のことだ。鬼才キンセラ兄弟を中心にアヴァン / ポストロックの雄としてシカゴから世界にその名を馳せるジョーン・オブ・アーク。もう結成から20年を優に超えるベテラン・バンドである。この20年彼らは、直感的に情緒を刺激するエモや変態性を帯びるポスト・ロックといった音楽を鳴らし続けてきた。オリジナル・メンバーでシンセサイザーを担当していたジェレミー・ボイルが約15年ぶりに復帰した今作は、彼が最後に関わった4thアルバム『How Can Any Thing So Little Be Any More?』がフォーキーで比較的穏やかな楽曲が占めていたのに比べて、エレクトロニクス感を帯び、ビート性を重視した作品になっている。地を這いずり回るかのように深遠をうねるベース、極限まで音を歪ませて姿を眩ますギター、そして不気味にさえずり響く電子音の数々が生み出す音像はもはやロックというジャンルを超越している。

キンセラ兄弟は各々様々なプロジェクトを抱えている。もちろんポストロックやエモというジャンルを軸にしているのだが、キャップンジャズを皮切りにオウルズやメイク・ビリーヴといったポストロック的アプローチに特化したバンドで制作をしているかと思えば、弟であるマイク・キンセラはオーウェンというソロ・プロジェクトでメロディアスかつフォーキーなアコースティック作品をリリースするなど、それぞれのバンド・プロジェクトで方向性の違う創作を重ねている。そのカオスな制作状況が彼らの独自性を醸成させているが、今作はその一つの集大成と言えそうだ。

ポストロックとノイズ/インダストリアルとポピュラー性の邂逅

例えば、「Smooshed That Cocoon」は工場で響く機械音のようなドラムが楽曲の骨組みを構成しているし、「Ta Ta Terrordome」で奏でられる不協和で打撃的なギターは金槌が鳴らす打響音にも聴こえる。これらに限らず本作は、アルバム全体を通して、ポストロックやエレクトロニカよりも混沌を極めるノイズ / インダストリアルという言葉も冠することができるだろう。しかし、そのような難解なトラックに、ボーカルが紡ぐメロディも違和感なく同居しているのが本作の興味深い点である。メンバーそれぞれのプロジェクトで精錬させているポップ・センスやエモ・センスが、「ポストロックかつインダストリアルなトラック」と「ボーカルのメロディ」という同居し難いものを、リンクさせることに成功している。つまり本作は、「歌モノ」としても咀嚼することができるインダストリアル・ポストロック楽曲が揃っているため、前衛的であるにもかかわらず日常に落とし込めるほど聴きやすい不思議な作品として完成しているのだ。

鬼才キンセラ兄弟率いるポストロック・バンド、ジョーン・オブ・アーク。彼らは、彼らにとって一つの集大成であり一つの実験でもある本作『He's Got The Whole This Land Is Your Land in His Hands』でアヴァン/ポストロック界に新たな可能性を提示した。エッジな音楽を求めて歩み続けて20年を経過した今も、彼らの創作意欲はとどまることを知らない。(Text by 椿 拓真)

RECOMMEND

ジョーン・オブ・アーク / Flowers

1996年に結成以来、ティム・キンセラを中心とした不定形グループとして、別ユニットやソロ・アルバムなども含めると、優に50枚以上のアルバムを生み出し続けているシカゴのポストロック~EMO シーンの最重要バンド。痛々しいほどにエモーショナルだった前作に比して、人生を俯瞰して見つめる視線が感じられる、より穏やか、かつ大胆な作品となった。常に音楽的に、文学的に、進化することをやめないティムの尽きない創造性が、また1つの高みに達した。
>>特集ページはこちら

ジョーン・オブ・アーク / Life Like

96年に結成以来、ティム・キンセラを中心とした不定形グループであり、シカゴのポストロック~EMOシーンの最重要バンドの最新作。キャップン・ジャズの再結成ツアーにより、オウルズ以来、10年ぶりに再会したヴィクターをギターに迎えたエッセンシャルな4人で、USとヨーロッパにてツアーを敢行。強靭に鍛え抜かれた楽曲をもって、ツアー終了直後からエレクトリカル・オーディオ・スタジオに入り、スティーヴ・アルビニによって、バンドの最良の状態を捉えた9曲。
>>特集ページはこちら

オーウェン / NEW LEAVES

シカゴのポストロック・シーンの支柱的存在ジョーン・オブ・アーク。その中心であるティムの実弟でありドラマーでもあるマイク・キンセラがその素晴らしい唄声を披露するソロ・ユニット。すでに3度の来日を果たし、日本でも確固たる人気と評価を誇る。3年ぶり5作目となる本作は、前作同様、ネイト・キンセラやブライアン・デックといった巧みなサウンド・デザイナーらの協力のもと、3年間かけてSomaやEngineといったスタジオから母親の家まで様々な場所で断続的に録り貯め続けてきた珠玉の作品集。父親になるという人生における大きなイヴェントもはさみ、益々温かみ、優しさを纏っていくマイクの唄心が十二分に味わえる。まさに円熟を感じさせる10曲。

PROFILE

Joan of Arc

シカゴのポスト・ロック~EMOシーンにおける先駆的な存在としていまや伝説の域にあるキャップン・ジャズ。そこから果てしない数の素晴らしいバンドが産み落とされた。プロミス・リング、アメリカン・フットボール、owen、Make Believe、マリタイム、アウルズ、フレンド/エネミー、エヴリワンド、ヴァーモント…まだまだある。そんな広大なファミリー・トゥリーの、限りなく中心に近い場所に君臨するバンド、それがティム・キンセラ率いるJoan of Arcだ。別ユニットやソロ・アルバムなども含めると、優に50枚以上のアルバムを生み出し続けている。

>>Joan of Arc official HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実