息もつかせぬ音像。MOROHAの伝説となったボロフェスタ・ライヴのハイレゾ音源配信開始!!

3rdフル・アルバム『MOROHAIII』を2016年12月14日に配信して間もない2人組ラップユニットMOROHA。そんな彼らが2016年10月30日(日)に出演した京都の音楽フェス、ボロフェスタ2016のライヴ音源をハイレゾ配信開始。更にアルバム購入者にはブックレットとエリザベス宮地によるラスト6曲目「四文銭」のライヴ映像をプレゼント! この音源と映像を聴けば、なぜこのライヴが伝説と言われるかがきっとわかるはずだ。下記のレビューと共に聴いて欲しい。

MOROHA / @ボロフェスタ2016

購入者には特製デジタルブックレットと「四文銭」のライヴ映像をプレゼント!
【収録曲】
1. それゆけ!フライヤーマン
2. 革命
3. 俺のがヤバイ
4. tomorrow
5. GOLD
6. 四文銭

Bonus track 四文銭 LIVE映像

【配信形態】
alac,flac,wav,aac アルバム価格 1,500円(税込)

【クレジット情報】

Performed by MOROHA
Recorded & Mixed & Mastered by 小泉大輔(music studio SIMPO)
Recorded at KBS HALL on 30th OCT,2016

Photos by Pay a.k.a Wildpit¢h / せとうなる。
MV Director : エリザベス宮地

Produced by MOROHA、OTOTOY
Special Thanks to ボロフェスタ2016
MOROHA / MOROHAIII

3枚目のフルアルバム!
【収録曲】
1. RED
2. それゆけ!フライヤーマン
3. 宿命
4. Apoollo 11
5. スペシャル
6. VS
7. tomorrow
8. GOLD
9. Salad bowl
10.四文銭

【配信形態】
alac,flac,wav,aac 単曲 257円(税込) / アルバム価格 1,851円(税込)

>>3rdフル・アルバム『MOROHAIII』のインタビュー記事はこちらから

MOROHAとボロフェスタの因縁のライヴ

まずはこのインタビューの"東京のバンドを呼ぶ条件は「リキッドをソールドアウトにできること」"からでいいので是非御一読願いたい。

インタビューや音源中でも言及しているが、ボロフェスタ2014で既にMOROHAはロビー・ステージでの出演オファーを受けていた。しかし、「そんなんじゃボロフェスタに出た事にならない。リキッド埋めたらメインステージに呼んでください」と返答し、ボロフェスタのメインステージに出演するために出演を断ったのだ。そして彼らは2016年恵比寿LIQUIDROOMを埋め、ボロフェスタ2016のメインステージに出演するべくして出演した。このストーリーを念頭に置いてライヴ音源を聴いて欲しい。

1曲目の「それゆけ!フライヤーマン」からアフロの全力で力強いヴォーカルにより何か熱い想いを孕んでいることを暗示するような臨場感が音源でもヒシヒシと伝わってくる。
2曲目の「革命」でもその臨場感に圧倒されていると、先程感じていた熱い想いの正体が曲終わりのMCで明かされる。アフロの強気なMCも作用し、聴き手も感情が白熱してくると間髪を容れずに、3曲目の「俺のがヤバイ」が始まる。先程のMCに負けない強気の歌詞、そして格段に成長を遂げたMCとギターのアンサンブルによって会場とMOROHAのボルテージが最高潮に達する。会場が一体となったその瞬間である。


MOROHA / tomorrow

興奮覚めやらぬまま突っ走っていくのかと思いきや、シンプルだからこそ刺さる「tomorrow」が始まる。UKの切ないギターメロディとアフロの矛盾した感情を持ちながらも訴えかけてくる力強い歌声、歌詞で先程までの白熱した感情が情緒的な感情に変換されていく。
5曲目の「GOLD」では切ないギターにMOROHA特有のラップを乗せることで、その情緒的な感情は更に高まっていく。6曲目の「四文銭」では強気だったMCとは打って変わってボロフェスタに対する本音を熱弁すると、優しく切ないメロディだった音がどんどんと分厚い音圧へと変わっていく。そのまま最大音圧で感情を爆発させ、息もつかせぬ怒涛のパフォーマンスを行い、初めてのボロフェスタの幕を下ろした。

Official Music Videoを文中に載せているが、MOROHAの真骨頂は何と言ってもライヴである。今回のボロフェスタ・ライヴはストーリーもあったのだろう、MOROHAはいつにも増した熱い想いでライヴを行っていた。このライヴ音源を通しで聴いた後、絶対にアルバム特典のたまたま居合わせたエリザベス宮地作の「四文銭」を視聴して欲しい。ボロフェスタで観た方はもちろん、観ていない方もMOROHAのボロフェスタに賭ける熱い想いが伝染し、刺激的な時間を体感出来るだろう。(text by 丸山健人)

過去作品

LIVE INFORMATION

MOROHAIII RELEASE TOUR
2016.12.23(金祝)@沖縄・G-shelter

愛印 presents 感謝
2016.12.28(水) @晴れたら空に豆をまいて&BLU JAM CAFE
w/ Benny Sing / Akeboshi / Gutevolk / HiGE / 他

TSUTAYA O-nest presents nestの忘年会 20162016.12.28(水) @TSUTAYA O-nest
w/ uri gagarn / Rockaway Cat Orchestra / HAPPY / 他

MOROHAIII RELEASE TOUR FINAL SERIES
2017.01.07(土) @仙台enn 2nd
w/ ATATA

2017.01.09(月) @札幌KLUB COUNTER ACTION
w/ SUPER BEAVER

2017.01.13(金) @UMEDA CLUB QUATTRO
w/ MY FIRST STORY

2017.01.14(土) @磔磔
w/ 竹原ピストル

2017.01.15(日) @神戸 太陽と虎
w/ フラワーカンパニーズ

2017.01.20(金) @NAGOYA CLUB QUATTRO
w/ サンボマスター

2017.01.22(日) @松本ALECX
w/ THA BLUE HERB

MOROHAIII RELEASE TOUR FINAL×「怒涛」第7回
2017.01.27(金) @恵比寿 LIQUIDROOM
w/ BRAHMAN

BAYCAMP実行委員会 presents BAYCAMP 201701 (オールナイト)
2017.01.28(土) 川崎CLUB CITTA'+A'TTIC
w/ Creepy Nuts (R-指定&DJ松永) / Helsinki Lambd Club / imai (group_inou) / [Welcome act] リーガルリリー

アルカラ やってっかTOUR2017〜まぁ、やってくでしょうね!〜
2017.02.09(木) 宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
w/ アルカラ

MOROHAIII RELEASE TOUR FINAL×「怒涛」第八回
2017.03.09(木) @TSUTAYA O-nest
w/ 9mm Parabellum Bullet

PROFILE

MOROHA

2008年結成。

舞台上に鎮座するアコースティック・ギターのUKと、汗に染まるTシャツを纏いマイクに喰らいつくMCのアフロからなる2人組。互いの持ち味を最大限生かす為、楽曲、ライブ共にGt×MCという最小最強編成で臨む。その音は矢の如く鋭く、鈍器のように重く、暮れる夕陽のように柔らかい。相手を選ばず、選ぶ筈が無く、「対ジャンル」ではなく「対人間」を題目に活動。ライヴハウス、ホール、フェス、場所を問わず聴き手の人生へと踏み込む。道徳や正しさとは程遠い、人間の弱さ醜さを含めた真実に迫る音楽をかき鳴らし、賛否両論を巻き起こしている。雪国信州信濃から冷えた拳骨振り回す。

>>MOROHA オフシャル・サイト

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在
[CLOSEUP]・2017年04月27日・「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在 「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。OTOTOYでは同作を配信するとともに、初めてのメンバー4人へのインタヴューを行った。 サマーロケット、2ndシングルを配信開始!!Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込) 【Track List】1. さくらハレーション2. プールサイドのイルカ INTERVIEW : Summer Rocket どこか懐かしさを感じさせるようなアイドル・グループ、Summer Rocket。群
by 西澤 裕郎
カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平