OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──

50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は?????????

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

10. おやすみホログラム『2』

【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に向上した。バンド・カルチャーを塗り替えていくオルタナティヴな存在になりたいということを示した実験的作品。(西澤)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1620円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 ブックレットPDFが付属

9. 坂本慎太郎『できれば愛を』

【レヴュー】ディストピアなおとぎ話のような前作『ナマで踊ろう』から2年、3rdソロ、その主題として坂本が選んだのは「愛」。モッチリとドッシリとしたベースライン、あくまでもドライに鳴るドラムが生々しいグルーヴ。ディストピアな寓話をさっと追い越してしまった2015年から2016年の、この国の情況に対して、底が抜け、ほころびゆく社会へのレクイエムでもあるし、いやいや必死に歯止めをかけようともがく、そんな歌でもある。デヴィッド・マンキューソが亡くなった年にこの国で生まれた、「ディスコって」。そこで描かれた音楽とダンスフロア、そこにまつわる「愛」、言い換えれば寛容の精神はもう歌のなかでしか存在しない幻想なのか。いやいや、まだ2017年にもあると信じたい。(河村)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

8. Have a Nice Day!『The Manual (How to Sell My Shit)』

【レヴュー】NATURE DANGER GANGやどついたるねん等が群雄割拠した東京アンダーグラウンド・シーンにおいてHave a Nice Day!が一歩飛び出してきた理由は曲の良さだ。海外の今のロックシーンやインディR&Bとも共鳴する浅見北斗のリスニング感覚に、アンダーグラウンド出身のバンドとしての狂気が加わった彼らの無敵感にみんなワクワクしている。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,944円(税込)

7. H ZETTRIO『PIANO CRAZE“EXCITING FLIGHT”』

【レヴュー】16作連続で大手配信ジャズチャート首位獲得、曲はリオデジャネイロ・オリンピック閉会式で使用され、ハイレゾ音源大賞にノミネートされたりと、とにかく話題に事欠くことがなかったH ZETTRIOの『PIANO CRAZE』。ジャズを見事なまでに軽快に聴かせ、一般層に届けることに成功しているロングセラー・タイトル! 彼らはこの作品を称して“奇跡的なアルバム”と言った。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,930円(税込)

6. 井出ちよの『もうすぐ高校生活』

【レヴュー】2015年10月に『3776を聴かない理由があるとすれば』をリリースし、2016年1月16日@渋谷O-nest、2016年8月15日(月)@新宿LOFTでのワンマン・ライヴを大成功させた3776の井出ちよのが突如リリースしたソロ・アルバムは、これから高校生になるであろう彼女の様々な高校生活を描いたもの。あまりにも唐突で、あまりにも完成度の高い石田彰Pと井出ちよのの秀逸な世界観は、出尽くした感もあるアイドル・シーンの中でも群を抜いている。 (飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,750円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

5. Underworld『Barbara Barbara, we face a shining future』

【レヴュー】UKのダンス・カルチャーが生んだ、フェスのヘッドライナー級のダンス・アクトとして活躍し続けるアンダーワールド。6年ぶりのニュー・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をハイレゾでもリリース。また2000年代初頭のライヴ・アルバム / DVD『EVERYTHING, EVERYTHING』で、すでに24bit音源で制作を進めていたという(DVD音声)、ハイレゾのパイオニアでもある。衰えを知らぬ、エネルギッシュなテクノ・グルーヴと円熟味をましたブルージーな表現も交差する、ザッツ、横綱相撲。今年は初の武道館公演も。(河村)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,057円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ライナーノーツPDFが付属

4. BiSH『KiLLER BiSH』

【レヴュー】渡辺淳之介のレーベルWACKは、BiSH、BiS、GANG PARADE、BILLIE IDLE®などがそれぞれに話題を振りまいたが、中でも、「オーケストラ」という超名曲で、一気にオーヴァーグラウンドに飛び出したBiSHのフルアルバム『KiLLER BiSH』の衝撃は凄かった。そしてメンバーチェンジはありながらも、日比谷野外音楽堂を埋めた。彼女たちが起こすドラマに毎度涙した。そしてまた、ありえないスピードで成長を続けるBiSHがかき回してくれる2017年のチャートが楽しみでならないのだ。 (飯田)




>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

3. サニーデーサービス『DANCE TO YOU』

【レヴュー】代表作『東京』から20年。リマスター盤の発売や全曲再現ライヴ〈東京再訪〉といったメモリアル・モードだったのにも関わらず、それとは全く異なる地平線からやってきたのが『DANCE TO YOU』だった。前作『SUNNY』が「やっぱりサニーデイだよね」と納得と安堵をもたらすものであったとするならば「これがサニーデイなのか!」と叫んでしまう今作。それはインディ・シーンを中心に2015年の潮流となった“シティポップ"、または2016年にかけての“クラブ・ミュージック志向"も黙らせてしまうようなソング・ライティングとサウンド・プロダクションの完璧さ。この節目でここまで透明なポップソングを作り上げた彼らには賞賛しかない。(梶山)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,800円(税込),
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

2. D.A.N.『D.A.N.』

【レヴュー】クールな物腰に、味わい深いメロディ、そして日本語の歌詞、いやいやっぱりその重厚なドラムとベースのグルーヴには逆らえない。1stアルバムとして、すべてが完璧ににくいほどのただずまい。あの国やあの国には、あのバンドやそのバンドがいるけどここにはD.A.N.がいる。クラウトロックやビート・ミュージック、インディR&B、テクノやジャズ、そして音響の魔術を知りさまざまなグルーヴと交配する東京の夜に“揺れる”サウンド。1stリリース年ながら、フジや多くのフェスの出演など、2016年に、さまざまな音楽リスナーを巻き込みながら、そのサウンドで、自らが立つ舞台を一気に大きくしたバンドだ。(河村)


>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/88.2kHz, 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【アルバム配信価格】24bit : 1,800円(税込), 16bit : 1,500円
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属



1. BELLRING少女ハート『BEYOND』

【レヴュー】結果的に、ベルハーは2016年を象徴するアイドル・グループとなった。メタルとアイドルの融合を果たしたBABYMETAL、メロコアやロックを自分たちのものとしたBiSH、現代音楽と変拍子で独自の世界観を産み出したMaison book girlなど、アイドルと音楽ジャンルの融合が成果を見せる一方で、活動休止・解散するグループも多い年であった。そんななか、オルタナティヴ(ロック、サイケデリック、エレクトロなど多様に渡るが)とアイドルの融合の最果てまで到達した作品を作り、2016年いっぱいで活動休止をすることを発表したベルハー。そのどちらも体現したベルハーが、活動休止を経てどのような復活を遂げるのかがいまから期待される。(西澤)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】2,500円(税込)
''【アルバムまとめ購入特典】「いんざれいん、いんざだあく」の各メンバー、ソロ・パート音源

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信ーーレヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月01日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信 「ラブライブ!」の東條希役として声優デビュー、μ’sのメンバーとしても活躍した楠田亜衣奈が3rdアルバム『カレンダーのコイビト』をリリース。ソロアーティストとして3作目のアルバムとなる同作のコンセプトはなんと「カレンダー」! 彼女の誕生月である2月を筆頭に1年間を月ごとに彩る12曲、ボーナス・トラック2曲を含め、全14曲を収録。前作に引き続き、作詞はこだまさおりがメインで担当、楠田自身も2曲作詞を手がけています。OTOTOYではハイレゾで配信開始。レビューと共にお届けします! 3rdアルバムをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / カレンダーのコイビト (24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. まいにち誰かのハッピーデイ / 2. spring heart / 3. ハルイロレジュメ / 4. JUMP UP / 5. レイニーマーメイド / 6. 夏ハジメマシタ☆ /
by 純三