OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──

50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は?????????

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

10. おやすみホログラム『2』

【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に向上した。バンド・カルチャーを塗り替えていくオルタナティヴな存在になりたいということを示した実験的作品。(西澤)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1620円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 ブックレットPDFが付属

9. 坂本慎太郎『できれば愛を』

【レヴュー】ディストピアなおとぎ話のような前作『ナマで踊ろう』から2年、3rdソロ、その主題として坂本が選んだのは「愛」。モッチリとドッシリとしたベースライン、あくまでもドライに鳴るドラムが生々しいグルーヴ。ディストピアな寓話をさっと追い越してしまった2015年から2016年の、この国の情況に対して、底が抜け、ほころびゆく社会へのレクイエムでもあるし、いやいや必死に歯止めをかけようともがく、そんな歌でもある。デヴィッド・マンキューソが亡くなった年にこの国で生まれた、「ディスコって」。そこで描かれた音楽とダンスフロア、そこにまつわる「愛」、言い換えれば寛容の精神はもう歌のなかでしか存在しない幻想なのか。いやいや、まだ2017年にもあると信じたい。(河村)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

8. Have a Nice Day!『The Manual (How to Sell My Shit)』

【レヴュー】NATURE DANGER GANGやどついたるねん等が群雄割拠した東京アンダーグラウンド・シーンにおいてHave a Nice Day!が一歩飛び出してきた理由は曲の良さだ。海外の今のロックシーンやインディR&Bとも共鳴する浅見北斗のリスニング感覚に、アンダーグラウンド出身のバンドとしての狂気が加わった彼らの無敵感にみんなワクワクしている。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,944円(税込)

7. H ZETTRIO『PIANO CRAZE“EXCITING FLIGHT”』

【レヴュー】16作連続で大手配信ジャズチャート首位獲得、曲はリオデジャネイロ・オリンピック閉会式で使用され、ハイレゾ音源大賞にノミネートされたりと、とにかく話題に事欠くことがなかったH ZETTRIOの『PIANO CRAZE』。ジャズを見事なまでに軽快に聴かせ、一般層に届けることに成功しているロングセラー・タイトル! 彼らはこの作品を称して“奇跡的なアルバム”と言った。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,930円(税込)

6. 井出ちよの『もうすぐ高校生活』

【レヴュー】2015年10月に『3776を聴かない理由があるとすれば』をリリースし、2016年1月16日@渋谷O-nest、2016年8月15日(月)@新宿LOFTでのワンマン・ライヴを大成功させた3776の井出ちよのが突如リリースしたソロ・アルバムは、これから高校生になるであろう彼女の様々な高校生活を描いたもの。あまりにも唐突で、あまりにも完成度の高い石田彰Pと井出ちよのの秀逸な世界観は、出尽くした感もあるアイドル・シーンの中でも群を抜いている。 (飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,750円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

5. Underworld『Barbara Barbara, we face a shining future』

【レヴュー】UKのダンス・カルチャーが生んだ、フェスのヘッドライナー級のダンス・アクトとして活躍し続けるアンダーワールド。6年ぶりのニュー・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をハイレゾでもリリース。また2000年代初頭のライヴ・アルバム / DVD『EVERYTHING, EVERYTHING』で、すでに24bit音源で制作を進めていたという(DVD音声)、ハイレゾのパイオニアでもある。衰えを知らぬ、エネルギッシュなテクノ・グルーヴと円熟味をましたブルージーな表現も交差する、ザッツ、横綱相撲。今年は初の武道館公演も。(河村)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,057円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ライナーノーツPDFが付属

4. BiSH『KiLLER BiSH』

【レヴュー】渡辺淳之介のレーベルWACKは、BiSH、BiS、GANG PARADE、BILLIE IDLE®などがそれぞれに話題を振りまいたが、中でも、「オーケストラ」という超名曲で、一気にオーヴァーグラウンドに飛び出したBiSHのフルアルバム『KiLLER BiSH』の衝撃は凄かった。そしてメンバーチェンジはありながらも、日比谷野外音楽堂を埋めた。彼女たちが起こすドラマに毎度涙した。そしてまた、ありえないスピードで成長を続けるBiSHがかき回してくれる2017年のチャートが楽しみでならないのだ。 (飯田)




>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

3. サニーデーサービス『DANCE TO YOU』

【レヴュー】代表作『東京』から20年。リマスター盤の発売や全曲再現ライヴ〈東京再訪〉といったメモリアル・モードだったのにも関わらず、それとは全く異なる地平線からやってきたのが『DANCE TO YOU』だった。前作『SUNNY』が「やっぱりサニーデイだよね」と納得と安堵をもたらすものであったとするならば「これがサニーデイなのか!」と叫んでしまう今作。それはインディ・シーンを中心に2015年の潮流となった“シティポップ"、または2016年にかけての“クラブ・ミュージック志向"も黙らせてしまうようなソング・ライティングとサウンド・プロダクションの完璧さ。この節目でここまで透明なポップソングを作り上げた彼らには賞賛しかない。(梶山)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,800円(税込),
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

2. D.A.N.『D.A.N.』

【レヴュー】クールな物腰に、味わい深いメロディ、そして日本語の歌詞、いやいやっぱりその重厚なドラムとベースのグルーヴには逆らえない。1stアルバムとして、すべてが完璧ににくいほどのただずまい。あの国やあの国には、あのバンドやそのバンドがいるけどここにはD.A.N.がいる。クラウトロックやビート・ミュージック、インディR&B、テクノやジャズ、そして音響の魔術を知りさまざまなグルーヴと交配する東京の夜に“揺れる”サウンド。1stリリース年ながら、フジや多くのフェスの出演など、2016年に、さまざまな音楽リスナーを巻き込みながら、そのサウンドで、自らが立つ舞台を一気に大きくしたバンドだ。(河村)


>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/88.2kHz, 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【アルバム配信価格】24bit : 1,800円(税込), 16bit : 1,500円
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属



1. BELLRING少女ハート『BEYOND』

【レヴュー】結果的に、ベルハーは2016年を象徴するアイドル・グループとなった。メタルとアイドルの融合を果たしたBABYMETAL、メロコアやロックを自分たちのものとしたBiSH、現代音楽と変拍子で独自の世界観を産み出したMaison book girlなど、アイドルと音楽ジャンルの融合が成果を見せる一方で、活動休止・解散するグループも多い年であった。そんななか、オルタナティヴ(ロック、サイケデリック、エレクトロなど多様に渡るが)とアイドルの融合の最果てまで到達した作品を作り、2016年いっぱいで活動休止をすることを発表したベルハー。そのどちらも体現したベルハーが、活動休止を経てどのような復活を遂げるのかがいまから期待される。(西澤)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】2,500円(税込)
''【アルバムまとめ購入特典】「いんざれいん、いんざだあく」の各メンバー、ソロ・パート音源

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.2 テラシマユウカ&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.2掲載!!
[CLOSEUP]・2017年06月15日・GANG PARADE 連続インタヴュー、テラシマユウカ編「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第2回は、テラシマユウカ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の2回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちらから>
by 西澤 裕郎
diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星
[CLOSEUP]・2017年06月14日・diskunionが選ぶ、シーンの担い手3バンド第1弾〈unizzz…編〉──メロディックなスペース・ロックを奏でる新星 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第1弾となる今回は、京都発男女ツイン・ヴォーカルのニューウェイヴ・バンド“unizzz… (ウニズ)”を特集。2016年の〈りんご音楽祭〉出演や今回のオーディション合格など、結成して1年足らずで多くの注目を集めつつある彼ら。ディスクユニオン内の新レーベル〈dim up〉からの第1弾リリースとなる今作『hello』を、OTOTOYでは1週間先行として6月14日より配信を開始。ステレオラブやテーム・インパラなど海外オルタナから、ゴダイゴやユーミンなどの70年代J-POPまで、さまざまな音楽から影
by 岡本 貴之
宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月09日・宮田涼介が描く、誰もが経験したことのある“空想”の世界──初のピアノ・ソロ・アルバムをリリース バンド・かろうじて人間のギタリストとしても活躍する電子音楽家・宮田涼介。アンビエントやエレクトロニカを好み、バンド活動とは打って変わってノスタルジックな音を響かせている。OTOTOYではそんな彼の"空想・絵空事"を描いた5thアルバムを配信中。今回はピアノソロに焦点を当て、聴いているだけで情景が浮かぶような抒情的なトラックを集めた作品集となった。アルバムのテーマにも繋がる「幼少時代」について迫った対談と共にお楽しみください。 宮田涼介の5thアルバムを配信中!宮田涼介 / films'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 220円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. sorrow 2. condolences3. umbre 4. ank 5. waffle caramel ice cream6. oborodukiyo7. leafe 8. at eventide 9. hitohuta 10. orion 1
by 鈴木 雄希
さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年06月14日・さぁ、魅惑のショーがはじまるぞ!! ──H ZETT M、3作目となるピアノ・ソロ・アルバムをリリース テレビCMや、リオデジャネイロ・オリンピック閉会式にて楽曲が使われ、お茶の間にもその音楽が浸透してきたH ZETTRIO。そのバンドマスター、H ZETT Mが4年ぶりとなるピアノ・ソロ・アルバム『共鳴する音楽』をリリース。OTOTOYでは今作を1週間先行で配信を開始! 誰しも耳にしたであろう「あしたのワルツ」のソロ・バージョンのほか、名曲揃いの26曲を収録。今回のインタヴューでは、新アルバム『共鳴する音楽』の制作に関する話のほか、彼のインスピレーションの源についても語ってくれた。ぜひ新作『共鳴する音楽』と共にお楽しみください。 4年ぶりとなるソロ・アルバムがリリースH ZETT M / 共鳴する音楽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / アルバム 3,240円(税込)【収録曲】''disk11. ショーがはじまる2. 極秘現代3. 踏み出すニュー4. すました日常5. 水の流れ6. 高貴な連帯7. 果てしないカーブ8. 争う
by 岡本 貴之
いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!!
[CLOSEUP]・2017年06月08日・パンドラの匣の底に眠っていた希望──LOST IN TIME、節目となる10枚目のアルバムをリリース!! 「パンドラ」...そうあの有名な「箱」のエピソードで多くの人が耳にしたことがある言葉だと思うが、この言葉の意味はご存知だろうか? 正解は「すべてのおくりもの」。シンプルながら骨太なサウンドと、ヴォーカル・海北大輔の聴く人の心を掴んで離さない歌声と歌詞で、日本のギター・ロックの良心として止まることなく歩みを続けてきたバンド・LOST IN TIMEはファースト・アルバム『冬空と君の手』から丸15年、そして10枚目となるアルバムにそう名付けた。アルバムの名前の通り、バンドを支えてきた仲間、友人、そしてファンに捧げる”おくりもの”のような1枚となった今作。「シンプルにLOST IN TIMEというバンドが好き」と力強く話してくれたに彼にとっての”バンド”とは? ヴォーカル・海北大輔のインタヴューと共にお楽しみください。 リード曲「ライラック」を含む渾身の全12曲!!LOST IN TIME / すべてのおくりもの'【Track List】01. ライラック02. 蹲る人03. アンカー04. Iris05.