OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──

50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は?????????

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

10. おやすみホログラム『2』

【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に向上した。バンド・カルチャーを塗り替えていくオルタナティヴな存在になりたいということを示した実験的作品。(西澤)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1620円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 ブックレットPDFが付属

9. 坂本慎太郎『できれば愛を』

【レヴュー】ディストピアなおとぎ話のような前作『ナマで踊ろう』から2年、3rdソロ、その主題として坂本が選んだのは「愛」。モッチリとドッシリとしたベースライン、あくまでもドライに鳴るドラムが生々しいグルーヴ。ディストピアな寓話をさっと追い越してしまった2015年から2016年の、この国の情況に対して、底が抜け、ほころびゆく社会へのレクイエムでもあるし、いやいや必死に歯止めをかけようともがく、そんな歌でもある。デヴィッド・マンキューソが亡くなった年にこの国で生まれた、「ディスコって」。そこで描かれた音楽とダンスフロア、そこにまつわる「愛」、言い換えれば寛容の精神はもう歌のなかでしか存在しない幻想なのか。いやいや、まだ2017年にもあると信じたい。(河村)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

8. Have a Nice Day!『The Manual (How to Sell My Shit)』

【レヴュー】NATURE DANGER GANGやどついたるねん等が群雄割拠した東京アンダーグラウンド・シーンにおいてHave a Nice Day!が一歩飛び出してきた理由は曲の良さだ。海外の今のロックシーンやインディR&Bとも共鳴する浅見北斗のリスニング感覚に、アンダーグラウンド出身のバンドとしての狂気が加わった彼らの無敵感にみんなワクワクしている。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,944円(税込)

7. H ZETTRIO『PIANO CRAZE“EXCITING FLIGHT”』

【レヴュー】16作連続で大手配信ジャズチャート首位獲得、曲はリオデジャネイロ・オリンピック閉会式で使用され、ハイレゾ音源大賞にノミネートされたりと、とにかく話題に事欠くことがなかったH ZETTRIOの『PIANO CRAZE』。ジャズを見事なまでに軽快に聴かせ、一般層に届けることに成功しているロングセラー・タイトル! 彼らはこの作品を称して“奇跡的なアルバム”と言った。(飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,930円(税込)

6. 井出ちよの『もうすぐ高校生活』

【レヴュー】2015年10月に『3776を聴かない理由があるとすれば』をリリースし、2016年1月16日@渋谷O-nest、2016年8月15日(月)@新宿LOFTでのワンマン・ライヴを大成功させた3776の井出ちよのが突如リリースしたソロ・アルバムは、これから高校生になるであろう彼女の様々な高校生活を描いたもの。あまりにも唐突で、あまりにも完成度の高い石田彰Pと井出ちよのの秀逸な世界観は、出尽くした感もあるアイドル・シーンの中でも群を抜いている。 (飯田)





>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】1,750円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

5. Underworld『Barbara Barbara, we face a shining future』

【レヴュー】UKのダンス・カルチャーが生んだ、フェスのヘッドライナー級のダンス・アクトとして活躍し続けるアンダーワールド。6年ぶりのニュー・アルバム『Barbara Barbara, we face a shining future』をハイレゾでもリリース。また2000年代初頭のライヴ・アルバム / DVD『EVERYTHING, EVERYTHING』で、すでに24bit音源で制作を進めていたという(DVD音声)、ハイレゾのパイオニアでもある。衰えを知らぬ、エネルギッシュなテクノ・グルーヴと円熟味をましたブルージーな表現も交差する、ザッツ、横綱相撲。今年は初の武道館公演も。(河村)



>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,057円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ライナーノーツPDFが付属

4. BiSH『KiLLER BiSH』

【レヴュー】渡辺淳之介のレーベルWACKは、BiSH、BiS、GANG PARADE、BILLIE IDLE®などがそれぞれに話題を振りまいたが、中でも、「オーケストラ」という超名曲で、一気にオーヴァーグラウンドに飛び出したBiSHのフルアルバム『KiLLER BiSH』の衝撃は凄かった。そしてメンバーチェンジはありながらも、日比谷野外音楽堂を埋めた。彼女たちが起こすドラマに毎度涙した。そしてまた、ありえないスピードで成長を続けるBiSHがかき回してくれる2017年のチャートが楽しみでならないのだ。 (飯田)




>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】3,000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

3. サニーデーサービス『DANCE TO YOU』

【レヴュー】代表作『東京』から20年。リマスター盤の発売や全曲再現ライヴ〈東京再訪〉といったメモリアル・モードだったのにも関わらず、それとは全く異なる地平線からやってきたのが『DANCE TO YOU』だった。前作『SUNNY』が「やっぱりサニーデイだよね」と納得と安堵をもたらすものであったとするならば「これがサニーデイなのか!」と叫んでしまう今作。それはインディ・シーンを中心に2015年の潮流となった“シティポップ"、または2016年にかけての“クラブ・ミュージック志向"も黙らせてしまうようなソング・ライティングとサウンド・プロダクションの完璧さ。この節目でここまで透明なポップソングを作り上げた彼らには賞賛しかない。(梶山)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】1,800円(税込),
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属

2. D.A.N.『D.A.N.』

【レヴュー】クールな物腰に、味わい深いメロディ、そして日本語の歌詞、いやいやっぱりその重厚なドラムとベースのグルーヴには逆らえない。1stアルバムとして、すべてが完璧ににくいほどのただずまい。あの国やあの国には、あのバンドやそのバンドがいるけどここにはD.A.N.がいる。クラウトロックやビート・ミュージック、インディR&B、テクノやジャズ、そして音響の魔術を知りさまざまなグルーヴと交配する東京の夜に“揺れる”サウンド。1stリリース年ながら、フジや多くのフェスの出演など、2016年に、さまざまな音楽リスナーを巻き込みながら、そのサウンドで、自らが立つ舞台を一気に大きくしたバンドだ。(河村)


>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/88.2kHz, 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【アルバム配信価格】24bit : 1,800円(税込), 16bit : 1,500円
【アルバムまとめ購入特典】ブックレットPDFが付属



1. BELLRING少女ハート『BEYOND』

【レヴュー】結果的に、ベルハーは2016年を象徴するアイドル・グループとなった。メタルとアイドルの融合を果たしたBABYMETAL、メロコアやロックを自分たちのものとしたBiSH、現代音楽と変拍子で独自の世界観を産み出したMaison book girlなど、アイドルと音楽ジャンルの融合が成果を見せる一方で、活動休止・解散するグループも多い年であった。そんななか、オルタナティヴ(ロック、サイケデリック、エレクトロなど多様に渡るが)とアイドルの融合の最果てまで到達した作品を作り、2016年いっぱいで活動休止をすることを発表したベルハー。そのどちらも体現したベルハーが、活動休止を経てどのような復活を遂げるのかがいまから期待される。(西澤)

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC / MP3
【アルバム配信価格】2,500円(税込)
''【アルバムまとめ購入特典】「いんざれいん、いんざだあく」の各メンバー、ソロ・パート音源

>>50位から31位はコチラ
>>30位から11位はコチラ
>>番外編:ジャンル・トピック編

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る
[CLOSEUP]・2017年05月17日・【期間限定プライスオフ】エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る 柴田聡子が1年半ぶりとなる4thアルバム『愛の休日』を完成させた。プロデュースに岸田繁(くるり)、山本精一が参加。さらに伊藤大地、かわいしのぶ、石橋英子、どついたるねんなど錚々たるミュージシャンたちと紡いだ柴田聡子の新境地。「これぞ柴田聡子!」な弾き語りからバンド・サウンド、さらにはマシンビートにまで拡大した柴田ワールド全13曲をハイレゾ配信。そして、この素晴らしい作品を少しでも多くの人に聴いてほしいという願いから、5月30日までの期間限定でプライスオフ販売!! 本作について迫った柴田聡子へのロング・インタヴューとともにぜひアルバムをじっくりとご堪能ください。 1年半ぶりの4thアルバムをハイレゾ配信スタート柴田聡子 / 愛の休日【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)アルバム価格 2,160円(税込) ※5月30日までの期間限定プライスオフ【収録曲】1. スプライト・フォー・ユー
by 西澤 裕郎
今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!!
[CLOSEUP]・2017年05月11日・今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!! 非常階段とのコラボレーション・あヴぁ階段やアメリカ・ツアーへの参加、メンバーの個性とセルフ・プロデュースが地上波TV番組でも紹介されるなど、注目を集めているアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。2人組になり洗練され進化し続ける彼女たちが新曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録したシングルをリリース。リード曲「Hello!!」は、つるうちはなが作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり多幸感溢れる仕上がりとなっている。同時収録の「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。OTOTOYでは2タイプのCDパッケージを1つにまとめたスペシャル・パッケージを先行配信。そして、メンバーへのインタヴューをお届けする。 現体制初シングルをCD発売に先駆けて先行配信スタートあヴぁんだんど / Hello!!'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【トラック・リスト
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年05月10日・ユアソン印の最高グルーヴ拡張中! ──JxJxに新作『Extended』インタヴュー! ついにユアソンの新作が出る! 前作『OUT』から約3年半ぶりとなる新作フル・アルバム『Extended』を配信中! この快作を聴かないという選択肢はない! オトトイではリリースを記念して、サイトウ “JxJx” ジュンへのインタヴューを掲載。この『Extended』をつくりあげる苦悩や、今作に対する思いを語ってくれた。 前作『OUT』ではいままでのYOUR SONG IS GOODのイメージを刷新させることに成功した彼らだが、ダンスミュージックへの傾倒はまだまだ止まらない。今回リリースされる『Extended』では、さらに洗練された音楽を鳴らし、聴けば聴くほど気持ちいい! そんなアルバムになっている。結成20周年を目前に控えるユアソンの進化は止まらない! 約3年半ぶりとなるフル・アルバム YOUR SONG IS GOOD / Extended'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,697円(税込)【収録曲】''1. Cr
by ?