メロウ・グルーヴ・ポップの最新型──Kan Sano『k is s』独占ハイレゾ配信

mabanuaらとともにorigami PRODUCTIONSを象徴するソロ・アーティストとして、そしてHEXへの参加や、作品 / ライヴでの多くの客演など、この国のシーンになくてはならないキーボーディストでもあるKan Sano。待望の3rdアルバム『k is s』がここに完成した。国内のインディ・ロック・シーンでも多く援用されるようになったポスト・J・ディラ〜ネオ・ソウル的なビート(というか彼はインディ・ロック・シーンとの邂逅も含めて、その道のパイオニアのひとりと言えるだろう)や鮮やかなファンクでグルーヴを刻みながら、アルバムではメロディアスなアプローチの楽曲を多く展開している。さらに言えば、すでにMVが公開され話題になっている、七尾旅人をフィーチャリングした「C’est la vie」をはじめ、その他のゲスト・ヴォーカル、そして自身のヴォーカルも含めて、歌心に溢れたアルバムでもある。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ配信を行うとともに、レヴューにて紹介しよう。


Kan Sano / k is s(48kHz/24bit)

【Track List】
01. Penny Lane
02. Magic!
03. Reasons feat. Michael Kaneko
04. C'est la vie feat. 七尾旅人
05. lovechild
06. Can't Stay Away feat. Maylee Todd
07. Momma Says feat. 島村智才
08. LAMP
09. と び ら
10. Awake Your Mind
11. Let It Flow

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 250円(税込) / アルバムまとめ購入 2,057円(税込)

REVIEW : 滲み出す、ソングライターとしての才能

Kan Sanoというミュージシャンはたしかに優しくも洗練されたメロディラインを紡ぐピアニストであるし、微妙な揺らぎを持ったドープでストイックなブレイクビーツを生み出すビートメイカーでもある。そして、その両方のキャラクターを精緻に交配させて生み出した作品が前作『2.0.1.1.』だった。だが、牽強付会を承知でいうが、Kan Sanoは実は優れたポップ・ミュージックを書くことのできるソングライターなのではないか──約3年ぶりの新作となるこの『k is s』を聴いているとそう思わずにはいられないのだ。

輝きを放つメロディ

今作は全曲打ち込みで音を作っているゆえか、前作では抑制されていたビートの躍動感が全面に出ている。その躍動感は2011年の『Fantastic Farewell』にあったゆったりしながらも複雑さや揺らぎを意識したようなビートからではなく、シンプルかつタイトなビートによって生み出されているのだ。また、ピアノを通して自分の音楽がどう成り立ってきたのかということまで思いを巡らせたともいえる前作にあった、メロディやハーモニーを大切にしたソングラティングと地続きになっている点も見逃すことはできない。

今作に七尾旅人やメイリー・トッド、島村智才、Micheal Kanekoといった多彩なゲスト・ヴォーカルを迎えていることからも、それをうかがい知ることができる。そんな曲作りから生み出される艶然かつ甘美でどこかノスタルジックさも感じさせるメロディは今作でも堰を切ったように溢れ出し、輝きを放っているのだ。そんなメロディに対して、ビートは絶妙なタイム感とライヴ感を持ちながらしなやかなグルーヴをキープしている。それらのスリリングな関係が、この『k is s』という作品をポップ・ミュージックたらしめているように思うのだ。そして、この作品は間違いなく、我々をスウィートな気分にさせてくれる。(text by 坂本哲哉)

RECOMMEND

Kan Sano / 2.0.1.1.(24bit/48kHz)

2年前にリリースされた前作。ビート・ミュージック的な感覚よりも、ピアノの音色をフィーチャーし、どちらかと言えば彼のジャズの出自へと寄った感覚の作品に。
Ovall / DAWN(24bit/48kHz)

同じくorigami PRODUCTIONS所属、mabanuaらが在籍したOvall。この後、残念ながら活動を休止した。ネオ・ソウル的なビート感をドープでなく、ポップへと昇華。
cero /街の報せ (24bit/48kHz)

ceroの最新シングルは、NY録音での黒田卓也(Tp)、Corey King(Tb)、トラックメイカー、Sauce81の参加など「Obscure Ride」で見せた現在進行形のR&B/ジャズの感覚をさらに推し進めている。

LIVE SCHEDULE


Magical kiss tour 2017
京音 -KYOTO- 2017
2017年2月17日(金)〜19日(日)
@京都会場未定
※ Kan Sano の出演日・会場は決まり次第お知らせします。

2017年3月3日(金)
@代官山LOOP “360° ALLINONE”
Guest : 七尾旅人 / Michael Kaneko

2017年3月11日(土)
@心斎橋 SUNHALL “Magical Echo 2017”
with Yasei Collective and more
※ 最速オフィシャル先行予約 受付中!! (〜12/6まで)

2017年3月18日(土)
@群馬]前橋市芸術文化れんが蔵
with Michael Kaneko and more

2017年3月24日(金)
@福岡大名brick

2017年3月25日(土)
@佐賀ROCKRIDE

2017年3月2日(日)
@熊本NAVARO

more shows to be announced !!

>>詳しいライヴ・スケジュールは公式ページへ

PROFILE

Kan Sano

キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、佐藤竹善、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。

>>Kan Sano アーティスト・ページ

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】日本だけでは留まれない! ONE OK ROCK、世界レベルの表現力をハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年01月11日・【REVIEW】日本だけでは留まれない! ONE OK ROCK、世界レベルの表現力をハイレゾ配信! 2016年9月に、静岡・渚園にて2Daysで11万人を動員する大規模野外ライヴを開催したONE OK ROCK。そんな彼らが2年ぶりの新アルバム『Ambitions』を2017年1月11日にハイレゾ配信スタート! 前作『35xxxv』同様海外でのレコーディングをし、ゲストアーティストにポップ・パンク・バンドの5 Seconds of Summerや、ロック・プリンセスと名高いAvril Lavigne迎え、前作以上に彼らの理想とする方向性が固まった今作をレビューで紹介しようと思う。 ONE OK ROCK / Ambitions'【収録曲】1. Ambitions – Introduction –2. Bombs away3. Taking Off4. We are5. 20/206. Always coming back7. Bedroom Warfare8. Lost in Tonight9. I was King10. Listen (featuring Avril Lavigne)11. One W
NINJAS、1stフル・アルバム「JAP」
[REVIEW]・2017年01月11日・【REVIEW】黙れ、そして踊れ!!ーー異形の音楽集団NINJAS 1stフル・アルバム『JAP』完成!! 「黙れ、そして踊れ」。ライヴハウス、クラブ、ギャラリーといった多方面から注目を集める音楽集団、NINJAS(ニンジャス)が、満を持して正規流通アルバムをリリース。いつ現れたのか、こいつらを許していいのか、これはまさか哲学なのか。全ての解釈を嘲笑うかのようにバンド・サウンドとノイズを撒き散らす。彼らの音楽を聴いた者は、ただひたすら黙り、踊るしかないだろう。 NINJAS初となるフル・アルバムを配信中!NINJAS / JAP【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1,851円(税込)【収録曲】1. BEEF OR CHICKEN 2. BGM3. SOCCER4. CHARLIE5. SERVICE6. WELCOME7. ABABA8. GHOST9. MAD SALARY 10. DOVIDOVA11. SAY YOU12. DEVIL REVIEW : ハチャメチャ無軌道のジャンル横断型ダンス・ミュージック 謎多きバンドNINJA
【REVIEW】自らの半生を描く、BOMIの新境地『A_B』
[REVIEW]・2016年12月07日・【REVIEW】BOMIとTokyo Recordingsが作り上げた唯一無二の音楽、BOMIの核心に迫る『A_B』完成! BOMIが2年ぶりとなるフル・アルバムを『A_B』をリリースする。今作はBOMIが自らの半生を見つめ直し、自伝的にまとめるというコンセプト・アルバムとなった。水曜日のカンパネラ「ナポレオン」の製作や、宇多田ヒカルの『FANTÔME』に参加するなど目覚ましい活躍をした、小袋成彬率いるTokyo Recordingsをプロデューサーに迎え、今までのBOMIとはまた違った表情をした作品となった。そんな本作をハイレゾ配信すると共にレビューで紹介する。BOMIの半生が綴られた「自伝的」アルバム!BOMI / A_B(24bit/48kHz)'【Track List】01. ハロー・ザ・ワールド 02. A_B03. 記憶04. スーパーガール05. Good night!! 06. ロンリーロンリー 07. 初恋 08. 旅立ち 09. They don't know10. ふたつの街11. 空を辿れば【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AA
七尾旅人らも参加、シルキーなメロウ・グルーヴ & ヴォーカル──Kan Sanoの『k is s』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2016年12月07日・メロウ・グルーヴ・ポップの最新型──Kan Sano『k is s』独占ハイレゾ配信 mabanuaらとともにorigami PRODUCTIONSを象徴するソロ・アーティストとして、そしてHEXへの参加や、作品 / ライヴでの多くの客演など、この国のシーンになくてはならないキーボーディストでもあるKan Sano。待望の3rdアルバム『k is s』がここに完成した。国内のインディ・ロック・シーンでも多く援用されるようになったポスト・J・ディラ〜ネオ・ソウル的なビート(というか彼はインディ・ロック・シーンとの邂逅も含めて、その道のパイオニアのひとりと言えるだろう)や鮮やかなファンクでグルーヴを刻みながら、アルバムではメロディアスなアプローチの楽曲を多く展開している。さらに言えば、すでにMVが公開され話題になっている、七尾旅人をフィーチャリングした「C’est la vie」をはじめ、その他のゲスト・ヴォーカル、そして自身のヴォーカルも含めて、歌心に溢れたアルバムでもある。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ配信を行うとともに、レヴューにて紹介しよう。 Kan Sano / k is s(48kHz/24b
by 坂本 哲哉
デビュー10周年の長澤知之、共同プロデューサーに益子樹(ROVO)を迎えて渾身のソロ・アルバム、ハイレゾ配信
[REVIEW]・2016年12月05日・なんてことのない「心の風景」を、あえて、渡してみたい──長澤知之、デビュー10周年目の渾身の作、ハイレゾ配信 2016年前半、ALとしてのリリースとパフォーマンスでロック・シーンの話題をさらった長澤知之が、デビュー10周年の節目に渾身のソロ作品をリリース! 共同サウンドプロデューサー益子樹(ROVO)による、本人の鼓動に寄り添ったプロダクションを軸にもう死んだ人たち、ジム・オルークバンドなどでベーシストとして活動する須藤俊明、大柴広己のサポート他で知られるドラム・吉本ヒロ、ゲスト・コーラスに一色徳保(つばき)が参加。「風鈴の音色」では新鋭の女性シンガー・ソングライター、村上紗由里をメイン・ヴォーカルに添える大胆な試みも披露。今までにない実験性と彼の持つ普遍性が融合した意欲的な作品に仕上がった。OTOTOYではCDの発売に先駆け、ハイレゾ配信をスタート。 デビュー10周年を迎えて渾身のソロ・アルバム、先行ハイレゾ配信!!長澤知之 / GIFT'【Track List】01. 時雨02. 舌03. アーティスト04. 君だけだ Acoustic Ver.05. ボトラー06. 風鈴の音色07. 無題【配信形態
【REVIEW】音素材の色彩豊かにミニマルな世界観を提示するRupurizu、1stアルバム
[REVIEW]・2016年11月14日・サンプラーを駆使し、色彩豊かな音素材でミニマルな世界観を提示──Rupurizu初アルバムをハイレゾ配信 2012年から活動を開始。ループサンプラーを駆使しリアルタイムで演奏を多重録して音像を構築してきたバンド、Rupurizuの1stアルバムが11月2日にリリースされた。 1曲目「optoelecrtoronics」から全編にわたりミニマル・ミュージック的な要素がサイケデリックな浮遊感とともに漂う。その中で不意にHIMやtortoiseのようなポストロック的なギターやドラム、都会的なエレクトロが現れたり、7曲目「OR」ではフィーチャリングしたnshadaによる日本語ラップがその他のインスト曲で浮かずに登場したり、と新しさを感じる。また、こぽこぽこぽ…という水の音のサンプリングから始まる「Calima」は、水面でもがいているようなフラミンゴのジャケット・アートワークとあいまって、想像を膨らませる。 Elektro Guzziのようにコンピューターを使わずミニマル・ミュージックのパフォーマンスをするバンドもいる。しかし彼らのように自由に音色を持ち出し、水の音を使うなどサンプラーならではの表現と影響を受けた音
【REVIEW】どこか懐かしい。懐古心揺さぶられるkirimの1stフル・アルバム!
[REVIEW]・2016年11月09日・【REVIEW】強烈な懐かしさと多彩なジャンルの共存ーーkirimのデビュー・アルバムをハイレゾ配信 kirimのデビュー・アルバム『WANDERLUST』を聴いて感じたのは、強烈な懐かしさだった。 このアルバムは全12曲で構成されており、音楽的な側面でバラエティに富んだ作品となっている。POPで軽快なピアノが印象的な2曲目の「自転車Yayee ho」、JAZZ調の力強いメロディが印象的な8曲目の「フシギナヒカリ」といった様々な楽曲が存在している今作。ジャンルが散在しており実験的な作品に思えるかもしれないが、カントリーをベースに様々なジャンルが織り交ざっているため、とても結成1年目とは思えない高いクオリティを持った芯のある作品となっている。 しかし、『WANDERLUST』の要は1曲目の「Tip Tap Cat」である。この曲は三橋ハルカの優しく明るい歌声と優しく包み込まれるような演奏が他の曲より顕著に郷愁的なグルーヴを生み出し、懐かしさと共に励まされる母親のような優しさを持った1曲となっている。1曲目から完成度が高く、特に郷愁的な楽曲のため、アルバムにどんどん惹き込まれていく。これが「Tip Tap C
【REVIEW】ハイスタ is Back!! ── 世間をアッと驚かせた16年ぶりの新譜が配信スタート!!
[REVIEW]・2016年10月28日・【REVIEW】ハイスタ is Back!! ── 世間をアッと驚かせた、16年ぶりの新譜が配信スタート!! 2016年10月4日の午前中、各種SNSで突如現れた「Hi-STANDARDが新譜をリリース」の文字。多くの人が半信半疑のまま、情報は次々に拡散。各CDショップに並べられた写真が投稿されるなど、その情報が徐々に真実味を帯びてくると、多くの人々がCDショップへ駆け込んだ。販売する店舗でも、本当に一部の人間しか知らされていなかったという、ハイスタからの嬉しいサプライズ・リリースに日本中が驚きに包まれた。CD発売からは少し間隔は空いたが、先日10月26日よりOTOTOYでもついに配信がスタート!! まだ聴けていなかったあなたにも、ハイスタから16年ぶりの新譜、届け!!! Hi-STANDARD / ANOTHER STARTING LINE【配信形態】16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3【価格】アルバム 771円(税込) / 単曲 205円(税込)【収録曲】01. TOUCH YOU / 02. ANOTHER STARTING LINE / 03. N
筆者について
同じ筆者による他の記事