メロウ・グルーヴ・ポップの最新型──Kan Sano『k is s』独占ハイレゾ配信

mabanuaらとともにorigami PRODUCTIONSを象徴するソロ・アーティストとして、そしてHEXへの参加や、作品 / ライヴでの多くの客演など、この国のシーンになくてはならないキーボーディストでもあるKan Sano。待望の3rdアルバム『k is s』がここに完成した。国内のインディ・ロック・シーンでも多く援用されるようになったポスト・J・ディラ〜ネオ・ソウル的なビート(というか彼はインディ・ロック・シーンとの邂逅も含めて、その道のパイオニアのひとりと言えるだろう)や鮮やかなファンクでグルーヴを刻みながら、アルバムではメロディアスなアプローチの楽曲を多く展開している。さらに言えば、すでにMVが公開され話題になっている、七尾旅人をフィーチャリングした「C’est la vie」をはじめ、その他のゲスト・ヴォーカル、そして自身のヴォーカルも含めて、歌心に溢れたアルバムでもある。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ配信を行うとともに、レヴューにて紹介しよう。


Kan Sano / k is s(48kHz/24bit)

【Track List】
01. Penny Lane
02. Magic!
03. Reasons feat. Michael Kaneko
04. C'est la vie feat. 七尾旅人
05. lovechild
06. Can't Stay Away feat. Maylee Todd
07. Momma Says feat. 島村智才
08. LAMP
09. と び ら
10. Awake Your Mind
11. Let It Flow

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 250円(税込) / アルバムまとめ購入 2,057円(税込)

REVIEW : 滲み出す、ソングライターとしての才能

Kan Sanoというミュージシャンはたしかに優しくも洗練されたメロディラインを紡ぐピアニストであるし、微妙な揺らぎを持ったドープでストイックなブレイクビーツを生み出すビートメイカーでもある。そして、その両方のキャラクターを精緻に交配させて生み出した作品が前作『2.0.1.1.』だった。だが、牽強付会を承知でいうが、Kan Sanoは実は優れたポップ・ミュージックを書くことのできるソングライターなのではないか──約3年ぶりの新作となるこの『k is s』を聴いているとそう思わずにはいられないのだ。

輝きを放つメロディ

今作は全曲打ち込みで音を作っているゆえか、前作では抑制されていたビートの躍動感が全面に出ている。その躍動感は2011年の『Fantastic Farewell』にあったゆったりしながらも複雑さや揺らぎを意識したようなビートからではなく、シンプルかつタイトなビートによって生み出されているのだ。また、ピアノを通して自分の音楽がどう成り立ってきたのかということまで思いを巡らせたともいえる前作にあった、メロディやハーモニーを大切にしたソングラティングと地続きになっている点も見逃すことはできない。

今作に七尾旅人やメイリー・トッド、島村智才、Micheal Kanekoといった多彩なゲスト・ヴォーカルを迎えていることからも、それをうかがい知ることができる。そんな曲作りから生み出される艶然かつ甘美でどこかノスタルジックさも感じさせるメロディは今作でも堰を切ったように溢れ出し、輝きを放っているのだ。そんなメロディに対して、ビートは絶妙なタイム感とライヴ感を持ちながらしなやかなグルーヴをキープしている。それらのスリリングな関係が、この『k is s』という作品をポップ・ミュージックたらしめているように思うのだ。そして、この作品は間違いなく、我々をスウィートな気分にさせてくれる。(text by 坂本哲哉)

RECOMMEND

Kan Sano / 2.0.1.1.(24bit/48kHz)

2年前にリリースされた前作。ビート・ミュージック的な感覚よりも、ピアノの音色をフィーチャーし、どちらかと言えば彼のジャズの出自へと寄った感覚の作品に。
Ovall / DAWN(24bit/48kHz)

同じくorigami PRODUCTIONS所属、mabanuaらが在籍したOvall。この後、残念ながら活動を休止した。ネオ・ソウル的なビート感をドープでなく、ポップへと昇華。
cero /街の報せ (24bit/48kHz)

ceroの最新シングルは、NY録音での黒田卓也(Tp)、Corey King(Tb)、トラックメイカー、Sauce81の参加など「Obscure Ride」で見せた現在進行形のR&B/ジャズの感覚をさらに推し進めている。

LIVE SCHEDULE


Magical kiss tour 2017
京音 -KYOTO- 2017
2017年2月17日(金)〜19日(日)
@京都会場未定
※ Kan Sano の出演日・会場は決まり次第お知らせします。

2017年3月3日(金)
@代官山LOOP “360° ALLINONE”
Guest : 七尾旅人 / Michael Kaneko

2017年3月11日(土)
@心斎橋 SUNHALL “Magical Echo 2017”
with Yasei Collective and more
※ 最速オフィシャル先行予約 受付中!! (〜12/6まで)

2017年3月18日(土)
@群馬]前橋市芸術文化れんが蔵
with Michael Kaneko and more

2017年3月24日(金)
@福岡大名brick

2017年3月25日(土)
@佐賀ROCKRIDE

2017年3月2日(日)
@熊本NAVARO

more shows to be announced !!

>>詳しいライヴ・スケジュールは公式ページへ

PROFILE

Kan Sano

キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、佐藤竹善、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。

>>Kan Sano アーティスト・ページ

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー
[REVIEW]・2017年05月24日・髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー 2006年のデビュー以来、サイケデリックかつロマンチックな世界観で、シーンを魅了し続けているロック・バンド“髭”。10年代に入り、邦楽シーンが盛り上がりを見せるなか、ガレージやサイケといったスタイルから、シンプルでストレートな王道のロックに変容を遂げてきた。髭のプリティ・サイケなスタイルはそのままに、どこかトリップ感のある楽曲が並び、新たなモード感を提示することとなった前作『ねむらない』から約1年半。沈黙を破り、新アルバム『すげーすげー』がリリース! ギターロックへの回帰ともいえる今作だが、その先にあるものとは? 待望の新アルバムを、レヴューとともにお届けします。 ギターロックへ「回帰」した新アルバム! 髭 / すげーすげー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム価格 2,469円(税込)【収録曲】''01. もっとすげーすげー02. ヘルシンキ03. S.O.D.A.04. TOMATO05. スターマイン06. CLASH! LAOC
by 中の人
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せない第2弾フリー音源到着
[REVIEW]・2017年04月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せないフリー音源到着 突如、アーティスト写真もなく素性のいまいち知れない2人組のギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。バンド名にポエム調なものが多く見受けられる昨今、なかなか潔い名前だという印象だった。彼らは前代未聞の《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYにて予定している。そんなぶっ飛んだ企画をスタートさせた彼ら、前作「beyond」が好評な中、期待の第2弾「sunny」が届いた。 goodtimes無料配信、第2弾(只今無料配信は終了し、有料配信中)goodtimes / sunny '【配信形態】24bit/48kHz WAV、ALAC、FLAC / AAC 【収録曲】''1. sunny REVIEW : 細身で髪型はマッシュ・ベースのセンターわけ。身長はそんなに高くなくてもいいけど、ご飯の食べ方が綺麗で、子供と映画と池脇千鶴が好きな男の子。あと、自分の家族に優しくて私の家族にもおどおどしなくて、それから…。付き合う前にも理想はたくさんあるし、付き合ってからもああだったらな、こうだ
by 宮尾茉実
【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースのアルバム 『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!!
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリース『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!! MONJU、SICKTEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり、東京を代表するラッパー、ISSUGI。そしてニューヨーク・ ブルックリンを拠点とし、5lackの『5 sence』や、C.O.S.A.×KID FRESINOの『Somewhere』など近年の日本のヒップホップの名盤にいくつも参加しているプロデューサーGRADIS NICE。この2人がタッグを組み、昨年2016年アルバム『DAY and NITE』をリリース。今作はそのリミックス盤ということで国内外を問わず彼らと親交のあるプロデューサーたちが集結。さらに、長野県松本市を中心に活動するラッパー、トラック・メイカーであるMASS-HOLEのプロデュースによる新曲も収録。こちらにはセカンド・アルバム『So Sophisticated』をリリースしたばかりのFEBBがゲストとして参加しており、FEBBのビートによる新曲「RHYZMIK & POET」も収められている。2曲の新曲とまた別の顔を見せるリミックス楽曲。
【REVIEW】再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、実に17年ぶりとなるアルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年05月05日・再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!! アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。 At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a'【Track List】01. NO WOLF LIKE THE PRESENT02. CONTINUUM03. TILTING AT THE UNIVENDOR04. GOVERNED BY CONTAGIONS05. P
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なく
by 斎井 直史
【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース!
[REVIEW]・2017年05月04日・【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース! TOTALFATが約2年振りに8枚目のフル・アルバム『FAT』をリリースした。TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り「FAT」と名付けられたアルバム、そのタイトルの中にTOTALFATの歩んできた17年間が垣間見えるデザインになっている。そんな想いが詰まった今作を紹介しよう。 TOTALFAT / FAT'【配信形態】alac,flac,wav【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム価格 1,650円(税込)【収録曲】''01. R.E.P02. スクランブル03. Delight feat. J-REXXX04. 晴天05. Chanse06. Wanna Be07. Revenge of Underdogs08. 宴の合図09. マエニマエニ10. Eyes11. CALLING YOU faet. LIBRO12. ONE FOR THE DREAMS 【REVIEW】TOTALFAT『FAT』これまでTOTALFATのアルバムは疾走感のあるメロディックなサウンドが魅力的で、何よりも全神経
【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV