OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表!

その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。

>>50位から31位はコチラ
>>11位から1位はコチラ

30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』

【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】 2,700円(税込)

29. ミツメ『A Long Day』

【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含めて、マイペースながらも着々と活動の幅を広げているなかで、1年4か月ぶりにリリースとなった4thフル・アルバム『A Long Day』。ストイックなバンド演奏と、優しく包みこむ歌声が混ざり合った完全オリジナルのミツメ・サウンドを確立。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】 2,160円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 歌詞ブックレットがPDFで付属

28. ANOHNI『HOPELESSNESS』

【作品詳細】旧名アントニー・ヘガティの新作。今作では現在のエレクトロシーンの最重要アーティスト、ハドソン・モホーク、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーとタッグを結び、その美しい歌声で希望なきこの世界を描く。



【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】 1,543円(税込)

27. Akiyoshi Yasuda『alter ego』

【作品詳細】★ STAR GUiTAR" 名義でのソロ・ワークスや、"SiZK" 名義でのさまざまなミュージシャンへの楽曲提供で知られる、Akiyoshi Yasudaの本名義での1stアルバム。ハイレゾの特性を知り抜いた、自身によるミックス/マスタリングも聴きどころ。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】32bit float/48kHz, 24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】 32bit float : 1,620円(税込), 24bit : 1,404円(税込)

26. でんぱ組.inc『GOGO DEMPA』

【作品詳細】★現体制のでんぱ組になって5周年という節目の年にリリースされた待望のニュー・アルバムをリリース! でんぱ組.incらしさの詰まった三ヶ月連続配信シングル「破!to the Future」「ファンファーレは僕らのために」など豪華シングルを含む、“ベストオブでんぱ組"な内容!

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1 WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 3,240円(税込), 16bit : 2,057円(税込)

25. world's end girlfriend『LAST WALTZ(24bit/48kHz)』

【作品詳細】世界中のどこにもない音世界で描かれた新作『LAST WALTZ』。今作のテーマは自身の名でもある「world's end girlfriend」。18年間、作家自身が想い続けたその名が持つ根源のイメージをサウンドへと昇華させた珠玉の作品

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,160円(税込)

24. IO『Soul Long』

【作品詳細】ついにメジャー・レーベルと契約したヒップホップ・クルー、KANDYTOWN。その中心人物でもあるIOのソロ・デビュー・アルバム。ベテランから周辺アーティストまでがトラック・プロデュースで参加した国内最高水準のデビュー作。



【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,057円(税込)

23. sora tob sakana『sora tob sakana』

【作品詳細】ハイスイノナサやsiraphで活動する照井順政が音楽プロデュースを務めるアイドル・ユニット「sora tob sakana」が待望の1stアルバムをリリース。既発シングル「夜空を全部」「魔法の言葉」収録曲をふくむ全14曲。



【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,700円(税込)

22. never young beach『fam fam』

【作品詳細】昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムをリリース。フォーキー&トロピカル、そしてサイケデリックなネバヤン印のサウンド。
>>本作に関する特集ページ前編
>>本作に関する特集ページ後編
【配信形態】24bit/96kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2,000円(税込), 16bit : 2,000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 デジタル・ブックレットがPDFで付属

21. Negicco『ティー・フォー・スリー』

【作品詳細】前作「Rice&Snow」以来1年4ヶ月振りとなる、3枚目のオリジナル・アルバム。さわやかなポップ・ソングから、大人な魅力の楽曲まで収録。成長したNegiccoが魅せる新たな極上のアルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2,000円(税込), 16bit : 2,000円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 デジタル・ブックレットがPDFで付属

20. C.O.S.A. × KID FRESINO『Somewhere』

【作品詳細】愛知県知立市出身で名古屋を中心に活動するラッパー/トラックメイカーのC.O.S.A.、そしてKID FRESINO(Fla$hBackS)による、イベントでの共演をきっかけに制作をスタートさせたコラボレーション・アルバム。。



【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,571円(税込)

19. yahyel『Flesh and Blood』

【作品詳細】インディR&Bやベース・ミュージックなどを取り込み、ライヴ・シーンとクラブ・ミュージック、そして世界のシーンとボーダレスに地続きなサウンドを展開するyahyelのクールな1stアルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2571円(税込), 16bit : 1,541円(税込)
【アルバムまとめ購入特典】 デジタル・ブックレットがPDFで付属

18. bonobos『23区』

【作品詳細】bonobos活動15周年となる今年、2年ぶりとなるアルバム『23区』。R&B〜ネオ・ソウル的味付けも得た、極上のグルーヴ・ミュージック。DSDやハイレゾ、それぞれのフォーマットに最適化されたマスタリングも聴きどころ。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】DSD、24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】DSD : 24bit : 3,241円(税込), 24bit : 2,571円(税込),16bit : 2,057円(税込)

17. BiS『Brand-new idol Society2』

【作品詳細】2014年に解散したアイドル・グループ、新生アイドル研究会・BiS。プー・ルイとともにオーディションで選ばれた新たなメンバー、そしてサウンド・プロデューサー松隈ケンタ、プロデューサー渡辺淳之介の布陣で再スタートを切った1stアルバム。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】32bit/96kHz, 24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】32bit float : 3,241円(税込), 24bit : 2,057円(税込)

16. OGRE YOU ASSHOLE『ハンドルを放す前に』

【作品詳細】OGRE YOU ASSHOLE、ニュー・フェーズに突入! 久しぶりのセルフ・プロデュースによる待望の新作フル・アルバム『ハンドルを放す前に』。そして初となるハイレゾ配信作。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2,500円(税込), 16bit : 1,851円(税込)

15. agraph『the shader』

【作品詳細】電気グルーヴのサポート・メンバーとしても知られる牛尾憲輔のプロジェクト、agraphの3rdアルバム。フィールド・レコーディングや電子音などが幾重にも重ねられたサウンドの冒険。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/44.1kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2,571円(税込), 16bit : 1,851円(税込)

14. 水曜日のカンパネラ『UMA』

【作品詳細】水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム。 ケンモチヒデフミの楽曲のほかに、フライング・ロータス主宰〈BRAINFEEDER〉の所属アーティストでもあるMatthewdavid、ドイツのミニマル・バンド、Brandt Brauer Frickなどが参加。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / 16bit/44.1kHz AAC
【アルバム配信価格】24bit : 2,057円(税込), aac : 1,440円(税込)

13. BABYMETAL『METAL RESISTANCE』

【作品詳細】世界的ブレイクを果たしたBABYMETALの2ndアルバム。アンセム「Road of Resistance」を始め、すでにライブでお馴染みの「あわだまフィーバー」など、ファン待望の楽曲の数々を収録。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】2,057円(税込)

12. Suchmos『LOVE&VICE』

【作品詳細】横浜・茅ヶ崎出身のスケーター6人グループ。ファンクやソウル、アシッド・ジャズといった音楽を自らのものとした若き才能たち。インディ・シーンにグルーヴィーな風を吹かせた。ブレイクを経てのニュー・アルバムが待たれる。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC
【アルバム配信価格】926円(税込)

11. Maison book girl『sriver (cloudy irony)』

【作品詳細】サクライケンタの全面プロデュースにより、斬新で先鋭的な世界観で話題沸騰中の アイドル・グループ「Maison book girl」メジャーデビュー。 元BiSのコショージメグミ、ミスID2015のファイナリスト矢川葵、そして井上唯、和田輪による4人組。

>>本作に関する特集ページ

【配信形態】24bit/48kHz, 16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
【アルバム配信価格】2,100円(税込)

>>50位から31位はコチラ
>>11位から1位はコチラ

o

 
 

コラム

はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた
[CLOSEUP]・2017年01月20日・女子高生「OTOTOY」知ってる人0人説ーー新人スタッフ鈴木雄希が渋谷のJKに実際に訊いてみた 2017年4月から新入社員としてOTOTOYに入社することになった現在大学4年生の鈴木雄希。しかし蓋を開けてみるとOTOTOYには若い社員がいない! そもそも若い人たちは「OTOTOY」のことを知っているのか…。ふと疑問に思った鈴木は渋谷のセンター街に繰り出し、女子高生をターゲットに街頭インタヴューを敢行。はたして新人スタッフ鈴木は「女子高生知ってる人0人説」を証明してしまうのか!? さまざまなドラマがうまれた今回の企画、結果はぜひみなさんのその目でご確認ください! 新人スタッフ鈴木、渋谷の街へいざ出発!! はじめまして。4月からOTOTOYに新入社員として入社する鈴木雄希です。高校まで野球部で、キャプテンでキャッチャーをしていました。尊敬する選手は古田選手です! 音楽は渋谷系が好きで、小沢健二さんを敬愛しています。OTOTOYではロックを担当する予定です。みなさん、よろしくおねがいします! さて、僕は現在アルバイトとして週3回ほど会社に出勤しています。毎日刺激的なことが多いんですけど、あるときふと気がついたこ
by ?
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
OTOTOY AWARDS 2015 まとめ編──OTOTOYエディターズが選ぶ、各ジャンル・ベスト10作品
[CLOSEUP]・2015年12月18日・配信曲から各ジャンルの2015年OTOTOYベスト10作品をご紹介、まとめ編──OTOTOY AWARDS 2015 え~、年の暮れも近く、日々の生活を忙しいながら振り返るこの季節。おまっとさんで、毎年恒例、OTOTOYスタッフ・セレクトによるOTOTOY AWARDSの季節。今年は新機軸、配信カタログの充実とともに今年はさまざまなジャンルにて展開いたします。各ジャンル順次公開していきますのでチェックをよろしくお願いいたします! 邦楽ロック / ポップス編 いやー、ついにあのユニットが大ブレイク。まだまだ無名の時代からしっかりフォローしてたのは間違いなくOTOTOYでしょう! インディ・ロック・バンドはかなり面白いバンドが目白押しだったんですが、“シティポップ”なる言葉で逆にわからなくなってしまった側面も……。とはいえceroの勢いはすごかった! OTOTOY AWARDS 2015 邦楽ロック / ポップス編はこちらへ 洋楽ロック / ポップス編 出るぞ、出るぞとここ数年言われていた歌姫、アデルの圧倒的な新作がついに登場! 1980年代のエレクトロ路線にカムバックしたようなニュー・オーダーのひさびさの
FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門
[POWERPUSH]・2013年07月08日・ さあ、今年もそわそわしはじめる時期がやってきましたね。そうです。もう2013年のフジロック・フェスティバルの開催まであとわずかなんです。タイムテーブルも発表されたことだし、わくわくしながらスケジュールを考えているわけですが、果たしてどっちのステージに向かうか、鬼の選択を迫られる場面がここも、あそこも…。 なんて話でいまごろきっとOTOTOYのスタッフも盛り上がっているんだろうなーと思ってたんですが…。どうやら聞いたところだと、日頃OTOTOYの業務を手伝う学生インターンや若いスタッフたちは、どうもそこまでピンときてない様子だという。いわく、「海外のアーティストはあまり知らない」とか、「とりあえず有名なやつは見ておきたいけど」とか、「好きな日本のバンドが出るから、自分はそっち目的っす」とか、どうもそんな調子らしい。 けしからん。それは実にけしからん! フジロックは、世界各国からさまざまなアーティストが一挙に集まる、1年に1度の祭なのだよ。英米のアーティストはもちろん、普段なかなか生で触れる機会のない南米やアジア、アフリカの音楽をここまで一気に、しかもカジュアルに楽しめる場なんて、フジくらいのもんです。世界の
by 渡辺 裕也
怒髪天『サムバディー芋煮会』チャリティ配信スタート!
[POWERPUSH]・2011年03月24日・ 2011年3月11日の東日本大震災を受け、本サイトでは12日に被災地救済支援コンピレーション『Play for Japan』の制作を発表。多くのミュージシャン、イラストレーター、キュレーターの協力を得て、5日後の17日に112アーティスト、112曲、6枚組のコンピレーション・アルバムをリリースした。そして震災から3週間が経った4月1日、第二弾として『Play for Japan vol.7~10』をリリースした。 10枚組の大型コンピレーションを出そうとも、そこには収まりきらない思いがある。多くの表現者、発信者たちが、日本の、東北の現状を見つめ、自分に出来ることを考え、実行に移している。そのことを伝えなければならない。そして記録しなければならない。時間と共に、震災の記憶を薄れさせないために。このページでは、彼らの活動とメッセージを更新し続けていきます。 怒髪天『サムバディー芋煮会』チャリティ配信スタート! 2009年「風とロックFES 福島」(福島県郡山市)、2010年「風とロック芋煮会」(福島県裏磐梯)、2011年「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」(福島県内6会場)、2012年「風とロックふ
LOCAL REPORT『今一度福島を洗濯し候。』VOL.2
[LOCALREPORT]・2009年07月25日・ VOL.2 recommuniをご覧の皆様こんにちは、あやぽんごです。福島では桃の最盛期を迎え、農家の方々は、朝早くから摘果や出荷に大忙しです。ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、福島の桃は甘く堅いのが特徴です。果物の一番美味しいところは皮と実の間と言われております。是非、もぎたてをジーンズに擦りつけてうぶ毛を落とし、皮のままかぶりついてみてください。 さて、前回の予告通り、今回からは福島で音楽活動を行っているバンドをピック・アップさせていただきたいと思います。ここに推薦させていただいた以上、一つ一つ愛情と責任をもって紹介させて頂きます。どうかご覧になられた皆様の中から、一人でも多くの方に音源を耳にして頂く機会を作って頂けたら幸いです。 LOCAL REPORT No.1 -福島の天使の歌声- 優しさライセンス(2001-) Vo.Gt:千葉俊和 / Ba :秦 広希 / Dr :阿部光男 1st Album『壁』2nd Album『こりゃ傑作だ。』Best Album『世の中の表裏が判り申した。』 2001年、当時大学5年生だった千葉と友人の阿部(Dr)と安部(元Gt)らが、使わなくなった選