なんてことのない「心の風景」を、あえて、渡してみたい──長澤知之、デビュー10周年目の渾身の作、ハイレゾ配信

2016年前半、ALとしてのリリースとパフォーマンスでロック・シーンの話題をさらった長澤知之が、デビュー10周年の節目に渾身のソロ作品をリリース! 共同サウンドプロデューサー益子樹(ROVO)による、本人の鼓動に寄り添ったプロダクションを軸にもう死んだ人たち、ジム・オルークバンドなどでベーシストとして活動する須藤俊明、大柴広己のサポート他で知られるドラム・吉本ヒロ、ゲスト・コーラスに一色徳保(つばき)が参加。「風鈴の音色」では新鋭の女性シンガー・ソングライター、村上紗由里をメイン・ヴォーカルに添える大胆な試みも披露。今までにない実験性と彼の持つ普遍性が融合した意欲的な作品に仕上がった。OTOTOYではCDの発売に先駆け、ハイレゾ配信をスタート。

デビュー10周年を迎えて渾身のソロ・アルバム、先行ハイレゾ配信!!

長澤知之 / GIFT

【Track List】
01. 時雨
02. 舌
03. アーティスト
04. 君だけだ Acoustic Ver.
05. ボトラー
06. 風鈴の音色
07. 無題

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
アルバム 2,800円(税込)

REVIEW : 長澤知之『GIFT』

わたしたちにはそれぞれ、どんな「心の風景」があるだろう。たとえばそれは、自分のふるさとの景色かもしれないし、夜道で遠くから聞こえる電車の音かもしれない。あるいは、惨めさを感じた夕方。寝起きに聞こえた雨音。イヤホンコードの絡まりを解きながら家を出る瞬間。いつの間にか、あんなに欲しかったものが溜息にかわってしまっていたこと。どうにも名前のつけられない、「無題」と呼びたくなるような心の隙間。


長澤知之 / 無題

長澤知之の新譜『GIFT』は、自身のブログで宣言していた通り「流れる水みたいな」アルバムだった。常に流れているからこその澄み切った美しさや諦め、そして流れの中でも揺るがない信念。日常や、感情にしても、たくさんの思い出にして“流れていく”ということは、きっと滞ることよりも難しいことだろう。流れるために必要なのは、緩急と挑戦。それが、アルバム全体の構成や、言葉選び、感情の波、音の一つ一つによって表現されている。特に、今回自身初の取り組みとして日本のダンス・ミュージックを牽引してきたROVOの益子樹を共同サウンド・プロデューサーに迎えたことによって、音の配置が整理され、言葉とサウンドが絶妙に絡み合うよう研ぎ澄まされていったように感じられる。

でもきっと、それだけではない。流れるために必要なのは、自分ではない“誰か”の存在じゃないだろうか。ひとりでは滞ってしまうような日常が、“誰か”の些細な一言で、いとも簡単に流れていくこともあるのだ。それがとてもよく表れているのは、2曲目「舌」のあちこちに散りばめられた「ただいま」「おかえり」「おはよう」「おやすみ」といった不特定多数の“誰か”の声。その様々な声には、自分ひとりでは成立し得ない空気と温度が宿っている。それは、きっと誰しもが頷ける、普遍的なもの。冬の日のお鍋のような、あたたかな感触だ。

「あなたがくれた思い出がよみがえる」(6曲目「風鈴の音色」より)

そんな流れゆく日常の中でも、たしかに残っていく「心の風景」。『GIFT』には、誰かに、あるいは自分に、リボンをかけて渡したくなるような、自分だけの心の風景を見ることができる。それはおそらく、他人の目から見ればなんてことのないものだ。でもそれを、あえて、渡してみたい。『GIFT』という名の通り、この作品は聴く人それぞれに特別なものを感じさせる、彼からの、そしてあなたからの、唯一無二の贈り物だ。ただのセンチメンタルではなく、流れるように、ずうっと聴いていられる、澄んだアルバムだ。(text by 角萌楓)

関連作品

AL / 心の中の色紙

世代を代表するソングライター、小山田壮平と長澤知之から生み出される珠玉のリリックとメロディー。確固たるパートナーシップで築かれたハーモニーが鳴り響き、藤原寛と後藤大樹による鉄壁のグルーヴが加わるALの傑作アルバム。

>>ALのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017
2016年1月21日(土)@東京キネマ倶楽部
2016年1月24日(火)@umeda AKASO
2016年1月31日(火)@福岡LIVE & 喫茶 照和
2016年2月1日(水)@福岡LIVE & 喫茶 照和

PROFILE

長澤知之

2006年「僕らの輝き」でデビュー。以降コンスタントにライヴ活動を行いながら、2011 年4月に発表した自身初のフル・アルバム『JUNKLIFE』が各所で評判となり、活動の幅が一気に広がる。2013年11月には、多様なアーティストをゲストに迎えた楽曲を含むセカンド・アルバム『黄金の在処』をリリース。

2015年、自身の活動と並行し、プライベート・プロジェクトとして楽曲制作やライヴを断続的に行っていたユニット、AL(小山田壮平×長澤知之)をバンドとして正式に活動発表。2016年4月13日にファースト・アルバム『心の中の色紙』をリリースし、全国ツアー「AL 1st Tour 2016」を開催した。

7月からは「Nagasawa Tomoyuki Acoustic Live 2016」をスタート、11月3日(木・祝)には渋谷 duo MUSIC EXCHANGEでのファイナル公演を迎え、12月7日にミニ・アルバム『GIFT』をリリース。来年1月にはツアー「Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017」の開催が決定している。

>>長澤知之 オフィシャル・サイト

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】祝! 29周年後半&初ハイレゾ! KAN、弦楽四重奏とのセルフ・カヴァー・アルバム
[REVIEW]・2017年03月24日・"特別感謝活動年"に放つ初ハイレゾーーKAN、弦楽四重奏と作ったセルフ・カヴァー・アルバムをリリース シンガー・ソングライターのKANが、昨年芸能生活29周年を迎え"特別感謝活動年"とタイトルをつけ勢力的な活動の後半戦に、弦楽四重奏とともに作られたセルフ・カヴァー・アルバムをリリースした。彼自身初のハイレゾ音源作品にもなる。「愛は勝つ」「まゆみ」などの超名曲や、ビートルズのカヴァーも収録。数々の名曲を生み出してきたKANクラシックスの集大成を、ハイレゾでじっくり聴いていただきたい。 KAN / la RINASCENTE'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,240円(税込)【Track List】''01. Menuett für Frau Triendl02. 世界でいちばん好きな人03. CLOSE TO ME04. いつもまじめに君のこと05. 月海06. キリギリス07. Here, There and Everywhere08. 愛は勝つ09. まゆみ10. 彼女はきっとまた11. 星屑の帰り道 REVIE
【REVIEW】OMAKE-CLUBより、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB & 中小企業が同時リリース!!
[REVIEW]・2017年03月16日・〈OMAKE-CLUB〉より、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB & 中小企業が同時リリース!! TOKYO HEALTH CLUBを中心とした"ミュージシャンの、ミュージシャンによる、ミュージシャンのための、著作権フリーのインターネット踏み台レーベル"を掲げる〈OMAKE-CLUB〉が、現在フェスにライヴに引っ張りだこな4MC’s、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBのセカンド・アルバム『OFF THE WALL』をリリース!! そして同日にはMC、トラック・メイクはもちろん、アートワークも自身で手がけるユニット、中小企業もセカンド・アルバム『NESS』も発売。OTOTOYではJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBはハイレゾ、中小企業をCD音質にて配信開始。今大注目のレーベルからの2作品、レヴューと共にお楽しみください。 JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / OFF THE WALL'【Track List】01. FANTASTIC 402. ONETIME03. STAYGOLD, LIFE GOES ON04. GOOD
Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート
[REVIEW]・2017年03月15日・Suchmos、全国18箇所をめぐるツアー〈TOUR THE KIDS〉を定期レポート Suchmosが、2017年3月2日(木)のclub Lizard YOKOHAMAを皮切りに全国ツアー〈TOUR THE KIDS〉をスタートした。2017年1月25日リリースのアルバム『THE KIDS』を提げ、全国18箇所をめぐる旅に出た6人のメンバーたち。2016年は14本の夏フェスに出演、フジロックフェスティバルのホワイトステージでも圧巻のライヴ・パフォーマンスを見せつけ、その存在感と実力を示した彼らの旅の様子をOTOTOYでは定期的にレポート。各地に足を運びその様子を写真とともにお届けする。 >>ツアー初日、2017年3月2日(木)@club Lizard YOKOHAMA>>ツアー6日目、2017年3月15日(水)@高崎club FLEEZ 間違いなくジャンルレスな決定作 Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3
by 西澤 裕郎
【REVIEW】KiWi、クラブ・ミュージックで描く「魔法のキウイを盗んだ少年少女とおばけの織りなす物語」
[REVIEW]・2017年03月17日・【REVIEW】KiWi、クラブ・ミュージックで描く「魔法のキウイを盗んだ少年少女とおばけの織りなす物語」 Maltine Records、TREKKIE TRAXからも作品をリリースするDJ/トラックメイカー・AZUpubschoolと、作詞・作曲・編曲・ミックス・マスタリングまで自身でこなす音楽作家兼アーティスト・COR!Sによるコンポーザー・デュオ、KiWi。魔法のキウイを盗んだ少年少女と、彼らに取り憑くおばけの織りなす物語を描いた音楽集『March』をハイレゾ配信スタート。これまでのEPとシングルに収録された楽曲を中心に、過去曲は再レコーディング・リマスタリングを行い新曲を収録した全13曲。最新鋭のクラブ・ミュージック要素に、おもちゃ箱のような多彩なメロディーを詰め込んだ絵本のような珠玉の作品をお楽しみあれ!! 最新ベースミュージックで描くかわいいファンタジーKiWi / March【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】1. KiWi物語 / 2. Greed Greed / 3. SUGAR PANIC
by 西澤 裕郎
【REVIEW】次の流行!? ポスト・J-POP・ユニットLOVE SPREAD1stフル・アルバムをリリース!
[REVIEW]・2017年03月09日・【REVIEW】次の流行!? ポスト・J-POP・ユニットLOVE SPREAD1stフル・アルバムをリリース! アメリカ・ニューヨークのブルックリンを拠点として活動している日本逆輸入・エレクトロ・ポップ・ユニットのLOVE SPREAD。彼らの1stフル・アルバムが3月9日、日本に登場! 日本盤では既存の7曲に加えて限定曲3曲を付けて配信中! 今回は配信とともにレビューでご紹介! LOVE SPREAD / SAYONARA FOREVER(The Shape of J-pop to Come)'【配信形態】alac,flac,wav,aac【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム価格 1,620円(税込)【収録曲】''01.BLODDY NOSE NORTH PARK02.MyrtleWyckoff03.SAYONARA FOREVER04.foreveralone05.Die some other day (too lazy)06.ALTf407.きっと目を開けてもいいことなんか何もないから(Japan Bounus Track)08.本当は辛いはずなのに(Japan Bounus Trac
by 丸山健人
Nakamura Emiの言うことを聞け! その先はあなた次第。
[REVIEW]・2017年03月10日・誰もが心救われる鋭くも優しいNakamura Emiによる全ての人々への賛美歌 NakamuraEmiが3月8日(水)にメジャー2ndアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4』をリリースした。リード・トラック「大人の言うことを聞け」は〈大人と子供の間〉にいる彼女の全ての人々に向ける賛美歌であり、「めしあがれ」は母との生活、「メジャーデビュー」には共に戦う仲間と熱いやり取りが綴られている。人間と向き合ったからこそ生まれた曲がたくさん詰め込まれた本作をOTOTOYではハイレゾ配信。そしてレビュー掲載する。 メジャー2ndアルバムをハイレゾ配信Nakamura Emi / NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.4(24bit/48kHz) '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 540円 まとめ価格 3,000円【収録曲】''1. Rebirth2. 大人の言うことを聞け3. 晴人4. ボブ・ディラン5. ヒマワリが咲く予定6. ハワイと日本7. めしあがれ8. メジャーデビュー REVIEW : 「大人と子供の間」の立場
by 宮尾茉実
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回
[REVIEW]・2017年03月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第2回 今月もやってまいりました、HIP HOPライター斎井直史による定期連載、「パンチライン of The Month」第2回です! 前回はイントロダクションとして、日本の音楽シーンを賑わすSuchmosとアメリカのビルボード・チャートを賑わす3人組Migosの2組から、「日本で市民権を得るブラック・ミュージックって?」という内容でしたが、今回は2017年ベスト級のアルバムとの呼び声も高いJJJの2ndアルバム『HIKARI』を斎井による視点でレヴュー。さて、今月のパンチラインは一体!? JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat. 鋼田テフロン02. ELA03. EXP feat. KID FRESINO04. COWHOUSE feat. YOUNG JUJU05. HPN feat. 5LACK06. PLACE TO GO07. ORANGE feat. STICKY08. DJANGO!09. COLD10. SOUL11. MIDNIGHT BLU feat. 仙人
by 斎井 直史
【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年03月08日・ライム、ビーツ&若大将——加山雄三リミックス集をハイレゾ配信 2015年にリリースされヒットとなったPUNPEEによる「お嫁においで2015」に続いて、加山雄三の名曲を、さまざまなアーティストたちがリミックスした作品『加山雄三の新世界』がここにリリースされた。前述のPUNPEEをはじめ、ECDやライムスター、スチャダラパー、サイプレス上野とロベルト吉野などなど、ヒップホップ系アーティストを中心に、ももいろクローバーZ、水曜日のカンパネラなども参加、まさに多彩なメンツが集合となったコンピレーションだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。レヴューとともにお届けしよう。 V.A. / 加山雄三の新世界'【Track List】01. お嫁においで2015 feat. PUNPEE02. 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian03. 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ04. ブラック・サンド・ビーチ〜エレキだんじり〜 feat. スチャダラパー05. 旅人よ feat. RHYMESTER06. 夕陽は赤く(yah-man version) feat.
by 河村 祐介