なんてことのない「心の風景」を、あえて、渡してみたい──長澤知之、デビュー10周年目の渾身の作、ハイレゾ配信

2016年前半、ALとしてのリリースとパフォーマンスでロック・シーンの話題をさらった長澤知之が、デビュー10周年の節目に渾身のソロ作品をリリース! 共同サウンドプロデューサー益子樹(ROVO)による、本人の鼓動に寄り添ったプロダクションを軸にもう死んだ人たち、ジム・オルークバンドなどでベーシストとして活動する須藤俊明、大柴広己のサポート他で知られるドラム・吉本ヒロ、ゲスト・コーラスに一色徳保(つばき)が参加。「風鈴の音色」では新鋭の女性シンガー・ソングライター、村上紗由里をメイン・ヴォーカルに添える大胆な試みも披露。今までにない実験性と彼の持つ普遍性が融合した意欲的な作品に仕上がった。OTOTOYではCDの発売に先駆け、ハイレゾ配信をスタート。

デビュー10周年を迎えて渾身のソロ・アルバム、先行ハイレゾ配信!!

長澤知之 / GIFT

【Track List】
01. 時雨
02. 舌
03. アーティスト
04. 君だけだ Acoustic Ver.
05. ボトラー
06. 風鈴の音色
07. 無題

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
アルバム 2,800円(税込)

REVIEW : 長澤知之『GIFT』

わたしたちにはそれぞれ、どんな「心の風景」があるだろう。たとえばそれは、自分のふるさとの景色かもしれないし、夜道で遠くから聞こえる電車の音かもしれない。あるいは、惨めさを感じた夕方。寝起きに聞こえた雨音。イヤホンコードの絡まりを解きながら家を出る瞬間。いつの間にか、あんなに欲しかったものが溜息にかわってしまっていたこと。どうにも名前のつけられない、「無題」と呼びたくなるような心の隙間。


長澤知之 / 無題

長澤知之の新譜『GIFT』は、自身のブログで宣言していた通り「流れる水みたいな」アルバムだった。常に流れているからこその澄み切った美しさや諦め、そして流れの中でも揺るがない信念。日常や、感情にしても、たくさんの思い出にして“流れていく”ということは、きっと滞ることよりも難しいことだろう。流れるために必要なのは、緩急と挑戦。それが、アルバム全体の構成や、言葉選び、感情の波、音の一つ一つによって表現されている。特に、今回自身初の取り組みとして日本のダンス・ミュージックを牽引してきたROVOの益子樹を共同サウンド・プロデューサーに迎えたことによって、音の配置が整理され、言葉とサウンドが絶妙に絡み合うよう研ぎ澄まされていったように感じられる。

でもきっと、それだけではない。流れるために必要なのは、自分ではない“誰か”の存在じゃないだろうか。ひとりでは滞ってしまうような日常が、“誰か”の些細な一言で、いとも簡単に流れていくこともあるのだ。それがとてもよく表れているのは、2曲目「舌」のあちこちに散りばめられた「ただいま」「おかえり」「おはよう」「おやすみ」といった不特定多数の“誰か”の声。その様々な声には、自分ひとりでは成立し得ない空気と温度が宿っている。それは、きっと誰しもが頷ける、普遍的なもの。冬の日のお鍋のような、あたたかな感触だ。

「あなたがくれた思い出がよみがえる」(6曲目「風鈴の音色」より)

そんな流れゆく日常の中でも、たしかに残っていく「心の風景」。『GIFT』には、誰かに、あるいは自分に、リボンをかけて渡したくなるような、自分だけの心の風景を見ることができる。それはおそらく、他人の目から見ればなんてことのないものだ。でもそれを、あえて、渡してみたい。『GIFT』という名の通り、この作品は聴く人それぞれに特別なものを感じさせる、彼からの、そしてあなたからの、唯一無二の贈り物だ。ただのセンチメンタルではなく、流れるように、ずうっと聴いていられる、澄んだアルバムだ。(text by 角萌楓)

関連作品

AL / 心の中の色紙

世代を代表するソングライター、小山田壮平と長澤知之から生み出される珠玉のリリックとメロディー。確固たるパートナーシップで築かれたハーモニーが鳴り響き、藤原寛と後藤大樹による鉄壁のグルーヴが加わるALの傑作アルバム。

>>ALのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017
2016年1月21日(土)@東京キネマ倶楽部
2016年1月24日(火)@umeda AKASO
2016年1月31日(火)@福岡LIVE & 喫茶 照和
2016年2月1日(水)@福岡LIVE & 喫茶 照和

PROFILE

長澤知之

2006年「僕らの輝き」でデビュー。以降コンスタントにライヴ活動を行いながら、2011 年4月に発表した自身初のフル・アルバム『JUNKLIFE』が各所で評判となり、活動の幅が一気に広がる。2013年11月には、多様なアーティストをゲストに迎えた楽曲を含むセカンド・アルバム『黄金の在処』をリリース。

2015年、自身の活動と並行し、プライベート・プロジェクトとして楽曲制作やライヴを断続的に行っていたユニット、AL(小山田壮平×長澤知之)をバンドとして正式に活動発表。2016年4月13日にファースト・アルバム『心の中の色紙』をリリースし、全国ツアー「AL 1st Tour 2016」を開催した。

7月からは「Nagasawa Tomoyuki Acoustic Live 2016」をスタート、11月3日(木・祝)には渋谷 duo MUSIC EXCHANGEでのファイナル公演を迎え、12月7日にミニ・アルバム『GIFT』をリリース。来年1月にはツアー「Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017」の開催が決定している。

>>長澤知之 オフィシャル・サイト

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──〈岡村詩野音楽ライター講座〉よりクロス・レヴュー
[REVIEW]・2017年06月23日・シャムキャッツ新アルバム『Friends Again』を読み解く──新たに提示する“シャムキャッツの音楽”とは 昨年、自主レーベル〈TETRA RECORDS〉を立ち上げ、バンド史上最高のアンセムとなった『マイガール』、バラエティ豊かな楽曲が並ぶ『君の町にも雨はふるのかい?』を立て続けにリリースしたシャムキャッツ。今回リリースされる『Friends Again』は、実に約3年3ヶ月ぶり、そして〈TETRA RECORDS〉立ち上げ以降、初のフル・アルバムとなった。前作『AFTER HOURS』リリース以降、様々な方法で表現をし、“新たなシャムキャッツ”を模索し続けていた彼ら。そんなシャムキャッツが満を持して世間に放つ音楽とは……。現在開催中の、オトトイの学校〈岡村詩野音楽ライター講座〉の講座生によるレヴューとともに紐解いてみてはいかがだろうか。 前作から約3年3か月ぶりのフル・アルバム! シャムキャッツ / Friends Again'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. 花草
虹色に輝く個性派ダンス&ヴォーカル! 大阪☆春夏秋冬、ニューシングルを独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年06月20日・虹色に輝く個性派ダンス&ヴォーカル! 大阪☆春夏秋冬、ニューシングルを独占ハイレゾ配信 大阪出身、平均年齢18歳の6人からなるアイドル・ユニット、大阪☆春夏秋冬(通称しゅかしゅん)。パワフルなステージングでアイドル界を魅了してきた彼女たちの楽曲がついにOTOTOYで配信開始! し・か・もー、ハイレゾはOTOTOY限定(まとめ購入でブックレットpdfもつきます)。記念すべきしゅかしゅん初ハイレゾを夏の到来とともにお聴きください。 アルバム購入でブックレットpdfつき!大阪☆春夏秋冬 / レインボーカラー'【収録曲】1. レインボーカラー2. What you gonna do3. レインボーカラー -Instrumental-4. What you gonna do -Instrumental-【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 250円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込) しゅかしゅんは成長し続ける 大阪☆春夏秋冬というと、パワフルでソウルフル、そしてダンサブルなイメージが強いが、ニュー・シングル『レインボーカラー』では、もとも
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回
[REVIEW]・2017年06月10日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第5回 関東地方は梅雨入り、気温も上がったり下がったりと不安定な気候ですが皆様いかがお過ごしでしょうか? HIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も今月で5回目。前回は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」を取り上げましたが、今月は「#超WAVYでごめんね」というワードが話題を集めている新世代、JP THE WAVYと来日を間もなくに控えるワシントンD.C.出身のラッパー、GoldLinkの特集です! そして今月も取り上げた作品がOTOTOYで配信してないんです...すみません! OTOTOYでも配信出来るようがんばりますので、コラムと同じくOTOTOYも引き続きよろしくお願いします! 第5回 JP THE WAVYとGoldlink 今月は、既に話題になっていますが自分もコレに反応せずにはいられなかった! JP THE WAVYの「Cho Wavy
by 斎井 直史
【REVIEW】もやもやをぶっとばす、ナードマグネットの新作『MISS YOU』を聴いてみろ!
[REVIEW]・2017年06月09日・【REVIEW】もやもやをぶっとばす、ナードマグネットの新作『MISS YOU』を聴いてみろ! 昨年フル・アルバム『CRAZY,STUPID,LOVE』をリリースし、彼らの本拠地でもある大阪から全国にその名を広げつつあるナードマグネット。パワフルなポップソングかつエモーショナルなサウンドと、その音に乗せられるどこか少年っぽさのある須田の歌声が魅力であるナードマグネットから、またもや甘酸っぱい儚くもポップな1枚が届いた。フレンズの三浦太郎との共作曲や、今年2月にツーマン企画〈渡り廊下で先輩殴るツーマン〉で共演したGOING UNDER GROUND「グラフティー」のカヴァー、1stシングル『AFTER SCHOOL』に収録されている「グッバイ」の再録などを含む全6曲。ナードマグネットの新しい代名詞になりそうな本作をレヴューとともにお届けする。 約1年ぶり新作ナードマグネット / MISS YOU '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 300円(税込) / アルバム
by せんだ
F.I.X.RECORDSがおくる『Pure』シリーズ最新作をDSD配信
[REVIEW]・2017年06月01日・前作から約6年、F.I.X.RECORDSがおくる『Pure』シリーズ最新作をDSD配信開始 F.I.X.RECORDSがおくる高音質CDプロジェクト「Project Pure」シリーズの第3弾となる『Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-』が、SACDハイブリッド盤とアナログ盤のリリースに続き、配信でも販売開始された。2007年に第1弾『Pure AQUAPLUS LEGEND OF ACOUSTICS』、2011年に第2弾『Pure2 Ultimate Cool Japan Jazz』が発売。どちらもアニソン・ファンだけでなくオーディオ・ファンの間でも高評価を獲得、ロングセラーとなった。また続編の制作は早くからアナウンスされていたこともあり、前作から約6年を経て満を持して発表された今作を、心待ちにしていた人も多いのではないだろうか。 Pure3 Feel Classics -Naoya Shimokawa-'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324
by 純三
【REVIEW】【REVIEW】大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!!
[REVIEW]・2017年05月25日・大人になったSALUが描く藍色の世界とは?──過去最高傑作『INDIGO』のハイレゾ配信がスタート!! 香取慎吾、尾崎豊の息子である尾崎裕哉、湘南乃風の若旦那、韓国のラップ・グループiKON等からの作詞オファーやSKY-HI(AAA・日高光啓)との共作アルバムなど、自身のクリエイティヴのみならず多方面で活躍を続けるラッパー・SALU。前作『Good Morning』はゲストにSalyuや中島美嘉、トラックにtofubeatsやケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)などを招き製作された意欲作でしたが、4枚目のアルバムとなる今作『INDIGO』はよりポップに重きを置いた1枚に。気になる客演には漢 a.k.a GAMI、D.O、そして今話題沸騰中のゆるふわギャングらが参加しており、そちらにも要注目。OTOTOYではハイレゾ配信とともに、レヴューを公開。SALUが描く藍色の世界とは? SALU / INDIGO'【Track List】01. WALK THIS WAY02. LIFE STYLE feat. 漢 a.k.a. GAMI, D.O03. TOKYO04. SPACE05. Dear My Frien
【REVIEW】ぱいぱいでか美 ”愛に溢れた”新シングルOTOTOY配信スタート! 
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ぱいぱいでか美、”愛に溢れた”新シングル ライヴ活動やテレビ・ラジオ番組出演、グラビア、コラム執筆などマルチに活躍の幅を広げるぱいぱいでか美。そんな彼女が約1年半ぶりに新作をリリースした。自身初のラップに挑戦した曲や、彼女が大ファンであるももちこと嗣永桃子へ向けて綴った曲など、バラエティー豊かな渾身の1作である。OTOTOYで配信されるにあたり、でか美ヲタ歴2年の女子インターンによるレヴューを掲載! 約1年半ぶりダブルA面シングルぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません REVIEW : でか美なりの”愛”が詰まった全力の3曲 友人に「ぱいぱいでか美が超好きで~」と言ったら「あ~あのぱいぱいでか美ね」と軽く頷いてくれるようになった。インパクト大の芸名を、すんなり受け入れられつつあると感じるここ最近。日本テレビ「有吉反省会」での博多大吉との、”愛人関係である”とい
by せんだ
野外ライヴ3連戦中のベイビーレイズJAPAN、13枚目のシングルをリリース
[REVIEW]・2017年05月25日・スマホがテーマの新曲に、メモリアルなあの曲まで! ベイビーレイズJAPAN、13thシングルをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANが5月24日に13枚目のシングル『バキバキ』をリリースした。エモーショナルなライヴに定評のある彼女たちのライブラリに新たに加わったのは、「バキバキ」「よきよき」「2years」と、テーマが異なる3曲のラインナップだ。 ベイビーレイズJAPAN / バキバキ'【収録曲】1. バキバキ2. よきよき3. 2years4. バキバキ(Inst.)5. よきよき(Inst.)6. 2years(Inst.)【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】''単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込) 3曲3様、ベビレの世界 ベイビーレイズJAPANは現在「野外ワンマン3連戦」を開催中で、第1戦目は、2017年4月9日(日)に日比谷野外音楽堂にて行われた(2戦目は6月24日に稲毛海浜公園 野外音楽堂で開催)。第1戦目について、詳しくはライヴレポートを読んでいただくとして、この時にも披露された表題曲「バキバキ」のテーマは、なんと"スマー