なんてことのない「心の風景」を、あえて、渡してみたい──長澤知之、デビュー10周年目の渾身の作、ハイレゾ配信

2016年前半、ALとしてのリリースとパフォーマンスでロック・シーンの話題をさらった長澤知之が、デビュー10周年の節目に渾身のソロ作品をリリース! 共同サウンドプロデューサー益子樹(ROVO)による、本人の鼓動に寄り添ったプロダクションを軸にもう死んだ人たち、ジム・オルークバンドなどでベーシストとして活動する須藤俊明、大柴広己のサポート他で知られるドラム・吉本ヒロ、ゲスト・コーラスに一色徳保(つばき)が参加。「風鈴の音色」では新鋭の女性シンガー・ソングライター、村上紗由里をメイン・ヴォーカルに添える大胆な試みも披露。今までにない実験性と彼の持つ普遍性が融合した意欲的な作品に仕上がった。OTOTOYではCDの発売に先駆け、ハイレゾ配信をスタート。

デビュー10周年を迎えて渾身のソロ・アルバム、先行ハイレゾ配信!!

長澤知之 / GIFT

【Track List】
01. 時雨
02. 舌
03. アーティスト
04. 君だけだ Acoustic Ver.
05. ボトラー
06. 風鈴の音色
07. 無題

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
アルバム 2,800円(税込)

REVIEW : 長澤知之『GIFT』

わたしたちにはそれぞれ、どんな「心の風景」があるだろう。たとえばそれは、自分のふるさとの景色かもしれないし、夜道で遠くから聞こえる電車の音かもしれない。あるいは、惨めさを感じた夕方。寝起きに聞こえた雨音。イヤホンコードの絡まりを解きながら家を出る瞬間。いつの間にか、あんなに欲しかったものが溜息にかわってしまっていたこと。どうにも名前のつけられない、「無題」と呼びたくなるような心の隙間。


長澤知之 / 無題

長澤知之の新譜『GIFT』は、自身のブログで宣言していた通り「流れる水みたいな」アルバムだった。常に流れているからこその澄み切った美しさや諦め、そして流れの中でも揺るがない信念。日常や、感情にしても、たくさんの思い出にして“流れていく”ということは、きっと滞ることよりも難しいことだろう。流れるために必要なのは、緩急と挑戦。それが、アルバム全体の構成や、言葉選び、感情の波、音の一つ一つによって表現されている。特に、今回自身初の取り組みとして日本のダンス・ミュージックを牽引してきたROVOの益子樹を共同サウンド・プロデューサーに迎えたことによって、音の配置が整理され、言葉とサウンドが絶妙に絡み合うよう研ぎ澄まされていったように感じられる。

でもきっと、それだけではない。流れるために必要なのは、自分ではない“誰か”の存在じゃないだろうか。ひとりでは滞ってしまうような日常が、“誰か”の些細な一言で、いとも簡単に流れていくこともあるのだ。それがとてもよく表れているのは、2曲目「舌」のあちこちに散りばめられた「ただいま」「おかえり」「おはよう」「おやすみ」といった不特定多数の“誰か”の声。その様々な声には、自分ひとりでは成立し得ない空気と温度が宿っている。それは、きっと誰しもが頷ける、普遍的なもの。冬の日のお鍋のような、あたたかな感触だ。

「あなたがくれた思い出がよみがえる」(6曲目「風鈴の音色」より)

そんな流れゆく日常の中でも、たしかに残っていく「心の風景」。『GIFT』には、誰かに、あるいは自分に、リボンをかけて渡したくなるような、自分だけの心の風景を見ることができる。それはおそらく、他人の目から見ればなんてことのないものだ。でもそれを、あえて、渡してみたい。『GIFT』という名の通り、この作品は聴く人それぞれに特別なものを感じさせる、彼からの、そしてあなたからの、唯一無二の贈り物だ。ただのセンチメンタルではなく、流れるように、ずうっと聴いていられる、澄んだアルバムだ。(text by 角萌楓)

関連作品

AL / 心の中の色紙

世代を代表するソングライター、小山田壮平と長澤知之から生み出される珠玉のリリックとメロディー。確固たるパートナーシップで築かれたハーモニーが鳴り響き、藤原寛と後藤大樹による鉄壁のグルーヴが加わるALの傑作アルバム。

>>ALのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017
2016年1月21日(土)@東京キネマ倶楽部
2016年1月24日(火)@umeda AKASO
2016年1月31日(火)@福岡LIVE & 喫茶 照和
2016年2月1日(水)@福岡LIVE & 喫茶 照和

PROFILE

長澤知之

2006年「僕らの輝き」でデビュー。以降コンスタントにライヴ活動を行いながら、2011 年4月に発表した自身初のフル・アルバム『JUNKLIFE』が各所で評判となり、活動の幅が一気に広がる。2013年11月には、多様なアーティストをゲストに迎えた楽曲を含むセカンド・アルバム『黄金の在処』をリリース。

2015年、自身の活動と並行し、プライベート・プロジェクトとして楽曲制作やライヴを断続的に行っていたユニット、AL(小山田壮平×長澤知之)をバンドとして正式に活動発表。2016年4月13日にファースト・アルバム『心の中の色紙』をリリースし、全国ツアー「AL 1st Tour 2016」を開催した。

7月からは「Nagasawa Tomoyuki Acoustic Live 2016」をスタート、11月3日(木・祝)には渋谷 duo MUSIC EXCHANGEでのファイナル公演を迎え、12月7日にミニ・アルバム『GIFT』をリリース。来年1月にはツアー「Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017」の開催が決定している。

>>長澤知之 オフィシャル・サイト

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸