超話題の韓国4人組ロックバンド、hyukohにメール・インタヴューを敢行。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる!

左から、オ・ヒョク、イム・ヒョンジェ、イ・インウ、イム・ドンゴン

韓国で人気上昇中のバンド、hyukoh(ヒョゴ)。SUMMER SONIC 2016初出演、その後おこなわれた日本でのワンマンもSOLD OUTした彼らがついに日本デビュー。韓国ではすでに完売となった過去2作品「20」「22」のライセンス日本盤をリリースし、11月19日にはshibuya duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンを開催(こちらもあっというまにSOLD OUT!)。今もっとも見ておきたい彼らへのメール・インタヴューは必読です。

hyukoh / 20
【Track List】
01. Lonely
02. Feels like Roller-coaster ride
03. Ohio
04. 위잉위잉(Wi Ing Wi Ing)
05. Our place
06. I have no hometown
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)
hyukoh / 22
【Track List】
01. Settled down
02. 와리가리(Comes and goes)
03. 큰새(Big bird)
04. Mer
05. Hooka
06. 공드리(Gondry)
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)

INTERVIEW : hyukoh

2016年もいよいよ終盤。各所から「今年の年間ベストは?」なんて話もチラホラと聞こえてくる頃なので、まずはこの1年を振り返るところから、本稿を始めてみたいと思う。

それにしても、年間をとおしてこれほど話題作の尽きなかった年は、過去にあったんだろうか。思わずそう言いたくなるほど、今年はとんでもない年だった。ざっと思いつくものだけでも、リアーナ、ドレイク、カニエ・ウェスト、ビヨンセ、チャンス・ザ・ラッパー、アノーニ、ボン・イヴェール、PJハーヴェイ、フランク・オーシャン、ブラッド・オレンジ etc…。とにかく枚挙に暇がない。欧米、特にアメリカの動きをごく普通に追っているだけでも、この1年は退屈していられる時間がまったくなかったくらいだ。

とか言いつつ、今年は韓国の音楽がとにかく面白くて、個人的にはそっちにも夢中だった。たとえばそれは、ここ数年で日本にも少しずつ活況ぶりが伝わってくるようになった、ホンデ(弘大)のアンダーグラウンド界隈については勿論のこと、いわゆるK-POPと呼ばれるメインストリームの動きにおいてもそう。彼の国の音楽的なヴァリエーションの豊かさと質の高さは、いまや国際レヴェルで見比べても最高水準と言っていい。

そんな韓国のポップ・シーンにおいて、現在もっとも注目されるべきアクトといえば、当然それはヒョゴだ。元々は彼らも、ホンデを拠点として活動をスタートさせた若手インディ・バンドのひとつ。しかし、結成からまだ一年も経たないうちに、彼らは韓国の人気テレビ番組『無限挑戦』に出演し、それを機にバンドを取り巻く状況はドラスティックに変化していく。しかし、彼らはそうした急激な変化もいたってクールに受け止めているようだ。当時のことを、本人たちはこう振り返っている(以下、発言は筆者のメール・インタヴューによるもの)。

イム・ドンゴン(ベース) : このバンドのメンバーがみんな集まった時には、すでにヒョクが『20』というアルバムをひとりですべて作り終えた頃だったので、当時はそのアルバムの収録曲をホンデの小さいハコで演奏していたんです。それがあの番組の放送をきっかけとして、 一気に大きい舞台で公演することが増えて。でも、今でも気持ちはまったく変わってないですね。僕らはただ自分たちの音楽を、演奏したいと思った場所でやるだけなので。

イム・ヒョンジェ(ギター) : たしかに韓国のメインストリームはとても急進的ですが、ジャンル的な意味での豊かさは、あまり感じられないですね。恐らくそれは需要が傾いてるからだと思うんですが、 それでも盛んに新しいエネルギーを求めてるアーティストが出てきているのは事実です。それに、リスナーも新たな何かを求め続けていますので、これからもその規模は拡大していくのではないかと、僕らも考えています。

過去のロック・バンドのイメージと貫く何かになりたいと思っています

メインストリーム/アンダーグラウンドを問わず、韓国のポップ・アクトの大半がそうであるように、この4人のつくる音楽からは欧米の新しいポップスに呼応したものがはっきりと聴き取れる。つまり、彼らは現行のR&Bやジャズ/ファンク、あるいはアンビエントなエレクトロニカなどを音楽的なエッセンスとしているわけなんだが、それでいて興味深いのは、彼らがギター、ベース、ドラムというオーセンティックなロック・バンド編成を採っていることだ。実際のところ、彼らはその音楽性を培ううえで受けた影響が多岐にわたることを強調しながら、あくまでも自分たちを「ロック・バンド」として位置付けているのだという。

イム・ドンゴン : このバンドが「ロック」という大きなジャンルの中に属してるのは、事実だと思います。

オ・ヒョク : 最近はロック・バンドの象徴性が薄められているようにも感じるし、好きなように呼んでもらってかまわないんですが、僕らとしては、とにかく過去のロック・バンドのイメージと連なる何かになりたいと思っています。これから出る新しいアルバムも、その延長線にあるものですね。

現在のヒョゴは、ファースト・フル・アルバムの本国リリースをいよいよ間近に控えている状況だ。そしてこの曲“MASITNONSOUL”。なにはともあれ、まずはこちらを聴いてみてほしい。


혁오 (hyukoh) - MASITNONSOUL (맛있는술) MV

さあ、どうだろう。まるでレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“アラウンド・ザ・ワールド”を倍速にしたかのようなイントロだけで、つい興奮してこないだろうか。そう、ここで彼らが鳴らしているのは、紛うことなき“ロック”。北米のソロ・アクトによるブラック・ミュージックに刺激を受けながらも、それを独自の解釈でオーセンティックなバンド・サウンドに落とし込んできた4人が、ここにきて真正面のロックをかましてきたわけだ。いやー、これはきたるべき新作への期待値も、おおいに高まるってもんでしょう。

さて、そんな本国での新作発表が待たれるなか、ヒョゴがこれまでに発表してきた2タイトル『20』『22』がついにここ日本でもリリースされる運びとなった。ちなみにこのアルバム・タイトルは、同級生である4人の年齢をそのまま冠したもの。素っ気ないタイトルのようでいて、実はここにもオ・ヒョクなりのアイデアが表れている。

オ・ヒョク : 僕はその当時の状況や環境に影響されて歌詞を書くことが多いし、それこそ作品にはたった一度きりの時間が記録されるわけですから、それらを簡潔にまとめるという意味でも、タイトルはその時々の年齢にしたいなと思ったんです。ちなみに、このアートワークにもそれと同じような意味合いがあって、じつは2枚ともつながっているんですよ。描いてくれたのは、学校の先輩でもあるノ・サンホ(nemonan)さん。これは元々「ここから先のアートワークをぜんぶ繋げていけば、もしアルバムの中身がダメだったとしても、絵として残っていけるだろう」という、なかば冗談で始まったアイデアなんですけど、そうこうしていくうちに、僕らが年齢を重ねていくなかで直感的に見えてくるイメージを、このタイトルとともに描いていけたらなと思ったんです。

今夏の〈サマーソニック〉にも出演し、単独公演はすべてソールド・アウト。今回の国内ライセンス盤のリリースを前にして、ヒョゴはここ日本でも本格的なブレイクを迎えようとしている。となれば、今この2枚をチェックしておかない手はないだろう。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

LIVE

hyukoh
2016年11月19日(土)@渋谷duo
OPEN / START 17:30 / 18:30
SOLD OUT!!!

RECOMMEND

GUCKKASTEN / マニキュア(24bit/48kHz)

GUCKKASTENが、OTOTOYのためにミックスし直してくれた「マニキュア」「赤い畑(オリジナル)」「赤い畑(アコースティック ver.)」が配信開始。ボーカル、ハ・ヒョヌの表現力の豊かさを、このシングルを通して感じることが出来る。

404 / 1

韓国を代表する音楽賞「韓国大衆音楽賞」で新人賞を受賞した、ミニマムな編成でサウンドを鳴らす男性2人組ロック・バンド、404による、2013年7月7日の発売のアルバム。

PROFILE

hyukoh(ヒョゴ)

デビュー1年で“hyukoh カルチャー”を創った、今が最旬の韓国バンド。2014 年秋デビューの韓国4 ピースバンド。オ・ヒョク(Vo/G)、イム・ヒョンジェ(G)、イム・ドンゴン(B)、イ・インウ(Dr)の1993 年生まれの同級生で結成。洗練されたサウンドとブルージーな歌声が人気となり、個性の強いファッション・スタイルは音楽と一緒に凄まじいスピードで話題になり、「hyukoh」という文化を創ってしまった。デビュー1 年で音楽配信8 週連続5 位圏内を記録、アルバム完売等の快挙を連発した結果、数々の強豪アーティストを抑えて2015 年の年間ダウンロード・チャートが4 位と大健闘。さらにオ・ヒョクが参加した「応答せよ1988 Part3」サウンド・トラック「少女」は2 週連続1 位、2016 年上期26 週ホット100 位以内から外されず、最も愛された曲に選ばれた。昨年末のソウル@ ワンマンライブは 4000 キャパを即完売。すでに中華圏でもフェスやワンマンを次々成功させ、アジア各国からラブコールが絶えない。日本ではこの夏『SUMMER SONIC 2016』に出演、新人にして東京大阪の両ステージに立ち各方面から大反響。加えてサマソニ・エクストラとして代官山SPACE ODD で開催したワンマンはチケットが瞬殺。2016年11月9 日、トイズファクトリーより「20」「22」のライセンス盤をリリースし、秋には、大阪と東京でワンマン・ライブを開催。

TOY'S FACTORY ARTIST PAGE

o

 
 

インタヴュー

すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
JYOCHO、2ndミニアルバム『碧い家で僕ら暮らす』配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年09月13日・今作がJYOCHOとしての始まりーーテクニックと情緒が共存する、日本初世界レベルの2ndミニALに迫る ”だいじろー”こと中川大二朗によるプロジェクト、JYOCHO(読み : じょうちょ)が、2ndミニ・アルバム『碧い家で僕ら暮らす』をリリース。プログレッシヴ~マスロック~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した充実作。メンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、フルートにはち(JWE)、そして新たなボーカルとして猫田ねたこを迎えて完成させた本作について、だいじろーにロング・インタヴューで迫った。 世界へ飛び出す2ndミニ・アルバムを配信開始JYOCHO / 碧い家で僕ら暮らす'【Track List】1. Lucky Mother2. 碧い家3. hills4. tree,stone5. ほんとうのかたち6. 三つに分けること7. グラスの底は、夜 【配信形態 / 価格】''WAV / ALAC / FLAC /
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信】カーネーションが光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ
[CLOSEUP]・2017年09月13日・直枝政広が光を当てる退屈な「郊外」のおもしろさ──カーネーション17thアルバムをハイレゾ配信 来年結成35年目を迎えるカーネーションが、アニバーサリーを目前に快作を完成させた。今作『Suburban Baroque』の魅力は…… いみじくも下記の文章で岡村詩野が書き表しているのでそちらを読んでいただきたい。ただ、今回注目すべきところは何と言ってもハイレゾ24bit/96kHz用にマスタリングをした"High Resolution Unlimited Version”で配信をするということだろう。制作段階からハイレゾを意識してレコーディングをしていることで、彼らの奏でるグルーヴをより感じることができる。OTOTOYでももちろんハイレゾ配信を実施中。そんな今作には、2009年にカーネーションを脱退した矢部浩志をはじめ、張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ)や、岡本啓佑(黒猫チェルシー)、浦朋恵、佐藤優介(カメラ=万年筆)、田村玄一(KIRINJI)、 徳澤青弦、張替智広、藤井学(TheMiceteeth)、松江潤、矢部浩志、吉澤嘉代子などアルバムを彩る多くのゲストが参加。多彩なゲスト・ミュージシャンを迎
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源がマンスリーで続々配信開始
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、ATAK過去作品をマンスリーで配信開始! 渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAK。2002年に設立され、国内外の電子音楽を中心にカッティング・エッジなサウンドをリリースし続けたきたレーベルだ。本レーベルにてこれまでリリースされてきたカタログをこのたびOTOTOYでは、毎月3作品づつ、来年の2月まで約半年に渡って配信します。また過去作の配信とともにライター、八木皓平による渋谷慶一郎への配信作品の解説的なインタヴューを掲載。 2017年9月11日配信開始タイトル 第1弾となるリリースは、初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。しかも、その制作の起点となったDSDオリジナル・ヴァージョンを世界初配信。さらにレーベル初期のリリースとなる『ATAK001 slipped disc』。そして高橋悠治との『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信開始!第1弾配信作品の解説インタヴューはコチラDSD版のリリースは世界初配信Keiichiro Shibuya / ATAK015 for maria
by 八木 皓平
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第1弾
・2017年09月11日・渋谷慶一郎、『ATAK015 for maria』DSD版を含む過去作配信第1弾 ということで、今月から毎月11日に、半年に渡ってATAK過去作品を配信リリースしていきます。毎回、ライター、八木皓平によるインタヴューにて解説をお送りします。第1弾は過去作…… と言っても今回初めて世にでる注目音源を含む3作品。まずは初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。こちらはなんとその制作の起点ともなったDSDヴァージョンが初めての配信。こちらはCD音質版も配信。さらにレーベル初期の作品、『ATAK001 slipped disc』。さらに現代音楽の巨星、高橋悠治とのスリリングなセッション『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信します。インタヴュー : 八木皓平 要するにすごく僕を取り巻く環境が変わった──『ATAK015 for maria』 ──この定期連載のためにATAK作品をここしばらく色々聴き返していて、ふと思い出したんですけど…… 。 当時から聴いてたんだっけ? ──リアルタイムで聴い
by 八木 皓平