超話題の韓国4人組ロックバンド、hyukohにメール・インタヴューを敢行。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる!

左から、オ・ヒョク、イム・ヒョンジェ、イ・インウ、イム・ドンゴン

韓国で人気上昇中のバンド、hyukoh(ヒョゴ)。SUMMER SONIC 2016初出演、その後おこなわれた日本でのワンマンもSOLD OUTした彼らがついに日本デビュー。韓国ではすでに完売となった過去2作品「20」「22」のライセンス日本盤をリリースし、11月19日にはshibuya duo MUSIC EXCHANGEでのワンマンを開催(こちらもあっというまにSOLD OUT!)。今もっとも見ておきたい彼らへのメール・インタヴューは必読です。

hyukoh / 20
【Track List】
01. Lonely
02. Feels like Roller-coaster ride
03. Ohio
04. 위잉위잉(Wi Ing Wi Ing)
05. Our place
06. I have no hometown
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)
hyukoh / 22
【Track List】
01. Settled down
02. 와리가리(Comes and goes)
03. 큰새(Big bird)
04. Mer
05. Hooka
06. 공드리(Gondry)
【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC
【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ購入 1,234円(税込)

INTERVIEW : hyukoh

2016年もいよいよ終盤。各所から「今年の年間ベストは?」なんて話もチラホラと聞こえてくる頃なので、まずはこの1年を振り返るところから、本稿を始めてみたいと思う。

それにしても、年間をとおしてこれほど話題作の尽きなかった年は、過去にあったんだろうか。思わずそう言いたくなるほど、今年はとんでもない年だった。ざっと思いつくものだけでも、リアーナ、ドレイク、カニエ・ウェスト、ビヨンセ、チャンス・ザ・ラッパー、アノーニ、ボン・イヴェール、PJハーヴェイ、フランク・オーシャン、ブラッド・オレンジ etc…。とにかく枚挙に暇がない。欧米、特にアメリカの動きをごく普通に追っているだけでも、この1年は退屈していられる時間がまったくなかったくらいだ。

とか言いつつ、今年は韓国の音楽がとにかく面白くて、個人的にはそっちにも夢中だった。たとえばそれは、ここ数年で日本にも少しずつ活況ぶりが伝わってくるようになった、ホンデ(弘大)のアンダーグラウンド界隈については勿論のこと、いわゆるK-POPと呼ばれるメインストリームの動きにおいてもそう。彼の国の音楽的なヴァリエーションの豊かさと質の高さは、いまや国際レヴェルで見比べても最高水準と言っていい。

そんな韓国のポップ・シーンにおいて、現在もっとも注目されるべきアクトといえば、当然それはヒョゴだ。元々は彼らも、ホンデを拠点として活動をスタートさせた若手インディ・バンドのひとつ。しかし、結成からまだ一年も経たないうちに、彼らは韓国の人気テレビ番組『無限挑戦』に出演し、それを機にバンドを取り巻く状況はドラスティックに変化していく。しかし、彼らはそうした急激な変化もいたってクールに受け止めているようだ。当時のことを、本人たちはこう振り返っている(以下、発言は筆者のメール・インタヴューによるもの)。

イム・ドンゴン(ベース) : このバンドのメンバーがみんな集まった時には、すでにヒョクが『20』というアルバムをひとりですべて作り終えた頃だったので、当時はそのアルバムの収録曲をホンデの小さいハコで演奏していたんです。それがあの番組の放送をきっかけとして、 一気に大きい舞台で公演することが増えて。でも、今でも気持ちはまったく変わってないですね。僕らはただ自分たちの音楽を、演奏したいと思った場所でやるだけなので。

イム・ヒョンジェ(ギター) : たしかに韓国のメインストリームはとても急進的ですが、ジャンル的な意味での豊かさは、あまり感じられないですね。恐らくそれは需要が傾いてるからだと思うんですが、 それでも盛んに新しいエネルギーを求めてるアーティストが出てきているのは事実です。それに、リスナーも新たな何かを求め続けていますので、これからもその規模は拡大していくのではないかと、僕らも考えています。

過去のロック・バンドのイメージと貫く何かになりたいと思っています

メインストリーム/アンダーグラウンドを問わず、韓国のポップ・アクトの大半がそうであるように、この4人のつくる音楽からは欧米の新しいポップスに呼応したものがはっきりと聴き取れる。つまり、彼らは現行のR&Bやジャズ/ファンク、あるいはアンビエントなエレクトロニカなどを音楽的なエッセンスとしているわけなんだが、それでいて興味深いのは、彼らがギター、ベース、ドラムというオーセンティックなロック・バンド編成を採っていることだ。実際のところ、彼らはその音楽性を培ううえで受けた影響が多岐にわたることを強調しながら、あくまでも自分たちを「ロック・バンド」として位置付けているのだという。

イム・ドンゴン : このバンドが「ロック」という大きなジャンルの中に属してるのは、事実だと思います。

オ・ヒョク : 最近はロック・バンドの象徴性が薄められているようにも感じるし、好きなように呼んでもらってかまわないんですが、僕らとしては、とにかく過去のロック・バンドのイメージと連なる何かになりたいと思っています。これから出る新しいアルバムも、その延長線にあるものですね。

現在のヒョゴは、ファースト・フル・アルバムの本国リリースをいよいよ間近に控えている状況だ。そしてこの曲“MASITNONSOUL”。なにはともあれ、まずはこちらを聴いてみてほしい。


혁오 (hyukoh) - MASITNONSOUL (맛있는술) MV

さあ、どうだろう。まるでレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“アラウンド・ザ・ワールド”を倍速にしたかのようなイントロだけで、つい興奮してこないだろうか。そう、ここで彼らが鳴らしているのは、紛うことなき“ロック”。北米のソロ・アクトによるブラック・ミュージックに刺激を受けながらも、それを独自の解釈でオーセンティックなバンド・サウンドに落とし込んできた4人が、ここにきて真正面のロックをかましてきたわけだ。いやー、これはきたるべき新作への期待値も、おおいに高まるってもんでしょう。

さて、そんな本国での新作発表が待たれるなか、ヒョゴがこれまでに発表してきた2タイトル『20』『22』がついにここ日本でもリリースされる運びとなった。ちなみにこのアルバム・タイトルは、同級生である4人の年齢をそのまま冠したもの。素っ気ないタイトルのようでいて、実はここにもオ・ヒョクなりのアイデアが表れている。

オ・ヒョク : 僕はその当時の状況や環境に影響されて歌詞を書くことが多いし、それこそ作品にはたった一度きりの時間が記録されるわけですから、それらを簡潔にまとめるという意味でも、タイトルはその時々の年齢にしたいなと思ったんです。ちなみに、このアートワークにもそれと同じような意味合いがあって、じつは2枚ともつながっているんですよ。描いてくれたのは、学校の先輩でもあるノ・サンホ(nemonan)さん。これは元々「ここから先のアートワークをぜんぶ繋げていけば、もしアルバムの中身がダメだったとしても、絵として残っていけるだろう」という、なかば冗談で始まったアイデアなんですけど、そうこうしていくうちに、僕らが年齢を重ねていくなかで直感的に見えてくるイメージを、このタイトルとともに描いていけたらなと思ったんです。

今夏の〈サマーソニック〉にも出演し、単独公演はすべてソールド・アウト。今回の国内ライセンス盤のリリースを前にして、ヒョゴはここ日本でも本格的なブレイクを迎えようとしている。となれば、今この2枚をチェックしておかない手はないだろう。世界で最強のロック・バンドはいま、韓国にいる。

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

LIVE

hyukoh
2016年11月19日(土)@渋谷duo
OPEN / START 17:30 / 18:30
SOLD OUT!!!

RECOMMEND

GUCKKASTEN / マニキュア(24bit/48kHz)

GUCKKASTENが、OTOTOYのためにミックスし直してくれた「マニキュア」「赤い畑(オリジナル)」「赤い畑(アコースティック ver.)」が配信開始。ボーカル、ハ・ヒョヌの表現力の豊かさを、このシングルを通して感じることが出来る。

404 / 1

韓国を代表する音楽賞「韓国大衆音楽賞」で新人賞を受賞した、ミニマムな編成でサウンドを鳴らす男性2人組ロック・バンド、404による、2013年7月7日の発売のアルバム。

PROFILE

hyukoh(ヒョゴ)

デビュー1年で“hyukoh カルチャー”を創った、今が最旬の韓国バンド。2014 年秋デビューの韓国4 ピースバンド。オ・ヒョク(Vo/G)、イム・ヒョンジェ(G)、イム・ドンゴン(B)、イ・インウ(Dr)の1993 年生まれの同級生で結成。洗練されたサウンドとブルージーな歌声が人気となり、個性の強いファッション・スタイルは音楽と一緒に凄まじいスピードで話題になり、「hyukoh」という文化を創ってしまった。デビュー1 年で音楽配信8 週連続5 位圏内を記録、アルバム完売等の快挙を連発した結果、数々の強豪アーティストを抑えて2015 年の年間ダウンロード・チャートが4 位と大健闘。さらにオ・ヒョクが参加した「応答せよ1988 Part3」サウンド・トラック「少女」は2 週連続1 位、2016 年上期26 週ホット100 位以内から外されず、最も愛された曲に選ばれた。昨年末のソウル@ ワンマンライブは 4000 キャパを即完売。すでに中華圏でもフェスやワンマンを次々成功させ、アジア各国からラブコールが絶えない。日本ではこの夏『SUMMER SONIC 2016』に出演、新人にして東京大阪の両ステージに立ち各方面から大反響。加えてサマソニ・エクストラとして代官山SPACE ODD で開催したワンマンはチケットが瞬殺。2016年11月9 日、トイズファクトリーより「20」「22」のライセンス盤をリリースし、秋には、大阪と東京でワンマン・ライブを開催。

TOY'S FACTORY ARTIST PAGE

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年07月05日・沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子の約9年ぶりソロ・アルバムをハイレゾ配信 沖縄県石垣島出身のシンガー・ソングライター、宮良牧子。2005年のデビュー以降、日本郵政の第1弾コンピレーションCDのテーマソングや、NHK連続ドラマ小説「ゲゲゲの女房」サウンドトラックへの参加、そして、 ’12年秋公開映画『ペンギン夫婦の作りかた』では主題歌を担当するなど活動の場を広げている。約9年ぶりにリリースされたソロ・アルバム『シチヌウムイデ』は、新録曲に加え、タイアップ曲、カヴァーなど12曲が収録。金子飛鳥、富岡"GRICO"義広、窪田ミナら豪華な参加ミュージシャンも本アルバムに華を添え、ハイレゾ音質で聴くべき名盤に仕上がった。 宮良牧子 / シチヌウムイデ'【収録曲】01. あん美らさ / 02. 月酔唄 / 03. MOTHER / 04. 赤い爪 / 05. 夏の思い出 / 06. 手紙日和 / 07. 虹の彼方に~Over The Rainbow / 08. ヌチグスイ / 09. MOTHER ~夕焼けの庭 ver.~ / 10. あがろーざ / 11. 花筏 ~Shetland Air~ /