山本精一に訊く、20年目のROVO──20周年記念アルバムを独占ハイレゾ配信

ROVOの記念すべき、20周年イヤー。OTOTOYでもハイレゾ配信中の2008年〜2013年のベスト・セレクション・アルバム『selected 2008-2013』に続いて、待望の4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『XI (eleven) 』をこのたびリリースした。それぞれが辣腕ミュージシャンであり、そして20年のライヴで培われてきたサウンドはまさに唯一無二の揺るぎない異形のグルーヴを紡ぎ出している。また「R.o.N」では、ナカコー、U-zhaanも参加すなど、新たな一面も垣間見せている。OTOTOYでは本作を、24bit/48kHz、24bit/96kHz両フォーマットで独占ハイレゾ配信開始。今回は勝井祐二とこの類い稀なバンドを生み出した張本人のひとり、山本精一に話を訊いた。


ROVO結成20周年記念、4年ぶり11作目のオリジナル・アルバム、ハイレゾ独占配信

ROVO / XI (eleven)

【Track List】
01. XI
02. R.o.N
03. PALMA
04. KMARA
05. LIEGE

【配信形態 / 価格】
【左】24bit/96kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
アルバムまとめ購入のみ 2,400円(税込)

【右】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
アルバムまとめ購入のみ 2,400円(税込)


INTERVIEW : 山本精一

関西の大先輩でもあり、知りうる中でもっとも意味不明なため、もっともインタヴューするのが恐ろしかった山本精一にインタヴューをすることができた。終了後も、もっとも意味不明な印象はさほど変わらないが、ただしここで語ってくれた言葉はあまりにもでかかった。やっぱり、山本精一はすげぇ。そしてそんな男から生み出されるROVOのサウンドは、やっぱりどでかくて、一筋縄ではいかないと改めて思うのだ。

インタヴュー : 飯田仁一郎
構成 : 岩澤春香
写真 : 大橋祐希

エセ隠居を10年近くやっていて、今までの世界とは全く違った世界が広がった

──今日はROVOの話をお聴きしたいと思います。

最近は京都でROVOのフェスをやっていないんです。だからちょっとボロフェスタの裏でROVOフェスタっていうのをやろうかなと思って。

──(笑)。日にちずらしてくれたらいいですけど。

いや、その日にやりたい。

──(笑)。今は山本さんはどこに住まれているんですか?

とある有名なお寺の近くです。ちょうど10年くらい住んでいます。いろんなことがあって、ちょっと大阪にいるのが辛くなったので京都で隠居しようと思ったんです。昔から京都には住みたかったので。京都は自分の体質に合うのかもしれないです。

──それはどういう部分でですか?

昔からなんとなく隠居というか隠遁生活に対する憧れがあったんです。庵とか掘っ建て小屋みたいなところに住んで、日がな妙な本を読んでいたりする。越してきた当初は仙人みたいな杖を買ったりしていましたね。そういう生活が普通に違和感無くできそうなのが京都かなと。

──杖から入るんですか!?

杖から入りましたね。モードから入るというか。骨董屋巡りをしたり、お茶をやったり書をやったり、相当そういう世界にのめりこみましたよ。僕はやるなら徹底的にやるので、ひとしきり全部、「数奇者」みたいな世界をやってみたんですよ。

──隠居をしてみてどういう世界が広がったんですか?

いやあ、面白かったですね。エセ隠居を10年近くやっていて、今までの世界とは全く違った世界が広がった。いろんなものが「分かる」ようになりましたね。例えば川に行くと石があるじゃないですか。その石にも良し悪しがある。それが全部「分かって」くるんですよ。この感覚は音楽にも応用できると思います。音楽の場合は主に音色かな。楽器の音色とか、歌詞の妙とかね。そういうものに全部フィードバックされてくるんです。で、そぎ落としみたいなものが始まりましてね。もうほとんど何にもいらないんだ、って。

──そぎ落とし?

その世界がわびさびですよね。道を歩いていて、壊れてひからびた柄杓とかが落ちていたりする。そんなのを拾ってきて、玄関に飾ったりする世界ですよ。なんでこんなことしてんのかな、俺? って。でもそれがいいっていう世界があって。これはやっぱりそれまでになかった世界だなあと思うわけです。骨董とかそういうものにも全部、わびさびの美学が宿ってます。あんまり上手すぎたら面白くないっていう。くずれたり、こわれたり、ひしゃげたり、みたいのがぐっとくるみたいな。

──それは音楽をよく聴いて良し悪しが分かるっていうのとは全然違う感覚ですか?

一緒の部分もすごくあると思いますよ。さっき言った楽器の音色とか、歌詞なんかでも、なんとも言えない味ってあるじゃないですか。ヴェルベット・アンダーグラウンドとかそうですよね。そういう世界が一つ大きく、自分の中に新しく内在化された。それはやっぱりエセ隠居生活をしていたおかげだと思いますね。

──そのエセ隠居生活に入った後と前とで何か変わりましたか?

それまでは単にぼんやりと生きていただけで、生活の中に面白みがなかったんです。そこに一つの新しい柱というか、芯ができた感じです。俺はふわふわしているのが自分の芯だと思っていたんです。それもすごく面白いけど、もう一つ大きな美意識というか、或る確固たるフィルターができた。でもそれは一つの価値観が加わったというだけで、自分の本質は変わっていないです。

──前はふわっとしながらいろんなことをする、っていう感じだったけど、そこにもうひとつ新しい価値観が付いてきたんですね。

そうですね。でもこれはある一定の年齢にならないと分からないと思います。いろんなものが圧倒的に集まってきて、それが一瞬で全部いなくなるというか、ものすごくシンプルになる瞬間があるんです。もう部屋の中には何もいらない。お椀が一個あったらいい、みたいな世界。音に対してもそれが一瞬きたことがあったんです。エフェクターも全部売った方がいいかな、とか、アコギだけでいいんじゃないか、とかね。弦も一本で良いじゃないかとか、そぎ落としの極限まで行きました。

──なにもいらない、っていうところに行き着いたんですね。

何もいらないというか、自分も世界の存在そのものになる、みたいな感覚です。思い切り自意識の塊になることによって意識を超越するみたいなのが理想。そうすると、俺が昔標榜していたあやふやな部分、何にも考えていないところと繋がれる。あの頃は食べたいだけ食べて、寝たいだけ寝て、楽器も買いたいだけ買って、本当に欲望のままにやっていたんです。それによってできたものがある。それとすごく近いですね。ものすごく豊穣な世界と簡素な世界っていうのは実は近いわけです。その豊穣な部分を極限まで体現しないと、本当のシンプルな世界っていうのは出てこないわけですよね。

──それによって山本さんの音なり、出すものっていうのは大きく変わりましたか?

大きく変わりました。さっき言ったみたいに、いらない音はいらないんだ、って過剰な部分をなくすようになった。でも逆にすごく過剰なことをやったりする。それは、そうじゃない部分が分かっているからできる気がします。俺の場合はカオスな部分と、それとは全く別の弦一本だけで表現するような、そういう欲求があって。絶えずその両面を表現できるようにはなってきたかな。

ダンサブルであること、そこは普遍で

──山本さんの音楽においては過剰な部分とシンプルな部分を、バンドなりユニットで使い分けているイメージがあります。

使い分けますね。それは混ぜてもいいんでしょうけど、分けてやった方が純度が高くなってそれぞれを徹底してやれるんです。

──これは愚問なんですけど、今の山本さんにとって軸となる、一番頑張っているバンドってあるんですか?

それはないですね。やるときは、もうそのバンドが軸。今日もこれから空気公団とやりますけど、その時はもう空気公団が軸なんですよ。だからインタビューにしても、そのバンドの話をしているときは他のバンドの話は一切しない。俺はそれはすごく失礼だと思っているので。やっぱりメンバーにしてみたら、他のバンドの話をされるのは嫌なものですよ。そういうのの積み重ねで解散しちゃうんですよね。

──山本さんのバンドは解散とか聞いたことがないですもんね。

俺はやっぱりバランスよくそういうのを考えているからですよ。経営者マインドがあるから。

──急にテンションが変わりましたね(笑)。

わざと嫌われたりね。バンドの中のトリックスターみたいになりたい。難儀なやつがいるとバンドは長続きするんです。でもまあ俺、ナチュラルにいろんなバンドで嫌われてますけどね。

──そんなことはないと思いますけど(笑)。じゃあここでROVOの話を。今作は11作目のオリジナル・アルバムになりましたが、まずジャケットがかっこいいなと思いました。このモチーフは何なんでしょうか?

これは、ネタバレになるから言えないんです。夢が壊れるじゃないですか。このジャケットのモチーフ、なかなか分からないと思いますよ。京都のすごく局地的な人しかわからない。

──そうなんですね! ぜひ京都の人は見つけて欲しいです。ROVOは今年で20周年ですが、最初のコンセプトから全然ブレていない気がします。

そうですね。曲の傾向はいろいろ変わっていますけど、本質的には変わっていないです。ROVOの一つ大きなコンセプトはグルーヴです。ダンサブルであること。そこは普遍で、絶対にそうです。ROVOはアングラですけど、でもやっぱりダンス・バンドなんですね。ダンス・バンドっていうだけですごくポピュラリティーを持てるというか、大衆音楽化しますよね。でも大衆に迎合するというんじゃなくて、グルーブを触媒にして積極的にポピュラリティーにアクセスしたいですねROVOは。

──いろんな編成の中でROVOに対して山本さんの意識が大きく変わったことはありますか? 2ヶ月前に勝井さんにインタビューしたときは、VJの方が抜けたのは大きかったっておっしゃっていました。

あれはもう巨大な変化ですね。迫田さんの映像がなくなった当初は個人的にダメージがすごく大きかったです。ずっと彼女の映像ありきでやってきましたから。ROVOのサイケデリアの大きな要素がなくなったわけですからね。

──山本さん的には、その中からは脱却できたのですか?

最近はもう慣れましたね。当初は辛かったですけど、それはある程度映像に寄りかかっていた部分があったからなんじゃないかと思うんです。今はそこから離れて完全に演奏だけになっているから、それはそれでいいことかなと思います。メンバーもそういうところにシフトしているんじゃないですか。

今まで聴いたことのないようなリズムを

──ROVOってコンセプチュアルに、こんなアルバムを作ろうというイメージが最初にあるんですか?

ROVOは最初からコンセプトはないです。曲を作ってそれがたまればアルバムを作るって感じかな。今回もそうですね。俺は最初にアルバムの全体像みたいなものが見えるタイプなんですよ。コンセプトじゃないけど、全体の像がぼんやりと見えてくる。その全体像をだんだんフォーカシングしていって明らかにしていく、その作業をバンド全員でやるんです。

──最初にその全体像が浮かぶのはどういうタイミングなのですか?

それは、生きている中でひらめくという感じです。

──それを山本さんはメンバーにどうやって伝えるのですか?

フレーズとかの場合は簡単な譜面に書いて渡したりします。俺がやりたい音とかフレーズって、ニュアンスもすごくあるし譜面にしにくいんですよね。だから簡単なフレーズぐらいは譜面にするっていう感じです。あとリズムは書くよりも口で言った方が早いですよね。でもリズムの指定はほとんどしないです。あの二人(芳垣 安洋、岡部 洋一)ですから、任せていた方が面白いです。

──じゃあ、おふたりもとにかく新しいことをやる感じなんですか?

ROVOの場合は、徹底的にリズムにこだわっているところがあって。今まで聴いたことのないようなリズムをやってくれって言うんですけど、それが一番無茶ぶりですよね(笑)。でもツイン・ドラムだから、ひとりじゃやりにくいけどふたりならできるようなリズムが何かあるんじゃないかって思うんです。でもすごく奇妙なリズムでも、グルーヴは出して欲しい。そこが難しいですよね。ROVOは一言で言うとグルーヴの実験バンドです。どういう音楽で踊らせられるか。実験的なビートでもグルーヴがあったら踊れるんですよね。そこが面白いところで、一番の本質だと思いますね。

──実験し続けるってすごく難しいですよね。

でも実験っていう部分が見えるのはすごく嫌ですね。やっている本人たちも実験している意識はなくやっているので。

──それは、遊んでいるとか?

それでいいんです。もう一つの大きなコンセプトはチャイルド・プレイですよ。どこまで無意識でやれるかっていう。無意識が一番強いというか、意識している状態っていうのはなかなか面白くないんです。でも拍数や小節を数えたりしているのでその部分での意識はしていますけどね。

不思議なことに、何回演奏してもそのぐらいに収まる

──なるほど。じゃあちょっと話を戻して…。

ROVOフェスタやらせてください。

──ROVOフェスタ、それは戻りすぎです(笑)。「Ⅺ」はどれくらいかけて作ったのですか?

これはライヴも含めて2年ぐらいかかっていると思います。

──そのうちスタジオ・ワークはどれくらいですか?

スタジオ・ワーク自体はそんなにないのかもしれないです。ROVOはライヴで曲を作り上げていくんです。20周年でライヴが多かったから、そのライヴのための練習をしていたのですけど、そうするとそこでビルド・アップされる。ライヴをやったら、この部分がお客に全然受けていないな、とかやっていて面白くないな、ってわかるじゃないですか。そうやってライヴで過不足があるところを補正しながら曲を完成させていく感じです。

──音源にする、ある一定の合格基準みたいなものもメンバー共通であるんですか?

うーん、でもやっぱりプロセスのままですね。今の時点ではこれかなっていう。それはまたライブで変わってくるんです。一番大きいのはやっぱりフレーズが決まっていくことですね。

──尺とかも自動的に決まってくるんですか?

そうですね。ROVOは12、3分の曲が多いんです。不思議なことに、何回演奏してもそのぐらいに収まるんですよね。バンドにはそのバンドの適正の長さがあるんでしょうね。

──今度は逆にそれをぶっ壊したい、とはならないんですか?

ぶっ壊すつもりで計ったらやっぱり12分だったり。だから自然の摂理なんですよ。

──なるほど。もうそこは抗ってはいけないんですね。でもやればやるほど、山本さんが求めたリズム的な新しさのハードルは上がっていくんじゃないですか?

うーん、まあ難しくはならないんじゃないですか。ひらめきだから、理論で構築していくものではないので。自分の中から出てくるような音楽をやっているとしか言えないです。知的な努力とか、そういうことではないですよね。だからROVOはアヴァンギャルドではないです。でも今まであまり聴いたことがないような音楽をやろうとは思っているので、その意味では前衛って言えるのかもしれないですけど。

このグルーヴの実験はずっと続いていく


──2曲目「R.o.N.」は中村弘二さんやU-zhaanさんをゲスト・プレイヤーに迎えていますが、ROVOにはゲストを入れるという印象はあまりありませんでした。

最近はなかったですね。以前スーパーカーとは同じレーベルだったので、バンド同士の交流が昔からよくあったんです。それで20周年ということで中村くんと一緒にコラボをやろうっていう話になった。で、どうせやるなら中村くんにROVOとのコラボ曲を作ってもらおうと。このコラボ曲はなんだかすごく懐かしい感じがします。初期のROVOの曲にすごく近い雰囲気がありますね。

──そうかもしれないですね。

初期のROVOのミニマリズムと言うか、リピート感。この曲はそれに一番近いかもしれないですね。4曲目の「KMARA」は初期曲をアレンジしたものなんですけど、それに空気感がすごく近い。特にスーパーカーと同じレーベルにいた頃は、ROVOはこういう曲調が多かったんですよ。それを少しイメージして作ってくれたんじゃないかなって想像しています。

──中村さんとはどうやって曲を作ったのでしょうか?

フレーズとコードを中村くんが提示して。それにインスパイアされるかたちでいろんなバリエーションをROVOサイドで作ってみて。その後はちょっとずつビルドアップしていって。最初はいろいろな展開とかもついていたのですけど、やっぱりこのフレーズはこれだけのミニマルな展開の方がいいんじゃないかって。それをどこまでグルーヴを出して盛り上げていけるか。この曲にはU-zhaanも入っていますけど、僕らはU-zhaanとも付き合いが長いんです。でもこの曲にU-zhaanが入っているのは結構意外性があるんじゃないかと思います。彼は録音の時は結構苦労していましたね。一緒じゃなくて後入れしてますから。

──一緒じゃないんですか!? ええ!

ROVOの場合、頭からクリックも何もないところから始まっているんですね。あれをジャストで合わせるのがすごく難しそうでした。メトロノームでやっているわけじゃないからすごくずれるんです。でもさすがですね。パーフェクトでしたね。

──しかもこの曲は10分以上ありますもんね。「PALMA」も精一さんが作られていますよね。これはいつ頃に作られたのですか?

曲自体のアイデア、特にフレーズは7、8年前からあります。実はこの曲は、アニメの劇伴を頼まれた時にボツになってしまったアイデアを元に作っているんです。もったいないから、ROVOでやってみようと。だからこの曲は他の曲に比べてすごく異質ですよ。ものすごく明るいですよね。こういう曲でROVO的なグルーヴを出すのは本当に難しかったです。

──でもまずはやっぱり新しいリズムに挑戦していくっていうところですよね。

そう。そこに革新的なグルーヴが乗ればカッコいいと思います。「PALMA」はすごく難しかったですね。すごくダサくなってしまうんです。もともとは打ち込み曲だったんですけど、これを生でやるとすごくよくあるフュージョンみたいになるんじゃないか、と。で、いろいろな要素を足してみたりして、ようやくここまで持ってきました。

──1曲目「Ⅺ」と3曲目「PALMA」はとても新鮮に感じました。

この2曲はプログレっぽいですよね。この「Ⅺ」っていう曲は11拍子の曲なんです。

──そうなんですね!

俺は普通にフレーズを弾いているだけですけど、ビートの人は合わなくておそらく大変だったと思います。

──なるほど… ROVOとしては20周年ですが、このペースでこれからも続けていくのですか?

あんまりそういうことは皆考えていないんじゃないですかね。ここからは年齢との戦いでもあるので(笑)。俺らはまだマシですけど、ドラムの人はこのテンションで叩くにはやっぱり限界があると思うんですよ。その限界はもうすでに突破しているんですけど。あの恐るべき体力はどこからくるんでしょうね。でもまあ、やることがなくなったらやめると思いますけどね。

──そのやることっていうのはまだまだあるんですか?

それはわからないです。わかりようがないです。ただ、ROVOははっきりとダンス・バンドを標榜しているので、このグルーヴの実験はずっと続いていくと思います。


>>ROVO20周年のベスト・セレクション・アルバム時の勝井祐二&益子樹インタヴュー

SCHEDULE

ROVOニューアルバム「XI(eleven)」発売記念LIVEツアー
名古屋公演
2016年11月9日(水)
@名古屋今池TOKUZO
出演 : ROVO,NYANTORA, ROVO×ナカコー
OPEN 18:00 / START 19:00

大阪公演
2016年11月10日(木)
@梅田シャングリラ
出演 : ROVO, PARA, and more !
OPEN 18:00 / START 18:30

東京公演
2016年11月12日(土)
@東京・代官山UNIT
出演 : Koji Nakamura(バンドセット),ROVO
OPEN 17:30 / START 18:30

ROVO結成20周年シリーズファイナルワンマンLIVE
2016年11月13日(日)
@代官山UNIT
ROVOワンマンLIVE
OPEN 17:30 / START 18:30

>>チケットなどの詳細は公式ホームページにて

PROFILE


ROVO

勝井 祐二 : Violin
山本 精一 : Guitar
芳垣 安洋 : Drums, Percussion
岡部 洋一 : Drums, Percussion
原田 仁 : Bass
益子 樹 : Synthesizer

「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に'96年結成。 バンドサウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。 驚異のツインドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。 音と光、時間と空間が一体となった異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。 “フジロック・フェスティヴァル”、“ライジングサン・ロックフェスティヴァル”、“メタモルフォーゼ”、“朝霧JAM”、“アラバキ・ロックフェスティバル”など、大型フェス/野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。 2011年は、世界中のダンスミュージックシーンで活躍し続けるイギリスのテクノユニット「SYSTEM7」とのコラボレーション・プロジェクトを始動し、京都と東京での合体LIVEを大成功させた。 毎年恒例となったROVO主催の日比谷野音「MDTフェスティヴァル」は、2012年で10回目の開催を迎える。 国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンス・ミュージックバンド。

>>ROVO Official HP

o

 
 

インタヴュー

未完成のまま、再生していく──BURGER NUDS復活作リリース記念!!貴重な3人へのインタヴューを掲載!!
[POWERPUSH]・2017年06月28日・”未完成”のまま、再生する──BURGER NUDS復活作リリース記念!! 貴重な3人へのインタヴューを掲載!! BUREGER NUDSが2014年の復活以降初、14年ぶりとなるアルバム『Act 2 或いは Act 3」をリリースした。派手な再結成劇にすることなく自らのペースでライヴをこなし、復活から3年というスパンを持ってして届けられた待望のアルバムは復活ライヴでも披露されていた「Lesson」や「NERD」などを含む全11曲を収録。今回OTOTOYでは旧譜の再発時にライナーノーツを手がけた金子厚武によるメンバーへのインタヴューを掲載。復活作を読み解くテキストとしてアルバムとともに是非とも楽しんでほしい。 復活後初となるアルバム、ついに完成!! BURGER NUDS / Act 2 或いは Act 3'【Track List】01. コミュニティー02. Methods Of Dance03. 記号化(NO NO NO)04. NERD05. 絶滅危惧種のペンギンたちが可哀想06. narrow silhouette07. 酸素08. EVANGELIST09. 感想文10. Lesson11. 言葉
by 金子 厚武
過去・現在・未来が織りなすロード・ムービー ─ワンダフルボーイズ & 天才バンド、アルバム同時リリース!!
[POWERPUSH]・2017年06月21日・過去・現在・未来が織りなすロード・ムービー ─ワンダフルボーイズ & 天才バンド、アルバム同時リリース!! 誰もが思わず胸躍らせるグッド・ミュージックで各地フェスやイベント、そしてTV出演とお茶の間にもその声を届かせつつあるバンド、ワンダフルボーイズ。そんな彼らがライヴ会場のみ300枚限定で販売し、あっという間に完売となってしまった作品に7曲を追加したアルバム『ロックロックロックジェネレーション SUPERVERSION!!!』をリリース!! そして、同日にはリーダーであるSundayカミデが在籍し、奇妙礼太郎、テシマコージの3人からなる天才バンドの3枚目となるアルバム『ロミオとジュリエット』も発売!! みなさま、本人インタヴューとともにこのSundayカミデ祭りに乗っかちゃいましょう!! 歌詞ブックレット付属!!ワンダフルボーイズ / ロックロックロックジェネレーション SUPERVERSION!!!'【Track List】01. ロックジェネレーション!!!02. One music piano03. One music all right!!!04. 僕らParty in the sun05. 南
シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉
[CLOSEUP]・2017年06月28日・シティポップの息の根を止めるペドラザって一体何者?!──diskunionからの刺客〈第2弾〉 2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉。数多くの応募を勝ち抜き選ばれたのは、unizzz…、ペドラザ、東京塩麹という実力者3バンド。合格者はCD、レコードのWリリースが約束されており、6月から8月まで3ヶ月連続で音源が全国流通される。OTOTOYでも順次配信をスタート、各バンドへのインタヴューを掲載していく。 第2回となる今回は、都内を中心に活動するオルタナ・ロックのニューカマー、ペドラザ編です! くるりやナンバーガール、Oasis、Pavement、Rage Against the Machine等への憧れを詰め込めるだけ詰め込み、グッドミュージックとして昇華する彼ら。「シティポップの息の根を止めるべく結成された」という彼らは一体何者?! というとでペドラザへのインタヴューを敢行。OTOTOYでは、彼ら曰く今までのベスト盤的なアルバムに位置付けられるという『アイホープ アイシンク アイノウ』を1週間先行リリース。さらに
by 岡本 貴之
驚異的なステージングと圧倒的歌唱力で魅せる──韓国ロック・バンドGUCKKASTEN、日本への挑戦
・2017年06月20日・驚異的なステージングと圧倒的歌唱力で魅せる──韓国ロック・バンドGUCKKASTEN、日本への挑戦 韓国を代表するロック・バンド、GUCKKASTEN。2007年に活動を開始し、エモーショナルなステージングと、ヴォーカルであるハ・ヒョヌの圧倒的な歌唱力で人々を魅了。瞬く間にその名を知らしめ、いまや韓国での公演は即完売の実力派バンドに。2015年には9mm Parabellum Bullet、MO'SOME TONEBENDERとの対バンを成功させ、来日イベントでは多くのファンが詰め掛けるほど着実に日本のファンも獲得している。そんな彼らが6月5日に行った東京公演〈squall in japan 2017@代官山UNIT〉の終了直後に直撃インタヴューした。 新たなグッカステンのスタイルを切開いた1曲GUCKKASTEN / PULSE'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) 【収録曲】''1. PULSE OTOTOYのためにミックスし直してくれた楽曲も配信中。GUCKKASTEN / マニキュア'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24
by JJ
HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年06月21日・HARCO、祝20周年! そして、HARCO名義ラスト・アルバム! 独占ハイレゾ配信&メール・インタヴュー 活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬直久(ベベチオ)、田中潤(ゲントウキ)、平野航、安田寿之、Adi Nada、石本大介、伊藤健太、榊原大祐ほかのゲスト・ミュージシャンが参加し、色とりどりの華を添えている。来年、2018年からは本名で活動を新たに開始するHARCOに、本作のこと、未来にむけての思いなどをメールでインタヴュー。 HARCO / あらたな方角へ'【配信形態】(24bit/96kHz) ALAC / FLAC / WAV / aac : 単曲 300円(税込) まとめ購入 2,700円(税込)【Track List】1. Monday Mornings / 2. 東京テレポート / 3. 春のセオリー / 4. 北斗七星 / 5. TOKIO -平野航&HARCO REM
ゴンドウトモヒコの愚音堂からカラフルなシンセポップSSW、ミラ パラメータ
[CLOSEUP]・2017年06月21日・ゴンドウトモヒコ・プロデュースのシンセ・ポップSSW、ミラ パラメータ──2週間先行ハイレゾ配信 管楽器&電子音楽を操り、ソロ、さまざまな客演、そしてMETAFIVEのメンバーとして活躍するゴンドウトモヒコ。そんな彼がプロデュースする、ユニークな名前のレーベル〈愚音堂〉。このたび、このレーベルから飛び出したのはミラ パラメータ。SSWの悦歌(えつか)のシンセ・ポップ・ユニットとなる。ここに1stアルバム『リボーン』が届いた。もちろんプロデュースはゴンドウトモヒコ。80年代を思わせるカラフルなシンセ・ポップ・サウンドに、悦歌のヴォーカルがのびのびと、これまたさまざまな色を表現していく。またマスタリングはMETAFIVEにて、ゴンドウとも活動を共にする砂原良徳が手がけている。本作をOTOTOYではハイレゾ配信をするととともに、なんとフィジカル・リリースから2週間の先行配信となる。 2週間先行ハイレゾ配信MIRA PARAMETER/リボーン'【Track List】01. Onion Girl Onion Boy 02. 御徒町ロマン03. 兎の追憶04. ナックルボールは過去のスマッシュから飛んだまま 0
これぞパティロケ!な音づくり! Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年06月23日・これぞパティロケ! な音づくり── Party Rockets GT、ニューシングル独占ハイレゾ配信 仙台出身5人組ガールズ・ユニット、Party Rockets GT(通称パティロケ)。先月5月17日にリリースされた『START!!』をOTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 南波一海によるサウンド・プロデューサー・三宅英明へのインタヴューとともにお楽しみください。 Party Rockets GT / START!!'【収録曲】1. START!!2. Beyond3. 01 -ゼロイチ-4. キミと見た空5. START!! (Instrumental)6. Beyond (Instrumental)7. 01 -ゼロイチ- (Instrumental)8. キミと見た空 (Instrumental)【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】''単曲 324円(税込) / まとめ価格 2,592円(税込) INTERVIEW : 三宅英明 6月25日にグループ史上最大規模の赤坂BLITZ単独公演を控えるParty Rockets GT。彼女たちの最新シン
野崎りこん、待望のデビュー作『野崎爆発』を配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月09日・オタク文化とヒップホップの融合ーーネット・カルチャー発のラッパー・野崎りこんって一体なにもの? 電波少女、OMSBへの客演、ぼくのりりっくのぼうよみとの共作など、ネットを中心に活動してきた野崎りこんが、術ノ穴よりデビュー作をリリース。その名も『野崎爆発』!! 兵庫県神戸市出身、キングギドラを聴いたことでヒップホップにハマり、自分の好きなゲームなどの音楽要素を組み合わせてラップをスタートさせた野崎。ニコ動など動画サイトで曲を発表する中で電波少女のハシシから声をかけられ電波少女のメンバーとなった時期や、SIMI LABのOMSBと共演するなど、その楽曲が耳の早いクリエイターに評価されてきた。OTOTOYでは豪華特典音源付きで同作を配信、初インタヴューを掲載する。 待望のデビュー作を特典トラック付きで配信野崎りこん / 野崎爆発'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1,543円(税込)【収録曲】1. Tokyo Human2. Go Stupid3. rainy rainy4. Ama Yadori5. PCクリニカ feat. _本りな6. 某桜
by 西澤 裕郎
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事