1stアルバム『Avalon』リリース! 南波一海インタヴュー後半戦で見えた新生amiinAのすべて

左から、ami、miyu

あまりにも素晴らしいamiinAの1stアルバム『Avalon』をOTOTOYでは、24bit 48KHzのハイレゾで配信。楽曲系と言われるアイドルの中でも群を抜いている楽曲は、盟友の3776やMaison book girlにも匹敵し、さらにamiと全く異なったタイプの新メンバーのmiyuが、amiinAの個性を色鮮やかにし、もはや無敵状態に突入! 演奏陣は、神ベーシストBOH、Pay money To my Pain /THE BONEZのドラマーZAX、ビューティフルハミングバードのギタリストタバティ、元ゲントウキのベーシスト伊藤健太に加え、空想委員会のベーシスト岡田典之、元Fugerのギタリストnutz 、ギタリスト戸高賢史、シンガー・ソングライターでありギタリストの中嶋康孝などで無敵感は上級クラスに! そして、南波一海によるインタヴューで見えてきた天然感で、amiinAは世界最強クラスに躍り出たのだ!! さぁ、前回から引き続きの南波一海によるインタヴュー、後編をどうぞ。

1stアルバムは珠玉の14曲。

amiinA / Avalon (PCM 48kHz/24bit)

【配信形態】
alac / flac / wav / aac : 単曲 324円(税込) / まとめ購入 3,024円

【Track List】
01. vega / 02. Avalon / 03. lilla / 04. Legacy / 05. Drop / 06. illumina / 07. cocoon / 08. Atlas / 09. monochrome / 10. signal / 11. cosmos / 12. Canvas / 13. Breath / 14. stella
※アルバム購入でブックレットつき


南波一海インタビュー前半はこちらから!

ITNTERVIEW : amiinA

2016年5月にamiとmiyuのデュオとして新たに生まれ変わったamiinAのインタビュー後編をお届けする。遂に完成したファースト・アルバム『Avalon』を巡るあれこれの話。

インタビュー&文 : 南波一海

新曲は自分も初めてだから苦戦しました

——前回はレコーディング前のインタビューでしたが、その後のamiinAに変化はありましたか?

ami : amiinAはもう、このふたりで。

miyu : 楽しいやつ!

ami : 安定してますね。ふたりでいることが。ふたりの関係で「やっちゃったな」っていうときがない。喧嘩とかも全然ない。「はぁ?」とかなんないです。

——「そこの振りが違うんだけど」みたいなこともなく。

miyu : お互い間違えるから(笑)。

ami : レッスン中にこうしてああしてっていうのは普通に言ったりはしますよ。でもそれくらいです。

——順調そのもの。

ami : はい。

——変化があるはずだから2回に分けてインタビューしてほしいという依頼だったんですけど、自分たちの実感としては、あれから特に変わらずで。

ami : はい。ボケ度も安定してるということで。

——わかりました。さて、まずはシングル『Atlas』が8月に発売されました。miyuさんは初めて自分の歌がCDになったのはどんな気持ちでしょうか。

ami : 自分の歌に感動した?

miyu : 自分の歌を聴いてるのがまだ不思議。なんか……テンポが早い。

miyu

——お披露目からまだ4か月ですもんね(※取材時)。それがもうシングルが出て、アルバムまで作り終わってしまったという。

miyu : タワレコとかで自分の歌が流れてるのが超恥ずかしい(笑)。最初はすごいびっくりした。あんなに大きくコーナーが展開されたり。自分がamiinAになるまではそういうCD屋さんなんて行ったことがなかったから。一生行かないと思ってましたもん。

——音楽には興味がなかった。

miyu : はい。全然買ったりとかしなかったから、自分の曲があるってだけでびっくり。

——初めてタワレコに入るのはどんな気分でした?

miyu : なんか、いっぱい並んでて気持ち悪かった(笑)。そんなにいたんだって。

——歌手ってこんなにいるのかと。

miyu : そうですそうです。

ami : でも慣れてる感ありましたよ。驚いてる様子もなくて。

——普段からよく来てます、みたいな。

ami : そう。慣れてる感出てたよ?

miyu : 慣れてないよ。あんなにCDが並んでるのは初めて見た。

——amiinAとしてのCDができたこと自体にはどんな感想を持ちました?

ami : 自分も初めてのことが多かった。飛び出すジャケットが初めてだったし、リリイベも新宿店でやっとできた。いままでは神奈川行ったりとか。ちょっと……言っちゃ悪いけど、田舎(笑)。行くまでの時間が長いなって。CDもそこまで置いてないところでやってたから、新宿でできたことは自分でも大きかった。新宿は栄えてるし。

——栄えてるし(笑)。栄えてるところがいい?

ami : そういうわけじゃないけど、大きいタワレコと言ったら渋谷か新宿じゃないですか。だから嬉しかった。『Atlas』がCDになってよかったです。『Atlas』はWWWで歌った始まりの曲なので、自分たちにとっても大事なんです。始まりの想いがいっぱい詰まったシングルになったと思う。

最終的にいいものになったからよかったです

——その『Atlas』を経て、アルバム『Avalon』が完成しました。まずは出来上がりの感想を聞かせてください。

ami : 私たちの歌以外にもたくさんの人が協力してくれて、1曲1曲が全然別物というか。アルバムを初めて出すのに、amiinAを知ってもらえる……ホントにいいです!

——説明を諦めた(笑)。

ami : 自分で言うのもなんだけど、お互い頑張ってたくさん練習しました。その成果が残せてるんじゃないかなって。

miyu : 録るギリギリまで練習した。

ami : 私はmiyuが録ってるときに抜けて、仮歌を聴いて練習したりしてました。ひたすら録り続けました。

——以前の体制のシングル曲も歌い直しているんですよね。どんな気持ちで歌いましたか?

ami : いままでの声は嫌いだから、逆に録り直したかった。

——それは声が子供っぽいからとか?

ami

ami : うん。子供っぽいのはあります。歌いかたもいまとは違う。なに言ってるのかわからない(笑)。だからファーストとかセカンドは聴きたくないんですよ。いまはアルバムばっかり聴いてる。

——JKだし。

ami : JKだしね! 子供っぽいのはこのまま卒業かな。

miyu : でも歌が大人っぽくなったとは思った。(amiを見て)あ、喜んでる。

ami : 喜んでない! 最初のは3年前とかだから、そこから変わってなかったらちょっとやばい。過去の映像とかはホント見たくない。中学に入ってからくらいはいいけど、小学生の頃のは私じゃないですって受け付けたくないくらい。

——ちょっと昔のことって恥ずかしいですよね。さらに過去になるとどうでもよくなるけど。

ami : ああ〜、わかるかも。

——miyuさんは?

miyu : 雰囲気が掴めなかったりして、歌いかたに苦戦して。これはできるのにこっちはできないっていうことがあったりして、時間はすごいかかったけど、最終的にいいものになったからよかったです。

ami : miyuは全曲初めてだったからね。私は表現の仕方がわからないっていうのはそこまでなかったかも。前からあった曲は更によくなるように練習して、幼いのを卒業した歌いかたになってると思う。新曲は自分も初めてだから苦戦しました。

全曲そうだけど、聴くと自分じゃないみたいなんです

——ふたりが歌った全曲について聞いてみていいですか?

ami : いってみる? 上からいってみよう!

——では、まずは「Avalon」。アルバムタイトル曲です。

ami : 歌い出しがmiyuじゃないですか。あれは私のことを歌ってくれているんです。オオカミのことを。で、次は私がmiyuのことを歌ってるんです。

miyu : カナリア。

ami : カナリアがずっとわかんなくてすぐ調べた。グーグルで。黄色い小さい鳥で、鳴き声が高かった。気に入った(笑)。歌詞は自分の真っ直ぐな想いを伝えるんじゃなくて、お互いのことを言い合っているのが魅力だと思います。ふたりなら無敵というか、こわいものがないぞって立ち向かってる感じが素敵です。

miyu : 高い音がきつかった。

ami : そうだね。低い音から高音に上がるのがね。

miyu : 他の曲にはないから挑戦だった。

ami : あと、生のバイオリンを弾いてくださってます。初の弓が入りました。

——弓が入りました。「lilla」はライブで何度もやってきた曲ですね。

ami : これの振り付けはmiyuとふたりになってから変わったんですけど、初めてやったときがね。

miyu : ハード過ぎた。ずっと上に飛ぶんですよ。

ami : 1曲だけでも汗が止まらない。

miyu : 最初は後ろを向いたときにふたりでハァハァ言ってました。この曲はBOHさん(ベース)がすごい。

ami : レコーディングを見てたんですけど、手が痛くならないかなっていうくらいすごかった。釘付けになりました。間奏が大変です。絶対できない。さすがプロだなって。

——歌に関しては?

ami : わりとすんなりいった。歌いやすかったかもしれない。でも、いま苦戦してます。語尾が「お」のときに歌いかたがヘンになっちゃうんですよ。伸ばしちゃうというか。あと“Free your”のときのピッチが甘いなって思います。

——母音が「お」じゃないっていう(笑)。

ami : ん? でも「お」のときに滑舌が悪くなっちゃうんです。「と」とか「お」は口を大きく縦に開けちゃうのが悩みの種なんですよ。

——それはmiyuさん歌いかたの影響かもしれない。

ami : あ〜! そうかもしれない! もともと自分も少し(ミュージカルを)やっていたから、それが戻ってきちゃったのかな。miyuは自然に聞こえる。

miyu : へー。「lilla」は地声と裏声が急に変わるのが難しい。“lilla... lilla... lilla...”のあとの“ふっふー”で裏声にするのが苦戦しました。

——続きまして「Legacy」です。

ami : 一番苦戦した。どう歌っていいのかわからなくて、頭がパンクしそうになってました。おかしくなってました。これは病んだ時期の一部です。

——この曲を歌うのがしんどくて病んだ。

ami : 「わっかんないわ……」って部屋に閉じ籠ってた(笑)。もらってすぐに「できるのか、自分」って。

——どう乗り切りましたか?

ami : やっぱりレッスン。アドバイスとかをもらっていくうちに悩みが解けていくんです。病んでたのわかった?

miyu : それはわかんない(笑)。でも、もらったときはこれでお客さんが楽しめるのかわからなかった。

——それを経て、完成形を聴いたいまは?

miyu : かっこいい!

——理解できたと。

ami : うん。でも、櫻井(幸太)さんの曲は歌うのが難しいのが多いです。

miyu : 上を目指してるんだなって思いますね。

——次が「Drop」です。miyuさんが入るきっかけとなった曲。


amiina 『Drop』MV

miyu : はい。MCを見て。

ami : MCなの!? なんて言ってたのかな〜(笑)。

miyu : MVを見て、amiinaの世界いいなって。お話をもらって嬉しかったです。そんな曲を自分が歌ってるなんて! 全曲そうだけど、聴くと自分じゃないみたいなんです。自分がアーティストみたいで。うまいとか言ってるわけじゃないんですけど、言ってるわけじゃないんですけど……なった感ありますよね(笑)。

——こうして完成したものを聴くとプロのシンガーのようだなと。

miyu : なった感ある。おばあちゃんがMVを見てくれたんですよ。それまでは「劇団頑張ってね」って言ってたんですけど、「アイドル頑張ってね」って言ってくれるようになって、もう泣いちゃって。

——MVを見てアイドルと認識してくれたんだ。

miyu : うん。嬉しい。CDも聴いてくれてる。

——そうなると、もうあれですね。アーティストに。

miyu : なった感ありますね(笑)。

——amiさん、新しいバージョンは?

ami : ライブでハモりが揃ったことがなかったので揃ったことに驚きです。これがハモりってやつだって(笑)。そこが一番驚いた。

——でも決まると気持ちがいいですよね。

ami : そうなんです。いままでハモりが気持ちいいって感じてなくて(笑)。正解がどれなのか認識できてなかったから。miyuと出会ったから生まれたハモりだなって思います。

お客さんの声が入るっていいですよね

——「illumina」。これも以前からある曲ですね。

miyu : わぁ……1番苦戦した。さっき言った地声と裏声が大変で。短いのに一番時間がかかったと思う。でも、できたのを聴いたら。

——アーティストになった感ある。

miyu : ある(笑)。すごいなって思います。

ami : 私も協力しました。

miyu : ブースのなかでamiに一緒にいてもらって。ひとりでいるのがすごい不安で。いなくなったら寂しかった(笑)。

ami : あっはっは! 私、ギリギリまで練習したかったから、レコーディング室から出ちゃったんですよ。miyuのその気持ちは知らないでイヤフォンでデモ聴いてた(笑)。

——じゃあそれほど協力してないじゃん(笑)。

ami : でもレコーディング前とかは結構一緒にやってました(笑)。LINEでも「この曲は迷惑かかるかもしれないけどごめんね」って。

miyu : でも、自分でもそこまで時間かかるとは思ってなかったんですけど、かかっちゃいました。

——そして「Atlas」。これはさきほども言いましたけど、amiinAの始まりの曲ですね。


amiinA『Atlas』MV

ami : 自分にとっては代表曲。amiinAって言われて思いつくのはこれかな。大きくなっても初心を忘れずにって感じです。

miyu : かっこいい(笑)。

——「monochrome」。セカンドシングル「Drop/RUNBLUE」に収録されていた曲です。

miyu : 長い曲だなって。

ami : 一番好きです。白黒はっきりしていて。

——モノクロですからね(笑)。

ami : ひとりでAメロ全部を歌うじゃないですか。この曲の歌い出しにすべてかかっている感じがしたから、好みの曲ではあるけどこわいなと思ってました。

——まわりの音も少ないですからね。

ami : 緊張感はあります。でも表現はしやすい曲です。高音とかも歌いやすい。自分が歌い終わったあとに、miyuの顔を見たりするとちょっとほっこりする。バトンを渡す感じで、頑張れって心のなかで思ってる。「私の長いパートが終わったから、次はあなたよ」って。ライブでは滅多にやらない曲だから、アルバムでゆっくり聴いてほしいです。

miyu : これのレコーディングはスムーズにいきましたよ。なにか掴めたんだと思います。

——おなじみの「signal」は出だしから勢いのある曲で。

ami : ライブでは最高に気持ちいい。

miyu : 逆にレコーディングでやりすぎちゃったり。

——少し抑えて歌わないといけないのに、勢いを出し過ぎちゃう。

ami : そうですね。ライブでは最後に出し尽くす感じなので、CDはまた違う。

miyu : 歌詞がよく聞こえると思う(笑)。ライブでは盛り上がりすぎて後半はゼーゼーしてるから。

ami : でもライブの感じも入れつつね。歌詞も変わってます。miyuの落ちサビの“本当の歌 選んだからここにいる”が、いやぁ、いっすね。

——いっすね(笑)。

ami : あれはmiyuにしか歌えない歌詞だから心にグッと刺さりました。あれを歌えるのっておいしいなって。いいとこ持っていきやがったなって(笑)。

miyu : めっちゃ気持ちいい(笑)。みんなシーンとしてるときに歌うのってやばくないですか?

ami : 注目集めちゃってさ。

——「cosmos」は穏やかな曲ですね。

miyu : これ、座って歌ったんですよ。力抜いて。

ami : リラックスした感じで。「WonderTraveller!!!」で歌ったらお客さんは泣いてくれるんじゃないかなって想像してます。泣いてくれたら嬉しいな。そうしなきゃって思ってるんですけど。聴かせたい。

——「Canvas」はサードシングルでした。このアルバムバージョンでは、ファンを集めてコーラス部分をレコーディングしているんですよね。


amiina『Canvas』Live ver.

ami : 私たちふたりになる前からずっと歌ってきた、ライブでは絶対に欠かせない曲。お客さん100人くらいの“あー”って声を聴くと、お客さんの少なかった頃からここまで増えたんだなって感じて、うるっときました。お客さんがひとりのときとかあったから。

——赤坂GENKI劇場とかで。

ami : そうです! あのときこれをやってたら、コーラスがひとりの声ですよ! こんな大人数で歌ってくれたっていうのがなによりも嬉しかった。録ってるときも上から見ていて感動しました。最高って思ってました。

——リズムと音程は気になったけど。

ami : ちょっと(笑)。バラバラかなーって。

miyu : いっぱい集まってくれたし、すごい声が出てた。ただ、音が(笑)。

ami : 完成を聴いて、修正が大変だっただろうなって思った(笑)。

miyu : なぜか綺麗になってた。お客さんの声が入るっていいですよね。お客さんも嬉しいと思う。うちだったら嬉しいですもん。一体になれたら。

受験よりレコーディングのほうが大変だよ

——いま好きな歌手っています?

ami : Suchmos! お父さんと一緒にハマってます。アルバムが欲しくてたまらない。


Suchmos「STAY TUNE」(Official Music Video)

——Suchmosのアルバムに参加できたとしたら?

ami : やばい! 離せない!

——amiinAのファンにとってはまさにそれが実現した気持ちなのかもしれないですよ。

ami : そっか! それはやばいですね。

——最後が「Breath」ですね。

ami : これはmiinaとのラストに歌った曲で、あのとき泣いて歌えなかったんですよ。声ブルブルだったから。みんなが泣きそうだったから、私もきちゃった。「やめてくれー」って思った。だからまず、ここではちゃんと歌えてます(笑)。この曲は昔のことを振り返りながら歌ってた。目を瞑って、色んなことを思い出しながら歌った。赤坂GENKI劇場から始まって(笑)。だから感動するんだと思う。

——終わりかたも印象的ですよね。“優しい風が 新しい幕を上げて”。

ami : 前のamiinaで歌ったときは最後のパートは私だけで、自分にamiinaが託された感じだったんです……(涙声で)いま思い出しても泣けちゃいますね。すごい責任感を感じてたんですけど、アルバムではmiyuのパートになっていて、今度は聴ける立場になったからよかった。

——感動的な話をしていたのに、急に責任追わなくてよくなったみたいな方向になっちゃった(笑)。過去といまを繋ぐような歌割りになっているんですね。

ami : うん。でも、これライブでやったら泣いちゃいそう。アルバムなんてできると思わなかったなぁ。こんなにいっぱい曲が増えたことに感謝です。

miyu : その歴史があった上でね。

——いまのamiinAがあると。

ami : アルバムの話が終わったから、次はなに話します?

——まだ話すの!

ami : もう限界がきた。

——アルバムのことばっかりだとね(笑)。では、最近気になることは?

ami : ふたりで共通にハマっていることは帽子集め。ハットとかベレー帽とか。服を買いに行こうと思ってても、帽子ばっかり見ちゃいます。秋冬ならではの帽子ってあるじゃないですか。ニット帽とかいいですよね。この前、帽子専門店に入って、1時間くらい離れられなくなりました。あと、よかった映画は『君の名は。』。

miyu : うちも見た! でも最初は理解できなかった。

——時間軸が?

miyu : そうです。でも最後にグッときた。

ami : ふたりが同時に問いかけたのが好きだったな。あれにウルウルきた。実写版をよく見てたんですけど、アニメーションもいいなって。

miyu : でも実写になってほしい。映画は結構見てるかも。

ami : 私は高校生になって、学校終わりに行くことが増えた。

——高校生になると料金上がったでしょう。

ami : 1500円。

miyu : うちまだ1000円。

ami : いいな。

miyu : 中学生って言えばいいんだよ。

ami : あーはーはーはー。でも、弟と行くと、たまに小学生に間違われるんですよ。それはイヤ。どう見ても小学生じゃないでしょ! 食べ放題に行くと年齢聞かれるじゃないですか。だから最近は食べ放題に行くのがイヤになってきた。

——小学生に見られるのはイヤだけど、中学生に見られるのは?

ami : えー、それもなぁ。やっぱJKだから。

——JDは?

miyu : 大学生。

ami : それはちょっと嬉しいかもしれない、ふふ(笑)。でも、amiinAのお客さんは私がJKだってわかってない人が結構いるかもしれない。

——たしかに中学生のイメージのままっていう人はいてもおかしくないかも。

ami : え、あんなに頑張って合格したじゃん!

miyu : 受験勉強してない……。やるなら1月くらいからかな。

ami : 大丈夫。受験よりレコーディングのほうが大変だよ。普通に笑って受けてた。

——笑いながらテスト受ける人もやばいですよ。

ami : お昼の時間に教室がすごい静かだったんですけど、緊張してなさすぎて。友達と食べながら笑ってました。他の人にとっては受験って大事なことなんだなって。自分のメインはamiinAだから、受験なんてポンポンポンって感じです。最悪なんとかなる。手段はたくさんあるよって思う。

——かっこいい。最後にamiさんの無頼な感じが聞けてよかったです。

ami : あーあ、今日は語った。

DISCOGRAPHY

amiinA / Atlas (24bit/48kHz)

ポストロック、エレクトロニカ、UK&北欧サウンドなど一つのジャンルに留まらない楽曲群と唯一無二の世界観が魅力のガールズユニットamiinAの新体制後初となるシングル!

amiina / Canvas / ○△□(24bit/48kHz)

3rdシングル『Canvas / ◯△□』! 名曲「Canvas」は大合唱間違いなし。こだわりのデジタルブックレット付き!

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

Moon Romantic presents "Running to Avalon" feat. amiinA
2016年10月29日(土)@青山 月見ル君想フ

サワソニ22 SAWA生誕祭
2016年11月6日(日)@上野恩賜公園 水上音楽堂

「Wonder World vol.20」~二周年SP~
2016年11月26日(土)@大阪・味園ユニバース

PROFILE

amiinA

2012年結成。2016年新メンバーを迎え、表記をamiinAに変更、活動を再開した。

amiとmiyuが織りなすパフォーマンスと様々な音楽性が散りばめられた楽曲群で唯一無二の世界を作り出している。

amiinA 公式blog>> HP
amiinA 公式twitter>> HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /