艶やかな“3”の日から生まれたサンナナニ × THE LIPSMAX、スプリット・ライヴ盤、独占ハイレゾ配信

サンナナニ × THE LIPSMAXのコラボの様子、左からTOKIE、AZUMA HITOM、LOVE、U、ひぐちけい

9月23日(金)代官山LOOPで行われたライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉。関西からはDIALUCK、スインギンなロックンロール、THE LIPSMAX。変則的な編成ながらしっかりとロックンロールなサンナナニと、それぞれ3人の女性で構成されているものの、世代もキャリアも音楽性も全く異なる3バンドが一同に介して、3者3様、艶やかなステージを繰り広げた。

このたびOTOTOYでは当日のサンナナニとTHE LIPSMAXのライヴ音源をスプリット・ライヴ・アルバム『GIRLS 3×3 〜23th SEP,2016@代官山LOOP〜(24bit/48kHz)』としてハイレゾ配信を開始する。こちらはレアなコラボ曲も収録。また、THE LIPSMAXの「LIPSY!!!」も配信開始! 彼女たちの当日の熱狂のライヴに胸を射抜かれた人はこちらもぜひ。ということで、これらの配信音源を熱狂の一夜のライヴ・レポートとともにお届けしたい

サンナナニ × THE LIPSMAX、当日のライヴをスプリット・ライヴ・パッケージとしてお届け
当日の写真をふんだんに収めたブックレットPDF付き

サンナナニ × THE LIPSMAX / GIRLS 3×3 〜23th SEP,2016@代官山LOOP〜(24bit/48kHz)

【Track List】
01. サンナナニ / コミュニケーション
02. サンナナニ / 一生懸命シティ
03. サンナナニ / ひとりじゃ
04. THE LIPSMAX / Devil’s Sisters
05. THE LIPSMAX / Suger High!!!
06. THE LIPSMAX / Miss Bunny
07. サンナナニ × THE LIPSMAX / Every Breath You Take

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
アルバムまとめ購入のみ 972円(税込)


THE LIPSMAX、1stCDとしてリリースされたタイトルも配信スタート

THE LIPSMAX / LIPSY!!!

【Track List】
01. Devil's Sisters
02. I Know What You Did
03. Utano Mamani
04. J.T.Beat

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
アルバムまとめ購入のみ 972円(税込)


THE LIPSMAX、サンナナニ、DIALUCK三者三様の個性で魅了

9月23日(金)代官山LOOPにてライヴ・イベント〈GIRLS 3×3〉が開催され、3組の女性3ピースバンドがそれぞれの個性を発揮したライヴで観客を魅了した。

この日はあいにくの雨でかなりの肌寒さとなった東京都内だったが、会場となった代官山LOOPには開演時間が迫るにつれて続々とお客さんがフロアに集まって徐々に熱気が充満してきた。

関西からの刺客、DIALUCK

DIALUCK

トップバッターは関西からやってきたバンド・DIALUCKが務めた。はる(Vo.Gt)が「東京、代官山~! ダイアラックです!」と第一声をかけて「ためいき」からゆるりと始まったライヴは、ブレイクビーツを思わせるしおり(Dr)のドラムがラップ調に歌うはるのヴォーカルにピタリと寄り添っている。息継ぎが聴こえるほどの空気感から、力強くバスドラが「勇灯最終列車」に導き、オートワウをかけたテレキャスが空気を一変させる。観客の手拍子と演奏が重なり合ってポリリズムとなっていく場面もあり、ステージは徐々に熱を帯びてきた。

クリスマスツリーに掛けられているような電飾を纏ったステージから、しおりが刻む絶妙なハイハットに合わせて歪んだコードを鳴らすはる。サポートベーシストのかなたまは重く足跡のようなフレーズを置いていく。はるがバイクに乗りながら歌うMVも話題となった「あの街まで」では曲間に手拍子を求めて観客を巻き込んでいく。

「各バンドとも女3人、こだわりがあります。そこに着目して最後まで楽しんでください」はるのMCから、ラップからグラデーションのようにメロディアスなサビへと続く「セーシュン」へ。所謂ロックバンドとはひと味違う、甘酸っぱいリリックをけだるいメロディと緩やかながらタイトなサウンドに乗せた、人力ヒップホップ的な面白さがあるライヴを見せてくれた。

堂々、ロックンロールなTHE LIPSMAX

THE LIPSMAX

続いてはストレイキャッツばりのロカビリースタイルのTHE LIPSMAXの登場だ。「Tequila」に乗って陽気にステージに姿を現したLOVE(Gt.&Vo)TOKIE(Ba)山口美代子(Dr)。「Devil's Sisters」でスタートしたライヴは、いきなり出音がデカい! TOKIEのアップライトベースからシャッフルのビートに乗せてアコギを弾いて歌うLOVE。ブレイクした瞬間、暗幕をバックにした山口に照明が当たると、まるでクラシカルな映画のワンシーンのようだ。続けて、OTOTOYの対談でも話題に上ったナンバー、“もしも男に生まれ変わったら”と歌う「Miss Bunny」では、TOKIEがベースソロで沸かせ、2番では“ツーバス踏みたい!”と山口に願望が飛び出し、観客も大喜び。なにしろ初っ端から豪快な演奏が楽しい。

「雨の中、よく来たね! 今日は楽しむよー!」とLOVE。聞けば3人揃ってのライヴは8月のレコ発以来とのことだが、明るく盛り上がりブルースからテンポアップする展開で楽しませた「Sugar High!!!」や「Sweet Chilli Chilli」といった演奏は息ピッタリ。曲ごとに様々な表情を見せるその演奏力、歌唱力がより露わになったのが、迫力のスカ・ナンバー、英詞の「Meow Meow」だった。合間にはラジオパーソナリティとしても活躍するLOVEが、山口が吉本新喜劇の“すち子”にハマっているなんていう情報を交えつつの軽妙なトークでも大いに楽しませてくれた。ラストは16ビートで「The Lip Smack」。LOVEの伸びやかな歌声、ベース・ソロ、ドラム・ソロで観客を巻き込んで行った。後半になるにつれ加速してクライマックスを迎えるようにライヴを運んでいくさまは、まさに圧巻の姉御肌。大人の女の魅力を存分に発揮した堂々たるステージングであった。

多彩なサウンドで迫るサンナナニ]

サンナナニ

転換の間に流れていたのは、今日のイベントにピッタリな曲、ゆらゆら帝国の「3×3×3」だ。そしていよいよ3組目、トリを務めるサンナナニが登場した。揃いのYシャツとネクタイ、腕には赤い腕章をつけたスタイルでステージに登場すると、AZUMA HITOMI(Vo.Syn-Ba.)のスキャット、シンセベースからひぐちけい(Gt)のディレイをかけたスペイシーなリフ、U(Vo.Dr)がリズミカルにハイハットを刻みながらAZUMAと共に歌い、3人の音が1つになった「熱帯魚」でライヴが始まった。空間を活かしたエフェクティブなギターをAZUMAの弾くシンセベースと土着的なドラムが支えているサウンドは、先ほどの2組ともまったく異なる独創性溢れるもの。

「今日は女子が3組集まっていますが、3バンドそれぞれの音楽を出せるイベントに呼んで頂いて嬉しいです!」とのAZUMAの第一声から、「せーの!」と3人のかけ声から「なげいても」へと続く。3人での演奏ながら音圧がすごい。ライブ感が加速していく「コミュニケーション」からUのMCではDIALUCK、THE LIPSMAXそれぞれのライヴについて触れ、「OTOTOYさんで対談したその日から、LOVEさんのラジオ「LOVE CONNECTION」(Tokyo FM)をめっちゃ聴いてる(笑)」そうで、THE LIPSMAXへの憧れも告白。ミディアム・テンポの「タイムトラベラー」ではひぐちがタイトル通りに時を翔けるようなギターを放つと、髪を振り乱すアクションを見せるAZUMA。続く「山月記」はUのセリフ入り。ハードなブギナンバーで沸かせてから曲の終わりに昔話風に「めでたし、めでたし」と締めるギャップになんだかほっこりさせられた。

>>〈GIRLS 3×3〉開催前、出演3バンドによる座談会特集ページ

メンバー紹介を経て、ラストはドラム、シンセベースのセッションから、AZUMAがシンセでツマミをグイ~ン、ミョ~ンといじりながら曲紹介。強烈なギターのイントロから始まる「一生懸命シティ」だ。パンキッシュなロックンロールのAメロから一転、サビでは憂いのあるメロディラインが耳に残る。間奏ではセンターでギターを弾きながら客席を煽るひぐち。すでにライヴでおなじみの曲ということもあり、サビを一緒に歌っている観客も多かった。

サンナナニ x THE LIPSMAX、セッションへ

サンナナニ x THE LIPSMAX

アンコールでは「今日は3ピースバンドのイベントですけど、三角はバランスがすごく良いんですよね。1つ点がなくなると形が崩れちゃう、ギリギリの最小人数でやってるのが楽しい」とAZUMA。「私たちの今の推し曲です」と、「ひとりじゃ」を披露した。どこか懐かしさを感じさせる旋律と浮遊感がありながらタイトな演奏が印象的な楽曲で、彼女たちの音楽性を象徴しているように思えた。曲が終わるとマイクスタンドがセンターに置かれ、Tシャツ姿のLOVEとTOKIEがステージに。LOVEが「OTOTOYさん素敵なイベントありがとうございます! みなさん今日は楽しんで頂けましたか!?」と声をかけると観客から大きな拍手が送られた。「せっかくだから3人組バンドのカバーを」ということで、LOVEの流暢な英語による曲紹介からThe Policeの「Every Breath You Take」(見つめていたい)をプレイ。AZUMAとLOVEが貴重なデュエットを聴かせてくれた。両手を広げてゴスペルを思わせるような歌唱で大団円のエンディングへ。まさに三者三様、バンドの個性も違えば1人1人のパーソナリティもまったく異なる3組によるライヴに魅了された、じつに贅沢な一夜だった。


取材・文:岡本貴之
写真 : 大橋祐希

〈GIRLS 3×3〉セットリスト




2016年9月23日(金)
会場 : 代官山LOOP
出演 : THE LIPSMAX / サンナナニ / DIALUCK

DIALUCK セットリスト
1.ためいき
2.勇灯最終列車
3.あの街まで
4.Daydream
5.おとぎばなし
6.セーシュン

THE LIPSMAX セットリスト
1.Devil's Sisters
2.Miss Bunny
3.Sugar High!!!
4.Sweet Chilli Chilli
5. Meow Meow
6. YOU
7. Fantasy in blue
8. The Lip Smack

サンナナニ
1.熱帯魚
2.なげいても
3.コミュニケーション
4.タイムトラベラー
5.山月記
6.チェリーセージ
7.一生懸命シティ

アンコール
1.ひとりじゃ
2.Every Breath You Take(With LOVE,TOKIE)

PROFILE

LIPSMAX profile

左からTOKIE(Ba.Cho)、山口美代子(Dr.Cho)、LOVE(Vo.Gt)

女に生まれた愉しみを奏で尽くすロックンロール・トリオ・バンドTHE LIPSMAX(ザ・リップスマックス)。2013年秋、それぞれに独立したキャリアを持ちながら、世代をクロスオーバーした最強の女性メンバーで結成。FUJI ROCK FFSTIVAL ’14 Gypsy Avalon Stageステージ最終日のクロージング・バンドとして初参戦を果たし、確かなテクニックと華のあるパフォーマンスで会場を湧かせる。また、同日2014年7月27日には初の4曲入りCD「LIPSY!!!」をリリースしており、現在は、ライヴ会場及びWEB STOREで販売中。THE LIPSMAXの歌詞はすべて、幼少期を米国やインターナショナルスクールで過ごしたLOVEが手がけ、バンド内最年少ながら肝っ玉のボーカルは必聴。アップライト・ベースで圧倒的なグルーヴを繰り出す花形ベーシストTOKIE、そして海外ツアー経験も豊かなドラマー山口美代子は立ち&座りの両スタイルで爆発的パフォーマンスを見せる。女3人で自由自在、必見のライヴ・バンドである。

>>LIPSMAX アーティスト・ページ


サンナナニ profile

左からAZUMA HITOMI(Vo.Syn-Ba)、U(Vo.Dr)、ひぐちけい(VO.Gt)

川本真琴、フルカワミキ、コレサワなど女性シンガーソングライターのサポートを務めるドラム・ボーカル「U」と、同じくコレサワ、Chelsy、井上苑子といったアーティストのサポート・ギタリスト「ひぐちけい」に加え、矢野顕子の近作アルバムへのトラック提供などで知られるテクノ系シンガーソングライター「AZUMA HITOMI」による女性スリーピース・ロック・バンド。 ギター、ドラム、シンセ・ベースにツイン・ヴォーカルという変則的な編成と、クラシック・ロック、昭和歌謡曲、ニューウェイヴをミクスチュアした音楽性を武器に、ライブバンドとしての頂点を極めるべく2016年初頭より活動開始。7月13日には結成からわずか半年で初ワンマンライブを実現、大盛況へと導く。

>>サンナナニ アーティスト・ページ


DIALUCK profile

左からはる(Vo.Gt)、しおり(Dr)

大人もパリピもメンヘラも、れぺぜん大阪。ゆるリリック、癒しのメロディー、新感覚ガールズ・バンド。

>>DIALUCK アーティスト・ページ

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る
[CLOSEUP]・2017年05月17日・【期間限定プライスオフ】エモを爆発させるのは真顔?──柴田聡子が伝えないと死ねないと語る新作に迫る 柴田聡子が1年半ぶりとなる4thアルバム『愛の休日』を完成させた。プロデュースに岸田繁(くるり)、山本精一が参加。さらに伊藤大地、かわいしのぶ、石橋英子、どついたるねんなど錚々たるミュージシャンたちと紡いだ柴田聡子の新境地。「これぞ柴田聡子!」な弾き語りからバンド・サウンド、さらにはマシンビートにまで拡大した柴田ワールド全13曲をハイレゾ配信。そして、この素晴らしい作品を少しでも多くの人に聴いてほしいという願いから、5月30日までの期間限定でプライスオフ販売!! 本作について迫った柴田聡子へのロング・インタヴューとともにぜひアルバムをじっくりとご堪能ください。 1年半ぶりの4thアルバムをハイレゾ配信スタート柴田聡子 / 愛の休日【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)アルバム価格 2,160円(税込) ※5月30日までの期間限定プライスオフ【収録曲】1. スプライト・フォー・ユー
by 西澤 裕郎
今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!!
[CLOSEUP]・2017年05月11日・今までにないこの2人組がおもしろい!!ーーセルフ・プロデュース・アイドル、あヴぁんだんど新曲先行配信!! 非常階段とのコラボレーション・あヴぁ階段やアメリカ・ツアーへの参加、メンバーの個性とセルフ・プロデュースが地上波TV番組でも紹介されるなど、注目を集めているアイドル・グループ、“あヴぁんだんど”。2人組になり洗練され進化し続ける彼女たちが新曲に加え、前シングルを現体制で再録した新バージョンを収録したシングルをリリース。リード曲「Hello!!」は、つるうちはなが作詞・作曲を担当。流麗なピアノの旋律に優しいメロディーが重なり多幸感溢れる仕上がりとなっている。同時収録の「FEVER」にはPLECTRUMのタカタタイスケが参加。OTOTOYでは2タイプのCDパッケージを1つにまとめたスペシャル・パッケージを先行配信。そして、メンバーへのインタヴューをお届けする。 現体制初シングルをCD発売に先駆けて先行配信スタートあヴぁんだんど / Hello!!'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV、AAC※ファイル形式について【価格】単曲 270円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【トラック・リスト
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事