オルタナティブ・ミュージックに自ら終止符を打ったその先で鳴らす音、福岡の雄 folk enoughの新作EPハイレゾ配信

“オルタナティブ・ミュージックの終焉を告げる”と銘打ち、アルバム『Mario found me a good Exit』を発表したのはいまから約2年前のこと。その次なる一手として、福岡の雄 folk enoughが新作EPを2作続けて連続リリースした。

改めて前作を振り返ってみると、ブルース、ネオアコ、グランジから、ヒップホップまで、雑多に複数のジャンルの楽曲を1枚のなかに並列。溢れ出んばかりのアイデアの数々を象徴するかのように収録内容は全23曲、74分にも達した。そこで垣間見えた実験的とも言える彼らの取り組みは、いまやひとつの音楽ジャンルとして定型化してしまった“オルタナティブ”に対するある種の挑戦であったとも言えるのではないだろうか。

さて今年に入り、folk enoughは新たに2作品、6月に『Genoa close ep』、そして9月に『BLACK FRUG ep』をアナログ7インチにて続けてドロップ。“世界平和”をテーマにしたという今回の2部作は無軌道なサウンドを展開していた前作とは異なり、軸を担うギター・リフが楽曲を牽引、いわゆるロックンロール・サウンドを強く意識しているように感じる。

「Genoa close」ではガレージ・ロック的なギター・リフと佐藤香織(Dr)が歌う「Everything will be allright」という歌メロが反復、シンプルなビートでひたすら突き進んでいく。同じく表題曲である「BLACK FRUG」は90年代UKロックを彷彿とさせる骨太な楽曲で、ひたすらに歌メロが立ったものとなっている。とはいえメランコリックな「B.D.son」は各パートがそれぞれ別方向をむいたような演奏で、すれ違いながらも心地よいグルーヴを生み出しており、ここ数年の彼ららしいサウンドも聴かせてくれる。

作品のリリースと時を同じくして、folk enoughはKING BROTHERS、TADZIOらとともに全国を巡るツアーに出る。オルタナティブ・ミュージックに自ら終止符を打ったその先で彼らが鳴らす音とは。その一端を体感しにぜひとも各会場へと足を運んでいただきたい。(text by 鶯巣大介)

folk enough / Genoa close ep

【Track List】
01. Genoa close
02. B.D.Son

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
単曲 257円(税込) / アルバム 540円(税込)

テーマはなんと「世界平和」(本人談)! 先の読めない展開とブルージーなメロディーが相俟った、緻密かつダイナミックなサウンド

folk enough / BLACK FRUG ep

【Track List】
01. BLACK FRUG
02. LEVEL FIVE

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
単曲 257円(税込) / アルバム 540円(税込)

folk enough流の”世界平和”完結! 軽快なロックンロール・サウンドにシンガロング必須の歌メロ、泣きのギターラインが涙もの

LIVE INFORMATION

JUKE JOINT TOUR 2016

2016年9月16日(金)@福井ベルベット
w/宇宙三輪車(福井)、unkown(福井)、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月17日(土)@奈良レイブゲイト
w/RED SNEAKERS(奈良)、ANTONIOTHREE(四日市)、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月18日(日)@広島スロウダウン
w/UHNELLYS(東京)、絶望ルーシー(広島)、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月19日(祝)@福岡スタンドバップ
w/UHNELLYS(東京)、VOTTONES (福岡)、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月22日(祝)@愛媛 宇和島bobby
w/ヤングパーソンクラブ(愛媛)、巨根トライアングル(愛媛)、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月23日(金)@神戸108
w/calme adiction(大阪)、TADZIO、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月24日(土)@名古屋 栄partys
w/COUNT PHANTOM(名古屋)、TADZIO、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月25日(日)@東京 下北沢ベースメントバー
w/KMC(東京) 、TADZIO、folk enough、KING BROTHERS

2016年9月30日(金)@札幌 161倉庫
w/マツボックリマンTheギネス(札幌) 、TADZIO、KING BROTHERS

2016年10日1日(土)@札幌 161倉庫
w/THE LUMDEES(札幌)、folk enough、KING BROTHERS

2016年10日2日(日)@札幌スピリチュアルラウンジ
w/中華一番(札幌) 、TADZIO、folk enough、KING BROTHERS

PROFILE

folk enough

1998年福岡県飯塚市で結成。井上周一の宅録からはじまり、60年代以降各年代のさまざまなポップ・カルチャーを消化した彼らの音楽は、ジャンクでブルースでロックンロールで、どこまでもオルタナティブである。これまでに5枚のオリジナル・アルバムをリリース。過去作はミュージック・マガジンで満点の評価を獲得しており、評論家やバイヤーからの評価も高い。

2009年柴田剛がベース・プレイヤーとして加入。その後制作された5thアルバム『DISCO TAPE』のリリースにより、鉄壁のスリーピースは更なる進化を遂げた。2012年にはバンド初のツイン・ギターでライブを行うなど果敢な楽曲変化を図り、2013年ギタリスト笠原大輔が加入し現在の編成となる。2014年には、6thアルバム『Mario found me a good Exit』をリリースし、現在進行形で発展し続けていることを証明した。

>>folk enough オフィシャル・サイト

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースのアルバム 『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!!
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリース『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!! MONJU、SICKTEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり、東京を代表するラッパー、ISSUGI。そしてニューヨーク・ ブルックリンを拠点とし、5lackの『5 sence』や、C.O.S.A.×KID FRESINOの『Somewhere』など近年の日本のヒップホップの名盤にいくつも参加しているプロデューサーGRADIS NICE。この2人がタッグを組み、昨年2016年アルバム『DAY and NITE』をリリース。今作はそのリミックス盤ということで国内外を問わず彼らと親交のあるプロデューサーたちが集結。さらに、長野県松本市を中心に活動するラッパー、トラック・メイカーであるMASS-HOLEのプロデュースによる新曲も収録。こちらにはセカンド・アルバム『So Sophisticated』をリリースしたばかりのFEBBがゲストとして参加しており、FEBBのビートによる新曲「RHYZMIK & POET」も収められている。2曲の新曲とまた別の顔を見せるリミックス楽曲。
【REVIEW】再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、実に17年ぶりとなるアルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年05月05日・再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!! アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。 At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a'【Track List】01. NO WOLF LIKE THE PRESENT02. CONTINUUM03. TILTING AT THE UNIVENDOR04. GOVERNED BY CONTAGIONS05. P
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なく
by 斎井 直史
【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース!
[REVIEW]・2017年05月04日・【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース! TOTALFATが約2年振りに8枚目のフル・アルバム『FAT』をリリースした。TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り「FAT」と名付けられたアルバム、そのタイトルの中にTOTALFATの歩んできた17年間が垣間見えるデザインになっている。そんな想いが詰まった今作を紹介しよう。 TOTALFAT / FAT'【配信形態】alac,flac,wav【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム価格 1,650円(税込)【収録曲】''01. R.E.P02. スクランブル03. Delight feat. J-REXXX04. 晴天05. Chanse06. Wanna Be07. Revenge of Underdogs08. 宴の合図09. マエニマエニ10. Eyes11. CALLING YOU faet. LIBRO12. ONE FOR THE DREAMS 【REVIEW】TOTALFAT『FAT』これまでTOTALFATのアルバムは疾走感のあるメロディックなサウンドが魅力的で、何よりも全神経
【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV
【REVIEW】遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ最新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年04月18日・遠くの空へ向けた悲しくも美しい手紙──マウント・イアリ新作『A Crow Looked At Me』をハイレゾ配信 2001年にリリースした『The Glow Pt. 2』がレディオヘッド、ホワイト・ストライプス、ストロークス、フガジ、アヴァランチーズなどの強豪を抑えて米サイト〈Pitchfork〉にて2001年のアルバム・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、名門インディ・レーベル〈K Records〉の看板アーティストとして1990年代後半〜2000年代初頭までザ・マイクロフォンズという名義で多くの賞賛を得たフィル・エルヴラム。活動名義をマウント・イアリと変えた後も精力的にリリースを行ってきた彼だが、今回リリースする『A Crow Looked At Me』は自身も音楽家として国際的に評価を受けるドローイング / コミック・アーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カストレイ夫人の死をテーマに制作が進められ、身近な人の「死」による悲しみを描いた11曲が収められている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信すると共に、前述のアルバム『The Glow Pt. 2』も配信スタート。両作品ともブックレットを付属しているので訳詞と共に
ラッキ−オールドサン、2thFullAlbum『Belle Époque』レヴュー掲載
[REVIEW]・2017年04月13日・ラッキーオールドサン、希望的な春をもたらすセカンド・アルバムリリース ラッキーオールドサンが約2年ぶりに待望のセカンド・アルバム『Belle Époque』をリリース。70年代の豊潤なサウンドを、現代的な解釈と日常感覚で独自に消化してみせた。録音 / ミックス・エンジニアには馬場友美、マスタリング・エンジニアには木村健太郎を起用し、安部勇磨(never young beach)、夏目知幸(シャムキャッツ)、角舘健悟(Yogee New Waves)、平賀さち枝やHomecomingsら同世代のアーティストからも支持されるその瑞々しい音楽性はよりふくよかで、彩り豊かなものに更新された。そんな日常に寄り添う彼女たちの本作のレヴューを掲載。 ラッキーオールドサン、2年ぶりのセカンド・アルバムラッキーオールドサン / Belle Époque'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. さよならスカイライン2. ベッドサイドストリート3. フューチュラマ4. 写真5. 夢でも
by 宮尾茉実