WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record

On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe to chat with KOM_I from the band.

WEDNESDAY CAMPANELLA's 6th ALBUM

WEDNESDAY CAMPANELLA / UMA(24bit/96kHz)

【Download Format】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>What is High-res?

【Price】
a song 205yen / ALBUM 1,800yen(tax in)

【Track List】
1. Chupacabra
2. Tsuchinoko
3. Yeti
4. Unico
5. Phoenix
6. Baku
7. Kraken


WEDNESDAY CAMPANELLA / Chupacabra


Review : UMA-WEDNESDAY CAMPANELLA

Tokyo based pop/electronic group WEDNESDAY CAMPANELLA (Suiyoubi no Campanella in Japanese) have rapidly built a large following across Japan since posting their first tracks on YouTube in 2012, and their subsequent mini albums and releases on the independent record label Tsubasa Records.

KOM_I is the vocalist and face of the group. She performs live and also appears in the videos. The music is expertly arranged and produced by Kenmochi Hidefumi, and Dir.F. - mysterious back-room figures who’ve yet to appear on stage.

Forging a sound that fuses club beats, rap, dreamy vocals and innovative electronics, the three piece’s approach makes for a dynamic and refreshing formula - all delivered with heaps of cool melodic pop.

To appreciate the sound of WEDNESDAY CAMPANELLA more fully it’s perhaps interesting to note that KOM_I’s early musical influences include the incredibly talented (and much missed) Kyoto-born producer Rei Harakami, whose detailed instrumental electronic pieces she enjoyed on her long commute to high school in her youth. She later developed a fondness for synthpop innovators Denki Groove, alternative rock band the Flaming Lips as well as the experimental Japanese music maker Oorutaichi.

Although it’s fair to say that they draw from many disparate sonic elements, WEDNESDAY CAMPANELLA are more than mere musical magpies. They’ve honed a sound of their own which is no more evident than on their Zipangu album, released at the end of 2015. The record helped grow the Japanese fanbase and also created a larger awareness internationally, resulting in an invitation to perform at the prestigious SXSW2016 in Texas. Kicking off with the unique Shakushain, (which playfully pays homage to the northern city of Sapporo), the record incorporates many different takes on modern electronic music, while keeping an overall aesthetic that never strays too far from the unique WEDNESDAY CAMPANELLA sound.


WEDNESDAY CAMPANELLA / LIVE at SXSW2016

Their brand new EP UMA (their first for a major label) retains all the freshness and energy of their previous releases - but with an additional sheen and confidence that’s sure to win them even more fans around the world. (Incidentally the title UMA is taken from the initials of Unidentified Mysterious Animal an idea which KOM_I became fascinated by, which in turn lead to her to think about her music from a fresh perspective.)

Production contributions on the record include LA’s Matthewdavid, Paris based Myd, and German trio Brandt Brauer Frick, all adding their own original spins on the material, and adding to the outer-national appeal to WEDNESDAY CAMPANELLA’s sound.

The album kicks off with the dance-floor friendly Chupacabra. With a mix of Euro high-tempo big room production, highly tuned and detailed production and the gliding rap of KOM_I, it’s an irresistible way into the record.

Another efficient and immaculate pop/dance production Tsuchinoko quickly follows with quick-fire vocals and a great synth line.


WEDNESDAY CAMPANELLA / Tsuchinoko

Yeti takes the music in a different direction with a slower tempo, laid back rap, and floating vocals, and Phoenix picks up the energy with a samba - fused house beat and a lot of quirky sound detail courtesy of Myd, the French DJ, producer and founding member of Club cheval. (There’s even an unexpected and really enjoyable school playground sing-a-long at the end.)

Unico is perhaps the most musically traditional in approach with piano, guitar and string accompaniment providing an organic backdrop to KOM_I’s strong melodic performance.

The penultimate track Baku, produced by Matthewdavid, is the most experimental on the album - building a submerged drum & bass rhythm through a dense soundtrack of vocals and electronics. UMA winds up with a collaboration with highly regarded German three piece Brandt Brauer Frick who close the album with Kraken. It’s an unhurried and evolving track initially built around a simple low slung disco bass-line and KOM-I’s vocals - mutating along the way and dissolving into electric keyboard and soundscapes.

UMA is a beautifully constructed record - equally at ease with musical experimentation as it is with pure pop. Unfettered by any sense of cynical commercialism UMA is right up there with some of most complete Japanese electronic/pop albums from recent times with wonderful moments of musical clarity and interplay. It’s a record that will undoubtedly enable WEDNESDAY CAMPANELLA to reach many more new fans in Japan and around the world.

text by Nick Luscombe

KOM_I / Nick Luscombe

Nick Luscombe

Broadcaster and DJ Nick Luscombe presents BBC Radio 3's Sony Award Winning Late Junction programme, as well as the syndicated Flomotion radio show for Resonance FM and British Airways.

Nick's previous roles include Director of Music at London’s Institute of Contemporary Arts (ICA), as well as Chief Music Editor at iTunes.

He is the founder and director of Musicity, an international location-based digital and live event platform that explores the intersection of music, space, memory and experience.

WEDNESDAY CAMPANELLA archive

PROFILE

WEDNESDAY CAMPANELLA

WEDNESDAY CAMPANELLA is a pop house unit formed by KOM_I (Front Act), Kenmochi Hidefumi (Composer), and Dir.F (All the rest).

WEDNESDAY CAMPANELLA gives an extraordinary experience with their mysterious mixture of House, Techno, Chill Out style music and the one and only Kom I’s rhythmic vocals. The artist is mostly recognized for their comical & sensational music videos and for Kom I’s very unique and very original character. WEDNESDAY CAMPANELLA has always been challenging activities other artists have never done before.

They are offered to perform for numerous music festivals and shows. Kom I appeared in major festivals in Japan such as SUMMER SONIC 2015, RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015, ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015, and ARABAKI ROCK FEST.15

WEDNESDAY CAMPANELLA has climbed their path to stardom very quickly within the past 3 years. They have achieved a unique position in Japan and they are on their way to be a true iconic artist.

>>Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースした。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイの新シングル! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム