WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record

On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe to chat with KOM_I from the band.

WEDNESDAY CAMPANELLA's 6th ALBUM

WEDNESDAY CAMPANELLA / UMA(24bit/96kHz)

【Download Format】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>What is High-res?

【Price】
a song 205yen / ALBUM 1,800yen(tax in)

【Track List】
1. Chupacabra
2. Tsuchinoko
3. Yeti
4. Unico
5. Phoenix
6. Baku
7. Kraken


WEDNESDAY CAMPANELLA / Chupacabra


Review : UMA-WEDNESDAY CAMPANELLA

Tokyo based pop/electronic group WEDNESDAY CAMPANELLA (Suiyoubi no Campanella in Japanese) have rapidly built a large following across Japan since posting their first tracks on YouTube in 2012, and their subsequent mini albums and releases on the independent record label Tsubasa Records.

KOM_I is the vocalist and face of the group. She performs live and also appears in the videos. The music is expertly arranged and produced by Kenmochi Hidefumi, and Dir.F. - mysterious back-room figures who’ve yet to appear on stage.

Forging a sound that fuses club beats, rap, dreamy vocals and innovative electronics, the three piece’s approach makes for a dynamic and refreshing formula - all delivered with heaps of cool melodic pop.

To appreciate the sound of WEDNESDAY CAMPANELLA more fully it’s perhaps interesting to note that KOM_I’s early musical influences include the incredibly talented (and much missed) Kyoto-born producer Rei Harakami, whose detailed instrumental electronic pieces she enjoyed on her long commute to high school in her youth. She later developed a fondness for synthpop innovators Denki Groove, alternative rock band the Flaming Lips as well as the experimental Japanese music maker Oorutaichi.

Although it’s fair to say that they draw from many disparate sonic elements, WEDNESDAY CAMPANELLA are more than mere musical magpies. They’ve honed a sound of their own which is no more evident than on their Zipangu album, released at the end of 2015. The record helped grow the Japanese fanbase and also created a larger awareness internationally, resulting in an invitation to perform at the prestigious SXSW2016 in Texas. Kicking off with the unique Shakushain, (which playfully pays homage to the northern city of Sapporo), the record incorporates many different takes on modern electronic music, while keeping an overall aesthetic that never strays too far from the unique WEDNESDAY CAMPANELLA sound.


WEDNESDAY CAMPANELLA / LIVE at SXSW2016

Their brand new EP UMA (their first for a major label) retains all the freshness and energy of their previous releases - but with an additional sheen and confidence that’s sure to win them even more fans around the world. (Incidentally the title UMA is taken from the initials of Unidentified Mysterious Animal an idea which KOM_I became fascinated by, which in turn lead to her to think about her music from a fresh perspective.)

Production contributions on the record include LA’s Matthewdavid, Paris based Myd, and German trio Brandt Brauer Frick, all adding their own original spins on the material, and adding to the outer-national appeal to WEDNESDAY CAMPANELLA’s sound.

The album kicks off with the dance-floor friendly Chupacabra. With a mix of Euro high-tempo big room production, highly tuned and detailed production and the gliding rap of KOM_I, it’s an irresistible way into the record.

Another efficient and immaculate pop/dance production Tsuchinoko quickly follows with quick-fire vocals and a great synth line.


WEDNESDAY CAMPANELLA / Tsuchinoko

Yeti takes the music in a different direction with a slower tempo, laid back rap, and floating vocals, and Phoenix picks up the energy with a samba - fused house beat and a lot of quirky sound detail courtesy of Myd, the French DJ, producer and founding member of Club cheval. (There’s even an unexpected and really enjoyable school playground sing-a-long at the end.)

Unico is perhaps the most musically traditional in approach with piano, guitar and string accompaniment providing an organic backdrop to KOM_I’s strong melodic performance.

The penultimate track Baku, produced by Matthewdavid, is the most experimental on the album - building a submerged drum & bass rhythm through a dense soundtrack of vocals and electronics. UMA winds up with a collaboration with highly regarded German three piece Brandt Brauer Frick who close the album with Kraken. It’s an unhurried and evolving track initially built around a simple low slung disco bass-line and KOM-I’s vocals - mutating along the way and dissolving into electric keyboard and soundscapes.

UMA is a beautifully constructed record - equally at ease with musical experimentation as it is with pure pop. Unfettered by any sense of cynical commercialism UMA is right up there with some of most complete Japanese electronic/pop albums from recent times with wonderful moments of musical clarity and interplay. It’s a record that will undoubtedly enable WEDNESDAY CAMPANELLA to reach many more new fans in Japan and around the world.

text by Nick Luscombe

KOM_I / Nick Luscombe

Nick Luscombe

Broadcaster and DJ Nick Luscombe presents BBC Radio 3's Sony Award Winning Late Junction programme, as well as the syndicated Flomotion radio show for Resonance FM and British Airways.

Nick's previous roles include Director of Music at London’s Institute of Contemporary Arts (ICA), as well as Chief Music Editor at iTunes.

He is the founder and director of Musicity, an international location-based digital and live event platform that explores the intersection of music, space, memory and experience.

WEDNESDAY CAMPANELLA archive

PROFILE

WEDNESDAY CAMPANELLA

WEDNESDAY CAMPANELLA is a pop house unit formed by KOM_I (Front Act), Kenmochi Hidefumi (Composer), and Dir.F (All the rest).

WEDNESDAY CAMPANELLA gives an extraordinary experience with their mysterious mixture of House, Techno, Chill Out style music and the one and only Kom I’s rhythmic vocals. The artist is mostly recognized for their comical & sensational music videos and for Kom I’s very unique and very original character. WEDNESDAY CAMPANELLA has always been challenging activities other artists have never done before.

They are offered to perform for numerous music festivals and shows. Kom I appeared in major festivals in Japan such as SUMMER SONIC 2015, RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015, ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015, and ARABAKI ROCK FEST.15

WEDNESDAY CAMPANELLA has climbed their path to stardom very quickly within the past 3 years. They have achieved a unique position in Japan and they are on their way to be a true iconic artist.

>>Official HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人