WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record

On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe to chat with KOM_I from the band.

WEDNESDAY CAMPANELLA's 6th ALBUM

WEDNESDAY CAMPANELLA / UMA(24bit/96kHz)

【Download Format】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>What is High-res?

【Price】
a song 205yen / ALBUM 1,800yen(tax in)

【Track List】
1. Chupacabra
2. Tsuchinoko
3. Yeti
4. Unico
5. Phoenix
6. Baku
7. Kraken


WEDNESDAY CAMPANELLA / Chupacabra


Review : UMA-WEDNESDAY CAMPANELLA

Tokyo based pop/electronic group WEDNESDAY CAMPANELLA (Suiyoubi no Campanella in Japanese) have rapidly built a large following across Japan since posting their first tracks on YouTube in 2012, and their subsequent mini albums and releases on the independent record label Tsubasa Records.

KOM_I is the vocalist and face of the group. She performs live and also appears in the videos. The music is expertly arranged and produced by Kenmochi Hidefumi, and Dir.F. - mysterious back-room figures who’ve yet to appear on stage.

Forging a sound that fuses club beats, rap, dreamy vocals and innovative electronics, the three piece’s approach makes for a dynamic and refreshing formula - all delivered with heaps of cool melodic pop.

To appreciate the sound of WEDNESDAY CAMPANELLA more fully it’s perhaps interesting to note that KOM_I’s early musical influences include the incredibly talented (and much missed) Kyoto-born producer Rei Harakami, whose detailed instrumental electronic pieces she enjoyed on her long commute to high school in her youth. She later developed a fondness for synthpop innovators Denki Groove, alternative rock band the Flaming Lips as well as the experimental Japanese music maker Oorutaichi.

Although it’s fair to say that they draw from many disparate sonic elements, WEDNESDAY CAMPANELLA are more than mere musical magpies. They’ve honed a sound of their own which is no more evident than on their Zipangu album, released at the end of 2015. The record helped grow the Japanese fanbase and also created a larger awareness internationally, resulting in an invitation to perform at the prestigious SXSW2016 in Texas. Kicking off with the unique Shakushain, (which playfully pays homage to the northern city of Sapporo), the record incorporates many different takes on modern electronic music, while keeping an overall aesthetic that never strays too far from the unique WEDNESDAY CAMPANELLA sound.


WEDNESDAY CAMPANELLA / LIVE at SXSW2016

Their brand new EP UMA (their first for a major label) retains all the freshness and energy of their previous releases - but with an additional sheen and confidence that’s sure to win them even more fans around the world. (Incidentally the title UMA is taken from the initials of Unidentified Mysterious Animal an idea which KOM_I became fascinated by, which in turn lead to her to think about her music from a fresh perspective.)

Production contributions on the record include LA’s Matthewdavid, Paris based Myd, and German trio Brandt Brauer Frick, all adding their own original spins on the material, and adding to the outer-national appeal to WEDNESDAY CAMPANELLA’s sound.

The album kicks off with the dance-floor friendly Chupacabra. With a mix of Euro high-tempo big room production, highly tuned and detailed production and the gliding rap of KOM_I, it’s an irresistible way into the record.

Another efficient and immaculate pop/dance production Tsuchinoko quickly follows with quick-fire vocals and a great synth line.


WEDNESDAY CAMPANELLA / Tsuchinoko

Yeti takes the music in a different direction with a slower tempo, laid back rap, and floating vocals, and Phoenix picks up the energy with a samba - fused house beat and a lot of quirky sound detail courtesy of Myd, the French DJ, producer and founding member of Club cheval. (There’s even an unexpected and really enjoyable school playground sing-a-long at the end.)

Unico is perhaps the most musically traditional in approach with piano, guitar and string accompaniment providing an organic backdrop to KOM_I’s strong melodic performance.

The penultimate track Baku, produced by Matthewdavid, is the most experimental on the album - building a submerged drum & bass rhythm through a dense soundtrack of vocals and electronics. UMA winds up with a collaboration with highly regarded German three piece Brandt Brauer Frick who close the album with Kraken. It’s an unhurried and evolving track initially built around a simple low slung disco bass-line and KOM-I’s vocals - mutating along the way and dissolving into electric keyboard and soundscapes.

UMA is a beautifully constructed record - equally at ease with musical experimentation as it is with pure pop. Unfettered by any sense of cynical commercialism UMA is right up there with some of most complete Japanese electronic/pop albums from recent times with wonderful moments of musical clarity and interplay. It’s a record that will undoubtedly enable WEDNESDAY CAMPANELLA to reach many more new fans in Japan and around the world.

text by Nick Luscombe

KOM_I / Nick Luscombe

Nick Luscombe

Broadcaster and DJ Nick Luscombe presents BBC Radio 3's Sony Award Winning Late Junction programme, as well as the syndicated Flomotion radio show for Resonance FM and British Airways.

Nick's previous roles include Director of Music at London’s Institute of Contemporary Arts (ICA), as well as Chief Music Editor at iTunes.

He is the founder and director of Musicity, an international location-based digital and live event platform that explores the intersection of music, space, memory and experience.

WEDNESDAY CAMPANELLA archive

PROFILE

WEDNESDAY CAMPANELLA

WEDNESDAY CAMPANELLA is a pop house unit formed by KOM_I (Front Act), Kenmochi Hidefumi (Composer), and Dir.F (All the rest).

WEDNESDAY CAMPANELLA gives an extraordinary experience with their mysterious mixture of House, Techno, Chill Out style music and the one and only Kom I’s rhythmic vocals. The artist is mostly recognized for their comical & sensational music videos and for Kom I’s very unique and very original character. WEDNESDAY CAMPANELLA has always been challenging activities other artists have never done before.

They are offered to perform for numerous music festivals and shows. Kom I appeared in major festivals in Japan such as SUMMER SONIC 2015, RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015, ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015, and ARABAKI ROCK FEST.15

WEDNESDAY CAMPANELLA has climbed their path to stardom very quickly within the past 3 years. They have achieved a unique position in Japan and they are on their way to be a true iconic artist.

>>Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

オーラル、フレデリックに続く期待の新人! MASH A&Rグランプリ獲得のSaucy Dogが目指す大きな夢
[CLOSEUP]・2017年05月24日・オーラル、フレデリックに続く期待の新人! MASH A&Rグランプリ獲得のSaucy Dogが目指す大きな夢 これまでTHE ORAL CIGARETTESやフレデリックを輩出してきたオーディションMASH A&Rが再び新たな原石を発見した。大阪を中心に活動し、2016年度のMASH A&Rにてグランプリを獲得した3人組ロックバンド“Saucy Dog”。最大の特徴としてヴォーカル石原慎也の発する「言葉・メロディ・声」がある。その魅力を最大限に生かすバンド・アレンジにはSaucy Dogのバンドとしてのポテンシャルを感じずにはいられない! そんな彼ら初の全国流通作品となる、1stミニ・アルバム『カントリーロード』の配信がスタート。OTOTOYではアルバム購入者特典として、2017年6月23日までの期間限定でボーナス・トラック「カントリーロード(Cover)」の音源をプレゼントします! オーディションでは「負ける気はしなかった」と語る彼らの自信の根元、そして今後の活動で目指すべき大きな目標について語ってくれたインタヴューと共にお楽しみください。 Saucy Dog初の全国流通作品を配信中!Saucy Dog
by JJ
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
「シャボン・タイムマシン」解体新書ーー制作者、SAWAとTomgggにより楽曲ができるまで全て語る
[CLOSEUP]・2017年05月23日・曲ができるまでの過程、全部明かします!!ーーSAWAとTomgggによる「シャボン・タイムマシン」解体新書 SAWAの新曲「シャボン・タイムマシン」が5月24日(水)よりOTOTOY独占でハイレゾ配信開始。同曲は、Hauptharmonieの結成1周年ワンマン・コンサートの限定シングルとしてSAWAが作曲・編曲し提供した「Searching,Afraid,Wandering,Acutes」のセルフカバーで、リアレンジのサウンド・プロデューサーとしてTomgggが参加。ドリーミーなキラキラワールドがSAWAの声と出会い、新たな楽曲として生まれ変わっている。5月27日に上野恩賜公園で行われるSAWA主催のイベント〈サワソニ25〉で本曲を初披露、会場限定シングルとしても発売する。本作のリリースに伴い、SAWAとTomgggの対談を敢行。「シャボン・タイムマシン」がどのように完成したか、実際のデモ音源とともに丸裸にする!! サウンド・プロデュースにTomgggを迎えたSAWAの新曲を先行ハイレゾ配信SAWA / シャボン・タイムマシン【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 単
by 西澤 裕郎
6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月22日・6人で変えていくんだよーーエレクトリックリボン、新体制初シングルを1週間先行ハイレゾ配信 yu、aoi、airiの新メンバー3人を迎え、6人体制で活動をスタートしたエレクトリックリボン。そんな彼女たちが5月30日にニュー・シングル『Twinkle in you』を箱レコォズよりリリースする。表題曲「Twinkle in you」、およびカップリングの「春色ドロップ」は、前作「アイライン」に引き続き、女の子のための女の子のレーベル「花とポップス」のあーたが作詞・作曲を担当。また、3曲目には現在のメンバー6人でレコーディングし直した「アイライン」の新バージョンを収録。「変えていくんだよ」と決意を歌う同シングルをOTOTOYでは1週間先行配信するとともに、6人へのインタヴューを掲載。新たなエレクトリックリボンをどこよりも早く感じてみてはいかがだろう。 箱レコォズよりリリースされる最新シングルを1週間先行配信エレクトリックリボン / Twinkle in you(24bit/48kHz)【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC 単曲 250円 / まとめ 1,000円【Track List】1. Twi
by 西澤 裕郎
新編成で送りだすYogee New Wavesの新たな“波”の響き
[CLOSEUP]・2017年05月18日・新編成で送りだすYogee New Wavesの2nd──やつらの新たな“波”をとらえろ 1st『PARAISO』で高い評価を受けたのち、メンバーの脱退や加入などを経て、ついにYogee New Wavesが2ndアルバム『WAVES』を完成させた。約2年半振りのフル・アルバムは、そう、とにかく2017年の夏、この国のインディ・ロックを象徴をアルバムのひとつになるだろう。これまでシングル・カットされてきた楽曲も含めて、全曲捨て曲なしの11曲が詰まったアルバムだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバムまとめ買いで歌詞PDFが付属する。ということで、また記事では、Yogee New Wavesのことが好きすぎるOTOTOYスタッフ、23歳、鈴木雄希による熱血のロング・レヴューをお送りしよう。 アルバムまとめ買いで歌詞PDF付きYogee New Waves / WAVES(24bit/96kHz)'【Track List】01. Ride on Wave02. Fantasic Show03. World is Mine04. Dive Into the Honeytime05. Unders
by ?
内装や音響システムまでこだわり抜かれた神楽坂の新音楽スペース「神楽音(カグラネ)」「KGR(n)」オープン
[CLOSEUP]・2017年05月17日・2つの顔をもったミュージックスペースーー神楽坂に誕生した「神楽音(カグラネ) / KGR(n)」の全貌に迫る 自らの音楽活動のみならず、インディーズ・レーベル「kilk records」、ライヴハウス「ヒソミネ」、カフェ「bekkan」を立ち上げ、次々と新たなチャレンジを行っている森大地。昨年秋にAureoleを解散して新バンド「Temple of Kahn」を結成した彼が、時を同じくしてオープンさせるのが音楽スペース「神楽音」/「KGR(n)」だ。神楽坂という街、駅から徒歩1分という好アクセス、クオリティを追求した音響システム、洒落た内装と、既存のライヴハウスやクラブとは一線を画すこのライヴスペースは、“新たな音楽シーンを生み出したい”という強い意志を持った仲間たちによって誕生したようだ。今回、立上げに参画した4人ーー森大地、音響システムを担当し株式会社キルクと共同経営であるアソルハーモニクス株式会社代表・森堅一、「神楽音」/「KGR(n)」の店長を務める田中一臣、「KGR(n)」のブランディングを手掛けるmergrimの光森貴久(※ベルリン在住のためSkypeで参加)にお集まり頂き、妥協を一切にしなか
by 岡本 貴之
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.1 アヤ・エイトプリンス&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」スタート!!
[CLOSEUP]・2017年05月19日・GANG PARADE 連続インタヴュー、アヤ・エイトプリンス編「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第1回は、アヤ・エイトプリンス編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」がスタート!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェックだ!! >>新連載!! GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこち
by 西澤 裕郎
エレクトロ〜R&Bを行き来する、この国のメロウなポップ・マエストロ
[CLOSEUP]・2017年05月10日・【独占ハイレゾ】ポスト・インディR&B時代の、この国のメロウなポップ・マエストロ、City Your City ベース・ミュージック〜インディR&Bのポップへの侵食は、海外のみならず、ここ日本にもさまざまなレベルで行われている。〈術ノ穴〉からアルバム『N/S』をリリースする、このCity Your Cityもそんな存在とも言えるだろう。TPSOUNDによるクールなエレクトロ・トラックと、メロウなk-overのヴォーカルが渾然一体となったソフトなポップ・サウンドを奏でる。その実力は、まずは話題となったデジタル・シングル「choice」「neon」「share」「shy」を含む全10曲を収録したアルバム『N/S』を聴いてたしかめていただきたい。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ配信を行うとともにインタヴューを行なった。 ハイレゾ版を独占配信City Your City / N/S(24bit/48kHz)'【Track List】01. choice02. insomnia03. shy04. night05. share06. □△○07. card 08. neon【配信形態 / 価格】''24bit/4
by ?