WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record

On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe to chat with KOM_I from the band.

WEDNESDAY CAMPANELLA's 6th ALBUM

WEDNESDAY CAMPANELLA / UMA(24bit/96kHz)

【Download Format】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>What is High-res?

【Price】
a song 205yen / ALBUM 1,800yen(tax in)

【Track List】
1. Chupacabra
2. Tsuchinoko
3. Yeti
4. Unico
5. Phoenix
6. Baku
7. Kraken


WEDNESDAY CAMPANELLA / Chupacabra


Review : UMA-WEDNESDAY CAMPANELLA

Tokyo based pop/electronic group WEDNESDAY CAMPANELLA (Suiyoubi no Campanella in Japanese) have rapidly built a large following across Japan since posting their first tracks on YouTube in 2012, and their subsequent mini albums and releases on the independent record label Tsubasa Records.

KOM_I is the vocalist and face of the group. She performs live and also appears in the videos. The music is expertly arranged and produced by Kenmochi Hidefumi, and Dir.F. - mysterious back-room figures who’ve yet to appear on stage.

Forging a sound that fuses club beats, rap, dreamy vocals and innovative electronics, the three piece’s approach makes for a dynamic and refreshing formula - all delivered with heaps of cool melodic pop.

To appreciate the sound of WEDNESDAY CAMPANELLA more fully it’s perhaps interesting to note that KOM_I’s early musical influences include the incredibly talented (and much missed) Kyoto-born producer Rei Harakami, whose detailed instrumental electronic pieces she enjoyed on her long commute to high school in her youth. She later developed a fondness for synthpop innovators Denki Groove, alternative rock band the Flaming Lips as well as the experimental Japanese music maker Oorutaichi.

Although it’s fair to say that they draw from many disparate sonic elements, WEDNESDAY CAMPANELLA are more than mere musical magpies. They’ve honed a sound of their own which is no more evident than on their Zipangu album, released at the end of 2015. The record helped grow the Japanese fanbase and also created a larger awareness internationally, resulting in an invitation to perform at the prestigious SXSW2016 in Texas. Kicking off with the unique Shakushain, (which playfully pays homage to the northern city of Sapporo), the record incorporates many different takes on modern electronic music, while keeping an overall aesthetic that never strays too far from the unique WEDNESDAY CAMPANELLA sound.


WEDNESDAY CAMPANELLA / LIVE at SXSW2016

Their brand new EP UMA (their first for a major label) retains all the freshness and energy of their previous releases - but with an additional sheen and confidence that’s sure to win them even more fans around the world. (Incidentally the title UMA is taken from the initials of Unidentified Mysterious Animal an idea which KOM_I became fascinated by, which in turn lead to her to think about her music from a fresh perspective.)

Production contributions on the record include LA’s Matthewdavid, Paris based Myd, and German trio Brandt Brauer Frick, all adding their own original spins on the material, and adding to the outer-national appeal to WEDNESDAY CAMPANELLA’s sound.

The album kicks off with the dance-floor friendly Chupacabra. With a mix of Euro high-tempo big room production, highly tuned and detailed production and the gliding rap of KOM_I, it’s an irresistible way into the record.

Another efficient and immaculate pop/dance production Tsuchinoko quickly follows with quick-fire vocals and a great synth line.


WEDNESDAY CAMPANELLA / Tsuchinoko

Yeti takes the music in a different direction with a slower tempo, laid back rap, and floating vocals, and Phoenix picks up the energy with a samba - fused house beat and a lot of quirky sound detail courtesy of Myd, the French DJ, producer and founding member of Club cheval. (There’s even an unexpected and really enjoyable school playground sing-a-long at the end.)

Unico is perhaps the most musically traditional in approach with piano, guitar and string accompaniment providing an organic backdrop to KOM_I’s strong melodic performance.

The penultimate track Baku, produced by Matthewdavid, is the most experimental on the album - building a submerged drum & bass rhythm through a dense soundtrack of vocals and electronics. UMA winds up with a collaboration with highly regarded German three piece Brandt Brauer Frick who close the album with Kraken. It’s an unhurried and evolving track initially built around a simple low slung disco bass-line and KOM-I’s vocals - mutating along the way and dissolving into electric keyboard and soundscapes.

UMA is a beautifully constructed record - equally at ease with musical experimentation as it is with pure pop. Unfettered by any sense of cynical commercialism UMA is right up there with some of most complete Japanese electronic/pop albums from recent times with wonderful moments of musical clarity and interplay. It’s a record that will undoubtedly enable WEDNESDAY CAMPANELLA to reach many more new fans in Japan and around the world.

text by Nick Luscombe

KOM_I / Nick Luscombe

Nick Luscombe

Broadcaster and DJ Nick Luscombe presents BBC Radio 3's Sony Award Winning Late Junction programme, as well as the syndicated Flomotion radio show for Resonance FM and British Airways.

Nick's previous roles include Director of Music at London’s Institute of Contemporary Arts (ICA), as well as Chief Music Editor at iTunes.

He is the founder and director of Musicity, an international location-based digital and live event platform that explores the intersection of music, space, memory and experience.

WEDNESDAY CAMPANELLA archive

PROFILE

WEDNESDAY CAMPANELLA

WEDNESDAY CAMPANELLA is a pop house unit formed by KOM_I (Front Act), Kenmochi Hidefumi (Composer), and Dir.F (All the rest).

WEDNESDAY CAMPANELLA gives an extraordinary experience with their mysterious mixture of House, Techno, Chill Out style music and the one and only Kom I’s rhythmic vocals. The artist is mostly recognized for their comical & sensational music videos and for Kom I’s very unique and very original character. WEDNESDAY CAMPANELLA has always been challenging activities other artists have never done before.

They are offered to perform for numerous music festivals and shows. Kom I appeared in major festivals in Japan such as SUMMER SONIC 2015, RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015, ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015, and ARABAKI ROCK FEST.15

WEDNESDAY CAMPANELLA has climbed their path to stardom very quickly within the past 3 years. They have achieved a unique position in Japan and they are on their way to be a true iconic artist.

>>Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【REVIEW】JJJ、驚くべき進化の先へ、ノイジーでありポップ、2ndアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年02月23日・【REVIEW】ノイジーでありポップ、驚くべきスピードで進化を遂げたヒップホップ・サウンド——JJJ、2ndアルバム その存在は、Fla$hBackS、ソロとして作品の評価はもとより、その客演やトラックメイクのクレジットのリストを見るだけでもシーンのなかでもはや欠かせない才能であることがわかる。ここに、JJJの2ndソロ『HIKARI』が届いた。自身のトラックメイク、ラップを中心に、国内外で話題となった韓国のラッパー、Ugly Duck、Reddyのふたり、さらに国内勢では5lack、同郷川崎のSTICKY、MONJU/DOWN NORTH CAMPの仙人掌、KANDYTOWN / BCDMGのラッパーYOUNG JUJUなどのラッパーをフィーチャー。そしてFebbとKID FRESINOをフィーチャーしたFla$hBackS名義の楽曲も。またENDRUN、Aru-2、STUTSといったトラックメイカーも参加。まさに2017年の国産ヒップホップの重要作の1枚と言えるだろう。OTOTOYでは本作を配信、二木信のレヴューで紹介しよう。 JJJ / HIKARI'【Track List】01. BABE feat
BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介