WEDNESDAY CAMPANELLA : beautifully constructed record

On 22nd June 2016, one of the hottest music acts in Japan, WEDNESDAY CAMPANELLA, released their new EP UMA from Warner Music Japan(Atlantic Japan). Campanella's sound is largely based on elements of electronic and bass music and quirky Japanese lyrics, with their new-mixture style receiving considerable support from Japanese music fans. UMA is WEDNESDAY CAMPANELLA's first proper world-wide release, so we invited London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe to chat with KOM_I from the band.

WEDNESDAY CAMPANELLA's 6th ALBUM

WEDNESDAY CAMPANELLA / UMA(24bit/96kHz)

【Download Format】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
>>What is High-res?

【Price】
a song 205yen / ALBUM 1,800yen(tax in)

【Track List】
1. Chupacabra
2. Tsuchinoko
3. Yeti
4. Unico
5. Phoenix
6. Baku
7. Kraken


WEDNESDAY CAMPANELLA / Chupacabra


Review : UMA-WEDNESDAY CAMPANELLA

Tokyo based pop/electronic group WEDNESDAY CAMPANELLA (Suiyoubi no Campanella in Japanese) have rapidly built a large following across Japan since posting their first tracks on YouTube in 2012, and their subsequent mini albums and releases on the independent record label Tsubasa Records.

KOM_I is the vocalist and face of the group. She performs live and also appears in the videos. The music is expertly arranged and produced by Kenmochi Hidefumi, and Dir.F. - mysterious back-room figures who’ve yet to appear on stage.

Forging a sound that fuses club beats, rap, dreamy vocals and innovative electronics, the three piece’s approach makes for a dynamic and refreshing formula - all delivered with heaps of cool melodic pop.

To appreciate the sound of WEDNESDAY CAMPANELLA more fully it’s perhaps interesting to note that KOM_I’s early musical influences include the incredibly talented (and much missed) Kyoto-born producer Rei Harakami, whose detailed instrumental electronic pieces she enjoyed on her long commute to high school in her youth. She later developed a fondness for synthpop innovators Denki Groove, alternative rock band the Flaming Lips as well as the experimental Japanese music maker Oorutaichi.

Although it’s fair to say that they draw from many disparate sonic elements, WEDNESDAY CAMPANELLA are more than mere musical magpies. They’ve honed a sound of their own which is no more evident than on their Zipangu album, released at the end of 2015. The record helped grow the Japanese fanbase and also created a larger awareness internationally, resulting in an invitation to perform at the prestigious SXSW2016 in Texas. Kicking off with the unique Shakushain, (which playfully pays homage to the northern city of Sapporo), the record incorporates many different takes on modern electronic music, while keeping an overall aesthetic that never strays too far from the unique WEDNESDAY CAMPANELLA sound.


WEDNESDAY CAMPANELLA / LIVE at SXSW2016

Their brand new EP UMA (their first for a major label) retains all the freshness and energy of their previous releases - but with an additional sheen and confidence that’s sure to win them even more fans around the world. (Incidentally the title UMA is taken from the initials of Unidentified Mysterious Animal an idea which KOM_I became fascinated by, which in turn lead to her to think about her music from a fresh perspective.)

Production contributions on the record include LA’s Matthewdavid, Paris based Myd, and German trio Brandt Brauer Frick, all adding their own original spins on the material, and adding to the outer-national appeal to WEDNESDAY CAMPANELLA’s sound.

The album kicks off with the dance-floor friendly Chupacabra. With a mix of Euro high-tempo big room production, highly tuned and detailed production and the gliding rap of KOM_I, it’s an irresistible way into the record.

Another efficient and immaculate pop/dance production Tsuchinoko quickly follows with quick-fire vocals and a great synth line.


WEDNESDAY CAMPANELLA / Tsuchinoko

Yeti takes the music in a different direction with a slower tempo, laid back rap, and floating vocals, and Phoenix picks up the energy with a samba - fused house beat and a lot of quirky sound detail courtesy of Myd, the French DJ, producer and founding member of Club cheval. (There’s even an unexpected and really enjoyable school playground sing-a-long at the end.)

Unico is perhaps the most musically traditional in approach with piano, guitar and string accompaniment providing an organic backdrop to KOM_I’s strong melodic performance.

The penultimate track Baku, produced by Matthewdavid, is the most experimental on the album - building a submerged drum & bass rhythm through a dense soundtrack of vocals and electronics. UMA winds up with a collaboration with highly regarded German three piece Brandt Brauer Frick who close the album with Kraken. It’s an unhurried and evolving track initially built around a simple low slung disco bass-line and KOM-I’s vocals - mutating along the way and dissolving into electric keyboard and soundscapes.

UMA is a beautifully constructed record - equally at ease with musical experimentation as it is with pure pop. Unfettered by any sense of cynical commercialism UMA is right up there with some of most complete Japanese electronic/pop albums from recent times with wonderful moments of musical clarity and interplay. It’s a record that will undoubtedly enable WEDNESDAY CAMPANELLA to reach many more new fans in Japan and around the world.

text by Nick Luscombe

KOM_I / Nick Luscombe

Nick Luscombe

Broadcaster and DJ Nick Luscombe presents BBC Radio 3's Sony Award Winning Late Junction programme, as well as the syndicated Flomotion radio show for Resonance FM and British Airways.

Nick's previous roles include Director of Music at London’s Institute of Contemporary Arts (ICA), as well as Chief Music Editor at iTunes.

He is the founder and director of Musicity, an international location-based digital and live event platform that explores the intersection of music, space, memory and experience.

WEDNESDAY CAMPANELLA archive

PROFILE

WEDNESDAY CAMPANELLA

WEDNESDAY CAMPANELLA is a pop house unit formed by KOM_I (Front Act), Kenmochi Hidefumi (Composer), and Dir.F (All the rest).

WEDNESDAY CAMPANELLA gives an extraordinary experience with their mysterious mixture of House, Techno, Chill Out style music and the one and only Kom I’s rhythmic vocals. The artist is mostly recognized for their comical & sensational music videos and for Kom I’s very unique and very original character. WEDNESDAY CAMPANELLA has always been challenging activities other artists have never done before.

They are offered to perform for numerous music festivals and shows. Kom I appeared in major festivals in Japan such as SUMMER SONIC 2015, RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015, ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015, and ARABAKI ROCK FEST.15

WEDNESDAY CAMPANELLA has climbed their path to stardom very quickly within the past 3 years. They have achieved a unique position in Japan and they are on their way to be a true iconic artist.

>>Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

ヒロネちゃん、『浴槽プランクトン』をリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年01月12日・精神的にも経済的にも生きたいから芸術をしているーーヒロネちゃん、2017年以降の覚悟を語る 現在大学3年生のシンガー・ソングライター、ヒロネちゃんが、約10ヶ月ぶりとなるシングル『浴槽プランクトン』をリリース。ヒロネちゃんのいまにも消えてしまいそうな繊細な歌声と、それを引き立たせる壮大なバンドサウンドが優しく絡み合った名曲となっている。OTOTOYでは、恥ずかしいほどに赤裸々に綴られた片思いソング「おやすみ」、アコースティック・ギターとヒロネちゃんの歌声のみのラフな空気感を一発録りした「灯り」、シンプルなバンド編成ながら独特な構成を持つ「アイニー」、ヒロネちゃんの真骨頂であるピアノ弾き語りによる「静寂少女」の全5曲を収録したスペシャルパッケージを配信開始し、ヒロネちゃんの覚悟を語ったロング・インタヴューを掲載する。 OTOTOYスペシャルパッケージを配信スタートヒロネちゃん / 浴槽プランクトン'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3単曲 250円(税込) / まとめ購入 1,000円(税込)【TRACK LIST】''1. 浴槽プランクトン2. おやすみ3. 灯り4. ア
by 西澤 裕郎
国内最大級MCバトル〈KOK〉の優勝を勝ち取ったラッパー、GADOROが1stアルバムをリリース
[CLOSEUP]・2017年01月13日・【REVIEW】“四畳半”から抜け出す言葉──国内最大級MCバトル〈KOK〉王者、GADOROの1sを配信 国内で最大級のMCバトルのひとつ〈KING OF KINGS〉。バトル・ラップがまさにお茶の間にまで浸透した2016年も、全国で予選が行われ、そして開けて2017年1月8日、決勝となる〈KING OF KINGS 2016 GRAND CHAMPIONSHIP FINAL〉が開催された。優勝を勝ち取ったのは、宮崎出身のラッパー、GADORO。そんな彼が、まさにベスト・タイミングで1stアルバム『四畳半』をリリースする。自らの力で1stアルバムの最上級のプロモーションを勝ち取ったとも言えるだろう、そんな彼のデビュー・アルバムをOTOTOYでも配信中。本稿では、ライター、二木信によるレヴューをお届けしよう。 GADORO / 四畳半'【Track List】01. 大願成就 02. CONCRETE JUNGLE03. M.Y.T.K TRIBE04. 虫ケラの詩05. JUST A DREAM06. 羊達の戦艦07. UNDER DOG08. 今09. 夜桜10. 灯火11. トワイライト12. クズ【
Still Caravanが〈GOON TRAX〉より新作『EPIC』をリリース、ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月18日・ジャズを起点に縦横無尽にクロスオーヴァーするStill Caravan、新作『EPIC』をハイレゾ配信 メロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』への参加で知られる5人組バンド、Still Caravan。トラックメイカー、HiGASHiを中心に、ギター、ベース、ドラム、そしてピアノ / キーボードといった編成のバンドで、そのサウンドの肝はジャズを起点に、ポスト・J・ディラ・ビートやクラブ・ジャズなどを幅広い角度から取り入れたグルーヴと、親しみやすい流麗なメロディと言えるだろう。そんな彼が、前述の『IN YA MELLOW TONE』をリリースする〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースした。『EPIC』と名付けられた、新作はまさにその名の通り、雄大な景色を描き出す色彩豊かなメロディと音色で溢れている。今回は本作のリリースに際して、彼ら、そして作品に迫るべく、メンバーにメール・インタヴューを試みた。 Still Caravan / EPIC(24bit/48kHz)'【Track List】01. Shine On02. Butter
by 鶯巣 大介
猫とギターと金木和也
[CLOSEUP]・2017年01月18日・猫と... ギターと... 金木和也 滋賀県在住のシンガー・ソングライター金木和也。『LUCKY』『最終兵器』に続くミニ・アルバムの第3弾『大人』をリリース。ちなみに1曲目「がらんどう」は、ほんとうに名曲! 彼を紐解くキーワードを探していたら、3作とも猫が描かれたジャケットが。さらにギターが大好きなギターキッズだと言う。猫... ギター... このキーワードを手掛かりに、彼にインタビューを申し込んだ。この楽曲に触れながら、金木和也が少しでも身近になればと願う... 待望のニュー・ミニ・アルバム!!!金木和也 / 大人'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】単曲 257円(税込) アルバム1300円(税込)【Track List】''01. がらんどう / 02. No rain, No rainbow. / 03. 肌荒れ / 04. 幸せへのまわり道 / 05. 不幸だった / 06. そっと大人に INTERVIEW : 金木和也 1992年4月18日生まれ、24歳のシンガー・ソングライター金木和也。「閃光ライオット2011」ファイナリスト、映画『アオハライド』劇中歌「
2017年の最大旋風だ!BRADIO、待望の2ndアルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2017年01月18日・BRADIOは、2017年の最大旋風を起こすだろう。信じれないなら、この2ndアルバムを聴いてみやがれ!!! 2013年に1st mini albumをリリースし、「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに活動中の4人組ロックバンド、BRADIO。2016年はそのコンセプト以上な活躍で世間をざわつかせた彼らが(ワンマンは全部ソールド!)、2017年最大旋風を起こすであろう、待望の2ndアルバム『FREEDOM』をリリースした。今作は待ちに待ったBRADIO初となるハイレゾ音源の配信も! アルバム・タイトル『FREEDOM』とは裏腹に、作品への思いを真面目に語る(w)メンバー全員インタヴューをどうぞ。 祝! BRADIO初ハイレゾ!BRADIO / FREEDOM'【配信形態】(24bit/44.1kHz)WAV / ALAC / FLAC / AAC 【配信価格】単曲 540円(税込) アルバム3000円(税込)【Track List】''01. Back To The Funk / 02. -Freedom- / 03. 彼女ハリケーン / 04. 蝙蝠 / 05. ギフト / 06. R
by JJ
2017年最大の衝撃! Suchomos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年01月11日・2017年最大の衝撃! Suchmos、ニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版を予約受付開始! 昨年、FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする多数の夏フェスに参加し、一気にバンドの知名度と立ち位置を決めたSuchmos。まさしく、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるだろう。そんな彼らが、前作『THE BAY』から1年6ヶ月ぶりのリリースとなるニュー・アルバム『THE KIDS』をリリースする。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の予約受付を開始! さらにアルバム『THE KIDS』からスタジアムロックを彷彿とさせ、アルバムのスタートを切る1曲「A.G.I.T.」の先行配信もスタート! 今最も注目を集めるバンドSuchmosの、ストリートの殻を破り洗練されたサウンドに酔い痴れよう。 待望のニュー・アルバム『THE KIDS』のハイレゾ版予約はこちら! Suchmos / THE KIDS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 2037円(税込)【収録曲】1. A.G.I.T.2. STAY TUNE3. PINKVI
by ?
ロストフィルムの新たな門出へ、ライヴ音源2種、自主企画イベントをリスタート
[CLOSEUP]・2017年01月11日・ロストフィルムの2017年、新たな門出──ライヴ2作品リリース、自主企画イベントも 約1年間、活動をほぼ休止していたロストフィルムが2016年末、そして2017年のスタートとともに、新たな門出を飾る。名古屋を拠点に、AORやソウル、ファンクといった要素を入れ込み、流麗なポップスを生み出す彼らだが、ひさびさの作品として昨年末にはライヴ作品を2種リリース。そして2017年1発目は、15回目となる彼らの自主企画イベント「めっちゃええかんじ」を1月21日開催する。2017年、確実に名古屋のインディ・シーンを中心に活発な活動へと乗り出しそうな注目のバンドの中心人物、松岡直哉にインタヴューを敢行した。 名物自主企画イベントも再始動「めっちゃええかんじ15回目」'2017年1月21日(土)@名古屋鶴舞KD JAPON出演:tio、HoSoVoSo、ロストフィルム会場装飾:AZKopen/start 18:00/19:00adv/door 2000円/2500円ご予約lostfilm2016jpn@gmail.com予約方法件名「1/21予約」本文「お名前(カタカナ)・人数・メールアドレス」を入力し送信して下さい。3日程度
by 鶯巣 大介
これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年01月11日・これはギターインスト最終形態であるーーdowny・青木裕による初ソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信 downyのギタリスト青木裕が初のソロ・アルバム『Lost in Forest』を完成させた。楽音とノイズの境を超え、すべての音で構築されるオーケストレーション。OTOTOYでは今作の先行ハイレゾ配信を行い、本作について青木裕にインタヴューを行った。今回なぜソロ・アルバムを作ることになったのか? そしてどのようにしてこの超大作が完成したのか。音楽を表現することについての考えを訊いた。 青木裕の初のソロ・アルバムを先行ハイレゾ配信青木裕 / Lost in Forest【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【価格】WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz)単曲 200円(税込) アルバム 2,100円(税込)AAC / MP3単曲 150円(税込) アルバム 1,900円(税込)【収録曲】''1. I am Lost (feat. MORRIE)2. Open the Gate (feat. MORRIE)3. 8514. Waltz
by JJ