日本の夏、3776の夏! 最新シングルは伝説のライヴで披露したあの曲!

3776(井出ちよの)

現在は井出ちよののソロ・ユニットとして活動中の3776(みななろ)。ロコドルの領域をさらりと飛び越えて、アイドル・ソングらしからぬ中毒性の高い楽曲に各方面からの注目度も集まるなか、2016年1月16日に渋谷O-nestで開催されたワンマン・ライヴ「3776ライヴにいかない理由があるとすれば」で披露された「僕だけのハッピーエンド」がシングル・カットされ、3776Extendedスタイルでは初のリリース。そして、名作『ラブレター』のハイレゾver.は、スペシャルな特典付きでついに配信開始です。さてさて、8月15日のお盆に開催される主催ライヴはいったいどんなことになるのか?! ちよのちゃんに聞きました。

アナログドラムマシンとギターのループで魅せる3776ワールド

3776 / 僕だけのハッピーエンド(24bit/96kHz)

【Track List】
01. 僕だけのハッピーエンド / 02. 僕だけのハッピーエンド [Instrumental]

【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【配信価格】
まとめ購入のみ 257円(税込)
僕だけのハッピーエンド_ブックレット.pdfが同梱されます。

名作「ラブレター」のハイレゾがついに配信開始

3776 / ラブレター(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. 温暖湿潤山ガール / 02. デジタルネイティヴ / 03. 誰かのモノです / 04. A∩B / 05. 時空ラブレター~アフター大噴火の世界の君へ~ / 06. 温暖湿潤山ガール[Instrumental] / 07. デジタルネイティヴ[Instrumental] / 08. 誰かのモノです[Instrumental] / 09. A∩B[Instrumental]/ 10. 時空ラブレター~アフター大噴火の世界の君へ~-Radio Edit-[Instrumental] / 11.(答え合わせ)

【配信形態】
24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
アルバム価格 1,620円(税込)

【購入特典】
ハイレゾ版のみの特典! 井出ちよののコメントと楽曲制作者からの音楽マニア向けのお話付き特製ブックレット(pdf)

絶対必見! お盆に新宿でワンマン・ライヴ開催!

3776×OTOTOY企画 vol.3
『盆と3776が一緒に来るよ!』

日時 : 2016年8月15日(月)@新宿LOFT

OPEN 17:00 / START 18:00

ACT : 3776

TICKET : 2500円(+1D) / 3000円(+1D)

ご予約方法
・各プレイガイドにてチケット発売中
(ぴあ:293-304・ローソン:74895・e+ )
・3776 HP(http://m3776.com/)
※入場順は、プレイガイド購入者が優先して入場になります。

INTERVIEW : 井出ちよの

前回のワンマンライヴ『3776ライヴにいかない理由があるとすれば』は、アルバムのレコ発にも関わらず、アルバムの曲も代表曲もほとんどやらず、偽3776が出てきたり、しりとりで即興しだしたり… 圧倒的に客席は置いていかれ、もう笑うしかない状態に! そんな3776が、8月15日(月)に新宿LOFTで、新たなワンマンライヴを行う事が決定。タイトルは、『盆と3776が一緒に来るよ!』。その割には、『今回はちゃんとやります!ワンマンライブで観たい曲、リクエスト!』企画なんてやったりしてる。なんだろう…? 我々は、3776に翻弄され続ける運命なのか? さすが3776! とにかくよくわからないので、ワンマンの意気込みを井出ちよのに単独インタビューしてみた。

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
文 : 鶯巣大介
写真 : 大橋祐希

今回も頑張りたいと思いま~す

——今日は、8月に開催される〈盆と3776が一緒に来るよ!〉について話を聞ければなと。その前に前回のワンマンの振り返りをしましょうか? 1月の渋谷O-nestでのライヴは満足いく内容でした? 代表曲とか、ほとんどやりませんでしたけど…

井出ちよの(以下、ちよの) : 終わった直後は満足はしてました。だけど物販とかチェキの時間になって、みんな「よかったよ」とは言ってくれるんですけど、「もうちょっと曲が聞きたかった」って意見もきて。「あ、これだめかぁ」と思って(笑)。なにを見にきたんだろうみたいな顔してた人もいましたね。しかもプロデューサーのほうにもそう言ってる人もいて「これ重症だなぁ」って。私が内容決めたわけじゃないですけど!

——充分な内容でしたけどね。でも劇のパートもかなりあったりして、あんなにヘンなワンマンは見たことないです。

ちよの : 最後の「しりとり即興曲」とかも「なにをやってたのかわかんなかった」ってTwitterとかにもめっちゃ書いてあったらしくて(笑)。ほかの曲もあんまりみんなが好んで聴かないようなのを歌った気がしたんで。

——それで次のワンマンには“今回はちゃんとやります!”って注意書きが(笑)。多分一般的なワンマン・ライヴらしいワンマンって意味だと思いますけど。

ちよの : それは“ちゃんとやる”って気持ちが表れてるんです。しかもですね、このチラシに〈盆と3776が一緒に来るよ!〉って書いてあるんですけど、これは私が書きました。いぇーい!! 自分で半紙にひと文字ひと文字書いて丁寧に仕上げました。

——そうなんだ! でも“ちゃんとやる”って言ってるわりにはこのフライヤー相当ふざけてますけど…。

ちよの : ふざけてますね。〈自治会〉とか〈夏の納涼イベント〉とか書いてありますよ。まぁ作った本人(プロデューサー 石田彰)がニコニコしてるんで大丈夫だと思うんですけど。

——〈自治会以外の方もふるってご参加下さい〉って書いてますけど、3776のファンって自治会って総称でしたっけ(笑)?

ちよの : あははは(笑)。自治会じゃない! でもこのワンマンをきっかけに〈富士山八合目自治会〉に変えてもいいと思いますね。

——ちよのちゃんにとってワンマン・ライヴって、やっぱり普段とは気持ちが違う?

ちよの : そこまで変わんない感じは自分のなかであります。でも前だったら劇とかも入ってたし、そういうのがあると、普通のライヴと違って「あぁ~3776のワンマン・ライヴかぁ」と思いますね。いままでの2回、前回はMi-II、その前はamiinaに出てもらって、どれも全部自分ひとりでやってないので、仮に1人でやるとしたら心臓発作起こしそう! でも今回も頑張りたいと思いま~す。

3776はここまで、まぁ中くらいの大きさにはなれたと思います

——3776は去年1stフル・アルバムを出して、ワンマンもして。最近もますますライヴが増えていって、初めに出会ったときよりも状況が目まぐるしく変化してるよね。身長も伸びたし。

ちよの : そう! 身長すごい伸びましたね(笑)。やっぱり有名な方々がなぜか3776の曲を聴いて、それをツイートしてくれて。みんながいいねを押して、リツイートをして広めてくれたから、3776はここまで、まぁ中くらいの大きさにはなれたと思います。あとは曲が普通じゃないとこがいいんじゃないですかね?

——ワンマンもそのチラシも変わってるしね(笑)。その普通とはちょっと違うってところが3776に期待されてることでもあると思います。でもその変な曲を歌いこなせるあなたも相当ヘンだと思いますよ。石田さんの作る曲って歌うの難しいですよね。

ちよの : ほんとですよね!

——嫌じゃないですか?

ちよの : 嫌です(笑)。全部山の歌ですしね。でもこの難しいの取っちゃったら3776はなにも残んないんで。じゃあしょうがないなくらいの気持ちで石田節に乗っていったほうがいいかなと思います。逆にね、変わった人のほうが売れるとは思うんでいいんじゃないですかねぇ。あたしが調べてないだけかもしれないですけど、3776みたいなアイドルは現時点では見たことないですし。

——「もっと正統派アイドルになりたい!」みたいな気持ちはない?

ちよの : 正統派アイドルって私がやってたらだいぶ気持ち悪いと思うんで(笑)。私みたいな気持ち悪い人がこういうことやってたほうがまだマシだと思います。

——いやそんなことはないと思うよ(笑)。でもその3776のほかのアイドルとは違う部分をちゃんと武器として捉えてるんだ。

ちよの : 「石田節がいい」っていう人が本当にたくさんいるんで、わたしなんかが余計な手を加えたら…、まぁチラシには文字書いて加えちゃったんですけどね(笑)。これも石田さんが書いたほうがいいんじゃないかなとか思ったんだけど、石田さんは字がヘタだから私が書きました。

——なんだかお姉ちゃんみたいですね(笑)。石田さんはどういう存在ですか?

ちよの : この前に石田さんと「こういう質問されたらどうする?」みたいなことを考えてたんですけど…。知人です。親戚にいるかいないかくらいの(笑)。でも、ほんとに家族にはこんなヘンな人いないと思うんですよ! 絶対にジーパン、Tシャツで、その上にチェックの服を着るってスタイルは変わらないし。ヘンな人だから、家族にいたら困りますねぇ(笑)。

——あはは(笑)。知人って! もう絶対わざとだよね、その受け答えの感じも(笑)。例えば石田さんから新しい曲を渡されるときはなにか言われる? 歌入れのときとか。

ちよの : (仮歌が)初音ミクか本人の声で入ってまして。本人の声のほうが多いんですけど。その声を聞きながら歌ってますね。でもその通りにやっても「いや俺に似せなくてもいいから」って言ってくるんで難しいなと思うんですけど。

——つまりそこには“ちよのオリジナル”を求められると。

ちよの : そうらしいですね。

——やっぱり石田さんの作る曲の世界観とかも必要かもしれないけど、3776にとって1番大きいのはその“ちよのオリジナル”の部分だと思いますよ。

ちよの : いやぁーそれはありがたいです。まぁここまで辞めずにやってるんでね(笑)。

——いままで辞めたいと思ったことはなかった?

ちよの : 「ほんとに辞めたいんだけど…」みたいなことはないですね。そんな3776もガチガチじゃない、規則とかもないんで。結構3776自体がゆるいと思っていて、やりやすいですね。私にはこのゆるさがあってると思います。まだ若いんでなんかこういうことしてないと、死ぬときにね、「いい思い出なかったなぁ」ってなっちゃうんで。

——急に死ぬときの話に! なんだか中学3年生とは思えない(笑)。そういえば学校の修学旅行もあったそうだけど、どこにいったんですか?

ちよの : 京都と奈良です。普通に楽しみました。

——奈良は鹿見た?

ちよの : 私、鹿好きじゃないんですよ。前のグループのメンバーと一緒に撮影で奈良公園にいったんです。石田さんが鹿せんべいを買ったんだけど、すごく追いかけられて。石田さんが「もうないよ、もうないよ」って言って逃げても付いてくるんですよ。それを見てたら「鹿ってなんかなー」って。「こっちは君たちのために100円か150円も払ってんの!」と思って。せんべいあげてもお辞儀しないし。だからもう鹿好きじゃなくなりました。

——石田さん... 追いかけられたんだ(笑)。

ちよの : 本人に訊いてみてください。楽しかったのかな? プロデューサーは奈良が出身だから、鹿に追いかけられるのは慣れてると思うんですけど、私は鹿好きじゃないんで、奈良もあんまり好きじゃないですね。

——そんな理由で(笑)。京都は?

ちよの : 二条城はほんとすごいですね、鶯張りほんと感動します。二条城のいいとこはナレーションも付いてるところですね。各場所にいってボタンを押したらナレーションが流れて、説明してくれるんですよ。「わーなんて便利だ!」って思って。でも銀閣寺はそんなに。「書院造りだなぁ」って思って、すぐ終わっちゃった。

——学校では周りの子はどう? 中3だから「かっこいい人がいて…」とかそういうのないの?

ちよの : いまの中学生には付いていけませんねぇ。なんかね、すぐ「あの人とあの人付き合ってるんだって」とか「いまあの人のこと好きなのー、告ろうかな」とか。勝手にしてーみたいなね(笑)。私、全然そういうの興味ないってみんな知ってるのに「なんでみんな私に相談してくるの?」って思ったりしてます。いやそんないい意見出ませんよって。中学生って言ってもまだガキですねー(笑)。おめでたい脳みそで。

——ちよのちゃんがどんな大人になるのかちょっと怖くなってきちゃった(笑)。ドライなほうなのかな。

ちよの : ドライ、言われますね。そうですねぇ。関わりたくないことは一切関わりませんし、誰でも彼でも友達とは思わないし。でもこれ普通か。よく言われるけど、どのへんがドライなのかちゃんとわかってないですねぇ(笑)。逆に自分でわかってたらそれはドライ作ってる人としか思えないんでわかんないです。

君たちのためにやるワンマン・ライヴなんだぞ!

——ファンの人たちについてはどう思ってるんですか?

ちよの : どうも3776に付いてきてくれてありがとー! 3776が好きなんてだいぶコアっていうか、めずら、めずらな方で。ありがたいですね。最近は女性の方とかも増えてきて、広まってるなと思います。

——次のワンマンは、キャパが400とか500ですよ。

ちよの : はぁ…(ため息)。埋まる自信はもうないですね。逆に埋まってくれたら歓喜、ですよね。だって前は250人で、急に500人とかそんなね、夢みたいなこと。だからちょっとLOFT、すっかすかになるから、みんな気持ちよく踊れると思いますよ。ノッてください。パイプ椅子並べて、ちょうどいい感じじゃないですかね。

——でももう前のネストの枚数分くらい売れてますよ! しかもあと2ヶ月もあるし。

ちよの : あー。これから1枚も売れなかったらどうしよう。みんなもっと買ってくれなきゃ困るよ。

——頑張ってソールド目指しましょうよ!

ちよの : 頑張りまーす(棒読み)。みなさんきてください(棒読み)!!

——明るい雰囲気だけどネガティヴですね(笑)。ちよのちゃんはそういう性格なのかな。

ちよの : わっかんない。ネガティヴとかじゃないんですよね。ヘンなとこでポジティヴ、ヘンなとこでネガティヴですね。でもきてはほしいですよね。せっかくやるんだから。こんな場所も借りてねぇ。きてもらったほうがありがたいです。

——今回はなにかびっくりするような仕掛けはありますか。

ちよの : ノープランです! でもまぁチラシに〈歌あり! ダンスあり! ゲストあり!〉って書いてあるんで大体のことはわかると思います。歌って踊ります! 今回は曲のリクエストも受付してますし。

——リクエストがきたら困る曲を教えてください。

ちよの : 「デジタルネイティヴ」ですね。「デジタルネイティヴ」しかないですね。喉が死ぬので。でもなんかお母さんが「Twitterで見たよ」って言ってたんで、私もアプリだけは入れてるんでちょっと調べてみたら、なにみんな「デジタルネイティヴに1票」とか書いてるんだとか思って! もう拷問ですよね。でもまぁリクエストでやるのは1曲じゃないと思うし、私も決まるまではどの曲か知らないので、楽しみにしてます。

——次は“ちゃんとやる”ワンマンですからね。前回「もっとたくさん3776の曲が聴きたかった」っていう人も納得のライヴになりそうですか?

ちよの : そうですね。まぁ「君たちのためにやるワンマン・ライヴなんだぞ!」ってことで。自治会の皆さんのためにね。

3776の過去作もハイレゾ配信中

3776 / 3776ライヴにいかない理由があるとすれば

【Track List】
01. イントロダクション ~洞窟探検 / 02. 登らない理由があるとすれば / 03. MC1 / 04. 八合目にゃまだ早い / 05. MC2~偽3776登場 / 06. 私の世界遺産 / 07. 未来人[みななろさん]登場 / 08. 僕だけのハッピーエンド / 09. ラスボス[まりりん]登場へ / 10. まりりんのテーマ / 11. まりりん自己紹介 / 12. わかってよねえ先生 / 13. 禁断の曲へ / 14. ハイカー[ Everything Your Friends is Hiker ] / 16. ドローン~富士信仰~ / 17. Extended MC 1 / 18. しりとり即興曲 / 19. Extended MC 2 ~キャスト紹介 / 20. 序曲

【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】
アルバム価格 1,300円(税込)※まとめ購入のみ

【購入特典】
ライヴフォト・ブックレット(pdf)


3776 / 3776を聴かない理由があるとすれば(OTOTOY特製豪華版)(24bit/96kHz)

【Track List】
01.[Introduction] / 02.登らない理由があるとすれば / 03.[IntervalA] / 04.水でできている / 05.[IntervalB] / 06.洞窟探検 / 07.避難計画と防災グッズ / 08.日本全国どこでも富士山 / 09.[IntervalC] / 10.春がきた / 11.湧玉池便り / 12.生徒の本業 / 13.[IntervalD] / 14.旅ふぉとセレクション / 15.[IntervalE] / 16.八合目にゃまだ早い / 17.[IntervalF] / 18.春は巡る / 19.3.11 / 20.[Ending]>
【アルバム購入特典】
1. 歌詞ブックレット(PDF)※豪華版仕様となります。
2. サイン入りジャケット画像(JPEG)
3. 南波一海によるライナーノーツ

【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【アルバム価格】
2,500円(税込)

>>3776『3776を聴かない理由があるとすれば』特集ページはこちらから
3776 / 3.11(24bit/96kHz)

【Track List】
01. 3.11 / 02. 避難計画と防災グッズ / 03. 3.11[Instrumental] / 04. 避難計画と防災グッズ[Instrumental]

【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC
【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム価格 540円(税込)


3776 / 旅ふぉとセレクション

【Track List】
01. 旅ふぉとセレクション / 02. 旅ふぉとセレクションカラオケ

【配信形態】
24bit/96kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC
【配信価格】
アルバム価格 250円(税込)
【購入特典】
旅ふぉとセレクションブックレットpdf

>>3776 『旅ふぉとセレクション』特集ページはこちらから

3776 / 心配のタネ

【Track List】
01. 心配のタネ / 02. もぇもぇ片想い / 03. ニュートラル / 04. Neutral -bossa style- / 05. 心配のタネ[Instrumental] / 06. もぇもぇ片想い[Instrumental] / 07. ニュートラル[Instrumental]

【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / mp3
【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム価格 972円(税込)

3776 / 私の世界遺産

【Track List】
01. mi-na-na-Rock II / 02. 私の世界遺産 / 03. 君と一緒に登りたい / 04. 大噴火はいかが? / 05. コケモモ / 06. 私の世界遺産(Instrumental) / 07. 君と一緒に登りたい(Instrumental) / 08. 大噴火はいかが?(Instrumental) / 09. コケモモ(Instrumental)

【配信形態】
24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC / WAV) / AAC
※M4、M8に関してのみ、16bitの音源を元に24bitでマスタリングした楽曲となります。

【配信価格】
単曲 162円(税込)※M6〜9は108円(税込) / アルバム価格 972円(税込)

3776 / 序曲

【Track List】
01. 序曲 / 02. みにきて! / 03. さよなら小学生 / 04. ~みななろ劇場~『私は世界遺産』 / 05. 序曲[Instrumental] / 06. みにきて![Instrumental] / 07. さよなら小学生[Instrumental]

【配信形態】
16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / mp3
【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム価格 972円(税込)

LIVE SCHEDULE

中野ロープウェイ開店7周年記念ライブ! 千秋楽
2016年6月17日(金)@新宿LOFT

第14回 深谷ロック・フェスティバル
2016年6月18日(土)@JR深谷駅ギャラリー

武井麻里子 1st Anniversary & Release Party ”hit a new high”
2016年6月25日(土)@北参道ストロボカフェ

花と食の元気市
2016年6月26日(日)@富士宮花と食の元気広場

水曜元気広場#3
2016年6月29日(水)@富士宮花と食の元気広場

PROFILE

3776

富士山ご当地アイドル3776(みななろ)。
季節ごとにその姿を変える富士山のように、グループの姿も変わり続ける3776。 現在は井出ちよののソロ・ユニット「Season#3」。
ルーパーを用い、即興を含む「生演奏」を行う「Extended」スタイルも一部のファンには好評。

3776 Official HP
Twitter

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介