ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム

圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。

EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20 HIT THE ROAD

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC (16bit/44.1kHz) / MP3
※ファイル形式について
※購入方法

【配信価格】
単曲価格 257円(税込) アルバム価格 3,149円(税込)

【Track List】
<太陽盤>
1. love scene / 2. くちばしにチェリー / 3. GO ACTION / 4. a love song / 5. 天国と白いピエロ / 6. 満ち汐のロマンス / 7. Dear mama / 8. human beat / 9. 10万年後の君へ / 10. サイコアナルシス / 11. BRAND NEW DAY / 12. サニーサイドメロディー
<月盤>
1. 水中の光 / 2. かつて..。 / 3. 色彩のブルース / 4. Neon Sign Stomp / 5. Nervous Breakdown / 6. アマイ カゲ / 7. 下弦の月 /8. admire / 9. Fall / 10. 雨のdubism / 11. BYRD / 12. inner bell
<星盤>
1. 異邦人 / 2. Move on up / 3. Inbetweenies / 4. 曇り空 / 5. Fever / 6. 謎の女B / 7. What's Wrong With Groovin' / 8. ZIGGY STARDUST / 9. By This River / 10. さよなら人類

多彩な音楽性を示すベスト盤のかたち

エゴラッピンを表現するのに、もはや「昭和歌謡の…」といった枕詞自体が、すでに20年近い月日を感じるというか、それほどまでに現在の彼らは、過去のそうした感覚も残しながら、すばらしい進化を遂げた唯一無二のサウンドを届け続けている。

『ROUTE 20 HIT THE ROAD』と題された本作は前述のようにCDでは3枚分、ベスト集とカヴァー集で構成されており、ベストは“太陽”盤と“月”盤と題された2枚分、そして今回録り下ろされたカヴァー集の“星”盤となっている。資料によれば“太陽”盤は、「野外で聴く」をテーマに、そして“星”盤は屋内をテーマに選曲されているのだという。

エゴラッピンのベスト盤といえば、すでに2008年に『BEST WRAPPIN' 1996-2008』がリリースされているが、こちらも「ヤルキ盤」と「セツナ盤」とセパレートされていた。ライヴでもキラーでグルーヴィーな楽曲を収録した前者と、ムーディな後者といった感覚で、同様の振り分けがなされていた。ルードにグルーヴするチューンから、エレガントなバラードまでさまざまなタイプの楽曲がある彼らならではの仕掛けと言えるだろう(ちなみに『BEST WRAPPIN' 1996-2008』は、ど定番の曲以外、意外とかぶりがないので本作とはまた別の楽しみがある)。

そのサウンドの変遷

ベスト盤では、当たり前だかこの20年の彼らのサウンドの変遷をコンパクトに聴き返すことができるのだが、通して聴くと、エゴラッピンのサウンドは現在の位置からすると大きく分けてふたつの感覚が混在しているように思えてくる。とはいえ、筋のとおった彼らのオリジナリティはまたブレてないこともわかる。

まずは初期、もしかしたら一般的にはこうしたサウンドが彼らのイメージかもしれない。1990年代末にクラブ・ミュージック / レア・グルーヴ以降のセンス。そんなセンスでいわゆる戦後のスウィング・ジャズやラテン・ポップ、昭和歌謡などを海外のジャズやソウルなども並列に参照する。このことによって独自の美学を作り出した初期の作品たちがそれだ。具体的な作品でいえばエゴラッピンの初期サウンドを確立した1999年の『SWING FOR JOY』と『色彩のブルース』(2001年)あたりからはじまり、テレビ・ドラマの主題歌となり大ヒットとなった「くちばしにチェリー」を収録した『Night Food』(2002年)あたりの時期のもの(他の収録楽曲でいえば「BYRD」「アマイ カゲ」「かつて..。」「サイコアナルシス」「満ち汐のロマンス」「くちばしにチェリー」)。


「くちばしにチェリー」LIVE

この時期のサウンドといえば、いわゆる「スウィング・ジャズ」や「昭和歌謡」といったものがキーワードとして語られることが多いが、彼ららしいバラードはもちろん、いまはなき関西が誇る伝説のオーセンティック・スカ・バンド、デタミネーションズとの珠玉のクラシック中のクラシック・ラヴァーズ・ロック・レゲエ「a love song」もある(ちなみに『色彩のブルース』ではデタミの「Wherever You May Be」をカヴァーしている)。このあたり、当時のシーンの感覚というか、1990年代末のオーセンティックなスカやヴィンテージ・レゲエとポップ・ミュージックとのすばらしい邂逅を思い起こさせる。


Cso Movie 3

自らの過去、そして多様な音楽を飲み込む鉄壁のグルーヴ

そしてもうひとつは、現在のサウンドへとつながる部分ともいえる、2000年代末以降の流れだ。そのひとつのターニング・ポイントは『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』前後といったところではないだろうか。アルバム・タイトル、そしてそのバンド名として“THE GOSSIP OF JAXX”という名前を冠すことで稀代のライヴ・バンドとしてある種の成熟を表明した感もある。表現的にも初期の「昭和歌謡の…」というある種のレッテルからも脱却し、ニューウェイヴやカンタベリー系のロック、エキゾチックなエスノ・ファンクなどさまざまな要素を自らの音楽に導き入れた。スケールの大きな表現が爆発する。しかも「Go Action」のように初期のスウィング・サウンドの感覚もミックスすることで、まさに現在のエゴラッピンの唯一無二の表現が確立された感覚もある。実際、『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』からは最も多い4曲の楽曲が収録されている(「Dear mama」「GO ACTION」「下弦の月」「雨のdubism」)。

直前の2006年の『ON THE ROCKS!』(「inner bell」「天国と白いピエロ」)、さらに、『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』に続く2010年の『ないものねだりのデッドヒート』(「BRAND NEW DAY」「love scene」)、若干内省的な音造りの2013年の『steal a person's heart FALL』(「水中の光」「10万年後の君へ」。目下の最新作となる2014年のシングル「BRIGHT TIME」の「Neon Sign Stomp」「サニーサイドメロディ」。このあたりはベスト盤のなかで現状のバンドの楽曲につながってくるところといったところだろうか。


Neon Sign Stomp

おそらく初期の“昭和歌謡”“スウィング・ジャズ”というイメージからの脱却を図ったと思われる2004年『merry merry』からの楽曲はなぜか本ベストには収録されていない。ちなみにこちらのアルバムは、いわゆるジャズ色を後退させ、ニューウェイヴやジャズ・ロック的なアプローチを大きく示した作品となっている。

それぞれ“太陽”盤と“月”盤には、ミュータント・ファンクな「human beat」とサイケデリック・フォーク「admire」と2曲の撮り下ろし楽曲が収録されていることも忘れてはならない魅力だろう。

“たま”からデヴィッド・ボウイ、カーティス・メイフィールド

さて最後に、今回録りおろされたカヴァー楽曲のオリジナルを駆け足で紹介して本稿を終わろう。1979年の大ヒット曲、いま聴くとかなりエスノなファンク、久保田早紀の「異邦人」。カーティス・メイフィールドの1970年「Move on up」。1979年、イアン・デューリーのレゲエなディスコ「Inbetweenies」。このあたりはかなり原曲に忠実なアレンジを行っている。1973年の荒井由実「曇り空」はよりアンビエントな雰囲気に、そして1950年代のR&B歌手、リトル・ウィリー・ジョンがオリジナルで、後にペギー・リー、そしてレゲエ・ファンにはリー・ペリー・ネタでおなじみの「Fever」をねっとりとサイケデリックにこぶしを回す。キノコホテルもカヴァーした、夜の街の情事をコミカルに描く1969年の昭和歌謡「謎の女B」。レア・グルーヴの老舗〈ジャズマン〉からもリイシューされた、1967年のメロウなヴィンテージ・ソウル「「What's Wrong With Groovin'」。先日急逝したデヴィッド・ボウイの1972年「ZIGGY STARDUST」、新作を発表するブライアン・イーノ、1977年作の『Before and After Science』から「By This River」をピアノで(コーラスというか森とのデュエット?)。最後にはピアノとドンカマをバックに歌う、どこか示唆的な、たま「さよなら人類」(1990年)。

文字にするだけでもとにかく多種多様の音楽がまじっているが、どこか“らしい”音楽との筋が見えるそんなカヴァー集となっている。

いわゆるロック・バンドでも、当時出てきたようなクラブ・ジャズ系のバンドでもない20年間、まさに前人未到の音楽センスで駆け抜けた20年間、ぜひとも本作で堪能すべしでしょう。(text by 河村祐介)

RECOMMEND

Yuji Ohno & Lupintic Five / LET'S DANCE(24bit/48kHz)

LUPIN × JAZZ × 昭和! 60年代高度成長期の“大人の夜の遊び場”の雰囲気をテーマにした、「ルパンティック昭和ジャズ」。ゲストボーカルに、中納良恵が再び参加(1曲はルパン三世のテーマ・ヴォーカル・ヴァージョン!!)

Tico & icchie / 青春レゲエ・パート2

リトルテンポの土生剛(=Tico)とデタミネーションズの市原大資(=icchie)によるニッポン・レゲエ界最強プロジェクト「Tico&icchie」。ニッポンの国民的大名曲をハナレグミ、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、畠山美由紀、チエコ・ビューティー、武田カオリ、アリワ(サヨコ(ex.ZELDA)の娘/現在14歳の新星☆)ら豪華ヴォーカリスト陣と共に丁寧に紡ぎあげた本格的ノスタルジィ・レゲエ・サウンド。

安藤裕子 / 頂き物(24bit/96kHz)

安藤裕子と親交のあるアーティスト達が書きおろした楽曲で綴られる、バラエティに富んだ宝箱のようなアルバム。

LIVE INFORMATION

J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S SEIJI KAMEDA EDITION
2016年5月4日(水)@六本木ヒルズアリーナ

CIRCLE ‘16
2016年5月15日(日)@ 福岡県海の中道海浜公園野外劇場

EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"

2016年5月11日(水)@浜松窓枠
2016年5月13日(金)@横浜Bay Hall
2016年5月17日(火)@鹿児島県 CAPARVO HALL
2016年5月20日(金)@長野CLUB JUNK BOX
2016年5月21日(土)@金沢EIGHT HALL
2016年5月25日(水)@札幌PENNY LANE 24
2016年5月27日(金)@青森Quarter
2016年5月28日(土)@仙台Rensa
2016年5月30日(月)@盛岡Club Change WAVE
2016年6月4日(土)@熊本 B.9 V1
2016年6月5日(日)@高松 MONSTER
2016年6月9日(木)@広島 クラブクアトロ
2016年6月10日(金)@名古屋 DIAMOND HALL
2016年6月12日(日)@周南 RISING HALL
2016年6月13日(月)@出雲 APOLLO
2016年6月17日(金)@沖縄 NAMURA HALL

PROFILE

EGO-WRAPPIN’

1996年 大阪で結成されたユニット。 メンバーは中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)。大阪出身の2人で結成時から関西を中心に活動を続け、 現在は拠点を東京においている。

2000年に発表された「色彩のブルース」は、 戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や 昭和歌謡を消化し、 エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、 その名を全国区で知られるようになる。 以後作品ごとに魅せられる斬新な音楽性において、 日本の音楽シーンにおいて常に注目を集めている希なアーティストだと言える。

EGO-WRAPPIN’ HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三
【REVIEW】 世界中を旅するサイケデリア──Tempalayが詰め込んだ音楽のサラダボウル『from JAPAN 2』
[CLOSEUP]・2017年08月30日・世界中を旅するサイケデリア──Tempalayが詰め込んだ音楽のサラダボウル『from JAPAN 2』 キャリア初となるワンマンライヴから〈FUJI ROCK FESTIVAL’15&17〉の出演まで果たし、勢いが止まらないTempalay。最近ではそのラフでヒッピーのようなビジュアルからGAPともコラボレーションし、ファッション界からも熱視線を浴びている。そんな音楽シーンで異端児的存在ともいえるTempalayが、この度2ndアルバム『from JAPAN 2』をリリース。いままで同様、異国情緒漂うソフト・サイケが軸になっているアルバムではあるが、本作ではいままでよりその軸の太さや幅、種類が豊富になった印象がある。常に海外に目を向けてきた彼らがワールド・ミュージックを独自に焙煎し、サイケデリアとブレンドさせ、ロックとして抽出するのは、当然の経緯だったのだろう。そんな世界中の常夏を濃密な1枚に凝縮させたTempalayの『from JAPAN 2』。OTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 異国情緒漂う多国籍なソフト・サイケ・アルバムをハイレゾ配信! Tempalay /
by 中の人
【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバムを配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月24日・【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバム『お天気でした』を配信開始 2015年に結成し、夏ごろから大阪中心に活動するバンド、Easycome。2017年7月リリース予定の下北沢モナレコードのコンピレーションCDに「夢中にならないで」収録、サブタイトルにも採用されるなど関西のみならず全国から注目されつつある彼女たち。ついに待望の2ndミニ・アルバム『お天気でした』を8月9日にリリースした。こちらをOTOTOYでも配信開始しました! と、ともにレヴューを掲載。ちーかま(Vo. / Gt.)の伸びやかで透き通った歌声と、どこか懐かしさのあるメロディ…… 等身大のEasycomeをぜひ感じてください。 等身大のEasycome、2ndミニ・アルバムEasycome / お天気でした'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 200円(税込) / まとめ 864円(税込) 【収録曲】''1. つつじ2. ginger3. strange4. お天気でした5. モーニングコール REVIEW : 人に添い遂げる優しく茶目っ気のある音
by 宮尾茉実