ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム

圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。

EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20 HIT THE ROAD

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC (16bit/44.1kHz) / MP3
※ファイル形式について
※購入方法

【配信価格】
単曲価格 257円(税込) アルバム価格 3,149円(税込)

【Track List】
<太陽盤>
1. love scene / 2. くちばしにチェリー / 3. GO ACTION / 4. a love song / 5. 天国と白いピエロ / 6. 満ち汐のロマンス / 7. Dear mama / 8. human beat / 9. 10万年後の君へ / 10. サイコアナルシス / 11. BRAND NEW DAY / 12. サニーサイドメロディー
<月盤>
1. 水中の光 / 2. かつて..。 / 3. 色彩のブルース / 4. Neon Sign Stomp / 5. Nervous Breakdown / 6. アマイ カゲ / 7. 下弦の月 /8. admire / 9. Fall / 10. 雨のdubism / 11. BYRD / 12. inner bell
<星盤>
1. 異邦人 / 2. Move on up / 3. Inbetweenies / 4. 曇り空 / 5. Fever / 6. 謎の女B / 7. What's Wrong With Groovin' / 8. ZIGGY STARDUST / 9. By This River / 10. さよなら人類

多彩な音楽性を示すベスト盤のかたち

エゴラッピンを表現するのに、もはや「昭和歌謡の…」といった枕詞自体が、すでに20年近い月日を感じるというか、それほどまでに現在の彼らは、過去のそうした感覚も残しながら、すばらしい進化を遂げた唯一無二のサウンドを届け続けている。

『ROUTE 20 HIT THE ROAD』と題された本作は前述のようにCDでは3枚分、ベスト集とカヴァー集で構成されており、ベストは“太陽”盤と“月”盤と題された2枚分、そして今回録り下ろされたカヴァー集の“星”盤となっている。資料によれば“太陽”盤は、「野外で聴く」をテーマに、そして“星”盤は屋内をテーマに選曲されているのだという。

エゴラッピンのベスト盤といえば、すでに2008年に『BEST WRAPPIN' 1996-2008』がリリースされているが、こちらも「ヤルキ盤」と「セツナ盤」とセパレートされていた。ライヴでもキラーでグルーヴィーな楽曲を収録した前者と、ムーディな後者といった感覚で、同様の振り分けがなされていた。ルードにグルーヴするチューンから、エレガントなバラードまでさまざまなタイプの楽曲がある彼らならではの仕掛けと言えるだろう(ちなみに『BEST WRAPPIN' 1996-2008』は、ど定番の曲以外、意外とかぶりがないので本作とはまた別の楽しみがある)。

そのサウンドの変遷

ベスト盤では、当たり前だかこの20年の彼らのサウンドの変遷をコンパクトに聴き返すことができるのだが、通して聴くと、エゴラッピンのサウンドは現在の位置からすると大きく分けてふたつの感覚が混在しているように思えてくる。とはいえ、筋のとおった彼らのオリジナリティはまたブレてないこともわかる。

まずは初期、もしかしたら一般的にはこうしたサウンドが彼らのイメージかもしれない。1990年代末にクラブ・ミュージック / レア・グルーヴ以降のセンス。そんなセンスでいわゆる戦後のスウィング・ジャズやラテン・ポップ、昭和歌謡などを海外のジャズやソウルなども並列に参照する。このことによって独自の美学を作り出した初期の作品たちがそれだ。具体的な作品でいえばエゴラッピンの初期サウンドを確立した1999年の『SWING FOR JOY』と『色彩のブルース』(2001年)あたりからはじまり、テレビ・ドラマの主題歌となり大ヒットとなった「くちばしにチェリー」を収録した『Night Food』(2002年)あたりの時期のもの(他の収録楽曲でいえば「BYRD」「アマイ カゲ」「かつて..。」「サイコアナルシス」「満ち汐のロマンス」「くちばしにチェリー」)。


「くちばしにチェリー」LIVE

この時期のサウンドといえば、いわゆる「スウィング・ジャズ」や「昭和歌謡」といったものがキーワードとして語られることが多いが、彼ららしいバラードはもちろん、いまはなき関西が誇る伝説のオーセンティック・スカ・バンド、デタミネーションズとの珠玉のクラシック中のクラシック・ラヴァーズ・ロック・レゲエ「a love song」もある(ちなみに『色彩のブルース』ではデタミの「Wherever You May Be」をカヴァーしている)。このあたり、当時のシーンの感覚というか、1990年代末のオーセンティックなスカやヴィンテージ・レゲエとポップ・ミュージックとのすばらしい邂逅を思い起こさせる。


Cso Movie 3

自らの過去、そして多様な音楽を飲み込む鉄壁のグルーヴ

そしてもうひとつは、現在のサウンドへとつながる部分ともいえる、2000年代末以降の流れだ。そのひとつのターニング・ポイントは『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』前後といったところではないだろうか。アルバム・タイトル、そしてそのバンド名として“THE GOSSIP OF JAXX”という名前を冠すことで稀代のライヴ・バンドとしてある種の成熟を表明した感もある。表現的にも初期の「昭和歌謡の…」というある種のレッテルからも脱却し、ニューウェイヴやカンタベリー系のロック、エキゾチックなエスノ・ファンクなどさまざまな要素を自らの音楽に導き入れた。スケールの大きな表現が爆発する。しかも「Go Action」のように初期のスウィング・サウンドの感覚もミックスすることで、まさに現在のエゴラッピンの唯一無二の表現が確立された感覚もある。実際、『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』からは最も多い4曲の楽曲が収録されている(「Dear mama」「GO ACTION」「下弦の月」「雨のdubism」)。

直前の2006年の『ON THE ROCKS!』(「inner bell」「天国と白いピエロ」)、さらに、『EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX』に続く2010年の『ないものねだりのデッドヒート』(「BRAND NEW DAY」「love scene」)、若干内省的な音造りの2013年の『steal a person's heart FALL』(「水中の光」「10万年後の君へ」。目下の最新作となる2014年のシングル「BRIGHT TIME」の「Neon Sign Stomp」「サニーサイドメロディ」。このあたりはベスト盤のなかで現状のバンドの楽曲につながってくるところといったところだろうか。


Neon Sign Stomp

おそらく初期の“昭和歌謡”“スウィング・ジャズ”というイメージからの脱却を図ったと思われる2004年『merry merry』からの楽曲はなぜか本ベストには収録されていない。ちなみにこちらのアルバムは、いわゆるジャズ色を後退させ、ニューウェイヴやジャズ・ロック的なアプローチを大きく示した作品となっている。

それぞれ“太陽”盤と“月”盤には、ミュータント・ファンクな「human beat」とサイケデリック・フォーク「admire」と2曲の撮り下ろし楽曲が収録されていることも忘れてはならない魅力だろう。

“たま”からデヴィッド・ボウイ、カーティス・メイフィールド

さて最後に、今回録りおろされたカヴァー楽曲のオリジナルを駆け足で紹介して本稿を終わろう。1979年の大ヒット曲、いま聴くとかなりエスノなファンク、久保田早紀の「異邦人」。カーティス・メイフィールドの1970年「Move on up」。1979年、イアン・デューリーのレゲエなディスコ「Inbetweenies」。このあたりはかなり原曲に忠実なアレンジを行っている。1973年の荒井由実「曇り空」はよりアンビエントな雰囲気に、そして1950年代のR&B歌手、リトル・ウィリー・ジョンがオリジナルで、後にペギー・リー、そしてレゲエ・ファンにはリー・ペリー・ネタでおなじみの「Fever」をねっとりとサイケデリックにこぶしを回す。キノコホテルもカヴァーした、夜の街の情事をコミカルに描く1969年の昭和歌謡「謎の女B」。レア・グルーヴの老舗〈ジャズマン〉からもリイシューされた、1967年のメロウなヴィンテージ・ソウル「「What's Wrong With Groovin'」。先日急逝したデヴィッド・ボウイの1972年「ZIGGY STARDUST」、新作を発表するブライアン・イーノ、1977年作の『Before and After Science』から「By This River」をピアノで(コーラスというか森とのデュエット?)。最後にはピアノとドンカマをバックに歌う、どこか示唆的な、たま「さよなら人類」(1990年)。

文字にするだけでもとにかく多種多様の音楽がまじっているが、どこか“らしい”音楽との筋が見えるそんなカヴァー集となっている。

いわゆるロック・バンドでも、当時出てきたようなクラブ・ジャズ系のバンドでもない20年間、まさに前人未到の音楽センスで駆け抜けた20年間、ぜひとも本作で堪能すべしでしょう。(text by 河村祐介)

RECOMMEND

Yuji Ohno & Lupintic Five / LET'S DANCE(24bit/48kHz)

LUPIN × JAZZ × 昭和! 60年代高度成長期の“大人の夜の遊び場”の雰囲気をテーマにした、「ルパンティック昭和ジャズ」。ゲストボーカルに、中納良恵が再び参加(1曲はルパン三世のテーマ・ヴォーカル・ヴァージョン!!)

Tico & icchie / 青春レゲエ・パート2

リトルテンポの土生剛(=Tico)とデタミネーションズの市原大資(=icchie)によるニッポン・レゲエ界最強プロジェクト「Tico&icchie」。ニッポンの国民的大名曲をハナレグミ、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、畠山美由紀、チエコ・ビューティー、武田カオリ、アリワ(サヨコ(ex.ZELDA)の娘/現在14歳の新星☆)ら豪華ヴォーカリスト陣と共に丁寧に紡ぎあげた本格的ノスタルジィ・レゲエ・サウンド。

安藤裕子 / 頂き物(24bit/96kHz)

安藤裕子と親交のあるアーティスト達が書きおろした楽曲で綴られる、バラエティに富んだ宝箱のようなアルバム。

LIVE INFORMATION

J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S SEIJI KAMEDA EDITION
2016年5月4日(水)@六本木ヒルズアリーナ

CIRCLE ‘16
2016年5月15日(日)@ 福岡県海の中道海浜公園野外劇場

EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"

2016年5月11日(水)@浜松窓枠
2016年5月13日(金)@横浜Bay Hall
2016年5月17日(火)@鹿児島県 CAPARVO HALL
2016年5月20日(金)@長野CLUB JUNK BOX
2016年5月21日(土)@金沢EIGHT HALL
2016年5月25日(水)@札幌PENNY LANE 24
2016年5月27日(金)@青森Quarter
2016年5月28日(土)@仙台Rensa
2016年5月30日(月)@盛岡Club Change WAVE
2016年6月4日(土)@熊本 B.9 V1
2016年6月5日(日)@高松 MONSTER
2016年6月9日(木)@広島 クラブクアトロ
2016年6月10日(金)@名古屋 DIAMOND HALL
2016年6月12日(日)@周南 RISING HALL
2016年6月13日(月)@出雲 APOLLO
2016年6月17日(金)@沖縄 NAMURA HALL

PROFILE

EGO-WRAPPIN’

1996年 大阪で結成されたユニット。 メンバーは中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)。大阪出身の2人で結成時から関西を中心に活動を続け、 現在は拠点を東京においている。

2000年に発表された「色彩のブルース」は、 戦前のジャズから自然に行き着いたキャバレー音楽や 昭和歌謡を消化し、 エゴ独自の世界観を築きあげた名曲として異例のロングヒットとなり、 その名を全国区で知られるようになる。 以後作品ごとに魅せられる斬新な音楽性において、 日本の音楽シーンにおいて常に注目を集めている希なアーティストだと言える。

EGO-WRAPPIN’ HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H