あふれだす多幸感とソウルとヒッピー! 清 竜人25、2016年1発目のシングルは初キャンペーン・ソング

左から、第6夫人 : 清 可恩、第3夫人 : 清 亜美、第1夫人 : 清 咲乃、清 竜人、第2夫人 : 清 桃花、第4夫人 : 清 美咲、第7夫人 : 清 優華

6人の妻と1人の夫からなる「清 竜人25」。昨年2015年秋にリリースされた待望の1stアルバム、年末にリリースされたクリスマス配信限定シングルを経て、2016年度初リリースはアイドル風衣装からヒッピーへの華麗なる変身に、これまで以上に多幸感あふれるソウル・ナンバーのシングルが到着。各メディアへの露出も増え、世間のざわつき度も日に日に大きくなってきた清 竜人25。2016年4月9日には初のホール・コンサートも控えている彼らにOTOTOY恒例の全員インタヴュー。聞き手はもちろん、清家の親族代表、宗像明将です!

OTOTOY限定!まとめ購入で壁紙用jpgデータをプレゼント!
清 竜人25 / LOVE&WIFE&PEACE♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?
※購入方法

【配信価格】
【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1296円(税込)
【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)
まとめ購入特典壁紙


【Track List】
01. LOVE&WIFE&PEACE♡
02. ねえねえ…
03. LOVE&WIFE&PEACE♡(Instrumental)
04. ねえねえ...(Instrumental)


清 竜人25「LOVE&WIFE&PEACE♡」MV

INTERVIEW : 清 竜人25

清 竜人25のニュー・シングル『LOVE&WIFE&PEACE♡』は、ジャケットからいきなり1960年代のヒッピー・ムーブメントを連想させる。そして、サウンドは1960年代末のモータウンを髣髴とさせるソウル・ナンバー。しかも、ワコールの次世代ブラ「BRAGENIC(ブラジェニック)」の発売を記念する「BRA&PEACE!」キャンペーンのキャンペーンソングにもなっている。冒頭での清 竜人のセリフのテンションもこれまでになく高く、夫人たちのラップ・パートも華やかだ。

2014年のデビュー後、2015年のアルバム『PROPOSE』でひとつの完成形を見せた清 竜人25。セカンド・シーズンに突入した清 竜人25が最初に届けたシングルは、最高に楽しく、優しく、そしてピースフルな楽曲だ。振り切れている『LOVE&WIFE&PEACE♡』を聴いたら、清 竜人25のセカンド・シーズンに期待するなというのが無理というものだ。

インタヴュー & 文 : 宗像明将
撮影 : ペータ

バラエティにまた出れるなら、もうちょっと話せないとなーと思いました

——1月31日に「行列ができる法律相談所」(日本テレビ系)に出演されましたが、バラエティに出演してみていかがでしたか?

清 竜人(以下竜人) : 家にテレビはあるんですけど見てません、飲んでました。もう見る手段がない。

清 咲乃(第1夫人、以下咲乃) : 難しかったよね。

——急にみんな言葉が少なくなりましたね。

清 桃花(第2夫人、以下桃花) : 出演者の皆さんとうまく話せなかったんです、人見知りを直さないとな。司会の東野(幸治)さんが「楽しかった?」と聞いてくれたのに、人見知りが発動して「楽しかったです」と棒読みで言っちゃって(笑)。

竜人 : あの日は、その瞬間の桃花の表情がいちばん覚えてる。「緊張してるなー」って。

桃花 : バラエティにまた出れるなら、もうちょっと話せないとなーと思いました。

清 優華(第7夫人、以下優華) : あんまり覚えてない…(笑)。ショート・ヴァージョンの「Will♡You♡Marry♡Me?」のダンスを当日に練習して、もうそのことしか頭になくて。

竜人 : 優華はあの日、収録まで俺にメンチを切ってる表情だったよ。

優華 : ダンスが終わってから荷が下りました(笑)。

清 可恩(第6夫人、以下可恩) : ふなっしーにしか目が行かなかった(笑)。

清 美咲(第4夫人、以下美咲) : 私はあまり緊張しなくていつも通りでいられたので、いじられて「おいしいな」と思いました(笑)。

清 亜美(第3夫人、以下亜美) : タレントさんが優しくしてくれて、楽しかったです。リハーサルで緊張しないなと思っていたら、「笑ってなかった」と言われて、竜人くんが「亜美ちゃんスマイル〜!」と言ってくれて愛を感じて頑張れましたね。

左から、第6夫人 : 清 可恩、第3夫人 : 清 亜美、第1夫人 : 清 咲乃

——竜人さんは緊張するんですか?

竜人 : 緊張してる気はないですね。パフォーマンスはいつもと同じだから。

——ライヴをすっぽかした後、マネージャーさんのメールで改心して清 竜人25を結成する… という番組の再現ドラマの流れ、豪快でしたね。

可恩 : そのシーンのとき、ワイプの竜人くんが真面目な顔でうなずいていたのが超面白くて(笑)。

より幸せな要素を出したいなと思いました

——ダンス☆マンさんが編曲した「LOVE&WIFE&PEACE♡」には、ジャクソン5も連想しました。2016年の第1弾の楽曲として、どういうイメージで作ったのでしょうか?

竜人 : 最終ミックスだとちょっと聴こえづらいんですけど、タブラの音色も入っていて、アーティスト写真とMVとの関係で入れてもらいました。楽曲とグルーヴの感覚が「Will♡You♡Marry♡Me?」に近いし、同じダンス☆マンのアレンジなので、あえて歪みのギターも入れてもらいましたね。

——アーティスト写真もヒッピーで新しい感じですが、このアイデアはどこから?

竜人 : すごく言われるんですけど、やっている僕からすると何が変わったかわからないですね。そんなに新しい感じかなあ? セカンド・アルバムに向けてなので、テイストを変化させているつもりですけど、一新した感じではないですね。

——今、さりげなくセカンド・アルバムと言いましたね。

竜人 : 「≒ラスト・アルバム」かもしれないですけど(笑)。

美咲 : オーマイゴッド!

亜美 : 2枚目のアルバムを出すのがびっくりですね。オーデイションのときに調べて、竜人くんだからそんなに続かないと思っていたので、初めは1枚目のアルバムまでかと思っていたんです(笑)。

竜人 : 俺もそう思ってた。

——冒頭には、レコードのノイズや針飛びも入っていますね。

竜人 : あれはもともと、イントロとアウトロをビートルズっぽくしてほしいと話していて、それに対してのダンス☆マンのアイデアですね。

——夫人のラップも新鮮ですね。

竜人 : 楽曲の構成的に必要で入れたわけではなくて、コール・アンド・レスポンスのセクションが入ると、いいつなぎになるかなと思いました。

清 竜人

——亜美さんとの会話も入っていますね。

亜美 : あれは歌詞に入っているんですよ。

竜人 : ワン・テイクでできたんだよね。

亜美 : ふだんは言わない不満を歌詞で伝えてきて、いやらしいなと思いましたね! 好きですけど(笑)。

竜人 : 亜美はDVを受けやすい体質ですね(笑)。

——竜人さんのヴォーカルもこれまでになくワイルドな印象ですね。

竜人 : 今回はワコールのキャンペーン・ソングで、すごくハッピーでお祭り感が溢れる感じにしてほしいと言われたんです。清 竜人25の一夫多妻制のコンセプトとあいまって、より幸せな要素を出したいなと思いました。そのために亜美との絡みを入れてみたし、僕のヴォーカルのテイクもそう歌っているんですよね。清 竜人25を始めてから、ライヴではがなっていることが多くて、最近は喉がガラガラしてきたんですよ。


清 竜人25からのコメント「BRA&PEACE!」 BRAGENIC

美咲 : 繊細な感じがなくなってる(笑)。

——夫人の皆さんは「LOVE&WIFE&PEACE♡」を聴いたときの印象はいかがでしたか?

美咲 : これもテンションの上がる曲ですね。でも、テンポがちょっとゆっくりだし、いつもとはまた違う感じです。レコーディングでキーが高いなと思いましたね、「竜人くんの曲、歌えるかな」と思いました(笑)。きれいに歌うのが大変でした。

中野サンプラザのどこかでできたらいいですね

——清 竜人25のキーって誰に合わせているんですか?

竜人 : 誰に合わせるんでもないんですけど、まず理想のメロディーを作って、僕のメロディー・ラインと女の子たちのメロディー・ラインを歩み寄らせて、落とし込んでいますね。

亜美 : 本当にこれまででいちばん好きな曲です。デモの段階からいちばん聴いていました。これまでもハッピーな感じでやってきたんですけど、これとは質が違って、ファミリー感があるのかもしれないです。今回は会場がひとつになって、ファンのみんなも、肩を組んで感動の雰囲気になるといいな。今まではステージ発信だったけど、これはみんなで涙が出るほどひとつになれるんじゃないかなと思います。みんな肩を組んで泣いてほしい!

咲乃 : デモがきたときに、竜人くんが歌っている音源の完成度がすごく高くて、いつもより気合いが入っていると思いました。嫁のLINEグループがあるんですけど、レコーディングを実況していて、美咲ちゃんと可恩が大変だよと言っていて、「ふたりが大変なら私なんて声が出ない、やばい!」と思っていました。

竜人 : 僕と夫人たちのヴォーカルのユニゾンがうまく聴こえるキーにしてあるんですよ。

可恩 : けっこうずっとキーが高いし、英語がいっぱいあったので大変でした。レコーディングのときは当日に歌詞ができてくるので難しいですね。

亜美 : 可恩が最初にレコーディングするので、練習する時間がなくて大変なんですよ(笑)。

可恩 : レコーディングは、美咲ちゃんと私が最初のことが多いんです。「LOVE&WIFE&PEACE♡」は、最初が「スター・ウォーズ」かと思うほど壮大で、テンションがあがるのでお気に入りです。

桃花 : 風邪で声が出なくて、レコーディングまでに治らなくて、しかもキーが高くて今まででいちばん大変でした。

竜人 : 桃花は録り直してなんとかしたよね。

桃花 : 大丈夫でした。歌詞に、アダムとイヴが入っていて嬉しかったです。好きなんです。

——なんでアダムとイヴが好きなんですか?

桃花 : 私、世界史を勉強していたので「知ってる単語出てきた!」と嬉しかったんです、あんまり言葉を知らないんで。(笑)

左から、第2夫人 : 清 桃花、第4夫人 : 清 美咲、第7夫人 : 清 優華

優華 : 本当に今までの中でいちばん好きな曲で、完成度の高い曲だなと思います。デモのときから気合いの入りかたが違っているし、MVでも子供を使ったりしていて、こだわりがあるなと思いました。歌詞もラヴ&ピースで多幸感が溢れていて、清 竜人25らしいと思いました。

——カップリングの「ねえねえ...」のアレンジャーはどなたですか?

竜人 : 川田瑠夏さんです。

——「ねえねえ...」は弦楽器が美しく響くバラードですね。

竜人 : ヴァイオリンは生で録りましたね。「ねえねえ...」は、中野サンプラザを意識して作った曲で、プログラムを考えながら「どういうピースが足りないかな」と考えて作りました。歌詞は、サラリーマンの彼氏と付き合っている、高校を卒業したて大学生が「仕事で忙しくてかまってくれない」といういうイメージで、そういうのをステージのパフォーマンスをやりたいなと思って作りましたね。パフォーマンスありきですね。

亜美 : 意外とイチャイチャする曲ってないんで、もうひとつぐらいあったほうがいいと思っていたので、ベタベタしますよ!

可恩 : 彼氏がかまってくれないソング大好きです、「The♡Birthday♡Surprise」とか。「かまって!」ってしたい。

竜人 : 可恩が言ったように「The♡Birthday♡Surprise」や「プリ〜ズ…マイ…ダ〜リン♡」の系譜の曲なので、中野サンプラザのどこかでできたらいいですね。

美咲 : ピンクっぽいよね、女の子っぽい。カップルの感じ。

ハイレゾっていい音なんですか?

可恩 : これ、最後にハイレゾの話をするんですか?

——なんでわかるんですか、読心術ですか!? 『LOVE&WIFE&PEACE♡』のハイレゾでの聴きどころはどこでしょうか?

夫人 : イェーイ!(笑)

——今回はヴァイオリンも生だし、完全にハイレゾ案件ですよね。

竜人 : 「ねえねえ...」は元データも96kHzできてたし、ヴァイオリンも生だし、いいんじゃないですか?

——初めてのハイレゾ推奨ですね。長い道のりでした…。

亜美 : ハイレゾっていい音なんですか?

——今頃何を言っているんですか…。

亜美 : みんなセリフをかわいい感じで言っているので聴いてほしいです。

竜人 : でも、最終ミックスでけっこうヴォリュームを下げちゃった。

亜美 : それなら、ハイレゾのほうが聴き取れるかも?

可恩 : ビックカメラでハイレゾを聴きましたよ。聴いてもわからなかったけど、興味が出てきました(笑)。

竜人 : ハイレゾとMP3の聴き比べ、たぶん俺でもわからない(笑)。

——最後に、4月9日に迫った中野サンプラザでの「清 竜人25 コンサート 2016 春」への意気込みを聞かせてください。

竜人 : やっぱりキャパシティとステージの大きさを考えると、いつもの構成では見せられないので、何かしらいつもと違う試みをしないといけないですね。そろそろ演出面も考えたいですね、セットリストもブラッシュ・アップして。

優華 : 私はけっこう振りが小さいと言われるので、すごく大きなステージだし、遠くから見ている人への見えかたを意識したいです。

咲乃 : 心持ちはいつも通り緊張しないようにして、でも衣装は変えたいな。そういうの良くないですか? 全員を虜にして、次につながるようなライヴにしたいです。

竜人 : フッ。

——なんで鼻で笑うんですか!

咲乃 : ひどくないですか!?

亜美 : 竜人くんが考えることは絶対楽しいはずなんで、ひとつひとつのライヴを大事にして、楽しみながら中野サンプラザにもつなげていきたいです。

美咲 : MCを飽きさせないように、ちょっとした茶番劇を入れてくれたらいいな、(メンバーに)いつもならできないよ?

亜美 : …演技やばい。

美咲 : 家族らしい感じをやりたいですね。いつもと違うところを絶対に見せたいです。

可恩 : 中野は生まれ育った街だし、昔中野サンプラザでモーニング娘。さんを見ていたんです。だからアイドルと言ったら中野サンプラザなんです。そこにワンマン・ライヴで立てるのは嬉しいので、何か新しいことができたらいいと思います。あと、みんなで作ったグッズを売りたいです。

桃花 : 最高のコンディションでいければなと思います。歌もダンスもそうですけど、4月9日に倦怠期がこないといいな…。 竜人くん、最近ツンツンしてるじゃん!

竜人 : そんなことないよ?

桃花 : インタビューではこんな感じだけど、裏ではめちゃくちゃ楽しそうに話してくれるから、それを4月9日に絶対見せてやると思っています。ふだんは「眠たい」とかずっと話しかけてくるんですよ! そういうのをステージでも見せてほしいです。

竜人 : そうなるかもですね(笑)。

清 竜人25 DISCOGRAPHY

1stシングル! 清 竜人25 / Will You Marry Me?
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

2ndシングル! 清 竜人25 / A・B・Cじゃグッと来ない!!
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

3rdシングル! 清 竜人25 / Mr.PLAY BOY…♡
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

1stアルバム! 清 竜人25 / PROPOSE
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>夫人個別インタヴュー
>>全員インタヴュー

配信限定シングル! 清 竜人25 / Christmas♡Symphony

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

清 竜人25「Christmas♡Symphony」の楽曲配信コード付きグッズ

漫画家・石黒正数による清 竜人25書き下ろしイラストTシャツ、バッジをヴィレッジヴァンガード一部店舗で販売中。

Tシャツ 3,500円+税
バッジ 500円+税
【東京】渋谷宇田川町店 / 下北沢店 / 町田店
【愛知県】名古屋中央店
【大阪府】イオンモール大阪ドームシティ店
【京都】新京極店
【福岡】ヨドバシ博多店

LIVE INFORMATION

清 竜人25「LOVE&WIFE&PEACE♡」リリース記念インストアライブ
2016年3月11日(金)@タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

清 竜人25 コンサート 2016 春
2016年4月9日(土)@中野サンプラザ

PROFILE

清 竜人25

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドル・ユニット。
プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華の女子メンバー6名で構成される。
妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。

清 竜人25 are
清 竜人
第1夫人 : 清 咲乃
第2夫人 : 清 桃花
第3夫人 : 清 亜美
第4夫人 : 清 美咲
第6夫人 : 清 可恩
第7夫人 : 清 優華
(以上リンク先はTwitter)

清 竜人25 official HP
清 竜人25 facebook
冠レギュラー番組 “清 竜人25の今夜もハーレムNIGHT! ”(隔週月曜日20時~)

宗像明将 PROFILE

1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールド・ミュージックや民俗音楽について 執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。

ブログ
Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

ニューエスト・モデル結成30周年! ベスト・アルバムハイレゾ先行配信& 中川敬インタヴュー
[POWERPUSH]・2016年06月29日・濃密なる8年の熱狂ーーニューエスト・モデル、結成30周年記念のベスト・アルバムを独占ハイレゾ先行配信 現在、ソウル・フラワー・ユニオンで活動する中川敬によって1985年に結成されたニューエスト・モデル。今年で結成30年を迎え、数ある名曲の中から厳選された36曲をリマスタリングしたベスト・アルバムをリリース。OTOTOYでは一般リリースより1週間早く、独占ハイレゾ配信を開始。中川敬がニューエスト・モデル時代の軌跡をじっくりと振りかえったインタヴューは必読です! ニューエスト・モデル / ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986-1993(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC(24bit/48kHz)【価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【Track List】'DISC1 01. オモチャの兵隊 / 02. ソウル・ダイナマイト / 03. センスレス・チャター・センスレス・フィスツ / 04. ニュークリア・レース・オア・ヒューマン・レース / 05. ソウル・トゥ・ソウル / 06. プリティ・ピクチャー・ブック / 07. フィーリング
ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月17日・自由なる電子音の戯れ──ケンイシイ、フレア名義の作品をハイレゾ配信開始 世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミュージック・サイドを担っている。ある意味で初期のケンイシイ名義の作品に渦巻いていたストレンジな電子音の感覚を継承している名義でもある。本作はすでに1年ほど前からケンイシイが出演する会場や自身のアーティスト・サイトなどかなり限られた販路でCDとして売られていた作品だが、今回、待望のハイレゾ版がリリースされる。まさに音そのものを楽しむ、その作品性を考えればハイレゾでのリスニングにもってこいの作品と言えるのではないだろうか。 Flare / Leaps(24bit/48kHz)'【Track List】01. Mole Tunnel02. Downglide03. Deep Freeze04. Sympathetic Nervous System05. Las Pozas06. Iapet
by 河村 祐介
UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月11日・若手と新しさを競い合っても意味がないだろ──UKテクノのベテラン、プラッドの新作をハイレゾ配信 エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであり、松本大洋原作の劇場アニメ作品『鉄コン筋クリート』のサントラを手掛けたことでも知られる彼らだが、決してその活動は初期からぶれていない。彼らの作品のクリアで叙情的な電子音は、綺羅星のごとく輝き、そのシーンのヒストリーを穏やかな光で照らし続けている。そんな彼らの最新アルバム『The Digging Remedy』も、そのヒストリーを継続させる、また美しい電子音の連なり、それ以外の何物でもない。 本人たちもインタヴューで語っているように、この繊細なサウンドはぜひともハイレゾで体験していただきたい。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、アルバム、CDと同様のライナーノーツをPDFにてダウンロード可能。こちらはヴォーカロイドでおなじみのクリプトン・フューチャー
by 河村 祐介
ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月10日・ベース・ミュージック・ペルー譚──ダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信 ジャイルス・ピーターソンのレーベル〈ブラウンズウッド〉から2012年にリリースされた『Mala In Cuba』。多くのリスナー、メディアから絶賛された作品から約4年の月日を経て、UKダブステップのイノヴェイターのひとり、MALAの新たなプロジェクトがここにリリースされた。『Mirrors』と名付けられた本作は、キューバでのセッションとUK本国でのスタジオ・ワークにて完成した『Mala In Cuba』と同様、MALAとペルー現地のミュージシャンとのセッションから生み出された作品だ。現地でレコーディングされたさまざまなフォルクローレの断片やアフロ・ペルー音楽のパーカッションなどが見事にMALAの才覚を通して作品として示されている。 OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ハイレゾ版アルバムまとめ購入でCDと同様のライナーノーツPDFが付属する。北中正和による日本盤ライナーノーツ、そしてEmma Warrenによる英語版ライナーノーツの和訳を読めば、この不可思議なサウンドが具体的にどんなプロセスで、どんなペル
by 河村 祐介
オーストラリア・ロック・シーンの雄、4年ぶりの帰還──ザ・テンパー・トラップ配信開始
[POWERPUSH]・2016年06月10日・4年ぶりの帰還──芳醇なるオーストラリア・シーンからザ・テンパー・トラップがひさびさの新作 ここ数年、さまざまなタイプのロック・バンドを世界レベルで輩出し、シーンの芳醇な底力が垣間見えるオーストラリアのシーン。そんなシーンの動きを予見すべく、オーストラリアはメルボルンから、2009年に世界デビュー。1st『コンデションズ』を伴って飛び出したザ・テンパー・トラップ。英米を中心に高い評価を経て、ここ日本でも同年のサマーソニック、そして東京、大阪の単独公演を成功させるなどファンをつかんだ彼ら。さらに2009年の映画『(500)日のサマー』でも彼らの「Sweet Disposition」が使用され、こちらもシングルとしてヒットしさらなる人気を集めた。2012年の2nd『ザ・テンパー・トラップ』を経て、そんな彼らが4年ぶりに新作『シック・アズ・シーヴス』をリリースする。ギタリストのロレンゾの脱退などの苦難を経て、ついに彼らが動きだしたのだ。さらに、8月8日(月)には〈梅田クラブクアトロ〉と8月9日(火)に〈リキッドルーム〉での来日公演も控えている。 The Temper Trap / Thick As Thieve
by 渡辺 裕也
D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月07日・独占ハイレゾ配信 : 小林うてなの1stアルバムはドープなベースと幽玄な歌声がこだまするビート・アルバム 元“鬼の右腕”にして現在はソロ、そしてD.A.N.や蓮沼執太フィルなどの客演などでも知られる小林うてな。このたび1stアルバム『VATONSE』をリリースした。リリースはインターネット・ライヴ・ストリーミング・サイト、2.5Dが設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から。ポップ・エレクトロ・プロデューサー、tomgggの作品とともに本レーベルの第一弾アーティストとなる。スティール・パンやエレクトロニクス、さらにはヴォーカル / コーラスまでこなすマルチ・プレイヤーとして知られる彼女だが、1stソロのサウンドはこれまたぶっ飛びのダーク&ヘヴィーなエレクトロニック・ビーツ、そして彼女の幽玄な歌声を中心にしている。OTOTOYでは本作を独占のハイレゾ版で配信開始。美しい歌声と細やかな電子音の表現、野太いベースをぜひともハイレゾにてお楽しみください。 小林うてな / VATONSE'【Track List】01. GONIA SE02. ILA03. EN04. TON TO WAHAHI05.
by 河村 祐介
ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2016年06月03日・ボンジュール鈴木らも参加の、カラフルなポップ・エレクトロ──Tomgggの最新作を独占ハイレゾ配信 自身のSoundCloudや〈Maltine Records〉など、まさにインターネット・フィールドで徐々に知名度を上げ、昨年はフィジカル作品として『Butter Sugar Cream』をリリース、さらにその活動領域を広げた、Tomggg(トムグググ)。このたび、ライヴ・ストリーミングでおなじみの〈2.5D〉が設立したレーベル〈2.5D PRODUCTION〉から、新作『Art Nature』をリリースした。ボンジュール鈴木、tsvaci(辻林美穂)といったゲスト・ヴォーカルを迎え、彼の真骨頂とも言える、めくるめく展開ときらびやかな電子音によるポップ・エレクトロを展開している。また前作に引き続き、ジャケットはKazami Suzukiが担当し、そのドリーミーでメルヘンなサウンド・イメージをさらに強く印象つけている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。インタヴューにもあるように、展開や音響的な効果など緻密に構築されたそのサウンドはハイレゾでさらにきめ細やかに楽しめることでしょう。 Tomggg / Ar
by 河村 祐介
ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム
[POWERPUSH]・2016年05月30日・〈トランスマット〉である必然性──デリック・メイを魅了したHIROSHI WATANABEの作品をハイレゾで KAITOや本名名義でリリースを行い、まさにテクノ / ハウス・シーンにて世界レベルで活躍するHIROSHI WATANABE。そんな彼がこれまた快挙を成し遂げた。テクノの伝説的レーベルからそのアルバムを今春にリリースした。そして、このたびやっと、その作品のハイレゾ版がリリースされた。おっと、興奮して書き忘れていたが、アルバム・タイトルは『MULTIVERSE』、そしてその伝説のレーベルとは、デリック・メイの〈トランスマット〉である(「知らない!」という人は後述のコラムを)。〈トランスマット〉らしい、エネルギッシュなグルーヴと叙情性に満ちたコズミック・テクノに。グイグイとスピーカーからスペーシーな情景が迫ってくる。いやー、すっきりとテクノを聴きたいぜというのならぜひともこのアルバムを。ストレートなデトロイト・テクノのかっこよさに満ち溢れた作品。繊細なシンセの揺らめきや空間的な表現に満ちたそのサウンドは、ハイレゾでぜひとも楽しみたい。 HIROSHI WATANABE / MULTIVERSE(24
by 河村 祐介