あふれだす多幸感とソウルとヒッピー! 清 竜人25、2016年1発目のシングルは初キャンペーン・ソング

左から、第6夫人 : 清 可恩、第3夫人 : 清 亜美、第1夫人 : 清 咲乃、清 竜人、第2夫人 : 清 桃花、第4夫人 : 清 美咲、第7夫人 : 清 優華

6人の妻と1人の夫からなる「清 竜人25」。昨年2015年秋にリリースされた待望の1stアルバム、年末にリリースされたクリスマス配信限定シングルを経て、2016年度初リリースはアイドル風衣装からヒッピーへの華麗なる変身に、これまで以上に多幸感あふれるソウル・ナンバーのシングルが到着。各メディアへの露出も増え、世間のざわつき度も日に日に大きくなってきた清 竜人25。2016年4月9日には初のホール・コンサートも控えている彼らにOTOTOY恒例の全員インタヴュー。聞き手はもちろん、清家の親族代表、宗像明将です!

OTOTOY限定!まとめ購入で壁紙用jpgデータをプレゼント!
清 竜人25 / LOVE&WIFE&PEACE♡

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?
※購入方法

【配信価格】
【左】単曲 324円(税込) / まとめ購入 1296円(税込)
【右】単曲 257円(税込) / まとめ購入 772円(税込)
まとめ購入特典壁紙


【Track List】
01. LOVE&WIFE&PEACE♡
02. ねえねえ…
03. LOVE&WIFE&PEACE♡(Instrumental)
04. ねえねえ...(Instrumental)


清 竜人25「LOVE&WIFE&PEACE♡」MV

INTERVIEW : 清 竜人25

清 竜人25のニュー・シングル『LOVE&WIFE&PEACE♡』は、ジャケットからいきなり1960年代のヒッピー・ムーブメントを連想させる。そして、サウンドは1960年代末のモータウンを髣髴とさせるソウル・ナンバー。しかも、ワコールの次世代ブラ「BRAGENIC(ブラジェニック)」の発売を記念する「BRA&PEACE!」キャンペーンのキャンペーンソングにもなっている。冒頭での清 竜人のセリフのテンションもこれまでになく高く、夫人たちのラップ・パートも華やかだ。

2014年のデビュー後、2015年のアルバム『PROPOSE』でひとつの完成形を見せた清 竜人25。セカンド・シーズンに突入した清 竜人25が最初に届けたシングルは、最高に楽しく、優しく、そしてピースフルな楽曲だ。振り切れている『LOVE&WIFE&PEACE♡』を聴いたら、清 竜人25のセカンド・シーズンに期待するなというのが無理というものだ。

インタヴュー & 文 : 宗像明将
撮影 : ペータ

バラエティにまた出れるなら、もうちょっと話せないとなーと思いました

——1月31日に「行列ができる法律相談所」(日本テレビ系)に出演されましたが、バラエティに出演してみていかがでしたか?

清 竜人(以下竜人) : 家にテレビはあるんですけど見てません、飲んでました。もう見る手段がない。

清 咲乃(第1夫人、以下咲乃) : 難しかったよね。

——急にみんな言葉が少なくなりましたね。

清 桃花(第2夫人、以下桃花) : 出演者の皆さんとうまく話せなかったんです、人見知りを直さないとな。司会の東野(幸治)さんが「楽しかった?」と聞いてくれたのに、人見知りが発動して「楽しかったです」と棒読みで言っちゃって(笑)。

竜人 : あの日は、その瞬間の桃花の表情がいちばん覚えてる。「緊張してるなー」って。

桃花 : バラエティにまた出れるなら、もうちょっと話せないとなーと思いました。

清 優華(第7夫人、以下優華) : あんまり覚えてない…(笑)。ショート・ヴァージョンの「Will♡You♡Marry♡Me?」のダンスを当日に練習して、もうそのことしか頭になくて。

竜人 : 優華はあの日、収録まで俺にメンチを切ってる表情だったよ。

優華 : ダンスが終わってから荷が下りました(笑)。

清 可恩(第6夫人、以下可恩) : ふなっしーにしか目が行かなかった(笑)。

清 美咲(第4夫人、以下美咲) : 私はあまり緊張しなくていつも通りでいられたので、いじられて「おいしいな」と思いました(笑)。

清 亜美(第3夫人、以下亜美) : タレントさんが優しくしてくれて、楽しかったです。リハーサルで緊張しないなと思っていたら、「笑ってなかった」と言われて、竜人くんが「亜美ちゃんスマイル〜!」と言ってくれて愛を感じて頑張れましたね。

左から、第6夫人 : 清 可恩、第3夫人 : 清 亜美、第1夫人 : 清 咲乃

——竜人さんは緊張するんですか?

竜人 : 緊張してる気はないですね。パフォーマンスはいつもと同じだから。

——ライヴをすっぽかした後、マネージャーさんのメールで改心して清 竜人25を結成する… という番組の再現ドラマの流れ、豪快でしたね。

可恩 : そのシーンのとき、ワイプの竜人くんが真面目な顔でうなずいていたのが超面白くて(笑)。

より幸せな要素を出したいなと思いました

——ダンス☆マンさんが編曲した「LOVE&WIFE&PEACE♡」には、ジャクソン5も連想しました。2016年の第1弾の楽曲として、どういうイメージで作ったのでしょうか?

竜人 : 最終ミックスだとちょっと聴こえづらいんですけど、タブラの音色も入っていて、アーティスト写真とMVとの関係で入れてもらいました。楽曲とグルーヴの感覚が「Will♡You♡Marry♡Me?」に近いし、同じダンス☆マンのアレンジなので、あえて歪みのギターも入れてもらいましたね。

——アーティスト写真もヒッピーで新しい感じですが、このアイデアはどこから?

竜人 : すごく言われるんですけど、やっている僕からすると何が変わったかわからないですね。そんなに新しい感じかなあ? セカンド・アルバムに向けてなので、テイストを変化させているつもりですけど、一新した感じではないですね。

——今、さりげなくセカンド・アルバムと言いましたね。

竜人 : 「≒ラスト・アルバム」かもしれないですけど(笑)。

美咲 : オーマイゴッド!

亜美 : 2枚目のアルバムを出すのがびっくりですね。オーデイションのときに調べて、竜人くんだからそんなに続かないと思っていたので、初めは1枚目のアルバムまでかと思っていたんです(笑)。

竜人 : 俺もそう思ってた。

——冒頭には、レコードのノイズや針飛びも入っていますね。

竜人 : あれはもともと、イントロとアウトロをビートルズっぽくしてほしいと話していて、それに対してのダンス☆マンのアイデアですね。

——夫人のラップも新鮮ですね。

竜人 : 楽曲の構成的に必要で入れたわけではなくて、コール・アンド・レスポンスのセクションが入ると、いいつなぎになるかなと思いました。

清 竜人

——亜美さんとの会話も入っていますね。

亜美 : あれは歌詞に入っているんですよ。

竜人 : ワン・テイクでできたんだよね。

亜美 : ふだんは言わない不満を歌詞で伝えてきて、いやらしいなと思いましたね! 好きですけど(笑)。

竜人 : 亜美はDVを受けやすい体質ですね(笑)。

——竜人さんのヴォーカルもこれまでになくワイルドな印象ですね。

竜人 : 今回はワコールのキャンペーン・ソングで、すごくハッピーでお祭り感が溢れる感じにしてほしいと言われたんです。清 竜人25の一夫多妻制のコンセプトとあいまって、より幸せな要素を出したいなと思いました。そのために亜美との絡みを入れてみたし、僕のヴォーカルのテイクもそう歌っているんですよね。清 竜人25を始めてから、ライヴではがなっていることが多くて、最近は喉がガラガラしてきたんですよ。


清 竜人25からのコメント「BRA&PEACE!」 BRAGENIC

美咲 : 繊細な感じがなくなってる(笑)。

——夫人の皆さんは「LOVE&WIFE&PEACE♡」を聴いたときの印象はいかがでしたか?

美咲 : これもテンションの上がる曲ですね。でも、テンポがちょっとゆっくりだし、いつもとはまた違う感じです。レコーディングでキーが高いなと思いましたね、「竜人くんの曲、歌えるかな」と思いました(笑)。きれいに歌うのが大変でした。

中野サンプラザのどこかでできたらいいですね

——清 竜人25のキーって誰に合わせているんですか?

竜人 : 誰に合わせるんでもないんですけど、まず理想のメロディーを作って、僕のメロディー・ラインと女の子たちのメロディー・ラインを歩み寄らせて、落とし込んでいますね。

亜美 : 本当にこれまででいちばん好きな曲です。デモの段階からいちばん聴いていました。これまでもハッピーな感じでやってきたんですけど、これとは質が違って、ファミリー感があるのかもしれないです。今回は会場がひとつになって、ファンのみんなも、肩を組んで感動の雰囲気になるといいな。今まではステージ発信だったけど、これはみんなで涙が出るほどひとつになれるんじゃないかなと思います。みんな肩を組んで泣いてほしい!

咲乃 : デモがきたときに、竜人くんが歌っている音源の完成度がすごく高くて、いつもより気合いが入っていると思いました。嫁のLINEグループがあるんですけど、レコーディングを実況していて、美咲ちゃんと可恩が大変だよと言っていて、「ふたりが大変なら私なんて声が出ない、やばい!」と思っていました。

竜人 : 僕と夫人たちのヴォーカルのユニゾンがうまく聴こえるキーにしてあるんですよ。

可恩 : けっこうずっとキーが高いし、英語がいっぱいあったので大変でした。レコーディングのときは当日に歌詞ができてくるので難しいですね。

亜美 : 可恩が最初にレコーディングするので、練習する時間がなくて大変なんですよ(笑)。

可恩 : レコーディングは、美咲ちゃんと私が最初のことが多いんです。「LOVE&WIFE&PEACE♡」は、最初が「スター・ウォーズ」かと思うほど壮大で、テンションがあがるのでお気に入りです。

桃花 : 風邪で声が出なくて、レコーディングまでに治らなくて、しかもキーが高くて今まででいちばん大変でした。

竜人 : 桃花は録り直してなんとかしたよね。

桃花 : 大丈夫でした。歌詞に、アダムとイヴが入っていて嬉しかったです。好きなんです。

——なんでアダムとイヴが好きなんですか?

桃花 : 私、世界史を勉強していたので「知ってる単語出てきた!」と嬉しかったんです、あんまり言葉を知らないんで。(笑)

左から、第2夫人 : 清 桃花、第4夫人 : 清 美咲、第7夫人 : 清 優華

優華 : 本当に今までの中でいちばん好きな曲で、完成度の高い曲だなと思います。デモのときから気合いの入りかたが違っているし、MVでも子供を使ったりしていて、こだわりがあるなと思いました。歌詞もラヴ&ピースで多幸感が溢れていて、清 竜人25らしいと思いました。

——カップリングの「ねえねえ...」のアレンジャーはどなたですか?

竜人 : 川田瑠夏さんです。

——「ねえねえ...」は弦楽器が美しく響くバラードですね。

竜人 : ヴァイオリンは生で録りましたね。「ねえねえ...」は、中野サンプラザを意識して作った曲で、プログラムを考えながら「どういうピースが足りないかな」と考えて作りました。歌詞は、サラリーマンの彼氏と付き合っている、高校を卒業したて大学生が「仕事で忙しくてかまってくれない」といういうイメージで、そういうのをステージのパフォーマンスをやりたいなと思って作りましたね。パフォーマンスありきですね。

亜美 : 意外とイチャイチャする曲ってないんで、もうひとつぐらいあったほうがいいと思っていたので、ベタベタしますよ!

可恩 : 彼氏がかまってくれないソング大好きです、「The♡Birthday♡Surprise」とか。「かまって!」ってしたい。

竜人 : 可恩が言ったように「The♡Birthday♡Surprise」や「プリ〜ズ…マイ…ダ〜リン♡」の系譜の曲なので、中野サンプラザのどこかでできたらいいですね。

美咲 : ピンクっぽいよね、女の子っぽい。カップルの感じ。

ハイレゾっていい音なんですか?

可恩 : これ、最後にハイレゾの話をするんですか?

——なんでわかるんですか、読心術ですか!? 『LOVE&WIFE&PEACE♡』のハイレゾでの聴きどころはどこでしょうか?

夫人 : イェーイ!(笑)

——今回はヴァイオリンも生だし、完全にハイレゾ案件ですよね。

竜人 : 「ねえねえ...」は元データも96kHzできてたし、ヴァイオリンも生だし、いいんじゃないですか?

——初めてのハイレゾ推奨ですね。長い道のりでした…。

亜美 : ハイレゾっていい音なんですか?

——今頃何を言っているんですか…。

亜美 : みんなセリフをかわいい感じで言っているので聴いてほしいです。

竜人 : でも、最終ミックスでけっこうヴォリュームを下げちゃった。

亜美 : それなら、ハイレゾのほうが聴き取れるかも?

可恩 : ビックカメラでハイレゾを聴きましたよ。聴いてもわからなかったけど、興味が出てきました(笑)。

竜人 : ハイレゾとMP3の聴き比べ、たぶん俺でもわからない(笑)。

——最後に、4月9日に迫った中野サンプラザでの「清 竜人25 コンサート 2016 春」への意気込みを聞かせてください。

竜人 : やっぱりキャパシティとステージの大きさを考えると、いつもの構成では見せられないので、何かしらいつもと違う試みをしないといけないですね。そろそろ演出面も考えたいですね、セットリストもブラッシュ・アップして。

優華 : 私はけっこう振りが小さいと言われるので、すごく大きなステージだし、遠くから見ている人への見えかたを意識したいです。

咲乃 : 心持ちはいつも通り緊張しないようにして、でも衣装は変えたいな。そういうの良くないですか? 全員を虜にして、次につながるようなライヴにしたいです。

竜人 : フッ。

——なんで鼻で笑うんですか!

咲乃 : ひどくないですか!?

亜美 : 竜人くんが考えることは絶対楽しいはずなんで、ひとつひとつのライヴを大事にして、楽しみながら中野サンプラザにもつなげていきたいです。

美咲 : MCを飽きさせないように、ちょっとした茶番劇を入れてくれたらいいな、(メンバーに)いつもならできないよ?

亜美 : …演技やばい。

美咲 : 家族らしい感じをやりたいですね。いつもと違うところを絶対に見せたいです。

可恩 : 中野は生まれ育った街だし、昔中野サンプラザでモーニング娘。さんを見ていたんです。だからアイドルと言ったら中野サンプラザなんです。そこにワンマン・ライヴで立てるのは嬉しいので、何か新しいことができたらいいと思います。あと、みんなで作ったグッズを売りたいです。

桃花 : 最高のコンディションでいければなと思います。歌もダンスもそうですけど、4月9日に倦怠期がこないといいな…。 竜人くん、最近ツンツンしてるじゃん!

竜人 : そんなことないよ?

桃花 : インタビューではこんな感じだけど、裏ではめちゃくちゃ楽しそうに話してくれるから、それを4月9日に絶対見せてやると思っています。ふだんは「眠たい」とかずっと話しかけてくるんですよ! そういうのをステージでも見せてほしいです。

竜人 : そうなるかもですね(笑)。

清 竜人25 DISCOGRAPHY

1stシングル! 清 竜人25 / Will You Marry Me?
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

2ndシングル! 清 竜人25 / A・B・Cじゃグッと来ない!!
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

3rdシングル! 清 竜人25 / Mr.PLAY BOY…♡
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

1stアルバム! 清 竜人25 / PROPOSE
【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>夫人個別インタヴュー
>>全員インタヴュー

配信限定シングル! 清 竜人25 / Christmas♡Symphony

【配信形態】
【左】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/48kHz)
【右】ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

>>特集ページはこちら

清 竜人25「Christmas♡Symphony」の楽曲配信コード付きグッズ

漫画家・石黒正数による清 竜人25書き下ろしイラストTシャツ、バッジをヴィレッジヴァンガード一部店舗で販売中。

Tシャツ 3,500円+税
バッジ 500円+税
【東京】渋谷宇田川町店 / 下北沢店 / 町田店
【愛知県】名古屋中央店
【大阪府】イオンモール大阪ドームシティ店
【京都】新京極店
【福岡】ヨドバシ博多店

LIVE INFORMATION

清 竜人25「LOVE&WIFE&PEACE♡」リリース記念インストアライブ
2016年3月11日(金)@タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

清 竜人25 コンサート 2016 春
2016年4月9日(土)@中野サンプラザ

PROFILE

清 竜人25

2014年、清 竜人が立ち上げたアイドル・ユニット。
プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻である清 咲乃、清 桃花、清 亜美、清 美咲、清 可恩、清 優華の女子メンバー6名で構成される。
妻達とともに、一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスを繰り広げる清 竜人、アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露する。

清 竜人25 are
清 竜人
第1夫人 : 清 咲乃
第2夫人 : 清 桃花
第3夫人 : 清 亜美
第4夫人 : 清 美咲
第6夫人 : 清 可恩
第7夫人 : 清 優華
(以上リンク先はTwitter)

清 竜人25 official HP
清 竜人25 facebook
冠レギュラー番組 “清 竜人25の今夜もハーレムNIGHT! ”(隔週月曜日20時~)

宗像明将 PROFILE

1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールド・ミュージックや民俗音楽について 執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。

ブログ
Twitter

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

丈青、ライヴ・レコーディング作品をDSD11.2MHzで配信開始
[POWERPUSH]・2016年05月10日・DSD11.2MHzの先駆者、丈青のライヴ・レコーディング作品が配信開始!! 2016年3月11日から13日まで表参道のスパイラルを会場に行われた〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。現在OTOTOYで配信中のフェス内でのレコーディング作品のラインナップ(Suara×真依子、蓮沼執太、大木和音)に満を持して加わったのがSOIL&“PIMP”SESSIONSのピアニスト、丈青。 商用として世界で初めてDSD11.2MHzに挑戦し話題となった彼の前作『I See You While Playing The Piano』と同じスパイラルホールで録音されたのが『re: I See You While Playing The Piano』。前作とはほぼ異なる楽曲をたずさえた本作は、レコーディング&ミックスに奥田泰次、iFi Audio/M2TECHの協力の元、SPIRAL RECORDSよりOTOTOYにて1ヶ月先行配信開始! 彼の重厚なピアノの音色に酔いしれるとともに前作より経た2年間という歳月の軌跡を体感、そして客席とピアノの張りつめた対話をぜひ堪能ください。 丈青 / re:
by 中村 純
サニーデイ・サービス、発売20周年迎えた『東京』が完全リマスタリングでよみがえる
[POWERPUSH]・2016年05月20日・この素晴らしいアルバムを90年代から解放しよう──サニーデイ・サービス『東京』リマスター盤配信 現在に続く東京インディー・シーンの礎を築いたといっても過言ではない、いまなお輝き続けるロック・バンド、サニーデイ・サービス。彼らの作品の中でもひとしお愛され続ける『東京』が、発売から20周年を迎えた。そんなメモリアルな年を記念して、同作はオリジナルマスターテープより全曲完全リマスタリング、"2016年の『東京』"として生まれ変わった。 この作品を、その価値を、今一度見直すときがやってきたのである。現在の若きミュージシャンにも影響力を持つ『東京』の背景にあったものとは、そしていまも色褪せないその理由とは。世界中の土地、街、そこで鳴らされるグルーヴを探求するライター/エディターの大石始が、『東京』を語る。 オリジナルマスターテープより完全リマスタリングされたメモリアル盤!!サニーデイ・サービス / 東京'【Track List】01. 東京02. 恋におちたら03. 会いたかった少女04. もういいかい05. あじさい06. 青春狂走曲07. 恋色の街角08. 真赤な太陽09. いろんなことに夢中になったり飽きた
チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信
[POWERPUSH]・2016年05月12日・チェンバロの名器で継承するスパニッシュ・ピアノの絶技──大木和音、DSD11.2MHzライヴ録音作を配信 2016年3月11日から3月13日にかけて行われたハイレゾの祭典、〈HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL〉。そのなかでも最終日は、中島ノブユキ、渋谷慶一郎のトーク・ショウやピアニスト丈青の公開ライヴ・レコーディングなどが開催され、ある意味で鍵盤楽器一色に染まった1日だった。 そしてその日、ライヴ・レコーディングに臨んだもうひとりの才女が、ピアノの原型となった鍵盤楽器、チェンバロの奏者として世界で初めてDSD11.2MHzレコーディングを行った大木和音。しかも今回は、同じDSD11.2MHzレコーディングといっても、オーデイエンスを目の前に極限の緊張感をまといながらの録音。彼女の新たな挑戦ともいえるレコーディング作品をOTOTOYで独占配信します。 それにともない大木和音と本公演を企画し世界的に活躍する調律師、狩野真のふたりを迎えてインタヴューを敢行。本作ができるまでの裏側やOTOTOYではあまり馴染みのないかもしれないチェンバロの魅力を大いに語ってもらった。 大木和音 /
by JJ
Have a Nice Day! の新作を1週間先行配信開始&ネイチャー$EKIとの対談掲載!!
[POWERPUSH]・2016年05月04日・ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来" 2015年11月、クラウド・ファンディングにより『Dystopia Romance』のフリー・リリース・パーティーを恵比寿リキッドルームで成功させたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。そしてその模様をとらえた『Dystopia Romance release party@LIQUIDROOM』や、アンセム集ベスト『Anthem for Living Dead Floor』など、彼らは昨年末から今年にかけて立て続けに作品を送り出してきた。 その飛ぶ鳥を落とす勢いのハバナイが新作『Dystopia Romance 2.0』をリリース。新たなアンセムと呼ぶにふさわしい「ファウスト」やとびっきりラヴリーな「LOVE SUPREME」、さらにworld's end girlfriendとコラボを果たした「NEW ROMANCE」など全6曲が収録されている。 そんな本作をOTOTOYでは1週間先行配信を開始!! それにともないハバナイ浅見北斗、同じ東京アンダーグラウンド・シーンで
by JJ
2016年、最大の問題作にして大名盤!!ーLess Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース!!
[POWERPUSH]・2016年04月22日・2016年、最大の問題作にして大名盤! ! Less Than TV主宰、FUCKERこと谷ぐち順、衝撃の1stソロ・アルバム・リリース! ! 君はカスか? もし君がカスで、FUCKERを聴いたことがないのなら、今すぐにでも聴くべきだ。 20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。諸事情により、フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。 そんな男が産み出した渾身のソロ・1stアルバムは、伊豆にて録音が行われ、エンジニアとしてAxSxE(NATSUMEN)が参加。むき出しの魂が隅から隅にまで
でんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信!
[POWERPUSH]・2016年04月27日・新しい冒険への果敢な挑戦ーーでんぱ組.inc、待望のニュー・アルバムをハイレゾ配信 でんぱ組.incが前作からおよそ1年ぶりのアルバムをリリース。ゆず北川悠仁 × ヒャダインによる「おつかれサマー!」や、漫画家・浅野いにお作詞「あした地球がこなごなになっても」、配信シングルに加え、もちろん新曲も収録された全15曲は、アルバム・タイトルどおり「GOGO」な内容に! どの曲も音がとても緻密なので、ハイレゾでお聴きいただくのがオススメです! でんぱ組.inc / GOGO DEMPA'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 3,240円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,057円【Track List】 ''01. GOGO DEMPA / 02. 破! to the Future / 03. ファンファーレは僕らのために / 04. 惑星★聖歌 〜Planet Anthem〜 / 05. STAR☆ットしちゃうぜ
エゴラッピン、20周年の軌道を収めたベスト盤をリリース
[POWERPUSH]・2016年04月23日・ルーディ、エレガント、そしてスウィング──エゴラッピン20年目のベスト&カヴァー・アルバム 圧倒的な歌声を持った中納良恵と唯一無二のソング・ライターであり、ギタリストでもある森雅樹によるユニット、エゴラッピン。1996年結成、1990年代後半には大阪から音楽シーンへと颯爽と現れ、今年は記念すべき、活動20年目の節目となる。そんな20周年を迎える今年は全国ツアー「EGO-WRAPPIN' live tour "ROUTE 20 HIT THE ROAD"」や、その集大成ともいえる11月27日(日)の日本武道館公演が決まっている。さて、そんな節目の年に、まずはここにCD3枚組分のベスト盤『ROUTE 20 HIT THE ROAD』がリリースされた。2枚分の内容はいわゆるベスト盤、そして残り1枚分には、デヴィッド・ボウイやカーティス・メイフィールドから、彼らの真骨頂とも言える昭和歌謡、そして“たま”のあの曲まで手がけた、色彩豊かなカヴァー集を併録している。こちらは彼らの音楽的ルーツを反映させたものだとか。彼らのそのセンスを存分に味わうことのできる作品となっている。 EGO-WRAPPIN’ / ROUTE 20
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】M2TECH「JOPLIN MK2」
[POWERPUSH]・2016年04月21日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】M2TECH「JOPLIN MKII」 近年、アナログ・レコードの復権という話題がメディアを賑わせるようになった。日本レコード協会によれば、2015年の日本国内のアナログ・レコードの売り上げは前年比165%に増加したという。アメリカやヨーロッパでも同じような増加傾向にあるという。 僕自身、一時期はCDでは手に入らない古い音源を中古レコードで探すだけになっていたのが、最近はまた新譜をアナログ・レコードで買うことが多くなった。すると、アナログ・オーディオ機器への興味も再燃し、レコード・プレイヤーやフォノ・イコライザーをあらたに買ったりもしている。 デジタル・ファイルによる音楽配信ビジネスに関わっている僕が、アナログ・レコードのファンであるというのは矛盾しているように見えるかもしれない。が、16bit/44.1kHzというCDの規格に疑問を抱いたそもそものきっかけは、アナログ・レコードのサウンドの方が良いと思える作品が少なくなかったからだ。 16bit/44.1kHzのPCMもよりも良い音を求めて、ハイレゾのデジタル・ファイルへ