ついに大ブレイク、水曜日のカンパネラ! OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BEAT、Homecomings等の英詞を主体とするバンド勢なども、とにかくすばらしい作品をどんどんリリース。アンダーグラウンドでは、新宿LOFTを中心に活動するNATURE DANGER GANGやHave a Nice Day!が、アイドル、パンク、クラブ勢を巻き込み、新たなムーブメントを創り上げ、11月18日@恵比寿リキッドルームで950人ものお客さんを動員したのは、2015年を語る象徴的な事件であった。そして、OTOTOYがずっと応援してきた水曜日のカンパネラの大ブレイク、さらにはeastern youth、クラムボンの非の打ち所が無い傑作アルバムのリリースは、感無量の事件でもあった。(飯)

選・文 : 飯田仁一郎、西澤裕郎、河村祐介

まずは聴きたいマストの5作品

水曜日のカンパネラ『ジパング』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. シャクシャイン / 2. 猪八戒 / 3. メデューサ / 4. ラー / 5. ツイッギー / 6. ウランちゃん / 7. ライト兄弟 / 8. 小野妹子 / 9. 西玉夫 / 10. マッチ売りの少女







トラップやジュークなど、ベース・ミュージックを下敷きにしながら、あくまで歌詞のモチーフは西遊記だったり多摩川のタマちゃんだったりと、水曜日のカンパネラ節を貫いた5作目。グループの知名度があがるなかでも安定を求めず、コムアイの肌感覚をケンモチヒデフミが妥協せず落とし込んでいくことで、的確に時代感覚を捉えた。結果的に2015年を象徴した作品となっている。(西)

cero『Obscure Ride』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3(デジタル・ブックレット付き)
【Track List】
1. C.E.R.O / 2. Yellow Magus(Obscure) / 3. Elephant Ghost / 4. Summer Soul / 5. Rewind Interlude / 6. ticktack / 7. Orphans / 8. Roji / 9. DRIFTIN' / 10. 夜去 / 11. Wayang Park Banquet / 12. Narcolepsy Driver 13. FALLIN'






今年のシーンのなかで台風の目となったcero、まさに待望の作品として迎えられたアルバム。ネオ・ソウル、アフロビートなどを迎えたバリアリックな質感さえもあるそのサウンドに話題が行きがちだが、その歌詞においても、いまの東京を切り取るグルーヴがある。「シティ・ポップ」なる言葉で矮小化されてはならない、ここにはその先に広がる音楽の多様な体験があることがすばらしい。(河)

クラムボン『triology』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Lightly! / 2. アジテーター / 3. the 大丈夫 / 4. Rough & Laugh / 5. agua / 6. noir / 7. Scene 3 / 8. はなさくいろは-bon bori ver. / 9. バタフライ / 10. yet-triology ver. / 11. Re-ある鼓動 / 12. Lightly・・・






本作『triology』は、アニソンでも大活躍するミトが、メンバーを鍛え上げ、クラムボン流ポップスとして新たな地平で生み出した恐るべき作品。11月6日日本武道館のライヴでの3人の佇まいに、バンドの強度、そして30周年を見据えたバンドの強い意思をみた。(飯)

eastern youth『ボトムオブザワールド』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. 街の底 / 2.鳴らせよ 鳴らせ / 3. イッテコイ カエッテコイ / 4. ナニクソ節 / 5. コンクリートの川 / 6. 茫洋 / 7. テレビ塔 / 8. 道をつなぐ / 9. 直に掴み取れ / 10. 万雷の拍手







個人的には、2015年のベストディスク。ゆらゆら帝国『空洞です』に匹敵する音楽家が目指す最高到達点。同郷音楽家は逝き、15年連れ添ったメンバーは離れた。それでも、吉野寿は解散せず、変わらず街の底で唄っていくことを宣言した。その姿勢こそが、名作『ボトムオブザワールド』を生み出したのだ。(飯)

Suchmos『THE BAY』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. YMM / 2. GAGA / 3. Miree / 4. GIRL feat.呂布 / 5. Get Lady / 6. Burn / 7. S.G.S / 8. Armstrong / 9. Alright / 10. Fallin' / 11. Pacific / 12. Miree BAY ver.







ブラック・ミュージックをモチーフにしたバンドが目立った2015年において、頭一つ抜け出していたのがSuchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響を高い演奏技術でクールでモダンに仕立てながら、エモーショナルでダンサブル。音楽で成り上がろうという態度も最高。文句なし。(西)

さらに深める5作品

長谷川健一『Breath』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. きらいなあなたと / 2. 誕生日 / 3. にほんのひと / 4. うたうは喜び / 5. 夜の風景 / 6. 逆光 / 7. 君のお父さん / 8. 春夏秋冬 / 9. 一回きりの歌 / 10. 誰がため



toe『HEAR YOU』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Premonition (Beginning Of A Desert Of Human) / 2. A Desert Of Human / 3. Commit Ballad feat. Chara / 4. The World According To / 5. My Little Wish / 6. Song Silly feat. Olivia Burrell / 7. Boyo / 8. Time Goes feat. 5lack / 9. オトトタイミングキミト feat. Kimura Kaela / 10. G.O.O.D.L.U.C.K feat. U-zhaan / Kumi Maya Ayaya / 11. Because I Hear You


never young beach『YASHINOKI HOUSE』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. どうでもいいけど / 2. ちょっと待ってよ / 3. あまり行かない喫茶店で / 4. 散歩日和に布団がぱたぱたと / 5. 無線機 / 6. 夏がそうさせた / 7. どんな感じ? / 8. 駅で待つ / 9. chill morning



吉澤嘉代子『箒星図鑑』

【配信形態】
24bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. ストッキング / 2. 逃飛行少女 / 3. 未成年の主張 / 4. ブルーベリーシガレット / 5. なかよしグルーヴ / 6. キルキルキルミ / 7. 美少女 / 8. チョベリグ / 9. ケケケ / 10. シーラカンス通り / 11. 泣き虫ジュゴン / 12. 雪 / 13. 23歳






NATURE DANGER GANG『THE INFERNO』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. オープニング / 2. NDGノテーマ - NDG vs KΣITO / 3. 自然危険愚連隊 - NDG vs DJ DON / 4. カフカでいいんじゃな〜い? - NATURE DANGER GANG / 5. Last Summer 〜ひと夏の経験〜 - NDG vs Gnyonpix / 6. フィッシャーキング - NDG vs Masayoshi Iimori / 7. ハーフタイムショー(独唱) / 8. Pocket Jupiter - NDG vs 食品まつり / 9. SAMURAI RORD - NDG vs CRZKNY / 10. ラストアクションヒーロー - NDG vs Seimei & Taimei / 11. どぱ - NDG vs 国士無双 / 12. グランドフィナーレ前 13. 生きてる - NDG vs LEF!!! CREW!!




o

 
 

コラム

〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催
[CLOSEUP]・2017年08月22日・いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催 OTOTOYインターンによる〈若者座談会〉が帰ってきた! いままで数回開催され、その時どんなものがキテいて、音楽をどのように楽しんでいる若者がいるのか話し合われてきた〈若者座談会〉。いまの若者は一体どんな音楽に注目しているのか気になりませんか? OTOTOYでインターンをしている大学生6人に、注目のアーティストを、そして聴き方が多様化する現在どのように音楽を楽しみ、どんな風に新しい音楽と出会っているのかなどなど…… 根掘り葉掘り聞いてみました! ぜひこの座談会を読んであなたの知らない素敵な音楽と出会うことができればうれしいです。さぁいってみましょー! 進行&文 : 鈴木雄希構成 : 高橋秀実 集え! 音楽好きの若者たち! ──まずは順に自己紹介をお願いします。 高橋 : 23歳の高橋秀実です。CDショップでバイトしてます。好きなバンドはHomecomingsです。 千田 : 大学3年21歳の千田祥子です。レコード・ショップでバイトしてます。1番好きなバンドはFINLANDSです。この世で1番私がFINLANDS好きだと思います(笑)
【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線
[CLOSEUP]・2017年08月09日・特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ! インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円
by 鈴木 雄希
OTOTOYサマー・キャンペーン2017──約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元
・2017年08月01日・【サマー・キャンペーン2017】約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元 はじめてのお買い物で500円ポイント還元、つまり実質ゼロ円!! OTOTOYでは、2017年8月1日(火)12時〜8月31日(木)23時59分までの間、「OTOTOYサマーキャンペーン」を開催いたします。 1 : OTOTOYに会員登録し初めてお買い物をされた方に500円分のポイント還元。OTOTOYに会員登録されたお客様で、期間中にはじめて有料商品の購入(クレジットカード、PayPal、OTOTOYポイント / おとぷり、BitCash、モリタポなど各種決済どれでも)をされたお客様全員に、OTOTOYポイント500円分(5000ポイント)を贈呈。次回のお買い物時に、その他の決済と組み合わせてポイントをご利用になられます。 2 : 100作品を超える作品が500円にプライスオフ。注目の作品も含む100タイトル以上の作品が500円にプライスオフ、1のポイントキャッシュバックと組み合わせれば実質0円で作品が手に入ります。ハイレゾ、DSD作品も多く含まれています。ぜひともこの機会にお試しください。 キャンペ
【最大45パーセント・オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ
[CLOSEUP]・2017年07月10日・【最大45%オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ 日本における最大の映画配給を誇るとも言える東宝内のアニメ・レーベル〈TOHO animation〉。OTOTOYでは7月10日(月)より、〈TOHO animation〉の音楽レーベル〈TOHO animation RECORDS〉からリリースされたTVアニメ、アニメ映画のサウンドトラックのプライス・オフを実施! 『ハイキュー!!』や『弱虫ペダル』、『僕のヒーローアカデミア』などをはじめとする大人気12作品を、ご購入いただきやすい価格にてご用意しております! こちら7月31日(月)までの期間限定となっています。最大45%オフでご購入いただけるこの機会を見逃すな! 期間 : 2017年7月10日(月)〜2017年7月31日(月) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2017年7月31日(月)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください(12:01以降の決済では割引価格
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介