ついに大ブレイク、水曜日のカンパネラ! OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BEAT、Homecomings等の英詞を主体とするバンド勢なども、とにかくすばらしい作品をどんどんリリース。アンダーグラウンドでは、新宿LOFTを中心に活動するNATURE DANGER GANGやHave a Nice Day!が、アイドル、パンク、クラブ勢を巻き込み、新たなムーブメントを創り上げ、11月18日@恵比寿リキッドルームで950人ものお客さんを動員したのは、2015年を語る象徴的な事件であった。そして、OTOTOYがずっと応援してきた水曜日のカンパネラの大ブレイク、さらにはeastern youth、クラムボンの非の打ち所が無い傑作アルバムのリリースは、感無量の事件でもあった。(飯)

選・文 : 飯田仁一郎、西澤裕郎、河村祐介

まずは聴きたいマストの5作品

水曜日のカンパネラ『ジパング』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. シャクシャイン / 2. 猪八戒 / 3. メデューサ / 4. ラー / 5. ツイッギー / 6. ウランちゃん / 7. ライト兄弟 / 8. 小野妹子 / 9. 西玉夫 / 10. マッチ売りの少女







トラップやジュークなど、ベース・ミュージックを下敷きにしながら、あくまで歌詞のモチーフは西遊記だったり多摩川のタマちゃんだったりと、水曜日のカンパネラ節を貫いた5作目。グループの知名度があがるなかでも安定を求めず、コムアイの肌感覚をケンモチヒデフミが妥協せず落とし込んでいくことで、的確に時代感覚を捉えた。結果的に2015年を象徴した作品となっている。(西)

cero『Obscure Ride』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3(デジタル・ブックレット付き)
【Track List】
1. C.E.R.O / 2. Yellow Magus(Obscure) / 3. Elephant Ghost / 4. Summer Soul / 5. Rewind Interlude / 6. ticktack / 7. Orphans / 8. Roji / 9. DRIFTIN' / 10. 夜去 / 11. Wayang Park Banquet / 12. Narcolepsy Driver 13. FALLIN'






今年のシーンのなかで台風の目となったcero、まさに待望の作品として迎えられたアルバム。ネオ・ソウル、アフロビートなどを迎えたバリアリックな質感さえもあるそのサウンドに話題が行きがちだが、その歌詞においても、いまの東京を切り取るグルーヴがある。「シティ・ポップ」なる言葉で矮小化されてはならない、ここにはその先に広がる音楽の多様な体験があることがすばらしい。(河)

クラムボン『triology』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Lightly! / 2. アジテーター / 3. the 大丈夫 / 4. Rough & Laugh / 5. agua / 6. noir / 7. Scene 3 / 8. はなさくいろは-bon bori ver. / 9. バタフライ / 10. yet-triology ver. / 11. Re-ある鼓動 / 12. Lightly・・・






本作『triology』は、アニソンでも大活躍するミトが、メンバーを鍛え上げ、クラムボン流ポップスとして新たな地平で生み出した恐るべき作品。11月6日日本武道館のライヴでの3人の佇まいに、バンドの強度、そして30周年を見据えたバンドの強い意思をみた。(飯)

eastern youth『ボトムオブザワールド』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. 街の底 / 2.鳴らせよ 鳴らせ / 3. イッテコイ カエッテコイ / 4. ナニクソ節 / 5. コンクリートの川 / 6. 茫洋 / 7. テレビ塔 / 8. 道をつなぐ / 9. 直に掴み取れ / 10. 万雷の拍手







個人的には、2015年のベストディスク。ゆらゆら帝国『空洞です』に匹敵する音楽家が目指す最高到達点。同郷音楽家は逝き、15年連れ添ったメンバーは離れた。それでも、吉野寿は解散せず、変わらず街の底で唄っていくことを宣言した。その姿勢こそが、名作『ボトムオブザワールド』を生み出したのだ。(飯)

Suchmos『THE BAY』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. YMM / 2. GAGA / 3. Miree / 4. GIRL feat.呂布 / 5. Get Lady / 6. Burn / 7. S.G.S / 8. Armstrong / 9. Alright / 10. Fallin' / 11. Pacific / 12. Miree BAY ver.







ブラック・ミュージックをモチーフにしたバンドが目立った2015年において、頭一つ抜け出していたのがSuchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響を高い演奏技術でクールでモダンに仕立てながら、エモーショナルでダンサブル。音楽で成り上がろうという態度も最高。文句なし。(西)

さらに深める5作品

長谷川健一『Breath』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. きらいなあなたと / 2. 誕生日 / 3. にほんのひと / 4. うたうは喜び / 5. 夜の風景 / 6. 逆光 / 7. 君のお父さん / 8. 春夏秋冬 / 9. 一回きりの歌 / 10. 誰がため



toe『HEAR YOU』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Premonition (Beginning Of A Desert Of Human) / 2. A Desert Of Human / 3. Commit Ballad feat. Chara / 4. The World According To / 5. My Little Wish / 6. Song Silly feat. Olivia Burrell / 7. Boyo / 8. Time Goes feat. 5lack / 9. オトトタイミングキミト feat. Kimura Kaela / 10. G.O.O.D.L.U.C.K feat. U-zhaan / Kumi Maya Ayaya / 11. Because I Hear You


never young beach『YASHINOKI HOUSE』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. どうでもいいけど / 2. ちょっと待ってよ / 3. あまり行かない喫茶店で / 4. 散歩日和に布団がぱたぱたと / 5. 無線機 / 6. 夏がそうさせた / 7. どんな感じ? / 8. 駅で待つ / 9. chill morning



吉澤嘉代子『箒星図鑑』

【配信形態】
24bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. ストッキング / 2. 逃飛行少女 / 3. 未成年の主張 / 4. ブルーベリーシガレット / 5. なかよしグルーヴ / 6. キルキルキルミ / 7. 美少女 / 8. チョベリグ / 9. ケケケ / 10. シーラカンス通り / 11. 泣き虫ジュゴン / 12. 雪 / 13. 23歳






NATURE DANGER GANG『THE INFERNO』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. オープニング / 2. NDGノテーマ - NDG vs KΣITO / 3. 自然危険愚連隊 - NDG vs DJ DON / 4. カフカでいいんじゃな〜い? - NATURE DANGER GANG / 5. Last Summer 〜ひと夏の経験〜 - NDG vs Gnyonpix / 6. フィッシャーキング - NDG vs Masayoshi Iimori / 7. ハーフタイムショー(独唱) / 8. Pocket Jupiter - NDG vs 食品まつり / 9. SAMURAI RORD - NDG vs CRZKNY / 10. ラストアクションヒーロー - NDG vs Seimei & Taimei / 11. どぱ - NDG vs 国士無双 / 12. グランドフィナーレ前 13. 生きてる - NDG vs LEF!!! CREW!!




o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

BELLRING少女ハート、赤坂BLITZ単独公演〈BABEL〉ライヴ音源を独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年02月24日・東京最狂ーーBELLRING少女ハート最後の赤坂BLITZ単独公演をハイレゾ配信 BELLRING少女ハートが2016年いっぱいで活動休止した。そこから朝倉みずほ、柳沢あやの、甘楽の3名が卒業、有坂玲菜に改名した仮眠玲菜とカイに新メンバーを3名加え、There There Theresにグループ名を変更し2017年2月にスタートを切った。幅広い音楽性と黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで東京最狂の名を欲しいままにした、そんなベルハーが2016年12月22、東京・赤坂BLITZで開催したワンマン・ライヴ〈BABEL〉のライヴ音源をOTOTOYにて独占ハイレゾ配信する。3月1日にはThere There Theresの初音源の配信、ディレクターの田中紘治、コレオグラファーのYUKOとの対談記事も掲載予定。2017年以降も彼女たちから目を離すことはできなそうだ!! ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ'【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】まとめ価格
by 西澤 裕郎
どついたるねん、9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月15日・どついたるねん、一本糞あり!!ーー僕たちはロックンローラーとしてのスタート地点に立つことを許された 6008曲入りのアルバムをリリースしたり、AVメーカーHMJMとタッグを組んだ映画を公開するなど、常に話題を振りまき続けるバンド“どついたるねん”。昨年は47都道府県をまわる全国ツアーを約2ヶ月間で達成、ファイナルのリキッドルームは満員の中ライヴを行いました。そんな彼らが通算9作目のアルバム『COLOR LIFE』をリリース。タワーレコード限定発売のシングル曲「緊張の糸」、新たな彼らの代表曲「わたちゃん2」などを含む全11曲を収録。同作発売とともに全国ツアー〈彦龍〉を開催、ファイナルにバンド最大規模の赤坂BLITZワンマンも発表した、どついたるねんの現在を見逃さないよう!! 通算9作目のフル・アルバムを配信スタートどついたるねん / COLOR LIFE'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 216円(税込) まとめ価格 1,944円(税込)【Track List】1. Hello never mind2. Human 3. ミッドナイト デジャヴ4. freedom5. 緊
by 西澤 裕郎
24組のアイドルが名古屋に集結! 年に一度開催の「東海アイドル万博2017」 PHOTO REPORT
[CLOSEUP]・2017年02月17日・【PHOTO REPORT】24組のアイドルが名古屋に集結! 「東海アイドル万博2017」 関東・東海地方のアイドル・イベント制作会社、アイドル侍が主催する、年に一度行われているアイドル・イベント「東海アイドル万博2017」が2017年2月11日に愛知県名古屋市のダイアモンドホールにて開催された。 メジャーからインディーズまで、全24組のアイドルが名古屋に集合。その中からピックアップしたアイドル達のライヴの模様を写真で紹介する。 イベント名 : 東海アイドル万博2017日程 : 2017年2月11日(土)会場 : DIAMOND HALL出演 : 虹のコンキスタドール(東京)、マジカルパンチライン(東京)、天晴れ!原宿(東京)、Pimm's(東京)、強がりセンセーション(東京)、POP UP(大阪)、ICE CREAM SUICIDE(東京)、PREDIANNA(愛知)、*ココロモヨヲ*(愛知)、オレンジみるふぃ~ゆ(山口)、全力少女R(東京)、MilkShake(長崎) 、煌めき☆アンフォレント(三重)、ゆるめるモ!(東京)、P.IDL(東京)、Star☆T(愛知)、てのひらえる(兵庫)、ナト☆カン
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【ツアー・ファイナル開催間近!】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信予定です。そして『Pressure』のリリース・ツアーのファイナルも2月13日(月)に渋谷Club Asiaで開催。アルバム制作を終えてさまざまな面で変化を迎えた彼らのライヴもぜひとも! 2月13日(月)、アルバム『Pressure』リリース・ツアー・フィナル開催PAELLAS "Pressure" Release Tour Final2月13日(月)@渋谷 Club AsiaOPEN 19:00 / START 19:30LIVE : PAELLAS、ヤシの木フラミンゴVJ : chao
by 河村 祐介
7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のスタジオ潜入レポート&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【2ヶ月連続特集】7人組ロックンロール・バンドーーTHE 夏の魔物、スタジオ潜入レポート&インタヴュー 2017年1月6日、ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成された7人組ロックンロール・バンド、THE 夏の魔物。3月15日リリース予定の1stシングルより浅野尚志作曲、只野菜摘作詞による「僕と君のロックンロール」を現在無料先行配信中だ。同楽曲は2月16日に新代田FEVERで開催されるワンマン・ライヴ〈THE 夏の魔物登場!!! TOUR特別編~麻宮みずほ20才おめでとう歓迎会スペシャル~〉にて初披露される。ギターに越川和磨と林宏敏(ex.踊ってばかりの国)、キーボードにハジメタル、ベースにえらめぐみ(theMADRAS、股下89)、ドラムにBOBOが参加し行われる同ワンマンのリハーサルに潜入、レポートとインタヴューを掲載。2ヶ月連続でTHE 夏の魔物をフィーチャーする。 1stシングルより期間限定フリー・ダウンロード中THE 夏の魔物 / 僕と君のロックンロール'【配信形態】''mp3 【配信価格】0円新世代ロックンロール・アンセム!! 21世紀の『リンダリンダ』がここにある! 3月1
by 岡本 貴之
水曜日のカンパネラ、メジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年02月08日・【REVIEW】水曜日のカンパネラ、待望のメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信中 水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。2017年3月8日(水)には日本武道館でワンマン・ライヴを行うことも発表し、さらなる水曜日のカンパネラ旋風が吹き荒れること間違いなし。OTOTOYでは過去作もすべてハイレゾ配信中。この機会にあわせて揃えてみてはいかがでしょう? メジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信水曜日のカンパネラ / SUPERMAN'【配信形態 / 価格】24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC)まとめ購入のみ 3,859円(税込)>>ハイレゾとは?【Track List】''1. アラジン2. 坂本龍馬3. 一休さん4. オニャンコポン5. チンギス・ハン6. チャップリン7. オードリー8. カメハメハ大王9. 世阿弥10. アマノウズメ REVIEW : 水
by 西澤 裕郎
特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド
[CLOSEUP]・2017年02月03日・特集 : 選ばれたグルーヴ──この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド ここ数年の、この国のインディ・ロックのシーンにインディR&Bやネオ・ソウル、現代ジャズといった音楽のグルーヴを援用したバンドたちが人気を集めている。本特集では、「選ばれたグルーヴ」と題して、現在OTOTOYでは配信中で、こうしたサウンドへと接続する音源を紹介するとともに、『Jazz The New Chapter』監修者 / ライターの柳樂光隆と、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎のふたりの識者の対談なども交えてお届けしよう。また、ここで、こうした流れの注目のバンドで昨年リリースされ話題を呼んだ、WONKの『Sphere』も配信開始する。文・選盤・構成 : 河村祐介 イントロ──選ばれたグルーヴ 2015年から、そして2016年にかけて、この国のインディ・ロック・シーンのサウンド面で新たにキーワードとして出てきたのは、インディR&B、ロバート・グラスパー以降の現代ジャズやアシッド・ジャズ……ざっくりと言ってこういったものだろう。こうした見方で言えば、さきほどリリースされたSuchmosのアルバム『THE KIDS』は、そう
by 河村 祐介
声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信ーーレヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年02月01日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、カレンダーをコンセプトにした3rdアルバムをハイレゾ配信 「ラブライブ!」の東條希役として声優デビュー、μ’sのメンバーとしても活躍した楠田亜衣奈が3rdアルバム『カレンダーのコイビト』をリリース。ソロアーティストとして3作目のアルバムとなる同作のコンセプトはなんと「カレンダー」! 彼女の誕生月である2月を筆頭に1年間を月ごとに彩る12曲、ボーナス・トラック2曲を含め、全14曲を収録。前作に引き続き、作詞はこだまさおりがメインで担当、楠田自身も2曲作詞を手がけています。OTOTOYではハイレゾで配信開始。レビューと共にお届けします! 3rdアルバムをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / カレンダーのコイビト (24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. まいにち誰かのハッピーデイ / 2. spring heart / 3. ハルイロレジュメ / 4. JUMP UP / 5. レイニーマーメイド / 6. 夏ハジメマシタ☆ /
by 純三