ついに大ブレイク、水曜日のカンパネラ! OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BEAT、Homecomings等の英詞を主体とするバンド勢なども、とにかくすばらしい作品をどんどんリリース。アンダーグラウンドでは、新宿LOFTを中心に活動するNATURE DANGER GANGやHave a Nice Day!が、アイドル、パンク、クラブ勢を巻き込み、新たなムーブメントを創り上げ、11月18日@恵比寿リキッドルームで950人ものお客さんを動員したのは、2015年を語る象徴的な事件であった。そして、OTOTOYがずっと応援してきた水曜日のカンパネラの大ブレイク、さらにはeastern youth、クラムボンの非の打ち所が無い傑作アルバムのリリースは、感無量の事件でもあった。(飯)

選・文 : 飯田仁一郎、西澤裕郎、河村祐介

まずは聴きたいマストの5作品

水曜日のカンパネラ『ジパング』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. シャクシャイン / 2. 猪八戒 / 3. メデューサ / 4. ラー / 5. ツイッギー / 6. ウランちゃん / 7. ライト兄弟 / 8. 小野妹子 / 9. 西玉夫 / 10. マッチ売りの少女







トラップやジュークなど、ベース・ミュージックを下敷きにしながら、あくまで歌詞のモチーフは西遊記だったり多摩川のタマちゃんだったりと、水曜日のカンパネラ節を貫いた5作目。グループの知名度があがるなかでも安定を求めず、コムアイの肌感覚をケンモチヒデフミが妥協せず落とし込んでいくことで、的確に時代感覚を捉えた。結果的に2015年を象徴した作品となっている。(西)

cero『Obscure Ride』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3(デジタル・ブックレット付き)
【Track List】
1. C.E.R.O / 2. Yellow Magus(Obscure) / 3. Elephant Ghost / 4. Summer Soul / 5. Rewind Interlude / 6. ticktack / 7. Orphans / 8. Roji / 9. DRIFTIN' / 10. 夜去 / 11. Wayang Park Banquet / 12. Narcolepsy Driver 13. FALLIN'






今年のシーンのなかで台風の目となったcero、まさに待望の作品として迎えられたアルバム。ネオ・ソウル、アフロビートなどを迎えたバリアリックな質感さえもあるそのサウンドに話題が行きがちだが、その歌詞においても、いまの東京を切り取るグルーヴがある。「シティ・ポップ」なる言葉で矮小化されてはならない、ここにはその先に広がる音楽の多様な体験があることがすばらしい。(河)

クラムボン『triology』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Lightly! / 2. アジテーター / 3. the 大丈夫 / 4. Rough & Laugh / 5. agua / 6. noir / 7. Scene 3 / 8. はなさくいろは-bon bori ver. / 9. バタフライ / 10. yet-triology ver. / 11. Re-ある鼓動 / 12. Lightly・・・






本作『triology』は、アニソンでも大活躍するミトが、メンバーを鍛え上げ、クラムボン流ポップスとして新たな地平で生み出した恐るべき作品。11月6日日本武道館のライヴでの3人の佇まいに、バンドの強度、そして30周年を見据えたバンドの強い意思をみた。(飯)

eastern youth『ボトムオブザワールド』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. 街の底 / 2.鳴らせよ 鳴らせ / 3. イッテコイ カエッテコイ / 4. ナニクソ節 / 5. コンクリートの川 / 6. 茫洋 / 7. テレビ塔 / 8. 道をつなぐ / 9. 直に掴み取れ / 10. 万雷の拍手







個人的には、2015年のベストディスク。ゆらゆら帝国『空洞です』に匹敵する音楽家が目指す最高到達点。同郷音楽家は逝き、15年連れ添ったメンバーは離れた。それでも、吉野寿は解散せず、変わらず街の底で唄っていくことを宣言した。その姿勢こそが、名作『ボトムオブザワールド』を生み出したのだ。(飯)

Suchmos『THE BAY』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. YMM / 2. GAGA / 3. Miree / 4. GIRL feat.呂布 / 5. Get Lady / 6. Burn / 7. S.G.S / 8. Armstrong / 9. Alright / 10. Fallin' / 11. Pacific / 12. Miree BAY ver.







ブラック・ミュージックをモチーフにしたバンドが目立った2015年において、頭一つ抜け出していたのがSuchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響を高い演奏技術でクールでモダンに仕立てながら、エモーショナルでダンサブル。音楽で成り上がろうという態度も最高。文句なし。(西)

さらに深める5作品

長谷川健一『Breath』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. きらいなあなたと / 2. 誕生日 / 3. にほんのひと / 4. うたうは喜び / 5. 夜の風景 / 6. 逆光 / 7. 君のお父さん / 8. 春夏秋冬 / 9. 一回きりの歌 / 10. 誰がため



toe『HEAR YOU』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Premonition (Beginning Of A Desert Of Human) / 2. A Desert Of Human / 3. Commit Ballad feat. Chara / 4. The World According To / 5. My Little Wish / 6. Song Silly feat. Olivia Burrell / 7. Boyo / 8. Time Goes feat. 5lack / 9. オトトタイミングキミト feat. Kimura Kaela / 10. G.O.O.D.L.U.C.K feat. U-zhaan / Kumi Maya Ayaya / 11. Because I Hear You


never young beach『YASHINOKI HOUSE』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. どうでもいいけど / 2. ちょっと待ってよ / 3. あまり行かない喫茶店で / 4. 散歩日和に布団がぱたぱたと / 5. 無線機 / 6. 夏がそうさせた / 7. どんな感じ? / 8. 駅で待つ / 9. chill morning



吉澤嘉代子『箒星図鑑』

【配信形態】
24bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. ストッキング / 2. 逃飛行少女 / 3. 未成年の主張 / 4. ブルーベリーシガレット / 5. なかよしグルーヴ / 6. キルキルキルミ / 7. 美少女 / 8. チョベリグ / 9. ケケケ / 10. シーラカンス通り / 11. 泣き虫ジュゴン / 12. 雪 / 13. 23歳






NATURE DANGER GANG『THE INFERNO』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. オープニング / 2. NDGノテーマ - NDG vs KΣITO / 3. 自然危険愚連隊 - NDG vs DJ DON / 4. カフカでいいんじゃな〜い? - NATURE DANGER GANG / 5. Last Summer 〜ひと夏の経験〜 - NDG vs Gnyonpix / 6. フィッシャーキング - NDG vs Masayoshi Iimori / 7. ハーフタイムショー(独唱) / 8. Pocket Jupiter - NDG vs 食品まつり / 9. SAMURAI RORD - NDG vs CRZKNY / 10. ラストアクションヒーロー - NDG vs Seimei & Taimei / 11. どぱ - NDG vs 国士無双 / 12. グランドフィナーレ前 13. 生きてる - NDG vs LEF!!! CREW!!




o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.