たった1時間で制作する『ONE HOUR TRAVEL』! ★STAR GUiTARへの無茶振り企画が遂に完結!

10月2日から始動した、1時間で作曲〜打ち込み〜アレンジ〜ミックス〜マスタリングまで全てを1人で行い、新たな楽曲を生み出す無茶振り企画『ONE HOUR TRAVEL』。毎週金曜日の0時、その1時間での制作動画がYouTubeにて公開されるとともに、OTOTOYでは完成した楽曲のハイレゾ音源を毎週配信してきた。

このたび9曲目の完成とともに、"いち"アルバムとして『ONE HOUR TRAVEL』が完成。これまで配信してきた24bit/48kHz音源よりさらに高音質である32bit float/48kHz音源も登場。この企画の動機から制作の裏側を、実際に作業をしていた★STAR GUiTARの自宅スタジオにて話を訊いた。

『ONE HOUR TRAVEL』各曲の制作動画などはこちら

★STAR GUiTAR / ONE HOUR TRAVEL

【Track List】
01. Logical
02. Waterfall
03. Current
04. Colors
05. Round Around
06. Missinglink
07. Border
08. Trippin'
09. Minami feat. Hidetake Takayama

【配信形態】
左 : 32bit float/48kHz WAV
右 : 24bit/48kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?

【配信価格】
左 : 単曲 350円(税込) / アルバム 1,500円(税込)
右 : 単曲 300円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

INTERVIEW : ★STAR GUiTAR

たったの1時間で作曲、打ち込み、アレンジ、ミックス、マスタリングまで全てを1人で行うことは、果たして可能なのだろうか? ——正直言って、不可能だ。

そんな不可能を可能にする男、★STAR GUiTARに直撃インタヴューを決行。微笑を交えながら淡々と語るその様子は、天才そのもの。1時間という制約の中で曲を作り上げるおもしろさ、そして天才であるが故の苦悩。★STAR GUiTAR が、『ONE HOUR TRAVEL』の裏側を初めて語る。ぜひ動画と共にお楽しみいただきたい。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 角萌楓
写真 : 丸山光太

知り合いから連絡が来ましたね。「あれおもしろいね、絶対やりたくない」って(笑)

——まず、『ONE HOUR TRAVEL』をやろうと思ったきっかけは?

イギリスの音楽メディア「FACTmagazine」で人気の企画『Against The Clock』が元となっています。それは、様々なアーティストが10分という制約の中で楽曲をつくるという企画なんですが、それは出来ないのを楽しむのが目的なんですね。じゃあ逆に「やっちゃおう、1時間で作っちゃおう」ってことで始めたのですが、いま思えばマズイこと言ったなと思います(笑)。

——僕も映像を見ましたけど、あの映像も打ち込み業界の中では結構話題になっているんじゃないでですか?

知り合いからすっごい連絡が来ましたね。「あれおもしろいね、絶対やりたくない」って(笑)。周りからは変におもしろがられているようです。

——どれくらい大変なんですか? 1時間で、打ち込みで、曲を作るっていうのは。

多分ちゃんとしたミュージシャンや、楽器を弾ける人だったらわりと出来ることだとは思うんですよね。でもちゃんと打ち込んで曲として成り立たせてミックスからマスタリングまでやっちゃうっていうのはきついかもしれません。自分の中でルールを作っていかないとね。

——『ONE HOUR TRAVEL』をやるときのルール、もしくは1番ポイントになるのはどんなところですか。

★STAR GUiTAR
聴き返さないこと。聴き返しちゃうとそのぶんまた時間かかっちゃうので。あとはもう、できたものは全部自分で受け入れる。その潔さが大切です。

——音楽の世界って“戻らない良さ"もありますよね。最初のほうがよかったとかね。即興とかはまさにそうだから、それを作品としてやっている感じですね。今日見ていて思ったのは、「よし、これでOK」っていう判断が、打ち込みは難しいなって思って。

以前はそうも思っていましたが、最近は出た音がそれっていうか。それこそ、ずれてもそれが意外とかっこよくってそのままだったり。それはその場その場で考えますね。

——普通は1曲どのくらいかかるんですか?

3日間くらいかな。ちゃんと作り込むときは1週間くらいかかりますけどね。1日5〜6時間が平均です。まぁ『ONE HOUR TRAVEL』はちゃんとやっていますけど、わりと僕サボリぐせがあってよく合間にベランダでコーヒーを飲んでいますね(笑)。

荒さ、力強さや勢いなど、自分にはなかったものが楽曲に現れてびっくりしましたね

——『ONE HOUR TRAVEL』のおもしろさとは?

迷わないので曲に勢いとか強さっていうものはありますね。ストーリーとか、ドラマチックっていうよりもひとつのメロディの強さっていうか。そっちに重きがあるように思います。

——毎回、音楽のジャンルだけしか決まっていない状態から始まるじゃないですか。ジャンルからっていうのはつまりビートからってことなんですか?

もともとソフトに入っているものから組み替えていくことが多いですね。プリセットはどんどん積極的に使っていくべきだし、僕は『ONE HOUR TRAVEL』じゃなくても以前からそういうものは使っていますからね。テーマのジャンルがもしヒップホップだとしたら、まずプリセットを入れてから、そこに入っているベースをだいたい消します。それからです。ここの音だけ気にくわないからここだけ挿し替えよう、とか、音はいいけどここだけフレーズ嫌だからここだけちょっと変えようとか。

——打ち込んでいる時点で既に次の音が★STAR GUiTARさんの中で鳴っているなって感じたんですが…。

そうですね、やりながら次のフレーズを考えています。わりと本当にその場その場で思いついたものをばんばんやっていくっていう感じですね。

——メロディが思いつかないっていうのは僕が見ている限りなかったんですけど、思いつくものなんですか?

思いつきすぎて消すこともありますけどね(笑)。でも、なにかしら思いつきますよ。僕はコードから作りますね。まずリズムを決めて、ベースでコードを決めて、その上に音やメロディをのせていく感じです。コードさえ決まってしまえばサクサクいけるのかなって思いますね。

——今回、アルバム『ONE HOUR TRAVEL』として完結させたことには何か意図があるんですか?

もともと、2ヶ月続けるつもりで始めたっていうのと、5回目の『ONE HOUR TRAVEL』がきっかけですね。5回目でいろいろと死にかけたので(笑)。

——あの5回目は僕が見ている限り満足していないまま終わったなっていう感じがあったんですが…。

5回目は、あれは驕りですね。それまで意外と出来ていたから出来るだろうと思っていたんですよね。でもそこに落とし穴が…。


★STAR GUiTAR『ONE HOUR TRAVEL』Vol.5「RoundAround」

——あれは★STAR GUiTARとしては何が1番嫌だったんですか?

メロディがメロディしすぎたことですね。だから結局、作品になったときには最初に作ったものは何も入っていないんです。逆にそのくらいそぎ落としたほうがよかったのに、それを途中で間違えてあまりにもメロディアスにしようとしすぎて迷ってしまって。「あれ、これで良いんだっけな?」って思ってしまったんですよね。満足していないわけではないんですが、そこは見誤ったなぁと思いましたね。制約があるのはもともとすごく好きなんです。大枠だけ最初に決めて、ここからは出ちゃいけないけど、このなかだったら好きなようにやっていいよっていうのはすごくおもしろいと思っていて。

——制約の極みですね(笑)。

だんだんできるようになってきたのは自分でもびっくりしましたね。

——逆に、これをやってみて★STAR GUiTARってどんなところが変わりましたか?

瞬発力が上がりました。また、★STAR GUiTARは繊細っていうイメージが強かったのに対して、荒さ、力強さや勢いなど、自分にはなかったものが楽曲に現れて自分でもびっくりしましたね。

——苦労したことは?

時間がなくなればなくなるほどアイディアがでてくるところですね(笑)。ギリギリになったときにいつも「あれやりたい、これやりたい」っていうのがどんどん出て来ちゃうのでそれを収拾するのが難しかったです。大体55分をすぎると出てくるんですよ。その辺になると僕は喋らなくなりますね(笑)。

——1時間っていう制約がなければ“終わり"って1番難しいじゃないですか。

どこまでやっても完成って基本ないから、そのなかで強制的な時間っていう終わりがあるっていうのは本当に潔いなって本当に思いますね。あとは、思っている以上に、ここまで作り上げられるんだっていうのは自分でも初めて気づかされたし、それは1番大きな発見ですね。

何を使おうと、自分が思っている音が鳴ってくれればそれで良いです

——使っているソフトっていうのはどういうソフトなんですか?

曲をプログラミングするソフトですね。「Digital Performer」といいます。使っている人はあんまりいないんですが、専門学校がこれだったのでこれを使っています。僕、初めて使ったソフトがこれだったんです。それで、慣れすぎて離れられなくなっちゃったというか。あとこのソフトは、他のソフトにはないんですけど、ハードシンセのプリセットが入っているんですよ。僕はハードシンセをよく使うので、これを1番重宝しています。他のソフトも、カスタマイズすればできるんですが、最初から入っているソフトはなかなかなくて。これがあるっていうのは個人的に大きいですね。

——「Digital Performer」以外はなにも使っていないんですか?

普段のマスタリングだと使っているのはこれだけじゃないですが、『ONE HOUR TRAVEL』は全部これでやっていますね。また、3rdアルバムからは、マスタリングまで全部★STAR GUiTARだけで完結しているんですよ。

——それはなんでなんですか?

自分で完結させたいっていう思いが強いですね。

——他の人とやることで新しく発見することもあるじゃないですか。

曲としてはそういうのもあるんですけど、ミキシングやマスタリングに関しては自分の技術を高めていきたいですね。自分の理想に1番近づくためには自分でやらないと、って思ってしまったので、技術を身につけて自分でやったほうがいいのかなと思います。

——は、基本的に打ち込みですが、生楽器っていうものに対してどう考えていますか?

僕はそんなに生楽器にこだわりがあるわけではないですね。何を使おうと、自分が思っている音が鳴ってくれればそれで良いです。今の★STAR GUiTARは生音っぽく鳴っているんですけど、でもだからって本当に生音で録る必要はないと思います。思っている音が録れればそれでいいですね。楽器それぞれに音域はあるけれど、打ち込みだとそれを全部無視できるじゃないですか。別に無視していいと思うんです。打ち込みだからね。

——どんな機材を使っているんですか?

この2つはクロック・ジェネレータで、こいつらがアホみたいに高いですね。このふたつ合わせて100万します。

青文字が表記されている機材とオレンジの光が灯っているのがクロック・ジェネレータ

——クロック・ジェネレータって何をするものなんですか?

もともと、クロック・ジェネレータってオーディオインターフェイスとかにも入っているんですよ。デジタルを制御する司令塔みたいなものなんですが、それが、基本的に普通のオーディオインターフェイスでは重宝されないんです。弱いんですね。ぶれたりするし。そういうのを、綿密に真っ直ぐなデジタル波級にしてくれるっていう機械です。これがあるないで、音の輪郭とか全て変わってきます。例えば、写真でいうと解像度が上がるような感じです。

——プロ・オーディオの世界ですね。この地図はなんですか?

元ネタです(笑)。『ONE HOUR TRAVEL』は、ここから始まりましたね。

——最後に、追随してくるONE HOUR “トラベラー"にメッセージを…!

先駆者は滅びるっていうので、僕が滅びるのみですよ(笑)。

過去作

特集
>>『Wherever I am』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『Schrodinger's Scale』ハイレゾ配信&インタヴュー
>>『Planetaly Folklore』配信&インタヴュー

PROFILE

★STAR GUiTAR

プロデューサー / アレンジャーのSiZKによるソロ・プロジェクト。2010年8月「Brain Function feat. Azumi from yolica」でデビューし、2011年1月には1stアルバム『Carbon Copy』でiTunes Storeダンス・チャート1位を記録。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンス・ミュージックを昇華したサウンドを展開する。2014年9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーション・アルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture planのキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Z のキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz」等、豪華なピア二スト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんだ。今年8月にリリースされた最新作『Wherever I am』では、ジャズ・ファンのみならず多方面から注目を集める“現代版ジャズ・ロック"ピアノ・トリオ、fox capture planが参加。メンバーの演奏シーンに加え、★STAR GUiTARがリアルタイムでミックス、エフェクト処理をしていくライブ感溢れるMVが話題となった。

>>★STAR GUiTAR Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之