サブ・プロジェクトなんかじゃない、これは魂の叫びだ!!ーーTHE TON-UP MORTORSのギタリスト井上仁志がソロ・デビュー

北海道で知らない者はいない人気バンド、THE TON-UP MORTORSのギタリスト井上仁志がソロ・プロジェクトを始動! バンドではクールに男前なフレーズを弾きこなす彼だが、アコギをかき鳴らしながら人間味ある熱い詞を熱唱する。北海道幌延町の観光大使を勤めるなど故郷との結びつきを大切にしている井上のまっすぐな思い、南壽あさ子が作詞・作曲をした「ストロベリーフィールド」など、普段見えない井上の顔がにふんだんに盛り込まれた力作。井上の音楽人生と故郷に迫ったインタヴューとともにどうぞ。

まさかのソロ・デビュー作を配信スタート

井上仁志 / 井上の叫び

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3
単曲 250円 / まとめ購入 1,300円

【Track List】
1. 人間の心
2. ストロベリーフィールド
3. 自転車
4. ある日
5. お前らしく
6. 青春一番星

INTERVIEW : 井上仁志

THE TON-UP MOTORSのギタリストとして時に激しいロックン・ロールを、時にはスティーヴ・クロッパーばりのシブいR&Bフレーズを奏で、バンド・サウンドを支える井上仁志。まさかのソロ・デビュー発表に驚きつつ、1stミニ・アルバム『井上の叫び』を聴いてみるとその歌声に2度びっくり。一見、寡黙なギタリストに見える彼の内に込めた熱いメッセージがものすごい勢いで飛び出してきたからだ。さらになんと、生まれ故郷・幌延町の観光大使に就任したのだとか!? 今、井上仁志に何が起こっているのか? なぜソロ・デビューをすることになったのか? そしてその格好はなんなのか!? 初めてギターを手にした14歳の頃の話から、トナカイの生態についてまで(?) 井上とは因縁浅からぬ筆者が直撃!

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 丸山光太

「俺は(電車賃の)200円を稼ぐまで歌い切ってやる!」ってやってました

ーーどうもおひさしぶりです!

井上仁志(以下・井上) : 今日は何にもないですよね(笑)(※)!?

THE TON-UP MOTORSのメジャー・デビュー時、井上仁志に単独インタヴューをするドッキリ企画をOTOTOYにて敢行。「ロック界のツッコミ王」と呼ばれている井上に対し、インタヴュアーの岡本氏はスキンヘッドの強面大御所ライターとして登場。井上の名前を間違えたり、失礼なことを連呼するなどして、井上にプレッシャーを与えた。それ以降、井上はOTOTOY関係者に会うたび、ドッキリを警戒するようになってしまった。(THE TON-UP MOTORSドッキリインタヴューはこちら!)

ーーそんなに警戒しなくて大丈夫です! ソロ・デビューおめでとうございます。

井上 : ありがとうございます!

ーー4月21日の誕生日におこなわれたTHE TON-UP MOTORS(以下、TON-UP)のライヴでアルバムを出すことが発表されましたけど、ソロ・デビューに至った経緯を教えてもらえますか?

井上 : 元々、札幌・すすきので路上ライヴを1人でやっていたんです。そのときに歌っていた歌とか当時の想いというのは、ずっと持ち続けていたんですよ。その気持ちのまま、去年の〈北海道179市町村ツアー〉を周って、メンバーに対する想いとか支えてくれたお客様とかスタッフの方に対する想いとかを凝縮した言葉があふれてきて、曲を書いていくうちに、リリースに至る流れが生まれてきたんですよね。だから自分の気持ち先行で「あれやりたいこれやりたい」と動いていたことからですね。

ーー最近も札幌の路上で弾き語りしている様子をブログで拝見しました。井上さんがTON-UPに加入したのが2008年ですが、それまでは路上で弾き語りをやっていたんですか?

井上 : TON-UPに入る前も札幌で別のバンドを組んでいて、それと並行して路上ライヴもやっていたんです。10年くらい前の路上ってゆずとかのコピーが多かったんですよ。それを札幌の狸小路でみんなでワイワイやっている姿に、ちょっと反骨精神というか、ムカついてたんですよね(笑)。なにチャラチャラやってんだ、みたいな。「悪いけど俺は1人で歌わせてもらうぜ」くらいの感覚で、本当に帰りの電車賃とかバス賃を一切持たずに、すすきのに行って「俺は(電車賃の)200円を稼ぐまで歌い切ってやる!」ってやってました。自分、ストイックなタイプの人間だったので。今回札幌に歌いに行ったのも、そのストイックな精神を思い出すためにとか、原点に帰るという意味もありましたね。

ーーバンドでギタリストに専念していますけど、元々歌いたいという気持ちも持ちつつ活動していたということですか?

井上 : いや、バンドで歌いたいという気持ちはないんですけど、歌は好きだったのでコーラスの練習は欠かさずやっていましたね。

ーーライヴの中でギタリストが1曲歌うとかは良くあるじゃないですか? そういう風にやりたいとは思ったことがないんでしょうか。

井上 : ああ、それは全然なかったですね。やっぱりTON-UPのサウンドに乗っかる声は上杉周大の声だなというのは思ってたので。そこは別に主張していないです。

ーー1曲目の「人間の心」で〈俺は子供の頃から変わらず夢見てる〉と歌っていますけど、子どもの頃から歌うのは好きだったんですか?

井上 : 実は歌はけっこう後だったんです。音楽人生はギターに魅了されるとこから始まったので。14歳のときにギターを買って、付属してたアンプにシールドを差して“ジャーン!”って鳴らした音が今の自分というか、今のこの姿というか。

ーー今の姿は相当、浮世離れしていますけど…。

井上 : はいもう、これっすね。

ーーギターを弾いて生きることは世間からドロップアウトすることだというのを、14歳にして悟ったわけですね!?

井上 : ちょっと言い過ぎました(笑)。ただ、友達と「俺たち武道館行くまで頑張ろうよ」ってふざけながら話していたんです。でもその気持ちがずっと大きくなって行って、それが歌詞に盛り込まれているのが「人間の心」の歌詞ですね。

ーー最初はお兄さんの影響でギターと出会ったそうですね。どんな音楽から始めたんですか?

井上 : この格好とはまったく似つかわしくないですけど、ビジュアル系ですね(笑)。

ーー今の格好も道を踏み外したビジュアル系という気もしなくもないですが。

井上 : まあそうっすね(笑)。最初はLUNA SEAとかL'Arc-en-Cielとかのフレーズを弾きたくてギターを持って。それからカッティングの音が好きでTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTにどっぷりハマりましたね。そこからすごく変わって行くんですけど、イギリスのマージービート・サウンドとかモッズに始まり、日本のファズ・サウンド、GS、50’s 60’sのブルース、ブラック・ミュージックというルーツを辿って、今に至るという感じなんです。たぶん、自分が今歌っているのはもっとパンク性の強いものというか。リード曲(「ストロベリーフィールド」)は優しい曲にはなっていますけど、人間のストイックさとか、心の奥底で誰しもが持っている叫び・発狂とかを詰め込んだ一枚にはしているんですよね。14歳に思っていた気持ちはそのままパッケージしているつもりです。特に「青春一番星」という曲は、実際に当時路上で歌っていた曲で。これは仲の良いバンドの辻村(邦久)さんという方の曲なんですけど、当時の想いはそのまま伝えたいなと思っていたので絶対入れようと思いました。

うれしい話ですよ、メンバーが率先して名乗りを挙げてくれるのは

ーー「青春一番星」は札幌でバンド活動をしている辻村さんの作詞・作曲なんですね。

井上 : そうなんです。札幌にTHE NO-TALIN’Sというバンドが昔いて、ものすごいカッコイイ曲をやっていて。それから関わるようになって「この曲を自分も歌って良いか」と言って歌っていたんです。THE NO-TALIN’Sのメンバーもすすきので1人で歌ったりしていて、自分たちのバンドの歌をやってくれたり、お互いの曲を歌いあったりして鼓舞し合いながら路上でやっていましたね。

ーー「ストロベリーフィールド」は南壽あさ子さん作詞作曲ですけど、すごく男前な歌詞ですよね。

井上 : ちょっと恥ずかしくなるような歌詞ではありますね。やっぱり自分が書くと〈俺についてきてくれるか〉とかは言えないですから。でも、歌ってしまうと案外ストレートに伝えることができるというか、歌ってて気持良いなと思いましたね。


井上仁志「ストロベリーフィールド」

ーー南壽さんとは曲についてどんな話をしたんですか?

井上 : 不器用な男のラヴ・ソングのイメージで、という感じで。まあまさに… (自分の服装を見ながら)この格好を想像してというわけではないですけど(笑)。不器用でなかなか愛を伝えられないけど、恥ずかしながらも「俺についてこいよ」って言える男の像がこの曲で伝えられていますね。

ーー言葉を飾らずにダイレクトに伝えている感じの曲ですね。これは南壽さんの理想の男性像を描いているんですかね?

井上 : どうなんですかね!? 俺も思ったんですけど、あんまり訊けなかったですね。

ーー南壽さんはレコーディングでピアノも弾いていますが、こういうピアノを聴けるのは貴重ですよね。

井上 : なかなかないですよね。けっこうアップテンポな曲で。こういうピアノを弾いてくれというガッチリした要望を出さずに、そのままの南壽さんが乗っかった方が絶対面白い曲になるんだろうなって思って、演奏したら「ああ、やっぱりめっちゃ面白い!」ってなりましたね。

ーー南壽さん以外はTON-UPのリズム隊の長谷川さん、堀内さんが参加しているんですよね。ソロ活動のときにはバンドのメンバーとはまったく違うミュージシャンとやりたいという人も多いと思うんですけど、今回こういうメンバーで制作したのはどうしてですか?

井上 : スタートするときに、ちょうどメンバーがいる中で話していて。自分が歌ってみたいと言ったら「じゃあ、俺手伝うよ」っていう声がメンバーから上がって。「じゃあ、一緒にお願いします」みたいな感じでしたね。だから自分が「あの人とやりたいこの人とやりたい」って色々練る前にメンバーがその場で決まったという(笑)。でもうれしい話ですよ、メンバーが率先して名乗りを挙げてくれるのは。

ーーでもアルバムにはTON-UPのようなR&B色は薄いですよね。

井上 : そうですね、やっぱりTON-UPでは出来ない楽曲ということで。井上仁志というギタリスト像とボーカリスト像というのは全然違うベクトルですね。今回はエレキ・ギターも一切使っていないですし、アコギで完結するようにこだわっていますね。路上の井上仁志像をそのまま乗せた感じです。

ーー「自転車」はラグタイム・ブルースのようなリラックスした弾き語りでアコギのテクニックを聴かせていますけど、こういう曲も路上でやっていたんですか?

井上 : いや、これは家でポロポロ弾いていて、この感じ良いなと思って作りました。ドラムもスネアだけパサパサ入れる程度で、新しい自分を詰め込みましたね。自転車の音も最初から最後まで入っていて面白い感じにできたなって。

“うるせえ井上”が叫んでる感じになってます

ーー次の曲「ある日」も家で歌っているような雰囲気が伝わってきますね。

井上 : これは本当に日常感を出したかったんですよね。そういう雰囲気を出したくて家で録ったデモテープのカウントをアコギのボディで鳴らしているんですけど、その音をそのままリズムで使いました。だから家の音が入っているというか(笑)。

ーーそういうサウンドのアイデアとかプロデュースは井上さん自身がやっているんですか?

井上 : 自分がメインでしたけど、エンジニアさんとも話しつつ、みんなのアイデアが盛り込まれてます。基本的には自分が一番うるさいんで、ワーワー言ってましたけど(笑)。

ーーそれはバンドのときもそうなんですか?

井上 : バンドでもそうですね。けっこう俺、わがままなんで。主張強いですよ。「そんなんじゃねえよ!」みたいなのは多いかもしれないですね、一番。

ーーへえ~! TON-UPは上杉さんが一番意見を出すことが多いのかなと思ってましたけど。

井上 : もちろんそれも多いですけど、同じくらい自分も多いですね。

ーー今回はついにそこを前面に出してきたわけですね。

井上 : “うるせえ井上”が叫んでる感じになってますね。やっかいな感じで(笑)。

ーーアルバムの中では「お前らしく」が一番TON-UPっぽい感じになっている気がします。

井上 : ああ、シンコペーションの感じとかですかね。この曲は一番悩んで、一番最後に絞り出した曲ですね。レコーディング前日に急いで上げた感じで。その日の夜にメンバーに伝えて、翌日臨んだくらいで(笑)。だから自分の想いがストレートに込められていますね。歌詞も他の曲に比べて悩んだんですけど。でも大人になったから書けたと思います、この曲に関しては。10代の頃は〈焦らないで 泣かないで〉まではわかるんですけど、〈大丈夫?って 聞かないから〉っていうのは、大人の今だから言えるんだろうなと思います。

ーーアルバムを通して、井上さんが書いている歌詞は人間臭いというか、青春を歌っていますよね。

井上 : もう、そのまんまですね。体は大人で、根っこは14歳のギターを持った当時からまったく変わっていないという。その衝動のままリリースにつながったということだと思います。

ーーそういう作品を世に出せるのは幸せなことですね。ソロ・デビューを発表してからのファンの方の反響はいかがですか?

井上 : 初めて舞台に立ったときに「CD出さないの?」という声が大きくて。だから、その気持ちに応えてくれてありがとう、という声が大きかったですね。「待ってました」という声が特に多く聞こえました。

ーーそれは嬉しいですね!

井上 : 本当そうなんですよ。だからより一層レコーディングにも力が入りましたし、より一層ワーワー言ってました(笑)。

ーー僕はこのアルバムを初めて聴いたときに、声や歌い方が真心ブラザーズのYO-KINGさんに似ているなあって思ったんですよ。

井上 : あ、非常に嬉しいですね! 僕が憧れてるのが、忌野清志郎さんと倉持さん(YO-KING)なんですよ。実は昔から、路上でも真心やYO-KINGさんの歌は歌ってたんです。それがそのまま出てるんでしょうね(笑)。

ーーYO-KINGさんや清志郎さんのどんな曲を歌ってたんですか?

井上 : 真心の「明日はどっちだ!」とかYO-KINGさんのソロで「Hey! みんな元気かい?」とか「ずっと穴を掘り続けている」とか、歌ってましたね。清志郎さんだったらラフィータフィー「目覚まし時計は歌う(選挙ソング)」が好きですごい歌ってましたね。攻めの姿勢というか、パンクスタイルというか、そういうところが好きで。だから自分も素直に思ったことを歌詞に書こうと思って書きましたね。このお2人には大きな影響を与えられました。

“THE 井上仁志”というのがここにある

ーーソロ活動としては、FMわっぴーで「井上仁志のロックンロールゼミナール」という番組もやっているんですね。これは稚内のラジオ局なんですか?

井上 : そうです、日本最北端のラジオ局で。自分は地元が北海道の北に位置する幌延町というところなんですけど、4月27日に委嘱式があって幌延町の観光大使に就任したんです。それに伴って道北を盛り上げるという話から、先行で始まったのがラジオ番組なんですよ。幌延町は稚内から30分くらい南に行った町なんですけど、すごい良いところでして。まさに自分が夢を追うきっかけになった町というか、本当に感謝しているんですよ、町に対して。去年も179市町村を周って、その町々に対する想いもありますし、故郷で支えてくれたみんなに恩返しがしたいという一心で挙手したのが、幌延町観光大使なんです。

ーーというと、自ら観光大使を志願したということなんですか?

井上 : そうなんですよ。それで観光大使になってから自分の母校の中学校に行ったんです。もう人数は減っていて、全校で40人くらいしかいないんですけど。1つのクラスに生徒を全員集めて「井上の講義」が始まって(笑)。

ーー全校生徒の前で!?

井上 : そうです。「キミたち、夢を持っているのか?」という。いかに幌延町という町がすごいのか、というのはたぶんそこに住んでいたらわからないんですよね。自分の町の良さというのは離れてから気付くことだと思うので。だからまず町民のみんなにこの町の素晴らしさを知ってもらおうという気持ちが強くて、「キミたちの町にはこういう良さがあるんですよ」というのを話した後で、「青春一番星」を歌ったんですけど。

ーー井上先輩がTHE TON-UP MOTORSで全国的に活躍しているということは後輩の生徒たちも知っているわけですよね?

井上 : なんとなく浸透しているみたいですね。本当に人口が2,500人くらいの町なので、みんな知り合いというか。本当にあったかい環境で子供が育つ町だと思うので、自分はそういうところも含めて好きですね。なんか昔はうっとおしいなと思っていましたけど。悪いことをしたらすぐに町中に知れ渡っちゃうというか(笑)。

ーー実際悪いことはしてたんですか?

井上 : いや、してないですけど(笑)。

ーー観光大使をする上で身辺調査とかなかったんですか?

井上 : ないですよ別に! 大丈夫ですよ。

ーーじゃあ僕も幌延町の観光大使になれますかね。

井上 : なれませんよ! ていうか今俺が観光大使やってるんすよ!

ーーそうですか、失礼しました。地元の町を愛していることが認められたわけですね。

井上 : そうです。去年、バンドのツアーでも一度幌延町にもお邪魔してますし、北海道のテレビ番組がツアーを追ってくれていたので、それと共に町全体で応援してくれていたのもあったんですよね。

ーー今後は観光大使として地元にも頻繁に出向くことになるんですか?

井上 : 通うつもりでいます。幌延町はあまり見ることのできない動物を推してまして、トナカイなんですけど(笑)。幌延町にはトナカイ牧場があって出入り自由なんですよ。だから小さい頃からトナカイとは親しんできましたね。結構ゴツいですよ、トナカイ。それとブルーポピーという極寒の地にしか咲かない花を咲かせるように色々研究していて。ブルーポピーが咲くのが6月頃で、冬はトナカイが活躍するという。そういう時期に自分が行って町のアピールができれば良いなと思ってます。夏には「ほろのべ名林公園まつり」という一大イベントがあって、そこでライヴを予定しているんですけど。まあこれはまだ発表していないんですけどね。

ーーでも5月8日付けの北海道新聞のウェブニュースに「8月の名林公園まつりでライヴを計画している」と既に書いてありますよ?

井上 : マジっすか!? その辺本当ユルいんですよね(笑)。観光大使の件もクチコミで漏れまくって解禁前に新聞に載っちゃいましたからね。それで自分も慌てて後追いでツイートしたみたいな(笑)。でも町単位ですごく盛り上がってくれててありがたいですね。今後は音楽イベントで貢献できたら良いなと思っています。近隣市町村のみんなが幌延町を知ってくれて、立ち寄ってくれる状況を作るのが僕の仕事だと思っていますので。

ーーじゃあ今年はTHE TON-UP MOTORSのギタリストとして、ソロ・アーティストとして、そして幌延町観光大使としても活動して行くということですね。

井上 : そうですね、休みません!

ーー今後ソロ・ライヴはどんな内容になりそうですか?

井上 : 『井上の叫び』の曲と自分が歌いたいカバー曲、それと新曲も持ってツアーを周れたらなとは思っているので、今書いてるところです。

ーーではOTOTOYをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

井上 : THE TON-UP MOTORSを知って自分の音楽を聴いてくださったみなさんはもちろんのこと、初めて聴くという方も“THE 井上仁志”というのがここにあると思うので、存分に楽しんでください!
OTOTOY編集部 : 今回はどっきりじゃなくてすいませんでした。
井上 : いや、謝るのおかしいでしょそれ(笑)!?

RECOMMEND

THE TON-UP MOTORS / KEEP ON STANDING!!

井上仁志がギタリストとして所属している北海道の代表的ソウルロック・バンド。2014年に北海道の全市町村を周る「北海道179市町村ツアー」を経て更にパワー・アップ!人気を博しても故郷を思う気持ちは変わらない彼らの熱いアルバムを井上のソロ作品と共に。

>>特集ページはこちら

南壽あさ子 / かたむすび(24bit/88.2kHz)

儚くも寄り添うような歌声と優しいタッチのピアノ演奏が印象的な南壽あさ子。ひとつひとつの音を紡ぐ楽曲たちからは涙なしでは聴けないストーリー性を感じます。一人一人の心に届くように歌い続ける彼女の作品をぜひ高音質で。

>>特集ページはこちら

真心ブラザーズ/ Do Sing

デビュー25周年のアニバ―サリーイヤーに、 真心ブラザーズの限りない可能性を示すバラエティ豊かな楽曲で構成されたアルバムが完成! 新レーベル“Do Thing Recordings”設立以降 初のアルバムリリース。

LIVE INFORMATION

2015年6月24日(水)@茨城県ニコニコ珈琲
料金 : 前売 / 当日 3,000円 / 3,500円(スペシャルコーヒー付き)
時間 : 開場 / 開演 18:30 / 19:00
出演 : 南壽あさ子 / 井上仁志 (from THE TON-UP MOTORS)※弾き唄い2MAN

2015年6月25日(木)@新潟市 Live Hall GOLDEN PIGSYELLOW STAGE
料金 : 前売 / 当日 2,000円 / 2,500円
時間 : 開場 / 開演 18:00 / 18:30
出演 : 南壽あさ子 / 井上仁志 (from THE TON-UP MOTORS) / 夢うつつ / Cacis / 吉井ミキ / 難波実那子

2015年6月27日(土)@岩手県 北上アメリカンワールド内「MJステージ」
料金 : 無料
時間 : 1st START 14:00 / 2nd START 16:00
当日30分前までに「アメリカンワールド」MJステージまでお越しください。
※当日の状況によってはご覧いただけない場合もございますので、予めご了承ください。

PROFILE

井上仁志

A型 牡牛座 北海道幌延町出身

北緯45度の町で育ち、兄の影響でギターに出会う。以降、音楽の世界に魅了され幼馴染とバンドを始める。ギターで武道館へがそのまま夢になり、単身幌延から札幌へ行きバンド活動と並行して一人すすきので路上で歌を歌う。その後、THE TON-UP MOTORSと出会い2014年前人未到の北海道179市町村ツアーを敢行。Zepp Sapporoにてツアー・ファイナルを成功させた。ツアーでの様々な出会いが、心の中で言葉として溢れ出し、熱く叫びたいという気持ちに素直に井上仁志ソロプロジェクト始動! 幌延町観光大使

>>井上仁志 Official HP

o

 
 

インタヴュー

8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年10月18日・8ottoの新たな旅立ち──ゴッチ・プロデュースによる6年ぶりの新作『Dawn On』をハイレゾ配信 2004年の結成から、ドラム・ヴォーカルを含む4ピースという個性的な編成で活動、そこから鳴らされるグルーヴで多くのロック・ファンを魅了しているバンド、8otto(オットー)。各種フェス出演や海外アーティストとも多く共演するなど、もはやベテランの風格も備えたベテランといっていいだろう。 このたびASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文をプロデューサーに迎え、なんと6年ぶりの新アルバム『Dawn On』をリリース! OTOTOYでは今作のハイレゾ配信も実施中。このインタヴューと合わせてお楽しみください。 8ottoがついに本格再始動! 6年ぶりの新アルバム! 8otto / Dawn On'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】1. Ganges-Fox2. SRKEEN3. Romance4. It's All Right5. 赤と黒6. Rollin
by 鈴木 雄希
fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月13日・fulaから届いた、新しい旅の報せ──新体制後初のアルバム『ノート』をリリース&インタヴュー掲載! 雑多な音楽性をポップにまとめあげ、耳にする人の心と体を踊らせる4人組、fula。2016年にギター・石川、ベース・安本、ドラム・髙木が脱退し、それまでのメンバーと作りあげた「楽しい音楽」「踊れる演奏」「情熱」を受け継ぎ、新たにドラム・遠藤、ベース・馬場、ギター・ピギーが加入し。再出発を始めた彼らの新体制1発目となるアルバム『ノート』の発売を記念し、インタヴューを敢行。新譜とともにお楽しみ下さい。 新体制初となるアルバムをドロップfula / ノート'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit / 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''01. Circle of Flame02. スターショア03. のあ 04. Catwalk 05. 航海日誌06. グレイヴダンス 07. よあけ08. クラップユアハンズ09. 散歩道10. 夕焼け 11. 恋のスーパーケイデンス INTERVIEW : fula 突然メンバー3人の脱退
【INTERVIEW】朝も夜も、あなたの心にドッコイセ──Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ
[CLOSEUP]・2017年10月11日・Dokkoise Houseの変化し続ける「郊外型」シティ・ポップ──先行&フリー曲配信開始 cero、そしてSuchmosらの登場によってシティ・ポップの一大ムーブメントが巻き起こった2015~16年。その隆盛を経て、一旦落ち着きつつあるライヴ・シーンのなかで、一層際立つバンドがいる。それがDokkoise House。シティ・ポップを都市から郊外に移したグッド・ミュージックは、都会的な側面と土着性を兼ね備え、HOLIDAY!RECORDSやモナレコードから一気に火が着いた。早耳のリスナーを虜にするその音楽性は、果たしてどこが源流となっているか。また、そのユニークなバンド名の由来は? ジャケットに込められた意味とは? バンド初となるインタヴュー。結成から音楽的なルーツ、そして現状と未来。Dokkoise Houseのそのすべてを露わにする。OTOTOYでは本作を1週間先行で配信するとともに、まずは最初の名刺とも言える彼らのリード曲「Trolly」をなんとフリーで期間限定配信。 毎日の生活にそっと寄り添う郊外型シティ・ポップを1週間先行配信!Dokkoise House / Pilotis Grow'【配
by 中の人
祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜に!
[CLOSEUP]・2017年10月11日・祝! メジャー・デビュー! BRADIOが日本中のファンキー・パーティ・ピープルを虜にする! いま日本で1番ソウルフルでファンクなロック・バンドといえば…… そう、BRADIO! 今年の夏には〈ROCK IN JAPAN FES〉をはじめ、〈SUMMER SONIC〉、〈SWEET LOVE SHOWER〉など数多くのフェスに出演、さらに4月に行われた中野サンプラザワンマン公演をソールドアウトさせるなどその勢いはとどまることを知らない! そして〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たし、その勢いはさらに加速するばかり。メジャー1作目となる今作『LA PA PARADISE』は、桑田佳祐や、玉置浩二、布袋寅泰を手掛けた藤井丈司をプロデューサーに起用し、BRADIOの力を最大まで引き出した作品となっている。OTOTOYでは今作の配信開始とともに、メンバー4人へのインタヴューを掲載。メジャー・デビューを果たした、いまの彼らに迫った。 祝! メジャー・デビュー! 初シングルをハイレゾ配信開始 BRADIO / LA PA PARADISE(24bit/96kHz)'【配信形
by 岡本 貴之
コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年10月09日・コーネリアス『Mellow Waves』待望のハイレゾ配信ーーエンジニア高山徹ロング・インタヴュー掲載 2017年6月、Cornelius(コーネリアス)が、『sensuous』以来11年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースした。坂本慎太郎を作詞に迎えた「あなたがいるなら」、「未来の人へ」をはじめ、“メロウ”と“ウェイヴ”に満たされた全10曲。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケットも含め、2017年ひいてはテン年代の代表作になるであろう本作をハイレゾ配信開始する。それを記念し、22歳でフリッパーズ・ギターのレコーディング・エンジニアを務め、今作でもミックス、マスタリングを担当しているエンジニア・高山徹にインタヴューを敢行した。本インタヴューとともに、この大傑作をハイレゾでご堪能ください。 2017年を代表する作品を待望のハイレゾ配信スタートCornelius / Mellow Waves (24bit/96kHz)【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】アルバム価格 : 2,571円【収録曲】1. あなたがい
「2」の新たな幕開けを告げる1stアルバム『VIRGIN』を配信開始&インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年10月04日・さぁ、やつらの復讐劇のはじまりだ! ──エピソード「2」の幕開けを告げる『VIRGIN』を配信開始! 現在無期限活動休止中のThe SALOVERSのヴォーカリスト、そして最近では俳優として連続テレビ小説『ひよっこ』への出演など、多岐にわたって活躍をする古舘佑太郎。そして銀杏BOYZとしても活動をしている加藤綾太。このふたりを中心に結成された4人組ロック・バンド「2」が〈Youth Records〉より1stアルバム『VIRGIN』をリリース。初期衝動的でありながらストーリーテリングな古舘の歌と、それを彩る、加藤綾太(Gt.)、yucco(dr.)、赤坂真之介(ba.)が織りなすキレ味抜群のオルタナティヴかつ疾走感満載のサウンドは、聴いたものの心にストレートに突き刺さるだろう。さまざまなことがあった過去はもう振り返らない! 4人の若者が紡ぎ出す新たな物語のはじまりを見逃すな! 2(ツー)として初の音源を配信中! 2 / VIRGIN'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 207円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. A
by ?
【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)
[EMPIRE]・2017年10月06日・【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。 少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。 インタヴュー&文 : 西澤裕郎 Epsode0.1 :
by 西澤 裕郎
【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談
[CLOSEUP]・2017年10月06日・【伝説再来?!】10月の京都には竜が登る!──飯田仁一郎&成田大致〈ボロフェスタ2017〉開催直前対談 2017年10月20日(金)から22日(日)にかけて、京都KBSホールとMETROの2つの会場にて開催される〈ボロフェスタ2017〉。 〈ボロフェスタ〉は、知名度の有無やジャンルに関係なく主催者が「観たい! 呼びたい!」と思うアーティストのみをブッキングし、ボランティア・スタッフと主催者が一緒になって、会場設営から一切のイベント運営までを行う、いわゆる“D.I.Y”の精神でつくりあげられている。 16年目を迎える今年は、ヘッドライナーを務める大森靖子やクリープハイプをはじめ、ペトロールズ、H ZETTRIO、BiSH、yahyelをはじめ、ほかにも注目の若手バンドも多数出演。まさにジャンルや世代、シーンをも越えた新しい出会いがあるだろう。OTOTOYでは〈ボロフェスタ2017〉開催を目前に控えたこのタイミングで、主催者のひとりである飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))と、数々の伝説的なエピソードを生んできたロック・フェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致(THE 夏の魔物)の対
by 西澤 裕郎
筆者について
同じ筆者による他の記事