旧友たちとの再会から生まれた新たなジャパニーズ・ソウルへの冒険ーーORIGINAL LOVE最新アルバムをハイレゾ配信

ORIGINAL LOVEの約2年振りのアルバム『ラヴァーマン』には、懐かしさとフレッシュさが同居している。打ち込みを多用し、ニューウェイヴ、エクロトロ・ポップな仕上がりとなった前作『エレクトリックセクシー』から一転、今作は”あの頃”のORIGINAL LOVEサウンドを今にブラッシュアップしたソウルフルなサウンドが並んでいる。それもそのはず、今作では90年代に産み出した名盤『風の歌を聴け』当時のメンバーである佐野康夫(Dr)と小松秀行(Ba)がタイトル・ナンバーである「ラヴァーマン」などいくつかの楽曲に参加していることや、Negiccoへの提供曲「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーやCMでもおなじみの「ウイスキーが、お好きでしょ」のカヴァーなど、新旧ファンの心をくすぐるようなトピックがいくつも詰まっているからである。”あの頃”好きだった人にも、そして最近気になった人も楽しめること間違いないこのアルバム。旧譜と同時に、是非ハイレゾで2015年型ORIGINAL LOVEサウンドを楽しんで頂きたい。

ORIGINAL LOVE / ラヴァーマン

【配信形態】
(左)WAV / ALAC / FLAC / AAC(24bit/48kHz)
(右)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16/44.1kHz) / mp3

【配信価格】
(左)単曲 378円 / まとめ価格 3,240円(税込)
(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,263円(税込)

【Track List】
01. ラヴァーマン / 02. ビッグサンキュー / 03. サンシャイン日本海 / 04. 今夜はおやすみ / 05. フランケンシュタイン / 06. クレイジアバウチュ / 07. きりきり舞いのジャズ / 08. 四季と歌 / 09. 99 粒の涙 / 10. 希望のバネ / 11. ウイスキーが、お好きでしょ


新たな黄金期の幕を開けて歩き出した

ORIGINAL LOVE『ラヴァーマン』を初めて再生したときに、とりあえず一通り流して聴こうと思っていたはずが、いつのまにか惹きこまれて行き仕事の手を止めて夢中で聴いていた。若手シティ・ポップ・バンドがインディーズ・シーンを席捲する中、「渋谷系」がノスタルジーどころか日本ポップス史上の憧れのムーヴメントのように語られるようになった昨今、こんなにも力強く、音楽の楽しさを教えてくれるアルバムがORIGINAL LOVEから生み出されたことが嬉しくてたまらない。

近年、打ち込みを駆使した「ひとりソウル・ツアー」や「弾き語りツアー」といった田島貴男名義による活動が目立ったORIGINAL LOVEがバンド・サウンドに回帰した17thアルバム『ラヴァーマン』。今作が1994年に発表した『風の歌を聴け』のリズム隊と知られる小松秀行(Ba)、佐野康夫(Dr)の2人との18年振りの出会いから生み出された作品だと聞いたときに真っ先に思い浮かべたのが同アルバムに収録されていた「フィエスタ」だ。小松が弾くセカンド・ラインのベースと佐野による辺り一面を巻き込んでいくようなドラミングに先導された祝祭的なサウンドと田島のヴォーカルが生み出すグルーヴが猛烈に熱かった。今作でのリズム隊の2人は手数少なめにバンド・アンサンブルに徹しており、見事に田島のヴォーカルを支えている。歌心のある演奏ができるプレイヤーだからこその今作での起用といえよう。

冒頭の表題曲「ラヴァーマン」に始まるバンド・サウンドは汗をかきながら風に吹かれているような絶妙なさじ加減の熱量が心地よい。これまでさまざまな音楽要素を取り入れながら作品を発表してきた田島だが、今作におけるあくまでもメロディの良さを活かしつつ曲ごとに凝ったアレンジと、見事なサウンド・プロダクションにはただただ聴き惚れるしかない。ハンド・クラップと左右で異なるギター、中央の奥まった場所で鳴るベース、探りを入れるように加わるハイハットによる実験的な曲「フランケンシュタイン」は、きっと演奏を聴いているうちにエンディングを迎えてしまいもう一度聴きなおすことになるはず。まるで短編小説を読み返すような面白い体験ができるだろう。


ORIGINAL LOVE ラヴァーマン

「ビッグサンキュー」では大人になれば誰もが経験するさまざまな人との“さよなら”を歌う味わい深いヴォーカルの表現力に思わず涙。山本拓夫(Sax)をはじめとするホーン・セクションによる、肩に手を回すように情感を促す演奏が素晴らしい。「クレイジアバウチュ」では疾走感溢れるサウンドとさわやかな歌いっぷりで、高野寛とのデュエットで大ヒットした「ウィンターズ・テイル~冬物語」を想い起させる。こうした粋なポップ・ロックはお手のものといった感じで、ユーモラスに“クレイジアバウチュ”って連呼するだけでだんだん気持ちが伝わってくるから不思議だ。舶来の音楽を模倣することに若干の照れくささがある人は信用できる。また、Negiccoに提供した「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーも収録。タイトなリズムが際立つアレンジに乗せ、リリカルでセンチメンタルなメロディに自らの熱唱で新たな魂を込めているところも必聴だ。

こうした楽曲を聴いてみて思うのは、田島貴男が歌う世界には生来の昭和歌謡曲的な日本人独特の感性による情緒感がエッセンスとして滲み出ているということだ。濃くて粘っこいソウル・ヴォーカルを聴かせながらもどこか日本人らしいワビ・サビが感じられるからこそ、独特のジャパニーズ・ソウル、ポップスになっているのだ。それが現在の若手アーティストが作り出す楽曲との決定的な違いであり、容易に聴き流せないひっかかりではないかと思う。

だからこそ、歌謡曲とソウルとの親和性を日本人らしいオリジナリティに昇華してきた田島が、「ウィスキーがお好きでしょ」(ボーナストラック)を歌っているのは必然という気さえするのだ。ちなみに「ウィスキーがお好きでしょ」を作詞している田口俊は、作詞家として名を馳せる一方でプログレ・バンドでヨーロッパの巨大フェスに多数出演、イギリスのレーベルからCDをリリースするなど、日本では既に大御所にも関わらずまったく安住せずに冒険心溢れる活動を展開している。田島もまた、この作品を機に新たな黄金期の幕を開けて歩き出したのかもしれない。“まわり道しても 歌って歩くよ まだ先の長い旅を 物語の続きを”(「希望のバネ」)と歌う彼に、思わずそんな想いを抱いてしまうのだ。

(text by 岡本貴之)

過去作品も同時にハイレゾ配信開始!!

RECOMMEND

Negicco / Rice&Snow(24bit/48kHz)

西寺郷太、小西康陽、矢野博康のプロデュースに続く、Negiccoニュー・シングルのプロデュースは、なんとあのORIGINAL LOVEの田島貴男!! アイドル曲制作ははじめてという田島による「サンシャイン日本海」は、これまでのNegiccoカラーとは違った軽快できらめくポップ・チューン。3人の瑞々しさが際立たっています。

>>特集ページはこちら

NONA REEVES / Choice Ⅲ by NONA REEVES(24bit/96kHz)

ノーナ・リーヴス、次なるチョイスは、“ワム! "全曲ワムのカヴァー・アルバム。これが新しい“ワム! "のレシピです。

ブランニュー・ソング / 堀込泰行

2013年4月にキリンジを脱退してからの初音源を通常 / ハイレゾ配信の2形態でリリース。久々にタッグを組む冨田恵一と共同プロデュース。“馬の骨”ではなくソロ・アーティスト“堀込泰行”としての確かな覚悟を感じさせる楽曲 キレのいい重厚なブラス陣が祝福するかのように、踊るように絡みつく「どうでもいいさ」と歌いながらも新しく歩み始めた堀込泰行の決意の曲。

LIVE INFORMATION

「ラヴァーマン・ツアー」

2015年6月23日(火)@渋谷CLUB QUATTRO
2015年6月26日(金)@仙台RENSA
2015年6月27日(土)@盛岡CLUB CHANGE WAVE
2015年7月5日(日)@福岡電気ビルみらいホール
2015年7月10日(金)@梅田CLUB QUATTRO
2015年7月11日(土)@名古屋CLUB QUATTRO
2015年7月18日(火)@渋谷公会堂

PROFILE

ORIGINAL LOVE

1985年に田島貴男を中心に結成されたレッド・カーテンを前身に、87年より、普遍的なポップ・ソングを作るバンドとしてオリジナル・ラヴの活動を開始。
91年に『DEEP FRENCH KISS』でメジャー・デヴュー。
93年のシングル「接吻kiss」などヒット・ナンバー多数。
95年から田島貴男のソロ・ユニットとして活動。

ORIGINAL LOVE HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
筆者について
同じ筆者による他の記事