旧友たちとの再会から生まれた新たなジャパニーズ・ソウルへの冒険ーーORIGINAL LOVE最新アルバムをハイレゾ配信

ORIGINAL LOVEの約2年振りのアルバム『ラヴァーマン』には、懐かしさとフレッシュさが同居している。打ち込みを多用し、ニューウェイヴ、エクロトロ・ポップな仕上がりとなった前作『エレクトリックセクシー』から一転、今作は”あの頃”のORIGINAL LOVEサウンドを今にブラッシュアップしたソウルフルなサウンドが並んでいる。それもそのはず、今作では90年代に産み出した名盤『風の歌を聴け』当時のメンバーである佐野康夫(Dr)と小松秀行(Ba)がタイトル・ナンバーである「ラヴァーマン」などいくつかの楽曲に参加していることや、Negiccoへの提供曲「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーやCMでもおなじみの「ウイスキーが、お好きでしょ」のカヴァーなど、新旧ファンの心をくすぐるようなトピックがいくつも詰まっているからである。”あの頃”好きだった人にも、そして最近気になった人も楽しめること間違いないこのアルバム。旧譜と同時に、是非ハイレゾで2015年型ORIGINAL LOVEサウンドを楽しんで頂きたい。

ORIGINAL LOVE / ラヴァーマン

【配信形態】
(左)WAV / ALAC / FLAC / AAC(24bit/48kHz)
(右)WAV / ALAC / FLAC / AAC(16/44.1kHz) / mp3

【配信価格】
(左)単曲 378円 / まとめ価格 3,240円(税込)
(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,263円(税込)

【Track List】
01. ラヴァーマン / 02. ビッグサンキュー / 03. サンシャイン日本海 / 04. 今夜はおやすみ / 05. フランケンシュタイン / 06. クレイジアバウチュ / 07. きりきり舞いのジャズ / 08. 四季と歌 / 09. 99 粒の涙 / 10. 希望のバネ / 11. ウイスキーが、お好きでしょ


新たな黄金期の幕を開けて歩き出した

ORIGINAL LOVE『ラヴァーマン』を初めて再生したときに、とりあえず一通り流して聴こうと思っていたはずが、いつのまにか惹きこまれて行き仕事の手を止めて夢中で聴いていた。若手シティ・ポップ・バンドがインディーズ・シーンを席捲する中、「渋谷系」がノスタルジーどころか日本ポップス史上の憧れのムーヴメントのように語られるようになった昨今、こんなにも力強く、音楽の楽しさを教えてくれるアルバムがORIGINAL LOVEから生み出されたことが嬉しくてたまらない。

近年、打ち込みを駆使した「ひとりソウル・ツアー」や「弾き語りツアー」といった田島貴男名義による活動が目立ったORIGINAL LOVEがバンド・サウンドに回帰した17thアルバム『ラヴァーマン』。今作が1994年に発表した『風の歌を聴け』のリズム隊と知られる小松秀行(Ba)、佐野康夫(Dr)の2人との18年振りの出会いから生み出された作品だと聞いたときに真っ先に思い浮かべたのが同アルバムに収録されていた「フィエスタ」だ。小松が弾くセカンド・ラインのベースと佐野による辺り一面を巻き込んでいくようなドラミングに先導された祝祭的なサウンドと田島のヴォーカルが生み出すグルーヴが猛烈に熱かった。今作でのリズム隊の2人は手数少なめにバンド・アンサンブルに徹しており、見事に田島のヴォーカルを支えている。歌心のある演奏ができるプレイヤーだからこその今作での起用といえよう。

冒頭の表題曲「ラヴァーマン」に始まるバンド・サウンドは汗をかきながら風に吹かれているような絶妙なさじ加減の熱量が心地よい。これまでさまざまな音楽要素を取り入れながら作品を発表してきた田島だが、今作におけるあくまでもメロディの良さを活かしつつ曲ごとに凝ったアレンジと、見事なサウンド・プロダクションにはただただ聴き惚れるしかない。ハンド・クラップと左右で異なるギター、中央の奥まった場所で鳴るベース、探りを入れるように加わるハイハットによる実験的な曲「フランケンシュタイン」は、きっと演奏を聴いているうちにエンディングを迎えてしまいもう一度聴きなおすことになるはず。まるで短編小説を読み返すような面白い体験ができるだろう。


ORIGINAL LOVE ラヴァーマン

「ビッグサンキュー」では大人になれば誰もが経験するさまざまな人との“さよなら”を歌う味わい深いヴォーカルの表現力に思わず涙。山本拓夫(Sax)をはじめとするホーン・セクションによる、肩に手を回すように情感を促す演奏が素晴らしい。「クレイジアバウチュ」では疾走感溢れるサウンドとさわやかな歌いっぷりで、高野寛とのデュエットで大ヒットした「ウィンターズ・テイル~冬物語」を想い起させる。こうした粋なポップ・ロックはお手のものといった感じで、ユーモラスに“クレイジアバウチュ”って連呼するだけでだんだん気持ちが伝わってくるから不思議だ。舶来の音楽を模倣することに若干の照れくささがある人は信用できる。また、Negiccoに提供した「サンシャイン日本海」のセルフ・カヴァーも収録。タイトなリズムが際立つアレンジに乗せ、リリカルでセンチメンタルなメロディに自らの熱唱で新たな魂を込めているところも必聴だ。

こうした楽曲を聴いてみて思うのは、田島貴男が歌う世界には生来の昭和歌謡曲的な日本人独特の感性による情緒感がエッセンスとして滲み出ているということだ。濃くて粘っこいソウル・ヴォーカルを聴かせながらもどこか日本人らしいワビ・サビが感じられるからこそ、独特のジャパニーズ・ソウル、ポップスになっているのだ。それが現在の若手アーティストが作り出す楽曲との決定的な違いであり、容易に聴き流せないひっかかりではないかと思う。

だからこそ、歌謡曲とソウルとの親和性を日本人らしいオリジナリティに昇華してきた田島が、「ウィスキーがお好きでしょ」(ボーナストラック)を歌っているのは必然という気さえするのだ。ちなみに「ウィスキーがお好きでしょ」を作詞している田口俊は、作詞家として名を馳せる一方でプログレ・バンドでヨーロッパの巨大フェスに多数出演、イギリスのレーベルからCDをリリースするなど、日本では既に大御所にも関わらずまったく安住せずに冒険心溢れる活動を展開している。田島もまた、この作品を機に新たな黄金期の幕を開けて歩き出したのかもしれない。“まわり道しても 歌って歩くよ まだ先の長い旅を 物語の続きを”(「希望のバネ」)と歌う彼に、思わずそんな想いを抱いてしまうのだ。

(text by 岡本貴之)

過去作品も同時にハイレゾ配信開始!!

RECOMMEND

Negicco / Rice&Snow(24bit/48kHz)

西寺郷太、小西康陽、矢野博康のプロデュースに続く、Negiccoニュー・シングルのプロデュースは、なんとあのORIGINAL LOVEの田島貴男!! アイドル曲制作ははじめてという田島による「サンシャイン日本海」は、これまでのNegiccoカラーとは違った軽快できらめくポップ・チューン。3人の瑞々しさが際立たっています。

>>特集ページはこちら

NONA REEVES / Choice Ⅲ by NONA REEVES(24bit/96kHz)

ノーナ・リーヴス、次なるチョイスは、“ワム! "全曲ワムのカヴァー・アルバム。これが新しい“ワム! "のレシピです。

ブランニュー・ソング / 堀込泰行

2013年4月にキリンジを脱退してからの初音源を通常 / ハイレゾ配信の2形態でリリース。久々にタッグを組む冨田恵一と共同プロデュース。“馬の骨”ではなくソロ・アーティスト“堀込泰行”としての確かな覚悟を感じさせる楽曲 キレのいい重厚なブラス陣が祝福するかのように、踊るように絡みつく「どうでもいいさ」と歌いながらも新しく歩み始めた堀込泰行の決意の曲。

LIVE INFORMATION

「ラヴァーマン・ツアー」

2015年6月23日(火)@渋谷CLUB QUATTRO
2015年6月26日(金)@仙台RENSA
2015年6月27日(土)@盛岡CLUB CHANGE WAVE
2015年7月5日(日)@福岡電気ビルみらいホール
2015年7月10日(金)@梅田CLUB QUATTRO
2015年7月11日(土)@名古屋CLUB QUATTRO
2015年7月18日(火)@渋谷公会堂

PROFILE

ORIGINAL LOVE

1985年に田島貴男を中心に結成されたレッド・カーテンを前身に、87年より、普遍的なポップ・ソングを作るバンドとしてオリジナル・ラヴの活動を開始。
91年に『DEEP FRENCH KISS』でメジャー・デヴュー。
93年のシングル「接吻kiss」などヒット・ナンバー多数。
95年から田島貴男のソロ・ユニットとして活動。

ORIGINAL LOVE HP

o

 
 

レヴュー

現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース
[CLOSEUP]・2017年11月15日・【REVIEW】地に足がついていない!? ──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース OTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉から初のアナログ盤となる『銀ギラ』のリリースや、自主企画イベント〈アメ村天国〉の開催など、今年は飛躍の年であることがうかがえる、愛はズボーン。そんな彼らがこのたび満を持して、1stフル・アルバム『どれじんてえぜ』をリリースした。本作のジャケットは世界的画家・黒田征太郎が手掛けている。黒田は愛はズボーンのメンバーたちが敬愛している画家で、まさに細部にまで強い想いが込められた作品に仕上がったと言えるだろう。そんな彼らの活躍を良質なハイレゾ音質で感じることができるのは、OTOTOYだけ! 本作をさらに楽しむテキストとして、レヴューも掲載! 未来の音楽濃縮盤をとくとご堪能いただきたい! ハイレゾはOTOTOYだけ! 未来の音楽が濃縮された、1stフル・アルバム愛はズボーン / どれじんてえぜ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 2
by 宮尾茉実
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実
【REVIEW】映画『この世界の片隅に』の音楽を手がけ、多くの話題を呼んだコトリンゴが約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリース!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・『雨の箱庭』は私たちにどんな世界のすばらしさを見せる?──約3年半ぶりコトリンゴのオリジナル・アルバム 卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くコトリンゴ。そんな彼女が約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『雨の箱庭』をリリースする。前作からこれまで、アニメ映画『この世界の片隅に』の全ての音楽を担当し数々の賞を受賞する等、音楽家としての評価を高めた彼女。映画同様、今作でも作詞作曲編曲(ストリングス、ホーン含む)、サウンド・プロデュースのすべてを手掛けている。そんな今作は、のちにドキュメンタリー映画となった企画「LIGHT UP NIPPON」のために書きおろした楽曲のほか、RADWIMPS・野田洋次郎主演ドラマ「100万円の女たち」の主題歌等、色とりどりの音楽たちがぎゅっと詰め込まれた鮮やかなアルバムが完成。歌のように響くピアノの音色と、そっと優しいコトリンゴの歌声と共に生み出されるカラフルな音世界を、レヴューと共におたのしみください。 約3年半ぶりとなるオリジナル・アルバムコトリンゴ / 雨の箱庭'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
by ai
つりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年11月06日・5人が挑む、新たな海原への決意をこめてーーつりビット、ニュー・シングルをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットがニュー・シングル『1010〜とと〜』をリリースした。今年の春にリリースされた2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』も好評な中、彼女たちの成長と主張が感じられる新曲が到着。その理由を、宗像明将のレヴューで紐解いてみよう。 ハイレゾver.のアルバム購入者から抽選でサイン入りポスタープレゼント!つりビット / 1010~とと~(初回生産限定盤)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 750円(税込)【Track List】01.1010~とと~02.A Color Summer!! ポスタープレゼントの詳細は、こちらからご確認ください。'' REVIEW : 『1010~とと~』 つりビットが大きく変化する瞬間を私たちは目にしようとしている。彼女たちのニュー・シングル「1010〜とと〜」は、サウンド面ではこれまでのイメージを大きく変え、歌詞の面ではつりビットらしさを追求した
【REVIEW】芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』
[CLOSEUP]・2017年11月02日・芸術とは。青春とは。──For Tracy Hydeがインディ・ポップの命題に立ち向かう『he(r)art』 インターネット次世代シューゲ・ポップ・バンドFor Tracy Hydeが新作『he(r)art』をリリース。90年代から00年代にシーンを支えたSLOWDIVE、Ride、The Pains of Being Pure at Heartが次々と今年新作をリリースしたことで巻き起こったシューゲイザー復興の潮流。日本のライヴシーンでもシューゲイザー / ドリーム・ポップが中心となりつつあるなか、そのまさに最前線に立っている彼らが新作をリリースすることは、来たる2018年の音楽シーンの大局のための礎を築いたといえるはずである。OTOTOYではそんな未来のシーンを占う逸材の新作をレヴューと共にお届けする。 都会の生活をモチーフにした次世代ドリームポップ・バンドの2nd! For Tracy Hyde / he(r)art'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】 単曲 257円(税込) / アルバム 1697円(税込)【収録曲】''01.Openin
by 中の人
インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち
[CLOSEUP]・2017年11月01日・インディR&B? フューチャー・ソウル?──世界規模で盛り上がる音楽シーン、そして連動する日本のバンドたち 森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。この錚々たるメンバーの集結により音源発表前から注目を集める彼らが、初のEP『Good Luck EP』を11月8日にリリースする。OTOTOYでは待望のデビューEPを期間限定でフル試聴を行い、Temple of Kahnを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載。海外だけでなく、日本でも連動するその音楽シーンとともに、その楽曲を聴いてみてはいかがだろう? Temple of Kahnの初EPを期間限定フル視聴Good Luck EP / Temple of Kahn【収録曲】1. Always H
筆者について
同じ筆者による他の記事