世界一のバンドになるために——結成わずか1年のニューカマー、odolが提示する、新たなオルタネイティヴ・サウンド

荒々しく空間を満たすシューゲイズ・サウンドとメランコリックなピアノで注目を集め、結成わずか半年にしてFUJI ROCK FESTIVAL 2014に出演を果たしたニューカマー、odol(オドル)。これまでのリリースがフリー・ダウンロードのE.P2作品のみの彼らが、待望のファースト・アルバムをついに発表。結成1年とは思えない、バンドとしてのソングライティング力、そしてドラマチックな楽器アンサンブルが見事にパッケージングされた全7曲を収録。そんな今作について、メンバーのミゾベリョウ(Vo, Gt)、森山公稀(Pf)にインタヴューを実施。結成から現在にいたるまで、そしてミュージシャン・シップを大いに語ってもらった。

odol / odol

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 205円 アルバム 1,234円

【Track List】
01. あの頃 / 02. 飾りすぎていた / 03. ふたり / 04. 君は、笑う / 05. 欲しい / 06. 愛している / 07. 生活



odol - 飾りすぎていた


INTERVIEW : odol

左から森山公稀(Pf)、ミゾベリョウ(Vo, Gt)

どうやら筆者はこのバンドを誤解していたようだ。ライヴ時におけるいかにも繊細な若者たちといった佇まい。そこで鳴らされていた、ゆっくりと閃光を放つような轟音ギター・サウンドに、メランコリックな鍵盤の旋律。そして、消え行く日々をなんとか言葉で繋ぎ止めんとする歌詞のセカイ系的世界観。その真っ直ぐな青さに、いわゆる下北系ギター・ロックの先端に立つバンドだと位置づけてしまっていた。

ところが、いざ話を訊いてみると、バンドとして、インディのスモール・コミュニティには一切興味がなく、特定のリスナーから愛玩物として小さく消費されるような存在にはなりたくないという。むしろ、彼らの眼差しは、いわゆる普通の人々にこそ向かっていた。彼らは断言する。「インディでなくポップでありたい」。そして、こう言ってくれた。「世界一のバンドになりたい」と。ルーツを尋ねてみると、実に意外な2バンド。では、ヴォーカリストのミゾベリョウとキーボーディストの森山公稀の発言から、その野心を紐解いていくこととしよう。

インタヴュー&文 : 田中亮太
写真 : 外林健太

僕らには未来がすごいあると感じてて

——こないだの下北沢GARAREでのリリパでライヴを見させていただいたんですが、ミゾベさんが何度も何度もお礼を言っているのが印象的でした。初々しいさあるなって。

森山公稀(以下、森山) : 初々しさありありですね(笑)。単純にすごく経験が少なくて、odolとしてライヴやったのもまだ20回くらいなんですよ。ミゾベと僕は福岡出身で、高校のころから一緒にいろんなバンドやってたんですけど、それを合計してもライヴは人生30回くらいなんですね。

ミゾベリョウ(以下、ミゾベ) : 最近は自分たちがライヴをしているときに、終わったあともなんですけど、反応をくれる人がいたりして、ありがたいと思ってるんです。ライヴで歌って人に伝わることが嬉しいなって気持ちが出てきて。1、2年前くらいは、作品を作っていくことの楽しさのほうが勝ってたんですよね。

——こないだのGARAGEでのライヴを自分たちで採点するとすれば何点ですか?

ミゾベ : 理想を100とするなら1くらいなんですけど、今の自分たちの力を出したかと言われると、出せたかな。これからさらに良くなっていくぞってところも含めて。

森山 : だいたいは更新し続けてますね。ライヴ自体が少ないので、間が開くことが多いんですね。そのあいだに練習もするし、反省して改善もしてるので、つねに最善ではあるんじゃないかな。

——メンバーの年齢、結成からさほど期間がたってないというのもあると思うんですけど、音源を聴くと、odolってバンド自体が意識的に初々しさや青さを大切にされてるって印象もあったんですね。

森山 : あると思います。作るものは大御所と言われるバンドにも負けないもの、それ以上のものを出していこうって気持ちでやってるんですけど、と言っても僕らには未来がすごいあるとは感じてて。自分たちも作品も、これからも発展していく。そういう意味では、まだ1年目、この作品を作ってるときにちょうど始めて1年くらいだったんですけど、初々しさってより、始まりってところを大切にしてました。これからへの期待があるからこそ、その最初ってところを意識的に出した作品づくりにはなってるかと思います。

——歌詞を見ると、「君は、笑う」での〈変わらないでいて〉、「生活」の〈生活に溶けてゆく〉など、変化してゆくもの対してのナイーヴな眼差しがあるように感じました。


odol - 生活

ミゾベ : 移ろいゆくものに対する儚さとか寂しい気持ちというか、そういうのは日常生活のなかでも持ってますね。でも、もうちょっとプラスの気持ちというか、どちらかと言えば楽しいこととかが、ずっと続いたらいいなとか、そういう気持ちのほうがあるんですよね。それを青さと言われるとそうなのかもしれない。

——森山さん的にはミゾベさんの歌詞を見てどういう特徴があると感じます?

森山 : 普段からよく連絡をとってるんですよ。一行ずつ詞ができていく度に連絡がきたりとか。ミゾベが書く歌詞は、つねに彼の21年間の人生のなかから拾い出してるというか、思い出しながら書いていますね。中2から僕ら知り合いなんで、この歌詞はあのことかなとか、そういう瞬間もあったりして。あと、自分の感覚みたいなのを1番大事にしてるってのが特徴なんじゃないかな。文学的とか抽象的とかにも感じれると思うんですけど、そういう風に書こうってわけじゃなくて、綺麗でありたいというか、綺麗に表わそうとして、そういう感じになってるんじゃないかな。

——そもそもodolの音楽はどうやって作られていくのでしょう?

森山 : 曲のクレジットは連名だったり僕の名前だったりするんですけど、連名の曲は、誰かがきっかけとなるデモを作って、それを共有して演ってみて、これはいけるぞってなれば、僕がメロディをつけて、ミゾベが歌詞を乗せて完成ですね。

ミゾベ : 他のバンドのことはあんまりわからないですけど、森山がメロディをつけるときも、僕や他の人間が、それいいかもとか、もうちょっとこういうフレーズがとか、意見を出してて、1人で作ってるってイメージよりは、みんなで作ってるってのが近いかもしれない。

世界一のバンドになるにはポップであることは必然

——odolってバンドのアイデンティティが確立したのは今のメンバー5人が揃ってから?

森山 : そうとも言い切れないですね。それぞれの今までの音楽性が表れてるとは思います。それぞれが違っていて、それらが合わさったみたいなイメージ。僕ら2人がそれまでやってたバンドから繋がってるものはあるんじゃないかと思います。

——じゃあ、おふたりがodol以前にやってたバンドとodolの共通点、逆にodolにしかない点は?

森山 : ポップであることはずっと意識してるよね。それは外さないようには努力してて。実際の音楽として共通してるところは少ないんですけど、考え方みたいな、美学みたいなところは、わりと共通してるんじゃないかなと。

——森山さんの言うポップの定義とは?

森山 : 僕はポップとキャッチーを使い分けてるんですよね。僕のなかでは、ポップってのはわりと精神的なものというか、内側のもの。で、キャッチーはできあがった外側、外から見たときの表面だと思ってて。ポップな精神でキャッチーを作ることもできる、ポップじゃない精神でキャッチーを作ることもできると思う。

——森山さん的にはポップでもあり、かつキャッチーでもあるってのを重要視してるってことですか?

森山 : いや、そういうわけじゃなくて。僕らが音楽を作るときは、ポップであろうとはしてます、必ず。キャッチーでなくてもポップであればいいという感覚ですね。キャッチーかどうかはできあがってみてのお楽しみかな。

——その中心にあるポップ観をもう少し噛み砕いて教えてもらってもいいですか?

ミゾベ : インディみたいなことをやりたいんじゃなくて、oasisみたいなことをしたいってところじゃないかな。

——特定の美学を持った層に受け入れられればいいって考えじゃなくて、不特定多数の老若男女ってところに音楽を届けたいってことですか?

森山 : 世界一のバンドになるにはポップであることは必然だと思います。

ミゾベ : インディで素晴らしいバンドはいっぱいいると思うんですけど、僕たちがルーツとしてる、良いと思ってるものは、ポップな音楽なので、わざわざそれをポップじゃなくするのも違うかなって。

——世界一のバンドになりたいって言ってくれましたが、今そこにいる存在って具体的にどういうバンドだとイメージできますか?

森山 : もちろんいろんな形があると思うんですけど、まあそのなかのひとつとして、時代を作ったうえで長い時間残り続けるものはすごいあると思います。YMOとか。僕はYMOは世界一だったバンドのひとつだと思ってて。自分のなかのルーツとなっているものとしては1番大きい。彼らのバランス感覚ってのを目指してるところはあります。自分たちも、やりたいことと、やらないといけないこと、2つをどうにかこうにか共存させなきゃって思うんです。odolもそういうバランス感覚をつねに持ってたい。

——ミゾベさんのルーツは?

ミゾベ : 僕は小学校のころにMr.Childrenから入って、中2くらいまではミスチルとoasisだけ聴いてたんですよ。僕は音楽が大好きというよりは、歌が好きだなって気持ちがあるんですよね。

——odolの音楽における幾つかの要素として、ハードな轟音だったりメランコリックな旋律だったり、シューゲイズ的な眩さだったりあると思うんですが、サウンドの面でモデルとなったようなバンドっているんですか?

ミゾベ : いなくて。よく「radiohead好きでしょ?」とか「ポスト・ロックだね」とか言われるんですけど、実はそういうのをちゃんと通ってるメンバーはひとりもいなくて。ある機材でやったら、こうなったみたいな。

森山 : ルーツはそこにないから、変わっていくことは大いにある。この1年の結果は今作の7曲なんですけど、来年の1年はまた違う音が中心になってる可能性があります。今はまたフラットになってて、5人が今見つけてる音楽とか、5人のなかで流行ってるものとか混ざって、核は変わんなくても、外側は全然変わる可能性があると思います。

僕らがこの1年でやってることそれ自体が新しいわけで

——YMOの世界一感ってのは新しい音楽をやってたっていうのと、それを敷居を低くするようなやり方で見せてたってことだと思うんですね。だから、サウンドの新しさってものも、odolにとって重要なんじゃないかと思います。そのうえで、今のodolが鳴らせてる新しさってどんな面に出てると思います?

森山 : 言ってしまえば、こういうバンドって他に見つからないんですよね。もちろん要素としてかぶってるバンドはたくさんいるんですけど。今作はこの5人で組んだ最初の1枚でもあるし、世界初のodolの7曲。だから、先進って意味でなくてフレッシュって意味での新しさのほうが今回は出てると思います。先進的なことをしたいって気持ちもメンバーみんなにあると思うんですけど、僕らがこの1年でやってることそれ自体が新しいわけで、これからもっと新しいことをやるための、はみだすための枠を作るじゃないですけど、このアルバムには、5人のフラットを全て出したらこれってのが出てる。奇をてらうようなことを徹底的に排除してるんですよ。

——ミゾベさんは作詞家としてMr.Childrenから受け継いでるものってあると思います?

ミゾベ : ミスチルに関しては、1番最初にちゃんと聴いた音楽なんですよ。なので音楽を始めたときは、いかにそれを出さないかというか、似てるとか言われたら嫌だったんで、そっからどうやって外れていくかを考えてたんです。そこからどうやって遠ざかるかだけを考えてやってきた気持ちがあります。そう、こないだ桜井(和寿)さんのインタヴューを読んだんですけど、実は全然違うんだなって思ったんです。

——詳しく教えてください。

ミゾベ : 2つあって。1つは、ミスチルはこれまではコンセプトを決めて作ってたらしいんですけど、新しいアルバムの23曲は曲ごとにテーマが違ってるらしくて。でも、僕たちは次はコンセプトが全曲に通じるものがあってってのをやりたいと思ってるんですね。

——ふむふむ。もう1つは?

ミゾベ : あとは曲を作るうえで見ている場所というか。僕らはいま、曲を作ったりすることにプレッシャーとか全くなくて、自分たちが良いって思うものを作ってるんですけど、ミスチルは良くないものを出したら即叩かれるというか、その曲がバンド以外の何百人もの生活を支えてる。日本に届かせる前提で作ってるみたいなんですね。僕たちはいま、日本に届けるとかではなくて、5年後見返してみたときに、これ良かったねって思われるようなものを作りたい。

——odolってバンドが大きくなるにつれて、ミゾベさんも最終的に桜井さんのような立場になるかもしれない。それを想像したときにその状況は幸せだと思えますか?

ミゾベ : 僕はそれをすごく幸せに思えます。

——1曲が何十万、何百万に届くってのは理想であるってことですか?

ミゾベ : そうですね。

——ポップ・ソングってコミュニケーション・ツールとしても優れてると思うんです。1曲が人の距離を急速に縮めたりできる。そのうえで、次の質問は想像力を使ってみてください。おふたりが出会った歳でもある中学校2年生、その1クラスがあるとして、odolの音楽でつなげたい少年少女は、それぞれどんなキャラクターでしょうか?

森山 : それはもう全員がつながってくれたら1番良いんじゃないかなって思います。先生とか保護者も含めてつながればいいし、校長とかも。でも、バンドマンとして嬉しいのは、バンドやりたいって思ってる2人かな。こういうのやりたいねってなって、そっからまた新しい音楽が生まれたらいいですよね。

RECOMMEND

きのこ帝国 / フェイクワールドワンダーランド

話題の先行シングル「東京」も収録したきのこ帝国のセカンド・アルバム。成長し続ける彼らの今を、そのままフラットに楽曲としてパッケージしたものが詰まっている。

>>特集ページはこちら

Emerald / Nostalgical Parade

2011年結成、東京都内を中心に活動する5人組バンド、Emeraldのファースト・アルバム。 ジャズ、ヒップホップ、ファンク、ネオソウル、さらにダブやシューゲイザーといったジャパニーズ・オリエンテッドではない音楽を軸にした楽曲群に中野陽介(ex.PaperBagLunchbox)の持つジャパニーズ・ポップスの文脈を加えることで、新しいポップ・ミュージックを提示した。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

Seven’s-Leaf Clover vol.2
2015年5月23日(土)@吉祥寺Warp
出演 : odol / Gateballers / Unblock / uguis / The Whoops / ネズミハナビ

ICHIBANGAI POOL
2015年6月5日(金)@下北沢GARAGE
出演 : odol / ampel / Nag Ar Juna

TOWER RECORDS SENDAI branch 30th Anniversary「NOrth MUSIC, NOrth LIFE.」
2015年7月3日(金)@仙台enn2nd / 3rd
出演 : odol / Awesome City Club / Suchmos / PELICAN FANCLUB / and more…

odol 1st Album release party「EntreeⅡ」
2015年7月16日(木)@新代田FEVER
出演 : odol / Emerald / +1band

PROFILE

odol

(左から)Shaikh Sofian(Ba) / 井上拓哉(Gt) / ミゾベリョウ(Vo,Gt) / 垣守翔真(Dr) / 森山公稀(Pf)

平均年齢21歳。
2014年2月にファーストE.P『躍る』、7月にセカンドE.P『生活 / ふたり』をbandcampにてフリー・ダウンロードで発表(※現在は終了)。同年、〈FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO〉に出演。

>>odol Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年08月23日・お盆のワンマン・ライヴも大成功! 3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信! 富士山ご当地アイドル、3776(みななろ)の井出ちよのが、ソロ名義としては初のアルバムをリリース。現在中学3年生の井出ちよのが、高校生になったらどんな女の子になるのか? という、9タイプの高校生活を描いた楽曲群。まとめ購入でついてくるブックレットはちよのちゃんの高校生ビジュアル9変化も楽しめます! このアルバム、楽曲のクオリティ、コンセプト含めて素晴らしいので、とてもとてもオススメですよ。今回は、2016年8月15日に新宿LOFTで開催されたワンマン・ライヴ「盆と3776が一緒に来るよ!」のレポートも掲載。ワンマンをおこなうたびに強烈な印象を残していく3776。今回は果たしてどんなライヴになったのでしょうか!! アルバム購入ならデジタル・ブックレットつき! 井出ちよの / もうすぐ高校生活(24bit/96kHz)'【Track List】01. もうすぐ高校生活~Introduction / 02. ハートの五線譜 / 03. 体調管理のために / 04. ギャル子大ピンチ! / 05. カードリーダー/ 06
ポスト・ポケモンGO! 時代のアイドルとは?ーー「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月23日・“ポスト・ポケモンGO!”時代のアイドル・グループ!? 「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー 原宿・表参道・青山を中心に活動するアイドル・プロジェクト〈”女の子の東京をつくろう!! ”プロジェクト〉。プロジェクトが進むにつれ「東京」にいるすべての人たちが知らぬ間に巻き込まれ、ファンになっていくという一風変わったコンセプトを示している。何度にもわたるオーディションを経て、ついにメンバーが決定、9月4日には原宿ストロボカフェでお披露目ライヴが行われる。しかし謎の多いこのグループ。グループ名は「・・・・・・・・・」。メンバーの名前は「・」で表されるという。HPをみれば、黒い「・」が浮かんでいるだけ…。一体なんなんだ?! ということで、OTOTOYではメンバー9人と、運営スタッフであるプロデューサーの小林、コンセプト担当の古村、パフォーマンス担当の都倉、楽曲担当のみきれちゃんに取材を行った。9月4日、前代未聞のアイドル・グループが動き出す。 お披露目のワンマン・ライヴ開催決定!!・・・・・・・・・初観測ライヴ2016年9月4日(日)@原宿ストロボカフェ時間 : OPEN / START 13:00 /
by 西澤 裕郎
苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016
[CLOSEUP]・2016年08月16日・苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016 今年もフジロックはたくさんの感動を残しました! 開催20回目という記念すべき節目でもあり、例年以上に国内外豪華なラインナップで音楽好きにはたまらない3日間! そんな3日間の感動を毎年おなじみ、OTOTOYのフジロック・レポートでお届けします。今年はいつも安定のフジ・ロッカーなライター、渡辺裕也と、フジロックは2000年以来、16年ぶりの編集部河村が逆にフジ新人気分でレポート。対談形式でお届け!! 苗場に戻りたい… と余韻に浸っている方も行きたかったけど行けなかったという方も苗場のアツイ感動をこのレポートで振り返り、体感してください! レポート対談 : 渡辺裕也 × 河村祐介写真 : 雨宮透貴 FUJI ROCK FESTIVAL '16 '2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 1日目 : とにかくたくさん観てなんぼ 渡辺
POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた
[CLOSEUP]・2016年08月19日・POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた harinekoの新作『Sweet Sorrow.』には、「mornin.」「ダイヤナイト」「行きた日」「return.」の4つの楽曲が収録されている。harinekoのSaChiが言うには、その4曲は順番に朝、昼、夕方、夜と1日に添って創ったのだそうだ。確かにこの楽曲からは時間と場所が強く想起される。また先行で発売されたCDには、フォトジンがついていた。かわいい女の子がこちらを向くそれはとても美しかったが、そこにはSaChiはうつっていなかった…だからなのか、このアルバムを聴かせてもらった時に、SaChiと一緒にその曲が生まれたであろう場所に、生まれたであろう時間帯に行ってみたいと思った。そうじゃないと、この作品を理解することは出来ないと思ったからだ。本作のキーパーソン、カメラマンの齋藤一平とスタッフの岩崎淳、そしてSaChiと一緒に、アルバムのことを聴きながら4つの場所をmornin.@駒沢の住宅街 → ダイヤナイト@お台場ヴィーナスフォートと芝浦ふ頭 → 行きた日@松陰神社付近
by JJ
ヤなことそっとミュート、初インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年08月21日・【デビュー作ハイレゾ版予約開始】グランジを手にしたアイドル、ヤなことそっとミュート初インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの楽曲制作を手がける「DCG ENTERTAINMENT」がプロデュースする清純派アイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。グランジ・オルタナティヴ・ロックを踏襲した楽曲とエッジで鬼気迫るようなダンス・パフォーマンスを特徴としたライヴが話題を呼んでいる彼女たち。8月31日までOTOTOYで無料配信してきた『8CM EP』を9月1日からハイレゾ配信開始。それに先立ち予約開始とともに、メンバーへの初インタヴュー、運営スタッフへのインタヴューを掲載する。 >>>OTOTOY独占ハイレゾ音源(ボーナストラック&特製Webブックレット付き)の予約はこちらから>1st EP『8cmEP』のフリーDLはこちらから(2016年8月31日まで) なでしこ : 音源を聴いてライヴに来ましたという人が結構いるので嬉しいです。 ーーどんな感想をもらいました? なでしこ : かっ… かっこいいって。 ーー(笑)。他の2人は、お客さんの反応でなにか感じたりしたことはありますか? 間宮まに & 南一花 :
by 西澤 裕郎
結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース!
[CLOSEUP]・2016年08月18日・結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース! 今年で結成20周年を迎えたロック・バンド、マーガレットズロース。誰もが日々のくらしで抱きながらも、なかなか言葉に出来ない感情を簡単な言葉でご機嫌なロックンロールに乗せて歌い続け20年。積極的に全国各地をツアーで飛び回り、ツアー・バンドとしての立ち位置を確立してきたマーガレットズロースであったが、3.11以降、一時的に活動が停滞。そんな状況を乗り越えてリリースされた6年ぶりとなる8thアルバムのタイトルは、『まったく最高の日だった』。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、レヴューをお届けしよう。 マーガレットズロース / まったく最高の日だった(24bit/48kHz)'【Track List】01. EAGLE02. 僕には数えられない03. 199604. 魔法をかけてあげる05. たのしいロックンロール06. 奇跡が起きなくて07. はるかぜ08. さよなら東京09. 斜陽10. 五七五11. 何も考えられない12. うその地球儀【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz WAV / A
by ?
さよならパリス、2人で挑んだ無限の可能性、初アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月17日・初アルバム配信! 2ピース・バンドの革命児、さよならパリスが鳴らす"リスナーとしての音楽"とは? 2010年から活動を続ける2ピース・バンド、さよならパリスが1stシングルから3年を経て、自身初となるフル・アルバム『I LOVE YOU TILL I DIE』を発表した。米パンクを牽引するインディー・レーベル、エピタフレコードの名盤『パンク・オー・ラマ』を目指したという今作は、パンク、オルタナ、ハードコア、シューゲイザーなどあらゆるジャンルを包括した、まさにオムニバス・アルバム的な作品だ。彼らのサウンドから溢れる強い熱量と衝動は、さよならパリスが2ピース・バンドであるということを忘れてしまうほどだ。OTOTOYではそんな2ピース・バンドの革命児、さよならパリスの初音源配信と併せて、ヴォーカル・村上へのインタヴューを掲載。一見、一聴の価値有りです。さらに、アルバムに収録されている「ワンダ・ウッドワード」を期間限定でフリー・ダウンロード!下記リンクからご利用ください。 >>「ワンダ・ウッドワード」期間限定フリー・ダウンロード
by JJ
Review Shintaro Sakamoto
[CLOSEUP]・2016年08月03日・Shintaro Sakamoto : unique musical playfulness and masterful arrangements Shintaro Sakamoto released his 3rd solo ALBUM Dekirebaaiwo on 27th July 2016. Shintaro previously played in the three-piece psyche-rock group YURA YURA TEIKOKU. His new record fuses lyrical and musical content that is full of humour, tempered with moments of melancholy and sobriety. The following review was written by London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe. Shintaro Sakamoto / dekirebaaiwo(24bit/48kHz)【Download Format】WAV、ALA