世界一のバンドになるために——結成わずか1年のニューカマー、odolが提示する、新たなオルタネイティヴ・サウンド

荒々しく空間を満たすシューゲイズ・サウンドとメランコリックなピアノで注目を集め、結成わずか半年にしてFUJI ROCK FESTIVAL 2014に出演を果たしたニューカマー、odol(オドル)。これまでのリリースがフリー・ダウンロードのE.P2作品のみの彼らが、待望のファースト・アルバムをついに発表。結成1年とは思えない、バンドとしてのソングライティング力、そしてドラマチックな楽器アンサンブルが見事にパッケージングされた全7曲を収録。そんな今作について、メンバーのミゾベリョウ(Vo, Gt)、森山公稀(Pf)にインタヴューを実施。結成から現在にいたるまで、そしてミュージシャン・シップを大いに語ってもらった。

odol / odol

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 205円 アルバム 1,234円

【Track List】
01. あの頃 / 02. 飾りすぎていた / 03. ふたり / 04. 君は、笑う / 05. 欲しい / 06. 愛している / 07. 生活



odol - 飾りすぎていた


INTERVIEW : odol

左から森山公稀(Pf)、ミゾベリョウ(Vo, Gt)

どうやら筆者はこのバンドを誤解していたようだ。ライヴ時におけるいかにも繊細な若者たちといった佇まい。そこで鳴らされていた、ゆっくりと閃光を放つような轟音ギター・サウンドに、メランコリックな鍵盤の旋律。そして、消え行く日々をなんとか言葉で繋ぎ止めんとする歌詞のセカイ系的世界観。その真っ直ぐな青さに、いわゆる下北系ギター・ロックの先端に立つバンドだと位置づけてしまっていた。

ところが、いざ話を訊いてみると、バンドとして、インディのスモール・コミュニティには一切興味がなく、特定のリスナーから愛玩物として小さく消費されるような存在にはなりたくないという。むしろ、彼らの眼差しは、いわゆる普通の人々にこそ向かっていた。彼らは断言する。「インディでなくポップでありたい」。そして、こう言ってくれた。「世界一のバンドになりたい」と。ルーツを尋ねてみると、実に意外な2バンド。では、ヴォーカリストのミゾベリョウとキーボーディストの森山公稀の発言から、その野心を紐解いていくこととしよう。

インタヴュー&文 : 田中亮太
写真 : 外林健太

僕らには未来がすごいあると感じてて

——こないだの下北沢GARAREでのリリパでライヴを見させていただいたんですが、ミゾベさんが何度も何度もお礼を言っているのが印象的でした。初々しいさあるなって。

森山公稀(以下、森山) : 初々しさありありですね(笑)。単純にすごく経験が少なくて、odolとしてライヴやったのもまだ20回くらいなんですよ。ミゾベと僕は福岡出身で、高校のころから一緒にいろんなバンドやってたんですけど、それを合計してもライヴは人生30回くらいなんですね。

ミゾベリョウ(以下、ミゾベ) : 最近は自分たちがライヴをしているときに、終わったあともなんですけど、反応をくれる人がいたりして、ありがたいと思ってるんです。ライヴで歌って人に伝わることが嬉しいなって気持ちが出てきて。1、2年前くらいは、作品を作っていくことの楽しさのほうが勝ってたんですよね。

——こないだのGARAGEでのライヴを自分たちで採点するとすれば何点ですか?

ミゾベ : 理想を100とするなら1くらいなんですけど、今の自分たちの力を出したかと言われると、出せたかな。これからさらに良くなっていくぞってところも含めて。

森山 : だいたいは更新し続けてますね。ライヴ自体が少ないので、間が開くことが多いんですね。そのあいだに練習もするし、反省して改善もしてるので、つねに最善ではあるんじゃないかな。

——メンバーの年齢、結成からさほど期間がたってないというのもあると思うんですけど、音源を聴くと、odolってバンド自体が意識的に初々しさや青さを大切にされてるって印象もあったんですね。

森山 : あると思います。作るものは大御所と言われるバンドにも負けないもの、それ以上のものを出していこうって気持ちでやってるんですけど、と言っても僕らには未来がすごいあるとは感じてて。自分たちも作品も、これからも発展していく。そういう意味では、まだ1年目、この作品を作ってるときにちょうど始めて1年くらいだったんですけど、初々しさってより、始まりってところを大切にしてました。これからへの期待があるからこそ、その最初ってところを意識的に出した作品づくりにはなってるかと思います。

——歌詞を見ると、「君は、笑う」での〈変わらないでいて〉、「生活」の〈生活に溶けてゆく〉など、変化してゆくもの対してのナイーヴな眼差しがあるように感じました。


odol - 生活

ミゾベ : 移ろいゆくものに対する儚さとか寂しい気持ちというか、そういうのは日常生活のなかでも持ってますね。でも、もうちょっとプラスの気持ちというか、どちらかと言えば楽しいこととかが、ずっと続いたらいいなとか、そういう気持ちのほうがあるんですよね。それを青さと言われるとそうなのかもしれない。

——森山さん的にはミゾベさんの歌詞を見てどういう特徴があると感じます?

森山 : 普段からよく連絡をとってるんですよ。一行ずつ詞ができていく度に連絡がきたりとか。ミゾベが書く歌詞は、つねに彼の21年間の人生のなかから拾い出してるというか、思い出しながら書いていますね。中2から僕ら知り合いなんで、この歌詞はあのことかなとか、そういう瞬間もあったりして。あと、自分の感覚みたいなのを1番大事にしてるってのが特徴なんじゃないかな。文学的とか抽象的とかにも感じれると思うんですけど、そういう風に書こうってわけじゃなくて、綺麗でありたいというか、綺麗に表わそうとして、そういう感じになってるんじゃないかな。

——そもそもodolの音楽はどうやって作られていくのでしょう?

森山 : 曲のクレジットは連名だったり僕の名前だったりするんですけど、連名の曲は、誰かがきっかけとなるデモを作って、それを共有して演ってみて、これはいけるぞってなれば、僕がメロディをつけて、ミゾベが歌詞を乗せて完成ですね。

ミゾベ : 他のバンドのことはあんまりわからないですけど、森山がメロディをつけるときも、僕や他の人間が、それいいかもとか、もうちょっとこういうフレーズがとか、意見を出してて、1人で作ってるってイメージよりは、みんなで作ってるってのが近いかもしれない。

世界一のバンドになるにはポップであることは必然

——odolってバンドのアイデンティティが確立したのは今のメンバー5人が揃ってから?

森山 : そうとも言い切れないですね。それぞれの今までの音楽性が表れてるとは思います。それぞれが違っていて、それらが合わさったみたいなイメージ。僕ら2人がそれまでやってたバンドから繋がってるものはあるんじゃないかと思います。

——じゃあ、おふたりがodol以前にやってたバンドとodolの共通点、逆にodolにしかない点は?

森山 : ポップであることはずっと意識してるよね。それは外さないようには努力してて。実際の音楽として共通してるところは少ないんですけど、考え方みたいな、美学みたいなところは、わりと共通してるんじゃないかなと。

——森山さんの言うポップの定義とは?

森山 : 僕はポップとキャッチーを使い分けてるんですよね。僕のなかでは、ポップってのはわりと精神的なものというか、内側のもの。で、キャッチーはできあがった外側、外から見たときの表面だと思ってて。ポップな精神でキャッチーを作ることもできる、ポップじゃない精神でキャッチーを作ることもできると思う。

——森山さん的にはポップでもあり、かつキャッチーでもあるってのを重要視してるってことですか?

森山 : いや、そういうわけじゃなくて。僕らが音楽を作るときは、ポップであろうとはしてます、必ず。キャッチーでなくてもポップであればいいという感覚ですね。キャッチーかどうかはできあがってみてのお楽しみかな。

——その中心にあるポップ観をもう少し噛み砕いて教えてもらってもいいですか?

ミゾベ : インディみたいなことをやりたいんじゃなくて、oasisみたいなことをしたいってところじゃないかな。

——特定の美学を持った層に受け入れられればいいって考えじゃなくて、不特定多数の老若男女ってところに音楽を届けたいってことですか?

森山 : 世界一のバンドになるにはポップであることは必然だと思います。

ミゾベ : インディで素晴らしいバンドはいっぱいいると思うんですけど、僕たちがルーツとしてる、良いと思ってるものは、ポップな音楽なので、わざわざそれをポップじゃなくするのも違うかなって。

——世界一のバンドになりたいって言ってくれましたが、今そこにいる存在って具体的にどういうバンドだとイメージできますか?

森山 : もちろんいろんな形があると思うんですけど、まあそのなかのひとつとして、時代を作ったうえで長い時間残り続けるものはすごいあると思います。YMOとか。僕はYMOは世界一だったバンドのひとつだと思ってて。自分のなかのルーツとなっているものとしては1番大きい。彼らのバランス感覚ってのを目指してるところはあります。自分たちも、やりたいことと、やらないといけないこと、2つをどうにかこうにか共存させなきゃって思うんです。odolもそういうバランス感覚をつねに持ってたい。

——ミゾベさんのルーツは?

ミゾベ : 僕は小学校のころにMr.Childrenから入って、中2くらいまではミスチルとoasisだけ聴いてたんですよ。僕は音楽が大好きというよりは、歌が好きだなって気持ちがあるんですよね。

——odolの音楽における幾つかの要素として、ハードな轟音だったりメランコリックな旋律だったり、シューゲイズ的な眩さだったりあると思うんですが、サウンドの面でモデルとなったようなバンドっているんですか?

ミゾベ : いなくて。よく「radiohead好きでしょ?」とか「ポスト・ロックだね」とか言われるんですけど、実はそういうのをちゃんと通ってるメンバーはひとりもいなくて。ある機材でやったら、こうなったみたいな。

森山 : ルーツはそこにないから、変わっていくことは大いにある。この1年の結果は今作の7曲なんですけど、来年の1年はまた違う音が中心になってる可能性があります。今はまたフラットになってて、5人が今見つけてる音楽とか、5人のなかで流行ってるものとか混ざって、核は変わんなくても、外側は全然変わる可能性があると思います。

僕らがこの1年でやってることそれ自体が新しいわけで

——YMOの世界一感ってのは新しい音楽をやってたっていうのと、それを敷居を低くするようなやり方で見せてたってことだと思うんですね。だから、サウンドの新しさってものも、odolにとって重要なんじゃないかと思います。そのうえで、今のodolが鳴らせてる新しさってどんな面に出てると思います?

森山 : 言ってしまえば、こういうバンドって他に見つからないんですよね。もちろん要素としてかぶってるバンドはたくさんいるんですけど。今作はこの5人で組んだ最初の1枚でもあるし、世界初のodolの7曲。だから、先進って意味でなくてフレッシュって意味での新しさのほうが今回は出てると思います。先進的なことをしたいって気持ちもメンバーみんなにあると思うんですけど、僕らがこの1年でやってることそれ自体が新しいわけで、これからもっと新しいことをやるための、はみだすための枠を作るじゃないですけど、このアルバムには、5人のフラットを全て出したらこれってのが出てる。奇をてらうようなことを徹底的に排除してるんですよ。

——ミゾベさんは作詞家としてMr.Childrenから受け継いでるものってあると思います?

ミゾベ : ミスチルに関しては、1番最初にちゃんと聴いた音楽なんですよ。なので音楽を始めたときは、いかにそれを出さないかというか、似てるとか言われたら嫌だったんで、そっからどうやって外れていくかを考えてたんです。そこからどうやって遠ざかるかだけを考えてやってきた気持ちがあります。そう、こないだ桜井(和寿)さんのインタヴューを読んだんですけど、実は全然違うんだなって思ったんです。

——詳しく教えてください。

ミゾベ : 2つあって。1つは、ミスチルはこれまではコンセプトを決めて作ってたらしいんですけど、新しいアルバムの23曲は曲ごとにテーマが違ってるらしくて。でも、僕たちは次はコンセプトが全曲に通じるものがあってってのをやりたいと思ってるんですね。

——ふむふむ。もう1つは?

ミゾベ : あとは曲を作るうえで見ている場所というか。僕らはいま、曲を作ったりすることにプレッシャーとか全くなくて、自分たちが良いって思うものを作ってるんですけど、ミスチルは良くないものを出したら即叩かれるというか、その曲がバンド以外の何百人もの生活を支えてる。日本に届かせる前提で作ってるみたいなんですね。僕たちはいま、日本に届けるとかではなくて、5年後見返してみたときに、これ良かったねって思われるようなものを作りたい。

——odolってバンドが大きくなるにつれて、ミゾベさんも最終的に桜井さんのような立場になるかもしれない。それを想像したときにその状況は幸せだと思えますか?

ミゾベ : 僕はそれをすごく幸せに思えます。

——1曲が何十万、何百万に届くってのは理想であるってことですか?

ミゾベ : そうですね。

——ポップ・ソングってコミュニケーション・ツールとしても優れてると思うんです。1曲が人の距離を急速に縮めたりできる。そのうえで、次の質問は想像力を使ってみてください。おふたりが出会った歳でもある中学校2年生、その1クラスがあるとして、odolの音楽でつなげたい少年少女は、それぞれどんなキャラクターでしょうか?

森山 : それはもう全員がつながってくれたら1番良いんじゃないかなって思います。先生とか保護者も含めてつながればいいし、校長とかも。でも、バンドマンとして嬉しいのは、バンドやりたいって思ってる2人かな。こういうのやりたいねってなって、そっからまた新しい音楽が生まれたらいいですよね。

RECOMMEND

きのこ帝国 / フェイクワールドワンダーランド

話題の先行シングル「東京」も収録したきのこ帝国のセカンド・アルバム。成長し続ける彼らの今を、そのままフラットに楽曲としてパッケージしたものが詰まっている。

>>特集ページはこちら

Emerald / Nostalgical Parade

2011年結成、東京都内を中心に活動する5人組バンド、Emeraldのファースト・アルバム。 ジャズ、ヒップホップ、ファンク、ネオソウル、さらにダブやシューゲイザーといったジャパニーズ・オリエンテッドではない音楽を軸にした楽曲群に中野陽介(ex.PaperBagLunchbox)の持つジャパニーズ・ポップスの文脈を加えることで、新しいポップ・ミュージックを提示した。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

Seven’s-Leaf Clover vol.2
2015年5月23日(土)@吉祥寺Warp
出演 : odol / Gateballers / Unblock / uguis / The Whoops / ネズミハナビ

ICHIBANGAI POOL
2015年6月5日(金)@下北沢GARAGE
出演 : odol / ampel / Nag Ar Juna

TOWER RECORDS SENDAI branch 30th Anniversary「NOrth MUSIC, NOrth LIFE.」
2015年7月3日(金)@仙台enn2nd / 3rd
出演 : odol / Awesome City Club / Suchmos / PELICAN FANCLUB / and more…

odol 1st Album release party「EntreeⅡ」
2015年7月16日(木)@新代田FEVER
出演 : odol / Emerald / +1band

PROFILE

odol

(左から)Shaikh Sofian(Ba) / 井上拓哉(Gt) / ミゾベリョウ(Vo,Gt) / 垣守翔真(Dr) / 森山公稀(Pf)

平均年齢21歳。
2014年2月にファーストE.P『躍る』、7月にセカンドE.P『生活 / ふたり』をbandcampにてフリー・ダウンロードで発表(※現在は終了)。同年、〈FUJI ROCK FESTIVAL’14 ROOKIE A GO-GO〉に出演。

>>odol Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也