“覚醒”後の集大成!?
“闇”が詰まったコッテルのミニ・アルバム

トリップホップやダークなエレクトロニカ、そしてハスキーな歌声を展開していた前作『トマト帽のベレー』から約2年、kötturは“コッテル”に名前を変え、そして“覚醒”を遂げた。突如として「中東サイバー萌え萌えファイター」を名乗り、はたまたカレー作りに熱中するなど、その言動は目を引かざるを得ない謎のエネルギーに満ちている。そんな彼女による、覚醒後初の新作ミニ・アルバムを配信! それに合わせて、なぜ覚醒に至ったのか迫るべく、彼女へのインタヴューを決行! 変化へのいきさつから自身の音楽的ルーツ、そして未来への展望など多いに語ってもらった。

本作で、トライバルなディスコ・チューンからグライムなどの多彩な音像、はたまた変幻自在な声音を披露した彼女。“覚醒”し、まぎれもない進化を遂げたコッテルに困惑し、そして歓喜せよ!!

覚醒後、初のミニ・アルバム

コッテル / チャンキーヒール

【販売価格】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / mp3 : まとめ購入 972円 単曲 170円(税込み)

【Track List】
1. チャンキーヒール / 2. ワンダーランド(トライバルディスコバージョン) / 3. シャイなユー / 4. ポッピーパンツ / 5. らくにかいらく / 6. シャイニー☆ダーリン(以外はゴリラ)


INTERVIEW : コッテル

「kottur」時代の彼女はなんだかちょっと、とっつきにくいようなスピリチュアルでアーティスティックなムード満点の女性に見えた。2014年、“覚醒した”コッテルからは次々とおかしなニュースが発信されてきて、確かに見た目も音楽もガラリと変わった印象だ。でも人間ってそんなに急に変われるものなのだろうか。もともとコッテルってこういう人だったんじゃないだろうか? というか本人はどう思っているのだろうか。音楽を聴けば聴くほど謎が深まるコッテルの知られざる“黒い部分”に迫ります。

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 雨宮透貴


コッテル - チャンキーヒール

本当調子こきすぎてたなと思って

——3月21日(土)におこなわれた〈コッテリアンカレーナイト〉は大盛況だったようですね。誰が優勝したんですか?

私です! ホント、私的には私祭りでした。最初はうまくいくか不安だったんですけど…(笑)。

——それはどこの段階で?

もう、一番最初くらい。提案されて、〈コッテリアンカレーナイト〉っていう響きも良いなと思ってはじめたんですけど、ブッキングとか全部自分でやらなきゃいけなくて。私、メール打つのとかもすごい苦手で(笑)。でも一回やろうと決めたからにはやろう、と思って。ただこれ人来るのかな? 本当にやって大丈夫かな? とか思ったりして超不安になってうつ病になりそうでした(笑)。

——そんなに追い詰められていたんですか(笑)。

でも一週間くらい前からすごい楽しみになってきて。当日はとりあえず私が楽しもうと思ってたら、めっちゃ人が来てくれて良かったです。またやりたいなと思います…。決まったらまた面倒臭くなりそうだけど(笑)。でも食べ物が絡んでいると活気がありますよね。やっぱり人間は食べることが好きなんだなと思いました。ライヴもやりつつ厨房に入ってカレーを作るのが無邪気に楽しかったですね。

——『チャンキーヒール』からも無邪気な感じは漂ってますよ。“覚醒した”コッテルさんに対する周囲の反応はいかがですか?

こっちの方が好きだなという人と、コッテルちゃん大丈夫? って心配してくれる人がいますね(笑)。「コッテルとち狂った」みたいな人もいて。『チャンキーヒール』も近い人にはすでに聴かせたんですけど、「今回のはすごく良かったけど、ぶっちゃけ「灼熱ファイターガール」のときは精神状態が心配だった」と言われて。でも、たぶんそう思っている人が多いんだろうなと思いました。ただなんにも考えてなかったから。

——「灼熱ファイターガール」を出したときはなんにも考えてなかったんですか?

グライムっぽいのをやりたいなとは思っていたんですけど。『チャンキーヒール』に入っている曲の方が「灼熱ファイターガール」より先に作ってたんです。色々やるのが楽しくなっちゃって。ちょうど暖かくなってきてたし、明るくやろう! みたいになってきてたので(笑)。

——特に自分の中で意識的に変えたわけではない?

う~ん、あんまりこういうのをやろうということを昔から考えたことがないので…。でもわかんない、もしかして何かあったのかもしれない。でも忘れちゃいました、何があったのか(笑)。

——忘れちゃいましたか(笑)。でもはたから見たら全然違う人みたいになってますからね。

そうなんですけどね。ふざけたかったのかもしれない。カッコよくふざけたかったのかも、たぶん。でも忘れちゃいました(笑)。

——以前ライヴを拝見したときにはアンビエントな世界観を持ったエレクトロニカの人という感じで、ちょっと難解な感じも受けました。ただMCで「物販で売るCDを家に忘れてきてしまいました」というのを聞いて和んだんですけど。

ああ~、私ちょっとおっぱっぴー気味なんでちょっと直したいんですよ(笑)。

——おっぱっぴー気味(笑) 。今の方がどちらかというと自分らしさを出している感じですか?

う~ん、自分らしさってなんだかわからないんですけど、前は曲の作り方がどちらかというと、所謂マニアックな音楽にありがちなというか、「全部の曲がこういう世界観でここに木があって幻の滝があって~」みたいなものを曲にしましたって感じだったんですよ。今は、「こういうキャラの女の子がいたらヤバいな」とか「ウケるな」とかポップに風刺するという感覚で作ってて、あとは「日本人なんだから日本語でやろう」って思って。日本語の面白さとかシュールさを楽しんで作ってます。

——『トマト帽のベレー』のインタヴューの際には「不思議民族サイケデリック妖精ポップスみたいなものをやりたい」と言っていたんですけど、その感じは残しつつ今のスタイルになった感じでしょうか。

そこからちょっと妖精が抜けたかもしれないですね(笑)。前は本当に妖精になりたくてしょうがなかったけど、もうそんなこと言ってる歳でもないなと思って(笑)。

——(笑)。 結局年齢で変わってきたということですか?

いや、でもやっぱり1年くらいでも人間って考え方が変わるんだなって思います、最近。

——それは人間的に成長したということでしょうか。

そうなのかなあ… 反省してます、今までの自分を! 今までがあって自分があるとは思うんですけど、本当調子こきすぎてたなと思って。色々なめてたなと思って反省しているんで、成長していると思います(笑)。

上半身裸とかでやってました

——『トマト帽のベレー』収録の「Wonderland」が「ワンダーランド(トライバルディスコバージョン)」としてアレンジを変えて収録されているので、比較すると如実に成長というか変化がわかりますね。

これはライヴで前の曲もやろうという話をしていて、アレンジを変えた曲ですね。アレンジは森さん(森大地・kilk recordsオーナー / Aureole)に頼んだりしたものもあります。

——森さんはプロデューサー的な立場で関わっていたんですか?

アドバイスはして頂きましたけど、今回は本当にとりあえずやりたいことをやるというつもりで、ジャケとかも私が単独で直接イラストを書いてくれている新藤洋子さんとか写真家の83ちゃんに頼みました。デザインはラッパーのhimeshi君で、森さんは私がやりたいことを助けてくれている感じですね。

——ジャケットはインパクトありますね。

アジーリア・バンクスの感じと、『シン・シティ』みたいな感じにしたかったんですよ。私やっぱり黒い部分の方が多いのでちょっとそれを残したというか。

——黒い部分というのは闇の部分ということですか?

闇というかなんというか、ひねくれているんですよ私(笑)。でもそれはもうしょうがないなと思って。親がそういう風に育てたんで。それはありがたいと思っているんですけど、面白いんで。

——アーティストの方は少なからずひねくれた部分はあると思いますけど。今回のジャケにはそういう自分も出しているんですね。

そうですね。ダークって言っちゃうと暗い感じになっちゃうけど、そういうネガティヴな感じじゃなくて“黒い部分”みたいなところがあった方がカッコイイって何をするにしても思うから。

——コッテルさんのルーツをたどると、スージー・アンド・ザ・バンシーズとかディスティラーズといった名前を挙げていますし、パンク少女だったんじゃないかと。黒い部分ってもともとはそこから始まっているんじゃないですか?


Siouxsie And The Banshees - Happy House

The Distillers - Drain The Blood

そうですね、もともとはというか今でもずっと好きです。優しい音楽も好きだけど、怒ってたりひねくれてたりするのがしっくりくるというか、ずっとそういうのが好きです。

——『チャンキーヒール』にはギターの音が入っている曲もありますけど…。

あ、これは生音じゃなくてサンプラーなんですよ。「シャイなユー」はシタールの音源ですね。ギターは最近全然弾いてないです、弾けますけど。

——昔はギター・ヴォーカルでパンクっぽいのをやってたんですか?

バンドはやってなかったんですけどライヴは1人でやってました、高校生のときとかは。エレキのときもあったしアコギのときもありました。

——へえ~、弾き語りライヴをやってたんですね。その頃はどんな曲を歌ってたんですか?

カヴァーというかコピーです。1人で「イエー!」って。文化祭とかは先輩とかとヤー・ヤー・ヤーズとかやってました。あとは1人でカフェみたいなところとかでもやってましたね。

——カフェで怒りをぶつけてたんですか。

怒りをぶつけてたかどうかはわからないですけど(笑)、楽しかったんで。なんか上半身裸とかでやってました。

——えぇっ上半身裸で!?

あ、間違えた(笑)。いや、裸ではないですけどビキニみたいなのを着て、エロいとかじゃなくて、それがカッコイイと思っていて。上半身ビキニで下はジーパンで、「イエーイ!」ってやってました。ガレージ・パンクみたいな曲をいっぱい作って。

——じゃあ最初はギターで曲作りをしていたんですね。それがDTMに変わったきっかけは?

DTMってなんですか? ってくらいにマジで出来なすぎるし、意味わかんない感じだったんで、最初は2人でユニットをやって、私がギターで曲を作って、こうしてほしいああしてほしいって言ってトラックを作ってもらってたんですよ。その後色々あった結果、私も噂のDTMを自分でやってみよう、みたいな感じになって。あははははは!(突如笑い出す)

——いや、別にそんなにおかしい話じゃないですけど(笑)。今は色んなトラックが作れてますよね。トラックのカッコ良さもありますけど、以前カヴァーした井上陽水の「コーヒールンバ」を聴いても思ったんですが、歌が上手いですよね。

歌上手いです(笑)!

——歌には自信がありそうですね。

あります!

——ヴォーカリストとしての自覚的になったというか、歌を聴かせたいという気持ちは以前よりも大きいですか?

そうですね。なんか、元通りになったと思っているんですよ、歌に関しては。昔はもっと「イエーイ」って感じで超歌ってたのに、色々あって抑えるようになっちゃってたんですけど。今になって「イエーイ」が戻ってきて良かったなと。

——気分がビキニとジーパン時代に戻った?

そうです(笑)。

妖精じゃなくなったから(笑)

——歌はお客さんからも褒められたりしますか?

う~ん、今の感じになってから前より上手くなった気がします、自分でも。

——前はウィスパー・ヴォイスでやらなきゃいけないような感じでしたよね。

そうですね、無理してウィスパー・ヴォイスにしてたなと思って。そうすると下手くそになるなと思いました。大きな声を出した方が楽なのに、頑張ってがんばって、ウィスパー・ヴォイスにしてたなと気付きました。

——今回はヴォーカリストとしての実力が発揮されている作品だと思います。だから「なんか面白そう」と思って聴いた人が「あ、歌上手いじゃん」ってなると思うんですよ。それが『z』との大きな違いのひとつじゃないかなと。

ああ~、そうかもしれないです。

——1曲目の「チャンキーヒール」は洗練されたポップス感もあって、オリエンタルな曲調とはまた全然違いますね。

この曲は昔のディスコっぽい感じのところにいるというか、気持ちはオザケンで作ったんです。そういうものをやりたいと思ったら全然違う感じの曲が出来てしまいました。まあでもなんでも良いか、と(笑)。

——なんでも良かったんですか(笑)。

なんでも良いというか、色々なんでもやりたすぎて「このアーティストって聴いたら一発でわかる」という音がないのかなって最近思ったんですけど。

——コッテルといえばこういう感じという音のイメージがないのでは、ということですか?

そうそう。けっこうみんなわかるじゃないですか。一発聴いただけで「あ、これ〇〇だ」みたいなものが。そういうのがないなって。でもまあいっか、と思った。

——覚醒後のイメージはオリエンタルなトラックにラップが乗ってる感じじゃないでしょうか。

基本的にはそれですね、はい。

——でも今作にはいろいろ楽曲があるし、覚醒後の引き出しから全部出ているような印象です。

今のところ全部出したかもしれないです。だから早く引き出しに入れないとヤバい(笑)。本当にカスくらいしか残ってない(笑)。とりあえず私のこの1年間を全部入れました。

——「らくにかいらく」は迫力ある感じで最後の「シャイニー☆ダーリン(以外はゴリラ)」の軽さとの対比が面白いですね。

最後にそれが入っている感じがなめてる感じで面白いなと自分でも思います。

——今後、覚醒前と後の作品は織り交ぜてやっていくんですか?

いやあ~、それなんですけど、織り交ぜるというか私1人しかいないから織り交ざるしかないというか。色々考えたんですけど、こうしていったら良いとかこうやって見せたら良いとか、考える才能がほんっとに無くて私。人に言われたんですけど、見たところビジネス・センスがまったくないからって…。

——まったくない(笑)。

どこに向けてとか考えても無駄だから、自分のやりたいことをやって、それについてきてくれる人がいたらその人たちのために全力でやれば良いと言われて。ああ、なるほど、それは良い考え方だなと思って。だからこれからもやりたいことをやっていきます。みんながいないと私、本当になにもできないんで(笑)。地味に自分のためだけに作ってるだけになっちゃう。

——こうしてリリースするとなると、曲を作るときにも聴く人の姿を想像したりしませんか?

しますします、最近はめっちゃしますね。前は全然考えなかったんですけど。ライヴは特に考えます。ライヴは前よりは慣れたんですけど、まだ全然ダメだと思うのでがんばりたいです。

——ライヴも以前とは変わらざるを得ないというか。

そうなんですよ、本当戦いって感じですよね。前はステージに機材があって、弾いて歌って、出来てる風にしてたんですけど(笑)。今はそういう武装みたいなものが何もないから、本当に戦いだなって。自分の弱い部分とかビビりな部分とか守っている部分とかを越えないといけないなと。そうしないと見ている人も楽しくないだろうなと思うので。

——確かにそうですね。最後に改めて、“覚醒”という言葉をコッテルさんご自身はどう捉えているんですか?

“覚醒”って言っちゃって良いのかなって思いましたけど、確かに目覚めたのかもしれないですね。空想とか妄想とかじゃなくて、全部出しちゃうっていうことに気付いたことが覚醒なのかな。

——妖精じゃなくなったから?

そう、妖精じゃなくなったから(笑)。

コッテル、覚醒後の作品はこちら!

コッテルが覚醒した第1弾シングル

レーベル Kilk Records  発売日 2014/11/01

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

>>ん? コッテル!!??☆??!! (OTOTOY特集ページ)

コッテルが覚醒した第2弾シングル

レーベル Kilk Records  発売日 2015/02/12

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

>>コッテリアンカレーを食べてみた。 (OTOTOY特集ページ)

コッテルって何者!?!?!?


コッテル
24才の女性SSW、千代によるソロ・プロジェクト。2007年、16歳の時に2人組のユニットとしてコッテルを結成。2010年、omotesando records (OMOTES)よりミニ・アルバム『nukonomad』発売。2011年、千代のソロ・ユニットになる。2013年、kilk recordsより1stアルバム『トマト帽のベレー』発売。2014年に覚醒。これまでのElectronica〜Ambient〜Neo-Psychedelic〜Chill Outミュージックな世界観から一転、「中東サイバー萌え萌えファイター」として活動を開始。日々真の女ファイター目指して修行中。
>>コッテル Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。3人の日常も垣間見える話題も満載です。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【T
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介