静岡が生んだアイドル・3776と一緒に楽曲を作って、アルバムを発売しませんか? 最新シングル配信&対談連載もスタート!

3776

2014年末、アルバム『ラブレター』の配信でオトトイに富士山旋風を巻き起こした3776(みななろ)が、①2015年最初のシングル「旅ふぉとセレクション」のリリースともに、②全国のアイドルと一緒に楽曲をつくってアルバムにしちゃおう! という、一大プロジェクト「じゃぱんあいどるコラボレーション」をはじめます。そして、③3776の対談連載「3776のなかよくなれるかな?」もスタート。初回は、超話題のダンサブルなソロ・アイドル、KOTOがゲストです。3776と一緒にわくわくを楽しみましょう。

①3776の最新シングルをハイレゾで! 「旅ふぉとセレクション」

3776 / 旅ふぉとセレクション

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC(24bit/96kHz)

【配信価格】
まとめ価格 250円(税込)

【Track List】
1. 旅ふぉとセレクション/ 2. 旅ふぉとセレクションカラオケ

【購入特典】旅ふぉとセレクションブックレットpdf

② 「じゃぱんあいどるコラボレーション」スタート!

全国のアイドルと繋がりたいと思う3776が、JAPANだらだら節[Demo#1]という楽曲をフリー・ダウンロード。全国のアイドルさん、運営さん、アイドルになりたい方、この曲を聴いて、3776とコラボレーションしませんか? 面白いと思っていただけたら、要項を読んで、ぜひご応募ください。そして、みんなで一枚のアルバムを完成させましょう。

まずは、Demo音源をフリー・ダウンロードしてみてください!

3776 / JAPANだらだら節[Demo#1]

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC(16bit/44.1kHz) / mp3

【Track List】
1. JAPANだらだら節[Demo#1]


応募方法は、こちら!

■参加資格
アイドルさん(女子)であれば誰でも。グループ/個人、メジャー/インディーズなど全く問いません。(既に活動されてるアイドルさんを想定していますが、これをきっかけにアイドル活動するんだ、という方の参加も可能です)。

■参加方法
『JAPANだらだら節 [Demo#1]』をダウンロードして聴いて下さい。どのような形で参加できるのか、イメージできると思います。後は、曲のコンセプトに(概ね)沿っていれば何を送って頂いてもOK。

■曲のコンセプト
タイトルの「だらだら」は、「いい加減でゆるい」といったような意味。だけど、それが許されるJAPAN、説明するとそうなりますが、あまり意識されなくて大丈夫です。(「だらー?」は、静岡弁で、「でしょー?」とかいった意味です)。全国のたくさんのアイドルさんたちと楽しめれば、それが何よりだと考えてます。ただ、それだけだととっかかりもないので、歌詞のネタになるような例をいくつか挙げておきます。

例1)形式にこだわらない
・神様仏様も一緒くたにしてる、塩がなかったから代わりに砂糖入れたら美味しかった的な、形式にこだわらない「だらだら」。
例2)勘違いで生きててもなんとかなる
・「おかちまち」と「ごとちょう」という別の駅があると思ってたけど東京人、的な「だらだら」。「地元の人は皆間違ってこの言葉使ってる」などのご当地ネタなども。
例3)諦めの境地
・どんだけシャッフルのリズムを頑張っても音頭になっちゃう、でも死ぬわけじゃないし、そんな頑張らなくていいよ、的な「だらだら」。
例4)軽く自虐
・すげーこと言ってる割に実はたいしたことなかったりするよ、的な「だらだら」。

以上、それぞれのアイドルさんらしいエピソード、ご当地アイドルの方はその地方らしいエピソードなどがあれば一緒に楽しめると思います。ご当地自慢は「これがすごいんだぞ」の自慢になりがちですが、今回は逆に「すごくないんだぞ」を自慢してほしいと思います。

■応募物の形式
どのような形でも構いません。いくつか例を挙げておきます。
・『JAPANだらだら節 [Demo#1]』のカラオケ部に音声を重ねた音源。
・『JAPANだらだら節 [Demo#1]』のテンポ(BPM=98)に合わせて新たに作った音源。
・『JAPANだらだら節 [Demo#1]』の楽曲とは関係なく、コンセプトに(ある程度)沿った上作られた音源。
・『JAPANだらだら節 [Demo#1]』のカラオケ部に合わせて作った歌詞。
・コンセプトに(ある程度)沿った内容の歌詞。
・コンセプトに(ある程度)沿った内容のネタ。
以上、その他自由な発想で作って頂ければと思います。
音源の形式は、一般的な形式であればどのような形式でも構いません(wav、mp3など)。送られた音源がそのままアルバムに使用されるわけではありませんので。
テキストの形式も同様、一般的な形式であれば何でも構いません。

■応募方法
音声ファイルでの応募の場合は、民間のストレージ・サービスなどを利用してアップロードして下さい。
>>例)GigaFile便
その上、
・アイドル・グループ名(必須)
・公式サイトや公式Twitter、ブログなどのURL(必須)
・連絡先メール・アドレス(返信でOKな方は省略可)
・音声ファイルのダウンロードURL(音声ファイルでの応募の場合)
・テキスト・ファイル(ある場合は添付)
・説明がある方は説明文
などを記入の上、info@m3776.com までメールを下さい。締切は、2015年4月30日24時までです。

■応募後の流れ
締切後、5月17日までに、採用/非採用のお返事をさせていただきます。(なるべく多くの方とコラボしたいですので、概ね採用になると思います。3776プロデューサーが作品を確認させていただきます)。採用の場合は、どのような形でどのように作業を進めていくかなど、詳細も合わせて連絡させていただきます。その後、音声データのやりとりなどを経て、アルバム発売、というような流れになります。

③「3776のなかよくなれるかな?」vol.1 3776 × KOTO

左から、井出ちよの(3776)、KOTO

全国のアイドルと繋がりたい3776が、全国のアイドルと対談し、成長していく連載、「3776のなかよくなれるかな?」がスタート。vol.1は、3776がブランドまで参考にしているくらい大好きなKOTO! 圧倒的なダンス・スキルを武器に独自の世界観を発信する彼女は、今最も話題のアイドルと言っても過言ではないですね。

対談サポート : 飯田仁一郎
写真 : 大橋祐希

次々自分がチャレンジできて楽しいんですよね

3776 : KOTOさんとようなぴさん(ゆるめるモ!)でコラボして『エンジェルがエンドレス』を出されましたよね。どういういきさつで一緒にやることになったんですか?

KOTO : 去年の11月から6ヶ月連続シングル・リリース企画をしていて、レコライドの佐々木喫茶さんにプロデュースしてもらってるんですけど、喫茶さんがようなぴさんと知り合いで、「何か一緒にやりましょうか」ってようなぴさんにオファーしてくださったんです。私とようなぴさんは、Twitterとかでお互い認識してはいたんですけど、コラボが決定してからはじめてちゃんとお会いすることになりました。

ーー実際に会ってみてどうでした?

KOTO : 「写真と同じだ!」と思いました。

KOTO

3776 : (笑)。

KOTO : ようなぴさんのイメージというか。髪の毛の色とか雰囲気とか、KOTOが好きな感じなんですよ。だからイメージそのままの人が目の前に現れてびっくりしました。

ーーようなぴさんのほうがKOTOさんより年上ですよね。お姉さんって感じでした?

KOTO : そうですね。インタヴューで喋ったときも、質問に答える感じがKOTOと全然違って「おおー」って思いながらきいてました。あの、KOTOと3776さんって一回対バンしてますよね?

3776 : はい! KOTOさん、そのとき声が出なかったですよね?

KOTO : ああ! そうです!

ーー3776ちゃん、KOTOさんのことすごく好きなんですって。

3776 : はい!

KOTO : えー! ありがとうございます!

ーーどういうところが好きなんですか?

3776 : ダンスが上手じゃないですか。振り付けとかも自分で考えてるし、すごく尊敬してます。いつもどうやって考えているんですか?

KOTO : 歌詞から考えることが多くて、歌詞からイメージを膨らませていく感じですね。パッと観たときに、歌詞とリンクしてわかりやすくなるようにやってます。


KOTO/TRASH-UP!!まつり~ハロウィンの夜~@渋谷WWW

ーー3776ちゃんは振り付けはどうしているんですか?

3776 : 私は曲を聴いて最初に思ったことをポンと即興でやってますね。

ーーKOTOさんは1曲の振りを考えるのにどの位かかるんですか?

KOTO : 1曲につき3回くらい変えて作ります。踊ってみて踊りづらいなとか思ったらもう1回作りなおして、「やっぱこっち、いややっぱりこうかな」とかやって、それを繰り返して結局3回目くらいで完成しますね。

3776 : 私は1回でぱっとやって、プロデューサーの石田(彰)さんに観てもらって合否を決めてもらいます。

KOTO : それはそれですごいですね! 私は作りはじめると迷いが出てきちゃうので、ずっと作り直せそうな気がしちゃうんです。

ーー最終的には周りに判断してもらうんですか?

KOTO : 自分だけでは客観的にみることができないので、最終的には誰かに観てもらわないとなって。1回自分で「これでいける!」って納得してから確認してもらってます。

ーーKOTOさんが行っている、6ヶ月連続シングル・リリース、大変ですか?

KOTO : 大変… ではないですね。

3776 : そうなんですか?

KOTO : 次々自分がチャレンジできて楽しいんですよね。でも自分の容量を上回って挑戦しているので、時々パンクしそうにはなるんですけど。それはコトラーさん(ファンの総称)に助けてもらってます。「ちょっとやばい、パンクしそう!」って、話を聞いてもらってる(笑)。

3776 : なるほどー。

KOTO : 今、ソロでも活動しているんですよね?

3776 : そうですね。遠征は私ひとりで、地元は何人かでやってます。

ソロだからこそ出来ることが色々あるなって気付いてきた

ーーふたりともなんでアイドルになろうと思ったんですか?

KOTO : 元々ダンスを習っていて、小学生の頃とかはダンスの先生になることを目標にやってたんですけど、今の6ヶ月連続企画の振り付けをしてもらってるIG先生に出会って、「とにかく自分がやりたいと思ったことは全力でチャレンジしなさい」って言われたんです。私、歌が昔から好きで、ダンスのコンテストの主催者さんが開く歌のコンテストに出たりしてたんですけど、そういうのをきっかけに、もっといろんなことにチャレンジしていったらいいんじゃないかって、先生に背中を押してもらって。それで『SHAKE HANDS』っていう映画の主題歌のオーディションを受けて、合格したのがきっかけです。

3776 : ええー! すごい。

KOTO : まさか受かると思ってなかったんですけど、とりあえず先生の「やってみろ!」っていう言葉を受けて。

ーー恩人ですね。

KOTO : そうですね。今も振り付けはIGさんがいいって言ったのでやるんです。

ーー3776ちゃんはどうですか? 何故アイドルに?

3776 : 幼稚園のときから将来の夢がアイドルだったんです。

KOTO : へえー!

3776 : それが叶ったなって感じです(笑)。

ーー2人は、他にメンバーがいたらいいと思ったりすることはありますか?

KOTO : ほしいですか?

3776 : うーん、私は地元に戻ったらいるので、まあ大丈夫かなって(笑)。

ーー一ソロのときと、どう違います?

3776 : ソロだと自由なんです。ゆるいというか。地元でもゆるいんだけど、もう少しちゃんとしている感じがありますね。

ーーKOTOちゃんはどうですか?

KOTO : 最初始めた頃は、ソロって心細いんだなって思いましたね。全部自分でやらなきゃいけないし、周りもユニットの方ばっかりで、あんまりソロの人に出会うこともなくて。

3776 : うんうん。

KOTO : でも最近はソロの方にも会う機会が増えてきて、長くソロ活動を続けている方とかすごいなって思いますね。あとはソロだからこそ色んな人に支えられてるなって。作曲の方とか、振り付けの方とか、コラボさせてもらったりとか、バック・ダンサーとして活動させていただいたり。ソロだからこそ出来ることが色々あるなって気付いてきたので、今すごく楽しいです。

ーー色々わかってきたんですね。

KOTO : はい。

ーー日頃の活動は大変ですか? 例えば、学校との両立とか。

両者 : ああー。

KOTO : 私、中途半端なことが苦手で、すごく負けず嫌いな性格みたいで、そこにハマっちゃう時期があるんです。

ーーハマっちゃうっていうのはどういうこと?

KOTO : 「何でもいいや」っていうのが駄目で、でも駄目だからこそ、「あれもこれも完璧にやりたい! 学校もライヴも他のことも全部やりたい!」となってパンクします。

3776 : わかります!

ーーパンクしたらどうなるの?

KOTO : 1回パンクしちゃえばシュンと元に戻ります。あと、そういうときは甘いものを食べます!

ーープロフィールにも甘いもの好きって書いてありましたね。

KOTO : そうなんです。パンク寸前のときが1番甘いもの食べてると思います。ふふふ、やばいですよね(笑)。

ーー3776ちゃんは追い込まれるとどうなるの?

3776 : 私は、ずっとこんな感じですね。(ジェスチャーをする)

ーー何それ(笑)?

3776 : なんだろう、こうシュッと… 右肩下がり? テンション? 調子が下がっていって、何かがあれば上がって元に戻る感じです。

ーー甘いものは?

3776 : 食べたくならないですね(笑)。

何かの原点や発信源になりたいって思ってるんです

ーーKOTOちゃんのことは尊敬してるけど、それと同時に負けたくないとも思いますか?

3776 : まだそこまでいかないです。本当に今は神様みたいな存在なんで!

KOTO : へえぇ!!

ーー(笑)。

3776 : もう少し追いついたらそうなるかもしれないですけど、今は全然そこまではいかないです。

ーー3776ちゃんが考えるKOTOちゃんの1番の魅力はどこですか?

3776 : 魅力ですか? 衣裳とかもそうですし、ダンスも、メイクの仕方も好きだし、全部がすごく魅力的だと思います!

KOTO : ヒェ〜!

ーーファッション面でもKOTOさんに影響を受けてるんですよね?

3776 : はい。KOTOさん、ファッション・ブランドのNile Perchさん好きですよね?

KOTO : めっちゃ好きです。

3776 : ですよね! TRASH-UP! さんの記事で好きだって言ってるのを知って、私もそこから好きになったんです。

KOTO : そうなんですか! Nile Perchさんはですね、通いすぎて私服も衣裳もNile Perchさん率が高いので、ポイント・カードが非常に溜まりまして、1年に何回住所を書いてるかわからない位お世話になってますね(笑)。

3776 : すごいですね。

KOTO : 今度お店で会えたらいいですね。

ーーKOTOさんと3776ちゃんはいくつ離れてるんでしょう?

KOTO : 高1です。

3776 : 私、中1なんで3歳ですね。

ーーちょうど姉妹みたいな感じだと思うんですけど、自分に憧れる人が現れるのってどうですか?

KOTO : びっくりしちゃう。嬉しいですね。でも、KOTOの神的存在がIGさんなので、それと同じようにKOTOを想ってくれる人がいたら逆に怖くなっちゃうな。「そんな人じゃないのに!」って。

ーー他に、具体的にアイドルで憧れの人はいますか?

3776 : 私はでんぱ組.incさんのえいたそ(成瀬瑛美)さんみたいになりたいです。他のメンバーも素晴らしいんですけど、えいたそさんはその中でも人一倍ファン・サービスみたいなものがあると思うし、立ち位置が後ろでもすっごくニコニコしていて、魅力があると思うんです。

ーー3776ちゃんは負けず嫌いだけど、そんなにセンターとかにこだわってるわけではないのかな。

3776 : こだわってはないですね。なれたらいいなとは思いますけど。

ーーKOTOさんはどうですか?

KOTO : 今すごい考えてたんですけど、出てこなかった。

ーー誰もいないってこと?

KOTO : 元々、誰かになりたいって思ったことがなくて。好きな人はいっぱいいて、椎名ひかりさんとかは『Popteen』のモデルの頃からすごく好きで、何回かライヴでご一緒させてもらって素敵だなって思ってるんですけど、あんまり人で目標を設定したことがなくて。

3776 : なるほど。

KOTO : 私は自分で作って発信していく人、何かの原点や発信源になりたいって思ってるんです。

ーーなるほど。クリエイティブなことがしていきたいんだ。アリーナや武道館に立ちたいというような野望はありますか?

KOTO : そういう活動を続けた結果、そうなれば嬉しいって感じですね。今やりたいことをやらせてもらっているので、そういうのを観てくださって、好きになってくれる人が増えて、結果大きなところに立てたらすごく嬉しいです。

ーーその発信したい”何か”の内容は何でしょう。ダンス?

KOTO : 歌があって、ダンスがあって… あとはファッションとかも好きなので、グッズみたいなものもどんどん発信したいと思っています。

ーーなるほど、KOTOさんはアイコンとして発信していきたいって感じなのか。

KOTO : そうかもしれないです。

ーー3776ちゃんはどうですか?

3776 : 今、普通と違う、変わった曲を歌っているから、その中でどんどんレベルを上げていって、似たようなアイドルさんがいたら抜いてきたいなと思いますね。

ーー直近の目標は?

3776 : 定期公演に100人呼びたいです。

KOTO : おお、100人。すごい。

ーー静岡だもんね。

3776 : 遠いし、有名じゃないから、もっと有名になって色んな人に観てほしいですね。

ーーKOTOさんは?

KOTO : 6ヶ月のプロジェクトとして、喫茶さんに曲を作っていただいて、持ち歌が一気に増えたんですよ。で、ありがたいことに売り切れた曲とかもあって、CDとして聴いて頂いてない人がたくさんいるので、そういう人にも届くようにアルバムみたいなものを出せたらいいなあと思います。

KOTO

小学生の頃にダンスを始めて、数々のコンテストのタイトルを獲得する。また同時期にアパレルブランド『CHEER』のイメージ・モデルを2011年~2014年まで務めるなどモデルとしても活動を行う。2012年日本初のキッズダンス映画『SHAKE HANDS』の主題歌オーディションに数百名の中から見事合格し、同作品の主題歌で歌手デビュー。2014 年1月に発売したソロ・デビュー・シングル『ことりっぷ』がオリコン初登場20位を獲得。続けて2014年8月に発売した2ndシングル『愛を届けるお人形』がオリコン初登場10位を記録。圧倒的なダンス・スキルを武器に独自の世界観を発信するアイドル。

KOTO official HP
Twitter

3776/TEAM MII 過去作

3776 /ラブレター

3776通算4作目のこのCDは、井出ちよののソロ・ユニットのスタイル『Season#3』初のCD。「富士山のふもとに住むある女の子~井出ちよの」を突き詰めていくと、こういう作品になりました。「ご当地アイドル」のリアルな姿を垣間見れるかもしれません。ブックレットにも写真がふんだんに使われ、よりアイドルらしいCDになってます。

>>特集ページはこちら

3776 LIVE SCHEDULE

2015年3月8日(日)@大久保 EarthDom
2015年3月22日(日)@富士宮 花と食の元気広場
2015年3月28日(土)@高崎 CLUB JAMMERS
2015年3月28日(土)@富士 イーグルヴィジョン
2015年3月29日(日)@富士宮 aera
2015年4月3日(金)@大阪 ミナミLoft PlusOne West
2015年4月12日(日)@富士 岩本山公園
2015年4月18日(土)新栄 CLUB ROCK'n'ROLL

PROFILE

3776

富士山ご当地アイドル3776(みななろ)。季節ごとにその姿を変える富士山のように、グループの姿も変わり続ける3776。現在は井出ちよののソロ・ユニット「Season#3」として、全国のアイドルさんとコラボをするという企画も進行中。

次の「Season#4」は再びグループ体制で臨むべく、研究生チームが地下深くマグマの如くレッスンを行い、力を蓄えてます。メンバーもまだまだ募集中。

3776 official HP
Twitter

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介