DPG本隊に革命を起こす“GI砲”(GカップとIカップ)を本邦初公開!! ーー4thシングル『新生プロレス研究会』から2曲を1ヶ月先行配信スタート!!

青森のロック・フェス「夏の魔物」の主催者・成田大致により結成されたエンターテイメント・グループ、DPG。メンバーの加入と脱退を繰り返しながら、プロレスと音楽をミックスしたエンターテイメントを作ってきた彼らが、先日行なわれたヴィレッジヴァンガード史上初の24時間インストア・イベントにて、再びメンバーの脱退・加入を明らかにした。DPGのオリジナル・メンバーであるステファニー・アユミが卒業、スペシャル・ゲスト・プレイヤーとして、“グラドル自画撮り部書記”としての活動でも知られる、Gカップ・グラビアアイドル塚本舞が参加、正式追加メンバーとして、17歳の新人“李星帆”の加入が発表された。そんな激動のDPGが2015年1月に発売するシングルから2曲を、いち早く配信スタート、新メンバーへのインタヴューとともにお届けする。果たして、DPGはどこへ向かうのか? 音源とともに、その行方から目が離せない。


新生プロレス研究会DPG VS ブラックDPGの4thシングルを先行配信スタート!!

DPG VS ブラックDPG / 新生プロレス研究会

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、mp3 単曲 250円

【発売日】2015年1月14日(水)

【TRACK LIST】
1. 爆裂レボリューション DPG+塚本舞(※先行配信)
2. デス・デス ブラックDPG
3. 爆裂レボリューション(JMBS FUNKOT Remix)(※先行配信)

新メンバーお披露目イヴェントが開催決定!!

夏の魔物〜DPGハウスショー9〜

2014年12月19日(金)@新宿MARZ

時間 : 開場 18時30分 / 開演 19時
出演 : BELLRING少女ハート / Maison book girl / みきちゅ / おやすみホログラム / DPG+塚本舞 / ブラックDPG / アントーニオ本多

チケット購入はこちらから

INTERVIEW : 塚本舞、李 星帆、成田大致

2013年春の誕生以来、数多くの自主イベントを開催しつつ、本祭『夏の魔物』でもフェスの狂言回し的役割を果たしてきたエンタメ・ユニット、DPG。さまざまなミュージシャン、アイドル・グループらとの共演を経て知名度を上げながらも、メンバー・チェンジを繰り返して一向に落ち着く気配がない彼らが、4thシングルの発売を前にしてまたしても新メンバーの加入を発表! グラビア・アイドルであり「グラドル自画撮り部書記」を務めるタレント・塚本舞(Gカップ)と、中国から来た(?)謎のニュー・タイプ・李星帆(Iカップ)による眼福タッグ・チーム“GI砲”が、DPG本隊に革命を起こすべく参戦することとなった。成田曰く「100年に1人の逸材が2人揃った最強の布陣」となったDPGが今まさに“爆裂レボリューション”の狼煙を上げる!

左から、塚本舞、李 星帆

インタヴュー&文 : 岡本貴之
写真 : 二宮ユーキ

2人とも100年に1人の逸材ですよ! 棚橋とオカダ、綾波レイとアスカとか

ーー今日は新メンバーのお2人にお越しいただきました。まずは自己紹介をお願いします。

塚本舞(以下、舞) : はい、塚本舞です。普段はグラビア・アイドルをしているんですけど、今回ニュー・シングル『爆裂レボリューション』からDPGとして参加させて頂くことになりました。よろしくお願いします!
李 星帆(以下、星帆) : 李星帆(リー・セイホ)17歳です。今まで何もしてこなかったアル…。

ーー何もないことはないとは思うんですが(笑)、新曲のレコーディングには参加していないんですね?

星帆 : はい、何もしてない…。
成田大致(以下、成田) : これからDPGとして色々やっていくということです!

DPG

ーーわかりました(笑)。まず舞ちゃんはグラビア・アイドルとしてDVDを出していたり、グラドル自画撮り部書記を務めたり、アイドル評論家としてコラムを執筆したりと、すでに活躍されていますよね。また、大森靖子さんのお友達でもあるという。

舞 : そうですね。靖子ちゃんもハロヲタで共通の趣味があるので、お友達として仲良くしています。あと、「大森靖子コピバン祭」にも靖子ちゃんと一緒にハロプロのコピバンでヴォーカルをやらせてもらったんです。そのライヴを成田さんが観に来ていて、今回声を掛けて頂いたんですよ。マネージャーさんから、成田さんという方から事務所にメールが来ているよと言われて。私は「夏の魔物」自体はもともと知っていたんです。でも最初マネージャーさんが「なんかわかんないけど、プロレスやらないよね?」って言ってきて、スルーされそうになってたんですよ(笑)。
星帆 : アハハハハ!
舞 : マネージャーさんに来た成田さんのメールがすごくざっくりしてて、「一緒に楽しいことやりましょう、ぜひ!」くらいの感じだったらしくて(笑)。
成田 : もうちょっと詳しくは書いてたと思うけど説明不足だったのかも(笑)。
舞 : だからマネージャーさんもよくわからなくて「プロレスやるの? やらないよね?」って感じで。でも「え? 成田さんって〈夏の魔物〉の?」って思って訊いたら、DPG参加のお話だったんですよ。それで代官山UNITに観に行って、2日後くらいに打ち合わせして直接「やりませんか?」って言って頂いて、その3、4日後にレコーディングだったんですよ(笑)。
星帆 : へぇ~!
舞 : さらにその3日後くらいにジャケ写を撮って。UNITでステージを拝見させてもらったときは、まさか自分が1週間後にそういう動きをしているとは思いませんでした(笑)。

ーー星帆ちゃんはどのような流れでDPGに加入することになったんでしょうか?

星帆 : 中野ブロードウェイにある「中野ロープウェイ」という、アイドル御用達のファンシー・ショップがあるんですけど、そこの店長であるイトウ君から紹介されたんです。
成田 : 解説すると、中野ということでメトコちゃん(※中野区観光大使でブラックDPGのメトロポリちゃんV)が「誰かいい子いないすか?」ってイトウさんに聞いてくれたんです。すると、「1人、めちゃくちゃかわいい子がいる」と。中野ロープウェイの店長が言うんだから間違いないと思って、即いろんないろんな人を経由して連絡をとって。
星帆 : ボクはずっとイトウ君に「何か仕事ください」って話してたんですが、別の知人からなぜか「DPGからスカウトがきたけどどうする!?」という話が突然来たんです。でもDPGを知らなかったんで、アイドルに詳しいイトウ君にたまたま「DPGって知ってる? スカウトされたんだけど」って聞いたら「え~? 知らないなあ」みたいに言うんですよ(笑)!。イトウ君が知人に「星帆ちゃんにDPGのスカウトの話して」って話を振ってたのに!
舞 : アハハハハ! なんかすごいね(笑)。
星帆 : でも「なんだか知らないけど、やりたいならやってみなよ」って言われて今ここにいるアル。

ーー成田さんからはなんと言われたんでしょうか。

星帆 : 「DPGの可愛い担当でおねがいします」って言われたアル。今、成田シャチョーの喋り方をマネしたんですけど、わかりました?
成田 : 俺そんな馬鹿っぽいのか…(笑)。

ーー星帆ちゃんは、DPGに入るまでは何かしてきたのですか?

星帆 : 特にありません。基本、目立ちたくないので。

ーーめちゃめちゃ目立つグループに入ったと思いますよ?

星帆 : でもボクは本当に目立ちたくないんで、舞ちゃんがいてくれて良かったアルヨ。ボクは影になれるんで。

ーーいやそれは違いますよ。舞ちゃんが輝いたとしたらその光を浴びて星帆ちゃんも目立ちますよ。

成田 : そうなんです、『太陽と月』の理論なんです。2人とも100年に1人の逸材ですよ! 棚橋とオカダ、綾波レイとアスカとか、2枚看板ってあるじゃないですか。そういうのをずっとやりたかったんですよ。
舞 : そうなんですか!?
星帆 : でもボクのインタヴューを書くくらいならカレーのレシピを載せといた方がいいと思う(笑)。その方が役に立つアル。
成田 : そんなことないよ(笑)。

小さい頃に天龍のタオルに包まれて試合を観に行ってたんで

ーーやはりお2人とも〈夏の魔物〉が予備知識としてあったからすんなり加入を決められたんでしょうか。

舞 : それもありますし、成田さんと話してて、純粋にDPGの活動が楽しそうだなって思ったんです。私は桃井はるこさんがもともとすごく好きだったんですけど、「サマーロマンサー」の歌唱で参加されているというのを聞いて。モモーイさんの「ワンダーモモーイ」という戦うヒロインの歌があって、私はそれがすごく好きなんですよ(急に滾り出す)! ニコニコ動画にある「ワンダーモモーイ」のMADの、落ちサビのところで〈コドモの頃夢見た おちゃめなヒロインはね〉っていう歌詞で色んな女性ヒーローが流れてくる場面がすごい好きなんです。それで「モモーイさんが「サマーロマンサー」を歌ってるよ?」って(成田さんに)言われて。「ヒーローにならないかキミも!?」っていう感じで。
成田 : ダハハハハ!


アイドルマスター ワンダーモモーイ by 亜美@とかち re:produce

舞 : 自分の隠れたヒーロー・ヒロイン願望をくすぐられてしまったのか「なりたい!」って思っちゃったんです。そうしたら成田さんがこの衣装を用意してくださったんですよ(笑)。

ーー思いっ切り「セー●ー●ーン」の衣装ですね。

舞 : それはあんまりハッキリ言わないでください(笑)。
成田 : 「セー●ー●ーン」は20周年なんで。大目に見て下さいということです! 武内直子先生! 俺達の存在に気づいてください! なんでもします!!! それと、舞ちゃんと打ち合わせしたときに「両津が好きなんですか?」って訊かれまして。『こち亀』の両津勘吉ですよ? 女の子からなかなか両津ってワード出てこないですからね。
舞 : (笑)。UNITのエンディングのときに「葛飾ラプソディー」がかかってたんです。あの曲がすごく好きで、成田さんに訊いたんですよ。「両津好きなんですか?」って。

成田大致

ーーそういうアニメや漫画が好きなところが共通点だったんですね。

舞 : そうなんですよ。それと両親がプロレス好きで、小さい頃に私も後楽園ホールとかに連れていかれてて。
成田 : ご両親が90年代プロレスが好きなんですよ。それでご両親は舞ちゃんに「DPGの邪道姫になれ!」って言ってるらしくて(笑)。
舞 : 「くどめ(工藤めぐみ)になるのか?」って言われました(笑)。お話を頂いたときに「どう思う?」って家族に相談したんですよ。それでみんなでDPGの動画とかを見たんですけど、そしたら「我が家と親和性が高い」と絶賛されて。自分はグラビア・アイドルという本職があるので、普段の自分の活動とは別に「DPG+塚本舞」という形で一緒に何かできたらなと思っています。
成田 : 「カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)」みたいな感じです。
舞 : そうなんですよ。

ーーなるほど、レギュラー参戦しているけど所属選手ではない、ということですね。

舞 : はい、そうです。まあまだレギュラー参戦もしていないんですけど(笑)。これからです!
成田 : 大森さんのコピバン祭りで歌ってたときに、すごく歌がよくて。「ガタメキラ」(太陽とシスコムーン)歌ってたんですよ。俺もお母さんも太陽とシスコムーンが好きなんで。
舞 : お母さんも?
成田 : お母さんと一緒に「ASAYAN」で見てたんで。青森は深夜にやってたんですけど。
舞 : へえ~! とにかくそれで観てくださって、「ガタメキラよかったです!」って言ってくれたんですよ。


ガタメキラ / 太陽とシスコムーン

ーーメンバーの方とはもうお会いになりましたか?

舞 : レコーディングのときにお会いしたんですけど、すっごい優しくて。
成田 : 本多さん(※アントーニオ本多)が、俺と知り合ってからの過去8年の中で一番テンション上がってましたからね! あんなに喜んでるアントンさん初めて見ましたね。只野(菜摘)さんも「こんなにアントンさんが喜んでてよかったね」って言うくらい(笑)。
舞 : フフフフ。みなさんに初めてお会いして、レコーディングだったんで緊張してて声が出るかな? と思ってたんですけど、そしたらアントンさんが発声練習に付き合ってくれたんです。アントンさんとライダーさんで待ち時間に発生練習をして、みんなで大きい声出したら恥ずかしくなくなったんですよ。そしたらROLLYさんもギターのレコーディングを終えて出てきて、「こうやってやるんだよ」って発声を教えてくださって。みんな優しいって思いました。すごい不思議な空間でしたね(笑)。

ーーアントンさんはプロレスラーですけど、プロレスラーの方にお会いになったのは初めてですか?

舞 : いえ、小さい頃に天龍のタオルに包まれて試合を観に行ってたんで。黒に黄色い文字のあるじゃないですか?
成田 : レボリューションじゃないですか!
舞 : それで試合とか観に行ってたんですけど、子供なんでプロレスラーの方たちが可愛がってくれるんですよ。サイン帳も持ってました(笑)。

ーーもう、英才教育をされているじゃないですか!

成田 : DPGをやるためにいた人物と言っても過言ではないですね。
舞 : あははははは! 自分は幼かったんであんまり覚えていないですけど、両親からしたら結構盛り上がってますね。

ーーじゃあ今後はDPGでプロレス的な活動も…。

舞 : いえ、それは事務所NGなので…(笑)。グラビア・アイドルの部員が500人がいるグラドル自画撮り部の書記をやっているので、私がプロレスをすると不安になる子もいるかもしれないじゃないですか(笑)?

ーー「私もリングに上がらないといけなくなるんじゃないか」とか?

舞 : そうです。そういうことをやりたい子もやりたくない子もいるだろうし、自分の中のグラビア・アイドルとしての指針として、プロレスとかはしないで行こうかなと思っています(成田をチラ見しつつ)。
成田 : やらせるわけがないじゃないですか!

つまりGカップの舞ちゃんとのコンビは“GI砲”ということになるんです

ーーあくまではヴォーカル担当のメンバーとして参加するということですね。「爆裂レボリューション」を歌ってみてどうでしたか?

舞 : 只野さん作詞のプリキュア5「スマイル go go!」がすごい好きだったので、只野さんが詞を書いて下さると聞いてすごく嬉しかったんです。現場でも譜割りとか色々教えてくださって、楽しくてあっという間でしたね。あまりにもあっという間だったんで、またちゃんとレコーディングしたいなと思いました。

ーー星帆ちゃんはまだレコーディングには参加していないわけですが、曲を聴いてどう思いましたか?

星帆 : 「…うん」というカンジです(笑)。

ーー(笑)。あんまり、感情が揺り動かされることはないのでしょうか?

星帆 : 感情がない(笑)。いや、でもいいと思いました(小並感)。って感じ。

ーー“こなみかん”?

舞 : 若者言葉ですよ!

ーーDPGの活動を振り返っても今までとは違った雰囲気なんでしょうか?

成田 : 確かに雰囲気が悪い時期も正直ありました。仲が良すぎた分、喧嘩することも多かったし。でも、今また初心に返って全員の気持ちが再び盛り上がるみたいなモノはすごく感じますね。大内さん(大内ライダー)も練習毎にテンション上がってるし(笑)。やっぱり2人のおかげだなってすごく思います。
星帆 : いやいや、華がある舞ちゃんのおかげアルネ! だからボクは入るときに、「Gカップのグラビア・アイドルが入るのにボクはいらないんじゃないですか?」って言ったのですが、でも成田シャチョーが「絶対に大丈夫!」って言うんで。
成田 : 星帆ちゃんは17歳でありながらIカップなんですよ! つまりGカップの舞ちゃんとのコンビは“GI砲”ということになるんです。俺からすると夢のタッグ・チームです!

ーーなるほどそういうことですか。星帆ちゃんはグラビア・アイドルとしての舞ちゃんのことは知っていたんですか?

星帆 : 正直知らなかったけど、緊張してまだ目を見て話すことができない…。
舞 : 私は年下の女の子と接することがあまりないので、わからないんですよ。何年生まれだっけ?
星帆 : 1997年生まれです。
舞 : 7歳も違うんですよ、すごくないですか!? でもさっき衣装の着方とか困ってたんで、こうやってやるんだよって手伝ってあげたり、徐々に接してます。
星帆 : 舞ちゃんに全部やってもらったアル!
舞 : 私は姉妹がいないし、部活とかも入ってなかったんで、後輩とかもいなかったんですよ。だから初めてなんです。
成田 : 星帆ちゃんはすべてが初めてなんですよ。

ーー新弟子として成田さんの色に染めていこうという?

成田 : いや、そんなことないですよ。ファンのみなさんも含めて、みんなで育てて行こうと思ってます。愛される存在になってほしい、という感じです。
星帆 : ハイ、頑張るネ。

DPGを抜けてしまった人もいつでも戻ってきてほしい、と思っています

ーー2人とも今後DPGにどんなレボリューションをおこしたいですか?

舞 : えぇ(笑)!? そうですね、例えば衣装で胸元を強調したり、グラビア・アイドルならではの見せ方もできたらなと思います。本当は「カントリー娘。に石川梨華(モーニング娘。)」みたいに「DPGに塚本舞(グラビア・アイドル)」にしたかったくらいなんですけど、それだと長くなっちゃうんで(笑)。DPO(※DPGファンの総称)の皆様に応援していただける存在になるよう頑張ります!
星帆 : ボクは今のところまだわからないです。
成田 : 代弁すると、例えばリリコはヤングライオンの時代からイチからDPG生え抜きでやってきたわけじゃないですか? やっぱり今のDPGにはそういう子が必要だなと思ったんですよね。

ーーでは星帆ちゃんは新弟子として入門したということでしょうか。

成田 : そうです、成長物語ですね。舞ちゃんが棚橋(弘至)だったら星帆ちゃんがオカダ(カズチカ)、というふうにDPGでは考えているんです、2トップとして。そして柴田(勝頼)がリリコです。

ブラックDPG

ーーなるほど、生え抜きのリリコちゃんが柴田…?

成田 : そうです。これは、今後の展開に影響するかも知れないのでこのインタヴューを読んでくださったDPOの皆さんは覚えていてほしいです

ーー先日のヴィレバン24時間インストア・イベントで、二人の初お披露目と同時にステフちゃん(ステファニー・アユミ)の卒業が発表されましたね。これはファンみなさんも相当ショックを受けていると思うんですが、なぜこのタイミングで卒業することになったんでしょうか。

成田 : プライベートや仕事、色々な事情が重なって… という次第ですね。もともと、ステフは他のメンバーと違って仕事をしながらの参加だったので、せっかくの休みの日もライブだったり練習だったりで潰れてしまうし、今後のライヴにも参加出来ないことが増えていくということがわかっていたので…。ただ、どんな事情があれども卒業ライブも行わずこういった急な発表になってしまって… 俺達もステフも、申し訳ないという気持ちでいっぱいです。すみません。けど、「いつかDPGが武道館でライヴをやったときには自分もお客さんとして観たい」とステフからの手紙には書いてありましたので、これからもDPGに対しての気持ちは一緒だと思っています。

ーー最近「結成前からずっと思い描いてた赤・青・黄・桃・緑の5人+アントンさんがついに揃う。」とツイートしていましたが、もともとそういう構想があったんですか?

成田 : 結成した時からカラーはしっかりと定義したいと実は思ってました(笑)。できてなかったけど。これからのDPGのテーマは“リビルド(再構築)”です。だからこそ、新メンバー加入というのは、ある意味“一巡した世界”だと思っているんですよ俺は。
舞 : 『ジョジョの奇妙な冒険』ですね!
成田 : そう、「これが1stだ」って。まあ、バンドのときからいつも言ってますけど(笑)。紆余曲折があり、また「リングの魔物」の時みたいに戻ってきたと。

ーーということは、これからが本当のDPGのはじまり?

成田 : そういうことです(キリッ)!
舞 : あははははは!
成田 : 毎回言ってますけどね(笑)。でも本当に、作品を作っている雰囲気とライヴがどんどんリンクしていくんじゃないかなと思いますね。舞ちゃんと星帆ちゃんが加入したことで、これまで以上に曲の部分でも魅せられると思います。青はいなくなってしまったけど、白が本隊に…(意味深)。それに、俺が言えるのはDPGを抜けてしまった人もいつでも戻ってきてほしい、と思っています。

ーーえ? それは誰であろうとも?

成田 : もちろんです! まずは「電話に出ろ」「LINEを既読にしろ」「ご飯食べに行こう」と(笑)。こういう場で話すのはせこいかもしれないですが、俺が本気で思っているって言うことを皆に伝えたいので。特に福ちゃん(※福田洋)には、もしこれ読んでたら「返事ください」と言いたいですね。

ーーところで、2015年に10周年を迎える〈夏の魔物〉はどうなりそうですか?

成田 : やっぱりその話になりますか(笑)。まあやるんじゃないでしょうか。

ーー〈夏の魔物〉が開催されたらGI砲の2人もDPGのメンバーとして参戦することにもなりますね。

舞 : はい、出たいですね。今年、靖子ちゃんがコカ・コーラの旗を持って山を下ってきた映像がすごく好きで。靖子ちゃんのライヴ動画を結構良く見るんですけど、ああいう演出はあの日だけだと思いますし、あれって〈夏の魔物〉じゃないとできないことだと思うんで。今は自分のファンの方にもDPGのファンの方にも受け入れていただけるかというドキドキ感はあります。自分はDPGのライヴのようなステージに立ったことがないので出来るか心配な部分もあるんですけど、普段はすごくインドアなのでああいうふうにステージで体を動かしたりして、自分の中で鬱屈したもの、こじらせてるモノがDPGのライヴや、そして夏の魔物のステージ上で昇華できたらいいなと思います。
成田 : とにかく舞ちゃんの歌が良いんで、そこに期待してほしいです!! DPGを結成したときに、歌に関してこういう感じでやりたいという構想はあったんですけど、なかなかそれが具現化できなかった部分があるんですね。でも舞ちゃんが参加しれくれたことで、それがついに実現するんです!
舞 : ひぃぃ~! プレッシャーが(笑)。
星帆 : ボクも頑張ります!

ーーGI砲のお披露目は12月19日(金)新宿MARZのイベントになるわけですが。

舞 : ファンの方には私たちがDPGで歌って踊る姿を楽しんでほしいので、是非DPGのイベントに観に来てください。よろしくお願いします! 特訓しましょうね!
星帆 : ハイッ! みんな初ライヴで会えるの楽しみにしてるよ〜!
成田 : 『太陽と月』の2枚看板“GI砲”で2015年からのDPGは爆進します!! まずは12・19新宿MARZがリビルドDPGとしての出陣式なので絶対来てほしいです!!

>>DPG製作陣座談会(高野政所 × スミス × 只野菜摘)はこちら!!
>>DPG、ファンコットを注入した2ndシングルの特集はこちら!!
>>DPGインタビュー 第1ラウンド「DPG童貞こじらせ対談」はこちら!!
>>DPGインタビュー 第2ラウンド「DPG女子会」はこちら!!
>>DPGインタビュー 第3ラウンド「DPGの核心」はこちら!!

これまでのDPG配信作一覧


これぞ、好きなものだけが詰め込まれた情報過多ミュージック

DPG VS ブラックDPG / スーパーエンタメ大戦 夏の魔物エンタメユニット

【配信形態】
mp3 / wav 単曲 250円 / まとめ 700円

【TRACK LIST】
1. キカイノココロ
2. ダダダダダン
3. キカイノココロ (FUNKOT魔改造 BY JET BARON)

高野政所a.k.a. DJ JET BARONを迎えファンコットを取り入れた2ndシングル

DPG / 恋シチャイナRPG

【配信形態】
mp3 / wav 単曲 200円 / まとめ 600円

【TRACK LIST】
1. 恋シチャイナRPG
2. バンキュッボン
3. 恋シチャイナRPG(FUNKOTER’S EDIT)




DPGセカンド・シングルはティッケー親方こと高野政所によるカンフーmeets FUNKOTナンバー。ブラックDPGデビュー曲は「涼宮ハルヒ」シリーズの楽曲を手がける田代智一による作曲。作詞はももいろクローバーZや「プリキュア」シリーズでおなじみの只野菜摘。

>>ダイノジ大谷ノブ彦による熱いレビューはこちら

まったく掴めない!? 1stシングルをハイレゾ配信中

DPG / 夏の魔物エンタメユニット『DPG』登場!!!

【配信形態】
mp3 / wav 単曲 200円 / まとめ 600円

【TRACK LIST】
1. リングの魔物 (作詞 : 只野菜摘 作曲 : 玉屋2060%(Wienners) Gt : ROLLY)
2. サマーロマンサー (作詞 : 藤林聖子 作曲 : 成田大致、鈴木秋則(ex.センチメンタルバス))
3. キュンキュンボンブ (作詞 : 只野菜摘 作曲 : 庄司愛)

PROFILE

DPG

2013年春に社長・成田大致(DPG社長)が開催したオーディションにより結成された、“歌って踊ってプロレスをする”前代未聞のエンターテイメント・ユニット。

成田社長の旧友である本能の乙女『ステファニー・アユミ』、 人気沸騰中のSSW大森靖子のバンド・メンバーでありながら稀代の特撮オタクとして活躍するベーシスト『大内ライダー』、 そしてここにヴォーカルとしてDPG社長『成田大致』、 さらに重要な場面ではDDTプロレスリングで活躍するプロレスラーでありDPGの師範でもある『アントーニオ本多』が降臨し、 各界の新鋭が結集するそれはまさに日本のアベンジャーズ。

そのライヴ・スタイルは、リング、ライヴハウス、店内、路上など場所を問わずに戦い、歌い、踊ることが可能であり、各地で「一度見たらトラウマ」「どんなアウェイでも力ずくでホームに変える」と話題を席巻している。すべてのエンターテイメントをクロスオーバーさせ、新たな境地を目指し突き進むDPG。その戦いの歴史は、まだ始まったばかりである。

ブラックDPG

DPGに反旗を翻す形で誕生した“反逆のエンタメユニット”、それがブラックDPG(ブラピ)である。2013年末、DPGのオリジナル・メンバーだった新人、ディアステージおよび東京女子プロレス所属のケンドー・リリコが自身の境遇を不満として離反。そこで物販係という影の存在であったKカップ爆乳アイドル・タイガーノノコと表舞台に立つべく結託。さらに地下アイドル界のレジェンド的存在メトロポリちゃんV、現役プロレスラーの松本都(崖のふちプロレス代表)が加入。ノノコをリーダーとして現在の形となった。

黒のカリスマ・蝶野正洋氏を大首領として崇め、さらに大幹部としてロック・バンド撃鉄の天野ジョージ氏やイラストレーターの岸田メル氏が登場するなど、その勢いは留まるところを知らない。

プロレスやトーク、ダンスなど様々な手法でライヴを構成するDPGに対し、ブラピは歌って踊る王道のアイドル・スタイルで魅せることを信条とする。その結成の経緯からDPGには強い対抗意識を燃やしており、隙あらばステージを乗っ取り主役の座を奪おうと狙っている。一見無謀な反逆にも見えるその活動だが、それは彼女たちがアイドルであり続けるため、輝きを放ち続けるために残された最後の手段。まだ見ぬ光を掴もうと「終末ヒロイン」は藻掻き続ける。

official website

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

スカート、初のシングル『静かな夜がいい』配信&澤部渡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年11月26日・これを出したらこれから何モノにもなれちゃうな──スカート、2017年への兆しとなる黄金シングル完成 春に発売された3rdアルバム『CALL』の大反響から、発売週に音楽番組「ミュージックステーション」へスピッツのバックとして出演し話題を呼び、さらには渋谷WWWでのワンマンライヴもソールドアウトと、勢いに乗る澤部渡のソロ・プロジェクト、スカートより初のシングルがリリースされた。寒空のなか街を歩く背中を押し進めてくれるような疾走感溢れるイントロのリフ、夜の情景が浮かぶ素晴らしい歌詞とさらに熟成されたアレンジで、間違いなくこれからのスカートの代表曲となるであろう「静かな夜がいい」をタイトル曲に、全4曲が収録。現在のサポート・メンバーである佐久間裕太(ex. 昆虫キッズ / ドラムズ)、清水瑶志郎(マンタ・レイ・バレエ / ベース)、佐藤優介(カメラ=万年筆 / キーボード)、シマダボーイ(NATURE DANGER GANG、フジロッ久(仮) / パーカッション)に加えて、トリプルファイヤーのギター、鳥居真道が参加。配信と共に、岡村詩野によるインタヴューにて、その制作背景と現在のモードを澤部渡に訊いた。 スカー
by ms.KITTEN
里咲りさ最新アルバム『売れるまで待てない』発売記念、大森靖子との対談実現!!
[CLOSEUP]・2016年12月03日・アイドル兼社長として一躍注目を集めた里咲りさ、ソロ・アーティストとして共鳴する大森靖子との相思相愛対談!! アイドル・グループ「少女閣下のインターナショナル」を立ち上げ、運営兼メンバーとして“しゃちょー”の愛称で親しまれていた里咲りさ。当時からソロ・アイドルとして、そしてシンガー・ソングライターとしても活動していたが、グループ休止後、自身の活動に専念。9月に待望のアルバム『売れるまで待てない』をリリースした。今作は里咲の思いつきからわずか制作期間2ヶ月で書き下ろしの新曲7曲を録音し、初期衝動全開の全曲A面を宣言した意欲作。楽曲の確かなクオリティにさらなる注目を集めた。そんな最新作を待望のハイレゾ配信!! 特典として「ディアティア」と「僕らの心電図」のアコースティックver.というボーナストラックも新たに収録されている。 つい先日の11月には、2017年9月22日に自身最大規模となるワンマン・ライヴを東京・Zepp Diver Cityで開催することを宣伝した里咲。彼女がこれまでのソロで行ったワンマンのなかでは渋谷MilkyWayが最大キャパだというのだから、とんでもない宣言だ。ただ、2013年にも自身の規
by 純三
【INTERVIEW】是よマネ×カワシマユカ 真空スペクトル突然の解散からの一歩
[CLOSEUP]・2016年12月02日・【INTERVIEW】THERAPY、ただの女の子。結成記念インタビュー INTERVIEW7月に初のワンマン・ライヴを終えたばかりのアイドル・グループ、真空スペクトルが9月に突然の解散。同じ事務所で活動をフォローアップしていたエムトピも5月に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた自主企画エムトピフェス以降、6月•7月と突然活動が止まった感があった。両グループの運営に関わっていたのが、これまでさまざまなタレントや女優やアイドルのマネージャーなどを行ってきたBYEマネことO氏である。(現在は是よマネと呼ばれている) 彼自身が夢を実現させるために始めたという真空スペクトル、そして順調に規模を拡大していたかに見えたエムトピがなぜ歩みを止めなければならなかったのか。その真相を語ってもらいつつ、彼がこの後スタートさせる新グループ、THERAPYについても訊いた。 さらにインタビューは、途中から真空スペクトルのリーダーでもあったカワシマユカ(ex.YUKACHI)が乱入するという、まさかの展開に。なんと彼女も新たなグループ「ただの女の子。」を立ち上げたとのこと。自他ともに「病みやすい」と認めるカワシマユ
中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)新プロジェクトJYOCHO 期待の1st ミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年11月30日・中川大二朗(ex.宇宙コンビニ)による新プロジェクト、JYOCHO始動! 期待の新作と始動経緯に迫る 2015年3月に惜しまれつつ解散した、京都発3ピース・プログレッシブ・ポップ・バンド、宇宙コンビニのリーダーとしてバンドを牽引してきた”だいじろー”こと中川大二朗が新プロジェクトJYOCHO(読み : じょうちょ)を始動し、記念すべき1stミニ・アルバム『祈りでは届かない距離』をリリース。プログレッシブ~ポップスなど様々なジャンルを通過した音楽性に、テクニカルなトラック、温かみ、激情をふんだんに盛り込んだ、まさに情緒感たっぷりな、だいじろーにしかできない独自の世界観を構築した7曲が完成。今作のメンバーにはドラムにhatch(ex DUG OUT)、ベースにシンディ(空きっ腹に酒、LOW-PASS)、ヴォーカルにrionosという彼が選りすぐった強力なメンバーが集結。彼の多様な知識と音楽性によって生み出された今作の制作意図、新プロジェクト始動の経緯について話を訊いた。 JYOCHO / 祈りでは届かない距離'【Track List】01. family02. 安い命03. furusato04. 故郷05.
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
【連載】タフな乙女のアパートメント〈花とポップス〉から4ヶ月連続リリース! 第3回座談会 つるうちはな × サトウトモミ × オガワマユ
[CLOSEUP]・2016年11月30日・〈花とポップス〉が呈する、純度が高く依存のないレーベルとは──連載最終回 エネルギーのベクトル異なる三者三様のSSW "タフな乙女のアパートメント"を掲げ、フリーランスの女性クリエイターが集まる、つるうちはな主宰のレーベル〈花とポップス〉。4ヶ月連続、計10タイトルのリリースに伴う連載の最終回となる第3回目は、10月、11月とミニ・アルバムをリリースしたサトウトモミ、そして11月30日にアルバムをリリースしたオガワマユと主宰のつるうちはなの3名の登場である。 同じピアノの弾き語りを主としながらも、圧倒的な陽のエネルギーで強い求心力を持つつるうちはなが「恋」が「愛」になるまでのものがたりを綴った2ndアルバムと、対照的に圧倒的な孤独を音楽に宿して人を惹きつけるオガワマユの3rdアルバム。そして打ち込みとベースの弾き語りという異色のライヴセットと澄んだ歌声を持つサトウトモミのコンセンプト2部作。計4作の配信と共に話を伺った。 第1回 : 「どんなに新人でも、母になっても──つるうちはな × あーた × イナダミホ × 青柳舞」 第2回 : 「音楽は宗教にも通ずる? 音楽と独自の思想で関係性を築く3人──つるう
【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた
[CLOSEUP]・2016年11月28日・【WiLL ソロ企画】第2弾、凪原亜季が日本酒を呑みながら、酒豪のグラドル、病ンドルと女子会をしてきた 「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第2弾はグループ1の酒豪・凪原亜季が、グラビア・アイドルの廣瀬聡子、病ンドルの陽菜菜々羽とともにお酒を飲みながら行った鼎談を掲載。凪原のWiLLにかける熱い想いをぜひお読みください。 WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始 OTOTOY独占ハイレゾ配信スタートWiLL / fallin’(24bit/96kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】単曲 200円
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel
[CLOSEUP]・2016年11月16日・ディストピアに鳴り響く、モダン・マシン・ソウル、yahyel──ハイレゾ配信開始 アルバムに先行した500枚のシングルCDはほぼ即完状態、すでにライヴなどでも大きな評判を集めているyahyel。2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘の3名によって結成(現在はさらにVJに山田健人、ドラマーに大井一彌がくわって5人)されて、活動2年弱で11月23日に1stアルバム『Flesh and Blood』をリリースする。池貝のエモーショナルなヴォーカルと、スペースを活かしたクールなエレクトロニック・トラックは、昨今のベース・ミュージックやビート・ミュージック以降のサウンドメイキングを備えたインディR&Bとシームレスに並ぶ感覚のものと言えるだろう。 アルバムには、昨年自主制作でリリースされた楽曲や新たにミックスされたアルバム・ヴァージョンとして収録されている。マスタリングは、エイフェックス・ツインやアルカ、ジェイムス・ブレイク、フォー・テット、FKAツイッグスなどを手がけるマット・コルトンが担当し、その鋭利なサウンドをより的確に鳴らしている。OTOTOYでは、本作のハイレゾ版の配信を開始。アルバム全体の予約購入で歌詞を
by 河村 祐介
筆者について
同じ筆者による他の記事