ノンマスタリング・ハイレゾ第2弾!! 東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル、重力を歪ませる変則ジャズ・グルーヴを“生”でお届け!!

東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル

2014年4月、レーベルと交渉して実現した、東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルのノンマスタリング配信。CDクオリティに落とし込まれる前のハイレゾ・データを、いわば“生”の状態のままお届けしたこの試みは、大きな反響を呼びました。このたびその第2弾として、同じく東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルの新作『Swotchover Gravity』を、またまたノンマスタリング・ヴァージョンで配信します!! 本来であればCDもしくは圧縮データのみでリリース予定だったこの作品、ハイレゾで聴けるのはもちろんOTOTOYだけです。リーダーの坪口昌恭(Pf / Key)を筆頭に、類家心平(Tp)、宮嶋洋輔(Gt)、織原良次(Ba)、石若駿(Dr)という一流テクニシャンたちが放つ、タイトル通り重力を切り替えてしまうようなその変則ジャズ・グルーヴを、マスタリング前のハイレゾ音質で感じてください。レヴューとともにどうぞ!!


ハイレゾ配信のため、あえてノンマスタリング!!
重力を歪ませるこの変則ジャズ・グルーヴを体感せよ!!


東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル / Swotchover Gravity

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz, non-mastering)

【価格】
1,500円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. Pastel Yogurt
02. The Age of Cyber Funk
03. Walking Smartman
04. Cacao Argentum
05. Gondowana Line

All Tracks Recorded at 新宿 PIT INN

※このパッケージに収録されているのは、マスタリング前の音源です。レーベルと直接交渉し、CDクオリティ(16bit/44.1kHz)になる前のハイレゾ音質で配信しています。

ハイレゾで感じる、ジャズ・シーンのカッティング・エッジ

今、ジャズがおもしろい。ロバート・グラスパーのようなヒップホップ / R&Bを聴いて育ったミュージシャンが、自身のルーツを取り入れた作品を生み出す傍ら、フライング・ロータスのようなヒップホップ / エレクトロのミュージシャンが伝統的なジャズのプレイヤーを起用し、バンド・サウンドと電子音楽の融合に挑んでいる。ラップトップ1台で世界を驚かせるクリエイターが頭角を現す一方、多くの奏者を擁するビッグバンドも一線で活躍する。個性豊かなプレイヤーが割拠する現代のシーンは、ジャズの歴史の中でも一番活気に満ちているのではないか。

さて、今回取り上げる東京ザヴィヌルバッハも、そんな現代のジャズ・シーンを象徴するようなユニットだ。キーボーディストの坪口昌恭とサックス奏者の菊地成孔のデュオからスタートした彼らは、シーケンサー・ソフトを使ったアフロ・ミュージックの流れを汲むダイナミックなビートと、70年代のマイルス・デイヴィスやチック・コリアの匂いが漂うロックやファンクのエッセンスが入り混じったプレイで、多くのファンから注目を集めてきた。2012年に坪口のソロ・ユニットになって以降、スタジオでの作品制作と並行して、東京ザヴィヌルバッハ・スペシャルというバンド形態でのライヴへと、その活動の舞台を広げている。

2013年7月および11月に新宿PIT INNでおこなわれたライヴを収録

坪口のもとに集結したミュージシャンは、DCPRGやSUGIZOの作品への参加で知られ、ソロとしても活発な動きを見せるトランペット奏者の類家心平。「浅草JAZZコンテスト ソロ・プレイヤー部門」でグランプリを獲得したこともあるギタリストの宮嶋洋輔。野本晴美トリオや畠山美由紀などの作品を脇から支えてきたフレットレス・ベース奏者、織原良次。現役音大生ながら、大物ミュージシャンとの共演や海外公演の経験もある石若駿と、いずれも技術には定評のある面々だ。

坪口のシンセサイザーを核に、織原の柔らかいベース、そしてシーケンサーが生み出すポリリズムを人力で再現する石若の超絶テクニックで、彼らはしばし冷淡に聴こえがちな電子音楽に、ファンクやアフロ・ミュージックの持つダイナミズムを盛り込んでいく。その一方、控えめながら要所要所でアクセントとなるフレーズを的確に吹き込む類家と宮嶋の2人は、エフェクター使いの妙を含めて、ジャズ特有の繊細さをきちんと織り込んでみせるのだ。

実力派ミュージシャンが鳴らす最先端のジャズ。そんな彼らのサウンドから、今後も目が離せない。ライヴならではの響きを余さず記録したノンマスタリング・ハイレゾで堪能してほしい。

(text by 高野裕介)

レーベルとの交渉で実現、ノンマスタリング・ハイレゾ第1弾

東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル / Change Gravity

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz, non-mastering)

【価格】
1,500円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. Tribal Junction
02. Nostalgica
03. Sagittarius
04. Betty Go Round
05. Shout

【解説】
DCPRGや菊地成孔ダブ・セクステットの一員としても活躍するキーボーディスト、坪口昌恭が率いる東京ザヴィヌルバッハ。彼らがバンド編成(東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル)を組んで2013年に新宿ピットインで行ったライヴを音源化したのが本作だ。名を連ねるのは、DCPRGにも参加するトランペッターの類家心平をはじめ、浅草JAZZコンテストのグランプリを獲得したギタリストの宮嶋洋介、ポップス界での活躍も目覚しいベーシストの織原良次、TVアニメ『坂道のアポロン』の川渕千太郎役でも有名なドラマーの石若駿といった、若手の実力派たち。織原、石若のコンビが生み出す力強いグルーヴを土台に、坪口、宮嶋の自由奔放な演奏が聴く者の心を掻き立て、類家が作品全体のバランスを整える。東京ザヴィヌルバッハといえば、ソフトウェアが生み出すアトランダムなグルーヴに、キーボードやカオス・パッドを駆使した即興を盛り込み、無機質なサウンドと豊かな感情表現を両立させるスタイルで知られてきた。本作では、バンド編成を活かしたパワフルでダイナミックなパフォーマンスが展開され、高い熱量を持った音の空間を出現させている。「(音楽の父)バッハから(ジャズの最先端をひた走るジョー・)ザヴィヌルまで」という当初のコンセプトは、この編成でも変わることがない。(text by 高野裕介)

類家心平 中嶋錠二 / N.40°

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV (24bit/96kHz, non-mastering)

【価格】
1,500円(税込)(まとめ購入のみ)

【収録曲】
01. Nearness of you
02. Piano improvisation 1
03. Haoma
04. Trumpet improvisation 1
05. Pure Imagination
06. Trumpet improvisation 2
07. Flamenco Sketches
08. Piano improvisation 2
09. Pannonica
10. Piano improvisation 3
11. Alone, Alone And Alone
12. Trumpet improvisation 3
13. Betty
14. Trumpet improvisation 4
15. North Latittude of 40.3 degrees
16. Montara

【解説】
トランペットとピアノ、たった2つの楽器が奏でる、奥深いがキャッチーな作品である。DCPRGや菊地成孔ダブ・セクステットでも活躍するトランペット奏者の類家心平と、類家との競演も多いピアニストの中嶋錠二によるデュオ・アルバム。ライヴやレコーディングで何度もセッションを重ねてきた2人が放つ本作は、オリジナル曲やジャズ・スタンダードのカヴァーのあいだに、両者による即興演奏を挟み込んだ構成となっている。数多くの編成を経験してきた類家の丁寧な息づかいと、坪口昌恭の影響を強く感じさせる中嶋のダイナミックな指さばき。そんな2つの対称的な個性がぶつかり合った1枚と言えるだろう。「Flamenco Sketches」で味わえる滑らかだが温かみのある類家のトランペット、「Alone, Alone And Alone」で楽しめる力強くも繊細な中嶋のピアノなど、曲によって聴きどころはさまざま。わずかな間や細かいニュアンスの表現が楽しめる即興パートは、彼らの感性の鋭さを雄弁に物語っている。(text by 高野裕介)

RECOMMEND

東京ザヴィヌルバッハ

菊地成孔ダブ・セクステット

Date Course Pentagon Royal Garden

菊地成孔とペぺ・トルメント・アスカラール

PROFILE

東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル
ピアニスト / キーボーディストの坪口昌恭がリーダーを務め、過去に菊地成孔が参加したことでも知られるジャズ・ユニット = 東京ザヴィヌルバッハの特別編成。類家心平(Tp)、宮嶋洋輔(Gt)、織原良次(Ba)、石若駿(Dr)という豪華メンバーを迎え、オーソドックスな編成ながら、未来的なエレクトリック・ジャズを奏でる。

>>坪口昌恭 OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai
可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月06日・可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。 更なる飛躍が期待される、2クールOP(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込) 【収録曲】''1. Lupinus2. Red Clover3. Alstroemeria_white4. Lupinus(Instrumental)5. Red Clover(Instrumental)6. Alstroemeria(Instrumen
by 宮尾茉実
【REVIEW】時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答
[CLOSEUP]・2017年09月06日・時代の移り変わりを表現する『PORTRAITS』──Rie fuが導き出した流行への回答 1985年、東京生まれ。7歳から10歳までをアメリカ東海岸メリーランド州で過ごし、イギリスの大学ではファイン・アートを専攻。シンガポールでも暮らした経験があり、海外的視点を欠かさないRie fu。画家としても活動している彼女からコンセプチュアルなニュー・アルバムが到着。1970年代のカーペンターズやカントリー・ミュージックを自然に通過してきた彼女が、音楽とアートを融合させたプログレッシヴなポップ・アルバムを制作。感度の高い彼女ならではの強いメッセージ性は、現代にはびこる“インスタ映え”や、社会全体への1つの回答であると考えられる。海外生活を経て、海外から見た日本、そして言葉の美しさを再認識した彼女のニュー・アルバムをOTOTOYではハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 音楽とアート、2つの視点で表現するニュー・アルバムが配信リリース! Rie fu / PORTRAITS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】 単曲 270円(
by 中の人
【REVIEW】TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!!
[REVIEW]・2017年08月30日・TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」テーマソング・ベスト発売 & 過去のサントラが一挙配信スタート!! 連載開始から30年を過ぎた今もなお多くのファンを魅了、そして新たなファン層を増やし続けている漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。2012年にはアニメ化もされた同作ですが、この度原作の第1部から第3部のオープニング、エンディング曲を収録したベスト盤の配信がスタート!(CD版とは1部内容が異なります) そ・し・て! 今までのアニメ・シリーズの全サントラがOTOTOYでも解禁! ベスト盤と合わせてこちらも改めてチェックして、あなたも果てしなきジョジョ・ワールドへ! V.A. / TVアニメ ジョジョの奇妙な冒険 Theme Song Best「Generation」 -Opening Collection-'【Track List】01. ジョジョ〜その血の運命 / 富永TOMMY弘明02. BLOODY STREAM / Coda03. STAND PROUD / 橋本仁04. ジョジョ その血の記憶〜end of THE WORLD〜 / JO☆STARS 〜TOMMY,Coda,JIN〜05. アク役◇協奏曲 /
by 純三