世界初、DSD 11.2MHz解禁!! SOILの丈青、初のピアノ・ソロ、初のホール録音を、“超”最高音質で聴く

丈青

2010年にDSD 2.8MHz、2013年にDSD 5.6MHzの配信をスタートし、これまでに200タイトルを超えるDSD音源をお届けしてきたOTOTOYは、このたび、さらなる高音質を誇るDSD 11.2MHzの配信を解禁します!! 商用配信としては、世界初の試みです。

記念すべき第1弾は、SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのピアニストとして活動する丈青の、自身初となるソロ作品。コンサート・グランドの名品「FAZIOLI」を使い、南青山にあるスパイラルホールで録音された本作は、アーティスト自身が「とにかくリアル」であると語るように、演奏中の息づかいやピアノの繊細な響きまで生々しく感じられる作品です。スタンダード、オリジナル、そして完全即興まで、丈青のスキルと感性が遺憾なく発揮されたこのアルバムを、文字通り“最高音質”のDSD 11.2MHzでご堪能ください。

OTOTOYでは本作の配信開始にあわせて、丈青へのインタヴューを掲載中。11.2MHzの再生に対応する数少ないUSB DAC、iFI Audio「micro iDSD」を使用し、音源の試聴をおこないました。丈青が語るDSDの魅力とは? 音源とあわせてお楽しみください。

※10月8日(水)より、DSD 5.6MHz版も配信開始されました。こちらにはiTunesでも再生できる24bit/48kHzのハイレゾ音源が付属します。

ついにDSD 11.2MHzが配信解禁!!


SOILのピアニスト丈青、初のソロ、初のホール録音、初の11.2MHz!!

丈青 / I See You While Playing The Piano

【配信形態】
[左] 11.2MHz dsd + mp3
[右] 5.6MHz dsd + 24bit/48kHz

【価格】
11.2MHz dsd + mp3 : 3,500円(税込)(まとめ購入のみ)
5.6MHz dsd + 24bit/48kHz : 3,100円(税込)(まとめ購入のみ)
※11.2MHz版に収録されているDSD音源は、DSDIFF(.dff)のフォーマットです。

【収録曲】
01. Friends are Comin’
02. Blue in Green
03. My One and Only Love
04. We'll Be Together Again
05. Body and Soul
06. Saint Louis Blues ()
07. Myself
08. Akatonbo
09. I See You While Playing The Piano
10. Beautiful Morning ()
11. Summer Goddess ()
(※ CD未収録)

Recorded at Spiral Hall
Recorded by 奥田泰次



※Windowsをご利用のお客さまへ
本作品の11.2MHz版はファイル・サイズが4GBを超えているため、Windowsに標準搭載された解凍ツールでは正常に展開できない場合がございます。その場合、お手数ですが、Explzhという解凍ソフトをお試しください。

Explzhのダウンロードはこちら : http://www.ponsoftware.com/archiver/download.htm

DSD 11.2MHzの再生方法

DSD 11.2MHzの音源は、以下の対応USB DAC / 再生ソフトを組み合わせることで簡単に再生することができます。

簡単再生ガイド
1. OTOTOYから音源をダウンロード
2. お使いのPCもしくはiPhoneと11.2MHz対応のUSB DACを接続
3. 接続したUSB DACのドライバを再生ソフト上で選択
4. 再生ソフトから11.2MHzの音源を開く

※3は再生ソフトごとに設定の方法が多少異なります。詳しくはそれぞれのソフトウェアの使用方法をご参照ください。

USB DAC


DSD 11.2MHzのネイティヴ再生に対応したUSB DAC

iFI-Audio「micro iDSD」



デュアルコア・バーブラウン・チップセットを搭載し、PCMは768kHz、DSDは24.6MHzまでのトゥルー・ネイティヴ再生を実現したUSB DAC。8V/4000mWの高出力を誇るターボ・ヘッドアンプを備え、どんなヘッドフォンでも単体で鳴らしてしまうパワーを持つ。また、X-BASS、3Dホログラフィックといったスイッチにより、好みに合わせて音をコントロールすることが可能。コンシューマ・モデルとは思えない圧倒的なスペックを凝縮した1台。

>>iFI-Audio「micro iDSD」の詳細

※WindowsでのASIO方式に限定されるものの、nano iDSDでも11.2MHzの再生が可能です。

再生ソフト

Windows

MAC OS

  • Audirvana Plus (DoP方式、ver.2.0.1で11.2MHzの再生に対応)[$74]

iOS (iPhone / iPadなど)

  • Hibiki (DoP方式)[500円]
  • ONKYO HF Player (PCM変換)[DSD再生には1,000円の「HDプレーヤーパック」が必要]

INTERVIEW : 丈青

本物の耳と本物の腕を持つ丈青が、世界最高音質での録音に挑んだ。聴こえてきた音は、彼が録音中に聴いていた音。11.2MHzで聴くことができれば、この狂気的に素晴らしいアルバムの“本物”を聴くことができる。

取材 & 文 : 飯田仁一郎(OTOTOY編集長 / Limited Express (has gone?))

倍音とか響きとか全部含めて11.2MHzは理想的ですね

——今回は新譜の中から2曲を選んで、それぞれCD音質、DSD 5.6MHz、そしてDSD 11.2MHzの3パターンで聴きくらべてみたいと思います。まずは「Body and Soul」のCD音質から。

再生中
5曲目「Body and Soul」
16bit/44.1kHz
※OTOTOYでの試聴はmp3音質です

丈青 : (聴いて10秒で)うん、CDだね。じゃあ5.6にしてもらっていいですか?

再生中
5曲目「Body and Soul」
1bit/5.6MHz

丈青 : やっぱり5.6は早いパッセージがきれいに再生されるよね。すごくクリアです。より演奏者が弾いているように再生されるというか。でもやっぱり5.6だと天井の高さが少し足りないかな。11.2も聴いてみていいですか?

再生中
5曲目「Body and Soul」
1bit/11.2MHz

丈青 : もう全然違う。クリアさも倍増してるし、自分が弾いていたときを思い出すくらいリアルというか。空間まで再生されているから余韻も全然違うし。演奏者にとっては弾いた通りのものがアルバムとして出せないことがとてもジレンマなので、倍音とか響きとか全部含めて11.2MHzは理想的ですね。弾いたときのままだからノー・ストレスで聴ける。演奏者冥利に尽きるというか、そこが一番のポイントですね。

——何が一番違うと思いますか?

丈青 : リアルなところ。いわば産地直送。演奏者が言うんだから間違いないです。自分がピアノを弾いているときに聴こえている音に一番近いんですよ。そこが一番聴かせたいところなので。自分はこうやって弾いたのに、ミックスしてマスタリングしてがんばってもこの程度か、という思いがいつもあったので。

——やはり演奏者にとって、自分が聴いていたのと違う音で作品が届けられてしまうストレスは大きいんですか?

丈青 : めちゃくちゃありますね。そのために腕の良いエンジニアを探したり、ピアノとか調律師とかもチョイスするけど、そもそも良いピアノのある環境自体がなかなかないんです。たとえその環境があったとしても、やはりピアノの音を原音通り再生するのは至難の業みたいで。今までいろいろな不自由のなかでベストを尽くしてはきたけど、どうしてもコントロールできない部分はありましたよね。そこで可能性を開いてくれたのが11.2MHzのDSDだったんです。今回はソロ・ピアノだったけど、今後はもっと大編成でもやりたいですね。すべてをそのまま再生できるのは夢の世界というか。

——今回のエンジニアは奥田泰次さんですよね。奥田さんとはどういう経緯で出会ったんですか?

丈青 : 僕が所属しているSOIL&"PIMP"SESSIONSのアルバムが9月にリリースされたのですが、それに奥田さんが入ってくれて。確かな耳と音楽的知識を備えている日本で数少ないエンジニアですよね。

——フラットな音作りですよね。

丈青 : そうですね。原音のままに忠実に再生するという。日本ではすごく珍しいと思いますよ。

試聴は、11.2MHzの再生に対応するiFI-Audio「micro iDSD」を使っておこなわれた

——どなたが11.2MHzで録音しようと言い出したのですか?

丈青 : 最初はSPIRAL RECORDSのディレクターの山上くんから話がありました。

——丈青さんのソロを録るならDSDだと決めていたんですか?

山上(SPIRAL RECORDS) : そうですね。ホールを使うというのと、DSDで録るっていうのは決めていて。そこで奥田さんから11.2でやろうと提案があったんです。

丈青 : FAZIOLIのピアノも、ソロも、ホール録音も、すべて初めての試みで。そういう意味で実験的なアルバムですね。

——FAZIOLIってびっくりするほど高いピアノですよね?

丈青 : 2,000万くらいだと聞きました。普段はSteinwayなので、価格も半分くらいです。FAZIOLIはもちろん現代の楽器だけど、ぜんぜん現代的じゃないというか。ものすごくクラシカルで、相当手ごわい楽器ですね。すべての音が濁りなく再生される恐ろしさというか、ある意味では恐い楽器です。

——録音にはどのくらい時間をかけたんですか?

丈青 : 2日で録ったけど、1日目は格闘しましたね。どうしても慣れなくて。1日目は11分くらいしかOKテイクが録れなくて。2日目は1時間以上録れたんですけど。

一筆書きの集中力みたいなものが名盤に繋がる

——アルバムのコンセプトとしてはどんなものだったんですか?

丈青 : プライドとかエゴとか恣意的なものを排除して、無心で臨むこと。何も用意しない、何も決めつけない。それはある意味で自分を自由にすることだし、解放することですよね。できるだけ決めることを少なくするというのが、あえて言うならコンセプトです。

——「良い演奏をする」=「自分を解放する」ということですか?

丈青 : そうですね。普段からそれは心がけているけど、今回はより意識しました。職人が何かを作るときも心が濁っていると良い仕事ができないですよね。子供のときはすごく簡単にできたけど、大人になると自分の経験が邪魔になるってこともある。コンセントレーション、まあ精神統一ですね。特にピアノはそういう部分が如実に現れてきて、少しでも恣意的になるとすぐに音に出るんですよ。そういう意味ではごまかしの一切ない、すべて一発録りの記録ですね。精神状態も含めてひとつの作品というか。

——本当に完全に一発録りですよね。重ねたりとか直したりの一切なく。

丈青 : そうですね。普段からほとんど直さないので、「今回は一発録りだから」と構えたりはしませんでしたけど。今はいくらでも直せるから、継ぎはぎフランケンシュタインみたいなものがたくさんできるけど、それには飽きがくるんですよね。一筆書きの集中力みたいなものが名盤に繋がると思うので。それは絶対的にアートとしての価値が違うと思うんです。

——ちなみにリテイクはどのくらい?

丈青 : 曲によっては3回くらい。でもほとんどは1回しか弾いていないですよ。

——丈青さんのなかでOKラインってどんな部分なんですか?

丈青 : ものすごく感覚的な部分ですね…。

——難しいと思うのですが、それを言葉にするとしたら…。

丈青 : 嘘をついていないことかな。OKかどうかは自分が培ってきた耳で判断するしかないんだけど、自分の耳は進化していくからキリがない。あえて言えば、そのときの自分が等身大で聴いたときに、自分の最大限の魅力を発揮できていて、なおかつ押しつけがましくなければその時点ではOKですね。もちろん明日になったら自分が進化しているかもしれないから、そしたらOKじゃなくなるんだけど。たとえば音楽の知識がない人を前にしたときって、良かったかそうでなかったか、結局それだけですよね。本当はそれでいいと思います。

——ソロ・アルバムを作ろうと思ったのはなぜですか?

丈青 : じつは何度も声をかけてもらってたけど、考えていたんです。まだソロ・ピアノを録るのは早いなとか、今はタイミングじゃないなとか。時々ソロでライヴはやってたのですが、レコーディングとなると腰が重かったというか。

——なぜ重くなっていたのですか?

丈青 : ソロ・ピアノってある意味で丸裸なので、ピアニストとして一番難しい表現になるんですよね。でもこのタイミングでやってよかったです。今だからDSDもあるわけで。

——ピアノってこんなにおもしろいんだよ、というメッセージも含まれている?

丈青 : あるライヴで、ひとりの子供が自分の演奏を見て泣いていたんですよ。あとは自分がピアノを弾いていると周りで子供たちが踊りはじめたり。そういうことがすごく大事で。大人も子供も、音楽自体に興味を持ってもらえるのが一番というか、その伝道者になれたらいいですね。

自分が聴いていた音がそのまま記録されている

——よくわかります。このアルバムで初めてジャズやピアノ・ソロを聴くという人がのめり込むきっかけになる作品だと思いました。

丈青 : それが一番嬉しいです。特定の狭い層に届けても仕方がないので。それがしたいなら、特定の人たちが喜ぶようなものをコンセプチュアルに作ればいいんですけど、それはいつでもできるんです。もっと発想を広げていかないと、人は寄ってこないから。

——この音だったらDSDがよくわからない人でも入りやすいなと思うんです。

丈青 : 本当そうだよね。絶対そうだよ。とにかくリアルだからね。

——ライヴで聴く音だなって思いました。ホール録音というのはどうでしたか?

丈青 : やっぱり響き方が全然違いますね。ライヴではホールで何度かやったことはありますけど、録音はオーディエンスがいない状態なので、その響きに慣れるのに時間がかかりましたね。

——響きすぎるということですか?

丈青 : まさにそうですね。

——レコーディング・スタジオとは全然違う?

丈青 : まったく違う。普段、たとえばピアノ・トリオを録るときも、ピアノを一番広くて天井の高いスペースに出してホール的な効果を狙ってるんですけど、その比じゃないというか。聴いてくれる人も僕がノー・オーディエンスで弾いている光景を思い浮かべてもらったら、より入りやすいんじゃないかな。

iPhone6 Plusとmicro iDSD、ヘッドフォンを組み合わせてDSDを試聴中

——では最後に「Friends are Comin’」を聴いてみましょう。今度はフォーマットを隠して再生してみます。

再生中
1曲目「Friends are Comin’」
1bit/5.6MHz
※OTOTOYでの試聴はmp3音質です

丈青 : これは5.6?

——そうです! すごいですね!!

丈青 : ちょっとクリアになっていて空間の高さが低いから。

再生中
1曲目「Friends are Comin’」
16bit/44.1kHz

丈青 : これはCDですね。こうして聴くとCDはバランスはいいのかもね。

——さすが。CDならではの特色がありますよね。では次を。

再生中
1曲目「Friends are Comin’」
1bit/11.2MHz

丈青 : すごく音が見えますよね。

——やはり一番の違いと言ったら空間的なところですかね?

丈青 : やっぱりクリアになるところかなあ。CDだとかたまりで聴こえるところも、DSDだとはっきり分離して聴こえるというか。CDのその感じも聴きやすいと言えば聴きやすいので、好き嫌いだとは思いますけど。5.6と11.2では空間の大きさ、高さが変わるかな。

——今作をDSDで聴く魅力について教えてもらえますか?

丈青 : はっきり音質の違いを感じるには、もっと大きいスピーカーかヘッドフォンで聴いた方がいいかもしれないけど、でもやはりDSDはリアルさが圧倒的というか。コードをバンって弾いたときに、CDより際立って音が分離しているという感じです。まさに自分が聴いていた音がそのまま記録されている感じ。ピアノっていう楽器のおもしろさはもっとフォーカスされていいと思って。

じつはこのアルバム、iTunesでも高音質で聴けるんです!

DSD、DSDとしきりに言っていますが、じつはこのアルバム、5.6MHz版に付属する24bit/48kHzのハイレゾ音源なら、iTunesで手軽に高音質再生できちゃいます。丈青の新譜が高音質で聴きたい、でもDSDなんて再生できない… という方は、ぜひ5.6MHz版に付属する24bit音源を試してみてください。

そもそも、ハイレゾとは?
High-Resolution(=高解像度)の略称が“ハイレゾ”。一般的なCDの規格である16bit/44.1kHzを超える情報量を持つ音源(例 : 24bit/48kHz、24bit/96kHz)をこう呼びます。文字通り、高い解像度を誇る音源であり、音の波形をより滑らかにデジタル化しています。

ハイレゾの聴き方
最近話題のハイレゾ、iTunesやWindows Media Playerで簡単に再生できるのですが、ちょっと設定が必要だったりするので、詳しくは以下の「再生ガイド」を参照してみてください。

>>簡単ハイレゾ再生ガイド

RECOMMEND

中島ノブユキ / clair-obscur (5.6MHz dsd + mp3)

2013年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で音楽を担当し、一躍その名を世間に知らしめた中島ノブユキ。前作『Cancellare』から2年、ピアノ1台のみを使い、自身の楽曲のみで構成された本作は、削ぎ落とされた音とシンプルな和声を用いて、私たちに静かに語りかけてくれます。ホール録音による豊かな響きを、DSDならではの繊細なサウンドでお楽しみください。

>>特集ページはこちらから

Goro Ito / POSTLUDIUM (5.6MHz dsd + mp3)

ジャズ〜クラシック〜ブラジル音楽など、ジャンルを越境したサウンドを奏でる伊藤ゴロー。類い稀なハーモニーへの犀利な感覚により、その透徹した世界を深化させた3rdソロ・アルバムが本作だ。丈青、秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、鳥越啓介、千住宗臣などの卓越したミュージシャンとともに、インプロヴィゼーションの閃光と緻密なコンポジションを展開する。

>>特集ページはこちらから

V.A. / 坂本龍一 NHK session (2.8MHz dsd + mp3)

2011年元日にNHK-FMで放送された「坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル」。この番組のために、坂本龍一が5人のミュージシャンとセッションをおこなった。その5人とは、大友良英、大谷能生、ASA-CHANG、菊地成孔、やくしまるえつこ。当代一流のアーティストたちによる深淵な"音波の交信"を、DSD 2.8MHzの高音質で。現場の写真に収めたPDFブックレットを同梱。

>>特集ページはこちらから

LIVE INFORMATION

10月2日(木)@関内 KAMOME (J.A.M)
10月3日(金)@仙台 darwin (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
10月5日(日)@札幌 cube garden (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
10月11日(土)@横浜ジャズプロムナード 関内小ホール
10月11日(土)@静岡 朝霧JAM (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
10月12日(日)@横浜 モーションブルー
10月13日(月)@大阪 MINAMI WHEEL 2014 (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
10月14日(火)@横浜 DOLPHY
10月24日(金)@本厚木 キャビン (J.A.M)
10月26日(日)@名古屋 CLUB QUATTRO (SOIL&"PIMP"SESSIONS)

PROFILE

丈青
ヴォーカリストである母の影響で、3歳からピアノに触れクラシックを学ぶ。また同時にブラック・ミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。1997年に本格的にジャズ・ピアニストとしての道を歩むことを決意。鈴木勲のバンドへの参加を機にジャズ・シーンに広くその名が知れわたり、一躍トップ・ピアニストとしての地位を確立。2003年にはSOIL&"PIMP"SESSIONSに加入、メジャー・デビューを果たす。Gilles Petersonに認められたことから活動が世界規模へと発展。2007年には同バンドから派生したピアノ・トリオJ.A.Mを結成、これまでに3枚のアルバムをリリースする。ソロとしての活動では日野皓正、菊地成孔らと共演し、絶大なる支持と信頼を獲得。類い稀なるリズム、グルーヴへの感覚、幼年期より養われた広汎な音楽的造詣をもとにした清新なソング・ライティング、鮮烈なイメージを喚起するインプロヴィゼーション、クラシックを素地とする卓越したタッチは、José James、Jamie Cullum、Eric Harlandといったトップ・アーティストからも賞賛される。次代のジャズを担う最重要人物のひとりとして、世界的に注目される存在である。2014年10月8日、初のソロ・ピアノ・アルバム『I See You While Playing The Piano』をSPIRAL RECORDSよりリリース。

>>丈青《I See You While Playing The Piano》 特設サイト

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事