こんなロック・バンドいるんだ!ーーアコギをメインにした2人組が放つ、僕とモンスターによる1stアルバムを2週間先行ハイレゾ配信

左より、島子(Vo / G)、ほしおずまなおき(G)

その名前を見て、ふんわりとした弾き語りユニットと思ったなら大間違いである。大阪出身の島子勇一(Vo / AG)と福島県南相馬出身のほし“おずま”なおきの二人組、僕とモンスター。アコギをメインに男の切なさをしんみりと歌う場面があるかと思ったら、アコギとエレキという編成にも関わらず、ライヴでの星の暴れ具合はハードコア・バンド顔負けだったりもする。それでいて、日常の生活と旅から生まれた鋭くも暖かい描写が心の隙間に染み入っていく。そんな彼らが9月10日にノーマディック・レコードより発売する1stアルバム『かたち』を、OTOTOYでは2週間先行、しかもハイレゾで同作を配信開始!! さらに、メンバー2人にライターの渡辺裕也が取材し掘り下げた原稿を掲載する。挙げ句の果てには、アルバム冒頭曲「id」をフリー・ダウンロードで配信。どうしても聴いてほしい。その想いがつまった僕とモンスターにぜひ触れてみていただきたい。

「id(24bit/48kHz)」のフリー・ダウンロードはこちら

どうしても聴いてほしくて、2週間先行でハイレゾ配信スタート!!


僕とモンスター / かたち(24bit/48kHz)

販売形式 : ALAC / FLAC / WAV
販売価格 : 単曲 199円 まとめ購入 2,000円

1. id / 2. 象のココロ / 3. 絆カンタービレ / 4. 掃除 / 5. キライナウタ / 6. キャッチボール / 7. ドラマ / 8. 風船ガール / 9. ライオン / 10. ありがたみ / 11. rock

彼らは10年のキャリアを経て、どのようにやりたいバンドのカタチをみつけたのか

まだ“僕とモンスター”がはじまる前の話

アコースティック・ギターを弾き語るヴォーカリストと、そのとなりでエレキを弾き鳴らすギタリストによる二人組、僕とモンスター。このギター2本のデュオという編成から、きっとおとなしめの歌モノを想像された方もいるだろうと思う。実際、僕とモンスターの楽曲は弾き語りを主体とした音楽で、その背景にはリズム・セクションもなければ、かといってエレクトロニックな要素を足しているわけでもない、極シンプルな構造で成り立っているものだ。しかし、そこで穏やかなサウンドを期待すると、エフェクターを駆使した鮮やかなエレキと繊細なアコギの絡まりに、思わずハッとさせられるはず。そう、僕とモンスターが打ち出しているギター・サウンドはあくまでもバンド然としたものであり、紛れもなく彼らはロック・バンドなのだ。

僕とモンスターは活動開始からまだ2年程度だという。しかし彼らがこのユニークな演奏スタイルを一朝一夕で築いたのかというと、もちろんそんなわけではないようだ。そこで本稿では彼らのファースト・アルバム『かたち』について触れる前に、本人たちに話をもとに僕とモンスターが結成されるまでの変遷をたどるところから始めてみたいと思う。

まずは今から10年ほど前に遡ろう。僕とモンスターで歌とソング・ライティングを手がける島子勇一は、当時まだバンドマンではなく、その裏方として動き回っていた。現在は活動休止中のバンド、セツナブルースターのマネージャーとして働いていた彼にとって、ロック・バンドはあくまでも憧れの対象だったのだという。

そのセツナブルースターや、彼らと同じレーベルだったスパルタローカルズがまさにそうなんですけど、僕にとって彼らは“自分もこうなりたい!”っていう憧れ以外の何者でもなかったんです。で、僕は就職することによってそういう憧れのバンドを間近で見ることができたわけですけど、そうしていくなかで“僕もこのままでいいのかな”っていう気持ちが沸いてきて、ひとりでずっとアコギをもって曲をつくってた(笑)。それで結果的に僕はその仕事を辞めることになって、バンド結成に向けて動き出すんです。(島子)

地元大阪の友人をメンバーに誘い、島子はまず都内の路上で弾き語りをやるところから活動を始める。バンドのマネージャーだったことを知る友人からその姿を見られて驚かれることもあったようだが、彼はそれを意に介さず音楽に没頭していき、メンバー募集掲示板と通じて出会ったほし“おずま”なおきのをギターに加えることで、2005年にはついにジェントルズという名前のロック・バンドを結成させる。

マネージャーをやっている時期に自分の理想とするバンド像は出来上がっていたから、ジェントルズのメンバーにはいつも“僕はこういうバンドがやりたいんだ!”と伝えてました(笑)。僕が思い描いていたのは、そうだなぁ。たとえばウルフルズとか、ああいうバンドですね。自分の用意してきた楽曲がバンドによって少しずつ変化していく過程が大好きで、それが本当に楽しかった。(島子)

ジェントルズの活動に情熱を注ぐ島子。その彼と活動を共にしていたほしは、パンク / ハードコアを音楽的なルーツとするギタリストで、ジェントルズだけでなくサポート・ミュージシャンとしても徐々に活躍の場を広げていくのだが、あるときにバンドを脱退し、一時は音楽活動と距離を置くことも考えていたという。

バンドがちょっとイヤになった時期があって。それでサポートも含めてさっぱり辞めて就職するつもりだったんですけど、なぜかそうはいかず、今に至ってます(笑)。(ほし)

島子の呼びかけでほしは再びジェントルズのメンバーに復帰する。その頃にはほしもバンドでギターを弾くことへの情熱をすっかり取り戻していたようだが、一方でそのバンド内は少しずつバランスを崩していった。

これってバンドをやっていればよくある話なのかもしれないけど、活動を7年くらい続けていくうちに少しずつみんなと会話ができなくなっていったんですよね。それでなんとかメンバーの気持ちをたしかめようと思って、僕の家で鍋パーティを開いてみて(笑)。それでもうダメかなと思った帰りに、ほし君を誘ってふたりでスタジオに入ったんです。(島子)

4人でスタジオに入っても、その場でアレンジが出来上がっていかなくて。それなら次のリハまでに考えてこようと話しても、何も変わらない。そうしていくうちに、少しずつバンド内の会話も噛み合わなくなってました。で、ふたりでスタジオに入ってみたら、“これ、いいんじゃないの?”って(笑)。基本的に俺はギターが弾ければ形態はなんでもよいと思ってるし、こういうスタイルもよさそうだなって。(ほし)

“僕とモンスター”のスタートと篠塚将行(それでも世界が続くなら)との出会い

ふたりで行ったセッションに手ごたえを得た彼らは、思い切ってジェントルズの活動休止を発表し、その翌月の2014年4月から“僕とモンスター”名義で初ライヴを敢行する。

初ライヴはバーみたいな場所でやったんですけど、その時に今までなかったような手ごたえがあったんです。バンドの勢いで押していくよりも、こうしてアコギとエレキの音を織り交ぜながら演奏していった方が、聞いている人たちにも曲がストレートに伝わっていく感じがしたというか。もちろん、ジェントルズの頃から応援してくれてたお客さんのなかにはビミョーな反応もあったけど、それでも僕ら本人は新しいバンドを始めたような意識で盛り上がっていたから、きっとそれは少しずつわかってもらえるんじゃないかなって。(島子)

コードの使い方もけっこう複雑になったんじゃない? やっぱりアコギの響きを意識するようになったのか、ジェントルズの頃はメジャーかマイナーの両極端な感じだったのに、僕とモンスターを始めてからは、彼もコード・ワークでいろいろ細かいニュアンスを出すようになったんです。(ほし)


僕とモンスター「id」

ちなみにこの“僕とモンスター”というバンド名、元々は島子のパーソナルを反映させて付けた名前だったのだが、彼らのライヴを見た人はそれとまったく違う解釈でこの名前を受け止めているようだ。

“モンスター”というのは僕の邪悪な部分を指していて、元々はそれを音楽にしようという思いから付けた名前なんです。でも、ライヴを重ねていくうちに、ほし君が演奏しながらどんどん暴れ回るようになっていって。それを見たお客さんが“まさに僕とモンスターだね!”と(笑)。つまり、僕(=島子)とモンスター(=ほし)だと思われてるみたいなんですよね。で、それならそれでいいかなと(笑)。(島子)

2012年6月には、かつて島子がマネージャーを担当していたセツナブルースターの倉島大輔と2マン・ライヴを下北沢Lagunaで敢行。彼らのライヴ・パフォーマンスは着々と評判を呼び、3曲入りの自主音源も好調に売れ行きを伸ばしていく。そして、そんな僕とモンスターを誰よりも気に入り、何度も彼らに檄を飛ばしていたミュージシャンがいる。バンド“それでも世界が続くなら”のフロントマン、篠塚将行がその人だ。

僕たちのライヴを見た篠さんは“お前らはバンドだよ! 絶対にそう言い張った方がいい”と言ってくれて。この編成になってからはデュオとかユニットとして見られることもけっこうあったから、それはすごく嬉しかった。(島子)

ツアーでいろんなところをまわることにしたのも、篠さんが俺たちのケツを叩いてくれたから。実際に篠さんは俺たちのことをライヴハウスに紹介してくれたんですよね。それでツアーをまわったら、今までにないペースでCDも売れていくし、ライヴの反応もすごかった。ある時なんて、メタルやスクリーモのバンドしか出ないイヴェントに俺たちがブッキングされたことがあったんだけど、そのときもめちゃくちゃお客さんから喜んでもらえて。あれはすごい自信になったな。(ほし)

そういう手ごたえは今までなかったよね。僕とモンスターは、とにかく活動の自由度がすごく高いんですよ。移動も楽だし、連絡のやり取りも早いし。それに以前の僕はバンドのカタチにこだわってたけど、こうして新たな編成で始めたからか、ある意味開き直ったところがあるのかもしれない。僕は単純に歌いたいことをそのまま歌にしたいし、彼は思うがままにギターを弾きたい。それこそほし君は、はじめは座りながら弾いてたのに、気づいたら客席の方で暴れながら弾いてたりするんですよ(笑)。でも、それでいいんです。お互いが好きなようにやっても、僕とモンスターはOKだから。(島子)

そして、1stアルバム『かたち』が形づくられていく

ツアーをまわったことで自信をつけたふたりは、いよいよファースト・アルバムに向けたレコーディングに着手する。サポート・メンバーは加えず、あくまでもこのふたりで出す音にこだわったというこの作品に、彼らは『かたち』というタイトルを与えた。そしてそのリリースを担うのは福島を拠点とするレーベル、ノーマディック・レコーズ。元々ノーマディック側も彼らに声をかけるつもりだったようだが、そのバンドとレーベルをつないだのもまた、それでも世界が続くならの篠塚だったようだ。

こうしてふたりで動き出したんだから、まずはそこを音源でも一番に伝えたくて。(ほし)

たとえば、赤の他人からすれば落書きにしか見えないものを“これが自分のアートだ”と言う人もいれば、ひたすら叫び声をあげながら、“これはバラードなんだ”と言う人もいるように、僕らにとっては、これがバンドの音なんですよ。おかしな編成だとよく言われるし、誤解されることもあるけど、僕たちが今やりたいバンドのカタチはこれなんです。(島子)

俺もふつうにBIG MUFF(強烈なファズ・サウンドを得られるギター用エフェクター)を踏んでるしね(笑)。(ほし)

『かたち』は僕とモンスターにとって初めて世に放つアルバムだ。そして、同時にこのアルバムはジェントルズでの活動も含めた10年間におよぶキャリアの集積があったからこそ作り得た作品でもある。島子とほしが共に紆余曲折を経て、それでも理想のバンド像を目指していくなかでようやくカタチになったバンド、僕とモンスター。彼らの旅はここからも続く。

バンドを辞めようとした時期もあったけど、今はもうそんなこと考えられない(笑)。このバンドを続けていく覚悟は決まっているし、早く『かたち』をもってまたツアーをまわりたいですね。今はツアー先で泊めてくれる友達も増えたし(笑)。そういうことも、僕とモンスターを始めるまではまずなかったことなんですよ。(ほし)

このアルバムは僕達が今まで経験してきたいろんな時間が混じり合って出来たものだと思ってて。だから、今はとにかくこのアルバムをたくさんの人に届けたいですね。そして聴いた人が“こんなロック・バンドいるんだ!”と思ってもらえたら最高だな。何度も言いますけど、僕とモンスターはロック・バンドですからね(笑)!(島子)

インタヴュー&文 : 渡辺裕也

RECOMMEND

MOROHA / MOROHA Ⅱ

MCとアコースティック・ギターというシンプルな編成で2008年に結成、ヒップホップ、ロックといったジャンルに囚われず幅広い活動を続けるMOROHA。2010年にファースト・アルバムをリリースし、一切飾ることなく感情を言い切るそのスタイルとリリックで賛否両論を呼んだ。それから3年、どれほど、待ちわびていたファンがいたことだろうか。MOROHAのセカンド・アルバム、『MOROHA Ⅱ』がリリースとなった。汗が伝わってくるほどの感情がこもったラップ、猛々しいが繊細なアコースティック・ギターによって奏でられる言葉と音は空気を張り詰め、聴くものの心を震わせる。

>>>特集ページはこちら

LOST IN TIME / LIFE IS WONDER

2012年3月にデビュー10周年を記念したベスト・アルバムをリリースし、今年の4月に7枚目のアルバム『( )トラスト オーバー サーティー』をリリースしたLOST IN TIME。しかし、彼らの勢いは止まらない。前作から6か月、早くも『LIFE IS WONDER』“人生は不可思議だ”と名付けられたニュー・アルバムが届いた。結成11年、30歳を超え、人生について考え、問う。今回OTOTOYではバンドの中心となる海北大輔に単独でインタヴューを行った。彼の熱い想いを、じっくりと感じ取っていただきたい。

>>>特集ページはこちら

HINTO / NERVOUS PARTY

前作「She See Sea」より2年ぶりとなる待望のセカンド・フル・アルバム完成! レギュラー・サポート・ベーシストの林束紗が腱鞘炎治療のため卒業後、安部コウセイの実弟で元SPARTA LOCALSの安部光広をベーシストに迎え現体制となってから初の作品。昨年11月に先行してリリースされた「アットホームダンサー」を始め、既に完売となったgroup_inouとのスプリットシングルに収録されていた「マジックタイム」など全10曲収録。

>>>リリース時のインタヴューはこちら

LIVE SCHEDULE

Gotta Gettaway!
2014年9月2日(火)@代々木Zher the ZOO
時間 : OPEN 18:30/START 19:00
料金 : 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
出演 : Split end / 僕とモンスター / THE ADAMSKEY / 大正ドルドル19号

Shake it baby!!!
2014年9月14日(日)@下北沢Laguna
時間 : OPEN 18:00 START 18:30
料金 : 前売2500円(D別) 当日2800円(D別)
出演 : GONDA(GRiP / KGSS ON THE PEAKS) / 僕とモンスター / frills

PROFILE

僕とモンスター

大阪出身の島子勇一(Vo/AG)と福島県南相馬出身のほし“おずま”なおきの二人組。東京でそれぞれの音楽活動の中で出会い、2012年、僕とモンスターとしてバンド結成。アコギをメインに切々と歌う場面も、時にアコースティック・シューゲイザー的爆音も、バンドのカラーとしてかつてない異彩を放つ。日常の生活と旅から生まれた鋭くも暖かい描写が、心の隙間に染み入っていく。今年、名古屋のサカエスプリングへの出演や、星の地元南相馬の朝日座で開催されたRock ok Song2014にも出演。ライブでの星の暴れ具合はハードコアバンド顔負けの暴走度。東名阪と福島を中心に各地に出没し、涙と衝撃をお届け中。

僕とモンスター HP

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税
筆者について
渡辺 裕也 (渡辺 裕也)

音楽ライター。自炊ブロガー。好角家。福島県二本松市出身。右利き。O型。

同じ筆者による他の記事