ピッチフォーク"ベスト・ニュー・ミュージック"に選出、USシーンの新たな星となるか――SPOON、4年ぶり新作のハイレゾ音源を独占配信!!!

前々作の『GA GA GA GA GA』が全米初登場10位、前作『Transference』が初登場4位と作品を重ねる毎にその存在感を増しているSPOON。デビュー20周年、節目にもあたる記念すべき年に初の外部プロデューサーを迎えての新作『They Want My Soul』をリリース!! 迎えられた外部プロデューサーはフレーミング・リップスでお馴染みのデイヴ・フリッドマンと、マイ・モーニング・ジャケットなど多くのアーティストの作品を手がけるジョー・チッカレリ。OTOTOYではこのふたりが見事表した音の生々しさをより微細に伝える24bit/96kHzのハイレゾ音源で配信開始。『GA GA GA GA GA』以降の勢いに乗り、早くもピッチフォーク"ベスト・ミュージック"に選出された今作の豊潤さを語ってくれたレヴューとともにお楽しみください。

田中宗一郎によるライナーノーツ付き音源が配信スタート!!

SPOON / They Want My Soul(24bit/96kHz)+THE SIGN BOOK VOL.1

【配信価格】
alac / flac / wav(24bit/96kHz) : 単曲 257円 / アルバム購入 1,959円

【Track List】
01 Rent I Pay / 02 Inside Out / 03 Rainy Taxi / 04 Do You / 05 Knock Knock Knock / 06 Outlier / 07 They Want My Soul / 08 I Just Don't Understand / 09 Let Me Be Mine / 10 New York Kiss

THE SIGN BOOK Vol.1とは
ザ・サイン・マガジン・ドットコムのクリエイティヴ・ディレクター、田中宗一郎によるブリット・ダニエルとジム・イーノの2万字インタヴューを収めたライナーノーツです。ブリット・ダニエルの独占新作インタヴューは日本初登場!!

音源は購入済みという方へ : ライナーノーツのみもお求めいただけます!!

SPOON / THE SIGN BOOK VOL.1

【販売価格】216円

※OTOTOYのシステム上、販売には音声データが必要となるため、ダウンロード時には無音のmp3ファイルが付随しておりますがご了承くださいませ。

もちろんハイレゾ音源のみの配信もございます!

SPOON / They Want My Soul(24bit/96kHz)

【配信価格】
alac / flac / wav(24bit/96kHz) : 単曲 257円 / アルバム購入 1,851円

【Track List】
同上

もはやロックが若者の音楽と見られなくなって久しい時代において、ロックはそれ以上の何かにもなれるのだということ

1994年。カート・コバーンという、アメリカの音楽シーンにおけるひとつの星が潰えたその年に、テキサス州オースティンの小さなレーベルからスプーンはデビューした。90年代には、打ち寄せる波が引くがごとき米音楽界の趨勢に翻弄され、メジャーとの契約を打ち切られるなど、辛酸をも舐めた。そんなベテラン・バンドが遂に本作で全米1位となり、アメリカ音楽の新たな星(=スター)となりそうな気配が濃厚である。そう、その記念碑となる作品こそ、この『They Want My Soul』なのだ。まだ結果も出てないのに、やや飛ばし気味に書いたが、もちろん僕は本気だ。

もちろん言うまでもなく、2007年の6th『GA GA GA GA GA』(全米10位)でブレイクする前から、持ち前のどこか無邪気でチャーミングなエッジによってロックンロールの可能性を研ぎ澄ませてきた、という点において、スプーンはずっとスプーンだった。それは成功を経た現在でも結局のところほとんど変わっていないし、さらに言えば、2001年の3rd『Girls Can Tell』以降、インディをベースに、およそ2年に1枚のペースを守りながら作品を重ねてきた、そのタフで、ある意味、楽観的な歩みこそ、彼ら“らしさ”だったのだ、と今でなら言えるだろう。

だが、それにしても、20年を超えるそのキャリアにおいて、最新作が最もラウドでアグレッシヴな作品に仕上がっているのだから、やはり『GA GA GA GA GA』以降の成功がバンドにもたらした自信とエネルギーは凄まじいものがあったのだろう。レコードのA面にあたるアルバム前半部はとにもかくにも完璧だ。黄金期のストーンズがペイブメントをカヴァーしたような「Rent I Pay」。ドラム・マシンをさらにビルド・アップしたソリッドなビートに、ドリーミングなハープシコードが重なる「Inside Out」。歪むギターと16ビートを刻むタンバリンに、次々と表情を変えるブリットの歌が絡む、いぶし銀のマイナー・ロックンロール「Rainy Taxi」。ロック特有の乾いた感覚に、印象的なコーラスとエコーの掛かったハンド・クラップが不思議な温かみを注ぐ、このバンドらしい恍惚を湛えた名曲「Do You」。アコギのザクザクとしたリフをくぐり抜けるように、気まぐれな口笛や、トーン・クラスター風ギター・エフェクト、エレキ・オルガンのドローン、そして、凶暴なファズ・ギターが現れては消える「Knock Knock Knock」は、フレーミング・リップスとの長年の仕事で知られるプロデューサー、デイヴ・フリッドマンとの成果が最も鮮やかに出たサイケデリック・ファンク・ロック。エッジィとポップネスが見事に両立した、本当に理想的なポップ・レコードの姿が浮かび上がって来る。


Inside Out

Do You

アルバム後半のサウンドはさらに多彩で、『GA GA GA GA GA』期を思わせる黄金のメロディが印象的な7曲目や9曲目、憂いを帯びた三拍子が一足早い木枯らしを吹き込む8曲目… など、よりオーセンティックで人肌感のある曲が並ぶ。どこかメロウなそれらの印象によって、40分足らずのアルバムは爽やかに幕を閉じる。

前々作が全米10位。前作が4位。次はいよいよ… と期待してしまうが、間違いなく本作はその期待に相応しい作品だろう。もはやロックが若者の音楽と見られなくなって久しい時代において、しかし、ロックはそれ以上の何かにもなれるのだということ、その魂の在り処を、鮮やかに示している。(text by 佐藤優太)

RECOMMEND

USオルタナティヴの巨星

Pixies / Indie Cindy

カート・コバーン(ニルヴァーナ)、ボノ(U2)、レディオヘッドをはじめとする数多くのアーティストに影響を与えてきた伝説のオルタナティヴ・ロック・バンド、ピクシーズが、23年ぶりとなる最新作をリリース。セカンド・アルバム『Doolittle』を手がけたギル・ノートンをプロデューサーに、クイーンやブラック・サバスを始めブリティッシュ・ロックの歴史に残る名作の制作舞台となったウェールズのロックフィールド・スタジオでレコーディングされた本気の一作。

>>レヴューはこちら

日本の90年代を代表するアーティスト、最高音質DSD配信!!

Buffalo Daughter / Konjac-tion(5.6MHz DSD+24bit/96kHz)

オリジナル作品として4年振りのアルバム、『Konjac-tion』(コニャクション)。現代アートの世界で知られるピーター・マクドナルドとのコラボをきっかけに生まれた本作は、地域住民が一同に会するアメリカ式の宴会「ブロック・パーティ」がテーマ。チボ・マット、坂本慎太郎、カヒミ・カリィ、永井聖一、砂原良徳、Fuzatiといった面々が参加し、Buffalo Daughterとのコラボを果たしている。後半10曲は、豪華リミキサー陣によるリミックス・ナンバーを収録。OTOTOYでは5.6MHz DSD+24bit/96kHzでのハイレゾ配信!!!

>>インタヴューはこちら

同日リリース!! 2014年最重要人物のデビュー・アルバム

FKA twigs / LP1

イギリス南西部グロスタシャー州出身でロンドンを拠点に活動する新人シンガー、FKAツイッグスがついにデビュー・アルバムをリリース。エレクトロニクス、R&B、ポップとアブストラクト、アンビエントの要素を一体化させた新人にしてネクスト・レベル・アーティスト。米ビルボードの「2014年注目新人」選出や「BBC・サウンド・オブ・2014」ノミネート、更に音楽メディアだけでなくDAZEDウェブサイトで特集が組まれるなどファッション界からも注目されている。

PROFILE

SPOON

1993年ブリットとジムにより結成される。バンド名はドイツの先鋭バンドCANの曲名「SPOON」より命名された。94年にEP『Nefarious』をリリース。95年にMatadorと契約し、96年にアルバム『Telephono』をリリースする。当時PixiesやWireを引き合いに各プレスで高く評価される。98年にメジャー・レーベルであるElectraと契約。『A Series Of Sneaks』をリリースするもののセールスに恵まれず、契約解除となってしまう。その後バンドはMerge Recordsと契約し、2001年に3rdアルバム『Girls Can Tell』をリリース。過去の2作をあわせたよりも大きなセールスを上げ、バンドとしての活動を軌道に乗せた。その勢いをかって2002年に4thアルバム『Kill The Moonlight』をリリース。映画やTVドラマにもフィーチャーされるなど成功を収める。2005年には5thアルバム『Gimme Fiction』をリリース。全米44位の好セールスを記録し、一躍インディ・バンドとして大きな注目を集める事となった。2007年にはブレイクスルー作となった6thアルバム『Ga Ga Ga Ga Ga』を発売。全米10位を記録し、名実ともにTOPバンドの仲間入りを果たした。数多くのTV出演や大型フェスティバルへの出演を果たし、日本でもFUJIROCK FESTIVALヘの出演、単独来日公演も成功させた。2010年に7thアルバム『Transference』を発売。全米初登場4位を記録。バンドの過去最高位を更新。バンドの人気振りを改めて知らしめた。

その後ジムは地元オースティンにスタジオを構え、数々のアーティストのプロデュースを手がけ、またブリットは別プロジェクトであるDivine Fitsを始動させるなど、それぞれの活動が活発となったが、2013年後半からSPOONとして初めて外部プロデューサーとしてデイヴ・フリッドマン(Flaming Lips他)、ジョー・チッカレリ(My Morning Jacket他)を招き、レコーディングを開始。新たに契約したLoma Vistaより2014年8月6日に4年振りとなる8thアルバム『They Want My Soul』を発売する。

>>SPOON Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之