HINTO、安部コウセイがメンバーに迫る!? 新作発売記念4週連続インタヴュー 第3回 伊東真一

約2年ぶりのフル・アルバム『NERVOUS PARTY』発売記念、OTOTOYでは4週連続企画がはじまりました。第1回〜第3回にかけて、安部コウセイがメンバーにインタヴュー。最後は自分自身にセルフ・インタヴュー!? 加えて、アルバムから毎回1曲ずつフル試聴でお届けする毎週水曜更新を行っています。さて、7月23日… ついに配信開始です!!

『NERVOUS PARTY』配信開始!
HINTO / NERVOUS PARTY

【配信価格】
alac / flac / wav(16bit/44.1kHz)mp3 : 単曲 220円 / まとめ購入 2,000円

【Track List】
01. かなしみアップデイト / 02. アットホームダンサー / 03. アイノアト / 04. テーブル / 05. マジックタイム / 06. シーズナル / 07. エネミー / 08. ウォーターランド / 09. はんぶんゾンビ / 10. ハートレスダンシング・ドゥ

☆歌詞ブックレットがPDFで付いてきます。

予約注文でご購入いただいたお客様
ご登録のメールアドレス、またはOTOTOY上のメッセージに「ご購入音源ダウンロードURLのお知らせ」をお送りしております。お知らせが届いていない方、ダウンロードが上手くできない方は、お手数ですがinfo@ototoy.jpまでご連絡くださいませ。

まだ購入されていない、という方にはまずフル試聴で。第3回は1曲目に収録されている「かなしみアップデイト」です。そして、今回安部コウセイが迫るのは、ギターの伊東真一。SPARTA LOCALS時代から並走し、解散後、再びHINTOとして音楽活動をはじめるときも隣に立っていた伊東。ついにナーバスではないメンバーが?! と思わせつつもしっかりと伊東のナーバスな部分を暴きつつ、これまで触れなかった新作『NERVOUS PARTY』について、音作りから語ります。

そんな涙 なくたって あの音楽は 美しい――第3回フル試聴「かなしみアップデイト」開始

レーベル Bauxite Music wy.  発売日 2014/07/23

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

OTOTOYアプリ(iOSのみ)からも試聴が可能です。 OTOTOYアプリについてはコチラ

第3回 : 安部コウセイ×伊東真一

うーん、ナーバスっていうか神経質な部分はあるんやけどね

安部コウセイ : 私、安部コウセイがメンバーそれぞれにインタヴューをして、最後は私自身が自分自身にセルフ・インタヴューをするという企画の第3回は中学からの同級生でありHINTOのギタリストである、伊東真一君にインタヴューをします。それでは宜しくお願いします。

伊東真一(以下、伊東) : 宜しくお願いします。こんな感じなんや(笑)。

コウセイ : こんな感じでやってるよ(笑)。毎回、みんなにナーバスかどうか聞いてるんだけど、真君はあんまりナーバスな感じしないよね?

伊東 : うーん、ナーバスっていうか神経質な部分はあるんやけどね。

コウセイ : どのへんが神経質?

伊東 : たとえばコンビニのトイレに入ったときに、便座を拭いて便座にティッシュを引いてから座るとか。

コウセイ : アハハ(笑)。そんなことしてんの? 衝撃だわ。潔癖なの?

伊東 : 潔癖まではいかないんだけど…… お風呂入ったときって1番最初にどうする?

コウセイ : どうするって何 (笑)?

伊東 : 俺はね大体頭から洗うんやけど、その前にまず1回手を洗う。

コウセイ : マジで!? ちょっと引くわ(笑)。それはすごいね。

伊東 : そういう神経質なところはあるかもしれん。

コウセイ : いやそれは潔癖だよ。やっぱりギタリストだからか手回りのことが多いね。

伊東 : 手回りはわりと多いかもね。食器洗ったあとも手洗うし。

コウセイ : それはちょっとわかるかな。

伊東 : だからといって整理整頓が得意じゃないんよ。

コウセイ : 確かに大学生のときに遊びに行った部屋はゴミ屋敷やったもんね。

伊東 : ふふふ(笑)。まあ、基本的に物が多いからね。

コウセイ : でも手が汚れるのは嫌なんだ? 大好きな猫を触ったあとも手洗うの?

伊東 : 家に帰ったら洗うよ。

コウセイ : すぐ洗う(笑)?

伊東 : すぐ洗うよ(笑)。

この作品は集大成って感じはしないね。『NERVOUS PARTY』は次に繋がる作品って気がする

コウセイ : アハハ(笑)。好きじゃないやん! まあ、いいや次の質問するね。光広とビッツのときは『NERVOUS PARTY』についてほとんど喋らなくて、今回は発売日ということでそこも聞きたいんだけど。

伊東 : うん。

コウセイ : まず、すごくざっくりした質問するね。『NERVOUS PARTY』はどんな作品になりましたか?

伊東 : どんな作品? うーん難しいね。でもあれかな、もう次に繋がるアルバムかなって、過渡期というか。

コウセイ : 次に繋がるって?

伊東 : 次にやりたいことが今、明確にあるわけじゃないんだけど「こういうことを次にやれたらいいな」みたいなモノが『NERVOUS PARTY』を作ったあとにちょっと見えてきた。

コウセイ : CD出すとよく集大成って言われ方するけど、そういう感じではなく?

伊東 : うーん、この作品は集大成って感じはしないね。

コウセイ : 確かに。それは俺も思う。

伊東 : 本当に1個の通過点という感じ。ファーストの『She See Sea』の方が集大成じゃないけど、今のHINTOをズドンと出した感じがあったけど、『NERVOUS PARTY』は次に繋がる作品って気がする。

コウセイ : それはクオリティが低いってことでいい(笑)?

伊東 : いや、クオリティは低くないよ(笑)。

コウセイ : でも次に繋がる作品っていう意味はわかるよ。俺も確かHMVのメール・インタヴューで似たようなこと書いたんだけど「円熟していながら未来が楽しみな作品」って。じゃあ『NERVOUS PARTY』をレコーディングしてミュージシャンとして成長したところはある?

伊東 : そうだね。「こういう風に自分たちの音を聴かせたい」っていうのが少しづつだけど出来ている感覚はある。まだまだ、なんだけどね。

コウセイ : たとえば?

伊東 : 作品を通しての音像とか音色とか。あと具体的にはギターをこういう音で録りたいっていうのをさらにもうひとつ課題をクリアできた感覚はあるね。

コウセイ : なるほどね。個人的にというかプレイヤーとしてはある?

伊東 : どうだろう、下手くそだなっていうのは変わってないけど。

コウセイ : それはでも「伊東さんは下手じゃないですよ。」って言ってほしいんやろ (笑)?

伊東 : いやいや、これはもう自分の中の問題だから(笑)。まあでも今回はギターの音は良く録れた気がするよ。

今まで作ってきた音って薄皮が1枚挟まった様な何か抜けきらない感じがして

コウセイ : 今回は真君をサウンド大臣に任命して、俺がトータル・ディレクションをするっていう、役割を完全にわけたことがすごく成功したと思っているんだけど、サウンド大臣として『NERVOUS PARTY』をこういう音にしたいなってイメージはあった?

伊東 : レコーディング前にコウセイとふたりでも話したけど、今まで作ってきた音って薄皮が1枚挟まった様な何か抜けきらない感じがして。

コウセイ : うん、そう電話で話したよね。

伊東 : そこは何とかしたいと思っていたんだけど、完成してみて少しその薄皮は剥がれた気がする。

コウセイ : それって具体的にどういう作用があって、薄皮が少し剥がれたんだろう? 確かにまだ少し残ってるけど、前作より間違いなく音像の膜みたいなモノはクリアになったよね?

伊東 : エンジニアさんとのコミュニケーションでイメージを言葉で伝えるっていうのはもちろんあったし、単純に「そうじゃない、そうじゃない」って粘った結果ってのはあると思う。

コウセイ : なるほどね。

伊東 : そういうやりとりを繰り返す頻度が増えた。まだ足りない気はするけど。

コウセイ : 特にMIXだよね。

伊東 : そうそう。

コウセイ : MIXは俺と真君が入れ替わりでスタジオに籠って追及したよね。

伊東 : したね。

左から安部コウセイ、伊東真一

コウセイ : この『NERVOUS PARTY』の中で真君のギターは実に色とりどりのサウンドを響かせているけど、サウンドを発想するときって、感覚でサウンドを思いつくのか、もっと論理的に考えてるのか、どういう経緯であのサウンドに行きつくの?

伊東 : うーん、実は決まったパターンは特になくて、例えば新しい機材を見つけて、それをいじってて「この音はおもしろいな」が源になったり、あとは他のアーティストの音源を聴いて「この音おもしろいな」とか。まあ、でもその音はギターの音じゃないパターンが多いんだけど。

コウセイ : 鍵盤だったり?

伊東 : そうそう。あとは遊んでいるときにアクシンデント的におもしろい音が出来てそれを消化しようと追及するパターン。

コウセイ : ってことは音からフレーズを発想する場合もあるってこと?

伊東 : あるね。あとはもうトライ&エラーをひたすらに繰り返して理想の音に近づけていくパターン。

コウセイ : その場合はフレーズが先にあるってことだよね?

伊東 : そうだね。でも音とフレーズが同時のパターンもあるよ。

コウセイ : フレーズを作るってキリがなくなってこない? だって完成なんて極端に言うとないじゃん?

伊東 : ないよね。

俺は昔からずっと真君のリードギターで歌ってきたからさ、そのときに初めて「あいつ迷惑なことしてるんだな」って思ったよ

コウセイ : じゃあ、完成と思える着地点はどこだと思う?

伊東 : なんとなく「あぁ、来た。これだ!」みたいな感覚は自分の中であるよ。

コウセイ : でも俺の感覚だと「これだ!」って思ったらその1つで良いんだけど、真君の場合何パターンか持ってくるわけじゃん? その場合は全部「これだ!」って思ってるってこと?

伊東 : うーん、もちろん1つで良いときもあるんだけど「こういう商品もどうですか?」みたいな感じ。

コウセイ : なるほど、デザイナーみたいだね。クライアントに商品をプレゼンするみたいな感じ。

伊東 : それに近いかもね。基本的にちょっと驚いてもらいたいみたいな感覚があるんよね。仮に3つパターンがあったとして、採用されるのはひとつやん?

コウセイ : そうだね。

伊東 : ふたつ消えたとしても、そこまで残ったアイデアは他に生きたりすることもあるからさ、あんまり無駄死にな感覚はしないんよね。単純に考えるのが楽しいってのもあるし。でもね、やっぱりキリはないよ(笑)。

コウセイ : じゃあ、フレーズを考えるときって歌のメロディを意識したりする?

伊東 : 俺はちょっとギターのフレーズと歌のメロディが喧嘩するぐらいがちょうどいいと思ってて。でもそれってヴォーカリストからするといい迷惑だと思うんやけど(笑)。

コウセイ : いい迷惑だね(笑)。えっとね、歌いにくいよ!

伊東 : (笑)。でも、逆にそれを意識してやってるよ。

コウセイ : もう慣れたけどさ。何で? 目立ちたいの(笑)?

伊東 : いやいや(笑)。俺は主軸のメロディが2つとかそれ以上ある音楽がすごく好きで、聴くと「うおお!」ってなるんだけど、HINTOでもそういう音楽を目指したいと思ってる。

コウセイ : 確かにSPARTA LOCALSのときから真君はそうだよね。だから前にフジフジ富士Qでフジファブリックのメンバーの演奏で歌ったとき、すごく歌いやすかったもん(笑)。

伊東 : そうやろ(笑)?

コウセイ : こんなに歌いやすいのかってびっくりした (笑)! 俺は昔からずっと真君のリードギターで歌ってきたからさ、そのときに初めて「あいつ迷惑なことしてるんだな」って思ったよ。

伊東 : さっきも言ったけど、そこは意識してやってる(笑)。

コウセイ : でもおかげさまで歌はすごく上手くなったと思う。これはみんなに聞いてるんだけど、真君の思う"良いプレイ"って何?

伊東 : 月並みな答えだけど「気持ち」がしっかり入っているかどうかは重要だと思う。

コウセイ : じゃあ、気持ちが入ってれば下手でもいいってこと?

伊東 : 下手でいいってことは無いけど、そこからちゃんと感じるモノがあればOKかなと思う。ただ気持ちがあまりにも入りすぎると演奏はヨレたりしがちやし、そこのバランスはすごく難しいよね。

コウセイ : 永遠のテーマだよね。気持ちが入っていれば"良いプレイ"になるのであれば、何のために上手くなったり、練習したりするの?

伊東 : 俺の場合は出したい音とかやりたいことがまだまだあるんだけど、それをするためには単純に技術がまだ足りないっていうジレンマがあるから、もっと上手くなりたいと思っていて、そのために練習をするよ。

コウセイ : あーなるほどね。

伊東 : 速く弾きたいとか、キレイに弾きたいから上手くなりたいとかは思わないけどね。

コウセイ : でもキレイに弾きたくならん?

伊東 : なる(笑)。でも他人のプレイに対しては演奏がヨレたって、かっこ悪いとかイマイチとか思わないけど、自分のことになると「うーん」ってなってしまうよね。

真君、ライヴの日はイライラしてるよね。俺それ知ってるわ。つーかナーバスなところそこだよ!

コウセイ : なるほどね。真君はミュージシャンとしての俺をずっと見てきたわけだけど、変化したところってある? わかりやすくファーストの『She See Sea』から今作の『NERVOUS PARTY』で。

伊東 : 歌に対してはすごく力が抜けた印象がある。意識が変わったのかなって思ったけどね。

コウセイ : なるほど。力が抜けたってどういう意味?

伊東 : どの曲もサラっと歌って、良い歌が録れた気がした。何だろうね? 適当になったわけじゃなくて、ひとつ殻を破ったのかな、歌はサクサク録れたよね。

コウセイ : そうかも。

伊東 : 変に歌録りで悩む様なシチュエーションもなかった、基本的に1テイク目ですでに良いってことが多かった気がする。

コウセイ : まあ「テーブル」とかあとで録りなおした曲もあったけど、確かにそうかもしれん。しかし録音って本当に難しくない?

伊東 : 難しいね。

コウセイ : 気合を入れすぎたらダメだしね。なるべく柔らかく緊張しない様にのびのびやらないといけないやん?

伊東 : そうやね。緊張感が無いのもダメやしね。

コウセイ : 真君はそこらへんコントロールできてる?

伊東 : 録音のとき?

コウセイ : 録音っていうかギターを弾くときかな。

伊東 : ライブ中は「腕の力を抜こう」ってのは意識してるね。それは録音のときでもそうかな。

コウセイ : 腕の力を抜くっていうのは、精神的な部分を柔らかくするって意味よね?

伊東 : そう。より自由になるために力を抜くってことなのかな。あとライヴの日は何故かすごくイライラする。

コウセイ : 真君、ライヴの日はイライラしてるよね。俺それ知ってるわ。つーかナーバスなところそこだよ!

伊東 : 話がつながったね(笑)。

コウセイ : ライヴの日、機材車でいつも思うもん。「あっ真君イライラしてるなー」って。長い付き合いだからわかるけど、すごく自分の殻に閉じこもってるよね。

伊東 : 別に誰かに対してイライラしているわけじゃないんやけどね。

コウセイ : 普通にみんなとも喋るんやけど、いつもの猫を愛でるときの真君とは別人よね(笑)。

伊東 : うん(笑)。ちょっとライヴの日はイライラしがちかも。

コウセイ : でも結果的に良いライヴできているからそれでいいんじゃない?

伊東 : うーん。確かにライヴでそのイライラを消化できるというか。

コウセイ : それが真君の、ライブの日の気持ちの作り方なのかな?

伊東 : 確かに自然とそうなっているのかも。

コウセイ : そのイライラを別に周りにまき散らしたりしないもんね。だから一見わからないんだけど、機材車でいつも隣に座った真君を見て心の中で「あー今日もイライラしてるなー」って思ってるよ。(笑)

伊東 : お腹空いたらイライラするんよね(笑)。

コウセイ : だから朝の機材車とかは真君がパンを2つ食べ終えて、人と会話できるコンディションになるまで話しかけずにタバコ吸って待ったりしてるよ(笑)。

伊東 : よくわかってるわ(笑)。

コウセイ : 次の機材車移動が、意識してやりにくくなるね(笑)。では今回は『NERVOUS PARTY』の発売日ということで言いたいことある?

伊東 : 自分たちのことは独特でかっこいい音楽だと思うんやけど、入口は何でもいいからとにかく聴いてほしい。聴いてもらえれば何かひっかかる要素がある作品になったと思います。

コウセイ : 是非、聴いてもらいたいよね。じゃあこれからはライヴの日あんまりナーバスになり過ぎないようにね。

伊東 : はい、気を付けます(笑)。

HINTO『NERVOUS PARTY』発売記念企画

第1回 : 安部コウセイ×安部光広

第2回 : 安部コウセイ×菱谷"ビッツ"昌弘

LIVE INFORMATION

堕落モーションFOLK2 対人企画[私達音楽旅行]
堕落モーションFOLK2 : 安部コウセイ×伊東真一によるアコースティック・ユニット

2014年8月1日(金)@大阪ロフトプラスワンウエスト
出演 : 堕落モーションFOLK2 / 五味岳久&五味拓人(from LOSTAGE)
2014年8月6日(水)@渋谷La.mama
出演 : 堕落モーションFOLK2 / 佐々木健太郎(アナログフィッシュ)

PARTY! DANCE!SUMMER!×60
2014年8月9日(土)@仙台NeoBrotherZ
出演 : HINTO / tobaccojuice / ワンダフルボーイズ

『NERVOUS PARTY』インストアライヴ
2014年8月12日(火)@TOWER RECORDS渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
開演 : 19:30(20:30終演予定)

千葉LOOK presents 大感謝祭リターンズ~真夏の2man
2014年8月20日(水)@千葉LOOK
出演 : HINTO / andymori

Re:mix 2014
2014年8月23日(土)@名古屋DIAMOND HALL & APOLLO BASE

『NERVOUS PARTY』 release ONE-MAN TOUR「清楚なふりしてアメージング」
2014年9月13日(土)@大阪Live House Pangea
2014年9月15日(月祝)@福岡The Voodoo Lounge
2014年9月21日(日)@池下Club Upset
2014年9月23日(火祝)@渋谷Club Quattro

PROFILE

HINTO

左から菱谷"ビッツ"昌弘(Drums)、安部コウセイ(Vocal/Guitar)、伊東真一(Guitar) 、安部光広(Bass)

2010年元SPARTA LOCALSの安部コウセイを中心に結成。
2012年12月30日の渋谷CLUB QUATTROのライヴを最後にレギュラー・サポート・ベーシストの林束紗が腱鞘炎治療の為卒業。
2013年1月に安部コウセイの実弟で元SPARTA LOCALSの安部光広を迎え現体制に。
2014年7月23日に2年振りとなる2ndフル・アルバム『NERVOUS PARTY』をリリースする。

>>HINTO Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在
[CLOSEUP]・2017年04月27日・「夏」がテーマのアイドル・Summer Rocket、120回以上のライヴを経て辿り着いた4人の現在 「夏」をテーマにしたアイドル・グループ、Summer Rocketが2ndシングルをリリース。2016年7月から活動をスタートさせ、通算120回以上のライヴを行なってきたサマロケの新作は、ライヴの定番「さくらハレーション」「プールサイドのイルカ」の2曲。今回は楽曲制作者の永原真夏と工藤歩里がレコーディングにも立ち会い歌唱指導、徹底的にサマロケの世界観を作り上げた渾身作となっている。OTOTOYでは同作を配信するとともに、初めてのメンバー4人へのインタヴューを行った。 サマーロケット、2ndシングルを配信開始!!Summer Rocket / さくらハレーション / プールサイドのイルカ【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / まとめ 540円(税込) 【Track List】1. さくらハレーション2. プールサイドのイルカ INTERVIEW : Summer Rocket どこか懐かしさを感じさせるようなアイドル・グループ、Summer Rocket。群
by 西澤 裕郎
カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平