結成から7年、ついに音源化された壮大なサウンドスケープ——no.9 orchestra、待望の1stアルバムを独占ハイレゾで!!

no.9 orchestraを率いるno.9こと城隆之

no.9の名義で活動し、エレクトロニカのフィールドを中心に7枚のアルバムを発表してきた作曲家の城隆之。そんな彼が率いるバンド、no.9 orchestraが、結成7年目にして初のオリジナル・アルバムをリリースした。その活動がスタートしたのは2007年。以来、no.9名義の楽曲を、ギター、ドラム、ヴァイオリン、ピアノといったフィジカルな楽器で演奏するというコンセプトのもと、圧倒的なライヴを披露しつづけてきた。このたび、ライヴでしか楽しむことのできなかった彼らのサウンドがついに音源化され、『Breath in Silence』という名のアルバムにまとめられたのだ。しかも、OTOTOYではこの作品を、24bit/96kHzの高音質で独占ハイレゾ配信。no.9 orchestraが描き出す壮大なサウンドスケープを、アーティストがスタジオで聴いているのと同じ音で楽しむことができる。バンドを率いる張本人、城隆之へのインタヴューとともにお届けしよう。


no.9 orchestra / Breath in Silence (24bit/96kHz)

【配信形式 / 価格】
ALAC / FLAC / WAV : 1,620円(税込、単曲は各270円)

【収録曲】
01. with millions of love -fine-
02. Left the wind
03. after it
04. Good morning
05. inside outside
06. Re: bug beats
07. Source of harmonics



INTERVIEW : 城隆之(no.9 orchestra)

不完全な部分が重なりあったとき、そこにソウルが宿る

——ファースト・アルバムのリリース、おめでとうございます。no.9 orchestraは2007年から活動をスタートさせて、7年越しでようやくオリジナル・アルバムをリリースすることになりました。そこで今回は、そもそもno9というソロ・プロジェクトをバンド編成にした経緯から伺いたいのですが。

: 僕自身、20代の頃はロックとかファンクとかジャズとか、いろんなバンドをずっとやってきた人なんです。それがだんだんと作曲がコンピュータでできるようになってきて、ひとりでロジカルに思考するような作曲スタイルに変わっていきました。だけど、やっぱりライヴではPCに向かって演奏するというスタイルにフラストレーションが強くなってしまって。自分の中の熱とコンピュータがフィットしない感覚があったんですよね。それで周りにいた人たちに声をかけて、2007年にno.9 orchestraを立ち上げました。

——城さんは以前、no.9名義でリリースされた『good morning』がソロ活動の集大成になったとおっしゃっていたと思うのですが、それがちょうど2007年ですよね。

レーベル liquid note records  発売日 2007/03/15

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

: あの作品は2005年には完成していたものなんですけど、ちょうどその頃から作曲のスタイルが単にロジカルなものだけではなくなっていって、ライヴに意識が向かうようになりましたね。集大成というよりは、セカンド・ステージのスタート・ラインに立ったという感じです。

——なるほど。それからライヴ活動を続けてこられて、ついにファーストをリリースされるわけですが、なぜこのタイミングでアルバムを出そうと思ったんでしょうか。

: no.9 orchestraはメンバーの変更がすごく多かったんですが、それがようやく固定されたというのが大きな理由です。メンバーの出入りが多いうちは、なかなかひとつの演奏スタイルにまとめることが難しかったんですよね。今のメンバーは自主的にアイディアを出せる人たちだし、技術的にも一定以上のレヴェルに達していると思うので、そういう状態で作品をひとつ残しておきたいなと。

——そんなファースト・アルバムはタイトルが『Breath in Silence』で、直訳すると「静けさの中の息づかい」といったところだと思いますが、ここにはどんな思いが込められているんですか?

: やっぱりバンド編成の大きな特徴として、微妙なリズムの揺れとか、空気感のグルーヴとか、演奏者の個性とか、そういう人間ならではの部分があると思うんですけど、僕の中で「Breath=息」っていうのはそれを象徴する言葉だったんですよね。実際バンドで演奏するときって、みんなで息を合わせてリズムをとっていくわけじゃないですか。長くコンピュータで作曲してきた僕にとっては、それがすごく心地いいことなんです。

——そうなんですね。「人間ならではの部分」が今作にとって重要だと。

: 重要なのは確定されていない部分、固定されていない部分だと僕は思うんですね。どんなに作り込んだって、実際に演奏するときは頭の中でいろいろ考えているわけで、何テイクやったって完全に同じになることはないじゃないですか。そういう血の通った、ある意味では不完全なグレーの部分が重なりあったときに、きれいなグラデーションができるというか。そこにソウルが宿るというか。

オーケストラを率いるno.9こと城隆之

——たしかにno.9名義の作品は細部までカッチリと作り込まれているのに対して、no.9 orchestraの音源はより自由度が高いというか、より余白の部分が多いのかなと思いました。

: 僕がno.9とno.9 orchestraの違いをどう捉えているかというと、音楽的にも作品のヴィジョンも、すべて自分でコントロールできるのがno.9、ある種のハプニングが伴うのがno.9 orchestraという感じなんですね。自分は作曲家だという意識が強くて、音響的な部分も含めてこだわり抜くno.9の作品と、プレイヤー / プロデューサーとして関わるno.9 orchestraの作品という違いがあります。結果としてもっとも違うのは、ロジカルとフィジカルの差異からくる、景色や感情の表現の違いだと思いますね。そして、そんな想いをもった仲間たちがいるということです。日々練習をするプレイヤーにとって、すでにある曲に個性を入れるのはとても重要なこと。それが重なり合えば必然的に進化します。

——楽譜以上のものになっていく感動がありますよね。

: そうですね。それをリスナーのみなさんにも味わってもらいたいです。

——逆に城さんは今作でどこまでバンドをコントロールしたんですか?

: 僕は楽曲を作るだけ作って、まずはメンバーに思うように弾いてもらいました。そのうえでスタジオに入って、「こっちのほうがいいんじゃない?」って言ったり。とはいえアレンジも完成したものにはせずに、つねにライヴを意識して余白を残しておくというか。

ギターの音だけで何日間か聴きつづけた

——まさにハプニングが起こる状態にしておくということですよね。でもレコーディングをすることで、音源としてひとつの形に定着しちゃうわけじゃないですか。そこに対する怖さみたいなものはありませんでしたか?

: 怖さはあったけど、メンバーを信頼してたのでたぶん大丈夫だと思ってました。実際、今作に収録された曲は全体では多くて3テイクしか録音していないんですけど、もう1テイクやっておけばよかったっていう曲はまずないです。もちろん重ね録りはしていますけど、鮮度がほしかったんです。そういう意味では奇跡的だったなって思います。

——今作に収録された曲はすべて、no.9名義で一度リリースしているものですよね。バンド編成オリジナルの新曲をやるっていうアイディアはなかったんですか?

: もちろんそれも考えました。ただ、プロセスとしてno.9の曲をバンドでやる意義があったし、no.9の原曲があるからこそのリミックス感覚がおもしろいと思ったんです。リスナーにはno.9を聴いてもらったうえで、「バンドになるとぜんぜん違う!」っていう感想をもらうのがいちばんうれしかったりします。

——はじめからno.9 orchestraとしてオリジナル曲を作ってしまうと、それこそハプニングが起こりにくくなってしまう。

: そうですね。チャレンジはしたんですけど、結局は僕が「ああしたいこうしたい」って言ってしまうので、ひとりで作るのと変わらなくなってしまうんですよ(笑)。でも、あきらめずに今後もチャレンジします。

——リミックス感覚とおっしゃってましたが、まさに原曲と聴きくらべるとぜんぜん違うものになっていてびっくりします。特にバンド編成ではギターがフィーチャーされていますよね。

: そうですそうです。僕、レコーディングでこんなにギター弾いたの初めてだったんですよ。1曲目の「with million of the love -fine-」なんかは、絶対に弾かないと思っていたギター・ソロを入れてしまって。でもやってみるとすごく新鮮で、「ギター・ソロっていいわ〜」みたいになりました(笑)。

——ギター・ソロに目覚めたと(笑)。バッキングの音も前に出てますよね。

: うちの伊藤智也のギターをすごくフィーチャーしましたからね。彼の才能はハンパないです。普段、ああいうバッキングって当たり前のように流れていってしまって、あらためてそれを聴こうとはあまり思わないですよね。実際、僕もレコーディングするまでは彼があんなにすごいことをやってるって知らなかった(笑)。

——あらためて聴いて驚いたんですね。

: 「こんなマメなことしてんのか」って(笑)。ギターの音だけで何日間か聴きつづけたくらい、本当に驚いて。だからかなりミックスで前に出しました。

——そのあたりはまさに原曲といちばん違うところなので、聴きどころですね。

: 特に「Source og harmonics」、「Good morning」あたりのバッキングはぜひ聴いてほしいですね。「Re: bug beats」にいたっては僕のギターの音を全部消したくらいですからね(笑)。

「これはやばいから、絶対ハイレゾで出したほうがいいよ」って(笑)

——聴きどころと言えば、今作はドラムの音がとてもきれいに録れていますよね。これは生音ならではの部分でもあるし、ハイレゾならではの部分でもあると思いますが。

: そうなんですよ。mp3とかの圧縮音源でいちばん犠牲になるのが鳴りものじゃないですか。だから鳴りものがいかに現実の音のまま収録できるか、という部分には気をつかいましたね。鳴りもののエアーの部分って、打ち込みでもコントロールはできるけど、実際に叩いたときって響きがどんどん重なりあうじゃないですか。それってコントロールできないんだけど、その何とも言えない倍音が美しいんですよね。

——「コントロールできない部分」を重視するというところは最初の話ともつながってきますね。この流れでレコーディングについても伺いたいのですが、今回はどれくらい時間をかけて録ったんですか?

no.9こと城隆之の自宅スタジオで取材はおこなわれた

: 実際にスタジオに入ったのは4日間だったんですけど、その事前準備も含めると半年くらいですね。さらに前の構想段階も含めると1年くらいかかってるんですけど。曲の中で固定する部分とアクティヴにする部分を明確にして、収録する曲もじっくり選びました。

——今回、ミックスは城さん自身が担当されますよね。何か気をつけたところなどありますか?

: 録音はその世界では有名な阿尾茂猛さんというエンジニアにお願いしたんですが、ものすごい迫力満点に録ってくれたので、その良さをいかに殺さないようにするかに集中しましたね。さきほどの話にもありましたけど、とにかくドラムなどの鳴りものが美しかった。すべての音がその場で鳴らされているかのようにレコーディングされていて。僕としてはそれを小綺麗にまとめないようにしましたね。あんまり生演奏のミックスをしたことがなかったんで、逆に常識にとらわれずにできたかなと思います。

——この作品はOTOTOY限定でハイレゾ配信されますが、本当にハイレゾで聴かなければいけない作品だと思いました。

: もともとハイレゾ配信の予定はなかったんです。録りはハイレゾだったのですが、CDリリースを考えて16bit/44.1kHzに落としてマスタリングしていて。でも、今回OTOTOYさんからハイレゾ配信のお話をいただいて、マスタリングをやってくれたnanofingersにお願いしてみたら、「ちょっと1回聴いてみるわ」って。そしたらすぐに「これはやばいから、絶対ハイレゾで出したほうがいいよ」ってメールが来たんです(笑)。「録れた音がそのまんま入ってるから、アナログみたいな芳醇な音だよ」っていう返事だったので、じゃあ、ってことで高音質でのリリースを決めました。情報量が違うので当たり前ですが、ハイレゾ版と通常版にはだいぶ差があると思います。

——なるべくいい環境で聴いてほしい音源だと思います。最後にちらっと今後の話も聞けたらと思うのですが。

: やっぱりいちばん重要なのはライヴなんですよね。だからアウトプット的にはそんなにアクティヴになることはないと思うんですけど、ライフワークとして年に4、5回くらいのペースでライヴはしたいなと。

圧倒的なスケールを誇るno.9 orchestraのライヴ

——城さんのベースは基本はソロ活動にあって、オーケストラのほうはある種の実験の場として機能させていくという感じでしょうか。

: まあ、すでにno.9 orchestraは僕だけのものじゃないので、今後のことはメンバー含めて話しあって決めていければと思います。

——まずは記念すべきファースト・アルバムを多くの人に届けたいですね。

: 今回は今までのリリースと気持ちがぜんぜん違っていて。ソロのリリースのときってけっこう燃え尽きた感覚があるんですけど、今回はみんなで作ったものっていう意識があるから、なんか高校生のときにバンドをやってたときのようなワクワク感があったり、ちょっとメンバーに対する親心があったり(笑)。普段、あんまり自分の作品を「これ聴いて」って人に渡さないんですけど、今回は渡したい。「ちょっと聴いて! お願いだから聴いてくれよ!」っていう感じです。

(インタヴュー & 文 : 長島大輔)

RECOMMEND

no.9 orchestra / LIVE at DAIKANYAMA UNIT 2012.05.11 midnight

no.9 orchestraの名義で発表された初の音源であり、2012年5月11日に代官山UNITでおこなわれたライヴの模様を収録したアルバム。深夜の代官山を沸き立たせた熱狂のライヴを、デジタル・レコーディングの最高峰と言われるDSDフォーマットで収録している。ライヴの熱が冷めないよう、終了後わずか4日でリリースされたアツアツの1作。

>>特集ページはこちら

no.9 / good morning

エレクトロ・シーンをはじめ絶大な人気を誇るno.9こと城隆之が2007年にリリースした4thアルバム。どこか懐かしさを感じる叙情的なメロディを基調とし、生楽器と電子音の融合が織りなす繊細な音世界。ジャズ、テクノ、アンビエントなど、幅広いジャンルがひとつの音楽として絡み合い、新たな可能性を切り拓くことに成功している。Four tetやTortoiseにも通じる傑作アルバム。

Nabowa / 4 (24bit/48kHz)

結成10周年のNabowaが進化を遂げた。2年ぶりにリリースされた新作『4』は、これぞNabowaという陽気でオーガニックなサウンドを引き継ぎつつも、よりソリッドかつタイトなアレンジ、そしてスケールの大きな楽曲が目立つアルバムだ。OTOTOYでは、このアルバムを24bit/48kHzで独占ハイレゾ配信。新境地へと向かう彼らのサウンドを、その耳で確かめていただきたい。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

〈LOOP POOL “√(root)” Release Tour FINAL〉
2014年7月20日(日) @渋谷 WWW
開場 / 開演 : 17:00 / 17:00
料金 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (ドリンク代別)
出演 : LOOP POOL / no.9 orchestra / DJ YOGURT / VJ Akiko Nakayama
詳細 : http://www-shibuya.jp/schedule/1407/005143.html (渋谷 WWW)

PROFILE

no.9 orchestra
ソロ名義"no.9"として、これまでに7枚のフル・アルバムと多くのコンピレーション作品等に参加し、さらに数々の公共的な音楽制作を手掛けてきた作曲家、城 隆之が率いる6人編成のバンド・セット。ギター、ドラム、ヴァイオリン、ピアノといったフィジカルな要素が加わることで、その名のとおりオーケストラを思わせる壮大なサウンドを奏で、会場を包み込むような圧倒的迫力のライヴ・パフォーマンスが話題。2007年の活動開始以来、 7年越しで待望のファースト・アルバムを発表した。

>>no.9 orchestra OFFICIAL HP

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く――注目の新人バンド・Wanna-Gonnaの初EP
[CLOSEUP]・2017年09月28日・ルーツをブレンドしながら“正しい場所“を見つける旅は続く──注目の新人バンド、Wanna-Gonnaの初EP 時代や、そして洋・邦の垣根すらも超える普遍的サウンドを鳴らすバンド、Wanna-Gonna。〈FUJI ROCK'16〉への出演をはじめ、現在インディ・シーンで注目を集めている。先行でリリースされた7inch シングル「New Town」を筆頭に、ほっこりと落ち着いた気持ちになれるような良質な音楽を詰め込んだアルバムがやってきた!! ポップスの魅力に立ち返らせてくれる1枚を、レヴューと合わせてお楽しみください。 待望の1stミニ・アルバム!Wanna-Gonna / In the Right Place'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 1,200円(税込)【収録曲】''01. Three Miles02. Run High 03. Nicaragua,1979 04. New Town 05. Transmitting End 06. Man in the Right Place 【REVIEW】W