心を洗うDSD子守唄——南壽あさ子、金色に輝く築地本願寺でDSDレコーディングに挑戦 (Special Place Recordings シリーズ10)

銭湯、かまくら、キャンプ場など、一風変わったこだわりの場所で、デジタル録音における最高音質と言われるDSDレコーディングに挑戦するOTOTOYの独自企画。それが「Special Place Recordings」シリーズです。第10回となる今回は、昨年メジャー・デビューを果たした女性シンガー・ソングライターの南壽あさ子が、なんと築地本願寺でレコーディングに挑戦。築地本願寺と言えば、明治神宮や湯島聖堂を手掛けた建築家、伊東忠太の作品であり、古代インド様式の外観が目を引く独特な寺院です。江戸時代から400年にもおよぶ歴史をもつこの建築は、緊張感溢れるオーラに包まれています。OTOTOYでは、そんな築地本願寺で行われたレコーディングの音源を、『南壽と築地と子守唄 〜南壽あさ子 at 築地本願寺〜』と題し、DSD 5.6MHzおよび24bit/96kHzのALAC、FLAC、WAVで配信開始しました。そのタイトル通り、南壽あさ子自身が「心地良くて寝てしまうくらいがいい」と語るこの音源。史上初(?)のDSD子守唄、当日のレコーディング・レポートとともにお楽しみください。

南壽あさ子 / 南壽と築地と子守唄 〜南壽あさ子 at 築地本願寺〜

【配信フォーマット / 価格】
DSD(1bit/5.6MHz) + WAV(24bit/96kHz) : 1,080円(税込、まとめ購入のみ)
※南壽あさ子による手書きの歌詞カードを収録したPDFブックレットが付属

【収録曲】
1. 旅愁
2. 星のもぐる海
3. 500 Miles
4. 真夜中のスープ (オルゴール Ver.)

--------------------------------------------------
All Songs Performed by 南壽あさ子

Recorded, Mixed and Mastered by 高橋健太郎
Recorded at 築地本願寺
Photos by 土屋宏
Produced by TOY'S FACTORY, MANDALA GROUP, OTOTOY
Special Thanks to Stereo Sound, TEAC CORPORATION, サンピアノ社

[M-3] 500 Miles
Original Title : Five Hundred Miles
Written and Composed by Hedy West
© ROBERT MELLIN INC.
--------------------------------------------------
今回のレコーディングで主に使用された機材

TASCAM「DA-3000」


「DA-3000」は、マスター音源を高品質で残したいニーズと、どのスタジオでも高音質でモニタリングしたいニーズの双方を1台で実現することができる、レコーディング・エンジニア必携の業務用デヴァイス。DAW制作環境に導入することで、日々のモニタリング環境が安定、改善できるだけでなく、ハイサンプリングによる高解像度でのマスター音源保存が可能になる。 レコーダー部は、PCM 192kHzによる録音に加え、DSD 2.8/5.6MHzによる録音に対応。複数台での安定した同期走行も可能で、DSDのマルチトラック録音環境を構築することができる。さらに、単純なマスター・レコーダーにとどまらず、AD/DAコンヴァータとして活用できる高品位なオーディオ回路も魅力だ。

>>TASCAM「DA-3000」の詳細

優しく、やわらかく、わずかな汚れも感じさせない音源

築地本願寺の佇まいは、まさに日本有数の寺院と呼ぶにふさわしいものだ。400年にもおよぶ歴史、古代インド様式の崇高な外観、そして金色の装飾品がずらりと並ぶ本堂…。そのどれもが、圧倒的なオーラを放っている。今回、そんな築地本願寺のご厚意で本堂を使用させていただき、南壽あさ子のDSDレコーディングが実現した(※この場を借りて、築地本願寺さまにあらためてお礼申し上げます)。

崇高な佇まいの築地本願寺

南壽あさ子と言えば、昨年メジャー・デビューを果たしたシンガー・ソングライターで、2014年にブレイクが期待される女性アーティストのひとり。彼女の最大の魅力のひとつは、何と言っても混じりけのない透明な歌声だろう。まるで流れる水のような印象を与えるその歌声は、今回のレコーディングでも存分に発揮された。

南壽あさ子

築地本願寺の内部に一歩足を踏み入れると、まずは金色に輝く装飾品の数々、そして本堂の高い天井が目に入る。あたりにはひんやりとした空気が立ち込めており、すでに独特の緊張感が漂っていた。試しに本堂の中央で何度か手を叩いてみると、そこは意外にもリヴァーブの効果が少なく、むしろ硬質な響きを得られるように思える。華やかながらも厳かで、緊張感に溢れるその空間は、ストイックな美しさをもった南壽あさ子の歌声にぴったりなのではないか。レコーディングが始まる前から、そんな思いにわくわくさせられた。

華やかながらも厳かな本堂

ともあれ、まずは録音の準備をしなければならない。今回、南壽あさ子はYAMAHA C3による弾き語り演奏を行ったが、じつはこのグランドピアノを運び入れるのがひと苦労だった。というのも、録音が行われた本堂の正面入り口には長い階段がそびえており、ここを使って運び入れるのは非常に難しい。代わりに、エレベーターが使える側面の入り口から搬入を試みたのだが、今度は通路の幅が足りないため、扉にピアノが引っかかってしまう。そこで、大きなYAMAHA C3を一部解体し、ようやく本堂へと運び入れることができたのだ。続いてピアノに調律を施し、TASCAM「DA-3000」を3台同期、マイク6本をセッティングして、いよいよ準備が整った。

今回の録音はTASCAM「DA-3000」を3台同期して行われた

南壽あさ子が音を出した瞬間、場の空気が変わった。本堂の雰囲気に感化され、ピリっと緊張感に満ちたサウンドが奏でられるのではと予想していたのだが、南壽の声は想像を超えて優しく、やわらかなニュアンスとともに響いたのだ。

優しく、やわらかい南壽あさ子の歌声

いよいよレコーディングが始まり、初音源化となる「旅愁」をはじめ、インディ時代の楽曲「星のもぐる海」、Peter Paul & Maryのカヴァーに挑戦した「500 Miles」、ピアノのみのインスト・ナンバー「真夜中のスープ (オルゴール Ver.)」など、全4曲が収録される。正直に告白すれば、演奏のあまりの心地良さに、レコーディング中、少しウトウトとしてしまった。今回のアルバムには、『南壽と築地と子守唄』というタイトルが付けられているが、まさにその通り。母親が子供に歌い聴かせる子守唄のように、優しく、やわらかく、わずかな汚れも感じさせない音源になったと言えるだろう。

築地本願寺と南壽あさ子

後日、ステレオサウンド社による取材の際にレコーディングを振り返った南壽は、今回の音源について、「心地良くて寝てしまうくらいがいい」と語っていた。詳細は、同社が刊行するDigiFi No.14(5月29日発売)をご覧いただきたいが、まさに彼女が言うとおり、そこにその音が鳴っているだけで心地良い作品となった。

(text by 長島大輔)

Special Place Recordings シリーズ

シリーズ1(2013年4月2日 / 5月25日リリース)

世武裕子 / 世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり / vol.2 JOY

シンガー・ソングライターおよび映像音楽作家として活躍する世武裕子が、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを初体験。かねてから積極的に高音質配信を行ってきた彼女が、ついにDSDでのレコーディングに挑んだ記念すべき作品です。100万円と2,500万円(!!)、2種類のピアノで同じ曲を弾き比べながら、世界に数台しかないDSDワークステーション「Clarity」を使って、その様子を記録しています。

>>vol.1 特集ページはこちら
>>vol.2 特集ページはこちら

シリーズ2(2013年5月20日リリース)

キセル / KICELL EP in みなと湯(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

兄弟ユニット、キセルの日比谷野音ワンマンを記念して、なんと銭湯でDSDレコーディングを行ったのがこの音源。誰もが一度は感じたことのある、お風呂で歌を歌ったときの"あの気持ち良さ"。それを驚くほどリアルに追体験させてくれる作品となっています。場所の空気を肌で感じているかのように、臨場感たっぷりに聴くことができるのはDSD音源ならでは。OTOTOYが自信を持ってオススメする人気タイトルです。

>>特集ページはこちら

シリーズ3(2013年8月29日リリース)

ROTH BART BARON / DSD Recording EP よだかの星/Campfire

春、オーディオ評論家の高橋健太郎を講師に迎えて、オトトイの学校で開講された「DSD徹底攻略塾」。DSDについて基礎から学び、実際に体験するこの講座の課外授業として、ゲストにROTH BART BARON(ロット・バルト・バロン)を迎えたDSD公開録音を行いました。一片の淀みもない美しい世界観を持つ彼らの楽曲を、肌で感じていただきたいです。

>>特集ページはこちら

シリーズ4(2013年9月18日リリース)

大森靖子 / 大森靖子 at 富士見丘教会(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

季節は変わり、セミの声が鳴りやまない夏。下北沢にある富士見丘教会で、大森靖子のDSDレコーディングを行いました。大森靖子といえば、次世代を担う女性シンガー・ソングライターとして、今、各所から熱い視線を浴びまくっている存在。そんな彼女が、教会の厳かな雰囲気の中、思いのすべてをDSDに凝縮しました。まるで彼女が耳元で歌っているような、生々しい響きを持ったこの作品は、OTOTOYの年間ベストにも食い込む超ロングセラーを続けています。

>>特集ページはこちら

シリーズ5(2013年10月17日リリース)

バンバンバザール / バンガロー・セッション(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

愛車ハイエースに乗って、全国に陽気なグット・ミュージックを届けるバンバンバザール。彼らのDSDレコーディングが行われたのは、湖のほとりのキャンプ場でした。セミの声、小川のせせらぎ、風の音。大自然の奏でる音楽と、バンバンバザールの絶妙なアンサンブルをお楽しみいただける作品となっています。川の音を拾うためだけにマイクを立てたり、セミの放つ高周波をナチュラルに溶け込ませたり、エンジニア的な視点からも聴きどころの多い一枚です。

>>特集ページはこちら

シリーズ6(2013年12月5日リリース)

平賀さち枝 / 平賀さち枝と天命反転住宅(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

天命反転住宅は、通称「死なないための住宅」。まるでSFの世界に紛れ込んでしまったかのような、異世界を思わせる住宅です。こんな一風変わった場所でも、OTOTOYはDSDレコーディングを行いました。アーティストは女性シンガー、平賀さち枝。黄一色に塗られた球体の部屋に向かって、彼女は柔らかい歌声を響かせます。同梱されている写真入りブックレットとともに、場所の雰囲気を想像しながら楽しんでほしい音源です。

>>特集ページはこちら

シリーズ7(2013年12月13日リリース)

湯川潮音 / 湯川潮音 at 大倉山記念館(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

冬の始まりを感じさせる12月初旬、OTOTOYは湯川潮音を招き、DSDの魅力を最大限に活かした自信作を録音することに成功しました。場所は横浜の高台にある歴史的建造物、大倉山記念館。ピアノとチェロを従え、湯川潮音は伸び伸びとした歌声を存分に聴かせてくれます。3曲のみの小規模な作品ながら、楽曲の完成度、響きの豊かさ、どれを取っても最高品質の音源ができあがったと言えるでしょう。

>>特集ページはこちら

シリーズ8(2013年12月18日リリース)

森ゆに / 山の上にて(森ゆに at 大倉山記念館)(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

2013年最後を飾るDSD独自音源となったのが、この作品です。場所は再び大倉山記念館。ピアノと声で端正なポップスを奏でる森ゆには、寒い冬にぴったりの温かい歌声で、聴く人の心を優しく包み込んでくれます。79年の歴史を誇る建物の、自然かつ上品なリヴァーブは、彼女の歌声をより魅力的なものへと変化させました。DSDならではのきめ細やかな音質で、その美しさをお楽しみください。

>>特集ページはこちら

シリーズ9(2014年3月4日リリース)

長谷川健一 / 長谷川健一 in かまくら(5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

シンガー・ソングライターの長谷川健一が、寒さ極まる雪のかまくらでDSD録音に挑戦。かつて平家の落ち武者たちが暮らしたと言われる秘湯「湯西川温泉」のかまくらを舞台に、アコースティック・ギター1本で全6曲を弾き語ってくれました。雪があらゆる音を吸収してしまうかまくらの内部は、果たしてどんなサウンドを奏でたのか。ぜひあなたの耳でチェックしてください。

>>特集ページはこちら

南壽あさ子の過去作はこちら

LIVE INFORMATION

〈Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014〉
2014年5月31日(土) @下北沢 複数会場
開場 / 開演 : DAY TIME 12:00 / 14:00, NIGHT TIME 22:00
料金 : DAY/NIGHT通し券 5,800円 / DAYのみ 4,500円 / NIGHTのみ 3,500円 (ドリンク代別)
出演 : 南壽あさ子 他多数
詳細 : http://soundcruising.jp/

〈ガスト プレミアムライブ Vol.2 〜アトリエシリーズ & サージュコンチェルト〜〉
2014年6月7日(土) @東京 赤坂ブリッツ
開場 / 開演 : 17:00 / 18:00
料金 : 前売 5,800円 / 当日 6,500円 (1ドリンク別)
出演 : 南壽あさ子 / 霜月はるか / ACRYLICSTAB / みとせのりこ / 山本美禰子 / mao 他
詳細 : http://social.gust.co.jp/pc/event/live/gpl2#cts01

〈SAKAE SP-RING 2014〉
2014年6月7日(土)、8日(日) @名古屋 DIAMOND HALL / APOLLO BASE / CLUB QUATTRO 他
開場 / 開演 : 11:30 / 12:00
料金 : 1day pass 3,400円 / 2days pass 5,600円 / 2days pass(タオル付) 6,100円
出演 : 南壽あさ子 他多数
詳細 : http://sakaespring.com/

PROFILE

南壽あさ子
1989年3月6日、千葉県生まれ。幼少の頃よりピアノを始め、物心つく前から漠然と、「歌しか無い」と信じて疑わなかった。20歳の頃から作詞、作曲を始め、2010年より都内ライヴハウスで弾き語りを始める。南壽(nasu)という名字は、風景画家である祖父の苗字を拝借。情景が浮かぶ歌詞と旋律は、祖父の影響もあるのだろうか。どこかなつかしく、郷愁の漂う空気をまとい、物語を綴っている。2012年6月6日にインディーズにて1stシングル『フランネル』をリリース。同年、1stミニ・アルバム『Landscape』をリリース。タワレコメン11月度に選出されたほか、FMパワープレイ2012年12月度、全国15局獲得(月間獲得数2位)する。2013年10月23日にメジャー・デビュー・シングル『わたしのノスタルジア』をリリース。同タイトル曲が全国43局のラジオ・パワープレイを獲得し、2013年10月度のラジオ・オンエアチャート1位を獲得する。透明感のある歌声と、風景を感じさせる懐かしく優しい楽曲、独特の詞の世界観が話題。2014年6月25日には、メジャー3rdシングル『みるいろの星』をリリース予定。

>>南壽あさ子 OFFICIAL WEBSITE

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年08月23日・お盆のワンマン・ライヴも大成功! 3776、井出ちよのソロ・デビュー・アルバムをハイレゾ配信! 富士山ご当地アイドル、3776(みななろ)の井出ちよのが、ソロ名義としては初のアルバムをリリース。現在中学3年生の井出ちよのが、高校生になったらどんな女の子になるのか? という、9タイプの高校生活を描いた楽曲群。まとめ購入でついてくるブックレットはちよのちゃんの高校生ビジュアル9変化も楽しめます! このアルバム、楽曲のクオリティ、コンセプト含めて素晴らしいので、とてもとてもオススメですよ。今回は、2016年8月15日に新宿LOFTで開催されたワンマン・ライヴ「盆と3776が一緒に来るよ!」のレポートも掲載。ワンマンをおこなうたびに強烈な印象を残していく3776。今回は果たしてどんなライヴになったのでしょうか!! アルバム購入ならデジタル・ブックレットつき! 井出ちよの / もうすぐ高校生活(24bit/96kHz)'【Track List】01. もうすぐ高校生活~Introduction / 02. ハートの五線譜 / 03. 体調管理のために / 04. ギャル子大ピンチ! / 05. カードリーダー/ 06
ポスト・ポケモンGO! 時代のアイドルとは?ーー「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月23日・“ポスト・ポケモンGO!”時代のアイドル・グループ!? 「・・・・・・・・・」デビュー直前初インタヴュー 原宿・表参道・青山を中心に活動するアイドル・プロジェクト〈”女の子の東京をつくろう!! ”プロジェクト〉。プロジェクトが進むにつれ「東京」にいるすべての人たちが知らぬ間に巻き込まれ、ファンになっていくという一風変わったコンセプトを示している。何度にもわたるオーディションを経て、ついにメンバーが決定、9月4日には原宿ストロボカフェでお披露目ライヴが行われる。しかし謎の多いこのグループ。グループ名は「・・・・・・・・・」。メンバーの名前は「・」で表されるという。HPをみれば、黒い「・」が浮かんでいるだけ…。一体なんなんだ?! ということで、OTOTOYではメンバー9人と、運営スタッフであるプロデューサーの小林、コンセプト担当の古村、パフォーマンス担当の都倉、楽曲担当のみきれちゃんに取材を行った。9月4日、前代未聞のアイドル・グループが動き出す。 お披露目のワンマン・ライヴ開催決定!!・・・・・・・・・初観測ライヴ2016年9月4日(日)@原宿ストロボカフェ時間 : OPEN / START 13:00 /
by 西澤 裕郎
苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016
[CLOSEUP]・2016年08月16日・苗場の感動をお届け!!ーーOTOTOYフジロック・対談レポート2016 今年もフジロックはたくさんの感動を残しました! 開催20回目という記念すべき節目でもあり、例年以上に国内外豪華なラインナップで音楽好きにはたまらない3日間! そんな3日間の感動を毎年おなじみ、OTOTOYのフジロック・レポートでお届けします。今年はいつも安定のフジ・ロッカーなライター、渡辺裕也と、フジロックは2000年以来、16年ぶりの編集部河村が逆にフジ新人気分でレポート。対談形式でお届け!! 苗場に戻りたい… と余韻に浸っている方も行きたかったけど行けなかったという方も苗場のアツイ感動をこのレポートで振り返り、体感してください! レポート対談 : 渡辺裕也 × 河村祐介写真 : 雨宮透貴 FUJI ROCK FESTIVAL '16 '2016年7月22日(金)、23日(土)、24日(日) @新潟県 湯沢町 苗場スキー場'開場 / 開演 9:00 / 11:00出演 国内外約200アーティスト詳細 http://www.fujirockfestival.com/ (オフィシャル・サイト) 1日目 : とにかくたくさん観てなんぼ 渡辺
POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた
[CLOSEUP]・2016年08月19日・POPS回帰し表記も新たにしたharinekoの新作『Sweet Sorrow.』の世界を、写真とインタヴューでなぞってみた harinekoの新作『Sweet Sorrow.』には、「mornin.」「ダイヤナイト」「行きた日」「return.」の4つの楽曲が収録されている。harinekoのSaChiが言うには、その4曲は順番に朝、昼、夕方、夜と1日に添って創ったのだそうだ。確かにこの楽曲からは時間と場所が強く想起される。また先行で発売されたCDには、フォトジンがついていた。かわいい女の子がこちらを向くそれはとても美しかったが、そこにはSaChiはうつっていなかった…だからなのか、このアルバムを聴かせてもらった時に、SaChiと一緒にその曲が生まれたであろう場所に、生まれたであろう時間帯に行ってみたいと思った。そうじゃないと、この作品を理解することは出来ないと思ったからだ。本作のキーパーソン、カメラマンの齋藤一平とスタッフの岩崎淳、そしてSaChiと一緒に、アルバムのことを聴きながら4つの場所をmornin.@駒沢の住宅街 → ダイヤナイト@お台場ヴィーナスフォートと芝浦ふ頭 → 行きた日@松陰神社付近
by JJ
ヤなことそっとミュート、初インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年08月21日・【デビュー作ハイレゾ版予約開始】グランジを手にしたアイドル、ヤなことそっとミュート初インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの楽曲制作を手がける「DCG ENTERTAINMENT」がプロデュースする清純派アイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。グランジ・オルタナティヴ・ロックを踏襲した楽曲とエッジで鬼気迫るようなダンス・パフォーマンスを特徴としたライヴが話題を呼んでいる彼女たち。8月31日までOTOTOYで無料配信してきた『8CM EP』を9月1日からハイレゾ配信開始。それに先立ち予約開始とともに、メンバーへの初インタヴュー、運営スタッフへのインタヴューを掲載する。 >>>OTOTOY独占ハイレゾ音源(ボーナストラック&特製Webブックレット付き)の予約はこちらから>1st EP『8cmEP』のフリーDLはこちらから(2016年8月31日まで) なでしこ : 音源を聴いてライヴに来ましたという人が結構いるので嬉しいです。 ーーどんな感想をもらいました? なでしこ : かっ… かっこいいって。 ーー(笑)。他の2人は、お客さんの反応でなにか感じたりしたことはありますか? 間宮まに & 南一花 :
by 西澤 裕郎
結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース!
[CLOSEUP]・2016年08月18日・結成20周年マーガレットズロース、6年ぶりの8thアルバム『まったく最高の日だった』をリリース! 今年で結成20周年を迎えたロック・バンド、マーガレットズロース。誰もが日々のくらしで抱きながらも、なかなか言葉に出来ない感情を簡単な言葉でご機嫌なロックンロールに乗せて歌い続け20年。積極的に全国各地をツアーで飛び回り、ツアー・バンドとしての立ち位置を確立してきたマーガレットズロースであったが、3.11以降、一時的に活動が停滞。そんな状況を乗り越えてリリースされた6年ぶりとなる8thアルバムのタイトルは、『まったく最高の日だった』。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、レヴューをお届けしよう。 マーガレットズロース / まったく最高の日だった(24bit/48kHz)'【Track List】01. EAGLE02. 僕には数えられない03. 199604. 魔法をかけてあげる05. たのしいロックンロール06. 奇跡が起きなくて07. はるかぜ08. さよなら東京09. 斜陽10. 五七五11. 何も考えられない12. うその地球儀【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz WAV / A
by ?
さよならパリス、2人で挑んだ無限の可能性、初アルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年08月17日・初アルバム配信! 2ピース・バンドの革命児、さよならパリスが鳴らす"リスナーとしての音楽"とは? 2010年から活動を続ける2ピース・バンド、さよならパリスが1stシングルから3年を経て、自身初となるフル・アルバム『I LOVE YOU TILL I DIE』を発表した。米パンクを牽引するインディー・レーベル、エピタフレコードの名盤『パンク・オー・ラマ』を目指したという今作は、パンク、オルタナ、ハードコア、シューゲイザーなどあらゆるジャンルを包括した、まさにオムニバス・アルバム的な作品だ。彼らのサウンドから溢れる強い熱量と衝動は、さよならパリスが2ピース・バンドであるということを忘れてしまうほどだ。OTOTOYではそんな2ピース・バンドの革命児、さよならパリスの初音源配信と併せて、ヴォーカル・村上へのインタヴューを掲載。一見、一聴の価値有りです。さらに、アルバムに収録されている「ワンダ・ウッドワード」を期間限定でフリー・ダウンロード!下記リンクからご利用ください。 >>「ワンダ・ウッドワード」期間限定フリー・ダウンロード
by JJ
Review Shintaro Sakamoto
[CLOSEUP]・2016年08月03日・Shintaro Sakamoto : unique musical playfulness and masterful arrangements Shintaro Sakamoto released his 3rd solo ALBUM Dekirebaaiwo on 27th July 2016. Shintaro previously played in the three-piece psyche-rock group YURA YURA TEIKOKU. His new record fuses lyrical and musical content that is full of humour, tempered with moments of melancholy and sobriety. The following review was written by London-based broadcaster and DJ Nick Luscombe. Shintaro Sakamoto / dekirebaaiwo(24bit/48kHz)【Download Format】WAV、ALA