コーネリアスの右腕、美島豊明が奏でるテクノ・ポップ――mishmash*Julie Watai、最新作から6曲をハイレゾ配信

コーネリアスのサウンド・プログラマーとして知られ、2008年には米グラミー賞にもノミネートされた実績をもつ美島豊明(イラスト右)。音楽、映像、ウェブサイトといった総合的なプロデュースを担当するマスヤマコム(イラスト左)。元アイドルでありながら、現在はヴォーカリスト、写真家としても活動するJulie Watai(イラスト中)。この3人からなるプロジェクト・チームが、mishmash*Julie Wataiだ。

OTOTOYでは、2月1日(土)より行われる「美島豊明のLogic教室 Season 2 ~アレンジ実践編~」の開催を記念して、彼らの最新作『セカンド・アルバム』から6曲を収録した"OTOTOY Edition"をハイレゾ配信(24bit/96kHzのwav)。さらに、アルバムの中から「起電力ロマンス」をフリー・ダウンロードでお届けします(2月6日まで)。ポップでキュートなテクノ・サウンドの上に、ヴォーカロイドを思わせるJulie Wataiの歌声が見事にハマった今回のアルバム。チップチューンをベースにしながらも、美島が組み立てる楽曲はゴージャスな響きを持っています。美島豊明とマスヤマコムに自由に語ってもらったインタヴューと併せてどうぞ。

mishmash*Julie Watai / セカンド・アルバム (OTOTOY Edition)

【配信形態 / 価格】
WAV(24bit/96kHz) まとめ購入 : 750円 (単曲は各150円)
mp3 まとめ購入 : 500円 (単曲は各100円)

【Track List】
01. 起電力ロマンス
02. 回れ右、逃げるんだ
03. ハートブレイカロイド
04. Electromotive Romances
05. Do a 180
06. Heartbreakeroid

>>「起電力ロマンス」のフリー・ダウンロードはこちら

INTERVIEW : 美島豊明 × マスヤマコム

左から : 美島豊明、マスヤマコム
聞き手 : 菅原英吾

あそこまで耳に残るメロディーって、いまどき少ない

――今回配信されるmishmash*Julie Wataiの『セカンド・アルバム』について、まずは制作の経緯から訊かせてください。

マスヤマコム (以下、マスヤマ) : じつはmishmash*Julie Wataiとしての活動はファースト・アルバムの『mishmash*Julie Watai』でいったん終わりにしようかな、と思っていたんです。実際、Julieちゃん以外のヴォーカリストでレコーディングも進めていたし。でも、ファースト・アルバムの後にシングル的な位置づけで配信した「起電力ロマンス」という曲が予想以上に好評だったんですよね。ミュージック・ヴィデオがYouTubeで6万回以上も再生されたり、有線の問い合わせランキングに入ったり、「この曲はCDで発売しないの?」って尋ねられたり。でも僕、いまCDってほとんど買わないんですよ。どうですか?


「起電力ロマンス」のミュージック・ヴィデオ

――そうですね。買わなくなりましたね。

マスヤマ : ですよね。自分が欲しいと思わないものを作って売るのはどうなのかなと。それでCDを作って売るのはやめました。でも、何らかの形でパッケージ、モノを買いたいという人はいるわけだから、それはそれで作りましょうと。で、CDはついてないけど、それを"アルバム"と呼んでみるのはどうかなと。

――なるほど。『セカンド・アルバム』というタイトルは直球に見えるけど、じつはひねりの効いたタイトルなんですね。

マスヤマ : そもそも「アルバムって何?」っていう話もあって。いま思うと、このヴォリューム感はアルバムというより17センチLP盤という感じもしますが。

――たしかに。でも最近は「LPって何?」っていう人もいるかもしれませんね。

マスヤマ : 一応説明しておくと、アナログ・レコードの時代にあったんですよね。サイズはシングル盤と同じ17cmなんだけど、回転数を遅くして収録時間を長くしたものなんです。シングルだと400円で2曲しか入ってなかったけど、LPだと600円くらいで4曲入ってるからお得っていう。

――そうですよね。さきほど「起電力ロマンス」が大きな反響を得たと言っていましたが、それはなぜだと思いますか?

マスヤマ : プロモーションがうまく噛み合って、SNSで口コミが拡散できたというのもあるし、ミュージック・ヴィデオに起用したタカハシヒロユキさんのイラストの魅力というのもあったでしょう。でも一番は原曲のよさじゃないですかね。(※「起電力ロマンス」は、YouTubeやSoundCloudに個人で音源をアップしている弁慶のカヴァー曲)

――原曲の魅力っていうのは、具体的にどこにあるのでしょう?

美島豊明 (以下、美島) : あのサビのリフレインが頭から離れないっていう。

マスヤマ : あそこまで耳に残るキャッチーな歌詞とメロディーって、いまどき少ないですよ。

――〈起電力ロマンス、ロ・マ・ン・ス〉の部分ですね。

美島 : そう。「お・も・て・な・し」じゃないけど(笑)。

――たしかに似てますね(笑)。

美島 : 1音ずつナカグロで区切って(笑)。

――正直、私はJulieちゃんの歌が入ったヴァージョンを聴いて、初めて原曲のよさに気づいたんですが、マスヤマさんはどうしてこの曲を発見できたんでしょう?

マスヤマ : それはもう、長年音楽を聴いてきた自分の耳を信じてた。そこは誰が何と言おうと揺るぎない。まあ、さすがに美島さんが「これはちょっと…」って言ったら、考え直しただろうけど。

マスヤマコム

――なるほど。ではその「起電力ロマンス」のプチ・ヒットを受けて、アルバムの制作が決定し、マスヤマさんから美島さんに曲の発注が、という流れですか。

マスヤマ : いや、発注って感じでもなかったよね?

美島 : そうですね。

マスヤマ : 「やってみない?」みたいな。

――返事は?

マスヤマ : 「どんな感じがいいですか?」っていう返事ではなかった。ということは、美島さんの中には何かやろうとしてることがあるんだなって思った。

美島 : あははは(笑)。読まれてる。

マスヤマ : 3年近く一緒にやってきて分かったことなんだけど、美島さんって寡黙な人だけど、決して遠慮するタイプの人ではないから。

――美島さんとしては何かアイディアがあったんですか?

美島 : 「起電力ロマンス」がアップテンポで明るい曲だったから、逆にゆっくりめの曲とか、キーがマイナーの曲なんかをやろうかなと。

曲を作るときの着想なんて、そんなものだったりするんですよ

――そうなんですね。Julieちゃんのキャラはどのように活かしましたか?

マスヤマ : ファーストを作った頃って、まだJulieちゃんの特性を把握しきれてなかったし、あえてJulieちゃんが好きなゲームや電子工作といった要素は抑えていたんです。でも「起電力ロマンス」という曲をやってみて、あ、やっぱりこっちなんだなっていう方向性が見えた感じがした。

Julie Watai

――それでチップチューンに挑戦してみた?

美島 : 挑戦ってわけじゃないけど。僕は昔、シンセサイザー・オペレーターの仕事で、ゲームの曲をやったことがあるんですよ。ゲームボーイだった。

――そうだったんですか。

美島 : 曲を作ってゲーム会社に渡すじゃないですか。それを実装してもらうと、和音は潰れちゃうし、鳴るタイミングもバラバラになって返ってくるんですよ。だから、そういうのをもう一回やりたいという気持ちはずっとあって。

――とはいえ、いまの制作環境だと、普通に作ってもチップチューンにはならないですよね。

美島 : うん。だから「回れ右、逃げるんだ」の冒頭部分では、シンセサイザーの一番基本的な矩形波とノコギリ波を使いました。フィルターはかけずに。

マスヤマ : でも、ゲームボーイのスピーカーだとジャリジャリした音に聞こえるけど、スタジオのモニター・スピーカーってすごくハイファイだから。

美島 : そう。それで「違う」ってJulieちゃんに言われた。「これチップチューンじゃないですよ。ゲームボーイ感がないとダメなんです」って言われて(笑)。

――がっくりですね(笑)。

美島 : だから逆に「ハイファイなチップチューン」をやってやろうと思った。チップチューンの人たちが使わない、生っぽいストリングス・アレンジをあえて入れたり。あとはミュージカルの要素も入ってます。

――ミュージカルですか。それはまたどうして?

美島 : まあ、たまたま曲を作る前に「レ・ミゼラブル」(※2012年公開のミュージカル映画)を観て、面白いなあと思ったからなんですけど。

――たまたまなんですね。

美島 : 曲を作るときの最初の着想なんて、そんなものだったりするんですよ。

――ミュージカルのどんな部分に面白みを感じたんですか?

美島 : ミュージカルは台詞の部分も歌になるじゃないですか。普通に人がしゃべるような言葉を、へんてこな節回しで歌うっていう。

――たしかにミュージカルって、見慣れてないと違和感あったりしますよね。

美島 : いろんな音楽があるもんだなってあらためて思って。それで「回れ右、逃げるんだ」の中盤のコード進行を作り始めたんですよね。

――歌詞だと〈ここ 暗いね ライト!〉から始まる部分ですね。たしかにドラマチックな雰囲気があります。

美島 : それをマスヤマさんに渡したら、すごくイメージ通りの歌詞がついてきた。

――mishmash*は歌詞より曲を先に作るんですよね。具体的なイメージを伝えたんですか?

美島 : いや、全然。

美島豊明

マスヤマ : 美島さんと私の間で歌詞の打ち合わせをすることは、ほぼ皆無ですね。今回は最初から"チップチューン"というキーワードがあったので、「チップチューンって8ビットのゲーム機の音だよね。8ビットって十進法でいうと256だよね。で、美島さんから上がってきた曲のどアタマのメロに〈にひゃく、ごじゅう、ろっく〉ってぴったり合うじゃん。ラッキー(笑)」という自分的な流れで、スルスルと書けました。

――そうなんですね。

マスヤマ : 私は最近のゲームはまったくやりませんが、8ビット機の頃のゲーム体験は体にしみついてるので、曲に合わせて「ここは外を駆けまわっている。ここからは土管で地下に潜った」というイメージがすぐに湧きました。〈ここ 暗いね ライト!〉の部分、美島さんはミュージカルから発想したということですが、ゲームもミュージカルも、起承転結といった物語構造の基本は同じなので、ゲームから発想した歌詞でも合うってことじゃないですかね。

――なるほど。「回れ右、逃げるんだ」っていうタイトルは後向きにも見えますね(笑)。

マスヤマ : ゲームの世界だからといって「勝利を信じてがんばろう」なんていう歌詞は、私は絶対書かないので(笑)。

美島 : ああー。そういう歌詞は僕も苦手。

――そうなんですか。でも次の曲「ハートブレイカロイド」は失恋の歌ですよね。そういうのって苦手な部類なんじゃないですか?

マスヤマ : うん。でもカヴァー曲とはいえ「起電力ロマンス」で恋愛ソングをやってるからね。美島さんの作ってきた曲もちょっと哀愁のあるマイナー調だったから、まあ定石と言えないこともない。あ、そういえばこの曲、イントロがずいぶん長めですよね。

美島 : そうですね。

マスヤマ : それは意図的に?

美島 : はい。この曲は長い曲が作りたくて、わざとそうしたんですよ。展開もAメロ→Bメロ→Cメロ→Dメロ→Eメロ→Eメロ→Eメロ…みたいな。

マスヤマ : ああ、それでかな。歌詞も「回れ右、逃げるんだ」みたいに展開が多いものではなくて、淡々とした感じになってますね。失恋の歌詞って、キレイな落ちはありえないと思うので、タイトルで逃げた感じでしょうか。

――逃げたというと?

マスヤマ : Julieちゃんの声がヴォーカロイドっぽいっていうのもあるんだけど、失恋し続けるようにプログラムされたヒューマノイドっていうのがいてもいいかな、と思って『ハートブレイカロイド』という造語を作ってみました。

――なるほど。よくヒット曲に使われる王道のアレンジとして、「Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→Cメロ→大サビ」みたいな定型があるじゃないですか。そういうことは美島さんは考えないんですか?

美島 : 一切考えないですね。「もっと普通に」って言われると「ちくしょう!」って思ちゃいます(笑)。

――コーネリアスでもそうなんですか?

美島 : 小山田くんもひねくれ者だからなあ。いつも定石から外れようとしている。

――定石の外しかたがお洒落ですよね。

美島 : そうそう。センスがいい。僕の場合、理屈で考えちゃうんだけど。

日本でいま一番熱いマーケットってコミケだと思う

――mishmash*はこれまでずっとインディーズで活動してきましたよね。インディーズで作品を発信することのメリットとデメリットってどの辺にあるんでしょう?

美島 : やっぱり少人数だから、関わっている人みんなの顔が見れるというのはいいですよね。「あ、この人ってこんなこと考えてるんだ」って分かる。低予算かつ少ロットでもこんなにちゃんとした商品を作れるんだな、って分かったのもよかったです。

マスヤマ : 作りたいものを自由に作れるのはインディーズのいいところだけど、それを広めていく面では苦戦することも多いですよ。だからいま重視しているのは、どう作るかっていうことよりも、作ったものがどれだけの人に届くかってことですね。曲を作って出しても、誰にも届かないんじゃ意味がないから。たとえば、「起電力ロマンス」以降はすでにそうしてるんだけど、これからは他の曲もYouTubeでフル尺を聴けるようにするつもりです。

――従来の物作りやマーケティングのやり方が、どんどん通じなくなっていますよね。

マスヤマ : 広告にお金をかければ何でもかんでも売れるってわけでもないし、かといっていいものさえ作ってれば売れるっていうわけでもないですよね。

美島 : 日本でいま一番熱いマーケットってコミケだと思うんだけど。

――えっ、美島さんコミケに行くんですか?

美島 : いや、こないだ初めて行って、もう驚愕でしたね。自分たちで作った作品を自分たちで売るわけじゃないですか。買うほうも売るほうも一緒になって、すごい熱気で圧倒された。これはもう普通のメーカーが普通に物を作ってても儲からないはずだと。

――どうしてコミケに行こうと思ったんですか?

マスヤマ : 社会見学の一環としてでしょ?

美島 : うん。まあ、Julieちゃんから話は聞いていて、ずっと行かなきゃと思ってた。でも「夏コミは暑すぎて行ったら死にますよ。行くなら冬コミの午後から行きなさい」って言われてて(笑)。その時間帯はずいぶん人出が減ってたんだけど、欲する若者たちの勢いっていうか、そういうのをすごく感じた。

――Julieちゃんがこのプロジェクトにもたらした最大の影響は、美島さんにコミケを教えたことだったりして(笑)。

美島 : そうかもしれませんね(笑)。

――最後に、2月1日(土)と3月1日(土)に"オトトイの学校"で行われる「美島豊明のLogic教室」の受講生にメッセージがあればお願いします。

美島 : 受講生の皆さんがどのくらいの内容を期待しているのか、予測できてないところはあるんですけど、質疑応答の時間も設けようと思っているので、興味のある人はぜひ参加してくださいね。

――Logic以外のことを質問してもいいんですか?

美島 : いいですよ! 僕に答えられる範囲のことなら、恋愛相談でも何でも!(笑)

美島豊明に楽曲アレンジを学べる講座がスタート!!

オトトイの学校では、2月1日(土)、3月1日(土)の2回にわたり、「美島豊明のLogic教室 Season 2 ~アレンジ実践編~」を開講します。この講座は、Appleの音楽制作ソフト"Logic"を使いながら、楽曲アレンジの工程を丁寧に解説していくというもの。受講者のみなさんは、美島から与えられる課題曲に挑戦しながら、すぐに使える実践的なアレンジのテクニックを学ぶことができます。講座には、司会としてマスヤマコム、生徒代表としてJuile Wataiも参加。実際の制作現場の雰囲気に触れながら、世界に通じるアレンジのノウハウを楽しく身につけてみませんか?

美島豊明のLogic教室 Season 2 ~アレンジ実践編~
日時 : 2014年2月1日(土) 14:00~17:00 / 2014年3月1日(土) 14:00~17:00 (全2回)
場所 : OTOTOY
講師 : 美島豊明 (司会 : マスヤマコム | 生徒代表 : Julie Watai)
料金 : 予約3,000円(1回) 当日3,500円(1回)

>>講座の詳細を見る

RECOMMEND

mishmash*Juile Watai / mishmash*Julie Watai (24bit/96kHz ver.)

mishmash*Juile Wataiの記念すべきファースト・アルバム。知性や感性の豊かさ、よく練られたメロディー、ポップな浮遊感、ひと目では分からない仕掛けがいっぱいで、聴くたびに新たな発見がある。曲ごとにガラッと変わる世界観は、癖になること間違いなし。mishmash*Juile Wataiのエンターテインメント性が凝縮された一枚。

>>特集ページはこちら

HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.) / 初音ミクオーケストラ

"HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.)"による、イエロー・マジック・オーケストラのカヴァー・アルバム。「ビハインド・ザ・マスク」、「音楽」、「君に胸キュン」、「テクノポリス」といったYMOの名曲たちを、現代の歌姫、初音ミクが歌い切る。コミックマーケット会場にて販売された自主制作盤は即完売、大きな反響を呼んだ。20世紀に想像した、21世紀の声がここにある。

Anamanaguchi / single + remix collections

ニューヨーク発の8bitチップチューン・バンド、Anamanaguchi(アナマナグチ)の作品集。エモ、ポストロック、ブレイクビーツ、すべてが混ざり合ったサウンドを土台に、独自のチップチューンが展開される。海外版のファミコンとして知られる"NES"と任天堂ゲームボーイの奏でるメロディーは、一度聴いたら耳から離れない。限りなくポップでありながら、多分に実験性を含んだ作品。

>>特集ページはこちら

PROFILE

mishmash*Julie Watai
コーネリアスのサウンド・プログラマを務める美島豊明と、音楽、映像、ウェブサイトといった総合的なプロデュースを担当するマスヤマコムの2人によるユニット、mishmash*(ミッシュマッシュ)。現在は、元アイドルであり写真家でもあるJulie Wataiをヴォーカルに迎え、mishmash*Julie Wataiとして活動中。これまでに2枚のオリジナル・アルバムをリリースしている。

>>OFFICIAL HP

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』
[FREEDL]・2016年12月05日・演者と観客がひとつのバンドになった「街」で起こる大合唱『清 竜人 TOWN』 2016年12月5日に発表された、清 竜人の新プロジェクト『TOWN』。演者と観客との境界線をなくし、ひとつのバンド『TOWN』として一緒に歌い、演奏し、作品を残すことをコンセプトに2016年12月から毎週1曲アップされた全8曲はOTOTOYからフリー・ダウンロード配信中。 2月20日『清 竜人 TOWN Vol.2』PHOTO 2月2日『清 竜人 TOWN Vol.1』REPORT 今まで見たこともないようなエンターテインメントが現れた。その名は「清 竜人 TOWN」という。 2017年2月2日、清竜人が新たに始動させたプロジェクトである清 竜人 TOWNのファースト・ライヴ「清 竜人 TOWN Vol.1」が渋谷TSUTAYA O-EASTで開催された。 清 竜人 TOWNの活動スタイルはラディカルだ。楽曲はOTOTOYから8週連続で無料配信、ライヴのチケット代も無料、楽器を弾くバンド・メンバーも公募し、ライヴの撮影も自由だ。それは、「清 竜人とリスナーとの関係性が、単なる演者と観客ではなく、同じ目線でライブを楽しもう
大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也