INTERVIEW : SAWA (前編)

2013年6月21日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガー SAWA。そのプロフィールは、かなりスマートだ。幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付けたところで、音楽人生をスタートさせた。そして本格的な活動は、FreeTEMPOの全面プロデュース作『COLORS』でのCDデビューから。現在では自ら楽曲制作もおこない、佐々木希やアイドル・グループ、ワンリルキスの楽曲プロデュースしたり、活動の幅を広げている。さらにいうと、アーティスト活動をはじめる前は、高校で英語教師をしていたという。まさに音楽にとどまらない多彩な才能の持ち主なのである。

しかし、そのプロフィールを読んで、楽曲を聴いて、ライヴを見て、彼女を理解しようとすればするほど、SAWAというアーティストの中心にはなにがあるのか気になって仕方がなくなってしまった。なんでもできるからこそ、その中心になにがあるのかも見えづらい。日常生活をそのまま歌にしているわけでもなさそうだし、完全なフィクションの世界を描いているわけでもない。そしてサウンドはクラブ・ミュージックを基軸としたり、最近では独唱もしたりしている。一体SAWAとは、どんなアーティストなのか? デビューから5年を迎えた彼女の魅力をつかむべく、2回にわたるインタヴューでじっくりと迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます

ーーSAWAさんは、ヴァイオリンもピアノも弾けて、楽曲制作もできる、歌もうたえる、英語教師をしていたことがある… と、実に器用な方だと思うんですね。その反面、一番コアな部分が見えづらいなと思って…。

SAWA : あはははは。器用貧乏ってことですか?

ーーいやいや(汗)。その核にある部分ってなんだろうと思って。プロフィールも、出身地のこととか必要以上に公表していないですよね。

SAWA : そのへんはあまり押し出してきていなくて。っていうのも、どこか宙に浮いたような存在でありたい気持ちがあって。最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます。ファンタジーを持っていたいなって。

ーー要するに「私語り」のような形は出したくないってことですか?

SAWA : そうですね。共感してほしいとか、切ないラヴ・ソングを書きたいわけではなく、宇宙との共鳴とかを目指しているので、あまり現実感がないようにしているんですよね。共感型というよりかは現実逃避型なので、いかに現実を忘れてもらうかに重きを置いていたり。

ーーそれってSAWAさんが触れてきた音楽に、そういうものが多かったんですか。

SAWA : そうですね。m-floやFree TEMPOなどの、うまく現実逃避をさせてくれるアーティストが好きだから、おのずとそういう方向になってきたのかなと。

ーーちなみに、小さいころは友人関係も距離を置くような感じだったんですか。

SAWA : 距離を置いていたわけではないんですけど、どこかドライだったかもしれないですよね。そういえば、中学校くらいのときもプロデュースをしていた記憶があって、文化祭でダンスの振り付けを友だちのグループにつけて、自分は「文化祭は見にいけないから」とか言って行かなかったり(笑)。

ーーあははは。他のインタヴューを読むと「前に出たいタイプ」だとおっしゃられていましたが、自分が出るというよりかは監督的な視点の方があるんですね。

SAWA : どっちもあるんでしょうね。前に出たいけれど、誰かを後ろから支えることによって前に出ることもしたいっていう。

ーーあと、小さいころヴァイオリンを習っていたそうですが、自分からやりたいといったわけじゃない習いごとだったから、すごくイヤだったみたいですね。

SAWA : イヤでしたね。「なんでやっているんだろう?」と思ってましたし、反抗期だったり子供だったりしたこともあって、「なんでこんなに課せられているんだろう?」と思っていました。ヴァイオリンがイヤすぎてその衝動をピアノを習うことで抑えたりしていました。

ーーそれもすごい話ですけど(笑)。

SAWA : 楽器が嫌いというよりも、やらされていたこととか、ヴァイオリンを弾くにあたって求められることが子供には難しいことだったりして。私は抽象的に言われるのがすごく嫌いで、「ススキの野原を思い浮かべて」とか言われると、「めんどくさいなぁー」と。

ーーあははははは。

SAWA : 「そんなの、思い浮かべられないよ!」って。だから、「もうちょっと感情豊かに弾いて」って幼少期に言われたとき、「感情豊かって、なんだろう?」って。それまでの人生の感情を集めてみても、「そんなふうにならない!」って(笑)。

非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思う

ーー今もそういう感覚はありますか?

SAWA : 制作する上で、ざっくりしたことを言われるのは苦手かもしれないです。

ーー譜面どおりに弾けることにプラスして、抽象的な部分もピアノを弾くに当たって求められる部分だと思いますが。

SAWA : 求められていたんでしょうね。自分でアレンジを効かせて好きに出していくのは好きなんだけど、それをやれって言われたらイヤだったりして。

ーーだったら具体的に指示を出されたほうがいい?

SAWA : そうですね。音に関しても譜面を見て音を出してきたから、音が目に見えたほうがよかったりして。最初は作曲するときは無音の状態で紙に書いて、全部の音のラインを決めてから打ち込んでたし。楽器を鳴らしながらなんとなく作曲していくというタイプではなく、譜面を書いていたから、目に見えたほうが安心するんでしょうね。歌詞を聴くタイプの人間と聴かないタイプの人間がいて、私はまったく聴かないタイプ。なんとなくなにを言ったかは覚えているけれど、「この歌詞やこの曲にすごい思い入れがあったから、こういうときにこの曲をすごい聴いた」っていうメモリーはないんです。そういう意味で、ドライな目線で詞が書けているのかもしれないですね。

ーー歌を作ることは、言葉を使って手紙を書くという作業に似ているんですか。

SAWA : そうですね。エレクトロニカやダンス・ミュージックは、いかに音に合った言葉をチョイスするかということが優先されるので、詞は第2、第3くらいの優先度のところで、非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思うんです。

人が見てどれだけおもしろいかを考えます

ーーSAWAさんを語るにあたってもうひとつのポイントは、実際に高校で英語を教えていたという経歴をお持ちなんですよね。昔からなりたい職業だったんですか?

SAWA : そうですね。教師になるか、アーティストになるかって夢があって。結局どちらもやることができたんですけど、小さな頃から「安定しておこう」みたいなところがあって、中高の教員免許を取ったんです。教壇に立つこととライヴをすることは実は似ていて、やっていることは同じだったり重なる部分はあると思います。

ーー一自分1人が生徒全員と対面するっていうのはライヴと似ているかもしれないですね。ただ、ライヴと違って、勉強に興味のない生徒の目を自分に向けさせたりするのはライヴより大変なんじゃないですか。

SAWA : そうですね。ほとんど話術が勝負なんだと思います。話術と空気感で授業の空気を作り込むしかないので、集中させるような間の取り方とかを考えますよね。

ーーそのときの話術がライヴに活かされているのかもしれませんね。MCのトークが達者でおもしろいですもんね。

SAWA : いやいや(笑)。

ーーどれくらいの間、教師をされていたんですか。

SAWA : 期間は全然短くて、3ヶ月程です。

ーーずっと憧れだった教師になってみたときは、このままずっとやっていきたいと思いませんでしたか?

SAWA : もちろん思ったんですけど、教員はいつでもできるので、将来やるためにとっておこうと思って、アーティストに挑戦したんです。

ーーオーディションで、生徒さんとなにかしたんでしたっけ?

SAWA : いや、「生徒役」というシチュエーションを選択しただけで、私が教師役で、後ろで2名の女の子のダンサーに男子高校生の格好をしてもらって。踊るという点がフックになるんじゃないかと思ってやりました。実際の生徒とは絡んでないですよ。

ーーそこに教師と生徒という設定を持ち込んだのは、やはり教師経験からですか?

SAWA : そうですね。せっかくやったので活かそうかなと。

ーーそのときも「こういう見せ方をすれば」という一歩引いた視点から、考えていたんですか?

SAWA : そうですね。私は教員として教壇に立っていたわけだから、教師役としてライヴをすればフックにはなるだろうとか、歌がそこまでうまいとは思わなかったから、他のところで色を付けて目立たせようとかプロデュース目線はありましたね。

ーー例えば、「ミュージシャンになるのが夢でした」っていうのわわかりやすいんですけど、SAWAさんの場合は大きく違いますよね。SAWAさんにとってアーティストというのはどういうものなんでしょう。

SAWA : 自分を表現する場所ではあるんですけど、プロデュースして自分を出していくというところが大きいかもしれないですね。

ーーそれって、ざっくり言えばエンターテイメント性に着眼しているということですか?

SAWA : そうですね。エンターテイメント性がどれだけあるかはすごく考えますね。仮に歌がすごく上手かったとしても、それだけじゃ無理だと思うし。そういうところで、人が見てどれだけおもしろいかを考えますね。

ーーSAWAさんにとってのアーティスト評価の基準があるとすれば、「いかに楽しませるか」だと。

SAWA : そうですね。現実感がないほうがいいので、現実逃避とかいかに楽しませるかってとこですかね。

5周年を迎え、これからに向かうSAWAへのインタビュー後半は7月上旬公開予定

「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のライヴ音源配信は7月1日(月)!!

 
 

インタヴュー

ベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバム『THE BRJ』をリリース
[INTERVIEW]・2017年09月20日・『THE BRJ』は、5人の新たな始まりーーベイビーレイズJAPAN、初のミニ・アルバムをリリース 5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPANがグループ初となるミニ・アルバム『THE BRJ』をリリースした。結成から5周年を迎えてもなお、期待値と加速度を上げ続けるメンバー全員にメール・インタビューを敢行。まっすぐで素敵な言葉の数々、心してお読みください。ベイビーレイズJAPAN / THE BRJ'【収録曲】1. 何度でも2. くびったけエンジョイサマー! 3. スパイラル 4. アンチヒーロー 5. 僕らはここにいる【配信形態】WAV / FLAC / ALAC 【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,234円(税込)アルバム購入者から抽選で3名にメンバー全員サイン入り色紙プレゼント!【応募方法】こちら''からプレゼントの応募を選択し、・購入した際のOTOTOYに登録してあるメールアドレス、もしくはOTOTOYに登録のTwitterアカウント名・購入時のキュー番号・お名前・ご住所・連絡先・ご意見、ご感想をご記入の上お申し込みください。※締切 : 2017年9月30日(土)23時5
すべてにフラットに向き合った1stアルバム──CHIIO『toc toc』を先行配信
[CLOSEUP]・2017年09月20日・すべてにフラットに向き合った1stアルバム──オルタナ界の新星、CHIIO『toc toc』を先行配信 男女混成4人組オルタナティヴ・ロック・バンド、CHIIOが、初の全国流通盤として〈3P3B〉より1stアルバム『toc toc』をリリースした。曲にひろがりと深みをもたせるメンバー全員でのコーラスと、オルタナ、シューゲイザー、そしてUSインディ・シーンをも取り入れる幅広い音楽性を独自のポップ・センスで昇華した楽曲が魅力の彼ら。このたびOTOTOYでは新作『toc toc』の1週間配信の開始とともに、フロントマンである中村太勇(Tao Nakamura)へのインタヴューを掲載。バンドの成り立ちや楽曲へのこだわりを訊いた。 1stアルバムを1週間先行配信開始! CHIIO / toc toc'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,994円(税込)【収録曲】''1. 077342. who3. safari4. march5. chapter 26. pupils7. hibi8. child9. blue10
by ?
“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHの1stアルバムをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月20日・“スロウタッチ”と標榜された音楽──STEPHENSMITHのメロウ&グルーヴィーな佇まい 2014、15年〈りんご音楽祭〉への出演や、2016年の福岡県開催〈CIRCLE〉にニューカマー枠として初の出演を果たすなど、いまじわじわと人気を博しつつある3ピース・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴン・スミス)。インディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、さまざまな音楽を吸収しつくりあげられた、スロウでメロウな雰囲気を醸し出す。昨年10月19日にリリースした1stアルバム『sexperiment』をこのたびOTOTOYでハイレゾ配信が開始。こちらの配信開始を記念してメンバー3人にインタヴューを行った。 1stアルバムのハイレゾ配信が開始! STEPHENSMITH / sexperiment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】1. D.S.D.2. 微温湯の雨3. イエロータウン4. 夜釣5. 無題6. スロウタッチ7. 皺寄せ INTE
eastern youth『SONGentoJIYU』を予約開始&新ベーシスト村岡ゆか単独インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年09月20日・eastern youth、最強伝説継続中! 遂に実現、新ベーシスト・村岡ゆかへ単独インタヴュー!!! 2017年9月27日にeastern youthが新アルバム『SONGentoJIYU』をリリースする。来年迎える結成30周年を目前にリリースされる今作『SONGentoJIYU』は、2015年の二宮友和の脱退、そして新ベーシスト・村岡ゆかの加入後、初のアルバムとなる。OTOTOYでは9月27日より『SONGentoJIYU』のハイレゾ独占配信を予定。今回、本作の予約受付の開始とともに、新ベーシスト・村岡ゆかへの単独インタヴューを掲載する。もともとeastern youthの大ファンだったという彼女がeastern youthに加入し、改めて吉野寿、田森篤哉、そして元ベーシストの二宮友和の偉大さに気付きながらも、新メンバーとしてしっかりと3点で立ちながら制作に力を尽くした新アルバム。この熱い作品を聴いて走り出す準備はできているか!!! うずうずしながらこのインタヴューを読むべし!!! 最新アルバムの予約受付中! eastern youth / SONGentoJIYU'【配信形態】ALAC、FLAC、
by JJ
【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」
[EMPIRE]・2017年09月19日・【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。 その名は、EMPiRE!! 2017年4月2日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催された〈WACK EXHiBiTiON〉にて、エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクトとして突如発表された「Project aW」。3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されたWACK合宿オーディションに参加した2名が合格、追加オーディションを経て3名が合格を果たした。驚いたことに、BiSHを手がけているチームがEMPiREも手がけるという。 そんな万全の体制が整った状態でお披露目のステージに立ったものの、顔を覆った衣装に身を包み、発信方法は未だTwitterのみ、まだまだベールに包まれている彼女たち。果たしてどのようなグループになるのか? 楽曲は? なんでその衣装なの? そんな最初の疑問に対するヒントを探るべく、WACK代表の渡辺淳之介と、avexより篠崎純也、
by 西澤 裕郎
FINLANDSにとっての「LOVE」とは? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信!
・2017年09月15日・バンドはサービス業じゃない──FINLANDSにとっての「LOVE」は? 最新作『LOVE』をハイレゾ独占配信 オリコン・インディーズ・チャート2位ランクインや、数々のサーキット・イベントやフェスに出演し、着々と全国にリスナーを増やしているFINLANDS。そんな彼女たちから1年ぶり最新アルバムが届いた。塩入冬湖(Vo. / Gt.)の1度聴いたら忘れない、一瞬で空気を支配するような歌声に、コシミズカヨ(Ba.)を筆頭につくり出す骨太なサウンド。そして言葉選びが秀逸でまるで小説を読んでいるような、塩入の作り出す歌詞がFINLANDSの魅力だろう。今作『LOVE』にはどのような思いが込められたのか。塩入にインタビューを敢行し語ってもらった。『LOVE』のハイレゾ配信はOTOTOYのみ! インタビューと共にFINLANDSの音楽に堕ちてみませんか? FINLANDSの1年ぶり新作。OTOTOYでハイレゾ配信スタート!FINLANDS / LOVE (24bit/96kHz)'【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/96kHz)>>ファイル形式について>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲:25
by 渡辺 裕也
ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始
[CLOSEUP]・2017年09月14日・ゆるくキャッチーな音に潜むトゲ──キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、現在絶版の1st EPを配信開始 フェスのオーディション枠を勝ち取り〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉や〈SUMMER SONIC 2017〉に出演を果たすなど、耳の早い音楽好きから大きな注目を集めているバンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ。そんな彼らが1000枚限定でリリースし、現在は絶版となっている1st EP『俺もハイライト』が待望の配信スタート。さらに、OTOTOYではアルバム購入でボーナス・トラック「レガエ」がダウンロード可能!! 同作の配信を記念し、ヴォーカルのキイチビールにインタヴューを敢行。バンドの結成から楽曲制作の裏側についてまで、メディア初となるロング・インタヴューを掲載する。 現在絶版中の1st EPがボーナストラック付きで配信スタートキイチビール&ザ・ホーリーティッツ / 俺もハイライト【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 900円(税込) 【収録曲】1. キイチビールのテーマ2. ホーリーティッツ
by 西澤 裕郎
暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月13日・暗闇を照らす、温かみのあるひかり──Nozomi Nobodyが「歌」にこだわった新作をハイレゾ配信 透明な歌声と、ループステーションを巧みに用いたコーラス・ワーク、そして様々な情景が浮かぶ楽曲が魅力のシンガー・ソングライター、Nozomi Nobody。昨年アレンジ、演奏、録音、ミックスまでを自身で手がけ、細部までこだわり抜いたセルフ・プロデュース作品『We Are Always a Bit Lonely』をつくりだした。全国流通盤としては第2弾のリリースとなる今作は、レコーディング、ミックスにGEZANや柴田聡子を手がける君島結が、そしてマスタリングにU2やザ・ローリングストーンズなどを手がけるピート・マーハーが参加。前作よりもアレンジ面での幅が広がり、彼女の歌声がより際立って耳に入ってくるように思う。OTOTOYでは本作『Everything Goes Back to You』のハイレゾ配信をスタートするとともに1ヶ月の期間限定で全曲フル視聴を実施。ぜひ楽曲を聴きながらテキストをおたのしみください。 新作をハイレゾ配信&期間限定全曲フル視聴 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44
by 鈴木 雄希
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事