INTERVIEW : SAWA (前編)

2013年6月21日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガー SAWA。そのプロフィールは、かなりスマートだ。幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付けたところで、音楽人生をスタートさせた。そして本格的な活動は、FreeTEMPOの全面プロデュース作『COLORS』でのCDデビューから。現在では自ら楽曲制作もおこない、佐々木希やアイドル・グループ、ワンリルキスの楽曲プロデュースしたり、活動の幅を広げている。さらにいうと、アーティスト活動をはじめる前は、高校で英語教師をしていたという。まさに音楽にとどまらない多彩な才能の持ち主なのである。

しかし、そのプロフィールを読んで、楽曲を聴いて、ライヴを見て、彼女を理解しようとすればするほど、SAWAというアーティストの中心にはなにがあるのか気になって仕方がなくなってしまった。なんでもできるからこそ、その中心になにがあるのかも見えづらい。日常生活をそのまま歌にしているわけでもなさそうだし、完全なフィクションの世界を描いているわけでもない。そしてサウンドはクラブ・ミュージックを基軸としたり、最近では独唱もしたりしている。一体SAWAとは、どんなアーティストなのか? デビューから5年を迎えた彼女の魅力をつかむべく、2回にわたるインタヴューでじっくりと迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます

ーーSAWAさんは、ヴァイオリンもピアノも弾けて、楽曲制作もできる、歌もうたえる、英語教師をしていたことがある… と、実に器用な方だと思うんですね。その反面、一番コアな部分が見えづらいなと思って…。

SAWA : あはははは。器用貧乏ってことですか?

ーーいやいや(汗)。その核にある部分ってなんだろうと思って。プロフィールも、出身地のこととか必要以上に公表していないですよね。

SAWA : そのへんはあまり押し出してきていなくて。っていうのも、どこか宙に浮いたような存在でありたい気持ちがあって。最終形は、デーモン小暮さんや掟ポルシェさんのような立ち位置に憧れます。ファンタジーを持っていたいなって。

ーー要するに「私語り」のような形は出したくないってことですか?

SAWA : そうですね。共感してほしいとか、切ないラヴ・ソングを書きたいわけではなく、宇宙との共鳴とかを目指しているので、あまり現実感がないようにしているんですよね。共感型というよりかは現実逃避型なので、いかに現実を忘れてもらうかに重きを置いていたり。

ーーそれってSAWAさんが触れてきた音楽に、そういうものが多かったんですか。

SAWA : そうですね。m-floやFree TEMPOなどの、うまく現実逃避をさせてくれるアーティストが好きだから、おのずとそういう方向になってきたのかなと。

ーーちなみに、小さいころは友人関係も距離を置くような感じだったんですか。

SAWA : 距離を置いていたわけではないんですけど、どこかドライだったかもしれないですよね。そういえば、中学校くらいのときもプロデュースをしていた記憶があって、文化祭でダンスの振り付けを友だちのグループにつけて、自分は「文化祭は見にいけないから」とか言って行かなかったり(笑)。

ーーあははは。他のインタヴューを読むと「前に出たいタイプ」だとおっしゃられていましたが、自分が出るというよりかは監督的な視点の方があるんですね。

SAWA : どっちもあるんでしょうね。前に出たいけれど、誰かを後ろから支えることによって前に出ることもしたいっていう。

ーーあと、小さいころヴァイオリンを習っていたそうですが、自分からやりたいといったわけじゃない習いごとだったから、すごくイヤだったみたいですね。

SAWA : イヤでしたね。「なんでやっているんだろう?」と思ってましたし、反抗期だったり子供だったりしたこともあって、「なんでこんなに課せられているんだろう?」と思っていました。ヴァイオリンがイヤすぎてその衝動をピアノを習うことで抑えたりしていました。

ーーそれもすごい話ですけど(笑)。

SAWA : 楽器が嫌いというよりも、やらされていたこととか、ヴァイオリンを弾くにあたって求められることが子供には難しいことだったりして。私は抽象的に言われるのがすごく嫌いで、「ススキの野原を思い浮かべて」とか言われると、「めんどくさいなぁー」と。

ーーあははははは。

SAWA : 「そんなの、思い浮かべられないよ!」って。だから、「もうちょっと感情豊かに弾いて」って幼少期に言われたとき、「感情豊かって、なんだろう?」って。それまでの人生の感情を集めてみても、「そんなふうにならない!」って(笑)。

非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思う

ーー今もそういう感覚はありますか?

SAWA : 制作する上で、ざっくりしたことを言われるのは苦手かもしれないです。

ーー譜面どおりに弾けることにプラスして、抽象的な部分もピアノを弾くに当たって求められる部分だと思いますが。

SAWA : 求められていたんでしょうね。自分でアレンジを効かせて好きに出していくのは好きなんだけど、それをやれって言われたらイヤだったりして。

ーーだったら具体的に指示を出されたほうがいい?

SAWA : そうですね。音に関しても譜面を見て音を出してきたから、音が目に見えたほうがよかったりして。最初は作曲するときは無音の状態で紙に書いて、全部の音のラインを決めてから打ち込んでたし。楽器を鳴らしながらなんとなく作曲していくというタイプではなく、譜面を書いていたから、目に見えたほうが安心するんでしょうね。歌詞を聴くタイプの人間と聴かないタイプの人間がいて、私はまったく聴かないタイプ。なんとなくなにを言ったかは覚えているけれど、「この歌詞やこの曲にすごい思い入れがあったから、こういうときにこの曲をすごい聴いた」っていうメモリーはないんです。そういう意味で、ドライな目線で詞が書けているのかもしれないですね。

ーー歌を作ることは、言葉を使って手紙を書くという作業に似ているんですか。

SAWA : そうですね。エレクトロニカやダンス・ミュージックは、いかに音に合った言葉をチョイスするかということが優先されるので、詞は第2、第3くらいの優先度のところで、非現実感や宇宙感を出せているんじゃないかなと思うんです。

人が見てどれだけおもしろいかを考えます

ーーSAWAさんを語るにあたってもうひとつのポイントは、実際に高校で英語を教えていたという経歴をお持ちなんですよね。昔からなりたい職業だったんですか?

SAWA : そうですね。教師になるか、アーティストになるかって夢があって。結局どちらもやることができたんですけど、小さな頃から「安定しておこう」みたいなところがあって、中高の教員免許を取ったんです。教壇に立つこととライヴをすることは実は似ていて、やっていることは同じだったり重なる部分はあると思います。

ーー一自分1人が生徒全員と対面するっていうのはライヴと似ているかもしれないですね。ただ、ライヴと違って、勉強に興味のない生徒の目を自分に向けさせたりするのはライヴより大変なんじゃないですか。

SAWA : そうですね。ほとんど話術が勝負なんだと思います。話術と空気感で授業の空気を作り込むしかないので、集中させるような間の取り方とかを考えますよね。

ーーそのときの話術がライヴに活かされているのかもしれませんね。MCのトークが達者でおもしろいですもんね。

SAWA : いやいや(笑)。

ーーどれくらいの間、教師をされていたんですか。

SAWA : 期間は全然短くて、3ヶ月程です。

ーーずっと憧れだった教師になってみたときは、このままずっとやっていきたいと思いませんでしたか?

SAWA : もちろん思ったんですけど、教員はいつでもできるので、将来やるためにとっておこうと思って、アーティストに挑戦したんです。

ーーオーディションで、生徒さんとなにかしたんでしたっけ?

SAWA : いや、「生徒役」というシチュエーションを選択しただけで、私が教師役で、後ろで2名の女の子のダンサーに男子高校生の格好をしてもらって。踊るという点がフックになるんじゃないかと思ってやりました。実際の生徒とは絡んでないですよ。

ーーそこに教師と生徒という設定を持ち込んだのは、やはり教師経験からですか?

SAWA : そうですね。せっかくやったので活かそうかなと。

ーーそのときも「こういう見せ方をすれば」という一歩引いた視点から、考えていたんですか?

SAWA : そうですね。私は教員として教壇に立っていたわけだから、教師役としてライヴをすればフックにはなるだろうとか、歌がそこまでうまいとは思わなかったから、他のところで色を付けて目立たせようとかプロデュース目線はありましたね。

ーー例えば、「ミュージシャンになるのが夢でした」っていうのわわかりやすいんですけど、SAWAさんの場合は大きく違いますよね。SAWAさんにとってアーティストというのはどういうものなんでしょう。

SAWA : 自分を表現する場所ではあるんですけど、プロデュースして自分を出していくというところが大きいかもしれないですね。

ーーそれって、ざっくり言えばエンターテイメント性に着眼しているということですか?

SAWA : そうですね。エンターテイメント性がどれだけあるかはすごく考えますね。仮に歌がすごく上手かったとしても、それだけじゃ無理だと思うし。そういうところで、人が見てどれだけおもしろいかを考えますね。

ーーSAWAさんにとってのアーティスト評価の基準があるとすれば、「いかに楽しませるか」だと。

SAWA : そうですね。現実感がないほうがいいので、現実逃避とかいかに楽しませるかってとこですかね。

5周年を迎え、これからに向かうSAWAへのインタビュー後半は7月上旬公開予定

「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!!ワイワイ!!SAWAのカム着火祭」のライヴ音源配信は7月1日(月)!!

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

Yasei Collective、最新作『FINE PRODUCTS』をリリース!!&アルバムより1曲を2週間独占先行配信!!
[POWERPUSH]・2017年05月10日・本当の意味での新たな”ヤセイ”──Yasei Collectiveの次なるステージを示す最新作より1曲独占先行配信!! 中毒性の高い楽曲と突出した演奏技術で音楽ファンはもちろん、多くの演者たちをも唸らせるバンド、Yasei Collectiveがこの度、最新作『FINE PRODUCTS』をリリースする。メンバーそれぞれがcero、KID FRESINO、Keishi Tanaka、福原美穂などジャンルも様々なアーティストのライヴのサポートやレコーディングに積極的に参加するなど課外活動的な動きが多かった彼らだが、今作ではそれらがバンド自体にも良い方向にフィードバックされた快作に仕上がった。OTOTOYではそんな今作より、ラスト・ナンバーである「Quinty」をアルバムの発売より2週間独占先行配信開始。メンバー全員のインタヴューと共にお楽しみください。 5/24のアルバム発売に先駆け、M-09 「Quinty」を2週間先行配信!!!Yasei Collective / FINE PRODUCTS'【Track List】01. HELLO02. Interlude-103. Shinkado04. Inter
老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月03日・老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順 × 増子真二 × 吉田肇によるアラフィフ対談!! 日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジニアとしても活動をする増子真二、幾度に渡ってメンバーチェンジを繰り返しながらオルタナティヴ・ロックの地平を切り拓いてきたPANICSMILEのギター、ヴォーカル・吉田肇。そんな泣く子も黙る日本のオルタナティブ・シーンの重要人物3人も、思えば50歳目前。今回、谷ぐちが現在ベースを担当するLimited Express(has gone?)企画「LIVE JUNK」にDMBQとPANICSMILEが出演することを記念し、3人によるSkype対談が行われた。谷ぐちと増子は同郷、初期の〈Less Than TV〉を築いてきた2人であるが、増子と吉田は意外にも初めてのコンタクトということで、もちろんこの3人が集まることは初めての貴重な対談となった。アラフィフ3人の同世代
8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!!
[POWERPUSH]・2017年05月02日・8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!! 作詞・作曲・歌唱を全て自分で務め、チップチューンをベースに独自の世界観を持つ楽曲を収録した『まほうのおんがく』にてデビューを果たした谷本早也歌。愛知のバンド、H△Gとのスプリット・アルバムやアイドル・グループ、ハッピーくるくるへの楽曲提供、NHK Eテレ「シャキーン! 」へのコラボ・ソング参加など各方面で目覚ましい活躍を見せてきた彼女が1年半ぶりとなる新作『箱の中の少女』をこの度リリースした。前作に比べると8bitサウンドは影潜めたものの、彼女の素晴らしい感性が冴え渡る今作をハイレゾにて配信するとともに、彼女へのインタヴューを掲載。また、リリースを記念してタイトル・ナンバーの「箱の中の少女」の2週間限定フリー・ダウンロードも始まっているのでそちらも是非チェックを。 谷本早也歌 / 箱の中の少女'【Track List】01. 箱の中の少女02. クモリノチハレ03. あわいこい04. 水辺にて05. PALPITO06. 待ちぼうけ07. a piacere08. Mysterious Cave09
『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』32bit floatで独占配信&Suaraインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月26日・『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』Suaraインタヴュー&32bitOTOTOY独占配信開始 2016年12月19日CLUB CITTA’ KAWASAKIにて行われた『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』。Blu-rayでのリリースに続き、ハイレゾでの音源も到着した。OTOTOYでは32bit floatで独占配信とアルバム購入特典で歌詞データが同梱(M.4以外)。「うたわれるもの」シリーズのアニメ、ゲーム楽曲のみで構成され、クロウ役の小山剛志、エルルゥ役の柚木涼香もゲスト・ヴォーカルで出演した記念すべきライヴについて、「うたわれ」とともに歩んできたSuaraにインタヴュー。 アルバム購入者から抽選で1名にメッセージ入りミニ・サイン色紙プレゼント!Suara / うたわれるもの SUPER LIVE 2016'【Track List】01. 不安定な神様 / 02. 君だけの旅路 / 03. adamant faith / 04. まどろみの輪廻 / 05. 夢想歌2016 / 06. 恋夢 / 07. 永久に2016 / 08. 麗しき世界 / 09. 運命-SADAME-
LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月17日・LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー UKやUSのアンダーグラウンド・ミュージックに触発されたパンク・ロッカー、WSZ80(ワシズ・エイティ)によるダンス・ミュージック・ユニットLEF!!! CREW!!! 。彼らの高い熱量を持って繰り広げるDJパフォーマンスとフロアの狂乱ぶりは東京のアンダーグラウンド・カルチャーを語る上で欠かせない物語を生んできた。この度、2016年よりWSZ80のみのワンマン体制となったLEF!!!CREW!!! が転機のEPをリリース。OTOTOYではそのニューEPを、WSZ80へのインタヴューを付してお届けする。 LEF!!! CREW!!! のNEW EPをハイレゾ配信LEF!!! CREW!!! / BOOTLEF 001: STANCE'【収録曲】1. K.I.L.L (short) 2. I Love James Dance, Right? (How To Make A Punk Rock Song)【配信形態】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC /
sora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月11日・さあ、ファンタジーの世界へーーsora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。1stアルバム『sora tob sakana』もロング・セールスとなっている彼女たちが初のミニ・アルバム『cocoon ep』をリリースした。OTOTOYではこの作品をハイレゾ独占配信。技巧的な楽曲に少女たちの歌声が力強く響く6つのファンタジーを、金子厚武のレヴュー&sora tob sakanaの音楽プロデューサー、照井順政からのコメントともにじっくり味わっていただきたい。 アルバム購入にはブックレットがつきます。sora tob sakana / cocoon ep'【Track List】1. ribbon2. タイムマシンにさよなら3. 夢の盗賊4. tokyo wave5. 透明な怪物6. 夜間飛行 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】''単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込) REVIEW : cocoon
「一夫多妻制アイドル」清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月12日・「一夫多妻制アイドル」が築いた3年の絆ーー清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー 清 竜人と5人の妻からなる一夫多妻制アイドル・グループ、清 竜人25。6月17日に幕張メッセイベントホールのコンサートをもって「解散」する彼らが、ラスト・アルバム『WIFE』をリリースした。OTOTOYでは、(1stシングルをのぞいて)リリース毎におこなってきた宗像明将による全員インタヴューも今回がラスト…。果たして有終の美でインタヴューは終われたのか?! どうぞ、『WIFE』を聴きながらお読みいただければ幸いです。 ハイレゾ版購入者に抽選でサインプレゼント!清 竜人25 / WIFE'【Track List】1. 愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡2. My Girls♡3. アバンチュールしようよ♡4. 25♡5. Christmas♡Symphony6. Sundayはわたしのモノ♡7. Coupling♡8. マリッジブルーを抱きしめて♡9. マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル10. ねえねえ...11. LOVE&WIFE&PEACE♡【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC)
極上の「王道ポップス」を! つりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月05日・アイドル・シーンに極上の「王道ポップス」をーーつりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットが2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』をリリースした。インパクトのある「つりビット」という名前でデビューをしてから5年。"いちアイドルのアルバム"だけではとどまらない上質な作品性は、前作を更に上回っている。そんな極上の「王道ポップス」をハイレゾでご堪能あれ。 アルバム購入でブックレットPDFつき! さらに抽選でポスタープレゼント!つりビット / Blue Ocean Fishing Cruise'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,800円(税込)【Track List】''01.Blue Ocean Fishing Cruise02.裸足のマーメイド03. 渚でラテアート04.妄想フィッシング学園05. Get ready Get a chance06. Chuしたい07. ギョギョギョムーチョ08. 釣り銭はいらねぇぜ09. レモン海岸10. 潮風日記11.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事