5月26日(日)、とある名古屋の公園の中心に、青空と緑のまぶしさに負けないくらいの輝きを放っているバンドがいた。名古屋発、男女ツイン・ヴォーカル・アコーステッィク・バンド、theSing2YOU。彼らはその日、名古屋市内の公園「鶴舞公園」を利用した観覧無料のワンマン・ライヴ「単独公園'13」を開催し、1000人を超える来場者を記録した。今回、多くの人に彼らの輝きが降りそそいだ、記念すべき単独公園のレポートをお届けするとともに、同日に発売された「こうもりのうた」を配信。やわらかで、ハートフルな2人の歌声に、あなたからも笑みがこぼれるに違いない。

theSing2YOU / こうもりのうた
※歌詞ブックレット付き

【価格】
mp3 単曲 250円 / アルバム 600円
wav 単曲 300円 / アルバム 700円

【Track List】
1.こうもりのうた (Lyric:浦林くるみ/Music:theSing2YOU)
2.あかさたな (Lyric:浦林くるみ/Music:theSing2YOU)
3.water (Lyric:かとうさとし 浦林くるみ/Music:theSing2YOU)

All Songs Arranged & Played by theSing2YOU

Vocal 浦林くるみ
Vocal & A.Guitar かとうさとし
Drums & Percussion ハナムラ鼓動ヒデノリ
Saxophone & Flute ちくちゃん
E.Guitar & PedalSteel 落合悠
Piano & Toy sounds 真野文宏
E.Bass 内田旭彦 (Qaijff.folt)
Contrabass 岡田康孝(みかとやす)
Chorus ALASKA.ミツ

All Produced by theSing2YOU

Recorded by 松井信樹(J'z Studio)、 Kazu Saito(J'z Studio)、今村航(代官山NOMAD)、真野文宏
Mixed & Mastered by 松井信樹 (J'z Studio)
Recorded at J'z Studio、 Sound Studio Face、 Studio Vetix、 manogiken
Mixed & Mastered at J'z Studio
Art Direction & Design *なないろスター

Special thanks to / とびきりの感謝と愛を
小川さん(ヤイリギター)、soul of "L"、平岩純一(YOU PEACE music studio)、井埜敬人(代官山NOMAD)
畑中新(HeartLandSTUDIO)、吉見さん(HOOK UP records)、中川さん(ondo records)
救いのミュージック、あいするひとびと

theSing2YOU 『単独公園'13〜ナゴヤ鶴舞公園〜』

2013年5月26日(日)、この日の名古屋は梅雨入り直前(翌日東海地方の梅雨入りが発表された)だというのに、湿り気など微塵も感じない気持ちのいい晴天に恵まれた。日曜日の晴れた午後、名古屋の中心部に位置する鶴舞公園には沢山の家族連れやカップルで賑わっていた。よくある休日の午後の風景のようだが、この日は少し違う。緑に囲まれたすばらしいロケーションのなかでtheSing2YOU野外ワンマン『単独公園'13~ナゴヤ鶴舞公演~』が行われた。

公園の中を少し歩いていくと、メリーゴーランドのような円形状の舞台に突き当たる。音符の手すりに囲まれているファンタジックかつアンティークなステージだ。会場を見た瞬間思った、"シングによく似合う! "と。

浦林くるみ(Vo.)と、かとうさとし(Vo.Gt)の2人からなるtheSing2YOUは、これまでにも2人だけはもちろん、3人、4人とサポートを迎え、変幻自在なライヴ・スタイルを見せてきた。この日のtheSing2YOUはシング史上最多となる8人編成。もうそれだけでワクワクが止まらない…!

アストロノーツfeat.エイトヤマザキによるシングのカヴァー「サイダー」をバックにメンバーが壇上へ。M-1「グラデーション」。さとしの歌声にくるみのコーラスが美しいハーモニーを魅せる、極上の切なポップ・ラヴ・ソングだ。

「ようこそー!」

photo by 宮下太輔

くるみの声が会場一帯に響き渡る。ああ、この日がきた! 待ってたよシング! 優しく歌うさとしの横で、くるみは小さな身体を力一杯大きく揺さぶらせ、この1日を迎えられたよろこびを全身で現しているかのように見えた。それは本当に美しく眩しい光景だった。軽快なリズムとくるみの手拍子で始まるM-2「センチメンタリズム」。さとしがよろこびを堪えきれず、吐き出すかのように叫んだ。「やってきたぜ! 奏楽堂ー!」彼らは本当に楽しそうに演奏する。それはもう魔法でもかけられたかのように会場内すべてが笑顔に変わる。温かな空気のなか、ジャジーにアレンジされた大人の雰囲気漂うM-3「ボンド」。洒落たリズムが日曜日の晴れた午後にピッタリだ。続くM-4「ハシノシタ」でのくるみは圧巻だった。全身を大きく揺さぶらせ、すべてを吹っ切るかのような腹底からの声。鳥肌が止まない。会場全体が呑み込まれるかのように聴き入っていた。広大なこの鶴舞公園がシング色に塗り変わっていくのがはっきりとわかる。

photo by 宮下太輔

M-5「こうもりのうた」に続き、M-6はこの日から発売となるCDから「あかさたな」。M-7「蟻」では泣きそうに絞り出す様な歌声に、「最近までなにもかもがうまくいかなかった」と言った先程のくるみのMCが重なる。メロウな空気に包まれるなかM-8「君は僕」。この曲は2012年にシングが出したカヴァー・アルバム『みんなのうた』に収録されている志乃の楽曲だ。会場にいる志乃を見つけたくるみの「志乃さんいたよー!」の声に対し「緊張するじゃん!」と、さとし。なんとも無邪気だ。

続けてもう1曲カヴァー、M-9「やさしくなるには」。こちらは京都在住のアーティスト、井上ヤスオバーガーの曲だ。「西に向かって歌おかな」と、さとし。2人揃ったパワフルなヴォーカルから始まるアッパーなこの曲は、カヴァーとはいえ本当に2人に似合っている。このアルバム『みんなのうた』はシングが付き合いのあるインディーズアーティストの楽曲を自らセレクトし、カヴァーした1枚だ。シングは本当に沢山のアーティストを愛していて、同時にたくさんのアーティストに愛されている。それはもうこのアルバム1枚を聴くだけでも十分に伝わってくる。この日のライヴにもサポートとして、岡田康孝(みかとやす)や内田旭彦(Qaijff/folt)など、前線で活躍するバンドマンが多数参加しており、サウンドに華を添えている。

photo by 宮下太輔

ライヴは後半戦へと突入。ワールド・ミュージック・テイストなサウンドのM-10「森」に続き、さとしのアルペジオにはじまりクライマックスへの盛り上がりがグッとくるM-11「草原」、柔らかなラヴソングM-12「water」へと繋がる。そして本編ラスト・ナンバーM-12「はじまりの色」へ。このころになると陽は陰り、風も強く吹きはじめていた。この日のために用意されたくるみの白いワンピース(みかとやす のミズノミカ作)が風を含みフワリと膨らむ。まるで妖精か、天使かのよう。空に飛んでいってしまいそうだ。そしてその後ろ姿を見守るかのように見つめるさとしの優しい眼差し。2人の間には目には見えないけれど温かななにかを感じる。そうこれが、theSing2YOUなのだ。完全にシング・ワールドに塗り替えられたなか、ライヴ本編は幕を閉じた。

まだまだ聴き足りない、と催促するように観客からは拍手が鳴り止まず、再びメンバー全員が登場。メンバー紹介が行われる。アンコールM-1「サイダー」。気持ち良さそうに身体をユラユラと動かし、さとしの歌声にリズムをとり踊るくるみ。かわいい。そして本当のラスト・ナンバーとなるアンコールM-2はやっぱりこの曲「七色サンドイッチ」。シングの代表曲とも言える最高にキュートでハッピーなパワフル・チューンに再び会場が笑顔に包まれる。さとしもくるみもぴょんぴょん飛び跳ねる。「また遊んでください! またねー! 」こうして約2時間にも及ぶtheSing2YOU野外ワンマンは幕を閉じた。

photo by 高須奨

終演後、シングの2人は会場に残っているお客さん1人1人に挨拶をしに回った。彼らは友人やお客さんを大切にし、誰に対してもいつだって温かく接する。そんな2人の柔らかな人柄が凝縮されたライヴだったと思う。信頼できるメンバーやスタッフと共に創り上げられたからこそ、最大限に引き出された魅力により、この日のシングはいつもよりも2倍も3倍も大きく見えた。余りにも素敵すぎて、酔いの冷めぬ1日となった。theSing2YOUはこのあと9月、主催企画となるMusicShowerを控えている。6年目となるこのイベントも、シングと交友のあるアーティストばかりが出演する。人を愛し、1つ1つの出会いを大切にするシングの周りにはいつも笑顔が溢れている。同じ名古屋のこの街にtheSing2YOUがいるということは、大変喜びであり、誇りである。大勢の人々を魅了して止まないtheSing2YOU、きっとこれからもキラキラ輝き続けていくことだろう。(text by 佐野葉子)

RECOMMEND

sukida dramas / MERHABA

名古屋を中心に活動する5人組バンドsukida dramas(スキダドラマズ)が登場! 面白おかしく騒ぎ立てながら周囲を鮮やかに彩っていく、軽やかで愉快なポップ・サウンド。

toitoitoi × ThreeQuestions / はじまり

2つのバンドの音が織り成す切なく優しい物語が完成しました。全ての曲が新しく録音され、2つの音が混じり合い聞き手を特異な世界へ導くでしょう。「はじまり」をテーマに僕達の物語がはじまります。

リトルキヨシ / アカツキノソラ

ロッケンロールは好きですか★金沢生まれ、沖縄育ちのリトルキヨシ魂が東京に漂着!東芝EMIからコンピレーションアルバムに参加など、波に乗るリトルキヨシが今ここで花開く!!1度ライブを見たら誰もが微動だにできなくなる。そんなリトルキヨシだけのマーブルの世界がギッシリ詰まった、待望の1st.ミニアルバム

PROFILE

theSing2YOU

名古屋発、ふたりからはじまる
男女ツインボーカルアコースティックバンド。
大きく立派なステージから
小さなビールケースのステージまで。
きっと君の街にもうたいにいく。
無限に広がりたい。

うた 浦林くるみ
うたとギターと一五一会 かとうさとし

正規メンバーはふたりだけで現在も名古屋在住。
デュオ編成から8人のバンド編成まで様々なステージを全国で展開する。
圧倒的な存在感グルーヴ感を放つライヴもさることながら、
2008年に立ち上げた入場無料野外フェス「MusicShower」(於・長野県木曽郡大桑村)主宰(2013年も9月22日に開催を発表)、
2012年には日本レコード業界初“インディーズによるインディーズのカバーアルバム”「みんなのうた」をリリース。先日5月26日名古屋市内の公園「鶴舞公園」を利用した観覧無料のワンマン・ライヴ「単独公園'13」では、1000人超の来場者を記録するなどその発想と表現力に目が離せない。

theSing2YOU official web

公式Facebook
公式twitter : @ts2y_info
メンバー個人twitter : @kurumibon / @magarusatoshi

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

callme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース 3つの曲に込めた思いをインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月22日・3つの曲に込められた、自分たちの思いとこれからーーcallme、9ヶ月ぶり4thシングルをリリース callmeが9ヶ月ぶりにシングルをリリースした。曲数は3曲。ポップさに舵を取り、物流応援PR曲として作られた「Bring you happiness」、3人のこれまでとこれからが凝縮された超大作「It's own way」、RUUNAのヴォーカルが冴え渡る「I never know tomorrow」の3曲について、じっくりと話を訊きました。 callme / Bring you happiness(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,100円(税込)【Track List】''01. Bring you happiness02. It's own way03. I never know tomorrow INTERVIEW : callme 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが、今年最初となるシングル『Bring you happiness』をリリースした。表題曲はそのタイトル通りの
堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!!
[POWERPUSH]・2017年03月10日・堕天使の悪戯を吹き飛ばす、狂った月曜の夜──DEATHROツアー・ファイナルの模様を配信開始!! 神奈川県央在住のロック・ヴォーカリスト、シンガー・ソング・ライターDEATHRO。昨年末にリリースされた1stアルバム『PROLOGUE』は90年代のジャパニーズ・ビート・ロックへの敬愛と、現行のインディー・ロック、オルタナを取り込んだサウンドで、新たなファンを続々と増やし続けている。今回配信となるライヴ音源はアルバムのリリース・ツアーのファイナル公演、下北沢THREEでの模様をパッケージング。ツアーを経てパンプ・アップしたサウンドとヴォーカリゼーション、1秒も聞き逃して欲しくないMC、そしてオーディエンスから湧き上がる歓声。この日ライヴに行った方も、行けなかった方も是非ともこの熱く狂った一夜を追体験してみてほしい。 DEATHRO / THE END OF THE PROLOGUE ”REVENGE” 3.6 Shimokitazawa THREE'【Track List】01. OPENING /KEN-O by 幽閉 a.k.a ZERO磁場02. RUNAWAY ANIMAL03. CRAZY FOR
the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :
LEARNERSがKiliKiliVillaより2ndアルバム・リリース&インタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年02月07日・楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!! 松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。 LEARNERS / MORE LEARNERS'
by JJ
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVIEW : DIA