東京でのワンマン・ライヴも含め、全国8カ所を巡る〈だいじょうぶ みらいのこどもツアー〉を終えたシンガー・ソングライターの世武裕子。映像音楽作家としても、楽曲提供という形で新たな活躍を見せる彼女のピアノ弾き語りを、DSDのネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスによって、生々しい音源に収めた『世武裕子 DSD recording sessions』の第二弾がついにリリースされる。

左から エンジニアの奥田泰次、世武裕子、スタジオ・オーナーの狩野真

福生にあるピアノ・スタジオ「アルト・ノイ・アーティストサービス」で、Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2種類のピアノを使い、録音された。さらに、録音には世界に3台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアには奥田泰次(studio MSR)を迎えて、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行っている。

4月2日(火)に配信開始され、好評を博している第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』では、新曲「やもり」を2台のピアノで弾き比べた音源と、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」のカヴァーが収録されたが、第二弾となる今回、聴き比べができるのはYUKIの名曲「JOY」。そして、カップリングには2010年に発表された『リリー』から、「ピエロは踊れなくなったとか」の弾き語り再録ヴァージョンが収められている。

>>録音現場の詳細レポート、第一弾の特集ページはこちら<<


世武裕子 / 世武裕子 DSD recording sessions vol.2 JOY

【配信形態】
DSD 5.6MHz+HQD(24bit/48kHzのwav) まとめ購入のみ 700円

【Track List】
01. JOY (cover)(Fazioli F-278 ver.) / 02. JOY (cover)(YAMAHA C3B ver.) /
03. ピエロは踊れなくなったとか(YAMAHA C3B ver.)

Recording & Mixing at アルト・ノイ・アーティストサービス
Recording & Mixing by 奥田泰次(studio MSR)
Supported by KORG INC.

Recording materials :
1. Fazioli concert grand piano F-278 (2004年製造) Made in Italy
2. YAMAHA C3B (1975年製造) customized by ALT.NEU.ArtistService Co.,Ltd
(Stephen Paulello music wire and Custom mechanic)

>>DSDの聴き方はこちら

※本パッケージには楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のHQD(24bit/48kHzのwav)トラックが同梱されております。

※5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もありますので、ご購入の前にご確認ください。
※DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。
※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

「まるでそこで聴いているような体験」DSDで広がる可能性

Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2台のピアノ。そしてDSD 5.6MHzとWAV (24bit/48kHzのwav)の2種類の音質。どちらにしても「そこまで音の違いがわかるものだろうか?」ということは、きっと誰の頭にもよぎる疑問だろう。しかし聴き比べると、思わず「おっ」と声に出るほど、違いを感じるので、まずはぜひ楽しんでもらいたい。

それぞれのピアノの音色と、世武裕子の歌声の組み合わせによって、表情を変えているのが「JOY」。Fazioliの音は本当に華やかだ。ひとつひとつの音が立体的なのだが、旋律を奏でるとひとつに溶けあって、驚くほどなめらかになる。Cメロでは耳心地のよさにうっとりせざるを得ない。そんなピアノの音色から、原曲と同様に、したたかなキュートさを感じるFazioliの「JOY」。世武の声でポップに歌われると、変に陽気な歌よりも、ずっと明るいほうへ向かせてくれるから不思議だ。

YAMAHAのピアノは重めのタッチと、器用な感じはしないが、逆にそこが愛おしくなるような素朴な音。Fazioliの「JOY」よりテンポダウンしたことと、その素朴さから、「JOY」のポップな印象を塗りかえる。いつもの「JOY」が気ままでキュートな女の子だとしたら、YAMAHAの「JOY」は、その女の子の内面にあるやわらかさを感じさせ、歌詞をいつもと違って、より切実に聴かせる。

手前から YAMAHA C3B、Fazioli F-278

音質を聴き比べるとついDSDをひいきにしてしまうが、本来、WAVも十分にきれいな音質だ。きれいすぎてDSDと違いがわからないんじゃないかと、書き手としては不安になったほど。しかし、いざDSDを聴くと、WAVと違ってどこまでも音が伸びていくことを感じてもらえると思う。ざっくりいうと、mp3やWAVは、規定外の音をデータの形に合わせて丸めるらしい(注1)。そのためなのか、高音や低音がどこかべたっと感じる部分がある。先日行われた「Dr.SounD ~DSD聴き比べ実験室~」のイベントで聞いた内容によると、DSDも規定はあるのだが、録音される音よりもずっと上に規定があるため、そのまますべてを取り入れることができるそうなのだ。聴こえずとも、その場の音がすべてまるっと入っている。だからこそDSDは、まるでそこで聴いているような体験ができるのだろう。特に「ピエロは踊れなくなったとか」の表情豊かな歌声とあの力強さは、DSDで体感してもらいたいと思ってしまう。

生々しく録れることが、絶対にいいわけではない。人によって、音楽によって、表現したいことによって、なにが合っていてどんなふうに届ければいいのかがあるはずだ。ただ、世武裕子は、そのまま生々しく録ることが、彼女が表現しようとしている世界をその場に立ち上げるのにあっているのだと、この音源を聴きながら思う。ぜひ手を伸ばしてみてほしい。(text by 梶山春菜子)

注1 : ふじもり さら著「わたしがDSDで泣いた日」(http://bccks.jp/bcck/109429/info)を読んで

第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』はこちら


世武裕子 / 世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり

【配信形態】
DSD 5.6MHz+HQD(24bit/48kHzのwav) まとめ購入のみ 700円
※「やもり」の歌詞ブックレット付き

【Track List】
01. やもり(Fazioli F-278 ver.) / 02. やもり(YAMAHA C3B ver.) /
03. 夜行性の生き物3匹 (cover) (YAMAHA C3B ver.)

>>特集ページはこちら

OTOTOY DSD 5.6MHz Archive



キセル / KICELL EP in みなと湯(5.6MHz DSD+HQD ver.)

【配信価格】まとめ購入のみ 800円

※本パッケージには楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のHQD(24bit/48kHzのwav)トラック、ブックレット(PDFファイル)が同梱されております。DSDの再生環境がない場合も、HQD(24bit/48kHzのwav)の高音質でお聴きいただけます。

>>特集ページはこちら



AUN J クラシック・オーケストラ / 八人の響き

【配信価格】
5.6MHz DSD+mp3 ver. まとめ購入のみ 2,500円
2.8MHz DSD+mp3 ver. まとめ購入のみ 2,300円
24bit/96kHz HQD ver. 単曲 300円 まとめ購入 2,200円
24bit/48kHz HQD ver. 単曲 250円 まとめ購入 2,000円

01. 乱~RAN / 02. 桜小道 / 03. Oriental Journey / 04. Ocean / 05. 白い追憶 / 06. TRICK STAR / 07. SAVANNAH / 08. 連雨 / 09. Go West 53

※DSD ver.には楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。
※HQD ver.まとめ購入時には全曲のmp3トラックが同梱されております。

>>特集ページはこちら



朝日美穂 / ひつじ雲(5.6MHz DSD)

【配信価格】まとめ購入のみ 2,500円

※こちらの作品には、OTOTOYジングル(mp3)、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、WEBブックレットが同梱されております。

『ひつじ雲』のDSD配信は、全曲、新たにDSD用にリマスタリングしたファイルを使用しています。曲によっては、CDとはかなり異なる仕上がりのものもあります。

また、DSDのネイティヴ再生を念頭に置いて、リマスタリングしていますので、以下のことにお気をつけ下さい。DSDにはPCMよりもヘッドルームがあります。PCMの0dbの上に、3.1dbほど余裕があるのです。今回のDSDリマスターの中には、レベルが0dbを越えて、その3.1dbのヘッドルームに達しているものもあります。AudioGateでこうしたDSDのファイルをwavファイルなどに変換すると、ピーク時にクリップして、歪んでしまいます。クリップしないように変換したい場合は、AudioGateの変換時のゲイン設定を-3dbに下げれば、避けることができます。

>>特集ページはこちら



やくしまるえつこ / ロンリープラネット(DSDマスタリング ver.)

【配信価格】
DSD(5.6MHz)+mp3 500円
DSD(2.8MHz)+mp3 450円

※どちらの作品にも、楽曲のDSFファイルとDPPファイルが同梱されております。

>>特集ページはこちら



Cojok+徳澤青弦カルテット / QUANT(5.6MHz Ver.)

【配信価格】まとめ購入のみ 1,000円

※こちらの作品には、楽曲のDSFファイルとDPPファイルが同梱されております。

>>特集ページはこちら

世武裕子 過去作はこちら


>>『みらいのこども』特集ページはこちら
>>Play for Japan 2013 特集ページはこちら
>>世武裕子インタビュー&「Astell&Kern AK100」使用レポート

>>『アデュー世界戦争』特集ページはこちら
>>『恋するリリー』特集ページはこちら
>>『おうちは、どこ?』特集ページはこちら

PROFILE

世武裕子

滋賀県出身、パリ・エコールノルマル音楽院映画音楽作曲科卒の作曲家 / シンガー・ソングライター。「イングリッシュ・ペイシェント」「ベティー・ブルー」「善き人のためのソナタ」など多くの映画音楽を手がける作曲家ガブリエル・ヤレドに師事し、ジャン=リュック・ゴダール監督の『気狂いピエロ』等で知られる作曲家アントワーヌ・デュアメルからもその才能を賞賛され、同音楽院卒業制作では満場一致の首席にて卒業。帰国後は、くるり主宰Noise McCartney Recordsよりデビューし、FUJI ROCK FESTIVAL京都音楽博覧会、COUNTDOWN JAPAN、KAIKOO POPWAVE FESTIVALなど、大型フェスへも次々出演を果たす傍ら、金髪ルックが印象的な自身出演のCM "Googleで、もっと。クロームでストリート・ライヴ"、Panasonic Beauty、ユニクロ、大阪ガス、Mitsubishi Motors Japan、KOSEなどのCM音楽、BeeTVドラマ「3枚目のボディーガード」、映画「家族X」、Studio 4℃×TOYOTAとのコラボレーション、最近では、3月からWOWOWで放映される廣木隆一監督によるドラマ「ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち」の音楽も担当するなど、多方面でその才能を発揮している。そして2013年3月、『おうちはどこ?』『アデュー世界戦争』では現代音楽の面白さを、『リリー』『Good Morning World! / Hello Hello』では、まるで景色を鳴らすような声で人々を魅了した彼女が、待望の新作『「だいじょうぶ3組」オリジナル・サウンドトラック+ミニ・アルバム『みらいのこども』』の豪華2枚組作品をリリースする。サウンドトラックとEPを収録した本作は、まさに世武裕子のこれからを象徴するような一枚と言えるだろう。

>>世武裕子 Official HP
>>Twitter : @sebuhiroko

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】入江陽が誘う、不思議な別世界へ──入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース
[REVIEW]・2017年09月25日・入江陽が誘う、不思議な別世界へ──約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自主レーベルからリリース 入江陽が約1年半ぶりとなるアルバム『FISH』を自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース! 生生まれ育った新大久保の喧騒を離れ千葉の郊外に移住。そんな彼がサウンドエンジニアの中村公輔のサポートのもと制作した今作は、リラックスしたムードで、魚を釣り上げるような、魚として泳ぐような、そんな雰囲気を纏った1枚となった。 ゲストにBOMI、岩出拓十郎(本日休演)、黄倉未来、ガクヅケ木田(芸人)、セミ(虫)といったバラエティ豊かな面々も迎え、トラックメーカーとしてTeppei Kakudaらも参加。彼らしいネオ・ソウル感も健在ながら、今までで最もファンタジックかつメロウな要素が詰まった『FISH』をレヴューと共にお楽しみください。 自身主宰のレーベル/出版社〈MARUTENN BOOKS〉からリリース入江陽 / FISH'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,998円(税込)【収録曲】''01.
【REVIEW】衝動 × 衝動! 春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年09月22日・衝動 × 衝動! 感情を増幅させるドーピング──春ねむり、後藤まりことの共作シングルをハイレゾ配信 シンガー・ソングライター、ポエトリー・ラッパー、トラックメーカーと、多才さを発揮し、今年の夏にはオーディション優勝を経て〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017〉へ出演。2017年大注目の新人といわれている“うたう最終兵器”春ねむり。そんな彼女が後藤まりこの楽曲提供によるコラボ楽曲を急遽リリース。OTOTOYでは今作のハイレゾ音源を配信。また、今作から「yoake」を期間限定でフリー配信していますので、このレヴューと共にお楽しみ下さい! 衝撃の注目作を先行配信! 春ねむり / はろー@にゅーわーるど / とりこぼされた街から愛をこめて'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 350円(税込) / アルバム 1,080円(税込)【収録曲】1.はろー@にゅーわーるど 2.とりこぼされた街から愛をこめて3.yoake 収録曲の期間限定フリー配信も! 春ねむり / yoake(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALA
by 中の人
ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品
[REVIEW]・2017年09月21日・ブラック・ミュージックとJ-POPの融合ーーCUBERS『マゼンタ』を読み解くアルバム10作品 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』を2017年10月4日にリリースする。ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。リリースを前に、OTOTOYでは根っからのブラック・ミュージック好きの若者(21歳)に本作を聴いてもらい、ルーツとなる作品を選出してもらった。ここで紹介されている作品を聴いて、『マゼンタ』のリリースへの期待を高めてみてはいかがだろう。 2017年10月4日、2nd EPが発売決定!!CUBERS / マゼンタ'【収録曲】1. 君に願いを2. カラフルにしよう3. PINK4. いつか忘れられるさ5. 今日はどんな日だった?6. ボクラチューン!!BT.TOKYO HERO※OTOTOYでも配信予定!!''' CUBERS『マゼンタ』を聴くための、OTOT
by marvinkei
《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、
[CLOSEUP]・2017年09月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第7弾》──goodtimes、彼らなりの優しい応援歌配信 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第7弾音源「確かに」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第7弾goodtimes / 確かに'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】250円【収録曲】''1. 確かに REVIEW : 紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる音楽 第7弾配信曲「確かに」。この曲は一見楽観、客観的でありながらも親身で、優しいgoodtimesなりの応援歌である。彼らは、人と自分の人生を比べて否定するな、なんてことは言わない。人とぶつかり、劣等感に苛まれながら紆余曲折を経た私たちのことを、まるっと肯定してくれる。朝陽(Vo.)の紡ぐ歌詞は、幸せを手に
【REVIEW】11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年09月15日・11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信! 静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを! 《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!3776 / 公開実験《LINK MIX》'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)【収録曲
by 純三
アドリブで楽曲を作り上げ臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中
[CLOSEUP]・2017年09月19日・アドリブで楽曲を作り上げた臨場感あふれる作品──奇妙礼太郎メジャー1stアルバム、ハイレゾ配信中! 奇妙礼太郎が、メジャー1stフル・アルバム『YOU ARE SEXY』をワーナーミュージック・ジャパン内レーベル、unBORDEよりリリース。奇妙礼太郎トラベルスイング楽団やアニメ―ションズ、さらにはSundayカミデとテシマコージとの3ピース・パンド・天才バンドなど多岐に渡り活動してきた奇妙が中込陽大(gomes)とふたりで作り上げた全20曲。奇妙礼太郎のいまが詰め込まれた本作をハイレゾでお楽しみください。 奇妙礼太郎、待望のメジャー1stフル・アルバムをハイレゾ配信奇妙礼太郎 / YOU ARE SEXY【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】まとめのみ 3,550円(税込) 【収録曲】''1. Woman2. 眠り時計と王の月3. 春だったのかな4. 君はセクシー5. 骨に雨6. 白鳥のおもちゃ7. 19728. NEWTON9. くま10. Nobody knows11. 欲望のしるし12. 泥の月13. ボタンホール14. よっぱ
新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりのシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年09月08日・新体制のSiAM&POPTUNe、2年ぶりとなるシングルをOTOTOY先行&独占ハイレゾ配信開始 7人組アイドル・グループのSiAM&POPTUNeが2年ぶりのシングル『Bring me!!』をリリース、OTOTOYでは9月13日のリリースに先駆けて先行&独占ハイレゾで配信開始。 今春に新メンバー3人が加入した新体制での初リリースでもある今作。表題曲の『Bring me!!』は作詞に児玉雨子、作曲をmiifuuが担当した爽やかポップな1曲に仕上がっている。 メンバーは「リリース期間中(2017年9月17日まで)に10000枚のフライヤーを配布する」という目標を掲げて活動中。各メンバーから今作への思いをコメントしていただきました。 SiAM&POPTUNe / Bring me!!'【配信形態】32bit float/44.1kHz WAV (ALACは32bit整数形式に変換され、AACはbit深度が24bitに変更されます。)【価格】単曲 216円(税込) アルバム 540円(税込)【Track List】''01. Bring me!!02. ル ル ル03. よくばりシンデレラ メンバー全員から
【REVIEW】秘密のミーニーズ初のフル・アルバムを配信開始──昇華という名の“サイケ・フォークな変革”
[CLOSEUP]・2017年09月06日・秘密のミーニーズがみせた、昇華という名の“サイケ・フォークな変革”──初のフル・アルバムを配信開始 2010年代に突如現れたサイケ・フォーク・ロック・バンド、秘密のミーニーズ。男女混声のコーラス・アンサンブルを軸とし、時にはフォーキーに、時にはサイケデリックに煌めく独自のサウンドは、瞬く間に人々を虜にし、2014年〈FUJI ROCK FESTIVAL〉の新人アーティスト登竜門ともいえる《ROOKIE A GO-GOステージ》 への出演も果たした。それから約3年の月日が流れた2017年9月6日。バンド初のフル・アルバムとなる『イッツ・ノー・シークレット』がリリースされる。ドラムの脱退、新メンバーの加入、ベース兼ヴォーカルを担当していた淡路がヴォーカル専任になるなど、様々な変革を遂げた彼ら。その3年間の結晶となった今作は、情緒溢れる甘く気だるげな楽曲やバンド初のインストゥルメンタル楽曲、ギターによる間奏曲など、前作までの“ザ・西海岸”なサウンドの予想を上回る変化球が詰まった作品となった。OTOTOYでは今作を1週間の先行配信でお届け。さらにOTOTOY限定ボーナストラックをつけて配信します。秘密のミーニーズ
by ai