LIVE REPORT G/R/L/Z #3@六本木SUPER DELUXE

六本木SuperDeluxeにて、女性の表現をコンセプトにしたイベント「G/R/L/Z」が行われた。Limited Express (has gone?)とMiila and the Geeksがホストを務めるこのイベントは今回で3回目を迎え、Moon Duo(from USA)、Melt-Bananaを招いてのガチンコ勝負となった。フロアは、ここは本当に日本だよな? と思ってしまうほど(日本人のお客さんの方が圧倒的に少ない!)たくさんの外国人で埋め尽くされ、今か今かとスタートを待つ熱気に満ちている。うーん、六本木、恐るべし。

Limited Express (has gone?)

そんな中先陣を切ったのはLimited Express (has gone?)。轟音が一気に空間を支配する。JJ(Vo、Guitar)のパンチの効いたシャウト、YUKARI(Vo、Bass)の空気を切り裂く高音ヴォイスがたたみかけるように交錯し、観ている側は全く息つく暇もない! 少しでも油断したら振り落とされてしまいそうだ! この日は久しぶりのライヴだったということもあるのだろうか、JJは水を得た魚のようにステージ上を所狭しと暴れ回っている。「I See I See I See」等の新曲を多く入れこんだ勝負のセット・リストは、「今年はやったるで!」という彼らの意気込みのようにも感じられた。怒涛の勢いで駆け抜けていくステージに、終始圧倒されまくりの30分間だった。現在制作中であるアルバムがとても楽しみだ。

Miila and the Geeks

フロアの熱量が高まった中、次に登場したのはMiila and the Geeks。超セクシーなファッションのmoe(Vo、Gt、Ba)、Tシャツにパンツ一丁のKaoru Ajima(Drums)、ド派手なTシャツのRyota Komori(Sax)の何ともクールな3人組だ。moeが紡ぎだすのは繰り返しのシンプルなリフだが、Ajimaのドラムがそれを支え、Komoriのサックスによって何ともカオティックな色が加えられていく。どんどん大きくなっていく波のようなサウンドに全身が引きずりこまれていくような感覚だ。異国のような客層に全くひるむことなく、さらりと実力を見せつけ、フロアをクールで熱いミーラ色に変えてしまった。

Moon Duo

続いて登場したのはサンフランシスコから来日したMoon Duo。初来日である彼らを待ち望んでいた者は多く、これまで以上にステージに注目が集まった。そんな中、極めて自然体にたたずむRipley Johnson(Vo、Gt)とSanae Yamada(Key)の2人が織りなす最高のサイケデリック・ミュージック。反復されるシンセとファズの効いたギターは茫漠と広がり、軽快な打ち込みのリズムが身体を揺らす。そして深いリバーブのかかったヴォーカルが頭の中に染み込みこんでどろどろに溶けていく。更に彼らの身体の上にも降り注いだステージ一面に広がるビビットなビジュアル・アートが頭の中で絡みあい、ふっと途切れるように終わった最後の瞬間まで呑まれるようなステージだった。

Melt-Banana

トリを務めるはハードコア・ノイズ・バンド、Melt-Banana。轟音でかき鳴らされるAgata(Gt)のギターの上に、めちゃくちゃ格好良いのにキュートなYako(Vo)のヴォーカルが突き刺ささっていく。途中30秒前後しかない「We Love Choca-Pa」や「Zoo」、「His Name Is Mickey」といった短い楽曲を立て続けに演奏し、一曲一曲決めていくごとにフロアから歓声が上がった場面ではステージ上での貫禄を見せつけられた。これまでのフロアの熱気を更に高め、スピードを落とすことなく最後まで駆け抜けていく様はまさに圧巻であった。

この日はなんと当日券が60枚ほども出たそう。おそらく大半が外国人達だろう。六本木の外国人には、"ヤバイ空気"を感じ取る能力が備わっているのか!? 等と意味不明なことを考えてしまったが、洗練された六本木という街に住む彼らは、その敏感なアンテナで常に刺激を探しているのではないだろうか。そして今回のこの「G/R/L/S」がそのアンテナにビシッと反応したのだろう。このイベントの未来も明るい。主催であるLimited Express (has gone?)のJJがブログで言っていた一言。

「オルタナは、未来を創る音楽なんだー」。

まさにその通りだなと思う。四者四様の自由で実験的な音楽たちから与えられた刺激は新しい感覚をきかせ、ここからまた何か生まれるんじゃないかという期待すら感じるのだ。今日ここに来れなかった人たちにも、この4バンドの音に是非触れてほしい。(text by 岩瀬知菜美 & 梶山春菜子)

写真 : 益子直人

RECOMMEND

V.A. / Play for Japan 2013 vol.3 〜a will finds a way〜

2011年3月11日、人の力では立ち向かうことができない大きな力を感じ、私たちは無力感に苛まれた。しかし、その後復興に向けて動き出した多くのアーティストたちは、被災地の人々にとっても、何かしたいと願いながら動き出せなかった人々にとっても、勇気を与える存在となり、時には行動するきっかけになったはずだ。このアルバムでは、被災地に出向きライヴを行ったり、復興に向けた楽曲の発表など、音楽を通して被災した土地や傷ついた人々にエールを送り続けたアーティストに賛同と敬意を示している。彼らの強い意志と行動、そして音楽というメッセージを感じとっていただけることを願っている。

Play for Japan 2013の特集はこちら

Limited Express (has gone?)/ Halation

Limited Express (has gone?)が2012年6月2日に発表した新曲。こちらはMVも話題で、映像作家Akashicとの強烈コラボレーションとなる本作。現メンバーで新録され一新したサウンドに、ベース&ボーカルのYUKARIとAkashicが描いたイラスト群を大胆にコラージュ。サイケデリックでチカチカでバッキバキ、驚愕映像作品の誕生です!

Limited Express (has gone?) / we love this country like banana

2009年リリースの『LTD』以来、約2年半ぶりのリリースとなる新曲が完成! 2011年末に録音された本作は、タイトなリズムにJJのシャウトとYUKARIのクールなヴォーカルが掛け合う、ストレートなオルタナティヴ・パンク・チューン。震災、台風、原発、経済不況… といった苦境と難局に立たされてきた(そして今も進行中の)国に対する鮮烈な歌詞はJJが担当。

Limited Express (has gone?)の特集はこちら

V.A. / 4-DIMENSION MUSIC THERAPY〜Tribute to GARORINZ〜

ガールズ・パンク・バンドGARORINZ(ガロリンズ)。様々なイベントの主催や共催、フリー・ペーパー、レコ屋、カフェやライヴ・ハウスの運営など、実に多岐に渡る活動を続けている藤井よしえは、福岡のシーンを語る上では避けて通れない存在です。現在癌闘病中の彼女に、何かできないものか? と、彼女と親交の深い15アーティストが集結。そして、全曲ガロリンズとnoumi yoshie(藤井よしえソロ)のカヴァー楽曲のコンピレーション・アルバムが完成しました! 参加しているどのアーティストからも、彼女への思いがひしひしと溢れており、熱量に満ちた作品になっています!

4-DIMENSION MUSIC THERAPY〜Tribute to GARORINZ〜の特集はこちら

Miila and the Geeks / NEW AGE

LOVE AND HATESとしても活動するmoe率いる3ピース・バンドMiila and the Geeks。シンプルなようでひねりの利いたギターとドラムに、クレイジーなサックスが吹き荒れる。NYポスト・パンク/ノー・ウェーヴのクールさと90年代オルタナティヴのルーズさを受け継いだ、DIYを地でいくローファイなサウンドや空気感が詰まったファースト・アルバム。

Miila and the Geeksの特集はこちら

PROFILE

Limited Express (has gone?)

2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、世界15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより、2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、そしてダムドの日本公演のサポートを行うなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。なんとニュー・ドラマーには、日本が誇るPUNK BAND、JOYのドラマーTDKが正式加入!!! メンバーのJJは、ボロフェスタを主催。YUKARIは、ニーハオ!のリーダー等、各人の活動は多岐にわたる。最新作は、Less Than TVからリリースしたDODDODOとのsprit albumと3rd album。中国やオーストラリア等、引き続き海外活動も盛ん。

オフィシャルサイト

Miila and the Geeks

moe(vo, Gt, Ba)、Kaoru Ajima(drums)、Ryota Komori(sax)のスリー・ピースから成る、これぞNYポスト・パンク / ノー・ウェーヴのクールさ、90年代オルタナティヴのルーズさを受け継いだカジュアルな進行形サウンド! と称され、今、最高なライヴ・バンドのひとつであるMiila and the Geeks。音楽のみならず、ミュージック・ビデオ、アートワークやマーチャンダイズに至るまで、確固たるDIYスタイルを地でいきながら、現在のジャパニーズ・ライオット・ガールの筆頭株と最高評価されるフロント・ウーマンのmoeのその枠にとらわれない数々の活動は、TWEE GRRRLS CLUBにも所属し、そこから生まれたガールズ・ヒップホップ・ユニットのLOVE AND HATESの活動などでも注目を集めている。

オフィシャルサイト

Moon Duo

Wooden Shipsというバンドで、サンフランシスコで活動をしているRipley JohnsonとSanae Yamadaが2009年に始めたプロジェクト。今回のライヴで初来日を果たした。

オフィシャルサイト

Melt-Banana

Melt-Banana (メルトバナナ)は日本のノイズロック / ハードコアのバンド。1993年に東京で結成。現在のメンバーはボーカル Yako、ギター Agata。東京を拠点に活動するバンド。現在までに6枚のアルバムと2枚のライヴアルバムをリリース、ライヴ数は約1,200回。日本、アメリカ、ヨーロッパで主に活動。近年はMELT-BANANA Lite名義でのユニットも展開。

オフィシャルサイト

o

 
 

"livereport::livereport"の最新アーカイヴ

LIVE REPORT 2013年1月31日(木) 恵比寿LIQUIDROOM アラバマ・シェイクス
[LIVEREPORT]・2013年02月08日・ 2013年最注目新人、ALABAMA SHAKES! 満を持して遂に待望の初来日 ソウル、ブルース、ロック全てを凌駕する今年最注目新人、ALABAMA SHAKES。先日発表となった第55回グラミー賞のノミネーションでは、最優秀新人賞を含む3部門でノミネート。また、アルバム未収録の新曲「Always Alright」は、第70回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションで主要4部門にノミネートされている映画『世界にひとつのプレイブック』の劇中で使われるなど、実力だけでなくその知名度も広まり始めている。そんな彼らが、初来日公演を行った。満員の会場で、どのようなステージが繰り広げられたのか。その様子を追体験してみてほしい。 Alabama Shakes / Boys & Girls【配信価格】mp3、wav共に 単曲 150円 / アルバム 1,500円1. Hold On / 2. I Found You / 3. Hang Loose / 4. Rise to the Sun / 5. You Ain't Alone / 6. Goin' to the Party / 7. Heartbreaker / 8.
LIVE REPORT マレウレウ祭り@2011/2/13 アサヒ・アートスクエア
[LIVEREPORT]・2011年02月23日・ マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~をDSDで是非!MAREWREW / マレウレウ祭り~めざせ100万人のウポポ大合唱! vol.2~レラレラスイスイ〜ハウサー馬追い歌サランぺヤイカテカラ イレッテソンカイノアリアン~アローロカネレンレンEncore : アヨロ〜サーオイワークショップ : みんなでウポポ配信形態1) DSD+mp32) HQD(24bit / 48khz wav)価格 : 1500円(まとめ購入のみ)特典 : オリジナル・フォト・ブックレット付き配信中マレウレウ初のミニ・アルバムMAREWREW / マレウレウ1. SONKAYNO2. HAWSA3. SA OY4. ARORO5. CIKAP6. ARIANオール・アカペラによる天然トランス輪唱!マレウレウ初のミニアルバム。 2/13 マレウレウ×UA@浅草アサヒ・アートスクエア 言葉が生まれる前の世界では、どんな音楽が鳴り響いていたのか? 歌詞に意味はなかっただろうし、意味よりも口から発せられる響きや、リズム、そしてメロディが、様々な感情や自然の風景を表していたのだろう。想像に過ぎないけれど、音楽の原点が
by tripxtrip
LIVE REPORT TRIGGER FES 2013 SUMMER @日比谷野外音楽堂
[LIVEREPORT]・2013年07月15日・ LIVE REPORT 2013年7月6日(土) TRIGGER FES 2013 SUMMER 「学生の、学生による、学生のための野外フェス」を開催するという目標を掲げ、2011年に結成されたTRIGGER FES実行委員会。団体発足から3年が経ち、ついに日比谷公園の野外大音楽堂を使って、7月6日に3000人規模の野外フェスを開催した。今回はそんな「TRIGGER FES 2013 SUMMER」のレポートをお届けしようと思う。 当日は運営する学生たちの熱意も相まって、フェス日和の快晴を飛びこえ、気温35度の猛暑日となった。今回のトリガーフェスでは日比谷野外大音楽堂だけでなく、日比谷公園にれの木広場も使用。飲食、物販などのテントが立ち並び、賑わいを見せていた。広場内に設置された“トリガースクエア”と名づけられた特設ステージでは、各大学の音楽サークルが音を鳴らしており、お祭り気分に浸ることができる。また、ゲスト・アーティストとしてハルカトミユキや関取花も出演。日比谷公園での演奏はチケットが無くても観覧可能であったので、太っ腹だなあと思った。 リストバンドを受け取り、いざメイン・ステージの日比谷野外大音楽
by 絵奈
「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドによって熱演!!
[LIVEREPORT]・2014年01月22日・LIVE REPORT「One Night Re:Birth Again」 | 「ロマンシング サ・ガ」シリーズの名曲を、伊藤賢治率いるロックバンドが熱演!! 文 : 滝沢時朗 / 写真提供 : 葛西龍 「ロマサガ」ほど音楽とゲームの結びつきが強い作品もないだろう 「ロマンシング サ・ガ」(以下「ロマサガ」)シリーズなどの作曲で有名な伊藤賢治(以下、イトケン)。2013年2月に彼のゲーム音楽をリアレンジし、バンドで再現したライヴ「One Night Re:Birth」が行われた。そのライヴの好評と、2014年2月26日に発売する新たなるアレンジ・アルバム『Re:Birth Ⅱ-閃- / “SaGa” Battle Arrange』を受けて、1月18日に再演ライヴ「One Night Re:Birth Again」を開催。前回の「One Night Re:Birth」は「聖剣伝説」シリーズと「ロマサガ」シリーズからの選曲だったが、今回はすべて「サガ」シリーズからの選曲だ。 会場は新宿文化センター大ホール。2013年の日本橋三井ホールの収容人数を上回り、座席で1800人ほど。それでも、チケットは売り切れ、会
by 滝沢 時朗
LIVE REPORT 2013年12月12日(木) 禁断の多数決 〈宇田川の禁断の多数決〉@渋谷WWW
[LIVEREPORT]・2013年12月18日・ 2013年12月12日@渋谷WWW 『宇田川の禁断の多数決』ライヴ・レポート 先月に2ndアルバム『アラビアの禁断の多数決』をリリースした禁断の多数決が、渋谷WWWにて国内初ライヴ〈宇田川の禁断の多数決〉を開催した。この日の渋谷WWWはデコレーション・ユニットであるOleO(R type L)とVJを加えた総勢14名による装飾で神秘的に染められていた。アンティーク風の街灯とゴールドのカラーボール、トナカイの骸骨をあしらったシルバーのマイク・スタンド(よく見るとトルソーで出来ている! )、天井には白い布がかかっており、細かな繊維が蜘蛛の糸のようだ。クリスマスとハロウィンの中間のような空間は、まるでホーンテッド・マンションの世界に迷い混んだような気分にさせられ、開演前から人々の期待をぐっと押し上げた。 オープニング・アクトとして登場したサイボーグかおりは、その美しい容姿から発せられたとは思えないドスの効いた声でヒューマン・ビート・ボックスを披露し、マイケル・ジャクソン「スリラー」などを披露。それに呼応するかのように、ゾンビ・メイクを施された姿でゆらゆらと現れた禁断の多数決のメンバーたち。中心人物・ほうの
by 梶原 綾乃
LIVE REPORT 2013年11月22日(金)〈SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル〉@リキッドルーム
[LIVEREPORT]・2013年12月13日・ SEBASTIAN X 『Power Of Noise』リリース・ツアー・ファイナル 11月22日。ワンマン・ライヴとしては最大キャパシティとなる恵比寿リキッドルームで、SEBASTIAN Xの『POWER OF NOISE』レコ発ツアー最終公演が行われた。世間一般には“いい夫婦の日”といわれることが多いこの11月22日。しかし永原真夏(Vo)にとっても特別な意味を持つ日だという。1stフル・アルバム『FUTURES』に収録されている、「日向の国のユカ」という曲は、永原が実際に飼っていた猫を歌ったものだ。その猫の“ユカ”は、ちょうど2年前のこの日に亡くなったという。特別なこの日に、特別な大舞台に立って歌う。この日だからこそ、歌えるものがある。“いいにゃんにゃんの日”である11月22日、恵比寿リキッドルームにはどんな歌が響き渡るのか。 開演時間の少し前に会場に入ると、人の熱気に圧倒された。かなりの数のお客さんでフロアは埋め尽くされている。場内はざわめきたっていて、どの顔もいまかいまかと待ちきれないほど期待しているのが見てとれる。開始時間を10分ほど過ぎたとき、ふっと暗転。SEが流れると自然に手拍子が沸き
LIVE REPORT 2013年11月10日(日)〈TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-〉@新木場STUDIO COAST
[LIVEREPORT]・2013年11月19日・ 『TOKYO BOOTLEG -7th anniversary party-』@新木場STUDIO COAST J-ROCKを筆頭に、アイドル、ボカロ、アニソンまで、日本中に眠るポップかつ良質なナンバーをかけまくるDJ&LIVEパーティー『TOKYO BOOTLEG』。近年はフランスや香港にも進出を果たしたこのパーティーが、旗揚げ7周年を記念した一大イヴェントを新木場STUDIO COASTで開催した。駆けつけたのは、GOING UNDER GROUND、BiS、Wienners、みそっかす、大森靖子、きのこ帝国、BELLRING少女ハート、THE イナズマ戦隊といった充実の面々。パーティーを主宰するDJ O-antは以前、OTOTOYの取材に対して、「J-ROCKっていうのはどこの国にもない音楽で、誰にも恥ずかしがることはないと思う」と語ってくれた。そんな彼の姿勢は、STUDIO COASTという巨大な会場を前にしても変わることはない。今、東京の最先端で何が起こっているのか。現場の熱気を閉じ込めたライヴ・レポートをお届けする。 日本の音楽を、胸を張って誇りたい。その思いから誕生した邦楽DJパーティー
LIVE REPORT
[LIVEREPORT]・2013年11月15日・ 2013年9月17日(火)大森靖子月例実験室 大森靖子生誕カウントダウン@高円寺円盤 第1部 9月17日。この日は、ほかでもない大森靖子の誕生日の前日である。こんな特別な日に、彼女が毎月開催している月例イベント「大森靖子月例実験室」の一環として、高円寺・円盤で「大森靖子生誕カウントダウン」が行われた。開演予定時刻から20分ほどすぎた19時50分頃、会場に到着。幸い、ライヴはまだはじまっていないようだ。この高円寺・円盤での大森のライヴは、足を運ぶたびに客席の密度が増している。この日は特に、生誕カウントダウンということで、大森の誕生日を祝おうと多くの人があふれていた。受付には、大森が連載中の雑誌「FRIDAY」から贈られた花が飾られている。また、入場時には大森からお客さんに、彼女からのプレゼントが配られた。缶バッジや髪飾りなど、大森自身がこの日のために用意したものらしい。 大森は、普段はピンクや黒を基調にした衣装を着ていることが多いが、この日は白いワンピースにクリーム色のカーディガンを羽織っていた。落ち着いた清楚な雰囲気の服もとても似合っている。彼女は、ステージで準備をしながらお客さんと談笑している。そんな
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事